G.W.に旅行の予定があります。
ツアーなのですが1人で参加するので不安な面が多々あるので以下のことについて
ご存知の方がいらっしゃいましたら教えてください。

1.言語について
本によってこの3都市の主なところでは英語が通じるとか、ドイツ語なら通じるとか
いろいろ書いてあるのですが実際のところどうなのでしょう?
2.食事について
昼・夜の食事は全てツアーに含まれていません。
1人でも気軽に入れそうなレストランはありますか?

よろしくお願いします。

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (3件)

1.言語について



ウィーンはオーストリアですから、母語がドイツ語です。

プラハはチェコですが、第二次大戦までドイツの支配下にあったため、年輩者でもドイツ語をしゃべれる人が多く、ドイツ・オーストリアと国境を接しているため、若い人でもドイツ語をしゃべれる人が多いです。
また、ドイツからの観光客も多いので、観光客を相手にする人たちは間違いなくドイツ語ができます。

ブタペストはオーストリア(ハプスブルク王朝)がハンガリーも統治していた(オーストリア=ハンガリー帝国)ため、やはり現在でもドイツ語ができる人が多いです。
ドイツ人の観光客が多いので、観光客を相手にする人たちは間違いなくドイツ語ができます。

また、ウイーンもプラハもブタペストも世界的な観光地のため、英語も通じます。
私はこの中ではウイーンしか行ったことがありませんが、相手が日本人とみるやいなや、こちらがドイツ語でしゃべっても英語で返してくるほどです。
友人がプラハ・ブタペストへ行きましたが、全部ドイツ語で間に合ったと言っていました。

一般人レベルでは、プラハ・ブタペストの場合は英語よりドイツ語の方が得意だと思います。
ウイーンも、母語がドイツ語ですから、英語よりドイツ語の方が得意です。
また、ウイーンは近隣諸国から出稼ぎに来ている人も多いので(観光客相手の職業も然り)、そういう人たちは英語よりもドイツ語の方ができるという人が多いです。


2.食事について

高級な所には一人で入るのはマナー的に無理かもしれませんが、大衆的なレストランなら一人でも入れます。
雰囲気的に、マナーを重んじそうな高級な所さえ避ければ、一人で入っても大丈夫でしょう。
私は、ウイーンに一人で行きましたが、大衆・観光客向けのレストランや、ファーストフード(Nord See というシーフードのファーストフード店がお気に入りです。ウイーンに限らず色々なところにあります。)で食べました。
ファーストフードでテイクアウトして、スーパーでジュースを買って町中や公園のベンチで食べたりもしました。この方が安くすむし、時間も節約できるので。
日本と違って、町中にベンチがたくさんあり、そこで何か食べていても誰も気にしないところがいいですね。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

ありがとうございます!
とても参考になりました。
少しドイツ語を勉強して旅行に旅行に望みたいと思います。

お礼日時:2002/04/02 17:45

ウィーン・プラハ・ブダペストのいずれにも旅行したことがあります。



1。ウィーンはドイツ語の都市ですから、ドイツ語ができれば文句無しです。日本からの観光客が多いので、ホテルなどには日本語の注意書きも見かけます。
プラハ・ブダペストでは、ご自身が旅行なさるのが、主な観光地だけであれば、簡単な英語・ドイツ語で通用すると思いますが、もし地方都市へ行ったり、都市の中心部から離れたら、だんだん通じる人が減っていくと思われます。
プラハやブダペストでは、ドイツ語を話す人も英語を話す人もいますが、市民全員が話せるわけではありません。ガイドブックは、「外国語を使うなら、英語かドイツ語が通じやすい」というニュアンスで書いてあります。
向こうもこちらが観光客だとわかっていますから、
簡単な買い物、道案内程度なら英語やドイツ語、ジェスチャーで十分間に合うことでしょう。

ちなみに、わたしが好きなプラハの町では、若い店員さんは英語ができることが多いです。
プラハ以外のボヘミア(ドイツに近い)の都市では、町中ではドイツ語がほとんど通じます。

2。わたしも一人旅をよくしますが、泊まっているホテルのレストランなら利用しやすいように思います。ツアーだったら、ご一緒に旅行するメンバーで集まって食事できたりするのでは。

よいご旅行を。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

ありがとうございます。
貴重なご意見参考にさせていただきます。

お礼日時:2002/04/02 17:54

以前チェコ国境に近いドイツに約2年滞在した時、近かったプラハにも行きましたが、新聞やカード程度だけの通りの小さなキオスクの人さえ5か国語位話せたのには驚きました。



私が感じたのは、一般的には東側や小国の方が、どこの外国人にもせめて紙やテープで対応できるような工夫があるようで、使用言語に関係なく外国人に親切な気がしました。東欧では観光案内所に多いのは英語かフランス語でドイツ語は無い国もありましたから、英語で最低限話せれば問題ないと思います。

食事、どこかのレストランに入ってやっぱり無理そうだったら、ファーストフードは必ずありますよ。がんばって挑戦する気があっても、ちょっと言葉が不安だったら、ガイドブックなどで食べたい料理など調べておいて、その名前を英語+ドイツ語でメモして行ったら?自分が食べたく無いモノも分かってると便利です。泊まるホテルやそのすぐ近くにもレストランはあるはずなので、ホテルの人に聞いてお薦めを頼むのもいいかも。
私自信は、たくさんあるメニューを見ると読むのも面倒だし、どれにするかまようので(笑)「魚料理でお薦めは?」とか聞いてしまいます。

日本のビールに近い種類のビールはもともとチェコの辺りから来たそうです。ビール好きだったら、pilsnerタイプのビールは必ず飲んで下さい。白ビール(ドイツ語ではWeiss Bier)も日本では少ないし、私は好きでした。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

ドイツに住んでいたなんてすごいですね。
ドイツ語って難しいですよね~
以前ドイツ語に挑戦したこともありましたが
難しくて断念しました・・・
ドイツ語圏に旅行に行くとはその頃は思わなかったし。
だったらもっと勉強しておくべきだったと思います。
これからまたちょっと復習して最低限旅行に必要なくらいは
身につけていこうと思います。
ありがとうございました。

お礼日時:2002/04/02 17:52

このQ&Aに関連する人気のQ&A

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Qウィーンへの初の海外旅行で完全個人手配をどう思いますか?

初めての海外旅行を計画しています。行き先はウィーンで、音楽に関係する観光をぜひしてみたいと思っています。ウィーンにある文化・芸術にじっくりふれたいのと、あとは予算的なことからすべて個人で手配しようかと検討中ですが、経験者の方から見ると安全面でどう思われますか?もし、あまりに無謀であればツアーに変更して日程を少なくすることで費用を抑えようかと思っています。

・初めての海外旅行です。ウィーンは治安が良いほうだと聞きました。
・私は30代男性で、カップルで行きます。
・同伴の女性は海外旅行経験は豊富(10回ぐらい)ですが、すべて添乗員同行のツアーで、英語も全くダメです。
・私は語学力(英語)はほとんどありません。学生時代にまじめに勉強はしていましたので、辞書があれば問題はありませんが、実力はTOEIC400点程度です。オーストリアは英語表示が少ないと聞きました。
・飛行機の経験も少なく、沖縄に3度ほど行っただけです。
・宿泊ホテルは安くなくてもよいので安心できるところを選びたいと考えています。

ぜひよろしくお願いします。

Aベストアンサー

お二人で行かれるのでしたら、値段的なことで言うと
ホテル&エアーのみのフリーツアーで行くほうが割安です。

こういった形のツアーにしても個人手配にしても結局は現地では
全くのフリーですので、観光する為には自分で地下鉄やトラムに乗らなければならないし
ホテルのチェックイン、チェックアウトもご自身で行なわなければならないこともしばしばです。
なので完全な個人手配よりももう少し楽チンできるフリーツアーをオススメします。
(どうせ現地では悪戦苦闘しなくちゃいけないんですから)

わたしはプラン作りも好きだし、旅が大好きなので個人旅行のほうが多いですけど
男性のほうが海外初めてとなると、多分失敗して彼女にヘタなところを
見せたくないという気持ちもおありかもしれません。
もしそうだとしたら、すこしでもご自身の不安事(負担)を減らす為には
ホテルとエアー、それに空港ーホテル間の送迎も基本的にセットになっているフリーツアーのほうがベストです。
初海外旅行で皆さん不安に思う最初の事柄の一つに
「空港からホテルまでどうやって行けばいいのか?」
というのが出てきます。
同行者さんも添乗員付きツアーしか参加したことがないのでしたら
まず上記の事柄はご存じないはずですから。

それから現地でですが、フリーツアーの場合は緊急時以外のお手伝いは基本的にはないと思います。
オプショナルツアーの参加の有無は現地ガイドさんからこういうのがありますみたいな
パンフレットはいただけると思いますのでその場で決めて申し込むこともできます。
それからクレジットカードをお持ちであれば、現地のカードデスクに
足を運んでそこでいろいろなツアーの申し込みやレストランの予約も
してもらえます。JCBカードはヨーロッパでは使えるお店自体は
少ないほうなんですが、カードデスクの人はけっこうよくしてくれますので
時々わたしも利用しています。
VISAカードは発行するカード会社によってはレストランの予約代行などは
してもらえないカードデスクもあるのであまりお勧めはしません。

言語に関してですが、ウィーンはどこででもといっていいくらい
英語が通じるのであまり心配は要りません。彼らの話す英語も
とても聞き取りやすいことが多いですし。
ただ英語は読めても会話をしたことのない人は聞き取りが大変だと思います。
これは実践で慣れるしかないんですけどね。
地下鉄やお店では確かにドイツ語表記が主ですが、これは逆に英語で
書いてあるよりはいいです。なぜなら地名や駅名を英語でトラムの
運転手さんとか街行く人に聞いても???となることもありますので
そういう言葉は書かれているドイツ語で伝えるほうが伝わりやすいです。

治安に関してですが、初めてヨーロッパに行く人や初海外という人に
してみれば日本とは全然違う雰囲気なので安全なほうだと言ってみても
ピンとこないと思います。
わたしはヨーロッパは16カ国行きましたけど、どの国でもスリや強盗
置き引き、犯罪に巻き込まれた経験がないので、ウィーンに関しても
一人旅しててもすごく安全な街という印象しか残っていませんが
日本のように夜遅くに歩き回っていても安全とは言えません。
冬にかけて行かれるのでしたら、サマータイムが終わると
日照時間も短く、午後4時ごろには真っ暗になります。
そうなるとエリアによっては人出もぐんと減ります。

基本的には、ブランド物を身につけて歩かないこと。
財布は二つ用意し、その日使う分だけの現金しかいれておかない。
お二人いるので一つずつ分散して持てますよね。
今からの時期ですとコートを羽織るので、肩掛けかばん(小さい物)を
コートの中にかけて外からはコートで見えないようにする。
ウエストポーチはオススメしません。
そこに貴重品が入ってますというのを知らせているようなものですから。
洋服はシンプルに。
靴は歩きやすさ、疲れにくさ、そしてレストランにも入れるように
レザーシューズをオススメします。
オペラやクラシックコンサートにも行かれるようですので
一足で観光も観劇にも使えるようなものがいいですね。

http://www.rakuten.co.jp/mb/105411/464220/1900600/#1480139
↑のようなタイプの物だとどちらにも大丈夫そうです。
雪が降っていたらアウトですけどね^^;

わたしがウィーンで行った、モーツァルトオーケストラ(昔の貴族の格好をしたオーケストラ)
は観光客向けではありましたが、かなり本格的なもので来ていた人達も
ドレス姿にタキシードの方もいました。
でも夏だったので基本的にはカジュアルなドレスアップをされた人のほうが多かったですけど。

ホテルですが、ツアーで使われる3~4つ星だとメルキュール系が
不便が少なくて、なおかつヨーロッパらしい内装のお部屋があるので
いいのではないでしょうか?
メルキュールはヨーロッパ系チェーンホテルです。
利便性の良いエリアにあると思うんですが、時々中心部から離れたところに
あったりもしますのでgoogleなどで詳しい場所を調べておいたほうがいいです。
アメリカ系ホテルは機能的ですが、ロマンチックさには欠けます。
でも日本人ツアー客にはヨーロッパ系よりもアメリカ系ホテルのほうが人気のようです。

3つ星くらいだとスタンダードルームにはバスタブがありません。
ヨーロッパのホテルは基本バスタブがないことのほうが多いので
バスタブ付きなのかどうかのチェックも必要です。
ヨーロッパのホテルは朝ごはん付きのところが普通です。

食事ですが、
あ、・・・今、気が付きましたけどほとんど他の方の回答と同じになってますね(汗)
ま、重複しますがよかったらお読みください。

ウィンナーシュニッツェル・薄っぺらいトンカツです、レモンを絞って食べます。おいしいです♪
ザッハートルテ・ホテルザッハーのが本家ですが、はっきり言うと不味いです。
80年か100年か忘れましたが、その当時のレシピそのままなので
わたしたち日本人の口には合いづらいでしょう。
ザッハーカフェもホテルも上級クラスという趣で、優雅な気分にはなります。
でも勝手にチップ込みでお金を取られ、おつりを返してくれなかった
ウェイターがいたのでウェイターのレベルは高くありません。
多分日本人相手に何度もああいうことをしている可能性大です。
後にも先にもここだけです、あんなことしてきたのは!もし行くなら気をつけてくださいね。
(後でちゃんとおつりは返してもらいましたが、本当に良いウェイターはそういうことはしないのです)

NORDSEE(ノルドゼー)・ ドイツのチェーン系フィッシュレストラン
オーストリアにも多数あり、気軽に食事できてけっこうおいしい。
ショーケースの中の魚料理を選んでつけあわせを選んでセットでいくらみたいなシステム。
10ユーロあればおいしく食べられる。ワインも飲めます。

あとは基本、ドイツ料理みたいな肉料理が多いです。
ケバブスタンドやホットドッグスタンドも地元の人には人気。
日本食、中華レストランとかもけっこう多くあります。

最後にチップですが、ヨーロッパのホテルではチップは必要ありません。
食事時は置いても置かなくてもかまいません。
アメリカみたいに義務ではないので。ご自身が良いサービスを受けたなと思えば
食事代金の10%くらいを目安に置けばいいです。
30ユーロくらいかかった場合なら2~3ユーロくらい。
小銭がなければ1ユーロだけでもいいと思います。
支払いをして席を立つ時にテーブルの上においてくるだけでOK。
カフェでお茶を飲んだ時は、コーヒーのカップソーサーに10~20セントくらい置けば大丈夫。
置かなくても一向に構いませんのであまり気になさらず。
わたしはメニューを見ていろいろ質問したり、話をしたりすることが
多いのでそういう時にちゃんと対応してくれたり、食べている時や
食べ終わった時に「気に入りましたか?おいしかったですか?」と
客の反応をちゃんと見てくれるようなレストランの場合はチップを置いています。

ウィーンは本当にいいところでしたので、ぜひステキな思い出を作ってきてくださいね☆
シシィ関係の観光施設はめちゃ良かったですよ、オススメです♪

お二人で行かれるのでしたら、値段的なことで言うと
ホテル&エアーのみのフリーツアーで行くほうが割安です。

こういった形のツアーにしても個人手配にしても結局は現地では
全くのフリーですので、観光する為には自分で地下鉄やトラムに乗らなければならないし
ホテルのチェックイン、チェックアウトもご自身で行なわなければならないこともしばしばです。
なので完全な個人手配よりももう少し楽チンできるフリーツアーをオススメします。
(どうせ現地では悪戦苦闘しなくちゃいけないんですから)

...続きを読む

Qウィーンを拠点に日帰り観光をするとしたら、プラハとブダペストのどちら?

来週からウィーンへ観光旅行へ行きます。往復の航空券とホテル以外は完全フリープランというツアーを申し込んだため、ウィーンにあるホテルへ5泊する予定になっているのですが、そのうち1日は、周辺諸国へ行きたいと考えています。そこで、プラハかブダペストを考えているのですが、どちらが良いでしょうか?

ブダペストのほうが距離は近いので行きやすいと思うのですが、プラハのほうが美しいという噂も聞きます。早朝出発で、ウィーンへ帰って来るのは夜遅くでもかまわないと思っているのですが、アドバイスをいただけたら幸いです。

よろしくお願いします。

Aベストアンサー

こんにちは!

「どちらがいいか?」をお話しする前に、まず大事なことから伝えなければなりません。


今、ハンガリー国鉄はストライキのため、正常の運転ができてない状態らしいです。
このため現状では、残念ながらブダペスト行きはおすすめできません。


で、仮にハンガリー国鉄が正常運転に戻ったらの話として進めさせていただきますが、、、


どちらがいいかとなれば、やはりブダペストがいいと思います。

単に「どちらの街がいいか」という質問自体ならば甲乙付けがたいのですが、ウィーンからの日帰りとなると、どうしても所要時間&滞在時間を考えなければならないと思います。

参考までに列車の時刻をご紹介させて頂きます。

★プラハ往復
ウィーン南駅→プラハ・ホレショヴィチェ駅
6:58→11:29

プラハ・ホレショヴィチェ駅→ウィーン南駅
16:30→21:02
17:30→22:02


★ブダペスト往復

ウィーン西駅→ブダペスト東駅
7:05→10:19
8:25→11:34
9:50→12:49

ブダペスト東駅→ウィーン西駅
17:05→20:08
18:05→21:05
19:05→22:08
20:10→23:08

この辺りの列車が適当かと思われます。
どれも予約された方がいいと思います。
(一部は予約義務)


あと、ウィーン、ブダペスト、そしてプラハ、乗る駅、ご注意ください。

特にプラハの駅、中央駅ではありません。
郊外のホレショヴィチェ駅からです。
地下鉄で中心街まで行けますが、そこまで20~30分の余裕を見たほうがいいと思います。

となると、プラハでの滞在時間は最大5時間あるかないか。
これだとお城と中心街の散歩だけで終わりそうですね。
レストランで食事をされるとなると一箇所で終わるかも。。。

一方、ブダペストだと、中心のドナウ川辺りまでは10分15分程度で地下鉄で着くし、滞在時間も最大9時間以上取れます。
最終列車で帰るなら、ドナウの真珠とも呼ばれるドナウ川の夜景を見れますよ!

ハンガリー国鉄次第になると思われますが、どちらを周られるにしろ、楽しい旅行をされることを願ってます。

よいご旅行を!

こんにちは!

「どちらがいいか?」をお話しする前に、まず大事なことから伝えなければなりません。


今、ハンガリー国鉄はストライキのため、正常の運転ができてない状態らしいです。
このため現状では、残念ながらブダペスト行きはおすすめできません。


で、仮にハンガリー国鉄が正常運転に戻ったらの話として進めさせていただきますが、、、


どちらがいいかとなれば、やはりブダペストがいいと思います。

単に「どちらの街がいいか」という質問自体ならば甲乙付けがたいのですが、ウィー...続きを読む

Qウィーンに1年住むとしたら、英語?ドイツ語?

1年半後、もしかしたら仕事で1年間ウィーンに赴任することになるかもしれません。(24年春に決定します。)
国際機関での仕事のため、そちらは英語で問題ないのですが、生活するに当たり、ドイツ語をどの程度勉強したらよいのか、英語の方に力を入れた方がよいのか、悩んでいます。
ウィーンのドイツ語はなまりがあること、みなさん英語もわかると言うことなので、普通のドイツ語を学ぶより、英語を一生懸命勉強した方がよいのかなと思っていたりします。
(けれど、挨拶等のドイツ語の必要最小限は勉強する予定です。)

現在、英語の能力は、TOEFLで65点です。(勉強開始後5ヶ月)
ドイツ語は0です。

こんな私の場合、この1年半は、英語に全力を注ぐべきか、数ヶ月はドイツ語をやるべきかアドバイスをいただけますと幸いです。

以上、よろしくお願いします。

Aベストアンサー

「ウィーンは英語も通じる」という観念は観光客に対することで、そこに数ヶ月以上住んで、衣食住を普通のアパートに住んでするには、ドイツ語は必須です。 例えば、スーパーに陳列されている品物のほとんどが、ドイツ語だったり、店員は英語が通じなかったりします。
また、日本人は日本に来ている外国人を見て、『日本語が出来ないのは当たり前。』と、思いますが、ドイツ語圏の国民性として、『ドイツ語圏に住んでいるのに何でドイツ語を話さないのか?』と、思うのが普通です。 多少の文法や冠詞の間違えなど、気にせず、ドイツ語を話した方が、生活をする上で、日々の人間関係が楽になるのは確かです。 ドイツ語が多少でもしゃべれれば、人との距離は縮まりますし、人と付き合いが増えれば、それだけドイツ語の知識は増えますし、人間関係もスムーズに行きます。 これが、もし、英語しかしゃべれなければ、何ヵ月後にはホームシックになったり、部屋に閉じこもったりする様な状態にもなりかねません。

英語とドイツ語は大変似ているので、今しゃべれる英語のフレーズをドイツ語に訳したり、単語帳を日本語/英語/ドイツ語の3欄で勉強すると、ただドイツ語を勉強するよりスムーズにドイツ語を身につけることが出来ますし、英語も今より理解できるようになると思います。 また、時間があったら、ゲーテ・インスティトゥートなどの学校に通われることをお勧めします。
ゲーテのA1やA2の教科書のフレーズは丸暗記することをお勧めします。B2までで、ほとんどの文法が終わり、B2を終えた頃には、日常会話にはほとんど困らなくなります。

ドイツ語圏には方言が多いですが、それでも皆、学校では標準語で教育されているので、分からなければ聞き返せばいいことです。

「ウィーンは英語も通じる」という観念は観光客に対することで、そこに数ヶ月以上住んで、衣食住を普通のアパートに住んでするには、ドイツ語は必須です。 例えば、スーパーに陳列されている品物のほとんどが、ドイツ語だったり、店員は英語が通じなかったりします。
また、日本人は日本に来ている外国人を見て、『日本語が出来ないのは当たり前。』と、思いますが、ドイツ語圏の国民性として、『ドイツ語圏に住んでいるのに何でドイツ語を話さないのか?』と、思うのが普通です。 多少の文法や冠詞の間違えなど...続きを読む

Qドイツ語のヨーロッパでの通用度

ドイツ語はヨーロッパではどの程度通用するのでしょうか?
今ドイツ語学んでいて、ドイツ語は思ったよりも通用度が高いと聞きます。
以下の国の状況を教えて下さい。以下の国で通用する?という噂を聞いたことがあります。
実際どうなのかどうか以下の点を考慮の上、わかる範囲で結構ですので教えて頂けると助かります

(1)繁華街ではどうか
(2)地方ではどうか
(3)理解出来る層とその人間は結構いるか(経験上の憶測でも構いません)
(4)標準ドイツ語(TVや新聞とかで用いられるドイツ語)が通じるか

◆北欧

ノルウェー
フィンランド
スウェーデン
デンマーク

◆中欧

スイス
ベルギー
ルクセンブルク
オーストリア
チェコ
ポーランド

◆東欧

ブルガリア
バルト三国
など

Aベストアンサー

ドイツ語は、かなり通じます。
上に書いてある国で通じないのは、ベルギー、ルクセンブルク、ブルガリア、バルト三国くらいです。

しかし、ヨーロッパで、ドイツ語が話せて、英語が話せない人と言うのは、低レベルの教育しか受けていない(ヨーロッパでは、一部の大学の授業は、英語で行われ、英検二級くらいの英語が話せないと、高卒できないので、出来ないやつは、中卒の知能と思って過言ではない。)ので、外国で文化の交換をしたり、自分が学んだりするには、適しません。滞在が短いと気づかないことも多いのですが、その分時間を損したと思っても、過言ではないでしょう。だから、英語をきちんと勉強して、ドイツ語も話せる人とは、ドイツ語でも話すことにした方が、ある程度、知識や文化のある方たちとお友達になることが出来ると思います。


人気Q&Aランキング