この治療薬について詳しい専門家の方が要らしたら、安全性や臨床例などを
教えて頂きたいのですが。近いうちに、この治療薬を使う予定です。
一般の方で経験者の方がもし、いらしたら経験談も聞きたいのですが・・

A 回答 (1件)

エムドゲインゲルは従来のエムドゲインという製品から安全性の高い製品として生まれ変わったものです。


エムドゲインゲルは2002年3月25日より厚生省認可が取れたばかりなので、現段階では臨床例はほとんど出ていないと思います。
それまでは動物由来原料を使用する非加熱製剤であったために安全性に問題があったものです。これが加熱製剤となり、安全性が増した、とされています。
従って、安全性は従来のエムドゲインと同等またはより高くなったと考えるのがよろしいかと思います。

一応、エムドゲインは2000年11月15日付で回収されていますが、国内外においても安全性の問題を理由に回収あるいは販売停止されたこともなく、また、現在までに重篤あるいはこれに準ずる健康被害が発生したとの報告はない、とのことです。
    • good
    • 0

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Q真菌症治療薬が「併用禁忌薬」に入っているのですが

製品例:ヒダントールD~E~F(成分名:フェニトイン,フェノバルビタール)と
インキンタムシや水虫の薬の真菌症治療薬(塗り薬)って併用してもいいのでしょうか?
真菌症治療薬が「併用禁忌薬」に入っているのですが、使っても大丈夫ですか?

Aベストアンサー

薬剤師です。
禁忌なのは内服の場合です。塗り薬なら心配いりません。

Q血液要治療の病院

先日会社の健康診断で血液要治療と診断されました、
脂質・一般とも全体的に数値が高いという診断です、
病院に行こうと思うのですが、
検査を行った病院があまり評判が良くないので
違う病院に行こうと思っています、
何科に行けば良いのでしょうか?
血液内科があるとネットで書いてありましたが、そこに行ったほうが
良いのでしょうか?場所が遠いので、近くの病院に行きたいと
思っています。
宜しくお願いします。

Aベストアンサー

血液内科は白血病や悪性リンパ腫などの科ですね。

脂質その他に異常があるなら、とりあえず一般内科ということになります。まずは状況把握の第一歩であれば、いわゆる内科開業医でもよいです。

病院によっては、一般内科という科名ではない場合も十分ありますので、その病院の受付で聞いてみるのが良いのではないでしょうか?

Q経口ステロイドの副作用(経験談)を教えて下さい。

知人(70歳)が経口ステロイドの投与を迷っています。
病名はIgA腎症です。蛋白尿を止める為らしいです。
ですが副作用(胃潰瘍、骨そしょう症、白内障、鬱→ボケ)に戸惑い、不安に思っているようです。

そこで実際に経口ステロイドの治療を受けた方や関係者のお話をお聞きしたいのです。

知人の治療予定は「プレドニン(?)8錠→1ヶ月強で4錠に減量、退院して病状に合わせて減量していく。
もし薬が合わなくてもすぐに止めれないので2年ぐらい投薬が必要」と聞いています。
ステロイド以外の治療ではそのうち胸や腹に水が溜まるらしいですが、本人はステロイドの治療にかなり難色を示しています。

出来れば特に高齢者の方のお話を聞かせていただければ助かります。

よろしくお願いいたします。

Aベストアンサー

こんばんわ。高齢者と言う訳ではありませんが、プレドニンを飲み始めて20年になります。総投与量が1万mgを越えてしまい、担当医は心配しております。
パルス治療というやつですね。
プレドニンの副作用って、早く出るものと長期間服用で出るものがあります。比較的早く出るのが、ムーンフェイスと言われる副作用です。これは顔が丸くなってしまうもので、プレドニンが減ると自然に治ります。また、プレドニン性ざ瘡も早く出ますが、高齢者の方だと皮脂の分泌が少ないから、1日に3回くらい洗顔すれば避けられると思います。
骨粗鬆症、白内障は、5年とか10年飲み続けるとなるようですよ。胃潰瘍は食事後に薬を飲むことを心がければほとんど出ないでしょう。
鬱はボケとは違います。プレドニン使用量が多いときには気分がふさいだり、情緒不安定になることはありました。これも薬が減量されれば、元に戻りました。
あと重要なのがプレドニン服用中は免疫が低下するので、風邪などを引かないように、外出から帰ってきたらうがいと手洗いをすることが肝心です。
治療の最初の頃は、吐き気などが起こるかも知れませんが、20mg程度になれば、今よりずっと楽になると思います。これからも人生を楽しんでください。

参考URL:http://mid.cc.kumamoto-u.ac.jp/data.php?record=0656900

こんばんわ。高齢者と言う訳ではありませんが、プレドニンを飲み始めて20年になります。総投与量が1万mgを越えてしまい、担当医は心配しております。
パルス治療というやつですね。
プレドニンの副作用って、早く出るものと長期間服用で出るものがあります。比較的早く出るのが、ムーンフェイスと言われる副作用です。これは顔が丸くなってしまうもので、プレドニンが減ると自然に治ります。また、プレドニン性ざ瘡も早く出ますが、高齢者の方だと皮脂の分泌が少ないから、1日に3回くらい洗顔すれば避けら...続きを読む

Q背中に脂肪腫があると診断を受けたのですが、経験談をお聞かせ下さい。

背中に、脂肪腫があると診断を受け、手術が必要とお医者様に言われてしまいました。腫瘍自体は良性らしいのですが、術後は少なくとも数日間、長くとも2週間は入院が必要、傷口もかなり残ると言われてしまいました。もっと簡単に考えていたので、今はとまどっています。ご経験のある方がいらっしゃいましたら、どの様な治療を受けられたか等、教えて頂けますか。よろしくお願いします。

Aベストアンサー

私は、高校生の頃に、お尻にあるシコリ、(小指の爪くらいの粉瘤、後で判った事ですが、要は垢が詰まった袋状の物。脂肪腫なら中身は脂肪)に気がついたのですが、痛くもないので10年くらい放っておいたら、卵大になっており、座るのにも違和感を覚えるくらいになってしまいました。

ぶっとい注射器でギュウっと吸い出すか、ニキビを潰す位に考えていたので、入院!とびっくりしましたが、内容物を包んでいる袋ごと取らないと、又、溜まっていくらしく、ニキビのごとく穴を開けて絞り出すような事は化膿する事もあるようなのでやめた方が良いそうです。

私の場合は、直腸にも近く、お医者さんも呆れてましたが、手術は検査も含めて実質3日。溶ける糸を使うらしく抜糸はなく、傷口を薄い通気性のあるフィルムで保護し、退院後はシャワーなら良いょと言われました。痛いといえば、下半身麻酔をしましたので、この注射くらい。

下半身おっぽり出して、美人看護婦さんに処置されて恥ずかしかったくらいしか印象にのこってないのだけど、、、
入院して、その日は色々書類を書かされてドキドキ
次の日。検査はMRIと私の場合は直腸からの触診。
翌日手術。麻酔され手術室へ
翌日、半日して退院。
 私のは背中でなく、場所が悪かったですから。。。

自分では見えない所なので、どういう跡になっているかは、残念ながら見せませんが、、、
もし女性で切除の傷跡が気になるならば、よく御医者さんと相談したら良いのではないでしょうか。

脂肪腫とか粉瘤で検索してみて下さい。いろいろと経験された方がいらっしゃるみたいです。
ご参考に
 http://www.geocities.co.jp/Technopolis/5429/title.html
 http://www.dermatol.or.jp/QandA/contents.htm

素人感想を言えば、早く取っとけばよかった。
 かな?(ご自身の状態がわかりませんのであくまで参考で)

私は、高校生の頃に、お尻にあるシコリ、(小指の爪くらいの粉瘤、後で判った事ですが、要は垢が詰まった袋状の物。脂肪腫なら中身は脂肪)に気がついたのですが、痛くもないので10年くらい放っておいたら、卵大になっており、座るのにも違和感を覚えるくらいになってしまいました。

ぶっとい注射器でギュウっと吸い出すか、ニキビを潰す位に考えていたので、入院!とびっくりしましたが、内容物を包んでいる袋ごと取らないと、又、溜まっていくらしく、ニキビのごとく穴を開けて絞り出すような事は化膿する事も...続きを読む

Q喘息治療用の吸飲式治療薬について

知人から聞いたのですが、西洋では一切吸飲式治療薬(筋弛緩剤のスプレー?)を喘息に使用していないそうです。その理由として、この治療薬を使用して、心臓への負担などで突然死している事例が数多く報告されているからだそうです。ご存知の通り、喘息は発作時に非常に苦しくなりますので、このスプレーなしでは、睡眠をとることさえままならない患者も多いのが現状です。では、この種の薬が禁止されている諸外国では、喘息の治療にどんな薬を使用しているのでしょうか?宜しければ教えてください。
よろしくお願いいたします。

Aベストアンサー

気管支拡張剤は、使い過ぎると心臓に負担をかけ心臓喘息の状態に移行しかえって喘息の症状が劇症化してしまうので注意が必要とされております。

「喘息治療の国際ガイドライン」(GINA)でもステロイド剤が中心になっていますが、同ガイドラインでも「重症度別推奨薬物療法:成人及び5歳以上の小児」では中高度の症状にはステロイド剤とβ2刺激剤、テオフィリン等の気管支拡張作用剤の併用が定められています。

www2.eisai.co.jp/essential/teo/qa/qa614.html

発作が止まらないからといって、頻回に使用したりせずに、規定量を守って使用されれば良いのではと思います。


人気Q&Aランキング

おすすめ情報