最近知り合いに進められてゴーマニズム宣言の
戦争論、戦争論2、台湾論を読みました。
はずかしながら学校教育のみでしか戦争のことを知りませんでした。
私にとってもとても衝撃的な内容でした。
今まで自分の祖父に戦争のことは触れない方が良いだろうと
子供心におもったまま現在までいたり祖父から話しを聞くこともないまま他界してしまいました。
父から聞いた話しでは伍長で前線(ホクシン?)にいて数少ない生き残りの1人だったそうです。
父も詳しいこは知らず、祖父は特に詳しく語るようなこともなかったそうです。
とても残念に思っております。。。

戦争論につては世間で色々物議をかもしたそうで、色々な意見がネット上でも
見受けられます。
先の大戦について戦前中の戦前の日本人について
どうこれらのことを受け止めれば良いのか考える日々です。
これらの問題を考えるにあたってお勧めに良書がありましたらお教え願いたいのです。(Webサイトでも・・)
あるいわこれらの書籍をご欄になった方の意見をお聞きしたいのです。

長文ですいません。なにとぞ宜しくお願い致します。

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (7件)

僕もこの本をよんでから、いろいろなことを考えました。


そのなかで最近、夏目書房から林房雄の『大東亜戦争肯定論』が復刊されました。
これを読んでみてはいかがでしょうか?
    • good
    • 0

ゴーマニズム宣言て自分が「よしりん」になって読むのが一番安全なんじゃないかなあと思ったりしている今日この頃。


自分の祖父母が生きてるあいだに聞いとくのが一番だと思いますよ。「よしりん」的に言ったらニュースソースの信頼性だったら「よしりん」もどっちもどっちなのかなあと。肉親に聞く機会は増加してるはずです。老人と子供の交流が高齢社会の長所になりうるという幻想も悪くないと思います。
私の祖父(73)は地区老人クラブの会長をやってるのですが、手記の出版活動なども県内のクラブ間で行われているようですし学校教育以外での歴史認識のありかたの一つの光明なのかなと思っています。
「わしズム」(幻冬舎・雑誌)お読みになりましたか?一瞬自伝かファンブックかなどと思いましたが。面白いところ、そうでないところとありますが「胡散臭い」という目でメディアを見るのは「よしりん」に学んだことですから。これからも「わしズム」を「胡散臭い」の目で暖かく見守りたいと思います。
    • good
    • 0

確かに、戦争の解釈は奥の深い問題ですよね。

やはり、少しでも幅広くいろいろな立場のものをお読みのなるのがいちばんでしょう。
ただ、なにぶんにも数が膨大ですので、はじめての方なら以下のようなものがよいのではないでしょうか。(あくまでも小生の独断と偏見です。)
1 中條高徳著「おじいちゃん戦争のことを教えて」(致知出版)
 筆者は、陸軍士官学校に学んだ経験のある会社経営者。アメリカ留学中の孫娘からの質問に答える形で、昭和初期の社会情勢から、戦争にいたった経緯、戦後復興の思い出等を語る。ただの日本擁護論に偏向することなく、韓国人留学生の友人の意見にも心動かされ、悩む孫娘の心理等も描かれ、大変バランスが取れていると思います。
2 もりたなるお著「昭和維新」(新人物往来社)
 昭和7年の5・15事件を軸にして、事件関係者の青春群像を描いたもの。当時の、庶民の雰囲気がよく描写されていると思いました。
3 阿部牧朗「豪胆の人」(祥文社)
 元陸軍参謀長 長勇の半生を小説化したもの。
 昭和6年の3月事件、10月事件から沖縄戦に至るまでを、コミカルな語り口で描いています。
4 松本清張著「昭和史発掘」(文芸春秋)
 昭和11年の2・26事件に至るまでの昭和初期の諸事件を、描写したもの。
 以上、ご参考となさっていただければ幸いです。
    • good
    • 0

>ゴーマニズム宣言はおもしろく書いてあるものの、明らかな事実誤認や極論がい?


>ように思います。読む場合も、そういう本と言うことを理解してから読む必要
>があると思います。

同意権です。(高校生とかが読むならば良いかもと思うけど)
 自分で少し大きめの書籍店に行って。その様なコーナーを徘徊し少し立ち読みしてみる事をお勧めします。でもそういう本は少し高いから、どれが読みたいか決めた上で公共の図書館か何かで借りるのが一番いいかな
    • good
    • 0

ゴーマニズム宣言は僕も好きです。


だけど、申し訳ないんですが、あなたがお探しのものは他者に頼らず、自分でお探しになられたほうがいいです。
なぜなら、この本の関してよく思っていない人々が多数いらっしゃいますので。

最近、韓国のある若手評論家が日本統治を評価しだしました。韓国人自身が日本統治が有益だったと述べたことは確かにセンセーショナルです。韓国では結構話題になっているらしいですが、僕にとっては彼の統治評価が問題でなく、過去のことはもういいから隣国としてお互いに助け合っていこう、という考えに惹かれました。
    • good
    • 0

戦後の義務(文部官僚的)教育の間隙をついた著者は、一つのものの見方として存在を認めねばならない時期であると、私も考えます。



ところで表題に戦争論とありますが、国家の存在、貨幣経済の運営という見地から、岡崎久彦著「繁栄と衰退と」とうものがあります。もう原著は10年ほど前のものだったと思います。調べましたら、文庫で出ておりました。

大国の論理、死語になった「非武装中立」の?、国家間の友好などlogjamさんに明快なヒントを与え、示唆に富む論文だと思います。

参考URL:http://plaza10.mbn.or.jp/~sasakih/book/b990810.htm
    • good
    • 0

ゴーマニズム宣言はおもしろく書いてあるものの、明らかな事実誤認や極論が多いように思います。

読む場合も、そういう本と言うことを理解してから読む必要があると思います。
    • good
    • 0

このQ&Aに関連する人気のQ&A

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Qゴーマニズム宣言について

ゴーマニズム宣言について

小林よしのり氏のゴーマニズム宣言に書かれている事は正しいと思いますか?

意見お願いします。

Aベストアンサー

小林よしのり氏自身もかつてのゴーマニズム宣言の中で書かれていますが、自分が書いることは世間的に絶対的に正しい或いは迎合されるとは限らない、あくまで自分の思っていることを書いた意見だとはっきり述べておられます。
また、読む側が、きちんと彼の作品を読んで、自分で考えて言っていることを自分なりに理解したうえで、自分の意見なり考えなりをもったうえで、自分の賛成なり反対なりの気持ちをもって欲しいといっておられます。


つまり、彼の作品で描かれている彼の見方や意見を、貴方が「言っていることはもっともだ」と思えば、「あなた」にとっては「正しい」或いは「受け入れられる」ものであるといえますし、そうでなければ「あなた」にとっては「正しくない」或いは「受け入れられない」ものであるということです。

確かに、漫画というメディアを使って自分の意見を述べていますから、その影響力は大きいとは思いますが、

「誰かがこういっているから、それが正しいんだ」

というような自分の考えやポリシーもなく、無条件にもしくは盲目に信じてしまうようなことを、彼自身は非常に危惧しています。

人の意見にこの部分は賛成できる或いは認めるけれど、この部分には賛成できない或いはどうしても受け入れられない、なぜなら自分はこう考えていてこう思うから。
こういうそれぞれの見解の違う意見をぶつけ合うことで互いを高めあっていけるのだし、相手の考えや意見を聞くことによって、自分の見ていなかった視点や観点がに気づき、自身の見方や考え方も変わることあります。それが議論というものです。

逆に自分の意見に固執して、他人の視点や考えや立場をまったく考えない、或いは自分の考え方を振り返ってみることができない人は、彼の作品の中で言っていることを正しく理解できないでしょうし、消化することもできないと思います。

小林よしのり氏自身もかつてのゴーマニズム宣言の中で書かれていますが、自分が書いることは世間的に絶対的に正しい或いは迎合されるとは限らない、あくまで自分の思っていることを書いた意見だとはっきり述べておられます。
また、読む側が、きちんと彼の作品を読んで、自分で考えて言っていることを自分なりに理解したうえで、自分の意見なり考えなりをもったうえで、自分の賛成なり反対なりの気持ちをもって欲しいといっておられます。


つまり、彼の作品で描かれている彼の見方や意見を、貴方が「言っている...続きを読む

Qエッセイや人生論・恋愛論・語学書・哲学書などが小説より好きなのですが…

そんな僕はちょっとおかしいでしょうか?
巷では、本≒小説、みたいな風潮が強いと思いますが、本にはそれ以外にも多くジャンルが有りますよね。
僕はどちらかというと小説の方が苦手です。
特に、ファンタジー・SF系やミステリー系は全然関心を持てず、むしろ嫌悪に近い感覚が有ります。

小説はあまり好きじゃない、とみんなの前でもし言ったら、なにか偏った人とか変な人とか思われるでしょうか?

Aベストアンサー

全然変な人とは思われないですよ。好みは人それぞれですし。もちろん小説好きの人の前で、小説はツマラナイ、くだらない、読むのは時間の無駄だ、書店の陳列スペースの無駄だ、紙の無駄だとか言ったらケンカになりますけども。
エッセイや○○論を読んでいると、ものによっては知的な人だと敬意を払われるかも。あまり安っぽいのはダメですけど。
エッセイや論は、事実に即した重みとか価値があります。
それに対して小説は所詮、絵空事、嘘っぱち、空想の産物です。もちろん作者は、その点を補強して「リアリティ」を持たせる工夫をしているワケですが。

小説の悪口を書くのが本意ではありませんが、読書≒小説、とは小中学校の読書習慣(週間だったりもする)の名残というか悪弊ですね。堂々と小説以外を愛読しましょう。
とは言い条、たまには面白い小説もありますよ♪

Qゴーマニズム宣言の出版社

古本屋で「ゴーマニズム宣言」を複数買ったら、同じタイトルなのに、扶桑社と双葉社のものがありました。調べたら、幻冬舎のものもあるようです。この3種類の「ゴーマニズム宣言」は、出版社が違うだけで、掲載内容は、同じなのでしょうか?

「新・ゴーマニズム宣言」も買いましたが、これは、全部小学館でした。これについても、他の出版社も出していたりするのでしょうか?

なお、双葉社と小学館のものは、ハードカバーでした。←関係ない情報かな。

Aベストアンサー

当初扶桑社の「SPA!」で連載していましたが、ある事件がきっかけで決別し、小学館の「SAPIO」に移りましたので、版権が色々異動したことが原因じゃないでしょうか。

Q戦前のロスで活躍した日本人柔道家で

以前ロスのリトル東京にある図書館で読んだのですが
日本人の人が書いた本で、日本人柔道家がサザンパシフィック
鉄道の経営者の妹と結婚し、終戦まじかの時には大統領の
顧問のような事もした、また、現在のアムトラックのコーチ
のようなアイデアも彼が考えた。
高名な柔道家であった。
この人の伝記のような本を読んだのですが
題名が分らず、また、それ以来LAに行く機会が無く
皆様の知識をおかりしたくお願いいたします

Aベストアンサー

アメリカで活躍した日本人柔道家の伝記(日本語)ということで調べてみました。
すると、「太田節三」という人がかなり有名なようです。
彼について調べてみると、奥さんが米国屈指の大富豪バンニング氏(南太平洋鉄道の社主)の未亡人とのこと。
この方の伝記を読まれたのではないかと推測されます。
とすると、
吉田 和正『幻の遺産 -日本人格闘家を愛した富豪夫人-』三一書房(1996年刊)
または
前田秀峯『夢のなかに生きた男たち』廣済堂出版(1995年刊)
ではないでしょうか?

Qゴーマニズム宣言

小林よしのりのゴーマニズム宣言ってどんな本なんですか?

あらゆるところでこの人は叩かれているけど何でですか?

Aベストアンサー

こんばんわ。第1巻からの読者です。

絶版本ならともかく、どこの書店にもおいてありますし、第1巻以降文庫本化されていますので、とりあえず読んでみてはいかがですか?

意見が極端だ、とかたかが漫画家のくせに、とかの批評に対しては、本人も「だから『ゴーマニズム』宣言なんだ」と作品中で主張しています。つまり、賛否両論あるのを承知の上で言いたいことを勝手に言ってのける場として自分の作品を位置づけているわけで、その意味では計算された作品と言えると思います。従軍慰安婦などを扱った一連のシリーズを読めば、なぜ彼が叩かれているのか、理由がよく分かると思います。


「戦争論」とかの大作も話題になっていますが、個人的には部落差別問題とか規制緩和とか色々な話題を作品ごとに展開していた初期のゴー宣の方が好きです。

その「戦争論」も、都合の良い解釈ばかりしているとかの批評があり、真の評価は歴史に委ねられるべきでしょうが、今までの自虐一辺倒の歴史観に一石を投じたという点は評価されてもいいと思います。

Q戦前・戦中史の本で、おすすめは?

こんばんは。

最近昭和史、とりわけ戦前・戦中史に非常に興味を持っています。先日「ホロコースト」というアメリカのTVドラマを見てナチスやヒトラーについてもっと掘り下げてみたいと思ったのですが、自国日本を知るのが先だろう・・・と、興味が昭和史に移りました。学生時代から日本史に興味があり、いろいろな時代の本を読んできたのですが、なぜか今まで昭和史は手付かずだったんです。

「いかにして日本は帝国主義、軍国主義に走ったか」を知る上で参考となる本をご存知でしたらご紹介ください(マンガ、小説不可)。
自分で探してみたものの、特定の個人や事件を題材にした本が多く、全体の流れが分かるような本がなかなか見つかりません。現在、ようやく見つけた岩波新書の「昭和史」を読んでいます。

Aベストアンサー

昭和の歴史は、明治時代からの延長線上にあるものと考えます。日露戦争後に侵略的な体制ができあがったようですが、私も詳しくは、知りません。

 数年前読んで興味深かったのは、

 岩波新書 田中 彰 『小国主義 -日本の近代を読みなおす-』でした。明治時代から、小国主義と大国主義の争いがあり、後者が主流になります。でも、本当に明治のはじめからそうだったのか。明治初期に大がかりな使節団が派遣され、日本の行く末をどのように考えるか、その方向を決める資料を集めます。岩倉の使節団は、いろいろ先進国を見てきますが、小国にもかなり興味を示します。

 数年前、国会で、日本は、小国なのだからという旨の発言をした議員に対し、小国とは何ということを言うと怒り心頭の議員が居ました。小国発言をした議員は、この本を読んだように感じました。

参考URL:http://www.geocities.co.jp/WallStreet/2456/recommend9905.html

Qゴーマニズム宣言 中島氏について

最近久々にゴーマニズム宣言(サピオ)を読んだら
小林よしのりが中島なる人物をやたら批判してました

この中島なる人物はどういう人なんですか?
何故小林氏はこの人物を批判しているのですか?

又この経緯の単行本は出てますか?

Aベストアンサー

個人的に気になった質問なので、ちょっと調べてみました。
小林よしのりのWikipediaからリンクを辿っただけなんですが…

中島という人は、この人のことだと思います。
http://ja.wikipedia.org/wiki/%E4%B8%AD%E5%B3%B6%E5%B2%B3%E5%BF%97
記事中に、小林よしのりとの論争という部分があります。

Q「人と仲良くなれる話し方」ができるようになる本

 私は事務職で受付をしている新人職員です。
 今、受付にやってきた人と、なかなかフレンドリーに話をすることができず(心と心のつながりといったものが、自分では感じられないのです)悩んでおります。
 そこで質問なのですが、特に窓口業務・受付事務の人が読んで役に立つ、「人と仲良くなれる話し方の本」はないでしょうか?
お勧めの本がありましたら教えてください。よろしくお願いします。

Aベストアンサー

「アマゾンコム」(下記の参考URL)をご存知でしょうか
「人と仲良くなれる話し方」ですと、ヒットが0件なので
「話し方」でサーチしたら下記リンクのように1,387件ヒットしました

この中に、貴方のご希望があるといいですね

もし、ご利用方法をご存知ないときのために書いておきます。
「和書」を選択して「話し方」でサーチしました。

参考URL:http://www.amazon.co.jp/

Qよしりんのゴーマニズム宣言を見て、どう感じますか?

・ゴーマニズム宣言シリーズが発刊されていますが、あの書籍を見て、どう感じますか? 歴史観・歴史の解釈など、どのように感じられましたか?

・僕は結構お気に入りなんですけどね。

Aベストアンサー

戦争論(1・2・3)、沖縄論、靖国論、挑戦的平和論(上・下)は読みました。
特別疑問にも思いません。
過激な表現で好きでない部分もありますが、私もお気に入りです。
あのような解釈も新しくていいのではないでしょうか?
すべてをあのまま鵜呑みにはしていませんが、自分なりに解釈して理解しているつもりです。
歴史はどような視点で見るのかによってもだいぶ変わります。
ですから、いろいろな歴史解釈の本を読みたいとも思います。

Q読みやすい「イデア論」は?

プラトン著「イデア論」を読みたいのですが
いままで哲学書なんて読んだことも無く、
敷居が高すぎて躊躇しています…。

初めての「イデア論」として、お薦めの本を
教えてください!

Aベストアンサー

「イデア論」の入門書ではないのですが、
哲学の入門書として「ソフィの世界」をお勧めします。

主にヨーロッパの哲学を時代順に追っていく形式なので
それぞれの思想の繋がりなんかもわかりやすいのですし、
物語になっているので(少々分厚いですが)読みやすいと思います。


人気Q&Aランキング

おすすめ情報