「夫を成功」へ導く妻の秘訣 座談会

 今年も高校生のドラフトが行われました。
 いままで当たり前だと思っていたんですが、どうして高校生は自由獲得枠のように自分で球団を選べないのでしょうか?。
 もちろん自由獲得枠で入れる年齢となっても、希望球団が交渉に来るか解らないし、嫌なら大学・社会人へ進めばいいだけですが、このシステムの根拠を知りたいです

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (5件)

前提が違います。


ドラフトとは本来希望枠や逆指名といったものなんて入る余地のないものです。
戦力の均衡化が目的なわけですから、自由獲得なんてしてはいけないのは自明です。
これらのことが間違っているのです。
高校生ドラフトも、一巡目を同時に出し、くじ引きにしているだけ、まだ希望球団に行きやすくなっています。
くじで外れても、囲い込みで指名をけって、逆指名を待つ。
巨人内海やホークス新垣がやったことですが、これもドラフトの精神に乖離する。

結局は、同年に成立したFA制度で有力選手を失う危険性があるので、
代わりに球団側が自由獲得枠を呑ませたというほうが正しいです。
    • good
    • 1

裏金を掴んだ校長と野球部長と監督と両親が「あの球団に行けと云いなさい」と口を揃えたら、高校生ではなかなかイヤとは云えないでしょうねぇ。


ドラフト導入の経緯としてはそういう裏側の騒動を排除する目的もあったような話を聞いたことがありますし、折衷案としては現状で仕方ないのかなと思います。

自由獲得枠の選手が全然一軍に定着せずにチーム力が落ちつつある巨人のようなチームもありますので、ドラフト制度の変遷はチームの強い弱いにゃあんまし関係ないと思います。
    • good
    • 0

ドラフトがチーム力の均衡をはかるために導入されているのはご存じでしょう。


意中の球団に入れる逆指名権は最初、誰にもありませんでした。
それが、江川や清原といったところが犠牲になって1993年に折衷案として
大学・社会人に逆指名権が認められました。

折衷案ですから、当然プロ野球側の恣意が大いに入ってます。
職業選択の制度は認めさせてあげたいが、ドラフトの理念は守りたい。
その結果、高校生がはじき飛ばされただけのことです。

しかし、逆指名権を認めたためにドラフト制度は形骸化したともいわれます。
結局、チーム間格差が大きくなってしまったのです。

こうなってしまった要因は色々ありますが、
日本では巨人のみ全国ネットで放送され、
巨人戦の収益に頼り切りという特異体質が根本の要因かと思います。

年棒総額が100億も払えるようなチームはそうそう多くなく、
12球団では多いのではないかという意見もありますが、
私からいわせれば面積あたりの球団数が多いのです。

アメリカのような広大な土地では球団数が多くても
地元民が共有感を持てますが、
日本はそういう土地柄ではないはずです。
    • good
    • 0

一応プロ野球機構ならびに高野連の発表では”高校生は未成年で選択する判断能力がまだ未熟”だからとしています。



自分もこれはまったく理由になっていないと思いますが・・・。
    • good
    • 0

建前としては、高校生は大学生や社会人に比べて未熟で


自分で適切な判断を下すのが難しい、ということだと思います。

そのこと自体は、一般的には世間に承認されていると思います。
こんなとき *だけ* 急に「高校生だってちゃんと判断できるはず」とか
したり顔で言い出す評論家がいることも承知していますが…。
(その人がどんな場面でも高校生を大人扱いしているのでない限り、私はその人をとことん軽蔑します)

まぁもちろん、だから今のシステムがいいかどうかってのはまた別論ですけどね。
    • good
    • 0

このQ&Aに関連する人気のQ&A

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

専門家回答数ランキング

専門家

※過去一週間分の回答数ランキングです。

Q質問する(無料)

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Q入りたいチームに入れないかも知れないプロ野球ドラフトについて

プロ野球ドラフトで入りたい球団に入れる人って少ないですよね。
意中の球団はあっても、あまり口外できないような環境ですよね。
でも普通の人が就職する時は、入社する側にもある程度の選択権がありますよね。
たとえば電機メーカーに就職したい人がいて、松○や○立は入りたいけどソ○ーは嫌だ。というようなものはあると思います。
それと同じような事は、ドラフトされる選手たちにもあると思います。
戦力分散の大義名分はわかりますが、選手が入りたいと思う球団作りという企業努力をしていない球団も多いように思われます。
この制度を作った人たちでさえ、多くの疑問・矛盾点があると思っているらしいので、コロコロ制度が変わりますよね。
皆さんはどう思いますか?
私ならこういう制度にする!!と言うアイデアなども聞かせてください。

Aベストアンサー

体制も体質も全然違うのですから、プロ野球株式会社などという考え方は今どきナンセンスだと思います。一般の企業だって転属希望を出す事は可能なわけですが、プロ野球では移籍希望を言うとすぐに「タンパリングだ」とわけの判らない事を言う連中がいて、普通の企業と同じとは到底言えません。
また、ルールは尊重するにしても、高校生は希望球団名を言えないというような制度に至っては時代錯誤で話にもなりません。

別に完全ウェーバー制でも構いませんが、その代わりに指名直後からトレードできるようにしてはどうでしょうか。

Qドラフト制度って?

日本のプロ野球のドラフト制度とはどのようになっているのでしょうか?

各球団が好きな選手を指名して、もし複数の球団が同じ選手を指名したらくじ引きで当たりが出た方が取れるんですよね?それはドラフト1位でも2位でもその位で複数重なったらくじびきとなるのですか?

しかし、前年度の最下位のチームが一番に好きな選手を選べるとも聞いた事がありますし(戦力の分散をするため)そこの所が分かりません。

あと逆指名とは誰がしてもいいのですか?例えばドラフト1位で複数の球団に指名されてても、僕はこのチームがいいと選べないですよね?例えば日ハムの大谷選手は二刀流するならセリーグの方が良かったのでは?とも思いますが、それは自分が選べる事ではないから仕方がないんですよね。ではどういう立場の選手が逆指名ができるのでしょうか。

セリーグもパリーグも平等に選べるのでしょうか?
一巡目、二巡目という言葉も聞きますが、これもよく分からないのです。
調べてみたのですが、自分が疑問に思っている所が見つかりません。
詳しい方どうぞよろしくお願いします。
読んでいただきありがとうございました。

日本のプロ野球のドラフト制度とはどのようになっているのでしょうか?

各球団が好きな選手を指名して、もし複数の球団が同じ選手を指名したらくじ引きで当たりが出た方が取れるんですよね?それはドラフト1位でも2位でもその位で複数重なったらくじびきとなるのですか?

しかし、前年度の最下位のチームが一番に好きな選手を選べるとも聞いた事がありますし(戦力の分散をするため)そこの所が分かりません。

あと逆指名とは誰がしてもいいのですか?例えばドラフト1位で複数の球団に指名されてても、僕は...続きを読む

Aベストアンサー

・野球部所属学生は、高校生は三年次に高野連通じて、大学生は四年次以降に所属リーグ通じて
プロ野球機構コミッショナーにプロ契約願書出さないと指名対象にされません

一巡目

・全球団同時発表、同じ選手指名したら、抽選、外れた球団は補欠一位指名を行う、ここでも重なったらまた抽選、全球団一位指名確定したら、二巡目に移る

二巡目
・その年のオールスターに負けこしたリーグの、ドラフト会議一週間前のペナントレース最下位球団から順に
セ・パ交互に下位球団から一人ずつ指名。(ウエーバー方式)
三巡目
・二巡目とは逆に、
その年のオールスターに勝ち越したリーグの、ドラフト会議一週間前のペナントレース第一位球団から順に
セ・パ交互に上位球団から一人ずつ指名。(逆ウエーバー方式)

以後、ウエーバー方式と逆ウエーバー方式の順で指名、行い、最大一球団十人まで指名できます。

※ドラフト指名が全球団120人未満の時、
育成選手ドラフトを開催、ドラフト指名十人未満の球団は残り枠の数だけ
一軍戦にでない育成選手の指名できます。





逆指名発言は、誰でも好きにできます。
どの球団も、逆指名発言に拘束されず、指名機会あればとりたい選手指名できます。


大谷君みたいに、
メジャー行きたいと発言し、でも条件次第では
ドラフト要面談と日本のプロ野球機構に願書出し、
めでたく
メジャーリーグに地理的に一番近い札幌ドームで
活躍というのも、ありです。\(^^;)...マァマァ

・野球部所属学生は、高校生は三年次に高野連通じて、大学生は四年次以降に所属リーグ通じて
プロ野球機構コミッショナーにプロ契約願書出さないと指名対象にされません

一巡目

・全球団同時発表、同じ選手指名したら、抽選、外れた球団は補欠一位指名を行う、ここでも重なったらまた抽選、全球団一位指名確定したら、二巡目に移る

二巡目
・その年のオールスターに負けこしたリーグの、ドラフト会議一週間前のペナントレース最下位球団から順に
セ・パ交互に下位球団から一人ずつ指名。(ウエーバー方式)
三...続きを読む

Qなんで好きな球団に行けないの?

シーズンオフになるとFAで話題になるけど、FA権ないとなんで好きな球団にいけないんでしょうか?
球団と1年契約して、その年のオフに契約を拒否すればいいんじゃないのでしょうか?スゴイ選手なら他の球団が取ってくれるのではないでしょうか?
多分色々決まっていることがあると思うので教えてください。
あと、ペタジーニ選手ってなんで巨人にはいれたんでしょうか?FA??
なんにも知らなくてスイマセン

Aベストアンサー

プロ野球選手は入団時に契約金をもらいます。(最近では、契約金0の選手もいますが)。球団は選手の保有権をもつことになります。
球団が保有権をもつかぎり、自球団の選手が来シーズンの契約更改を拒否したばあいでも、他球団と契約することは許されません。契約更改が行われないまま、2月のキャンプインになった場合は、保留手当てとして、前シーズンの年俸の25%が日割で支払われます。ことしは近鉄の大塚投手(現中日)がこのケースにあたります。選手は契約を更改するか、任意引退選手として引退するかどちらかしか選べません。任意引退選手の場合、引退しても球団が保有権をもつので他球団で現役復帰したい場合は元の球団の許可が必要です。
ただし、来シーズンの年俸は25%超(1億円以上の選手は30%超)のダウン提示の場合は、選手の同意が必要です。選手が契約を拒否すれば慣例として自由契約選手となります。
自由契約選手は元の球団から保有権を放棄されたので、他球団と自由に契約できます。
ポスティングシステムで大リーグに移籍することは可能ですが、この場合自分で大リーグの球団を選ぶことはできず、日本の球団が入札額に合意した場合、最高額の補償金を提示した大リーグの球団がはじめて明示され、落差串田大リーグ球団に保有権が移ることになります。
球団は保有権を持つ選手を自由にトレードできます。トレードは保有権の譲渡になります。選手はトレードを拒否した場合は、任意引退選手として引退しなければなりません。
大塚投手の場合、本来なら近鉄と契約を更改しないならば「飼い殺し」になっても文句は言えないのですが、球団側が折れて中日に金銭トレードとなりました。
ペタジーニ選手は前オフ自由契約選手となりました。外国籍選手の場合、契約時に「契約満了時に新たな契約が合意に達しない場合、自由契約選手となる(他球団に金銭補償なしで移籍できる」条項を入れている選手が多いようです。日本人選手ではこのような話は聞かないので矛盾しているのですが。

プロ野球選手は入団時に契約金をもらいます。(最近では、契約金0の選手もいますが)。球団は選手の保有権をもつことになります。
球団が保有権をもつかぎり、自球団の選手が来シーズンの契約更改を拒否したばあいでも、他球団と契約することは許されません。契約更改が行われないまま、2月のキャンプインになった場合は、保留手当てとして、前シーズンの年俸の25%が日割で支払われます。ことしは近鉄の大塚投手(現中日)がこのケースにあたります。選手は契約を更改するか、任意引退選手として引退するか...続きを読む


人気Q&Aランキング