本の速読ができるようになりたく色々と教材を探しています。
しかしどれも数万もするため慎重に選びたく、「これは本当によかった」
と思えた教材を紹介してもらいたく質問させていただきました。
 教材でも著書でもいいのでどうかよろしくお願い致します。

A 回答 (1件)

aihory13さん、こんにちは。


以前似たような質問を見かけ、回答差し上げた経験があります。
参考URLの回答No.2です。
もしよろしかったらご参照ください。

参考URL:http://oshiete1.goo.ne.jp/kotaeru.php3?q=192367
    • good
    • 0

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Q速読教材について、特にSRS速読法

速読教材について、特にSRS速読法

速読教材について興味を持っています。特に、SRS速読法です。
新聞の広告を見ると、すごく皆さん早くなっているのをみてすごいと思います。
もし、この速読法の体験しているか違いましたら、具体的に頭良くなるのか教えていただけないでしょうか?
誰でも、早く読めるのか?マタ、内容は、しっかり分かるようになるのかなどです。
具体的にお願いします。どう読んだら、ここまで読めるのか知りたいです。

Aベストアンサー

SRS速読法の新聞の宣伝を見て関心を持たれたようですが、具体的なことは、何よりも栗田式SRS速読の本部であるSRS研究所のホームページをごらんになったらどうでしょうか(http://www.srs21.com)。そこには2000例以上の具体的な体験談が掲載されています。100例くらいを読めば、ひとりふたりの偏った体験を知るよりも、受講者の全員の傾向がよく分かると思います。その中には従来の読書よりも理解度が上がったとする体験談がたくさん含まれています(これは、従来の読書の理解度が非常に低いものであることを示しています)。最初は、推奨体験談という欄を読まれるとよいと思います。その後は、1200例以上ある大人10倍突破体験談集を読まれてはと思います。面倒であれば、タイトルだけでもよいと思います。タイトルをクリックすると、より詳細な内容が書かれています。10倍突破率は97%ですが、受講者1000年以上の具体的な速読倍率の分布は、「SRS速読の本質と12の特徴」という論文を見ると記載してあります。どう読んだらいいのか、ということは、そのホームページのトップに概略が書いてあるので、それだけでもヒントになるのではないでしょうか。具体的には、心身の六領域を活性化した上で、「音の読書」(=従来の読書)から、「光の読書」(=5000字/分以上の読書)に移行させることになります。その際に、多くの人は、自力で行おうとすると、「落とし穴」に陥りがちですから、講習でそこをしっかりと避けながら前進することが大事になります(どんな落とし穴があるかに関しても、トップページに書いてあります)。

参考URL:http://www.srs21.com

SRS速読法の新聞の宣伝を見て関心を持たれたようですが、具体的なことは、何よりも栗田式SRS速読の本部であるSRS研究所のホームページをごらんになったらどうでしょうか(http://www.srs21.com)。そこには2000例以上の具体的な体験談が掲載されています。100例くらいを読めば、ひとりふたりの偏った体験を知るよりも、受講者の全員の傾向がよく分かると思います。その中には従来の読書よりも理解度が上がったとする体験談がたくさん含まれています(これは、従来の読書の理解度が非常に低いものであることを示し...続きを読む

Q本当に速読は誰にでも習得が可能なのか

速読について、質問なのですが、よく謳い文句で「速読は誰にでもできる」とありますが、本当に訓練すれば誰でもできるようになるのでしょうか。
いろいろ調べてみると、器用な人は本だけでも習得できるし、逆に不器用な人は教室でマンツーマンで訓練しても、習得することはないということが書いてありましたが、実際はどうなのでしょうか。
特に実際に速読の訓練を経て、それをある程度習得された方、また逆に訓練したけど、伸びずに挫折されたことのある方からの意見が聞きたいです。

Aベストアンサー

教室でも体験レッスンというのがありましたが、サンプルは考え方が違うんです。
あくまでもジョイント式速読の効果を体感してもらおうというものです。

自動車を運転してるとして高速道路から一般道に下りたらすごくゆっくりに見えるという感覚を読書で再現するために、高速で動く文字や記号を見続けてから普通に読んだら速度が上がっていたという実験です。
これは本当に倍以上の速度になるんですよ。
本人は同じ速度で読んでるつもりなのに。
この実験は10分もあったらできます。

しかしこれは高速道路の場合と同じで一般道に下りてしばらくしたら高速の感覚は消えてしまうものなんです。
高速道路から下りた感覚をずっと保つためには練習時間が必要です。
それに次に練習する時はもっとスピードが上がらないといけないのですから。
いつまでも最初に練習した時のスピードでは話になりません。

毎日練習しないでください。週に一回で十分です。
次に練習するまでの間は少し速読を意識しながら読書をしてたら衰えることはありません。
逆に毎日練習してたら脳が休まらないから上達しないのです。
練習は脳に凄い負荷を与えるわけですから休養が必要です。

ジョイント式速読の考えでは右脳は左脳がついてこれなくなったら自然に動き出すというものです。
右脳を活性化させるために左手でページめくりの練習をするというのはありますが。

ちなみに私の時は教室レッスンは90分でしたが今は60分になってるみたいですね。
効率よくできる方法が開発されたのでしょう。

教室でも体験レッスンというのがありましたが、サンプルは考え方が違うんです。
あくまでもジョイント式速読の効果を体感してもらおうというものです。

自動車を運転してるとして高速道路から一般道に下りたらすごくゆっくりに見えるという感覚を読書で再現するために、高速で動く文字や記号を見続けてから普通に読んだら速度が上がっていたという実験です。
これは本当に倍以上の速度になるんですよ。
本人は同じ速度で読んでるつもりなのに。
この実験は10分もあったらできます。

しかしこれは高速道...続きを読む

Q禅宗でいう「大悟徹底している」人は今でも本当にいるのですか?

禅宗に詳しい方教えてください。平成の今現在生きている方で、いわゆる「大悟徹底している」といわれている人は、日本に何人位いるのでしょうか?またそのうち本を出している人で代表的な人は誰々ですか?(過去の鈴木大拙や久松真一とか言うような人の本を読んでいると、本当にそんな人だろうなと素人(?)にも感じられます。しかし最近角川文庫の禅宗の本や日経新聞の履歴書なども読んだのですが、そこで書いている人は現在の禅宗のトップにいる人だと思うのですが、生意気なようですが何か関心の置き所が細かい字義であったり、二義的としか思えない禅文化のことばかりしか触れてなかったりで、大役を担っている人のわざわざ書くようなことかと少しがっかりし、かつ不遜にも、もしかしたらそんな人でもまだ路途上で、自分の見性体験はまだ人に伝えたくなるような自信がないのではないかとまで思ってしまったものですから。)

Aベストアンサー

私は禅宗に詳しい人です。
いろいろ調べましたが、大悟徹底している人は、
日本に317人いました。

…と言って、信じられますか?

あなたが、ある人を、大悟徹底している人だと思ったとき、
それは大悟徹底している人です。
逆にあなたがそう思う人がいないなら、
日本に大悟徹底している人はいないのです。

ちなみに、私が大悟していると思うのは、
赤瀬川源平氏、それといしいひさいち氏です。
もしかすると彼らは大悟していないかもしれないのですが、
それは別にどうでもいいのです。

Q文系出身者でもSEやプログラマーになれるでしょうか? 私は春で高2になる男子です。 しかし、将来の

文系出身者でもSEやプログラマーになれるでしょうか?

私は春で高2になる男子です。
しかし、将来の夢やしたいことが見つかりません。唯一したいなと思ったのが先程書かせてもらったSEやプログラマーでした。
ですが、この前考えついたことで、進路が文系で決まっています。
SEやプログラマーは理系が多いと聞きました。
果たして文系からでもSEやプログラマーになれるのでしょうか?

Aベストアンサー

小さいですが、システム開発関連の会社の役員です。

慣れるか慣れないかでいえば、SEにはなれますよ。
ただ、SEとしての採用枠に入れるかは、あなた次第だと思います。

私の会社では、どうしても即戦力および短期で即戦力となれる人材しか採用していません。ですので、基本的にIT系の専門学校の新卒かIT系での職歴を持っている人ですね。

世の中の数多くの会社は、中小零細企業と言われています。中小企業や零細企業には、大企業のような研修にかける費用も時間も用意が難しいものです。そのため、最低限の研修としていきなり現場でOJTとなることもあります。ですので、文系と書かれていますが、SEの基礎となるようなものを独学で学び評価をされるように資格取得を目指したり、文系の進学先に行きながらIT系の専門学校の通信や夜間で学ばれていくなども必要かもしれません。

社会人経験のない学生の中には、仕事で必要な研修は会社が行ってくれるのが当然と考えている人もいますが、そうではない場合も多いとご理解ください。そして、研修体制が整っているような大きな会社への応募は、ライバルが多いため、何かしら有利に立つものが必要でしょう。

私の会社では、文系の大学を卒業後にIT系の専門学校にさらに通った学歴で採用した人もいます。大学等を途中でやめ、IT系の大学や専門学校へ移籍されて卒業してくる人もいます。人生いろいろですよ。

小さいですが、システム開発関連の会社の役員です。

慣れるか慣れないかでいえば、SEにはなれますよ。
ただ、SEとしての採用枠に入れるかは、あなた次第だと思います。

私の会社では、どうしても即戦力および短期で即戦力となれる人材しか採用していません。ですので、基本的にIT系の専門学校の新卒かIT系での職歴を持っている人ですね。

世の中の数多くの会社は、中小零細企業と言われています。中小企業や零細企業には、大企業のような研修にかける費用も時間も用意が難しいものです。そのため、最低...続きを読む

QPeck,R.C.の老年期に関する著書を探してます

ペックは、エリクソンが分けた発達段階では、老年期についてまとめすぎていると批判し、新たに老年期の発達段階を3つに分けたということは、教科書などから知ることができました。しかし、どういった考えのもと、このように分けたのかについては、教科書には載っていませんでした。ペックの訳本について検索をかけてみましたが、ヒットせず、参考になる文献が見つからない状態です。
ペックの理論について詳しく記載されている著書がございましたら、紹介していただけないでしょうか?
自力で英訳するのは、私の力量不足ではありますが少し厳しいので、できれば日本語で書かれた著書を紹介していただければありがたいです。
お心当たりがございましたら、回答の方よろしくお願いいたします。

Aベストアンサー

http://www.colere.co.jp/booksearch/xml/602.xml
第8章2(3)

http://www.kyorin-u.ac.jp/univ/user/general_policy/kitajima/02resume/koureisyanojinkaku.htm
こちらも参考に

「ペック 老年期」で検索しました。


人気Q&Aランキング

おすすめ情報