文字を入力後、変換します。
たとえば、「女性似合う機会が多い。」を「女性に会う機会が多い。」に直そうとします。
カーソルを似合うまで移動して、「似」を「に」と直しました。
次に、「合う」を「会う」に直そうとする場合、右矢印キーでカーソルを「合う」に合わせようとしても、文字が確定してしまって、カーソルを移動できないのです。連続してこれを行おうとする場合のやり方を教えてください。
また、カーソルが文章の末尾の「。」まで移動しないので、次の文章を入力するときに、そのつど、カーソルを末尾まで移動しなければなりません。
ワード2000ではこのようなことはなかったのですが、ワード2000と同様に使用するにはどうしたらいいのでしょうか。これでは、とても不便なのです。
わかる方教えてください。

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (4件)

IME2002のnatural inputのために、そうなっていると思います



日本語入力の設定でnatural inputではなく、今までの入力方法を選べば、以前のような入力ができます。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

遅くなってすみません。
適切なアドバイスありがとうございました。

お礼日時:2002/04/14 22:27

ナチュラルインプットがどんなものかは、IMEツールバーのヘルプを見ると分かり易いですよ。


ナチュラルインプットでは、変換中でも文字確定後でも、変換ができるようになっています。
ご質問の場合、「女性似合う機会が多い。」の「女性」と「似合う」の間にカーソルを移動させて、変換キー(この時はスペースキーでは変換できません。)を押して下さい。変換候補一覧表の1番目に「女性」、2番目に「女性に」とでてくると思います。「女性に」を選択すると、文章は「女性に会う機会が多い。」になるはずです。今度はカーソルを「似合う」の「似」と「合う」の間に移動させて変換キーを押してみましょう。今度は1番目に「似合う」2番目に「会う」がでてきます。「会う」を選択すれば、「女性に会う機会が多い。」になります。
このように、ナチュラルインプットは慣れないと非常にややこしい機能ですので、慣れるまで使い続けるか、スタンダードインプットにするかはあなた次第です。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

遅くなってごめんなさい。
適切なアドバイスありがとうございました。
ポイントは2人までですので、差し上げられませんが、今後ともよろしくお願いします。

お礼日時:2002/04/14 22:36

はじめまして。



私も前者の方の回答に同じなのですが
補足ととし参考までになのですが
ナチュラルインプット状態だと
スタンダードと違い変換下線がでなかったりします(特に太線の方が)が
意外と変換キーを押すと決定されてる用に見えて
変換ができてしまう時があります。

私は殆どスタンダードなのでどんな時に下線が出てなくも変換可能なのかは不明ですが、知人がよくやってるのを見てるので、へぇ~って思っていた内容です。

本当に参考までなんですが・・・。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

遅くなってすみません。
適切なアドバイスありがとうございました。
ポイントは2人までなので、差し上げられませんが、今後ともよろしくお願いします。

お礼日時:2002/04/14 22:33

ナチュラルインプットも、使い慣れると便利なんですけどね。


IMEスタンダードに変えてください。
MS-IMEツールバー上で右クリック、設定で、
IMEスタンダード選べると思いますので。

でも、ナチュラルインプットでも方向キーは動くはずなんだけどなぁ。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

遅くなってすみません。
適切なアドバイスありがとうございました。

お礼日時:2002/04/14 22:29

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!


人気Q&Aランキング

おすすめ情報