私は今年受験生に突入したばかりの高3です。
私は動物に関わることを勉強したくて、愛媛大理学部の生物地球圏科という学科を見つけたのですが、実際どんなことを勉強するのか、よく分かりません。
詳しく説明された本やホームページを見つけることもできませんでした。
詳しい説明のある本をご存知の方や、この学部についてよく知っているという方、
ぜひ教えてください!!

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (1件)

あるじゃん!。

1番リンク・・・生物系、2番リンク・・・地球系。

ただし、回線が混んでいるらしくなかなか繋がりません。

参考URL:http://www.ehime-u.ac.jp/~ysato/index_j.html,htt …
    • good
    • 0
この回答へのお礼

mttさんありがとうございました
早速行ってみますね

お礼日時:2002/03/30 14:20

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Q道塾の馬場祐平さんが本で偏差値50未満でも9月から要領よく勉強すれば、

道塾の馬場祐平さんが本で偏差値50未満でも9月から要領よく勉強すれば、現役でマーチは余裕、早慶はなんとかなると言っていました。
実際、馬場さんは現役ではありませんが、9月から始めて早稲田に合格したそうです。
実際はどうなんでしょう?非現実的じゃないですか?

Aベストアンサー

それまでの下地がどうなっているかでしょう。
偏差値は下地までは表しませんから。
例えばその、要領よく、というのも、その人の資質の一端です。
逆から考えると、要領よく中高6年間勉強して一浪東大がないとはとても思えません。
つまり要領の善し悪しが相当程度左右しているはずなのです。
そのラインに乗ってないということは、要領が悪い可能性が低くはないわけです。
単に勉強量が不足しているというだけではなくて。
まぁ必要な量の勉強をしていられない、なんてのが大多数でしょうがね。

先日ここで模試屋が言っていましたが、偏差値50だかその辺りから京都大学というのが1割くらいいるとかどうとか。
いるかいないかならいるんでしょう。
ただ、万人がそうなのかというと。
その一割というのも、模試当日体調が激悪で、なんてのも含まれているでしょうから、実際はもっと少ないでしょうね。
ただし、ダメだろうと諦めて手を休めてしまう人もいれば、惜しくも落ちた人もいるでしょうから、私の勘だと、2割にはチャンスがあるんじゃないかと思います。
その対極には、下地が悪すぎて、偏差値50でもいっぱいいっぱいという人までいるはずですので、万人が、とはとても思えません。
ただ、早慶MARCHならもっと楽でしょうね。楽だからその程度の評価しかされないわけですし。

実際、私はここでかなり真っ当なことを厳しく言っているつもりなのですが、アドバイスを受け入れない人の方が多数であるように見えます。
できるできると甘いことを言って回るそこのお馬鹿さんも含めて。
つまりそういう人は要領が悪いわけです。それがおそらく半数以上でしょう。
当然その何とやらという先生がどのように宣ったところで、内容が理解できない奴が1/3、言うことを聞かない奴が1/4、その内容ができる段階でない者が1/5、と見ます。

で、まぁ、あなたにとっては他人がどうかはどうでも良いんです。
問題はあなた自身が行けるかどうかでしょ?
あなたは要領が良いですか?
すべきことを確実に順にこなしていますか?
十分な量の努力をしていますか?
先が見えなくても黙々とガリガリとこなせていますか?そういう物だということが理解できていますか?
身につけるべきことは、失敗を繰り返してでもねばり強く身につけていますか?
不要なことやできるはずがないことに時間をかけていませんか?
耳障りの良いことにだけ耳を傾けるようなことをしていませんか?

それまでの下地がどうなっているかでしょう。
偏差値は下地までは表しませんから。
例えばその、要領よく、というのも、その人の資質の一端です。
逆から考えると、要領よく中高6年間勉強して一浪東大がないとはとても思えません。
つまり要領の善し悪しが相当程度左右しているはずなのです。
そのラインに乗ってないということは、要領が悪い可能性が低くはないわけです。
単に勉強量が不足しているというだけではなくて。
まぁ必要な量の勉強をしていられない、なんてのが大多数でしょうがね。

先日ここで模試...続きを読む

Q大学の理学部の勉強とサークルの陸上競技とは両立不可能でしょうか

大学で理学部に進学すると、実験などで忙しくて、陸上競技のサークル活動とは両立不可能でしょうか。

Aベストアンサー

4年生になって研究室に所属するようになると無理でしょうね。
3年まででも、暇糞文系の連中のペースではできないでしょうね。
ほどほどにやるくらいなら可能ではないでしょうか。
勘で言うなら、週2日、午後6時までは潰れるでしょう。
(妙な低レベル大学に行くと、本当に夜中まで潰れるかも知れません)
そのサークルがどれくらい活動しているのか、あなたがどれくらい活動できるのか、活動するつもりなのか、次第でしょう。バイトの有無も大きいでしょうね。
オリンピックを目指す人と、オリンピック金メダルを目指す人と、ガリ勉高校のなんちゃって陸上部のペースでやりたい人と、色々居ますから、どれだけやるつもりなのかは大きいかと思います。

何年か前、大阪大学工学部だったと思いますが、高跳びの選手が居て、そこそこ良いところまで行っていたと思います。
テレビでやってたんですがね。
物理を駆使して飛び方の研究をしていました。

Q熊本大学の理学部と鹿児島大学の理学部だったら、どっちに入った方が将来のハクが付きますか?

熊本大学の理学部と鹿児島大学の理学部だったら、どっちに入った方が将来のハクが付きますか?

Aベストアンサー

熊本に住むなら熊本大学。
鹿児島に住むなら鹿児島大学。
東京や大阪に住むなら大差なし。

東京に住んでいる人の大半は良くも悪くも地方国立大学の違いが分かりません。

Q院試の勉強方法がよくわからないのですが・・・

8月に他大学の院試があるのですが、5年分の英語と専門の過去問は入手したのですが難しすぎて2割ぐらいしか解けません。
毎年の傾向が違うし、英語は専門用語の単語なので難しく、専門は範囲が広すぎてすべての教科の勉強をしていたら3ヶ月では間に合いません。経験者の方は勉強方法を教えてください。
合格ラインは6割とか言われますが、内部生はなんであんな教科書の隅に書いてあるようなマイナーで難しい問題を解けるのでしょうか?

Aベストアンサー

専門については、意外と、問題が出されている本が決まっていたりします。
または、出題された問題が多く載っている本を捜して見ましょう。
1冊だけではカバーできないかもしれませんが、
その大学の教授が書いている本が最も近いと思われます。
そして、過去に出た部分を探し、線を引いて見ましょう。
出題範囲、出題傾向が見えてきませんか?
そこからまだ出ていないところを予測してみましょう。

英語は、専門用語を覚えることは必要です。
上の、専門で使う本のうち、1冊は、用語の後ろに英単語も書いてある本を使いましょう。
また、、英語を読んでいても、
「この分野の話でこの文脈できたら、
この単語は覚えてないけどきっとこういう意味じゃないかな」
と予測しながら読めるようになります。
論文を読むようになったら、日本の本には載っていないような用語も出てくるので、
大学院生には、それでも意味を捉えられるか、が求められているはずです。

それと、先生の研究会があるようでしたら参加させていただきましょう。
なければ、先生の授業を聴講させてもらいましょう。
先生の考え方を聞いているうちに、解答用紙にどのようなものが求められているのかが分かってきます。
先生の考え方に近いものが書ければ合格率は確実に上がります。
または、思い切って研究室訪問をし、院生に対策を聞きましょう。
内部生は、どの本から出されているのかを知っているはずです。

大学院入試は、大学入試と違って、決まった参考書がありません。
ですから、まずは参考書を探し、どう書けば受かるかを考えながら読んでいってください。
検討を祈ります。

専門については、意外と、問題が出されている本が決まっていたりします。
または、出題された問題が多く載っている本を捜して見ましょう。
1冊だけではカバーできないかもしれませんが、
その大学の教授が書いている本が最も近いと思われます。
そして、過去に出た部分を探し、線を引いて見ましょう。
出題範囲、出題傾向が見えてきませんか?
そこからまだ出ていないところを予測してみましょう。

英語は、専門用語を覚えることは必要です。
上の、専門で使う本のうち、1冊は、用語の後ろに英単語も...続きを読む

Q大学受験での物理、化学がよくわかるオススメ本ってありませんか?

質問です

物理や化学をやる過程で、「これを読むと公式等の理解が深まる、物理or化学が楽しくなる」というような本はないでしょうか?
あくまで受験の範囲内で、その現象が日常でどう使われているか…みたいなのが載っているとおもしろそうなんですが……
まわりの人に聞いたところによると、フォトサイエンスという図説を知りました。他に何かあれば教えてください!!

Aベストアンサー

楽しくなるかどうかは置いといて・・・、

「親切な物理IB・II」上/下 渡辺久夫著 正林書院-->ブッキングが出版引継

(私事だが・・・)高校時代に、物理の先公によって植え付けられてしまった物理に対する悪感情は、大学の一般教養の物理学の先生に教わった事によって払拭することが出来、(レベル的な順序がちぐはぐではあるが・・・)更に上記書籍を購入した事で、物理が面白いと感じる事が出来るようになった思い出深い書籍です。
この書籍は今も手許に置いて、必要に応じて読み返しています。

化学は・・・、(スミマセン!)パス!!


人気Q&Aランキング

おすすめ情報