OCN光で最大124,800円おトク!

アイアンウッドと言えば高級家具や高級ウッドデッキやナイフのハンドル部分によく使われていますが、アイアンウッドの中でも種類はあるのですか?

ちなみに、私は刃物を作っており最初にアイアンウッドを見たのは刃物のハンドル用でした。
ハンドル用のアイアンウッドは(デザートアイアンウッド)と呼ばれる物を使っています。見た目は少し渦のある様な物もあるし、比較的木目が真っ直ぐな物もあります。値段も高い(厚さ10ミリ×幅50ミリ×長さ130ミリを2枚セットで4000円程度です)

先ほどホームページで見ていた所、ウッドデッキ用のアイアンウッドが売っており、2000ミリ×20×120位のサイズで2~3000円程度で売っていました。このアイアンウッドは木目が真っ直ぐで見た感じは(普通の木)って感じだったのですが、私の使っているデザートアイアンウッドとは違うのでしょうか?

もし同じならネットで売っていたウッドデッキ用の方が断然安いですよね。
木の部分によって呼び方、価格、見た目等違うのですか?

よろしくお願いします。

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (3件)

こんにちは。



ウッドデッキ用のアイアンウッドはウリンの別称です。ウリンはインドネシアなどに産する南洋木です。

ナイフの柄に使われるアイアンウッドは、別もので砂漠地方の昔の木が長期間埋まっている間に化石化が進んで硬化した古木で、アメリカ・メキシコの砂漠地方で取れるようです。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

ウッドデッキなどに使われているアイアンウッドは生きてるを切って使っているのに対し、ナイフ用など小さくて高級な物に使っているアイアンウッドは時間が経ち硬化したものなのですね。(原産地も違う)

なるほどです。
だからあんなに高いのですかね?!

ありがとうございました。

お礼日時:2006/10/01 13:56

下記回答の追加です。


下記にあげた木材が全て「アイアンウッド」と呼ばれるかは微妙です。
私は総じて「ハードウッド」と呼んでますが。
「非常に硬い」「防腐剤不要(注入する事自体困難)」
という点で同じです。
    • good
    • 0

ウッドデッキ用のアイアンウッドしか知りませんが、


・ジャラ
・ウリン
・イペ
・アマレーロ
・セランガンバツー
があります。
それぞれ色、肌触り(ささくれ)が若干違います。
輸入制限がかかって、入手困難になっているものもあります。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

ホームページではアイアンウッドの事を『ウリン』と書いてありましたが、(逆かな?)もしかして硬くて丈夫な木の事を全部アイアンウッドと呼ぶのですか?

これら、高級木材でも精密な部品として使う場合、やはり経年変化してしまいますよね?(ウッドデッキ用のアイアンウッドは水分などがまだ残っているのでしょうか?)

全く関係ありませんが・・・・
ネットで検索欄に『アイアンウッド』と入れて検索したらゴルフのクラブがいっぱい出てきました。(笑)

ありがとうございました。

お礼日時:2006/10/01 14:08

このQ&Aに関連する人気のQ&A

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Q木の表面を艶のある仕上げにするには

木の根に近い部分の流木を拾ってきました。何の木かは不明です。これを、ピカピカしたツヤのある表面に仕上げて、玄関に置きたいと思い加工したいのです。
全体を洗い、色は、茶色というよりは、灰色っぽい色をしていました。サンドペーパーでひたすら磨き、茶色っぽくなってきました。ここから、ツヤツヤした仕上げにしたいのですが、何か薬品(ワックスかニス)を塗るのでしょうが、どういう加工方法をしたら良いのかわかりません。
ご教授お願いいたします。あまり、お金をかけられないので、安く、出来る方法と、電動工具もないので、手作業でできる方法があればうれしいです。

Aベストアンサー

こんにちは。

流木って、何とも言えぬ味わいがありますよネ。自然が生み出す
造形美は、本当に心に沁みます。

材料・道具も含め、なるべく安価にとのご要望ですので、その
線に沿って考えてみました。

見た目のツヤツヤ感を優先でしたら、他の回答者様と同様クリヤー
ラッカーがお勧めです。できれば刷毛塗りを3~4回程度行った後、
最後にスプレーを施すときれいに仕上がります。

だだ刷毛塗りの場合はラッカーシンナー等の溶剤が必要ですので
(刷毛は百円商品で十分です)、お手軽に済ませる場合はスプレー
のみでもよろしいかと思います。

近年、スプレーラッカーのお値段はかなりお安くなっております。
コスト的にも、一応お勧めです。

なお、刷毛塗り・スプレーともに、
薄塗り→よく乾燥→軽くペーパー掛け→削りかすの除去→次の塗装
という形で進めれば、より一層きれいに仕上がります(ペーパーは
240、320、400位の番手です)。

他方、触感におけるツヤツヤ感をお求めでしたら、ウッドオイルと
いう塗料がお勧めです。

こちらは最初に二回ほど刷毛でたっぷり塗りこみ、その後
オイル塗布→半乾きの状態で耐水ペーパー掛け→ウエスでふき取り
を繰り返す形です。これを何度か行いますと、クリヤーラッカーの
光沢とは対照的な、とても落ち着きのある、しっとりとした艶が
得られます。

木材に油を浸み込ませる形ですので、完全乾燥にはかなりの時間が
必要ですが、ほぼ納得のいく仕上がりに達したら、あとは三日に
一度くらい乾拭きを繰り返します。

当方は主に軍手をはめてゴシゴシしておりますが、古くなった綿の
衣類や靴下でも十分です。これをしばらく続けますと、そのうち木肌
表面がツヤツヤ&さらりとした感触に変わります。

ウッドオイル自体は外国製の高い物もありますが、国産品も安価で
優秀です。ホームセンターの塗料コーナーにたいてい置いてあります
ので、一度是非ともご確認下さい。

長くなって申し訳ないのですが最後に一つ、ラッカー塗装の場合は
換気に十分お気を付け下さい。またオイル塗りの場合は、作業に使用
したウエス類は必ず水を含ませて廃棄して下さい。オイルの容器等に
も注意書きがありますので、そちらもご確認お願い致します。

こんにちは。

流木って、何とも言えぬ味わいがありますよネ。自然が生み出す
造形美は、本当に心に沁みます。

材料・道具も含め、なるべく安価にとのご要望ですので、その
線に沿って考えてみました。

見た目のツヤツヤ感を優先でしたら、他の回答者様と同様クリヤー
ラッカーがお勧めです。できれば刷毛塗りを3~4回程度行った後、
最後にスプレーを施すときれいに仕上がります。

だだ刷毛塗りの場合はラッカーシンナー等の溶剤が必要ですので
(刷毛は百円商品で十分です)、お手軽に済ませる場合はスプレ...続きを読む

QGクリヤー等のゴム系ボンドの綺麗な塗り方

こんにちは。
レザークラフトでも手芸全般でも接着することはあると思うのですが、そこでGクリヤーのボンドを使っています。
しかしながら、綺麗に塗る事ができず、きたなくなってしまいます。

・糸をひくので、他の所にくっつく。
・取ると、素材よっては、跡が薄らと残る。
・はみ出してしまったボンドをすぐに取ろうとすると跡が残る場合もあるので、ある程度固まってから取る。綺麗に取れる場合もあるが、塵とか巻き込んでいる場合、塵がくっついてきたなくなっている。

つまり、全面を綺麗に接着したいのに、糸を引くので縁ぎりぎりの所が塗りにくく、その為には、少しはみ出してしまう。
はみ出してしまうと、上に書いてあるとおり、後の処理が面倒で綺麗になるともかぎりません。

模型をしている人のブログを拝見していて、溶剤で薄めて糸を引かなくする事はできるとわかりました。
しかし、同時に溶剤は蒸発した後は接着がまばらになる場合があるので一長一短とも書いてありました。

木工用ボンドみたいな白いのは、塗りやすいのでヘラでちょちょと塗っているのですが、
Gクリヤーは、糸を引きへらにも、まとわりつくので、塗っている物体をしっかり押さえながら塗ります。
しかし、押さえていると今度は手にGクリヤーがついてしまい、その手で物体をうっかり触ってしまい、汚れてしまう状態です。

どなたか、ゴム系ボンドを簡単に塗れる道具やアイディアはございませんでしょうか?
アドバイスお願いいたします。

こんにちは。
レザークラフトでも手芸全般でも接着することはあると思うのですが、そこでGクリヤーのボンドを使っています。
しかしながら、綺麗に塗る事ができず、きたなくなってしまいます。

・糸をひくので、他の所にくっつく。
・取ると、素材よっては、跡が薄らと残る。
・はみ出してしまったボンドをすぐに取ろうとすると跡が残る場合もあるので、ある程度固まってから取る。綺麗に取れる場合もあるが、塵とか巻き込んでいる場合、塵がくっついてきたなくなっている。

つまり、全面を綺麗に接着したいの...続きを読む

Aベストアンサー

簡単に塗れるというか、170mlには赤いノズルがついてます。
で、その先端を斜めにカットして、直接革に塗り込み。
ベルトなど細長いものに適。
塗り方はこの動画の中ほどの感じで。
http://www.youtube.com/watch?v=5ksifuA--mM

歯科用スケーラーは端や細かい所に。
適度な鋭さの刃先がついているので、
糸が引いたら、革に軽く押し付けてカット。
同様の歯科用ピンセットとのコンビで、
かなりの細かい作業が可能です。

幅が広いところは、使い古しのプラ製のカード。

押さえが必要な時は、両面シリコンのクッキングシートを適当に切って、
接着剤を塗った上に置き、その上に文鎮を置く。
シートの表面はシリコンなので貼り付かず、押さえが利きます。


人気Q&Aランキング