母の事なのですが、3月25日に下垂体腫瘍の開頭手術を行いました。
その後の経過は順調なのですが、アルツハイマーのように、時間の概念がなくなったというか、人の名前などははっきりわかるのですが、自分が手術したとは思っておらず、「さっき誰それさんがきた」などと、まったくありもしない白日夢を見ているようなのです。食事も外に食べに行く、など等、ついさっきのことまでもが覚えていないようです。これは時間の経過とともに徐々に直っていくものなのでしょうか?
長くなりますが、ちょっと詳しくお話しますと、検査段階で動脈瘤も見つかったので、その手術もあわせて行ってます。結果は13時間の手術で2つの動脈瘤のうち、ひとつはクリップがけに成功、しかしもうひとつは腫瘍の奥にあるために届かず断念しました。腫瘍については除去は出来なかったものの、切込みを入れて中身を搾り出すような手段で小さくすることには成功したそうです。先生がおっしゃるには、奥にある動脈瘤を探す時に右の嗅覚神経を傷つけてしまったかもしれないので片方の鼻が効かなくなることもある、とのこと。あと、そもそも病気の発見にいたった、左眼の視界狭窄についてもこれ以上はよくならない、と。現在は動眼神経も弱っているので左眼は閉じたままです。しかし、今の健忘症みたいな症状については、一過性のものだろう、と言ってます。私たち家族にとってはその言葉だけが救いです。実際にこのような症状と言うのは直るのでしょうか。本当に本当に困っています。どなたかこのような症状について何かご存知でしたらどうか教えて下さい。よろしくお願い致します。

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (2件)

お母様の年齢が判りませんが、高齢者が色々な原因で入院になった場合、この様な一種の痴呆症状が一過性に出現する事は珍しくありません。

これまでの生活と違って刺激が少なくなった事が、この様な状態になり易くさせていると考えられます。これは下垂体腫瘍、脳動脈瘤の手術に限らず、肺炎などで入院をしても同じです。

以前からある程度しっかりされている方の方が、この一過性の痴呆症状が出現しにくいとは思いますが、それでも入院が長期になるとかなりの頻度で出現をします。

これにはまず、知的刺激をしてあげる事が大切です。まずは会話をよくする事をお薦めします。又、お母様自身が何かをしようと意欲を持ち始めることが大切です。会話の中からこれを引き出すようにしてください。決して怒ったり、馬鹿にしたりしてはいけません。萎縮して意欲をそいでしまいます。

入院中ですので、看護職をはじめとするプロがすぐそばに居られるのですから、その方たちに相談しながらお母様に対する知的刺激方法を行なってください。歩くなど体を動かすようになると、かなり早く回復する事があるように思います。お大事になさってください。
    • good
    • 5
この回答へのお礼

本当にどうもありがとうございました。
お礼を申し上げるのが遅くなってしまい、大変失礼を致しました。

母は今年で60歳になりました。今まで病気ひとつしなかったような母なので、家族もですが、本人が一番がっくりきてしまったようです。出来るだけ家族には、平気そうに振舞っていたものの、手術の前夜には、家族の面会時間が終ってみんなが帰ってから、号泣していたと看護婦さんから聞かされました。「手術前の落ち込みようから考えたら、今の時点では手術した、ってことがわからないほうが本人には幸せなのかのよ。」と看護婦さんに言われました。
はじめのうちは、手術をしたこと自体を信じていなかったのですが(「手術はいつだったっけ?明日だったわよね?」など等)、最近では“どうも納得いかないが、どうやら手術はもうしてしまったらしい・・・”に変わりつつあるようです。鏡もまともには見ようとしません。きっと頭は剃ってあるし、包帯も巻いてあるので、これが自分だとは思いたくないようです。素人考えですが、潜在意識の中で、手術したことを認めたくない(嫌な思い出だから)という気持ちがあるように思います。一昨日は顔がパンパンに腫れていて、びっくりしました。むくんでる、なんて生易しいものではなく、誰かに殴られたのかと思ったほどです。どうやらナトリウムの摂取不足から来ているようで、そういうことでも精神症状が落ち着かないこともあるのよ、と看護婦さんに聞きました。今は点滴を一時やめて、おかゆにナトリウムを混ぜて摂取している状況です。今日は顔の腫れもすっかり引いていました。
今は尿道にカテーテルを入れていますが、尿意を感じてしまうようで、トイレに行きたがります。(その頻度も下がってきましたが)
はじめは車椅子だったのが、だんだんしっかりと歩けるようになってきました。この調子でだんだん精神状態も落ち着いてくればいいと思っています。

調子に乗って長々と書き連ねてしまいました。
お忙しい中、ご親切にお答えいただき、本当にありがとうございました。

お礼日時:2002/04/08 23:57

御家族にとっては本当に心配ですよね。


お母様の年齢など解りませんが、私の主人(56歳)も昨年10月脳動脈瘤のクリッピング手術を受けました。場所的に頭部の真ん中の両目の視神経辺りでした。
お母様は術後4日目ですから顔がむくんで来たりしている頃ではないですか?
主人も2週間位、人の名前が解らなかったり、聞いている事に全然関係の無い返事
をしたり、手術前まで食べなかった物を食べたがったり、仕事の事、ペットの名前
など思い出すことが出来ず、家族や親戚が障害が残ったと思いショックでした。
あくまでも主人の事ですが、手術後3週間目から普通に戻りました。
 人間の身体はキズなどが付いたら細胞が活発に活動し再生しようと働き始めるそうで、主人は頭蓋骨と脳の間に水分が溜まり体内に吸収されるまで2月位掛かりました。(熱を持っている所を冷やそうとするらしいです)
現在術後5カ月たっていますが、身体は疲れやすく、異常な食欲になったりする事が、たまにありますが医者からは「脳と言う禁断の置に進入したのだから1年くらい様子を見てください」と言われました。
 ご家族にはとってもショックですが
(私もどうしようかと寝れない日が続きました)
2週間位様子を見ていたら変わってくると思います。
心配な事、不安な事、医者と話し合い納得したら良いと思います。
お母様の一日も速い回復をお祈りします。
  

 
    • good
    • 0
この回答へのお礼

お礼を申し上げるのが遅くなってしまい、大変失礼しました。
どうもありがとうございました。
私も他の家族も、一時期はどん底まで落ち込んでいました。mekonekoさんからのお返事で、どんなに勇気付づけられたかわかりません。涙が出るほど嬉しい返信メールでした。
今日で術後2週間経過しましたが、まだまだ錯乱(と言うのでしょうか)は続いています。今食べたばかりのご飯も忘れちゃうくらいですが、それでも手術直後よりは幾分良くなってきました。そう言えば、うちの母も異常な食欲を見せています。
とめどなく色々な話をするのですが、その95%は食べ物についてです。(人間の本能って言うのでしょうかね。)
はじめのうちは、面会時間が終って帰ろうとしても、あまりわかっていないようで
ボーッとしていたりしましたが、最近は自分も一緒に帰ろうとしたり、寂しそうな表情をするので、可哀想になる反面、これも回復へのステップと思おうとしています。私のほうも、まだまだ会話のすれ違いが多すぎて、時折涙してしまうこともあるのですが、そんなこともあったんだよ、と笑って話せるときが来るのを信じて、みんなで一歩ずつ歩いていければ、と思っています。
どのように書いても、感謝の気持ちをお伝えしきれませんが、本当にどうもありがとうございました。mekonekoさんも、ご主人様もどうぞお大事になさってください。心からご健康の回復を願っています。

お礼日時:2002/04/08 23:06

このQ&Aに関連する人気のQ&A

  • 脳腫瘍の基礎知識〜初期症状・良性と悪性の違い・治療方法

    脳腫瘍とはどんな病気か  頭蓋骨のなかにできる腫瘍です。体のほかの部位にできたがんが転移してくる転移性(てんいせい)脳腫瘍と、脳そのものから腫瘍ができる原発性(げんぱつせい)脳腫瘍に分類されます。原発性脳腫瘍は、さらに良性と悪性とに分けられます。  診断は、手術で取り出した腫瘍を顕微鏡で観察して最終的に決めます。一般に悪性脳腫瘍は周囲に根を生やすように発育し、それに対し良性脳腫瘍は周囲の脳とはある境...続きを読む

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人はこんなQ&Aも見ています

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Q髄膜腫の手術後の気になる症状

私の母(67才)が髄膜腫の開頭手術を受けました。
左頭頂部の腫瘍で、右手足のマヒで病院に行って、
初めて腫瘍が見つかったのですが・・・

術前は、脳の浮腫を抑える薬のお陰で、正直何も不自由はありませんでした。
手術で腫瘍は全部取れたそうなのですが、手術二日目の今日、少し気になる症状が・・・
手術直後には、なめらかに動いていた手足の動きが悪くなっているのです。
自分ではたてるつもりだったようですが、足に力が入らず立てなかったようです。
あと、つじつまの合わないことを言ったり。
11時間におよぶ大手術だったので、翌日朝まで、麻酔で眠らされていました。
このことも何か影響あるのでしょうか?

手足の動きはリハビリで回復するのでしょうか?
腫瘍を全部取った事による弊害・・・ということなのでしょうか?

Aベストアンサー

術後2日目であれば
手術による浸襲で脳が浮腫んでいるのかもしれません。
脳が浮腫むと言われているような神経症状が出てきても不思議ではないと思います。

まだ2日目なので何とも言えないですが、しばらくは様子を見ていてもいいと思います。

Q良性脳腫瘍の術後に記憶喪失?

少し信じられなくて、話を聞いてください。
私は20代、普段は脳神経内科の看護師をしています。

一昔前にネットゲームで知り合った私より3つ年上の同性(女)の方で、1度だけお会いした事があるくらいで普段もまめに連絡をするようなタイプではないのですが、仲は良い方だと思います。以後、Aさんと呼ばせていただきます。

その他に連絡を取っていたゲーマーさんから、Aさんが脳腫瘍(髄膜腫)があって開頭手術をし、良性ではあったけど術後に左目の視力が全くなくなり、かつ記憶喪失となったとのことでした。

Aさんと話す機会があり、病状は視力と記憶以外は何の問題もなく経過していると言っていました。
ちなみに記憶喪失の内容は、生活レベル(火を使う、車の運転など)や自分の仕事内容は問題なく既に仕事復帰もしているとのことですが、人の名前や顔、どんな人だったかを忘れたと言っていました。

私のことも全く覚えていませんでした。

そこで質問なのですが、

良性脳腫瘍の術後に記憶喪失になる方は多いのでしょうか?
Aさんの言っていることがちょっとしたご都合主義と言いますか…仕事の内容は覚えてて、人の名前は覚えていないって事もあるんでしょうか?

また、脳腫瘍の術後の合併症の中で視力に関係あるものとしたら半側空間無視とか視野欠損などのイメージなのですが、全く見えなくなることもあるのでしょうか?

正直こないだ話している分では、いわゆる構ってちゃんとしか思えませんでした。
もともとそういう部分もあるタイプの人だったので、やや過剰の構ってちゃんになってしまってるのではないかと思ってしまいました。

また一応下っ端ですが看護師として働く身、実際はどうなのか少し気になったので質問させていただきました。普段は脳内で、外科的な知識に乏しいので教えてください。
脳外に詳しい方や、実際に手術をした方など、
回答よろしくお願いします。

少し信じられなくて、話を聞いてください。
私は20代、普段は脳神経内科の看護師をしています。

一昔前にネットゲームで知り合った私より3つ年上の同性(女)の方で、1度だけお会いした事があるくらいで普段もまめに連絡をするようなタイプではないのですが、仲は良い方だと思います。以後、Aさんと呼ばせていただきます。

その他に連絡を取っていたゲーマーさんから、Aさんが脳腫瘍(髄膜腫)があって開頭手術をし、良性ではあったけど術後に左目の視力が全くなくなり、かつ記憶喪失となったとのことでし...続きを読む

Aベストアンサー

今年2月に髄膜腫の手術をした経験者です。私の場合、運動神経に近い場所に腫瘍があったので『神経を傷つけてしまった場合、手に麻痺が残ることがあります。その時はリハビリ頑張りましょう!』と言われました。
幸い、何の合併症も後遺症もなく経過良好(麻酔から覚めた直後、1度右手に軽度の痺れがあった程度です。)で、次の予約は1年後になっています。
今、同意書を読み返してみたのですが『予測される合併症、偶発症、危険性』に『意識障害、言語障害、半身麻痺、痺れが一過性あるいは永続性に残ることがある』という記載がありました。
『このような症状はごく稀で、もちろんこのようなことが起きないように最善を尽くしますが、100%ではないので手術される方にはお伝えしなくてはならないんです…。』とおっしゃっていました。
それから、視力に関する記述は見当たらないです…。私は運転免許を持っていませんが、左眼が全く見えなくて車の運転が問題なく出来るの?という疑問を持ちました。

私は専門知識がないので素人判断だったり不明なことがあるかも知れませんが、お役に立てれば…と思っていますので何でも聞いてください(^^)v

拙い文で申し訳ございません(>_<)

今年2月に髄膜腫の手術をした経験者です。私の場合、運動神経に近い場所に腫瘍があったので『神経を傷つけてしまった場合、手に麻痺が残ることがあります。その時はリハビリ頑張りましょう!』と言われました。
幸い、何の合併症も後遺症もなく経過良好(麻酔から覚めた直後、1度右手に軽度の痺れがあった程度です。)で、次の予約は1年後になっています。
今、同意書を読み返してみたのですが『予測される合併症、偶発症、危険性』に『意識障害、言語障害、半身麻痺、痺れが一過性あるいは永続性に残ることがある...続きを読む

Q脳腫瘍になった時の日常生活で気をつける事

脳腫瘍になったようです。
日常生活で気をつける事があったら教えてください。
例えば、ストレスに気をつけるとか、デットクスとか
食事、運動とかに気をつけるとか?
健常者が、健康に気をつけるのと同じ事が、やはりいいのでしょうか?

Aベストアンサー

脳腫瘍に対する特化したものは知らないのですが、ガン一般でいえば下記のような点に心がけたらよいと思います。内容は健常者も日頃から注意したほうのがよいものばかりですが。

食事ですが先ず動物性脂肪を減らします。そして、無農薬有機の玄米を主食とし、白菜、キャベツ、大根などの白い野菜や緑黄色野菜、ブロッコリースプラウト(=新芽)、キノコ、ニンニク、ショウガ、大豆、海草などを多く摂取します。どれも無農薬もしくは少ないものに心がけます。添加物が無いものが望ましいです。塩分も少なくし、飲み水は浄化したものを使用します。

人の体の免疫の多くの部分を担っているという腸管内免疫を高めるために整腸に心がけます。毎食、納豆かヨーグルト(なるべく低脂肪のもの)をオカズもしくはデザートとして加えるのは効果があります。

下記URLの「腸管免疫系を活性化する乳酸菌」の部分を参照:

http://web.bureau.tohoku.ac.jp/manabi/manabi21/mm21-45.html

整腸に関して私が記載させて頂いた下記のURLのANo.3:

http://okwave.jp/kotaeru.php3?qid=1141322

食事に関して記述されている参考HP:

http://www.ola-method.net/ola/shoku.html

睡眠は早寝して十分にとるようにします。出来れば夜9時頃には就寝したいです。私の場合、習慣がつくまでもしくは習慣がくずれてしまったときには眠剤の助けを借りていました。

適度な運動は免疫力を上げますので大切です。

また、その他「気持の持ち方など」は下記の病院の道場で頻繁に模様されていて、ここの診察券をもっている方は誰でも参加出来ます。基本的に無料ですが有料のものもあります。

http://www.obitsusankei.or.jp/he-exe/purpose.html

上記の病院を経営している帯津良一さんには著書が多数あります。

http://www.obitsusankei.or.jp/hp-guid/greeting.html

帯津良一の本の一例(沢山あります):

http://www.sociohealth.co.jp/book/db1/data.cfm?code=5805512

今回のご質問に対する直接的な回答になりませんが、「免疫療法」および「サプリメント」に関して私が記載させて頂いた下記のANo.3を参考下さい。この中に記載のハスミワクチンは保険は使えませんが費用は「30万円/年」程度です。

http://okwave.jp/kotaeru.php3?q=1696288

また、同じく私が記載させて頂いた下記のANo.2も参考下さい。

http://okwave.jp/kotaeru.php3?q=1459999

脳腫瘍に対する特化したものは知らないのですが、ガン一般でいえば下記のような点に心がけたらよいと思います。内容は健常者も日頃から注意したほうのがよいものばかりですが。

食事ですが先ず動物性脂肪を減らします。そして、無農薬有機の玄米を主食とし、白菜、キャベツ、大根などの白い野菜や緑黄色野菜、ブロッコリースプラウト(=新芽)、キノコ、ニンニク、ショウガ、大豆、海草などを多く摂取します。どれも無農薬もしくは少ないものに心がけます。添加物が無いものが望ましいです。塩分も少なくし、飲...続きを読む

Q開頭手術後、傷の周りが張ってます。

開頭手術後(脳腫瘍)、傷の周りが張ってます。
理由を教えてください。どの位続くのですか?
また、よい洗髪方法を教えていただけたら幸いです。
よろしくお願いします。

Aベストアンサー

私と全く同じ症状なので驚きました。

私は動脈瘤でした。先月の末に手術をし、先週やっと退院しました。

医師に確認したところ、個人差が激しく数日で治る方や数ヶ月から1年ほどかかる方もいらっしゃるようです。そして部分的ではあるらしいですがずっと麻痺したままの場合もあるそうです。そうはなりたくないので方法は?とも聞きましたが特にないそうです。

そしてシャンプーですが、爪をたてないのは勿論で、傷口はサッと流す程度。傷口の周り、特に麻痺している部分はマッサージするように丁寧に洗うと刺激にもなると教わりました。

お互いに早くおさまるといいですね。

Q脳腫瘍の後遺症

過去に脳幹部に腫瘍がみつかりました。(小学生)
昔から左半身が麻痺まではいきませんが動かしづらかったんです。
医者からは腫瘍が脳幹部にできているため腫瘍が神経を圧迫しているからだと教えてくれました。

その後2回手術をして全摘出しました。医者が奇跡だというくらい困難の手術だったのですが後遺症などまったくありません。

本当にめでたしな話しで感謝しています。ですが今になっても左手がやはり動かしづらいんです(グー、パー、グー、パーが素早くできない/握力が極端にない/やたら細いなど)。

※特に生活に大きく不自由があるわけではありません。

ちなみに,利き手がわかりません(字を書くのは左、お箸は両方、スポーツは基本右、キーボドもほぼ右)。脳腫瘍の影響により左が不自由なんで右が主になるんですが字が左なので小さい頃から左利きだと思っていました。

また、歩いていると結構つまづくんですよね。よく左足を引きづった歩き方していると言われます。つまづく要因は左足に右足がひっかかったり、段差に左足がひっかかるなどです。

最後に、よく看板や机や何かに左半身がぶつかります。普通人は電柱があれば当らないように回避して歩きますよね?しかし自分の場合は感覚では回避しているつもりが実際思いっきりぶつかります。

そこで質問なんですが、これらはリハビリ的なもので治るのでしょうか?もうかれこれ術後5年は経ちますがあの頃から平行線を辿っているような気がします。悪くはなってませんがそんなに回復(一般の人並)している気もしません。

最近はどうしようもないことかもしれないと思ってます。やはり神経が関っていたことなのでいくらリハビリしても治らないと。

どなたか詳しい方、少しでもいいので教えてくださると幸いです。
長々と本当にもうしわけございません。

過去に脳幹部に腫瘍がみつかりました。(小学生)
昔から左半身が麻痺まではいきませんが動かしづらかったんです。
医者からは腫瘍が脳幹部にできているため腫瘍が神経を圧迫しているからだと教えてくれました。

その後2回手術をして全摘出しました。医者が奇跡だというくらい困難の手術だったのですが後遺症などまったくありません。

本当にめでたしな話しで感謝しています。ですが今になっても左手がやはり動かしづらいんです(グー、パー、グー、パーが素早くできない/握力が極端にない/やたら細いなど...続きを読む

Aベストアンサー

当時手術は成功でよかったですね。
 昔から左が動かしにくかったと言うことなので、幼児期から圧迫があり神経伝達がうまく発達しなかったのかもしれません。一般の人並み(右と同じ程度)にまで回復することはかなり難しいかもしれません。
 しかしこれら左側のものはリハビリ的なもので多少改善できます。
しかし正確な運動方法を徹底して訓練することが必要です。一日数時間のリハビリとなります。
 手は現在目立って左右に違いがあるのでかなりリハビリが必要です。どの程度努力するかはあなた次第となります。
 足は多少引きずったりつまづいたりする程度とのことですが左の筋肉が弱っている為です。これは普段から左側の足を意図して上げることで一般人と同じようにつまずかないことができます。
 時間がなくなってしまったので後でまた回答したいと思います。

Q良性の脳腫瘍

主人ですが、脳の奥に腫瘍があり良性なので急いで処置しなくても3.4ヶ月おきに検査しながら様子みましょうと言うことになりましたが、大きくなると皮膚の感覚がなくなったり、目が見えにくくなったりするとの事です。未だそう言った症状は現れませんが、もともと口数は少ない方ですけど、うつになったのかと思うくらい無表情で殆ど笑わなくなりました。そう言う事も腫瘍の原因と考えるべきなのでしょうか?

Aベストアンサー

 現在の状態が精神的なものの可能性が高いという点では、他の回答者に同意します。担当医に相談して必要があれば精神科や心療内科受診を検討しても良いでしょう。

 質問文を読んだ限りでは、今回の良性腫瘍は頭蓋底部の髄膜腫や神経鞘腫などを指していると思われます(他に良性腫瘍といえば下垂体腺腫や頭蓋咽頭腫などもありますが、「大きくなると皮膚の感覚が・・・」という点から違うでしょう)。
 脳腫瘍の悪性度というのは腫瘍細胞の増殖能や周囲への浸潤度で決まります(脳腫瘍はあまり遠隔転移しません)。確かに悪性脳腫瘍は周囲への浸潤傾向が強いので全摘出がほとんど不可能ですが、良性脳腫瘍であれば全摘出できることも多いです。ただ、腫瘍のある場所が頭蓋底部など深部であった場合には、腫瘍の周囲に重要な脳神経、血管、脳幹などがあるため手術の難易度が高くなります(即ち手術のリスクが高くなります)。
 たとえ腫瘍が見つかったとしても無症状で増殖速度が非常にゆっくりならば、まずは経過観察というのが一般的な方針でしょう。定期的にMRIを行なって、腫瘍の増大が見られないうちは治療の必要は無いでしょう(そのまま寿命が来るかも知れません)。もしも増大傾向が見られれば、手術のリスクと治療で得られるメリットを天秤にかけて後者が前者を上回り、尚且つ本人家族の希望があれば手術を行なうというのが一般的な考え方と思います。
 良性腫瘍(疑い病変)に対していきなりガンマナイフをかけるというのはあまり一般的な考え方では無いでしょう。

 いずれにしても主治医の先生と良く話し合ってみてください。

 現在の状態が精神的なものの可能性が高いという点では、他の回答者に同意します。担当医に相談して必要があれば精神科や心療内科受診を検討しても良いでしょう。

 質問文を読んだ限りでは、今回の良性腫瘍は頭蓋底部の髄膜腫や神経鞘腫などを指していると思われます(他に良性腫瘍といえば下垂体腺腫や頭蓋咽頭腫などもありますが、「大きくなると皮膚の感覚が・・・」という点から違うでしょう)。
 脳腫瘍の悪性度というのは腫瘍細胞の増殖能や周囲への浸潤度で決まります(脳腫瘍はあまり遠隔転移しませ...続きを読む

Q髄膜腫摘出術後、半年以上も水がたまったままです

父親が今年の始めに髄膜腫の摘出術をうけました。
摘出自体はうまくいき、後遺症もありません。
ただ、術後、その部分に水がたまったままなのです。
およそ縦15cm横5cmくらいにわたって、ぶくっとふくれています。
物を食べる時など、水が波打つほどです。
開頭して、骨を一旦はずし、摘出した後もとに戻したのですが、
その部分からもれているのか、縫合がうまくいかなかったのか。。。
病院側もミスは認めています。
当初、ガーゼをあてて包帯をまき圧迫していればそのうち引くでしょう
ということだったので、続けていましたが全くだめでした。
このようなケースの再手術は経験がないので、避けたいということで、
4月に再入院し、2週間も脊髄に針を入れて水を抜き、
隙間を固めるための薬を投与しました。
その後、ほんの1日引いたかに見えましたが、結局元に戻ってしまいました。
今も頭部を圧迫しています。
半年以上この状態で、圧迫しているためのストレスも相当なものです。
このままでも、体にはなんの支障もないという病院側の説明。
でも、体はなんともなくても、本人とってみたら精神的な苦痛ははかりしれません
4月の再入院は、結局うまくいかなかったのですが、その後、
「絶対直りますから、他の病院に行かないでくださいね」
と言われたそうです。
病院に対する不信感でいっぱいです。
このまま放置するなんてできません。
開頭手術をするしか方法はないのでしょうか。
他に何か方法があれば、その方法と、それができる病院を
教えていただきたいと思います。
一応、今月中に、他の病院に診てもらう予定でいます。
参考になるようなことでしたら何でもかまいません。
よろしくお願いします。

父親が今年の始めに髄膜腫の摘出術をうけました。
摘出自体はうまくいき、後遺症もありません。
ただ、術後、その部分に水がたまったままなのです。
およそ縦15cm横5cmくらいにわたって、ぶくっとふくれています。
物を食べる時など、水が波打つほどです。
開頭して、骨を一旦はずし、摘出した後もとに戻したのですが、
その部分からもれているのか、縫合がうまくいかなかったのか。。。
病院側もミスは認めています。
当初、ガーゼをあてて包帯をまき圧迫していればそのうち引くでしょう
ということ...続きを読む

Aベストアンサー

僞性髄膜瘤とよばれる状態のようです。
脳は胎児が羊水という水のなかにいるように脳脊髄液の中にあります。髄膜腫はこの脳脊髄液を包んでいる膜にできる腫瘍ですので手術をするとこの膜の一部を取り去る必要があります。取り去ったあとは人工の膜で被いますがこれがうまくいかないと皮下に髄液が貯留します。
腰椎から脳脊髄液を抜き頭部を圧迫することでおさまることも確かにありますがすでに半年以上たっているようでしたら再手術が必要です。もう一度骨をはずし大腿部から筋肉を包んでいる筋膜を採取してこれで被えば普通は治ります。
難しい手術ではありません。
それでもだめなら脳室腹腔短絡術という方法で髄液を腹部に流すという手段が必要になります。そこまでいくことはまずないとは思いますが。
他院でも可能ですが前回どのような手術がなされたかわからないと躊躇されると思います。

Q術後の発熱について

先月、主人に脳腫瘍がみつかり、11月19日に開頭手術を行いました。
経過は良好で後遺症もなく、今月の2日に退院し現在自宅療養中です。

自宅に帰ってきて、初めての週末。
3才の娘も保育園はお休みで朝から騒いでいました。環境の変化に疲れも出たのか、朝から頭が少し痛いと、寝たり起きたりを繰り返してました。
朝の時点で、体温を計りましたら37度4分。
先ほど首の辺りを触ったら、思ったより熱く、熱も39度ありました。
本人は熱がある感じはあまりしないと言ってます。食欲もあるようで、娘と一緒におやつも食べました。

手術から2週間たちましたが、まだ術後の発熱と捉えていいのでしょうか?
それとも、手術を行った病院に電話で聞くか、町医者に見せるべきか…
風邪やインフルエンザにかかってしまったのか…
詳しい方がいましたら、回答よろしくお願い致します!

Aベストアンサー

術後の発熱とは考え難い。

診察しなければ、わからないので、
手術した病院で、診察を受けることをお勧めします。
まずは、電話で連絡をしてください。
開頭手術ができる病院ならば、時間外でも受け付けてくれるでしょう。

Q脳の手術で性格が変わるの!?

先日知人の義父が脳の手術をしました。脳動脈瘤の手術で、血管をクリップで止める(?)というような手術をしたそうです。手術も成功し、無事退院をしたそうです。
少し物忘れや言葉が出てこないという事があるかな?…という程度で(歳のせいもあるかと…。)生活に支障が出るような後遺症は無いようなのですが、ただひとつ性格が変わってしまったというのです。
もともと、温和な性格という訳では無かったらしいのですが、手術前よりも怒りっぽくなったとの事です。怒るというよりキレやすいという感じ。(例えるなら、ヤンキーみたいな血の気の多い若者みたいなキレ方だそうです。)

脳の手術で、性格的な後遺症はあるのでしょうか?

友人は心配しているのですが、義父は自覚していなく生活に支障は無いので、病院には行かないそうです。

Aベストアンサー

私自身がそのような人です。といっても、私の場合、逆で、もともときつかった性格が柔和になった・・・と周りから言われます。
ほかに、手術前よりも怒りっぽくなった、という人の例もきいたことがあります。
言葉が出てこない、というのと同じで、性格のある部分が出てこなくなったと考えれば、そういうことがあってもおかしくはないのではないでしょうか?
私は、最近かなり回復して、ほぼ前と同じように感情を持つようになりましたが、手術後数年は、どんなことがあっても涙が出ませんでした。悲しくもならないし、どんな映画を見ても感動しなくなりました。自分でも「これは感動するべきところだ」というのはわかっているのにもかかわらず、です。
ちょっと形が違うかもしれませんが、多分同じようなことだと思います。
私の場合、感情を持つ部分がなくなってしまったのに対して、その人の場合、感情を抑える部分がなくなってしまったのかもしれません。(これは私の考えであって、実際にどうかはわかりませんが)
いずれにせよ、そういう例はほかにも多々あることは事実です。

Q術後髄液漏の治療について

私の夫が3月23日脊髄腫瘍の摘出手術を受けました。腫瘍がかなり大きかったため、第3番目の骨を外し、硬膜を開いて神経と共に腫瘍を摘出し、骨盤より骨を移植しました。手術時間は8時間にもなりましたが無事終了しました。腰には髄液を除く?ドレーンが2本入れられていました。術後すぐに頭部の痛みと、ろれつが廻らない言語障害がありましたが麻酔のせいかもとのことで、数日様子を見られましたが状態は改善せず、27日に背中のドレーンを抜かれました。その夜から熱が38度前後出て、激しい頭痛に見舞われました。次の日頭のMRI検査が行われ、小脳出血がありすぐに転院し点滴による治療が始まりました。それから1週間過ぎ、ろれつは廻るようになったものの頭痛はかわらず、首の硬直と(転院したとき既にあったのですが)意識障害が出始めました。それで4月3日に髄液検査が行われ、表皮ブドウ球菌による髄膜炎との診断でした。それから14日までファーストシンの点滴があり一応状態が治まるかの兆しでした。それから軽いリハビリを開始したところ、また38度の熱がでて血液検査をしたのですが炎症反応もなく白血球の数値も少なく、熱も多少治まったので、18日に腰の手術をした病院に再度転院しました。相変わらず(程度は違いますが)頭痛が残りましたが、リハビリも開始しました。3日後、また頭痛がひどくなり熱も出だしました。リハビリを中止し座薬で抑え安静にしていました。頭痛の原因を調べるため26日腰のMRIを再度撮ったところ、手術をした脊髄のあたりに袋があり、おそらく髄液漏だろうということでした。このまま様子を見てこれ以上大きくなるようなら再度手術をしてふさがないといけないが、「針の穴」 を探すのと一緒ぐらい難しいとのことでした。この先どうして良いのかわかりません。どなたかお力をお貸しください。

私の夫が3月23日脊髄腫瘍の摘出手術を受けました。腫瘍がかなり大きかったため、第3番目の骨を外し、硬膜を開いて神経と共に腫瘍を摘出し、骨盤より骨を移植しました。手術時間は8時間にもなりましたが無事終了しました。腰には髄液を除く?ドレーンが2本入れられていました。術後すぐに頭部の痛みと、ろれつが廻らない言語障害がありましたが麻酔のせいかもとのことで、数日様子を見られましたが状態は改善せず、27日に背中のドレーンを抜かれました。その夜から熱が38度前後出て、激しい頭痛に見舞われま...続きを読む

Aベストアンサー

◆MRI写真も見ていませんので、確実なことはとても言えませんが、袋状のものが写っているとすれば、髄液漏ではなく、感染や炎症の後にできた嚢胞(組織液の袋、あるいは膿の塊から黴菌がいなくなって液体が残ったもの)か何かなのではないかと考えるものです。髄液のもれ出るいきおいはとても弱いので、髄液が袋状になるほど溜まってしまうことは通常ではまずないからです。

◆ブラッドパッチというのは、漏れ出ていそうな部分に血液を注入し、血液の塊でふさぐ方法です。これは、文字通り漏れている場所がわからない時に使います。今回の場合、髄液がもれている問題よりも袋状のもののほうが悪さをしているように思われます。実際には髄液は漏れていないのかもしれません。そのためブラッドパッチではなく、袋状のものへの対処を決めるために中の液体を調べることは必要でしょう。

◆その中が髄液だったとしたら髄液漏なのですが、そうではないような印象です。漿液(しょうえき)という炎症の後に組織から出てくる浸出液なのか、黴菌が残っている液体なのか、中身は重要です。

◆中身を吸い取ってしまうと、無くなってしまうこともあるので、それも含めて、まずは中身を穿刺吸引することは間違いではありません。

◆MRI写真も見ていませんので、確実なことはとても言えませんが、袋状のものが写っているとすれば、髄液漏ではなく、感染や炎症の後にできた嚢胞(組織液の袋、あるいは膿の塊から黴菌がいなくなって液体が残ったもの)か何かなのではないかと考えるものです。髄液のもれ出るいきおいはとても弱いので、髄液が袋状になるほど溜まってしまうことは通常ではまずないからです。

◆ブラッドパッチというのは、漏れ出ていそうな部分に血液を注入し、血液の塊でふさぐ方法です。これは、文字通り漏れている場所がわから...続きを読む


このQ&Aを見た人がよく見るQ&A

人気Q&Aランキング