こんにちは。
私は大学卒業後、結婚して永住権を取りアメリカに住む予定なのですが、向こうの生活に慣れたら働きたいと思っています。ですが私の英語は全く完璧ではなく、向こうで働くと言っても最初のうちは日本食レストランくらいだろうと思っています。
そこで質問なのですが、アメリカで仕事を得るのに日本の資格は役に立たないというのはわかっていますが、それでも大学生活を無駄にしたくないので向こうで少しでも役に立つ可能性があるかもしれない資格等があれば是非とっておきたいのです。ちなみに教職や司書課程を取ろうか迷っている所です。これらの資格を取ったからといってアメリカで教師になれる訳がないと言うのは十分承知ですが、それでも何かあった時もしかしたら役に立つかも、という思いが頭の片隅にあります。
他にはパソコンに関する資格など・・・もちろん英語はたくさん勉強するつもりです。
資格やアメリカでの仕事に関して無知で本当にお恥ずかしい限りなのですが、アドバイスや知識など是非教えていただきたいです。どうぞよろしくお願いします。

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (2件)

アメリカで通用する資格というのなら、


やはりアメリカの大学や専門学校でとるのが一番いいでしょう。
アメリカは資格よりも先に経験が重視されるため、
資格があっても容易には就職できません。

私のアメリカ人の知り合いも、
英語教師(向こうで言う国語)の資格を取りましたが、
年齢が若く経験もないため、就職口がないとこぼしておりました。
彼は最初は実家から通って臨時の代用教員をしつつ学校の面接を受け、
先ごろ正規の教師に就任しました。

日本で取る資格で、もしかしたら役に立つ、
というのは皆無といっていいかもしれません。

アメリカには超廉価で資格を取得することのできる
アダルトスクールなどがありますので、
まず大学在学中は「実践」英語を身につけることを主眼とし、
資格についてはあまり考えないほうがいいでしょう。
日本での資格取得にお金を費やすより、永住を希望しているのなら
アメリカでの資格取得のためにお金を節約しておくべきです。

アメリカでは、
永住権→英語→経験→資格の順に重要です。

私もアメリカの事業用ヘリパイロットの資格を持ってますが、
飛行時間があまりないのと永住権を持ってないし、
しかもテロが起きちゃって景気も降下、あっという間に帰国で
北海道でヤサグレてますよ~(^^)

しかしあなたは永住権が取れるアテがあるのですね。
ならあせらず、まず英語から行きましょう。
ウェイトレスだって、英語使えなくちゃ話しになりませんからね(^^)
    • good
    • 2
この回答へのお礼

早速のお返事ありがとうございます!!大っ変参考になりました!とっても詳しくてわかりやすかったです。
ki61さんのおかげで自分が今何をするべきなのかはっきりとわかりました。今までは頑張ろうとは思っていたものの何を優先すれば良いのかわからなく、漠然としていましたが今ははっきりとしていて本当にもうやる気が沸いてきました。大学ではとにかく英語頑張りますっ!本当にどうもありがとうございました!あ、ちなみに私この春大学進学のため本州のほうに引っ越してきましたが生まれは北海道でつい最近まで北海道に住んでいたんですよ^^北海道恋しいです。

お礼日時:2002/03/30 11:06

ちょっと前まで「初生雛鑑定士」というのが引っ張りだこ


たという話を耳にしたことがあります。
ただ、所持しているからといっても、どこに行けば良いとかは知りません・・・
    • good
    • 2
この回答へのお礼

それはアメリカでの話ですよね?私もそういう資格があるとは耳にしましたがそこまで注目されている資格とは・・・情報どうもありがとうございました、調べてみますね^^

お礼日時:2002/03/31 11:00

このQ&Aに関連する人気のQ&A

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Q取得後即役に立つ資格は何か

私は現在40台前半のサラリーマンですが、そう遠くない将来、脱サラをしたいと考えています。(今の勤め先に自分のやりたい事が見つからなくなったため。)
脱サラ後は資格を生かした職業をやりたいと思っているのですが、現在私が持っている資格は、「行政書司」、「第一種衛生管理者」のみであり、これらの資格で、家族4人の生活をまかなうだけの即収入を得るというのは、かなり難しいのではないかと思っています。
家内は脱サラについて、「退職後も無理なく生活していけるような綿密なプランがないとダメ。」といいますが、私は、現在の仕事を続けながら、脱サラ後の仕事を探し、退職後も即生活できるような収入まで得るというのははっきり言って無理です。(普通、退職後一定の準備期間を経て、軌道に乗るのが普通だと思います。)
つまり、家内の言うとおりにすれば、脱サラは永久に不可能ではないかと思います。
せめて、脱サラ後も多くなくとも確実に一定の収入を得られるような資格があれば、家内も何とか説得できる可能性があるのではないかと思います。
世の中、そんなに甘いものではないということは解っていますが、少しでも即使えて役にたつような資格があれば教えていただければと思います。

私は現在40台前半のサラリーマンですが、そう遠くない将来、脱サラをしたいと考えています。(今の勤め先に自分のやりたい事が見つからなくなったため。)
脱サラ後は資格を生かした職業をやりたいと思っているのですが、現在私が持っている資格は、「行政書司」、「第一種衛生管理者」のみであり、これらの資格で、家族4人の生活をまかなうだけの即収入を得るというのは、かなり難しいのではないかと思っています。
家内は脱サラについて、「退職後も無理なく生活していけるような綿密なプランがないとダメ...続きを読む

Aベストアンサー

2種の自動車運転免許

Qいま就職活動中でいろいろ資格の勉強してます。今度取る資格でアドバイスく

いま就職活動中でいろいろ資格の勉強してます。今度取る資格でアドバイスください。

現在下記の資格を持っています。
・MOS 2003 Master(Word/Excel/PP/Access)
・ITパスポート
・パソコン検定協会P検2009-2級
・日商PC検定文書作成2級
・日商PC検定データ活用2級
・日商ビジネス英語検定2級
・日商電子メール活用能力検定
・日商EC実践能力検定3級
・サーティファイWebクリエイター上級
・サーティファイFlashクリエイター上級
・日商ビジネスキーボード認定試験 
・IC3 2005スタンダード
・.com Master シングルスター2009
・漢字検定準2級
・情報活用試験1級
・情報システム試験基本スキル
・VBAエキスパートExcel Basic
・VBAエキスパートAccess Basic
・MCP 70-271/70-272 MCDST
・MCA Security & Platform + Hyper-V導入アドバイザー
・情報デザイン試験初級
・CIWファンデーション
・ITILファンデーション
・FASS Basic 財務モデリング
・アップル認定サポートプロフェッショナル
・MCTS 70-621 MCITP

まんべんなく就職活動の片手間で取れそうなものは取ったかなと思うのですが、
次はCompTIAの資格を狙っています。
不足しているスキルを補いたいという気持ちがあるので、
Server+、Network+のどちらかかなと思います。
(本音を言えば2つ欲しいのですが、さすがに受験料が高額なので)

そこで上記資格を見たとき、CompTIAの2つのうちどちらを取ったら
バランスよく見えますか?
(一応人に教えるとか助ける(サポート系?)の職種を希望だったりします)

例えば回答者様が上記一覧の資格を所有しているとして、どれを次に取ろうと思いますか?
いやここはやっぱり2つ共とか、むしろ別のこんな資格取りなよってアドバイスでもいいです。
今度の秋か春には基本情報技術者もとってみたいと思っています。

初心者向けの資格ばかりですみません。でもいずれはもう少し頑張りたいです。
どうぞ宜しくお願いします。

いま就職活動中でいろいろ資格の勉強してます。今度取る資格でアドバイスください。

現在下記の資格を持っています。
・MOS 2003 Master(Word/Excel/PP/Access)
・ITパスポート
・パソコン検定協会P検2009-2級
・日商PC検定文書作成2級
・日商PC検定データ活用2級
・日商ビジネス英語検定2級
・日商電子メール活用能力検定
・日商EC実践能力検定3級
・サーティファイWebクリエイター上級
・サーティファイFlashクリエイター上級
・日商ビジネスキーボード認定試験 
・IC3 2005スタンダード
・.com Master シング...続きを読む

Aベストアンサー

はじめまして、よろしくお願い致します。

ずいぶん資格をお持ちですね。しかし、なぜその資格を取る目標がわかりません。

いくら資格があっても、TI業界はチームワークが大切です。

すなわち、コミニュニケーション能力が必要です。
なので、その関係のスキルを身につけると良いと思います。

質問者さまには、失礼ですが今はTI業界は日本には過剰?というより海外に人材が流れています。
もし、TI業界に就職するのであれば英語やインド語?など英会話ができないと仕事ができません。

英会話を習ったらよいと思います。
最低英会話ができないと、TI産業は日本ではどんどん需要がなくなり就職できないです。
(あなたのお持ちの資格では、即戦力にはなりません)・・・初級の資格ばかりでは駄目です。
海外での仕事が主となります。

ご参考まで。

QTOEICは役に立たない?

TOEICの英語は就職以外には殆ど役に立たないと聞きました。
どうしてですか?

Aベストアンサー

TOEICの目的が英語のスキルを測定するために作られてテストだからだと思います。
実力を付けるためのものではないからだと思います。
しかし、少しは役に立つとは思いますが…

Q英語が役に立つ仕事をしたい

漠然とした質問で申し訳ないですがどういったものがありますか?
大卒以上必要ですか?英語力はどんなに悪くてもTOEIC700~800、英検準一級はないと話になりませんか?

Aベストアンサー

私は「英語が役に立つ」仕事に就いていますが、各々のレベルで「役に立つ」のだとは思います。ただのツールですから、英語「だけ」出来ても給料は貰えないもので。
ですが、一人で文書作成(正しい英語で仕様書を一から起こすレベル)が出来るなら800点くらいは楽に取れるんじゃないかと思います。
英語を主体にするなら、800点は最低レベルじゃないですかね。取れないくらいの実力では単独で仕事ができないので、話にならないと思います。

学生時代、500点取れなかったという話をしたら、英文科卒の従姉妹に「800点無いなんて話にならん。いくらなんでも、それくらい取らないとスタートラインにも立てない」と言われた事があります。
海外旅行程度の気楽な会話と、ビジネスの利害が絡む話は全然違いますよ。飲みながら喋ってる程度なら、500点くらいの時代でも一晩中英語だけで過ごせました。

Qまったく実践的に役に立たないTOEIC

TOEICテストについて
わたしは300点台でもネイティブと対等に交渉している人を知っていますし、900点台でも全くネイティブと交渉できない人も知っています。  日本人と韓国人しか受けていないのに世界標準と偽って誇大広告で肥大化したTOEIC 
TOEICはスピードラーニングと同じく詐欺的商売だと思うのですが皆様はどう思いますか?

Aベストアンサー

 そういう現象が起きる理由は主に二つあります。

 まずTOEIC限定でないんですが、英語だけ勉強して英語に熟達し、英語で実務ができるかどうかということです。実務は日英・英日翻訳といったことも含みます。

 それは無理です。翻訳でも翻訳する対象の知識が無くては翻訳はできません。笑い話ですがある学術文書翻訳で「カルノーさんの自転車」という表現が出て来たことがあります。それはカルノー・サイクルという物理学系用語なんですが、それを皆目知らずに翻訳したんですね。

 考えれば、日本人同士で仕事をするのに、日本語だけ喋れても実務知識皆無ではどうしようもありません。全く同様に英語圏相手だからといって、英語だけで通用するはずもありません。

 もう一つはTOEICの前提を踏まえないTOEIC高得点狙いの勉強法が流行り、さらには受験テクニックまで登場してきたことです。TOEICは「英語を、聞く・読む・書く・話すで万遍なく勉強していれば、聞く・読むだけの試験で実力の推測が可能」という前提で設計された試験です。

 それなのに、TOEICには「聞く・読む」の試験しかないからと、それだけしか勉強しないのであれば、「書く・話す」が上達するわけがありません。自分から情報を発信したり、話し合ったりすることができないまま、TOEICとしては「非ネイティブとしては充分」と判定されたりするわけです。

 ましてや、TOEIC試験の出題傾向分析や受験テクニックで底上げした点数なら、なおさらです。

 それでも書くことは、時間をかければ辞書を用い、ネットで例文検索しながらでも、ある程度はできますが、リアルタイムの会話となると難しくなります。なまじ高得点ということが周囲に知られていると、会話で不自然な英語しか喋れないことを恐れて喋らなくなります。

 その横でTOEIC低得点の人がニコニコ笑顔で、カタコトで「バイタクシー、ゴートゥーユアホテル!」とガンガン喋るといったことが起ります。どうせ低得点だから、それなりのカタコトでいいじゃん、と割り切っているのですから、臆しません。

 会話ってややこしい文法とか、難しい単語とか、あまり使いません。そして自分の仕事分野なら、専門用語がカタカナ英語で通じたりもします。そうして、TOEIC低得点の人の方が、かえって流暢にビジネス会話をこなすようになることが起ったりもします。

 しかし、これは受験者だけを責めるわけにはいきません。TOEICは安価に大量の受験者を引き受けられるので(そういう狙いで試験設計が為された)、各企業が社員に闇雲にTOEIC高得点を要求、さらには義務付けたりしたことが大きく影響しています。

 仕事で忙しいのに、英語が仕事にあまり関係なくてもTOEIC600点以上必須、海外関連部門では900点以上、譲っても860点以上と業務命令を受けたりしては、背に腹は代えられないでしょう。会社側の要求水準をクリアできなければ、給料の下がる配置転換もあり得るのです。

 そして、高得点をクリアしたらしたで、得点なりのTOEICの説明通りの、書く・話すを含めての英語力を発揮した仕事の成果を求められます。考えれば、酷いことだとも思えます。

 ある意味、TOEICを英語力評価基準として必要とした人々がTOEICを駄目にしたと言えると思います。

P.S.

 そうしたTOEICもTOEFLのような英語圏標準評価基準どころか、一向に世界的に英語力判定基準として普及せず、かえって忘れ去られつつあることに危機感を抱いたのか、さらには「英検の方が信頼性あるんじゃないの?」という国内評価を気にしてか、「書く・話す」の試験も選択できるように変わりました。これがTOEIC復権につながるかどうかは、今後次第かなと思います。

 そういう現象が起きる理由は主に二つあります。

 まずTOEIC限定でないんですが、英語だけ勉強して英語に熟達し、英語で実務ができるかどうかということです。実務は日英・英日翻訳といったことも含みます。

 それは無理です。翻訳でも翻訳する対象の知識が無くては翻訳はできません。笑い話ですがある学術文書翻訳で「カルノーさんの自転車」という表現が出て来たことがあります。それはカルノー・サイクルという物理学系用語なんですが、それを皆目知らずに翻訳したんですね。

 考えれば、日本人同士で仕...続きを読む


人気Q&Aランキング

おすすめ情報