数学者ポリアは、課題解決学習を提唱したそうですが、詳しいことがわからないので、どなたかご存知の方がいらっしゃれば、教えてください。よろしくお願いします。

A 回答 (3件)

ポリア,タージャン,ウッズと言えば,「組み合わせ論入門」ですね.この本の中で,課題を発見的に解き証明する技法について様々な話題から

述べられています.
    • good
    • 0

こういうのもあります。


George Polya「数学の問題の発見的解き方」みすず書房1964
また、ラトカシュ「数学的発見の論理」共立出版1980
もその系譜を汲むものです。
    • good
    • 0

以下の書籍が参考になると思いますが。



G.ポリア『いかにして問題をとくか』(柿内賢信訳)丸善(1954)

この本は、多くの人にとって数学を学ぶ目的は、解答を知らない人生の問題にどのように対処するかという方法を、モデルを通して体験することにある。この本は地味な作りで目立たないですが、問題解決のための方法を詳細な手順に分け整理してくれています。
    • good
    • 0

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!


人気Q&Aランキング