1.EasyFaxPro32 V4(エーアイソフト)
2.MapInfo4.5/MapBasic4.5(MapInfoJapan)
現在、OS(Windows95)で上記のソフトを使っています。
それをOS(XP)にバージョンアップすると上記のソフトは使えるのでしょうか?
また、使えないとなるとどういった不具合がでるのでしょうか?

使えない場合に備え上記のソフトを最新版にバージョンアップするとXPで使えるのでしょうか?
料金なども教えていただければありがたいです。

このQ&Aに関連する最新のQ&A

AI 使い方」に関するQ&A: ain't 使い方について

A 回答 (2件)

EasyFaxPro32は使えなくなるでしょう。


XPに対応したEasyFaxは、EasyFax7/EasyFaxPRO7になります。20,000円強で販売されています。
http://www.aisoft.co.jp/

MapInfo4.5も使えない可能性が強いと思います。
XPに対応したMapInfoは、MapInfo Professional 6.5のようです。298,000円。
http://www.mapinfo.co.jp/index.html

どちらの製品とも、ユーザー登録している場合は割引価格で購入できる可能性があります。

ひとつ気になるのは、Windows95からXPへのバージョンアップというのは、Windows95マシンにXPをインストールすることをお考えでしょうか? もしもそうでしたら、それはできません。HDをフォーマットし直して入れることも不可能ではありませんが、XPはそれ相応のCPUとメモリ、HDを搭載したマシンでなければ動作しません。お使いのWindows95マシンがXPのシステム要件を満たしているとは考えにくいです。マイクロソフトのサイトでXPのシステム要件をご確認ください。XPプリインストール機を購入した方がよいと思います。
http://www.microsoft.com/japan/windowsxp/home/ev …

参考URL:http://www.aisoft.co.jp/, http://www.mapinfo.co.jp/index.html
    • good
    • 0
この回答へのお礼

早々のお返事ありがとうございます。

端末は最新にすることになっておりまして、
ただ、現行ソフトが使えるかどうかというところに問題が、
生じたため質問させていただきました。

XPにすると古いソフトが使えなくなるのが多いような気がします。

お礼日時:2002/03/29 13:16

全くImikoさんの言うとおりですが、僭越ながら付け加えさせて頂きます。


マイクロソフトのサイトでXPのシステム要件の確認と同時に、現在使っているPCがXPを使える条件を満たしているかどうかの確認も必要です。
機種が古いと無理な場合もあるし、BIOSなどに手を加えないといけないケース等もあります。アップデートファイル等もDLできます。
XP快適に使う条件としてのマシンスペックは、クロック800mhz・メモリーは256MB以上といわれているようですが、これは個人個人の体感でしかわかりません。
いずれにしてもメーカーサイトで確認する必要があります。
    • good
    • 0

このQ&Aに関連する人気のQ&A

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Q古いバージョンのソフトをユーザー登録してもバージョンアップできる?

ずばり、ジャストシステムの「ジャストホーム」ですが、現在「3」が出ていると思います。
ウチに、買ったパソコンに付いていた(と思う?)未使用のソフトがありまして、興味があるのですが。
せっかく使うならユーザー登録し、さらにはバージョンアップしたいかもしれないと思います。
もう製造販売は終了しているのですが、ということは、ユーザー登録もサポートも受けられないんでしょうか。
超、初心者の質問ですが、教えてください。お願い致します。

Aベストアンサー

ジャストホームですが、ユーザー登録については出来ます。
「ジャストホーム3」に付いての優待販売はありますが、
無料でのバージョンアップについては出来ません。
ジャストシステム、Myshop
https://www.justmyshop.com/app/servlet/campaign?id=128&w=tpcm_jshome

サポートについては、アップデート等はオンラインや有償でのCD-ROM配布はあるようです。

Qindows7の仮想XPモードでVideoStudio8のソフトが使え

indows7の仮想XPモードでVideoStudio8のソフトが使えません。ディスプレイの色が少ないというメッセージがでます。「画面のプロパティ」の「設定」で、色は16ビットの項目しかなく、かつ「設定」の詳細設定が白抜き状態で開くことができません。ディスプレイのサイズを変えても同じです。windows7上では32ビットの色を選択できソフトは正常に動くのですが。

Aベストアンサー

統合モードをオフにすると 24ビットや 32ビットが選択できます。

QDTPソフト(InDesign)のバージョンとOS-印刷会社との整合

広報誌作成のためのDTPシステム構築をすることになりました。
InDesignのsuiteの最新のもの(Adobe Creative Suite 3 Design Premium)を採用しようと考えています。
現在印刷発注しているさきは,地方都市の中ではトップクラスの規模の会社です。が,Suite3はバージョンが新しすぎて発注先と合わなかったら,と心配です。
また,通常業務で使用するOSがXPなので,VistaでなくXPを採用したほうがいいのかな,と考えてます(内部ネットワーク環境あり)。
何年も使うことを考えれば最新バージョンを備えておくことが望ましいのか,
発注先の環境や,現在のビジネス用(つまりDTP用途以外の)IT環境との整合を優先すべきか,悩んでいます。

Aベストアンサー

DTP屋でMacユーザーですが
わかっている問題点としてはInDesigenをCS3にした場合
通常保存した場合はCS2以前ではデータを開く事すら適わなくなります。
書き出しで「以前のバージョン」を選べば回避されますが
必ずそれをしなければなりません。(入稿時に)

正直言うと地方都市のほうが結構最新のものに
対応してくれる状況が見受けられます。
(大日本・凸版等の方が対応悪いです)
その辺りは印刷所とまず相談すべき事項であって
ここでどうこう言える問題ではありません。

何年も使うことを考えても最新の物にすることは
必ずしも望ましいとは言えません。
例えば661018さんがその環境を構築するのに
幾らの投資を必要とするでしょうか?
その数倍から数十倍(下手をすれば数百倍)が印刷所の必要投資です。
それに耐える体力をお持ちの会社ばかりなのでしょうか?

DTP以外の仕事は仕事として考えた方が良いかもしれません。
百万以下の数十万規模の投資は(個人的には痛いですが)些少と考えるべきで
それに見合う仕事を得ればよい事なのですから
それに見合わないなら投資は控えるべきです。
どれを優先するべきか?と言うよりも
「仕事」と言う観点で考えるならどれでも対応できる環境を整備するべきではないでしょうか?

まぁ、私はそうしてます、と言うだけで
必ずしも661018さんも「そうしなさい」と言う事ではありません。

DTP屋でMacユーザーですが
わかっている問題点としてはInDesigenをCS3にした場合
通常保存した場合はCS2以前ではデータを開く事すら適わなくなります。
書き出しで「以前のバージョン」を選べば回避されますが
必ずそれをしなければなりません。(入稿時に)

正直言うと地方都市のほうが結構最新のものに
対応してくれる状況が見受けられます。
(大日本・凸版等の方が対応悪いです)
その辺りは印刷所とまず相談すべき事項であって
ここでどうこう言える問題ではありません。

何年も使うことを考え...続きを読む

Qバージョンアップのソフト保存後のデスクトップ上のアイコンは消していい?

デスクトップのアイコンをダブルクリックしてインストールを終了させた後にアイコンが残りますよね。それは、またクリックをすると同じ仕事が始まるので不要だと思うのですが、削除しようとするとファイルが削除されますがいいですかと聞いてきます。
初歩的な質問で恐縮ですが、滅多にこんなことはしないのでやり方が分かりません。ご教授して頂けませんか?(多分、用語の使い方が適当でないかも知れませんがお許し下さい)

Aベストアンサー

インストゥーラーですと一度行うともう必要ないですから、いりません。

この”アイコン”を削除しますか・・ではないかと・・

Qソフトのアップデートは最新版を充てると大丈夫?

ソフトのアップデートをしようと思いますが、古い物から、幾つかあります。
順追って全てをアップデートしていくものなのでしょうか?
それとも、最新版を充てると、それまであったいくつかのアップデートの内容も
取り込んだ形でインストールが可能なのでしょうか?
ちなみにアップデートをしようとしているソフトは「筆まめ16」の
郵便番号辞書です。よろしくお願いします。

Aベストアンサー

郵便番号辞書は、
蓄積していくものではなく
新しく変化しているので
最新のものでOKです。


このカテゴリの人気Q&Aランキング

おすすめ情報