gooポイントが当たる質問投稿キャンペーン>>

車のペイントについておしえてください。
この車の色は黒いパールなのですが、この色をHoltsのカラーペイントMINIMIXで調合してもらい、傷の部分にスプレーしてみたのですが、塗装直後はそっくりの色なのに、乾くと白っぽくなってしまいました。(表面を水で濡らすと同じような色にみえました)

メタリックやパール色は、クリア塗装をしてくださいとかいてあったので、クリアをぬってみたところ、少しはマシになりましたが、まだけっこう違います。これは下に塗った黒パールの塗り具合が足らないのでしょうか?それとも塗り方がわるかったのでしょうか?また、それとも、上塗りのクリア塗装が足らないのでしょうか?

カラーペイントについてはやったことがありません。Holtsの補修マニュアルのようなものを店頭でもらってきて、みてみましたが、いまいちわかりません。

アドバイスを頂けたらと思います。どなたかご教示お願いします。m(__)m

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (5件)

 Holtsミニミックスも利用しましたし、DIYで塗装修理も何回か経験しました。


 結論を言えば、「市販塗料はかなりの近似色で、全くの新車塗料ではない」って事です。
 そのまま塗れば目立たなくは出来ますが、プロが塗装するように同じ色合いに統一する事まではできません。
 新車購入でしたら、ディーラーにて補修用塗料の購入も出来ると思いますが、これを塗っても新車塗装と全く同じ色って訳ではありませんでした。

 補修用塗料を使って、プロ並みの出来映えは期待せずに作業してみて下さい。
 「傷付いたままじゃ目立つから、パット見とか遠目に分からなければいいや」って心構えが大切です。
 近くで見ても分からないレベルを求めるなら、プロ(板金屋)に依頼するか、何回も作業して腕前を上げるかしかありません。

 今回の修復時に、塗装後は色が似ているのに乾燥後に白っぽくなるという事ですね。
 たぶん、再塗装した面が荒れているのだと思います。
 塗装面が均質な状態(平らに近い)と、光の反射が一定しますので光沢(艶)のある色合いになりますが、ざらついた状態になると光が乱反射する為にその分だけ白っぽく見えます。
 クリアをオーバーコートした部分だけ色が変わるのは、その部分だけ光の屈折が変わるからだと思われます。

 慣れない状態で右ミニミックスで作られたスプレー缶で塗装すると、塗装面とスプレーの間隔を開けすぎてザラザラの塗装面を作ってしまうか、一箇所に塗料を集中させすぎて垂れを作ってしまう事が多いと思います。
 慣れるまでは、塗料が垂れないように何度も塗装面に塗料を薄く乗せて、ある程度の厚みを作ってから削る方が簡単だと思います。
 また、作業マニュアルなんかには「再塗装する場合は、塗りたい箇所を中心に2~3倍の面積を塗って色を馴染ませる事が大切です・・・」って書いてあるかもしれませんが、これはプロ向けの話だと思います。慣れない状態で、この方法を試すと再塗装箇所が目立つだけで、しかも広い面積を再塗装することで余計に目立ちます。たから、出来るだけ塗りたい箇所周辺をマスキングして、再塗装面積を少なくした方が結果として目立ちにくい仕上がりにしやすいです。

 今回の塗りたい部分が地肌まで出ているのかどうか分かりませんが、再塗装部が薄い塗膜ですと下地色で仕上がりが違って見えると思います。
 リペアするのでしたら、
 ・再塗装したい部分に、最小面積でマスキングしておいて黒塗装で下地を作る。(400番くらいのペーパーで下地を作ってもいいと思います)
 ・黒塗装した箇所を1000番~1500番くらいのペーパーで均す。(この時に黒塗装が剥がれてしまうようなら、もう少し厚塗りして下さい)
 ・黒塗装の上に、ミニミックスで調色した車体色を塗る。
 ・車体色を塗った部分を1500番のペーパーで均し、コンパウンド(中目~細目・極細目)で磨く。
  車体色が剥がれてしまえば、同じく厚塗りしておく。ただし周囲の元々の塗装と段差にならないように注意する。
 ・コンパウンドで磨いたあと、クリアー塗装する。
 ・クリアーが充分乾いたら、1500番のペーパーを軽くあてて、コンパウンド(細目~極細目~鏡面仕上げ)でつるつるに磨く。
 という作業手順になると思います。
 塗装後、完全乾燥させるのに最低1日は空けた方が無難です。
 作業時間に余裕が持てるなら2~3日づつ空ければ、より乾燥した状態で作業できます。(晴天が前提です。雨が降れば乾燥時間に入れず、塗装は避けて下さい)
 生乾きの状態で作業すると、ペーパー・コンパウンドによる磨きの段階で塗料が剥がれます。

 何度か作業すると、コツも掴めてきますしだんだんと上達すると思いますよ。
 頑張って作業してみて下さい。
    • good
    • 12
この回答へのお礼

ありがとうございます。
非常に詳しくて、参考になりました。

けっきょくのところ、クリアコートを増し塗りしてみたところ、キレイになったのですが、色塗りするときに、テープを四角にマスキングしていて、ぬったところだけ、四角の境目がくっきりのこってしまっています。。。

少し、1500番のペーパーで、境目をちょっとゴシゴシしてみて、コンパウンドしてみましたが、いまいちとれません。。。。

なにかコツはありますか?

お礼日時:2006/09/26 09:17

 クリア増塗りでリカバリできて良かったですね。


 
 四角い境界ができたのは、元の塗装面と高さ方向に差ができてしまったからです。
 本当なら、全体を擦ってやって元塗装面に平滑にしないといけないのですが、とても大変だと思います。
 境界部を分かりにくくするだけなら、もう一度境界部(元塗装面側)にマスキングして、1000番くらいで優しく削ってみて下さい。皮一枚だけめくれたくらいで、1200番に移行して、その後はマスキングを外して1500番~2000番で境界部全体を均すといいと思います。1000番や1200番を使うのは境界部付近だけでいいと思います。
 やりすぎると、元塗装面を痛める事もあるので、注意して少しづつ作業して下さい。
    • good
    • 8
この回答へのお礼

補足回答ありがとうございます。
なかなか大変な作業なのですね。。。
コツコツとやってみます。丁寧な説明でとても参考になりました。ありがとうございました。がんばってみます。

お礼日時:2006/09/27 08:47

まず、基本的に車の塗色データと現車の色は違います。


板金屋は現車を見て基本データ+補色して色を合わせているのが現実です。
また、調色が完璧でもメタリックやパール色は吹きつけ時の圧力やその地条件により色が違って見える事があります。
プロでも気を使いますから、缶スプレーで吹いてパールの調子が同じようになるとは考えにくいですね。
塗料の種類も違うだろうし、缶スプレーで広範囲を塗装するのはかなり厳しいかと思います。

傷補修のようですがスプレーするぐらい広範囲ですか?
線傷でしたら、筆で丁寧に色をのせる方法がいいと思いますよ。

この回答への補足

ありがとうございます。

ちなみに、クリア膜がのこっている上にカラースプレーをした際にも色は違って見えますか?

このキズの部分は線状のため、その部分ごく付近のみペーパーをかけ、キズの部分はスプレーする数日前下に黒いタッチペンでぬっていました。スプレー後、本題のように、色が白っぽくなりましたが、そのキズの部分だけは本来の車の色と同じようなかんじにみえています。

つまりそこはあらかじめペーパーでクリア膜がはがれているからなのか、下に黒いペンがすでにぬってあったからなのか・・・・頭がこんがらがってきました。。。。

補足日時:2006/09/25 11:50
    • good
    • 3

>塗装直後はそっくりの色なのに、乾くと白っぽくなってしまいました。

(表面を水で濡らすと同じような色にみえました)

なるほど、それでは1週間以上乾燥させてから、コンパウンドで磨きをしてください。

塗装は磨き終わって完成です。

「Holtsの補修マニュアル」にも磨きに関して書いてありませんか?

コンパウンドは粒子径別に数種類あります。ここで述べるのもナンですから、カー用品店で店員さんに相談してください。(すくなくとも3種類は必要です)
    • good
    • 2
この回答へのお礼

ありがとうございます。

Holtsの手順のところにも磨くようにかいてありました。
しかしながら、黒を塗る量が少なかったのか、クリアが足らないのかとか、そういうのばかり気になってしょうがありません。。。

ためしに、要らない鉄板などでテストしてみようとおもっています。

お礼日時:2006/09/25 11:49

これはある意味仕方ないことだったりします。



車の塗装は経年劣化でだんだんと色が変わってきてしまいます。
(日焼けしたり、クリア層が薄くなってきたりさまざまな理由で)
そして、この調合でできる色は純正の日焼けのことを考えていない色合いにしかなりません。

下記のようなサイトでは
http://www.rakuten.co.jp/suzukimotors/731762/

>[注意] このシステムは、新車標準カラーを調色致しますので生産ラインでの、
>ずれや日焼けなどの微妙なズレの補正は出来ませんので、ご了承下さい。
>本製品は、色のみの販売となります。 完璧な補修に必要な、パテ・プラサフ
>・マスキングテープ・シリコンオフ剤等は、含まれて降りませんので、
>完璧に仕上げたい方には、お勧め出来ませんので、ご了承下さい。

というような注意書きがあるくらいです。

きれいに直したいのならば、板金屋に出すしかないと思いますよ。

この回答への補足

返答ありがとうございます。

しかしながら、色の変化については存じておりましたが、新車からまだ数ヶ月しかたっておりません。数ヶ月でもそこまで差がでるものなのでしょうか?

補足日時:2006/09/25 09:05
    • good
    • 0

このQ&Aに関連する人気のQ&A

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人はこんなQ&Aも見ています

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Q車に深い傷。その上からいきなりスプレー塗装。

はじめまして、よろしくお願いいたします。

先月、車の左後付近(ドアの端からタイヤにかけて)を、金属部分が見えるほど深く傷つけてしまいました。
おそらく、30cm程?のコンクリートの壁で傷ついたのだと思います。
傷は、横に真っ直ぐ走っている物がいくつもあり、少しだけ茶色(錆かな…)の部分が出来ていました。
しかも黒い車の為、白っぽい傷が目立ちます。
車を購入した店(家から、車で1時間30分くらいの所)に連絡しようと思っていたところ、会社が贔屓にしているディーラーさんが診てくださって、「目立たない下の方だし、スプレーかペンで塗ればいい」と言われました。
そこの店ならば10分程度で行く事が出来、尚且つ無料でやってくださるということだったので、早速持って行ったのですが…。

シュッシュッと、黒のスプレーを吹いて終了。
確かに最初よりは傷が目立たなくなり、よかったぁと思ったのも束の間。

(あれ? 今この人、錆止めせずにスプレーしたよね…?)

ネットで調べた際に、、「錆を取り除き、錆止めをした上で塗装」というのを見たので、とても疑問、というか心配です。

(1)ディーラーさんは車のプロなわけですし、このまま放っておいて大丈夫なのでしょうか?
(2)それとも、やはり錆止めは必要で、でも無料だったので、適当に作業されてしまったのでしょうか?
(3)もし錆止めが必要である場合、スプレーをした後に何かしら修正出来るのでしょうか?

質問ばかりで大変申し訳ないのですが、車に詳しくなく、どうしていいのか分からないので、こちらで相談させていただきました。
もし錆止めが必要なら、今度は購入した店に持って行こうと思っています。
板金・塗装に詳しい方、プロの方などなど、みなさんの意見をお願いいたします。

はじめまして、よろしくお願いいたします。

先月、車の左後付近(ドアの端からタイヤにかけて)を、金属部分が見えるほど深く傷つけてしまいました。
おそらく、30cm程?のコンクリートの壁で傷ついたのだと思います。
傷は、横に真っ直ぐ走っている物がいくつもあり、少しだけ茶色(錆かな…)の部分が出来ていました。
しかも黒い車の為、白っぽい傷が目立ちます。
車を購入した店(家から、車で1時間30分くらいの所)に連絡しようと思っていたところ、会社が贔屓にしているディーラーさんが診てくださって、「...続きを読む

Aベストアンサー

傷だけで凹みはないんですよね。
だったら、カーショップで細目または極細のコンパウンド(練り歯磨き状です)とお持ちの車と同色のタッチペンを買います。
タッチペンの色が分からなくても、カーショップの店員に現車を見せれば、調べてくれます。

(1)コンパウンドを柔らかい布に塗り、傷を磨きます。深い傷でなければ、コンパウンドで研磨するだけで傷は目立たなくなります。
(2)コンパウンドで傷部の塗料を剥離した後、溶剤を塗って脱脂します。脱脂せず水洗いで済ますと、サビの原因になります。溶剤は身近なガソリン、軽油、灯油、ベンジン、シンナー、消毒用アルコール等。但し、脱脂作業中は火気厳禁。
(3)脱脂後、乾燥したらタッチペンを塗ります。一度で塗らず、薄く塗って乾燥、また薄く塗って乾燥を繰り返すと綺麗にはなります。
(4)乾燥したら、タッチペンを塗った部分は凹凸がありますから、コンパウンドで磨き凹凸を目立たないようにします。これで作業終了です。

お車の保管状況(屋根付きガレージ or 屋外駐車)で塗装の日焼け状況や、経年劣化による塗装の変色がありますので、完全に同じ色にはなりません。
完全に同色にするにはプロに注文して、塗料を調合して塗装しなければなりません。

贔屓のディーラーさんを含め、お住まいの近くの他メーカーのディーラーさんの「ボディ傷のリペアキャンペーン中」の新聞広告は入っていませんか?
タッチペンで修復できる程度の傷なら、格安の値段でやってくれて、使い残ったタッチペンやスプレー塗料をもらえますし、自分で塗装する勇気・技量がなければ、お奨めですよ。
但し、他のメーカーのディーラーさんの場合、「これを機会に、買換の時にはうちの車を買ってもらおう」の販促ですから、ダイレクトメールや新車発表会の案内の電話はしょっちゅう来ますけど。

傷だけで凹みはないんですよね。
だったら、カーショップで細目または極細のコンパウンド(練り歯磨き状です)とお持ちの車と同色のタッチペンを買います。
タッチペンの色が分からなくても、カーショップの店員に現車を見せれば、調べてくれます。

(1)コンパウンドを柔らかい布に塗り、傷を磨きます。深い傷でなければ、コンパウンドで研磨するだけで傷は目立たなくなります。
(2)コンパウンドで傷部の塗料を剥離した後、溶剤を塗って脱脂します。脱脂せず水洗いで済ますと、サビの原因になります。溶剤は身近なガ...続きを読む

Q塗装で失敗?色あわせ

こんばんは。MPVを半年前に購入しまして、本屋さんの前で電柱にバックでっゴン!!タッチペンだと目立つので、ジェームスである素人でも
直せるマニュアルをみて、カラー、クリアー、ぼかしと
頑張りましたが、色が合わずに困ってしまいました。
やはり市販のスプレーでは色はあわないのでしょうか?ちなみに
リアハッチとバンパーに箸で付いたようなあとが4箇所くらいでした。
色を合わせる方法あるでしょうか?
また、方法が無ければ、泣く泣くプロにお願いしようかと思います。
どういったところが良いでしょうか?アドバイスを宜しくお願い致します。

Aベストアンサー

ボディカラーそのものと保管状況によって異なってくると思います。紫外線その他の外的要因による劣化(退色)や、同じ環境でも劣化しやすい色(黄色や赤色)しにくい色(黒色など)がありますから一概には言えません。また、純正ボディカラーでさえプロの板金屋さんは何種類かの色合わせマニュアルを持っています。つまりメーカー純正塗装で同じカラーNo.(同じ色)にもかかわらず、色味が微妙に異なったものが存在するという事です。

私は今までバンパー傷などを何台かDIY補修していますが、市販スプレーでほぼ問題無く(「ほぼ」ですよ)仕上がった場合もありましたし、全然色が合わなかった場合もありました。で、合わない場合は補修部の色が元色より濃いのか薄いのかを見極めて、良く似た感じの補修用カラースプレーでより濃いものかより薄いものを購入します。そして、純正色のカラースプレーを吹いて乾燥する前に濃い色(または薄い色)のスプレーを吹きます。重ね塗りみたいな感じですね。それでカラーの濃淡を調整していく方法を私は取っています。ただ、うまくやらないと一発でタレるので注意は必要ですが…。

質問者さんのスキルにもよると思いますし文章で表現するのは難しいのですが、ご参考まで。

ボディカラーそのものと保管状況によって異なってくると思います。紫外線その他の外的要因による劣化(退色)や、同じ環境でも劣化しやすい色(黄色や赤色)しにくい色(黒色など)がありますから一概には言えません。また、純正ボディカラーでさえプロの板金屋さんは何種類かの色合わせマニュアルを持っています。つまりメーカー純正塗装で同じカラーNo.(同じ色)にもかかわらず、色味が微妙に異なったものが存在するという事です。

私は今までバンパー傷などを何台かDIY補修していますが、市販スプレーでほ...続きを読む

Qクリア塗装のボカシ部分の失敗を誤魔化すには?

カラー塗装後、クリアを部分塗装しました。いずれも缶スプレーです。

数日後、ぼかし部分のザラツキ除去と、コンパウンドの下準備のため2000番のサンドペーパーで水研ぎしていたのですが、ぼかし部分が薄かったため一部がはがれてしまい、境目が目立つようになってしまいました。

この境目を誤魔化すにはどうすればよいでしょうか?

サンドペーパーで境目を研磨するとか、クリアの上にクリアを再塗装するとか、一からやり直さないで済む方法は無いものでしょうか?

ちなみに、色は黒です。
どうかお知恵を拝借ください。

Aベストアンサー

クリア塗装の足付けしてなければ、
何をやっても無駄。

境目が判るものはぼかしとは言わない。
クリアが剥がれる物は足付けがされていないから。

ぼかし部分のざらつきを耐水ペーパの水研ぎをしても意味がない。
ぼかし剤でざらつきを無くすように密着させないと・・・
今からでは手遅れです。

クリアを剥がし、その部分に色を吹いて、再度クリア塗布。
クリアぼかし吹き。

この寒い時期に缶スプレーで塗装。
缶をお湯であたためて噴霧してますが?

Q下地処理でプラサフって必要?

今までいろいろと自分で塗装してきて失敗もあり成功もあったりするのですが
私の場合下地処理でプラサフを使用せずやってきましたが必要でしょうか?今回塗装するのはホイールのセンターキャップです。

今まで
(1)まずサウンドペーパー320で塗装する面を磨く
(2)耐水ペーパー600で綺麗にする
(3)ここで食器洗剤用の中性洗剤で油分、汚れを落とす
(4)マスキングする
(5)スプレー塗装する 3~5分間隔で2,3度重ね塗りする
(6)クリアをスプレーする

でしたが、プラサフ作業は一度も工程に入れたこと無いですがどうでしょうか?ローコストでやろうとしているもので・・・

Aベストアンサー

昔、私も同じ考えで、プラサフ等しない時期がありました。初めて塗装らしき塗装をしたのは十代の頃で、ヘルメットでしたが、その後は四輪に転向、スポイラー等々、以前はプライマー・サーフェイサーと個別で買う必要がありましたが、最近ではプラサフで2つの効果を一本でできるようになり、確かに塗装の乗り、ざらつきを埋めてもらい、耐久性や仕上がりがよくなったと感じています。耐水ペーパー等で平らにしているとの事ですが、サーフェイサーの滑らかさ・平らさ、プライマーの、食い付きの良さで、上に塗る塗料の食い付きや艶も変わった事を覚えています。最近でこそ自家塗装するより、金にものを言わせて店任せですが、付きの悪い材質には特に有効だとは思います。ちょっとした衝撃で上に塗った塗料がハゲたりした事があり、それからプライマー・サーフェイサーを塗る様になってそういったハゲ方がしなくなりました。下地を整えるサーフェイサー、食い付きを良くするプライマー、2つのおいしいとこどりのプラサフ、是非ともオススメですけどね。

Q塗装後の鏡面仕上げ

ハイエース200系グレーメタリック1G3の鏡面仕上げのことで伺います
スライドドア一枚同じグレーメタリックで塗装しました
塗装まではうまく行ったのですがどうがんばっても鏡面仕上げができません。
最初アクリル系クリア3度塗って鏡面仕上げ(0.2ミクロン)と書いてあるコンパウンドで研磨しましたが全然鏡面にならずに下の塗装まではげてきちゃいました
なので次はウレタンクリアを買って缶2本3~4回塗りました
ここから先が分からないのですが、塗装をした現段階ではまだ鏡面にはなっていません。また0.2ミクロンのコンパウンドで研磨してツルツルにしても鏡面が出るとは思えないのです
もしかして色をつける段階で問題があったのか、クリアをもっと厚く塗ればいいのか、もしくわ他のコーティングで鏡面が出せるのか、出せるならどんな物を買えばいいのか教えていただきたいです

Aベストアンサー

>色塗装(数回)>耐水ペーパー(平らに)>色塗装(数回)>耐水ペーパー>クリヤ(数回)>耐水ペーパー>コンパウンド細め>コンパウンド超微粒子
よりも
色塗装(数回)>耐水ペーパー(平らに)>色塗装(1~2回薄く)>クリヤ(数回)>耐水ペーパー>コンパウンド細め>コンパウンド超微粒子
の方が、メタリックの落ち着きがいいです。

先に挙げた画像の説明が左右(見た目の左右)が間違ってました、すみません。
(向かって右が耐水ペーパーで研磨したとこです)
で、その艶が全く無い状態から(ボンネット全面研磨後に)コンパウンドで磨き上げたとこのも載せておきます。
プロじゃなくてもここまで出来ます。

Q缶スプレー ぼかし剤

こんにちは

お願いいたします。

先日(一週間前)缶スプレーで黒のメタリックを塗装してその後クリアーとぼかし剤を塗ったのですが
マスキングのあとが残ってしまいました。

ペーパーで研いでも境目が目立ってしまいます、(塗装面は綺麗です)

もういちどぼかし材を使えば境目(マスキングのあと)が目立たなくなるでしょうか?

お教えいただきたいと思います。
もう一度、塗ってから一週間たっています。

Aベストアンサー

ステッカー貼ったみたいな塗装の段差になっていますね?
残念だけどマスキングの跡は、ボカシ剤吹き付けても消えませんし、マシにもなりません。
これは、塗装の段差として残っているので、コンパウンドで磨いても消せません。
塗装範囲のギリギリにテープ貼ってますね。仮に塗装範囲よりやや広めに貼っていても、塗料のミストがテープ縁まで飛んで段差になっています。

この場合の一番簡単なリカバー方法は、現状の塗装をシンナーで綺麗に拭き取って、塗る前の状況に戻し、新たに塗り直しするのが最も簡単です。

■現状の塗装を活かしたままでのリカバー:
塗り直す前に、現状の段差部分を#800~#1000程度のサンドペーパーで水研ぎして、段差を綺麗になだらかにします。
ペーパーで研いだ個所に、プラサフを吹き付け、乾燥後に更にプラサフ部を#1000で研磨。
その後、カラー塗装を吹き付け直します。
*マスキングは、下記を参考に必要最小限の部分のみ行う。
■新たに塗装する場合(Fバンパー角を塗装する場合の例)
例1.フェンダー、ボンネット、ヘッドランプ、ウィンカー類をマスキングで覆い、塗装するバンパーは全部剥き出しのまま、マスキングはしない。
例2.フェンダー、ボンネット、ヘッドランプ、ウィンカー類をマスキング。バンパーをマスキングする場合、塗装する角部の塗装範囲が30cmとすると、その塗装の一番端から50~60cm以上離して塗装しないバンパーを覆うこと。
注意:カラー塗装後、クリアはカラー塗装より更に広めに吹き付けが鉄則。
同じ範囲でカラー塗装、クリアを吹きつけても、綺麗なボカシ塗装になしません。
上記だとカラー塗装30cm、クリア50cmという具合で、クリア塗る時点でバンパーのマスキングを取る。

塗装範囲の状況が分からないので、あくまで素人さん向けの簡易アドバイスをしておきます。

ステッカー貼ったみたいな塗装の段差になっていますね?
残念だけどマスキングの跡は、ボカシ剤吹き付けても消えませんし、マシにもなりません。
これは、塗装の段差として残っているので、コンパウンドで磨いても消せません。
塗装範囲のギリギリにテープ貼ってますね。仮に塗装範囲よりやや広めに貼っていても、塗料のミストがテープ縁まで飛んで段差になっています。

この場合の一番簡単なリカバー方法は、現状の塗装をシンナーで綺麗に拭き取って、塗る前の状況に戻し、新たに塗り直しするのが最も簡単です。...続きを読む

Qクリアがはげてきたので、クリア層だけ修復したいのですが…

プジョー205(赤:ソリッド)に乗っています。
最近ルーフのクリア層が急速にはげてきました。
最初は塗料とクリアの間に気泡が入り、点々としていたのですが、最近になって急激にめくれ始めてしまいました。
今のところルーフの1/5程度ですが、日に日に拡がっています。
(ボンネットや側面は問題無さそうなのですが・・・)

もう8年落ちの古い車ですし、板金塗装屋さんに持っていって修復する程の物ではないので、自分で処置しようと思っています。
とはいうものの、どのように直していいか分かりません。
単純にクリアスプレーみたいの買ってきて吹いても駄目なものでしょうか?
外車というのは影響しますでしょうか?
(ちなみに板金屋さんに持ってたら費用はどのくらいかかるんでしょう?)
これ以上剥離が拡がらないようにするのが目的なので、仕上がりの綺麗さなどは気にしないつもりです。
自分でやる時のコツや、道具など、またお奨めのサイト等ありましたら教えて下さい!
車好きの皆さん、よろしくー!

Aベストアンサー

いったん剥げてしまったクリヤーは完全にはがさなくてはなりません。その上から塗料を吹いても中に空気が入ったりしてまたすぐ剥げてしまいます。ペーパーなどで剥がれるクリヤーはすべてはがし、段差などないよう処理し、段差が少しでもある場合は、パテなどでならします。
その上にサフェーサーを吹き、色、クリヤーと塗装します。屋根となると、素人では無理でしょう。
ディスプレイなどでやっているのはプロですからあんな綺麗に仕上がるのです。
そんな簡単にできては私ども食っていけません。(笑)
一応、技術を売っているわけですから。
修理にかかる材料を買ってきて自分でやってみてもいいでしょうが、その材料費ちょっとでプロにやってもらう値段と変わらなくなってくると思いますが。
缶スプレーではとても屋根の面積を吹き切れないでしょう。エアー圧も必要になりますし、上の面というのはとてもごみがつきやすいのでその処理も大変です。
今時期でもまだ虫もいますしね。(塗ってる最中に飛び込まれるのです)
下の方も答えてますが、費用としては、屋根のみなら処理と塗装で5万弱ってところでしょうか。

近所の鈑金屋さんにでも一度相談するとよいですよ。
近くにないならディーラーで聞くか、タウンページなど使ってもいいかと。
友達などで鈑金したことある人とかに上手いとかここは安いよとかいう情報も聞いてみては?

いったん剥げてしまったクリヤーは完全にはがさなくてはなりません。その上から塗料を吹いても中に空気が入ったりしてまたすぐ剥げてしまいます。ペーパーなどで剥がれるクリヤーはすべてはがし、段差などないよう処理し、段差が少しでもある場合は、パテなどでならします。
その上にサフェーサーを吹き、色、クリヤーと塗装します。屋根となると、素人では無理でしょう。
ディスプレイなどでやっているのはプロですからあんな綺麗に仕上がるのです。
そんな簡単にできては私ども食っていけません。(笑)
一...続きを読む

Q車の傷をタッチペンでもう少し綺麗に修復したい

車のドアに横1cm、縦5mm位のキズをつけられました。

塗装が剥がれていたのでコンパウンドで少し磨いた後メーカー純正のタッチペンを塗ってみたのですが少し目立つ仕上がりになってしまいました。
(少し解りにくいかも知れませんが画像がそうです。)


もう少し綺麗に修復する方法ってありませんか?

Aベストアンサー

重ね塗りして、十分に盛り上げる。
必要に応じて耐水ペーパーの番手を上げて行き、不要部分を削り取る。
その後は鏡面仕上げの研磨材で研磨。
薄目とか溶剤では、必要の無い部分にも行き渡ってしまい、結果的には満足できる仕上がりは困難と思います。
ペーパーは必要な部分だけを研磨します。
本当に綺麗に・・・となればミクロン単位以下の作業になります、1ミクロン飛び出たところだけを・・・溶剤等では不可能です。
但し、非常に細かな神経と、ひたすらの根気が必要です、その自身のないひとが溶剤等に頼ります。
画像をみるかぎりでは、まるで研磨ができていません。
大きなキズならプロとの差は下塗りから違いますが、小さなキズなら、研磨こそが差です。

QDIYでクリア塗装後のトラブル処理について

ブラックのボディに一連の作業を経て、ルーフ部分にDIYでウレタンクリア
(スプレー缶タイプ ソフト99)

を吹きつけしたのはいいのですが、塗装が薄かったのか(ちなみに1缶で3回吹付けしました)、

この暑い真夏に塗装したのが悪かったのか、いろいろ意見をいただきましたが、

かなり、スプレーの跡がのこりムラがひどくなってしまいました。

またアドバイスをもとに、800番→1200番→2000番ペーパー磨き→コンパウンド磨き

をおこない乾いたルーフの状態を見ましたら、確かに艶はあるのですが、黒々ときれいな部分と

白く擦り傷でくもった部分が混在する状態になってしまい、まるで地図のような模様になってしまい

このあとの対処方法がわかりません。

理想としては黒々とした部分で全体を占めてくれれば納得なのですが、磨きをした跡の正解が白く

なっている部分なのか?黒く残っている部分なのかもわかりません。

またクリア塗装のやり直しになってしまうのでしょうか?

何にしても真夏のこの暑さですからまたの失敗がこわいです。

次の対処方法をご教授ください。よろしくお願いいたします。

ブラックのボディに一連の作業を経て、ルーフ部分にDIYでウレタンクリア
(スプレー缶タイプ ソフト99)

を吹きつけしたのはいいのですが、塗装が薄かったのか(ちなみに1缶で3回吹付けしました)、

この暑い真夏に塗装したのが悪かったのか、いろいろ意見をいただきましたが、

かなり、スプレーの跡がのこりムラがひどくなってしまいました。

またアドバイスをもとに、800番→1200番→2000番ペーパー磨き→コンパウンド磨き

をおこない乾いたルーフの状態を見ましたら、確かに艶はあるのですが、黒々とき...続きを読む

Aベストアンサー

No.2 およびNo.4です。
色々なご意見が寄せられているようですが、質問者様は誰の回答を
真に受けていいのか戸惑っていることと思います。

今のままではペーパーの番手からして何番を使えばいいのか
全くわからないので途方に暮れているのではありませんか?

最初からプロレベルは求めていないと言うことなので
私はそれに合った手順を回答としてきました。

私のHPから「お問い合わせ」をクリックしてメールしてみてください。

現役で塗装していますし、これまでに塗装職人に指導もして来ましたので
わかりやすく教えてあげられます。

http://www.cts-net.ne.jp/~simada-f/

Qバンパー自家塗装による色ムラ対処法

先日リアバンパーにキズ(塗装が割れる程度)が付いたので
ソフト99のHPを見ながら、自家塗装を試みました。

その結果、ボカシ剤も使用したのですが
見事に元の色と新しく塗装を施した部分に
色の境目が出来てしまいました(汗
勿論、指定カラーで塗装しましたが、元の色が経年変化
していたらしく・・・

そこで時既に遅し、かもしれませんが
何とかこのムラを少しでも改善したいのですが
何か良い方法はありませんでしょうか?
(板金屋に頼む事は現状考えておりません)

色はソリッド系のホワイトで、塗装した範囲は
縦12cm、横30cm位の長方形です。

宜しくお願いします。

Aベストアンサー

結論から言うとバンパー全体を塗装する方が良いです。

部分塗装を行う場合、ご指摘の通り市販のスプレーでは色が合いません。
それと12x30cmを塗装された時小さめにバンパーにマスキングされたのでは無いでしょうか。かなり広めにマスキングをして(3~4倍位)縦にはマスキングせず
飛び散った塗料に境界が目立たない程度にグラデーション塗装しないと、ボカシが利きませんよ。
ボカシ剤ってシンナーですから。飛び散った分を溶かして中間色を作るわけですからマスキングに掛かるとダメです。

それと下地の色でかなり変わりますが、サーフェーサーは塗りましたか?
白や黄は止まりが悪いので、サーフェーサーかウラ技で銀色スプレーを使用すると上塗りの塗装の節約が出来ますし発色も良いですよ。

私のお勧めは・・・
1.ショップに行きスプレー色見本を拝借し、天気の良い日に自分の車にあわせスプレーを購入(指定番号と違っても良いから)
2.バンパー全体を下地処理(ペーパー・コンパウンド・脱脂・サーフェーサー)します。
3.なるべく投光器等をあてバンパーを暖める。鍋に50℃位のお湯を用意しスプレーを漬ける
4.50回以上スプレーを振り、最初に塗り難い所やスプレーを傾けないと塗れない所を最初に塗ります(スプレーの50%で我慢します)。
5.残りの30%を正面・サイドのスプレーを立てて使用できる場所に塗装し、残りの20%は使い切らずに捨てます
6.塗装が掛かっていない所が有っても無理して塗装せず、次に乾いたら次に塗ればいいです。
7.途中カラカラと何度もスプレーを振りながら素早く塗装します。缶が極端に冷たくなった場合は圧力が弱くなりますので鍋に入れ、暖かいものと交換しながら塗ります。(この時ウエスを用意してスプレーの噴射口の塗料を拭きながら出し入れします)
8.最後はなるべく近づけて塗ると艶が出ますがこれが一番難しいです。自信が無いなら無理は禁物です(タレます)
9.ソリッド系はこれで終わりですが、パール系は更に上塗りのクリアーを塗装します。

車にもよりますがカローラクラスで最低でも白スプレーが3~5本は必要ですね。ちょっと高くなりますが勉強と思ってがんばってください。
それでも業者に出すより安いと思いますが、後は腕次第です。
必ず晴れた風のない日にしましょう。天気が悪いとボケますよ。

結論から言うとバンパー全体を塗装する方が良いです。

部分塗装を行う場合、ご指摘の通り市販のスプレーでは色が合いません。
それと12x30cmを塗装された時小さめにバンパーにマスキングされたのでは無いでしょうか。かなり広めにマスキングをして(3~4倍位)縦にはマスキングせず
飛び散った塗料に境界が目立たない程度にグラデーション塗装しないと、ボカシが利きませんよ。
ボカシ剤ってシンナーですから。飛び散った分を溶かして中間色を作るわけですからマスキングに掛かるとダメです。

それと下地...続きを読む


このQ&Aを見た人がよく見るQ&A

人気Q&Aランキング