現在、30歳(男・既婚・子供なし)ですが、
平準定期保険(1500万、保険期間30年)を検討しています。
更新型にすることや特約を付けることは考えていません。
方々に見積もりを請求して、営業員さんと交渉するのも避けたいので、
お勧めの商品や具体的な保険料をご存知の方がいたら教えてください。

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (4件)

KM1002さん、はじめまして。



オリックス生命は如何でしょうか?
いわゆる保険のおばちゃんを使う大手国内生保より、通信販売によるコスト削減で
保険料は安く、またインターネット、電話等によるサービスも豊富です。
なお、保険料は月払いで5,160円ですね。

 http://www.orix.co.jp/ins/direct/index.htm


あと、KM1002さんが他にどのような保険に加入しているのか分かりませんが、1,500万円
であれば、県民共済の生命共済と入院共済それぞれの4,000円コースに加入するというのは
どうでしょう。病気死亡の場合は合わせて1,500万円、交通事故の場合は3,000万円の共済金
が支払われます。しかもおまけ(?)で病気入院時は一日当たり12,000円が支払われます。
こちらは掛金が合計で月々8,000円となりますが割戻金がありますので、実質は5,000円以下です!

 http://www.kyosai-cc.or.jp/index2.html


最後に、KM1002さんの考え方にもよりますが、定期保険の額はその人の環境、状況により変化する
もの(例えば子供が産まれたとき、成人したとき等)ですので、その増減はその都度ご検討することを
お勧めいたします。

参考URL:http://www.orix.co.jp/ins/direct/index.htm,http://www.kyosai-cc.or.jp/index2.html
    • good
    • 0
この回答へのお礼

ご回答ありがとうございました。
共済の合わせ技は考えておりませんでした。
検討してみます。

お礼日時:2002/03/30 21:19

なぜ、保障金額1500万円 保険期間30年なのでしょう?質問内容だけでは保険に加入する目的が分かりませんが、30歳(男・既婚・子供なし)の方で上記の保険に入らる必要がある方はあまりいないと思います。


もし、更新型が嫌ということであれば私なら終身のタイプを選びます。30年後に保険を解約する予定でもです。なぜなら解約時にお金が貯まっているからです。残念ながら定期保険ですと満期まで続けると全て掛け捨てになってしまします。
営業員さんと交渉するのを避けたいようですが、優秀な営業員に巡り会えれば良きアドバイスを受けられるでしょう。あまり警戒されなくても良いのでは・・・
    • good
    • 0
この回答へのお礼

ありがとうございました。
私の考えでは、基本的に保険は掛け捨てにすべきと思っております。
今度、専門の営業員さんとお話してみます。

お礼日時:2002/03/31 09:41

皆さん、いろんな生活設計があり、家庭の数だけ保険設計もあると思います。


このような設計はどうでしょうか。
・終身または、90歳満期や長期平準定期保険をベースに
 10年から20年満期の定期保険に加入。年数は、子供が成人するまでの期間
 終身保障短期払い(定年時点で払込み終了)の医療保険。
 余裕があれば、傷害・ガン・介護の保障を必要と思うものから単品で加える。

私は、なるべく割高になるが単品の加入を勧めています。余り、知られていませんが死亡時に契約者がもらっている死亡保険金は以外に少額です。なぜなら、60歳以降の保障が少なくなったときや長期療養で保険料の払込ができなくなったときの請求が多いのです。
セットにすると払込みができずに失効解除され、最後まで必要な保障まで亡くなってしまうからです。保険会社各社個々に特徴があり、いい内容の商品だけに加入して消費者が選択をしていく時代だと思います。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

助言ありがとうございました。
やはり長期定期をベースに単品を加えていこうと思います。

お礼日時:2002/03/31 09:38

定期保険(掛捨て)といっても各社多少の差はあります。


掛捨てなので安いに越したことはありません。保険料の面で言うと、やはりインターネットで申し込める保険は安くつきます。

・オリックス生命ダイレクト(30歳男性・30年・1500万)月払保険料 5160円
・保険料は分かりませんがセゾン生命は掛捨て保険は安いはずです。

チューリッヒ生命やGEエジソン生命のネット商品もありますが、30年は取り扱っていないようです。

おすすめということで、保険会社の経営状況などからみればどこも似たりよったりと思われます。万が一、破綻しても掛捨てなのでそんなに影響は無いかもしれません。

差し出がましいようですが、30年もの長期の定期保険が本当に必要なのでしょうか。
現在、子供さんがいらっしゃらないようなので家族(奥様のみ)に残すのはわずかでいいと思いますし、いずれ子供さんができれば公的年金(遺族保障)の支給も対象になります。
いちばん懸念されるのは、定額の定期保険はインフレ(物価上昇)になったとき目減りしてしまいます。死亡保障を安い掛捨てでというお考えは大賛成なのですが、30年という長期が気になります。

どういうライフプランをおたてになっているか分かりませんが、子供さんが生まれてから、なおかつその遺族保障が減ってくる時期に足りない分の補足として定期保険に加入すれば、長期保険期間というリスクはなくなります。

ご参考になれば。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

親切なご助言、回答ありがとうございました。
参考にさせていただきます。
ただ、素人ながら私の計画としては、
年齢をかさねても保険料が上がらない長期の定期保険をベースにして、
家庭、経済状況に合わせて適宜、短期の保険を加えていこうと考えておりました。

お礼日時:2002/03/30 21:22

このQ&Aに関連する人気のQ&A

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Qアメリカの長期天気予報が知りたい

日本では、気象庁が1ケ月や3ケ月の長期天気予報を出していますが、アメリカのをどこかでみられないでしょうか?

Aベストアンサー

 National Weather Service の Climate Prediction Center はいかがですか?

 英語じゃだめですか?図も載っていますが。

参考URL:http://www.cpc.noaa.gov/products/predictions/multi_season/13_seasonal_outlooks/color/churchill.html

Q家族収入保険(定期保険特約付き普通養老保険)30年満期の保険が、あと2

家族収入保険(定期保険特約付き普通養老保険)30年満期の保険が、あと2年で満期を向かえますが、かけきった方がよいのでしょうか?

保険屋さんが、あと2年なら解約した方がよいですよ、と言われます。(解約をしても、保証は2年は続くというような話でしたが、、、)
満期保険金は150万円です。死亡保険金は3000万円のようです。
毎月の保険料は15000円程度です。
実際はどうすればよいのでしょうか?

Aベストアンサー

払済にした方が得……ということは、ありません。
払済にして戻りが105%なら、払済にせずに満期は107%
ということになります。
(例え話なので、数字は、適当です)

前回も申し上げたように、配当金というものがあるので、
満期保険金以上が戻ってくる可能性はあります。
ですが、配当金はそもそも非課税なのに、他のもの一緒に精算すると
課税対象となりますから、注意が必要です。

(Q)他の特約を減額して場合の保険料、解約返戻金はいくらか?
を保険屋さんに聞くとよいですよ、と言って見えましたが、
どうも意味はわかりませんでしたが、、、?
(A)保険料と言うのは、主契約、特約、それぞれをバラバラに計算して、
最後に合計しているだけのこと。
つまり、現在の表面上の保険料だけを見ていたのでは、内訳が見えません。
特約は、原則として「掛け捨て」ですが、長期の場合には、多少なりとも
解約払戻金がある場合があります。
それは、特約ごとに計算されているのですが、表面上には出てきません。
保険会社に問い合わせをするしかないのです。

つまり、現時点での主契約の解約払戻金、
特約ごとの解約払戻金をそれぞれ、保険会社に聞かなければ、
内訳がわからないのです。

それを聞いて、今、どうするのが一番、メリットがあるのかを判断するのが
良いと思います。

払済にした方が得……ということは、ありません。
払済にして戻りが105%なら、払済にせずに満期は107%
ということになります。
(例え話なので、数字は、適当です)

前回も申し上げたように、配当金というものがあるので、
満期保険金以上が戻ってくる可能性はあります。
ですが、配当金はそもそも非課税なのに、他のもの一緒に精算すると
課税対象となりますから、注意が必要です。

(Q)他の特約を減額して場合の保険料、解約返戻金はいくらか?
を保険屋さんに聞くとよいですよ、と言って見えましたが...続きを読む

Q長期の天気予報

九州の3月の14日~27日の詳しい天気が知りたいのですが、こういうものは発表されていないのでしょうか?
長期天気とかで「こういうかんじになる」くらいのは見つけたんですが、14日は雨 15日は晴れみたいな、週間予報の延長版みたいなものがあるサイトを知っている方がいらっしゃいましたら教えてください!!

Aベストアンサー

私も色々サイトを探してみましたがどうやら無いみたいですね。
週間予報でも時々外れたりしますので、仮にそのような予報があってもあてにならないと思います。
やはり最新の少しでも確実なデータとなると1週間が限度では。

http://www.imoc.co.jp/week/week_6.htm

参考URL:http://www.imoc.co.jp/week/week_6.htm

Q医療保険のガン特約とガン保険の医療特約

こんばんは。
今年30歳になる会社員です。
妻一人、子供は一人は欲しいと考えています。

医療保険の加入を考えて半年近く経過します。
医療保険に加入しようと決めて保険会社もプランもほぼ決めたころに
ガン保険の存在が大きくなり、いろいろ考えたのですが、
件名にあるとおり、特約をつけることで保障がほぼ同等になるのです。
どう加入するのがよいのか決めかねてしまいました。

現在まで終身保障で60歳払い済みの医療保険に加入しようと考えています。
自分の特約に対する認識を少し書きますので、
こんな利点、欠点があるとか、こんな基準を持って
望まなくては決められないなど、
どなたか補足してくださる方、お教えください。

●特約の利点
・安い
・保険証書ひとつにいろいろな組み合わせを作り
 保障を大きくできる。

●特約の欠点
・特約の中でのバリエーションが少ない。
 ガン特約ならこの金額の保障と決められていることが多いように思う。
 →主契約は自由度が高いので、必要性によって主契約を
  医療にするか、ガンにするかを決めればよい?!
・定期の特約の場合、更新されると保険料が跳ね上がる。
 (要確認)
・保険会社が破綻した場合、主契約ですら満額引き継がれる
 とは限らないのに、特約は引き継がれる保障もない。

●医療保険+ガン特約
医療保険自身はガン保険を主契約にするより高めだが、
ガン特約が安いので合計するとそれほど変わらない?
終身保障でも終身払い、払い済みが選べるものが多そう。

●ガン保険+医療特約
終身保障のものは、終身払いのものが多そう。
月額は確かに安いのですが、ずっと払いつづけるのは年金を
当てにできるかわからないので、一抹の不安がよぎっています。

すみませんが、よろしくお願いします。

こんばんは。
今年30歳になる会社員です。
妻一人、子供は一人は欲しいと考えています。

医療保険の加入を考えて半年近く経過します。
医療保険に加入しようと決めて保険会社もプランもほぼ決めたころに
ガン保険の存在が大きくなり、いろいろ考えたのですが、
件名にあるとおり、特約をつけることで保障がほぼ同等になるのです。
どう加入するのがよいのか決めかねてしまいました。

現在まで終身保障で60歳払い済みの医療保険に加入しようと考えています。
自分の特約に対する認識を少し書きま...続きを読む

Aベストアンサー

>●ガン保険+医療特約
終身保障のものは、終身払いのものが多そう。
月額は確かに安いのですが、ずっと払いつづけるのは年金を
当てにできるかわからないので、一抹の不安がよぎっています。

がん保険が主契約のもので、終身払いだから、決めかねている。
そんな感じですかね?

がんになる確率と、がんも含む入院の確率。
明らかに、後者の方が大きいですよね?

なぜ、がん保険を主契約にしなければならないのか?
そのメリットとはなにか?
保険料が安いというだけなのか。。。
医療特約は終身保障されるのでしょうか?
そのためには終身払いするしかないのでしょうか?

>●特約の利点
・安い
・保険証書ひとつにいろいろな組み合わせを作り
 保障を大きくできる。

この場合、特約の利点は、安い以外ない。
証券が1枚でも2枚でも3枚でも、保障は一緒であり、
利点と呼ぶほどのことではない。
保険会社が1社2社3社というのなら話は別。
それと、保障を大きくしたり変更したりするのは、どんな保険でもほとんど可能。2枚あっても、そのうち1枚だけ大きくすることもできるし、2枚とも大きくすることも出来る。
通販などの、セット商品に加入してしまうと、上記のようなバリエーションの問題は発生する。安さを追求した商品だから、バリエーションを持たせる(それに付随した変更や増額など。)コストを削減した為。そうなると、途中で変更や増額も出来ないし、使い勝手が悪くなる。でも、安い。

究極は、
医療保険とがん保険両方入れば何にも問題はない。
または、バリエーションが選べる保険会社の医療保険を選べばいい。ただし、保険料はセット商品や通販に比べると割高。
私の勝手な憶測だが、バリエーション=保険金額・入院日額の変更や選択のこと思っての回答。
がん初期保障~などの特約のことではない。

保険料との兼ね合いで~とお考えならば、
安い方を選べばよい。

保障を重視で~とお考えならば、がんのバリエーションが多くても、肝心の医療保障のバリエーションがなければ、お話にならない。

最初に書いたように、医療保険の目的は、
「病気や怪我での入院」
であり、がん限りの保障ではない。
「がん」という病気「ひとつだけ」で考えるならば、他の病気・怪我がおざなりになるでしょう。

将来的に、がん以外の病気や交通事故で入院される確率もある。がんになる確率と、がん以外で入院する確率を考えれば、いいのでは?

sarsのように、不意に出てくる病気もありますからね・・・。

>●ガン保険+医療特約
終身保障のものは、終身払いのものが多そう。
月額は確かに安いのですが、ずっと払いつづけるのは年金を
当てにできるかわからないので、一抹の不安がよぎっています。

がん保険が主契約のもので、終身払いだから、決めかねている。
そんな感じですかね?

がんになる確率と、がんも含む入院の確率。
明らかに、後者の方が大きいですよね?

なぜ、がん保険を主契約にしなければならないのか?
そのメリットとはなにか?
保険料が安いというだけなのか。。。
医療特約は...続きを読む

Q信頼度の高い天気予報

お世話になります。

テレビの天気予報やデータ情報の天気予報、ネットではYahoo!やFORECAの天気予報を見ていますが、皆さんはどの天気予報を活用されていますか?

信頼度の高い天気予報サイトなどがあれば教えて下さい。

Aベストアンサー

tenki.jpをよく見ています。気象衛星の映像と、天気図を見て自分でおおよそ予想しています。まあだいたい当たりますよ。
天気図の見方とか予報の仕方を学べば翌日の天気くらいならほぼ正確に予想できるんじゃないかと思います。なに、小学生向けの本を読む程度で大丈夫ですよ。私も天気予報の勉強をしたのは小学生のときで、それ以来特に追加のお勉強はしていません。

Q第一生命(コーラス)生存給付金付定期保険特約付・終身保険の契約更新について

1.現在、加入している保険内容
1)第一生命(コーラス)生存給付金付定期保険特約付・終身保険
(1)主契約 2,000,000円
(2)特約(定期保険特約) 16,000,000円
(3)特約(生存給付金特約) 2,000,000円
(4)特約(傷害特約)  5,000,000円
(5)災害入院特約   5000円
(6)疾病特約 5,000円
(7)女性特定疾病入院特約 5,000円
2)契約期間等
(1)保険契約日  平成4年(更新年が平成19年)
(2)保険種目   30年払済み
(3)主契約  終身
(4)契約年齢  23歳
3)保険金額
(1)団体払い保険料 月額13,602円
(2)年払い保険料  年額159,032円(現在はこちらを選択している。)
(3)解約返還金額 166,800円(15年)365,600円(25年)

また、現在の保険料159,032円×3年-200,000円(生存給付金)-33,360円(3年分の解約返還金)=243,736円(3年分)=81,245(1年分)=6,770円
と考えておりますが、仮に更新したとするとかなり保険料が上がるのではないかと推測しおります。25000円前後でしょうか?もしかすると予定利率も違うのでもっとでしょうか?
今後、月々の支払いを1万円前後の負担に抑えたいと考えています。特約等の変更をして保険金額を下げるべきなのか、それとも主契約の終身保険のみをのこして、職場の会社割安?の保険に入るのがいいのか考えているところであります。
現在のまま、契約内容を変更せずに更新した方が得なのか判断付きかねるところであり、先日、現在の第一生命の担当者は、現在の保険を下取りにして新しい契約を勧めてきました。内容についてはよく覚えていませんが、こちらの希望する趣旨に反しており、とにかく契約をお願いしますというような、イメージしか残りませんでした。保険外交員は自分の利益にならないことは勧めないのはわかります。それではこちらにとってメリットもありません。ご教授下さい。

1.現在、加入している保険内容
1)第一生命(コーラス)生存給付金付定期保険特約付・終身保険
(1)主契約 2,000,000円
(2)特約(定期保険特約) 16,000,000円
(3)特約(生存給付金特約) 2,000,000円
(4)特約(傷害特約)  5,000,000円
(5)災害入院特約   5000円
(6)疾病特約 5,000円
(7)女性特定疾病入院特約 5,000円
2)契約期間等
(1)保険契約日  平成4年(更新年が平成19年)
(2)保険種目   30年払済み
(3)主契約  終身
(4)契約年齢  23歳
3)保険金額
(1)団体...続きを読む

Aベストアンサー

こんにちは!

私もこれと同じ保険に入っていました。(金額は異なりますが)
と言っても恥ずかしながら「お金は払うから適当に決めて・・・」と母の知人に頼んで決めたプランで内容には頓着なく10数年支払っていました。

2~3年前に急に他の営業が来るようになりやはり「転換」を奨められましたが、内容的に転換する意味もなくその頃は私も保険の営業をやっていたので知恵が付き「これ幸い!」と主契約の終身と疾病特約(災害特約はペア)だけ残してすべて解約させていただきました。
(これで保険料は月1万円ほど浮きました。)
浮いた分で「終身医療保険」+ 「個人年金」に加入しました。(私の場合「死ぬリスク」より「長生きのリスク」の方が大きいので)

で、本題ですが。
1万円前後の保険料で・・・ということであれば、主契約の終身は残し医療関係の特約ははずして別途「終身医療保険」への加入、生存給付金特約は解約、定期保険特約は解約または減額。
がよろしいかと・・・(死亡保障額に関してはその方の家庭の状況によって変わってきますのでなんとも言えませんが)

保険は損得ではないのでどちらが得?と言われると困りますが、予算内でどれだけ自分の希望する保障が付けられるか・・というパズルのようなものです。

まだ26歳(?ですか)とお若いのでパズルも色々自由がききますね。
女性でも誰かを扶養しているのであれば別ですが、1600万円の定期特約は多いと思います。

今、3人に1人はガンで亡くなり2人に1人はガンにかかり3人に2人は3大疾病で亡くなっています。
「終身医療保険」はぜひお若い健康なうちに確保してください。(できれば入院日額1万円。若ければ保険料も安いのでガン保険も考慮しましょう)

最後に「自分の利益しか考えない営業」も確かに多いようですが、本当にお客様にあった保険を・・・と考えている営業もいます。
そういう営業に出会えると良いですね。

こんにちは!

私もこれと同じ保険に入っていました。(金額は異なりますが)
と言っても恥ずかしながら「お金は払うから適当に決めて・・・」と母の知人に頼んで決めたプランで内容には頓着なく10数年支払っていました。

2~3年前に急に他の営業が来るようになりやはり「転換」を奨められましたが、内容的に転換する意味もなくその頃は私も保険の営業をやっていたので知恵が付き「これ幸い!」と主契約の終身と疾病特約(災害特約はペア)だけ残してすべて解約させていただきました。
(これで保険料...続きを読む

Qそれぞれのチャンネルの天気予報の出し方。

僕は和歌山に住んでます。
ときどき思うのですが、僕のテレビの天気予報は近畿地方だけの天気予報をやってます。
でも関東の人がそのチャンネルを見ても、自分の地域の天気予報じゃない近畿の天気予報がうつるんでしょうか?

Aベストアンサー

そんなことありません。

Qリビングニーズ特約の特約保険金

リビングニーズ特約の特約保険金の受け取りで、受取人は3000万円以下で死亡保険金の金額内から差し引くのはなんでしょうか?
おしえてください。

Aベストアンサー

質問がちょっと分かりにくいのですが、例えば3000万円の生命保険に加入していて
リビングニーズの対象になり、3000万円の保険金を請求したとします。
保険会社は3000万円の保険金から6か月分の保険料を引き、更に
6ヶ月間、予定運用利率で割り引いた金額を被保険者に支払います。

Q天気予報のことでお尋ねします。季節の変わり目で昨夜の天気予報が翌朝には

天気予報のことでお尋ねします。季節の変わり目で昨夜の天気予報が翌朝には変っていたり、好天の予報が外れ雨が降るといったことが多い昨今ですが、知人のコンビニ店長がTVの天気予報を見て行楽用弁当を多めに仕入れました。近くに公園がありコスモスが満開だからです。ところが翌日は天気予報が外れ雨降りになりました。弁当は売れず多く売れ残りました。
このように天気予報を見て普段より多く仕入れたり、倉庫の奥から季節ものを出したりするケースは多いと思います。天気予報が外れたばかりに多少の損を被る人はいると思います。そのような際、天気予報を出した先に損害請求とは行かなくとも多少の文句を言ったりできるのでしょうか。
天気予報を信ずる信じないは個人の自己責任の範囲と言われそうですが、又損する場合ばかりでなく逆のこともあるかと思うのですが、天気予報と言うものは何処まで責任の有るものなのでしょうか。お尋ねします。

Aベストアンサー

天気予報に責任はありません。
損害賠償もできません。

予報を信じるか信じないかは個人の自由です。

Q医療保険・がん特約・三大疾病特約について

医療保険・がん特約・三大疾病特約について

キュア、新エバー、健康のお守り、アリコで検討しています。自営のため傷病手当が出ないので、入院日額は1万円で考えてます。それぞれのメリット/デメリットを比較しているのですが、アドバイスお願いします。

キュア…七大成人病になれば120日まで保障/三大疾病一時金の特約は入院しない限り保険が下りない

エバー…手術範囲の拡大/長期入院特約は61日~120日の日額5000円の選択しかない・三大疾病特約は一時金ではなく日額5000円アップ

健康のお守り…三大疾病払込免除特約がある・ガンの場合日額2倍プランがある・七大成人病60日延長特約を付加すればキュアと同じ感じ・三大疾病一時金特約はキュアより安い(入院が必要かどうかが把握できていないので、どなたか教えてください。)/保険料が高い

アリコ…生活習慣病特約で一時金50万・ガン特約は初回のみ入院が無くとも保障される・先進医療特約の内容が充実している・保険料も割安/三大疾病特約がない

特に比較したいデメリットは三大疾病保障・ガン給付金についてです。アリコに三大疾病特約があればとても魅力的なのですが…。キュアの三大疾病一時金は入院が必要とのことですが、ガンの場合いきなり入院しない事もありますよね?入院しないという事は保障がない。でも入院が必要ない時点で医療費もそんなにかからないのでしょうか?高額医療の制度もありますし…

医療保険の特約ではなく、単独でガン保険や三大疾病保険(あるのかな?)に加入するべきですか?医療保険の日額を1万で考えているから単独で入るとムダが出る気がして。ガン保険も高いですし…

御意見宜しくお願いします

医療保険・がん特約・三大疾病特約について

キュア、新エバー、健康のお守り、アリコで検討しています。自営のため傷病手当が出ないので、入院日額は1万円で考えてます。それぞれのメリット/デメリットを比較しているのですが、アドバイスお願いします。

キュア…七大成人病になれば120日まで保障/三大疾病一時金の特約は入院しない限り保険が下りない

エバー…手術範囲の拡大/長期入院特約は61日~120日の日額5000円の選択しかない・三大疾病特約は一時金ではなく日額5000円アップ

健康のお守り…三大疾...続きを読む

Aベストアンサー

生命保険専門のFPです。

順番に行きましょう。
(1)CUREの七大疾病で、平均入院日数が60日を超えているのは、
脳卒中と慢性腎不全です。がんは入退院を繰り返す場合があるので、
平均は短いですが、全体として長くなる可能性があります。
七大疾病以外で長くなるのは、高齢になってからのインフルエンザや
慢性閉塞性肺疾患などの重篤な呼吸器疾患、それに骨盤や大腿骨などの
大きな骨折があります。
つまり、長期入院に備えるならば、七大疾病だけでは不十分です。
http://www.mhlw.go.jp/toukei/saikin/hw/kanja/08/dl/03.pdf


(2)新EVERの長期入院は、入院給付金日額と同額を付加できます。
つまり、基本が1万円ならば、長期入院特約も1万円まで付加できます。

(3)健康のお守りの三大疾病一時金は、入院が条件となります。
三大疾病払込免除特約は、終身払いでこそ威力を発揮します。
60歳払済ならば、保険料を払いこんでしまったら、この特約は
有名無実になります。
当然ですが、終身払いの方がこの特約の保険料は高いです。

(4)三大疾病とは……
がん・脳卒中・急性心筋梗塞です。
急性心筋梗塞は、虚血性心疾患の半分です。残りの半分は、狭心症です。
症状も手術の内容も似ていますが、狭心症は心筋壊死がないので、
死にません。
急性心筋梗塞の平均の入院日数は、65歳以上でも31日です。
治療費は高いですが、高額療養費制度の適用になるので、自己負担は
少なくて済みます。

脳卒中は、脳血管疾患の65歳以上の平均入院日数が118日なので、
長期入院となる典型的な疾患です。
入院中よりも、退院後の介護の方にお金がかかります。

がんは、総合的な治療をする典型的な疾患です。
入院もあれば、外来もあり、一概には言えないので、総合的な保障が
必要です。
抗がん剤が一般の方は想像ができないぐらい高いので、外来の自己負担が
一回数万円になるので、最初は何かの間違いと思う人が多いそうです。
http://www.ncc.go.jp/jp/ncch/division/pharmacy/pdf/HCN.pdf
がんに備えるならば、がん保険です。

(5)まとめれば……
急性心筋梗塞は、普通の医療保険で対応可能。
脳卒中は、1回の入院限度日数が少なくとも120日以上が必要。
むしろ、障害が残ったときの介護を考えて、介護保険が必要。
がんは、がん保険でなければ、十分に対応できない。
つまり、三大疾病保険(単独もあります)は、補助的な意味合いの
強い保険です。

(6)自営業ならば、「所得補償保険」を検討することをお勧めします。
良く似た名称に「収入保障保険」がありますが、似ているのは名前だけで
内容はまったく違います。

まずは、死亡保障。
次に、医療保険、所得補償保険を上手に組み合わせてください。
できれば、がん保険も組み込んでください。
余裕があるのならば、介護保険。
さらに余裕があるのならば、三大疾病保険。

ご参考になれば、幸いです。

生命保険専門のFPです。

順番に行きましょう。
(1)CUREの七大疾病で、平均入院日数が60日を超えているのは、
脳卒中と慢性腎不全です。がんは入退院を繰り返す場合があるので、
平均は短いですが、全体として長くなる可能性があります。
七大疾病以外で長くなるのは、高齢になってからのインフルエンザや
慢性閉塞性肺疾患などの重篤な呼吸器疾患、それに骨盤や大腿骨などの
大きな骨折があります。
つまり、長期入院に備えるならば、七大疾病だけでは不十分です。
http://www.mhlw.go.jp/toukei/saik...続きを読む


人気Q&Aランキング