あるハウスメーカーから一戸建の家を買おうとしているものです。この会社は安価で設備もまあまあなのが有名なのですが、この会社は現在、建築主(お客)との間で数件、裁判中とのことらしいです。会社と建築主との間でどんなトラブルが発生しているのか非常に気になります。第3者(私)が裁判の概要を知る方法はないのでしょうか?どなたか詳しい方、教えてください。よろしくお願い致します。

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (3件)

一応、閲覧は可能です。


しかし、ご質問の内容からは、当該事件の事件番号をご存じでないですね。それなら、記録の閲覧は事実上不可能です。
裁判所で保有する裁判記録は、事件番号で管理されていますから、まずはそれをお調べになることが必要かと存じます。それが分からないと、
「あれ見せて下さい。ほら、あれですよあれ!」
って言ってるのとおなじで、何の記録か分かりませんからね。

法律事務職員実務マニュアル
http://homepage1.nifty.com/lawclerk/shoukai.htm

ご質問からは少し離れてしまいますが、あなたとの件だけについてなら、オンライン無料相談等で、気になる部分を御相談されてはいかがでしょうか?
http://www.arcmedia.co.jp/q_a/index.htm

参考URL:http://www.jia.or.jp/
    • good
    • 0
この回答へのお礼

回答ありがとうございました。事件番号が必要であることがわかりました。また、オンライン無料相談のアドレスありがとうございました。

お礼日時:2002/03/31 00:13

>第3者(私)が裁判の概要を知る方法はないのでしょうか?



民事訴訟法上、訴訟記録の閲覧はいつでも誰でもできますが、実際には理由をつけて拒絶される場合があります。現在進行中の訴訟記録は裁判官がもっているので「訴訟にさしさわりがある」と云う理由です。仮に、閲覧を許可されたとしても、普通では、どこに何が書いてあるかわからず、また、内容が法律用語が多く、即、全体を理解することは非常に困難です。
それより先に、その事件の事件番号や当事者、又は、次回期日などが閲覧申請要件となっていますから、これから調べなくてはなりません。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

事件番号や当事者名、次回期日などいろいろと調べることがあり、さらに、閲覧できたとしても素人では理解できなそうなことがわかりました。ありがとうございました。

お礼日時:2002/03/31 00:17

 原則民事訴訟法は91条で、「何人も、裁判所書記官に対し、訴訟記録の閲覧を請求することができる」と定めていますので、本来訴状・答弁書・提出された書証などは「閲覧」は可能なはずです。


 ですから、裁判が係属している裁判所の書記官室に行けば、閲覧できるのが本当ということになります。
 しかし、実際はすんなりとは見せてくれないと思います。
 ハウスメーカーとhanakoさんの何らかの契約書などと、免許証など身元証明書を所持していく必要があるでしょう。
 うまくいけば、書類のコピーまでとらせてくれるかもしれませんが、素人と思って、煙に巻くような言い方をするかもしれませんが、91条のコピーもとっといて、「ここにこういうふうに書いてありますけど?」と詰め寄るぐらいの覚悟で行かないと、閲覧さえさせてもらえないかもしれません。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

現実には素人では閲覧が難しそうということが理解できました。このハウスメーカの信頼性については他のアプローチ(同業者に内情や評判を聞く)で調べて行くことの方が法律素人の私にはよいとわかりました。アドバイスありがとうございました。

お礼日時:2002/03/31 00:21

このQ&Aに関連する人気のQ&A

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Q個人事業主です。昨年末にお客(友人)にパソコンを15万円で販売いたしま

個人事業主です。昨年末にお客(友人)にパソコンを15万円で販売いたしました。年内に払うという約束でしたが、支払われずに請求書も出したのですが、全く連絡もくれません。電話をしても出ないし携帯のメールで催促のメールを出したら支払いに行くと返信がありましたがその後も一向に支払われませんでした。今では全く連絡が取れない状態です。先日、オンライン督促で督促状を送った所、異議申し立てをされました。裁判になると思うのですが、相手がどういう異議(金額に対してか、パソコンを買ったこと自体を否定するのか)を出してくるかわからないのですが、私は知人ということもあり信頼していたのでパソコンを引き渡した時、購入を証明する物を一筆書いてもらったわけでもありません。また催促のメールを送った時、パソコンの代金をいつ払うという趣旨のメールを送ったのですが、具体的な金額をメールの文章には書いていません。
裁判で相手が金額面の食い違い、万が一、買ったこと自体を否定した場合どう対処したらいいでしょうか?

Aベストアンサー

残念ながら,証拠がないとあなたが負ける可能性があります。
友達なので信頼してお金を貸した,でも借用書は取っていない・・・よくある話です。

ただ,最終的にはどちらの言い分が信用できるかで判決がおりると聞きます。
恥ずかしながら私も似たようなことで困って,弁護士に相談したらそう言われていました。

いつ,いくらで販売したか。
いつ,どんな内容で催促したか。相手はどんな反応をしたか。
忘れる前に一刻も早くメモしておくことをお勧めします。

Q新会社法の概要(株式会社の機関設計)

かじった知識のみで考えております。
お知恵を拝借できれば幸いです。

ある会社(大会社ではない非公開会社)では、
「取締役会」と「監査役」を置いています。
この「監査役」は会計士の方で、主に決算書類等、
会計に関する業務のみを担当していただいてきました。
また、今回、ある監査法人と契約し、「会計監査人」として置くことになっています。

株式会社の機関設計の「大会社でない譲渡制限会社」の機関設計の9つの累計のうち、
A「取締役会+監査役」
 (監査役は、定款により会計監査権限限定可)
B「取締役会+監査役+会計監査人」
 (監査役に業務監査権限要)
というものがあります。

この会社に当てはめて考えると、
Bの場合、「会計監査人」を置くと、業務監査権限を持つ「監査役」を設置しなければならなくなりますが、この会社の場合の「監査役」に業務監査権限を持たせることは難しいようです。
Aであれば、会計監査権限に限定した「監査役」として置くことが出来るようですが、Bのように「会計監査人」を置いてしまうと、Aのように「会計監査権限に限定した監査役」とすることができません。

・「会計監査人」を置きたい。
・「会計監査権限に限定した監査役」を置きたい
という要件を満たす機関設計としては、
どういうものが考えられますか?
また、参考になるURL等がありましたら、
そちらもお教えください。

言葉足らずで、内容が不明な点があるかと思いますが、
よろしくお願いいたします。

かじった知識のみで考えております。
お知恵を拝借できれば幸いです。

ある会社(大会社ではない非公開会社)では、
「取締役会」と「監査役」を置いています。
この「監査役」は会計士の方で、主に決算書類等、
会計に関する業務のみを担当していただいてきました。
また、今回、ある監査法人と契約し、「会計監査人」として置くことになっています。

株式会社の機関設計の「大会社でない譲渡制限会社」の機関設計の9つの累計のうち、
A「取締役会+監査役」
 (監査役は、定款により会計監査権...続きを読む

Aベストアンサー

現行会社法では、会計監査人を設置する以上、業務監査まで行う監査役を設置しなければなりません。(会社389条1項)

会計監査人という外部からの監査を受ける前提として、きちんとした社内監査システムが設置されているべきであるというのが、会社法の考え方だと思います。

現在の監査役である会計士さんに業務監査をしてもらうことはできないというのであれば、社内の人間から業務監査まで行う監査役を選任し、会計士さんには会計参与として、会計書類の作成業務などにかかわってもらうというのはどうでしょうか。

Q各国の裁判員制度の概要と問題点がわかる文献

こんにちは。

今卒業論文で裁判員制度について調べています。
その中で、日本以外の国の裁判員制度、陪審員制度などについて書こうと思っているのですが、何か良い文献はないでしょうか?
イギリス、アメリカ、フランス、ドイツで制度の問題点などもたくさん載っているものを探しています。

よろしくお願いします。

Aベストアンサー

卒論なら本当は自分で調べて欲しいところですが・・・


司法制度改革審議会が、裁判員制度の検討過程で、各国の視察をしていますので、その報告書などを見てはどうでしょうか。すでにチェック済みでしょうか。

http://www.kantei.go.jp/jp/sihouseido/etc-dex.html

Q建築基準法施行令の平成19年8月3日改正概要を知りたい

非常に狭い内容で申し訳ありません。

タイトルの通り、建築基準法施行令の平成19年8月3日(現在施工中のもの)の改正概要を知りたいと思ってます。

改正されていることは分かるのですが、どの部分がどのように変わったのか、ということが分かるとありがたいです。

できれば所管の役所の公式な説明があれば一番ありがたいです。

#おそらく耐震建築偽装事件をうけて改正された建築基準法に対応したものではないかと勝手に想像していますが。

よろしくお願いいたします。

Aベストアンサー

平成19年8月3日 政令第235号 郵政民営化法等の施行に伴う関係政令の整備等に関する政令 
の第18条による改正だそうです。
http://hourei.ndl.go.jp/SearchSys/viewEnkaku.do?i=AAAG%2B1AADAAAAqUAAF%3A%3A

郵政民営化ということで推測すると、第130条の4(第一種低層住居専用地域内に建築することができる公益上必要な建築物)の第1号
「郵便法(略)の規定により行う郵便の業務(郵便窓口業務の委託等に関する法律(略)第2条 に規定する郵便窓口業務を含む。)の用に供する施設で延べ面積が500平方メートル以内のもの」
という部分が怪しいです。多分、改正前は
「郵便局で延べ面積が…」
とかだったのではないでしょうか。


耐震偽装・建築確認の強化の関係は、
平成19年3月16日 政令第49号 建築物の安全性の確保を図るための建築基準法等の一部を改正する法律の施行に伴う関係政令の整備に関する政令
による改正です。こちらは国土交通省の公式な説明があります。
http://www.mlit.go.jp/jutakukentiku/build/h18_kaisei.html

平成19年8月3日 政令第235号 郵政民営化法等の施行に伴う関係政令の整備等に関する政令 
の第18条による改正だそうです。
http://hourei.ndl.go.jp/SearchSys/viewEnkaku.do?i=AAAG%2B1AADAAAAqUAAF%3A%3A

郵政民営化ということで推測すると、第130条の4(第一種低層住居専用地域内に建築することができる公益上必要な建築物)の第1号
「郵便法(略)の規定により行う郵便の業務(郵便窓口業務の委託等に関する法律(略)第2条 に規定する郵便窓口業務を含む。)の用に供する施設で延べ面積が50...続きを読む

Q建築計画概要書【15.工事着手予定年月日】に記載されている年月日より早

建築計画概要書【15.工事着手予定年月日】に記載されている年月日より早く工事着手しても問題ないのでしょうか?
【15.工事着手予定年月日】平成22年6月20日
【16.工事完了予定年月日】平成22年8月20日となっています。
実際の工事は5月18日から開始しています。
宜しくお願いします。

Aベストアンサー

予定ですので問題ないですが、1か月前倒しは近隣から文句が出る場合があります。

また、公共工事の場合は、事前に承諾をもらわないと後々もめる可能性があります。

また、工事契約書の締結の日付より前の場合は拙いです。


人気Q&Aランキング

おすすめ情報