中長期での運用を考えています。基本的には30年後の老後資金ですが、15年後くらいの学資にも状況により割り当てたいと考えています。
投資はまったくの素人なのですが、雑誌などで研究して下記のようなポートフォリオを組みました。
貯金がほとんどなく、またできない性分なので積立てていこうと思っています。
投資資金もあまりないのですが、どんなものでしょうか。

MMF ダイワMMF(大和証券) 10万
外貨MMF ダイワ外貨MMFユーロ(大和証券) 10万
米国債 ダイワトレジャリーゼロ(大和証券) 10万
外国株 ダイワチャイナファンド(大和証券) 10万
      ダイワNYダウインデックス(カブドットコム証券) 1万円積立
日本株 DKA株式オープン(カブドットコム証券) 1万円積立
      ETF TOPIX連動(野村証券) 1万円積立

ご意見・アドバイスいただけないでしょうか。

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (3件)

>ゼロクーポン債


この残存期間が不明ですが、30年に近い期間ではないでしょうか?この点から考慮すれば為替リスク+債券価格変動リスクを大きく取っていることになります。尚、債券価格変動リスクは期間が長くなればなるほど大きくなります(勿論、リスクがある=リターンを享受できる可能性はある ですが)。


>上記予算でどう組めばいいか、参考までにお教え願えないでしょうか

円建て確定ものが『ダイワMMF(大和証券) 10万』だけであることが気になります。この物に拘る必要はありませんが、確定利回りもの(安全資産)を増やす必要があると考えます。

第1案
『ダイワトレジャリーゼロ(大和証券) 10万』と『ダイワ外貨MMFユーロ(大和証券) 10万 』は通貨は異なりますが、同じ為替リスクを負うものという形式ですユーロと米ドル投資では厳密には完全に連動するとは言い切れませんが、概して同じ方向で動くと考えて宜しいかと思います。この点から当然タイミングは見ていただきたいのですが、このうちのどちらかを円確定利回りものへの切り替えを行えば、リスク資産50%、安全資産50%というバランスが取れると思います。
現時点で安全資産としてお勧めするのは、換金性と利回りと信用リスクのバランスから期間5年の国債です。

第2案
『ダイワチャイナファンド(大和証券) 10万』と 『ダイワNYダウインデックス(カブドットコム証券) 1万円積立』は地域が異なりますから、一つの括りで考えることはどうかとも思いますが、株式関連リスクが多いということを考慮して『ダイワチャイナファンド(大和証券) 10万』を思い切って変更することを考えます。株に対して積極的な考えを生かすならば、単に安全資産への入替も面白味がないと思いますので、転換社債の物色はいかがと思います。最低限の利回りが計算できるもので、銘柄選別を行い投資することをお勧めします。この場合に問題となるのはどの銘柄に投資するかということであり、この点に不安がおありならば安全資産の投資でもかまわないと思います

第3案
『DKA株式オープン(カブドットコム証券) 1万円積立 』と『ETF TOPIX連動(野村証券) 1万円積立 』これは同種のリスクと考えます。どちらを残すのかという問題はありますが、何れかを別のものに切り替えることをお勧めいたします。安全資産の積立でも、他とのバランスを考慮した上での外貨のものが積立でも構まわないと思います。私個人の考えでは安全資産の積立を行い、いざという時の新規投資資金を確保しておきたいという気持ちがあります(安全資産で積み立ててタイミングを見て然るべきリスク資産にシフトという考え)。

私がポートフォリオ管理において考慮していることは以下の点です。

1.投資配分して終わりではなく、状況を見ながら常に見直していく(効率的な投資に終わりはない)
2.ミドルリスク、ミドルリターンを原則とするべき(リスクが少なくとも多くとも問題)
3.自身のリスク許容度を熟知し、リスク許容度に余裕を残した方が冷静な判断を行いやすい
4.勝負と考える場合、敢えて一つのリスクに集中的に投資することも時には重要ですが、平時はバランスを取るようにする(常にバランスとるべきという方もいらっしゃいますが、この点で私は異端児です)

以上の点にご注意なされると良いと思います。

2度の回答で、構築されたポートフォリオが悪いと申し上げているのではありません。むしろ、ひとつひとつの商品選別にはセンスの良さを感じております。
市場では常に環境急変の可能性があることを考慮していただきたいことと(環境が急変した時にパニックに陥り最悪の選択をする人が少なくないと思います)、2の矢、3の矢があった方が運用の自由度が増すのではないかとの考えから記載いたしました。
安全資産の投資は面白味がありませんが、次の投資の待機資金(2の矢、3の矢)とお考えいただければ、もっと大胆な投資が考えられると思います。

ご参考にしていただければ幸いです。
    • good
    • 0

投資に関する考え方はこれと定まったものがありません。

儲かった人間が正しいということは間違いありません。以下はリスク回避的に考える私の主観に基づいたものであり、それを参考になさるかどうかはご自身のご判断ということになります。

他に資産がないという前提ですが、ご質問のポートフォリオはリスク商品に集中し過ぎていると思います。円安方向で世界的に株価が右肩上がりで上昇していくならば宜しいのですが、逆に円高方向で株価下落に非常に弱いポートフォリオとなっています。この点の是非で結論は変ってくると思いますが、私は株の投資比率は大きく取るべきではないという考えでおります。その理由は以下の通りです。

1.現在はデフレ下にあり、この傾向は当面変らない。金利ゼロであったとしてもその資産は相対的に増加しており、積極的にリスクにさらす必要もない
2.株が下落した場合(円高が同時に発生すると最悪)に、失業の危機や給与の下落も同時に発生し、ダブルパンチを食らう可能性がある(泣きっ面に蜂?)
3.巷のFPが将来のインフレの発生から長期的な株式投資を勧めておりますが、物価指数がプラスになってからでも十分間に合い、手前で行う分損する可能性もある(得する可能性もあるが、待つも相場と言いますので)

感覚的なものでしょうが、私のリスク商品への投資比率は現在25%程度です。タイミングを見て増加させるとしても40%を上限とすると思います。残りの60%以上は確定利回りもの(円貨債券や預貯金、債券投資信託)での運用が良いと考えています。投資というものはリターンを考えて投資するのではなく、許容リスクに応じて行うものだと思います。金利が低いからというだけの理由で株式や外貨投資を加速させることはいかがなものかと思っております。ご自身が投資するリスク商品の最適比率というものがあると思います。このバランスを意識なされた方が良いと思います。

尚、上記に関わらず、円安、株価の上昇を確信なされているならば、ご質問文のポートフォリオのままで良いと思います(非常に攻撃的なものですが)。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

ご回答ありがとうございます。

投資に関しては全くの初心者なので、ただ面白そうなファンドと利回りがよさそうなものを組んだわけです。
リスク商品に集中し過ぎているとのことですが、上記の場合MMF以外すべてリスクが大きいのでしょうか。ゼロクーポン債もあるのですが、これも為替リスクがあるからですか。
少なくとも30年くらいを考えていますが、確かに自分の生活スタイルがどう変わってしまうかは分かりません。
上記予算でどう組めばいいか、参考までにお教え願えないでしょうか。

お礼日時:2002/04/02 14:36

私もそういうことに関しては良くわからないんですが、とはいっても少し資産選択理論をかじったこと程度はありますが、ブラックショールズとかだから一応その世界の人、でも投資計画とかに関してはあまり経験、知識はありません。



で何が言いたいかと言うと、その様な大事な目的をもつ資金を運用投資でまかなおうとするのはリスクが大きすぎるのではないでしょうか? 
と私は心配してしまいます。やはりある程度、余裕のあるお金じゃないと怖いんじゃないかなあ
    • good
    • 0

このQ&Aに関連する人気のQ&A

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Qダイワ外貨MMFについて

こんばんは、投資信託のダイワ外貨MMFについてお聞きしたいことがあります。この商品は三菱UFJ証券と大和証券で扱われていますが、これって同じものですか?三菱UFJの方ではカナダドルを扱っていないようですがこれってなんか違いがあるんでしょうか?
ご存知の方がいましたら回答よろしくお願いします。

Aベストアンサー

同じものであって、ある通貨を取り扱わないと言うのは品揃えの問題だと思います。

Q外貨MMFの利子

これから外貨MMFをやってみようと思う初心者です。

定期預金の場合の利子は満期日につきますが、外貨MMFの場合は、どのタイミングで利子がつくのでしょうか?

「外貨MMF年利回り」の値を見て、どのような計算方法で利子がつくのか教えてください。

とんちんかんな質問をしているかも知れませんが、宜しくお願いします。

Aベストアンサー

外貨MMFもMMF(monetary mutual fund)の一種ですから、投資信託であり、定期預金とは全くしくみがちがいます。外貨建ての公社債に継続投資をしているわけで、利子ではなく、運用実績に基づいた分配金が毎月(多分月末)外貨建てで分配されます。普通、その分配金は継続的に再投資されていきます。

外貨MMF年利回りは公社債の値動きに伴って変動します。利回りは、だいたい政策金利・短期債利回りに連動します。長期債の債券ファンドとは異なり、主に短期債に投資するのでより安定的な利回りが期待できますが、約束されているわけではありません。

Q大和証券のREIT(不動産投資信託)で世界の町並み

という商品について教えてください。初心者です。仮に100万円で購入した場合にどのように利益がでて、逆にどのように損がでるのか、詳しく教えてください。

Aベストアンサー

 その「世界の町並み」というリートは知りませんが、「リート」であれば、世界の町並みの中の不動産を購入し、賃貸して、家賃や地代(大半は家賃)で経費と配当をまかなう、という仕組みでしょう。

 となれば、次のような事情で利益、損失が出ます。

(1)リートが所有する物件の人気度

 買った不動産(例えばショッピングセンター)を賃借したいという店舗が多くなれば、家賃が上がりますから、配当を増やせます。

 配当が増えれば、それ自体が質問者さんの儲けですし、質問者さんに、「1割増しでいいから売ってくれ」とか言う人が出ますので、口数を売ればさらに儲かります。

 逆に、近くに第ショッピングモールができたりして、店がみんなそっちへ移転してしまえば、家賃がゼロにだってなりかねませんので、配当は出せなくなります。

 配当がでないリートの投資口は、持っていても儲かりませんし、質問者さんが売りたいと思っても買う人がいなくなる(2割引きなら買ってやろう、などと言われる)ので、その分、質問者さんは損をすることになります。

 物件は随時入れ替え(買い換え)ますので、物件を高く売れたか安くしか売れなかったかでも配当は増減します。


(2)為替

 「世界の」と銘打っている以上は、買うとき、売る時、配当の時、3度為替レートが関わってきます。

 例えば、質問者さんが100万円出した時、レートは100円=1ユーロだったとします。

 (厳密には質問者さんが買う前に、リート会社は不動産を買っておくのですが、わかりやすく言うと)リート会社は質問者さんから受け取った円をユーロに換金してユーロ圏の不動産を買うわけです。

 すると、1万ユーロの物件を買うことができます。

 (わかりやすく)投信が解散しようとして物件を売った時、ユーロ大暴落(超円高)で、100円=2ユーロだとします。

 物件そのものは相変わらず1万ユーロで売れたとしますと、50万円にしかならないことになります。50万円しかもどってきません。50万円の損です。

 逆に、100円=0.5ユーロ(ユーロ高、円安)で、物件が同じく1万ユーロで売れたとすると、200万円戻ってきます。

 実際には、手数料などを引かれますので、そんなに単純な話ではないのですけど、ザックリ言うとそうなります。


(3)税金

 たしか、リート会社の投資口数が3社だったか4社に買い占められた場合(口数の過半数を超えた場合?)、税制優遇がなくなります。

 優遇がなくなると、配当が減りますので、人気が無くなって買い手がいなくなりますので、質問者さんが売ろうとすると100万円分の口数が80万になったり、60万になったりします。

(4)その他

 ほかは一般の投信と同じ原因で損得有ります。
 

 その「世界の町並み」というリートは知りませんが、「リート」であれば、世界の町並みの中の不動産を購入し、賃貸して、家賃や地代(大半は家賃)で経費と配当をまかなう、という仕組みでしょう。

 となれば、次のような事情で利益、損失が出ます。

(1)リートが所有する物件の人気度

 買った不動産(例えばショッピングセンター)を賃借したいという店舗が多くなれば、家賃が上がりますから、配当を増やせます。

 配当が増えれば、それ自体が質問者さんの儲けですし、質問者さんに、「1割増しでいいか...続きを読む

Q分配がある投信の定期積立の積立日

年に一回(10月30日)分配がある株式型投資信託の毎月積立を申し込みました。分配後の基準価格は大きく下がります。
この場合、毎月の積立日は月初めにした方が良いと思うんですが、この考えはあってるでしょうか?投資ですが、一応資産価値は上がっていくと考えて申し込んでいます。

Aベストアンサー

あってると思います。
一口あたりの基準価格が低い方が、同じ金額で買える口数が大きいからです。
それに、投信を購入するとき2~3%手数料がかかりますが、基準価格が高いと一口あたりの手数料が相対的に高くなりますので、分配後の基準価格が下がったときを狙って購入する方がお得です。

Qインデックスファンド EFT or 積立て どちらが良いですか?

これから投資信託をはじめたいと思ってます。

質問なのですが
「EFT TOPIX連動型上場投資信託1306」と「三菱UFJ- インデックスファンド225の積立て 」のどちらに投資したら良いのか悩んでます。
コストや売買が手軽なEFTか、積み立てやドルコスト平均法が効きやすい積立て投資信託のほうが良いのか?という感じです。


投資の目的は
・これからの生活・ライフイベントのための積み立て(短期的には5年で1000万)です。
・20代半ばなのである程度のリスクは許容したいです。

今考えている積立て投資プランは

・セゾンバンガードグローバルバランスファンド 4万/月
・三菱UFJ- インデックスファンド225 2万/月
 もしくはEFT TOPIX連動型上場投資信託1306を保有していく
・コモディティ、REITなど(具体的にまだきめてないのでアドバイス頂けたら嬉しいです) 1万/月
・貯金 3万/月 (ある程度たまったらボーナスの余りも含め余裕資金を投資へ)


今手元に遊んでる資金として100万あります。
これも使っていきたいです。


こういった場合、日本株式に投資するにはEFTを保有していくのか積立てなのかどちらが良いのでしょうか?
他にも色々アドバイスお願いします。

これから投資信託をはじめたいと思ってます。

質問なのですが
「EFT TOPIX連動型上場投資信託1306」と「三菱UFJ- インデックスファンド225の積立て 」のどちらに投資したら良いのか悩んでます。
コストや売買が手軽なEFTか、積み立てやドルコスト平均法が効きやすい積立て投資信託のほうが良いのか?という感じです。


投資の目的は
・これからの生活・ライフイベントのための積み立て(短期的には5年で1000万)です。
・20代半ばなのである程度のリスクは許容したいです。

今考えている...続きを読む

Aベストアンサー

9月から東証はETFの売買単位を変更します。1306TOPIX・ETFも100口から10口になります。今まで、ネックであったまとまった資金がないとETFの購入が難しいと言うことは、ほぼなくなります。もっとも、証券会社の売買委託手数料は1306を100口買っても10口買っても105円くらいで同じですから、10口買う場合は手数料の割合が大きくなります。例えば、松井証券のような10万円以下無料のところを使うかどうかです。
ETFを毎月買い付ける場合、自分で指値や成行注文すると思いますが、高いから買わないとか暴落したからどうしようとかの精神的な要素が心配です。
その点、インデックス投信の定額積立なら、否応なしのところがあり、ドルコスト平均法になります。管理は楽かもしれません。

・三菱UFJ- インデックスファンド225は、手数料2.1%ということですが、無料で買えるところを探すか、他のノーロードの同型を使うほうが良いでしょう。無駄なコストは省きましょう。

参考URL:http://www.tse.or.jp/news/200807/080722_b.html

9月から東証はETFの売買単位を変更します。1306TOPIX・ETFも100口から10口になります。今まで、ネックであったまとまった資金がないとETFの購入が難しいと言うことは、ほぼなくなります。もっとも、証券会社の売買委託手数料は1306を100口買っても10口買っても105円くらいで同じですから、10口買う場合は手数料の割合が大きくなります。例えば、松井証券のような10万円以下無料のところを使うかどうかです。
ETFを毎月買い付ける場合、自分で指値や成行注文すると思いますが...続きを読む


人気Q&Aランキング

おすすめ情報