【iOS版アプリ】不具合のお知らせ

夏、小笠原気団の影響で梅雨前線が北上するということは秋雨前線として南下してくるまでの間、東北地方辺りに停滞しているということでしょうか?つまり夏に東北地方は雨が多いということになるのでしょうか?

A 回答 (4件)

回答のお礼に書かれていることが本質をついていらっしゃると思います。



>自分はてっきりオホーツク高気圧が邪魔して北海道より北上できないものだと思っていました。

私もそう思います。

>前線って高気圧の影響を受けないものなんですかね。
受けると思います。
性質(温度、水蒸気量等)の異なる高気圧がぶつかるところに前線ができます。
質問者様は「気団」という用語を使われていますが、これに従えば暖かく湿った小笠原気団と冷たく湿ったオホーツク気団が接するところに梅雨前線ができます。(細かいことになりますがオホーツク気団は小笠原気団より水蒸気量が少なくなっています)
高気圧と前線は密接な関係にあります。

>というか消滅するんですかね
ここがポイントだと思います。
消滅することはあると思います。
1.気団の性質が変質し、二つの高気圧の性格の差が小さくなる。
2.一方の高気圧が弱まり(この場合はオホーツク海高気圧が弱まり)、これにしたがって前線も弱まり消滅する。


梅雨前線は太平洋高気圧とオホーツク海高気圧によって活発になりオホーツク海高気圧が弱まるとともに太平洋高気圧の北辺では大気の性質が変質して寒冷化し、梅雨前線は弱まりあるいは消滅する。(北海道には梅雨らしい梅雨はおそらくないと思います。梅雨前線は北海道あたりまで北上すると弱まるか消滅していると思われます。)
一方、秋雨前線は太平洋高気圧と大陸からの移動性高気圧との間に発達する。

過去の天気図を確認したわけではありませんので自信はありませんが、秋雨前線の太平洋高気圧のお相手はオホーツク海高気圧やシベリア高気圧ではなく大陸からの移動性高気圧であることが多いように思います。

いずれにしても秋雨前線は梅雨前線が北上したものが南下するのではなく、別途発生するものと考えた方が自然ではないでしょうか。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

なるほど。梅雨前線は喧嘩みたいなもので両方が対等に睨んでる時は成立しているけど、どちらか一方が戦意喪失すると喧嘩自体が成り立たなくなっちゃうんですかね。わかり易い解説有難うございます。一つ疑問なのですが、『大陸からの移動性高気圧』って揚子江気団のことですか?だとすると揚子江気団は乾燥していて秋雨や梅雨時に晴天をもたらすと何かで見たような気がするのですが、間違ってますか?

お礼日時:2006/09/30 01:16

#3です。


回答よりもお礼の方がわかりやすいですね。
感服致します。

さて、大陸からの移動性高気圧ですが、おっしゃるとおり揚子江気団になると思います。気団の性質もおっしゃるとおりです。

梅雨前線の時の小笠原気団とオホーツク気団は両方とも海洋性で湿度が高く、温度が異なるから雨を降らす前線になるのでは?それに対して揚子江気団は乾燥しているのになぜ?と疑問に思われるかもしれません。

ここから先は私も深く理解していない内容ですが、前線の両側での水蒸気量の差が前線を活発にするそうです。湿度というよりも温位とか相当温位というものの差が大きいと前線が活発になるそうです。
ちなみに梅雨前線に関しても日本付近では前線の両側で温度の差が明瞭ですが中国大陸の梅雨前線は日本付近から連なってはいるものの前線の両側の温度差は小さくて、相当温位の差が大きいそうです。

「・・・だそうです」の連発になってしまいましたが、更に詳しいことは参考となる書物をご一読ください。(気象予報士の受験参考書を立ち読みして拾った情報です。理解しきれておりませんので誤りがあるかもしれません。回答欄にこのようなコメントは適切ではありませんが、参考意見のアドバイスとしてご了承ください。)
    • good
    • 0
この回答へのお礼

いえ、自分はバカな分、身近な物に喩えないと頭に入らないだけなんです。温位差が前線を活発化するから乾燥していようが揚子江気団は梅雨に影響するということですね。有難うございました。

お礼日時:2006/10/07 00:49

#1です。



ジェット気流も含めて考えるといいかもしれませんよ。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

回答有難うございます。北緯40度の寒帯ジェット気流のことでしょうか?う~ん。理屈っぽくて自分にウンザリしてしまうのですが、ジェット気流が偏西風として前線消滅に影響を与えるのなら、常に西から東へ吹く風によってオホーツク気団から吹いてくる風すらも東へ流してそもそも梅雨前線が生まれないんじゃないのかなあ、とまで思ってしまうのですがいかがでしょうか?

お礼日時:2006/09/30 01:29

簡潔に。



>夏に東北は雨が多いということになるのでしょうか?

いいえ。梅雨前線は夏になると太平洋高気圧によって北に押され、北海道よりも北にまで移動します。今年は前線自体が消滅しましたが。なので前線が東北地方にとどまるわけではないので、そのせいで雨が多いということはありません。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

回答有難うございます。日本より上に行くのですね。自分はてっきりオホーツク高気圧が邪魔して北海道より北上できないものだと思っていました。前線って高気圧の影響を受けないものなんですかね。というか消滅するんですかね。

お礼日時:2006/09/28 09:35

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!


このQ&Aを見た人がよく見るQ&A

人気Q&Aランキング