宗教の「無」って何ですか?

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (3件)

私的には「すべての根源なるもの」であり、「すべてを包含するもの」と解釈をしています。


言い換えれば「悟り」というものです。「悟りの境地に達する」という言葉は、ですから「すべての根源なるものに行き着いた」と解釈できるのではないでしょうか。

坐禅をするときには、まず、意識の表層に存在する、あらゆる思念を取り払っていきます。一つずつ、ゆっくりと取り払っていきます。やがて、どうしても取り払うことのできないものが出てきます。意識上での、自分という「存在」です。しかしこれは、他と自分とを分けるための存在ではなくて、花も石ころも、すべてが私と同じ存在なんだ、という意味での「存在」です。私が石ころでも不思議ではないし、石ころが私であってもおかしくはない。つまり、森羅万象あらゆるものが「存在」というたった一つのものから生成されていることを、その瞬間に知る。ある人は、その瞬間のことを「宇宙を体験した」と表現しています。
 このような意識状態に至ることを「無」の境地、または「悟り」の境地に至ると言います。仏教の経典はすべて、この状態に至るまでの方法論を記したものなのです。
 もちろん、俗人である私は、そのような体験をしたことはありませんが。
    • good
    • 0

真言宗の弘法大師曰く、「無について説明すること自体おこがましいこと」だそうです。

口で説明できる次元ではなく、口にした時点で話として成立しなくなるそうです。
ならばどうすれば良いかというと、曰く、感じるものだそうです。石につまずいて悟った者もいれば、夕方、雷を聞いて悟った者もいるということです。宗派によって「無」の解釈は全く違います。
この話は、弘法大師を祭っている親戚の方より聞いたお話です。
雑文でしたが、お聞きくださり有難うございました。
    • good
    • 0

仏教でいうところの「無」は欲望を取り去った後の境地です。

要は欲がなければ不安がなくなるといったところでしょうか。
有名な「般若心経」は「空」について解いてある経典です。この「空」は「無」と同じ意味を持ちます。この日本語経典は訳がわからないと思うので、英訳経典の日本語訳を読むと判りやすい日本語になります。

これをここに書き込むのは疲れるので、補足要求があった場合のみ書き込みます。(できれば書きたくない。。。)

余談:
湯川秀樹博士が中間子理論を打ち立てるのに、ベースにしたのが仏教の精神で、それは般若心経の中の一節「色即是空」につながってるとか。
ただし新しい物理学上の発見をするために今から仏教経典を読むのは愚の骨頂。(^^;
    • good
    • 0

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

関連するカテゴリからQ&Aを探す

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Q【宗教】「幢幡」とは「マーラに勝利した旗を表します」 マーラって何ですか?

【宗教】「幢幡」とは「マーラに勝利した旗を表します」

マーラって何ですか?

Aベストアンサー

男性性器のことを「まら」漢字で書くと魔羅と言います。もちろんフニャチンではなく怒張した性器を魔羅というにふさわしいですが。
この魔羅こそが「マーラ」で・・・っていうか、魔羅の語源が「マーラ」です。
マーラは釈迦が悟りを開く禅定に入った時に、瞑想を妨げるために現れたとされる魔神でいわば煩悩のことで、男性精器=煩悩の象徴ってことですね。

Q「無目的」「水」「エントロピー」「生命」の関係は?

「(物質は)無目的」「水(の中の有機物が勝手に細胞膜のような組織を作ること)」「エントロピー(秩序/混沌、?)」「生命(の誕生?)」の関係は?

哲学的な目線でお答え頂けるとありがたいです。

Aベストアンサー

生物の体は増大してくるエントロピーを環境へ排出することによって自分のエントロピーは増加させないようにしている。このために水は不可欠でしょう。

Q「幸福論」「正義論」って何ですか

高校1年男子です。

突然ですが
「幸福論」「正義論」って何ですか。

事情がありまして、これらの言葉の
意味を知りたいです。

お願いします。

Aベストアンサー

単純に答えるなら、
「幸福論」…“幸福とは何か”という問題への答え
「正義論」…“正義とは何か”という問題への答え
ですね。

どちらも哲学・倫理学の問題として古くから論じられてきました。(正義論は社会学でも問題になったりします)
でも、学者じゃない一般人でも、例えばある人は「金がたくさんあることが幸福だ」と言うだろうし、またある人は「愛する人と一緒にいられることが幸福だ」と言うだろうし、人それぞれの幸福論がありますよね。
正義についても同様だと思います。

どちらも身近な哲学的問題ですね。

Q「宗教」や「信仰心」があるのは人間だけですか?

カテ違いならすいません。
「宗教」や「信仰心」があるのは人間だけですか?
犬やチンパンジーなどには「信仰心」などはありますか?
人間しかそのような能力はありませんか?

Aベストアンサー

(=^・^=)
こんばんは。
宗教心・信仰心は無いそうです。
近所の野良猫に聞きましたので確かです。ハイ

Q宗教を信じておられる方は、何を根拠に宗教を信じておられるのですか。

宗教を信じておられる方は、何を根拠に宗教を信じておられるのですか。
また科学との折り合いをどのようにつけておられますか。

例えば死後3日たったキリストが復活したとか。

むかーし、「エホバの証人」の信者さんがうちにきて見せてくれたパンフレットには
墓からたくさんの人が蘇ってでてくる様が描いてありました。

そのような話をいかにして信じるに至ったのでしょうか。

「知性の犠牲を強いることである。」と武部宗彦さんはおっしゃっていますが。

Aベストアンサー

たくさん、ありがとうございます。まず、先のお礼の中から・・

>・・宗教は比較しないで選ぶことができるのかが⇒もう1度回答を読んでいただきたいのですが、したのですよ。そして、こうして関心を持ち続けて時間が過ぎると、他の宗教の方の話も耳に入りますしね。

>永遠の命⇒現在生まれて生きて死にますが、死ななければどうでしょう?そのためにはそうできる体、環境いりますね。人間の体はそうできる可能性をもつ、自己更新ができる物質なのです。これを神が創造されたと学ぶのです。人形じゃありません。考え、判断できる脳もそうです。それを使い環境を整えます。永遠に生きられないから憧れから崇拝にまで高められたのかもしれませんが、永遠の命じたいは思考・観念・将来は事実であって、自ら何かできるわけでもありません。聖書の基準でいくとこれを崇拝はまちがいとなります。

>聖書は神ですか。
それは不完全なる人間が書いたものであって神ではないのではないでしょうか⇒「聖書全体は神の霊感を受けたもので・・」テモテ第二3章16節。神が人間に書かせたものです。神ご自身は見えません。どこにでもあるエネルギーのようなものでもありません。(詳しいことは割愛しています)

補足の中から・・

>武部宗彦さんのイエス双子説・・・・教団の人たちだけではないでしょうか。⇒イエスが双子なら聖書にそうあってもいいはずと思いました。何を根拠にその説が出たのかはわかりませんが、タイムスリップできないので、どちらも(復活も武部さんの説も)直接確認できない、ならば現在、確認できることから検証しようという事です。

>a・・・繋ぐことはできません。⇒聖書そのもののデータと復活の話を直接は結び付けられません。科学的に元素やら分子構造やらから復活を検証したい(つまり、No.9のmmkyさんの回答に近い)をご希望ならここでは書きませんが、証人の組織はそれらを考慮した書籍はありますよ。別に証人の本でなくても科学者の人が学ぶような難しい本でもtakotakoqさんはチョイスできますね。というか、これが真に尋ねたかったことだったのですか・・

補足として、いえる事はそこまで知らなくてもお母さんのお腹の中で赤ちゃんが育って出てくるという事実(結果)は多くの人は現実知ることができます。このことをお母さんはいちいちお腹の外から指示する事はできず、ここがわかれみちでしょうが、知力・判断力の働かない偶然では(自分は)できないと思います。

知らない過去にいけない以上、絶対確実なのは、将来の復活のある時代をtakotakoqさんが目撃する事です。

騙すためにはそれなりの得が騙す方にあるわけですが、自分がtakotakoqさんを騙して何も得はないことはお伝えしておきたいです。忘れたことも多いですが、takotakoqさんがいうように疑問は昔、自分にもあったと思いますよ。疑問をもつ事が悪いのではなく、疑問をどこから解決するのか、答えに対してどのような態度で臨むのかが重要だと思っています。

「言葉の使い方がなっていない点については」・・自分はさほど気になりませんでした。自分のほうこそ、このような機会をもうけていただいて感謝しております。

たくさん、ありがとうございます。まず、先のお礼の中から・・

>・・宗教は比較しないで選ぶことができるのかが⇒もう1度回答を読んでいただきたいのですが、したのですよ。そして、こうして関心を持ち続けて時間が過ぎると、他の宗教の方の話も耳に入りますしね。

>永遠の命⇒現在生まれて生きて死にますが、死ななければどうでしょう?そのためにはそうできる体、環境いりますね。人間の体はそうできる可能性をもつ、自己更新ができる物質なのです。これを神が創造されたと学ぶのです。人形じゃありません。...続きを読む


人気Q&Aランキング

おすすめ情報