良い医者を探す前に、自分自身がよい患者でなければ行けないと思われますが、
医者に好かれるよい患者の条件とはなんでしょう?
薄々感じるのは、すなおに聞くこと、健康知識をひけらかさないこと、疑わないことなどでしょうか?
専門家の方よろしくおねがいします。

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (10件)

うーん、難しい御質問ですね。


しかも、shu_s先生が僕の言いたい事を既に言った後のようですし・・・。
二番煎じになってしまうけど許して下さいね。
さて、良い患者について話す前に「良い患者」の定義が難しいですよね。ppooooさんの考えておられる良い患者とは医師から見て付合いやすい(言葉は悪いですがある意味御しやすい)患者を想定しておられるように感じます。
しかし、医師から見た良い患者とはそうでは無く良い治療結果を導ける確率のより高い医師ー患者関係を築きやすい患者と言えると思います。(患者が良くなる事が目標な訳ですから・・・)
それはお互いに信頼できる関係とも言えるでしょう。表面上納得もしていないのに「すなおで疑わない」態度をとる方は明らかに無理をしていますし信頼もしていない訳です。こういう方は一見よさそうに見えますが治療とはとんとん拍子に良くなって行く訳では無くどちらかと言うと階段状に良くなって行く物なので停滞する時期が必ずある物なのですがそう言った時に不満が爆発して薬を飲んでくれなかったり治療に必要な行為を拒否したりする事がままあります。そういった状態が続けば結果も思わしく無い方向に向かってしまうので「良い患者」とは言えないでしょう。
分からない事は聞き自分で納得するという段階を経ないと良い医師ー患者関係は築けません。
また「健康知識をひけらかす」という点については医学部6年間の教育を受けその後も先進の医療に付いて学習を続けている医師にひけらかす事のできる健康知識とはいかなるレベルの知識であるかを良く考えて下さい。一般の多くの方がひけらかしている健康知識とはテレビで見たとか怪し気な本で読んだとか統計的に優位差が証明されていない物やかなり特殊な事例に付いての知識である事が殆どです。本当に知識のある方はむしろ大歓迎ですよ。話をしてもこちらの考えている治療が納得できる物である事を始めからある程度理解されていますしかなり専門的な説明も出来ますから・・・。一番困るのは偏った知識を金科玉条のごとく信じてしまって客観的な数字などを示しても納得されない方ですね。いわゆる中途半端な医学知識の普及の弊害です。特にテレビや新聞の医療関係の記事は医師からみると単なる「荒らし」や「煽り」に近いものが多いですからあれをそのまま信じている人は対応に苦慮する事がありますよ。
また御自分が病気なのはすぐに治さない医者のせいだと考えているとしか思えないような方も対応が難しいです。医師とは病気が治るように手助けする役割であって本当に治すのは自分自身であるので病気を直視せず常に誰かのせいにしている様なタイプの方は明らかに回復が遅い印象を持っています。
さて長くなりましたが端的に言うとお互いに「良く話し合えるパートナー」が良い患者であり良い医師であると思います。
最後に、患者が良くなる事が医師の喜びです。そのために時には強い態度で指導したりする事もありますがお互いよく話し合えば分かる物です。分からないまま身を預けるような態度は明らかに無理をしているし結果が思わしくなくなる確率の方が高いと思います。本当の意味での「良い患者」となられる事をお勧めします。
ちょっと脈絡のない文章になりましたがお許し下さい。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

ありがとうございます。
私が最近かかった医者は薬をだすことしか考えていないようで全く信用ができません。
薬は一時しのぎでしかないことぐらい、患者でもわかるというものですが、不審な点だらけです。
健康知識に関しては、さすがに医者と医学の知識で勝負するきなど全くありませんが、信用できるかどうかの基準はやはりテレビなどの情報が元だと考えています。
すなおさだけではダメという意見はとても新鮮でした。

お礼日時:2002/04/07 14:53

患者さんが来られた時には、ご存知のように


1.問診、2.診察、3.説明及び検査予定等があります。
3.においての問題はこれまでの方が、格調高く沢山回答されていますので特に付け加える事はありません。

1.、2.に関して一臨床医の気持ち(愚痴)を回答します。
以下医師と患者さんの会話

医師A「どうされました ?」
患者さんB「調子悪いから来たんです。」(良く判らないな・・・)
A「どのように調子が悪いのですか ?」
B「だから、胸が苦しいんです。」
A「いつ頃からですか」
B「ちょっと前からです。」(これも判らないなー)
A「ちょっと前とはいつ頃のことですか」
B「だから息子が結婚した頃からです。」(それって何時か全く判らない。時間が長くなりそう。次の患者さんがイライラしているだろうなー・・・)

No.8のruneeさんの書かれた様に、事前にまとめておいて頂けると本当に助かります。

診察の時には、若い女性で診察をさせていただけない方、ボディースーツを着ていて診察が出来ない方、十二単のような大変衣服の脱着に時間のかかる方などは、少しご配慮を頂きたいと思っています。

以上、臨床医の愚痴でした。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

ありがとうございます。
ついでながら、私も患者の愚痴を^^;
患者「これこれの具合いが悪いんです」
医者「いい薬ありますよ」
患者「薬以外の方法はないものですかねー?お金もかかるし」
医者「最近の薬はいいですよ」
患者「これこれの症状もあるんです」
医者「ああ、それも最近いい薬が出てますよ」
患者「(薬を出すことしか考えていないの?)」
張り合うつもりはありませんのでご容赦を^^;

お礼日時:2002/04/07 14:58

たまに会う医師の知人に同じようなことを聞いた事があります。



その方が言うには:

(1)健康診断などで、健康な状態を主治医に把握してもらう。(そうすると、病気になった時に診断しやすいようです。)

又、病気で困った時だけ来る患者よりも、(別に困っていないけど)健康な時にも顔を見せる(遊びに行くと言う意味ではありません。健康診断で訪れるという意味です。)患者の方が、単に人として好感を覚えると、「その人」は言っていました。

(2)自分の症状を、医師を訪れる前にメモにして、実際に医師に診断される際、少しでも簡単・明瞭に症状を伝える。そして、質問も優先順位から先に要領良く聞くことで、短時間で多くの事を処理すること。

お互いに忙しいのだから、前もって必要事項だけを医師に聞ける体制でいれば、医師の方も対処しやすいからだと思います。

こうして考えてみると、コミュニケーションを円滑にするように工夫をすれば自然と相手に好印象を持ってもらえると言う事ではないでしょうか。

ちなみに、この知人は私の主治医ではありません。自分の主治医にこのような事を聞いた事はないのですが、この2つの教えをいつも守っているので、主治医とのコミュニケーションは今の所上手くいっています。

この回答への補足

ありがとうございました。
良い医者を求める以前に患者自身が嫌われない患者であることは重要とのことです。(家庭の医学より)

ごかいとうありがとうございました。

補足日時:2002/04/01 17:59
    • good
    • 0

一般人ですが,麻酔科の医師をしている友人から聞いたことがあります。


彼が言う「良い患者」とは,自分から病気や怪我と戦おうとする患者だそうです。
患者本人が治ろうとしないうちは,医師が何をしても無駄になることが多いと言っていました。
まぁ,彼は麻酔科ですから,手術を要する大病や大怪我をした人を診ることが多いのでこう言う言葉が出てきたのだと思います。

痛いなら痛いと素直に言う(症状も隠すことなく話してください。何処をぶつけたなどなど,きちんと言わないと危険なこともありますからね)
医師の説明は素直に耳を傾ける
医師の指導は素直に聞く
その上で疑問があればきちんと質問する
場合によっては別の医師の診察設けてみる
TVなどから仕入れた情報がいつも正しいとは考えないこと(参考にする程度って言うことです)

まだ,あるような気がしますが,こんなところで・・・。

補足:「その上で疑問があればきちんと質問する」について
患者本人が医師の治療方法に疑問を持ってしまうと,治るものも治らないことだってあります。
手術前などは特にそうだそうですよ。
例えくだらないなぁと思えるような質問(例えば「飯はいつから食えるようになるのか?」など)でも不安を残さないようにするのがベストです。
不安があると場合によっては手術中などに幻覚を見ることもあるようです。
    • good
    • 0

『好かれようが嫌われようが医者としての勤めをはたしてもらわないと困ります。


これはその通りなんですが、
同様に『すかれようが嫌われようが規定の医療をしさえすればいいのんか?』という話につながってしまうので…
もっとも『包む患者』は『嫌われる』方に入るように思いますがいかがでしょうか諸氏?

お聞きになられているのは精神的な協力関係になれる…ということだと思いますので、その観点で書き込めば、
『患者さんは1人ではない』ことを理解している。
『医師は絶対ではない』ことを了解している。
その上でともに協力して病気を克服しようと努力する患者さんということでしょう。
例えば、同じ面談希望でも
なるべく他の患者さんの時間に影響を与えない時間帯を選ぶ。
医師が判らないことがあれば調べたり専門家に委ねることも理解をする。思い込みの自己治療にに医師の保証を求めないなどなど…でしょう。
結局常識から外れていなければそれでいいことになってしまいますね。
私個人の見解を書けば
『謙虚に現状を受け入れて、冷静に判断する態度』でしょうか…これって医者も同じことなんですよ。
ppooooさんがかかれたことも当然入りますが、患者さんだけでなく医師(医療者)側にも当然言えることです。
    • good
    • 0

「治そう」という意思を持つ「努力」ができることじゃないでしょうか。


とはいえ、病状などによっては前向きになれないときがあって当然、ということも出てくると思います。
一概には難しいと思いますが、かなり偏った意見だと思われても、
結果的には「命を絶たないこと」だと思ってます。
それに「治そう」という意思がプラスされれば、もっと病状の経過的にもよいと思いますが…。
特に「好かれる」と考える必要はないのでは?
そもそも医師の立場にとって「好きな患者だから最大の治療をする」というものではないと思いますし。
専門家でもない、一般人の意見です。
    • good
    • 0

一般人ですが…



わからないところはハッキリ聞くと良いと思います。
「あ、一生懸命知ろうとしてるんだな」って思えば、
お医者さんも説明する気が起きると思いませんか?


ただ訴えるだけではなく、直そうという姿勢が大事では?

私は近所のお医者さんで、
「どうされました?」という問いに
「風邪です」と答えたら、笑われてしまいました。
たしかに…風邪だなんて、まだ診てもいないのに…。

あと薬学部の友人が、すごく細かい細胞や組織の名前を出しながら、
「ここはこうなってこう…ってことですよね?」
と先手をとってまくしたてたら、
あまり良い顔はされなかったとのことです。
    • good
    • 0

ppoooo さん こんにちは



医者に好かれるというこの一文が気にかかります。インフォームドコンセントを徹底しない医者に対して、色々と質問すれば嫌われるでしょう。

よい患者とは自分の病気を理解し、医者に納得できるまで質問する人です。医者に媚売っても仕方がありません。患者は医学的知識が無い弱者です。

●すなおに聞くこと、健康知識をひけらかさないこと、疑わないことなどでしょうか?

素直に聞くことは良いですが、疑うことは必要です。といいましても疑ってかかれと申してるわけではありません。疑い疑問に思えば医者に聞き返すことが重要ですし、それを口にできるのが良い患者でしょう。

つまり、医者に丸投げするのでなく、自分もその病気を理解し、医者と共に治療していくと認識できる人が良い患者でしょうね。ちなみに私はわかるまで何でも聞きます。それが弱者である患者(私自身を守るすべだからです)私の主治医がとてもよい医者でインフォームドコンセントをしっかり行ってくれます。

それでは
    • good
    • 0

 私も#1の方と同じことを考えました。

なんで、いい患者でなければならないのか?

 
    • good
    • 0

なぜ良い患者にならないといけないのでしょうか?


好かれようが嫌われようが医者としての勤めをはたしてもらわないと困ります。
どうしても好かれたいと思うなら、いくらか包んでお持ちすればいかがでしょう。
それを受け取る医者は、あまり良い医者とは思えませんが・・・。
    • good
    • 0

このQ&Aに関連する人気のQ&A

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Qアルバムに貼るかわいいイラストを探しています

アルバムに吹き出しや春夏秋冬それぞれのイラストなどを貼ってかわいくしたいのですが、学校のプリントで使われるようなイラストしか見つけられず・・・

どなたかかわいいイラスト知りませんか??

Aベストアンサー

Word・Excelなど、Microsoft Officeのテンプレートは、結構使えるものが多いですよ。

http://office.microsoft.com/ja-jp/templates/

Q外来患者としてお医者様に好かれるためには・・・

表現がイマイチ適切ではないかも知れないのですが、大きな規模の病院を受診する場合、嫌な思いをすることがないように色々皆様から意見を伺いたいと思います。以前、とても嫌な思いをしました。宜しくお願いします。

Aベストアンサー

医者に好かれることよりも、信頼関係を築くことを考えましょう。
病人が健康な(はずの)医師に気を遣ったり、好かれるよう努力する必要はありません。

まず、ご自分の症状や悩みをきちんと説明できるよう、受診前にメモを取る、経過や発症の仕方など、ご自分で解ることをまとめておいてください。そして何が一番問題で不安なのかを考えておいてください。ちなみに問題が次第に変化することはよくありますから、受診のの都度医師に伝えてください。

その理由ですが、医師に症状を話すうちにどんどん話がづれたり、話があちこち飛んでしまう方がいますが、誤診のもとです。また、伝えたかったことを忘れて一度診察が終わり、会計後に再度診察を求める方がいますが、事務にも医師にも嫌がられる原因となります。

次に、周囲の意見やテレビなどで得た知識、友人や親類の無責任なコメントを信じたり、ご自分で勝手に自己診断して病気や治療を決めつけたり、勝手に検査や希望の薬などを求めない方が良いです。

この理由も誤診のもとだからです。ご自分で情報収集するのは宜しいのですが、判断はしないことです。中には医者が決めることだと怒る方もいるでしょう。医師は自分の診断パターンをそれぞれ持っています。

医師ー患者信頼関係は信じるところから始まります。最近はマスコミの誇大報道や医療事故報道で医師への信頼感が薄れていますが、ほとんどの医師はまじめに働いています。医師の方でもその患者はすぐ訴えそうな問題を起こしそうな患者かどうかを判断しています。お互いがまず疑いありきでは信頼関係は築けません。とりあえず医師を信頼し、その診断に従い、説明を十分受け、納得するよう努めましょう。

もし、診察室に入ったときには、お願いしますとか、こんにちはと声を掛けてください。挨拶は何より大切です。このとき、返事をしなかったり、診察中も異常を感じたら、早くに医師を替えましょう。もし、看護師が親切なら、事情を話して診察日を替え、医師を替えることも必要です。医師の中には駄目な医師がいることも否定しません。

医者に好かれることよりも、信頼関係を築くことを考えましょう。
病人が健康な(はずの)医師に気を遣ったり、好かれるよう努力する必要はありません。

まず、ご自分の症状や悩みをきちんと説明できるよう、受診前にメモを取る、経過や発症の仕方など、ご自分で解ることをまとめておいてください。そして何が一番問題で不安なのかを考えておいてください。ちなみに問題が次第に変化することはよくありますから、受診のの都度医師に伝えてください。

その理由ですが、医師に症状を話すうちにどんどん話がづ...続きを読む

Qかわいい女の子のイラスト素材集(もしくは書いてくれる人)

かわいい女の子のイラストを探してます。

サンプルがなく説明しずらいですが、
風俗求人誌やバイト雑誌に使われているような、
かわいいアニメ調のイラストが希望です。

広告やwebに掲載したいので、
フリーでもかまいませんが、
イラストレータなどでのデータ化していればベストです。

ネットで素材集やリンク先をめぐってみましたが、
納得するものがなく。
イラスト書きを請け負っていただける方でもいいのですが・・・

イラスト集の入手方法や手配方法を、
なにかご存知の方いらっしゃればよろしくお願いいたします。

使用環境は、
WinXPで、
Illustrator 9・10 です。
前にそんなイラストレータ素材を見たことがあるので、
どこかにあるかとはおもうですが・・・

Aベストアンサー

こんにちは。

ここでは「人探し・求人」は残念ながら出来ないのですよ…。
私は、実際かけますが(プロです)、だからと言ってどうやって連絡取るのでしょう?個人同士での連絡は取れない規約です。

では、キャラクターの素材集のサイトをご紹介します。
http://www.dex.ne.jp/mantan/frame.cgi?rtn=3&tmptype=/mantan/search/std2_search_redirecter.jhtml&channel=10&db=d&ldtype=t&n_list=12&ctgptn=1&ctg=10171214

ここの素材は有名で、あちこちでよく使われています(女の子のイラストでなくても)。
会員になれば、DLし放題ですので、一度ごらんになってみてください。

参考URL:http://www.dex.ne.jp/mantan/frame.cgi?rtn=3&tmptype=/mantan/search/std2_search_redirecter.jhtml&channel=10&db=d&ldtype=t

こんにちは。

ここでは「人探し・求人」は残念ながら出来ないのですよ…。
私は、実際かけますが(プロです)、だからと言ってどうやって連絡取るのでしょう?個人同士での連絡は取れない規約です。

では、キャラクターの素材集のサイトをご紹介します。
http://www.dex.ne.jp/mantan/frame.cgi?rtn=3&tmptype=/mantan/search/std2_search_redirecter.jhtml&channel=10&db=d&ldtype=t&n_list=12&ctgptn=1&ctg=10171214

ここの素材は有名で、あちこちでよく使われています(女の子のイラストでなくても)...続きを読む

Q医者が患者に説明しない病院

母が総合病院に入院しました。健康診断で肝機能ほぼ全て基準値の10倍、及びγGTPが2000。

初日担当医の先生に受診後10日経ってもその後検査ばかりで一度も病棟に来ないと、母が私に苦情を漏らしていましたので、TELにてナースにその旨伝えると「先生は今日は出張中で明日しか帰りません」と言われました。

そうするとなんとその一時間後に先生が来られ、その後毎日来てるそうです。(何?この対応)

また、その医師から病名の告知もなく「γGTPが1000になったら退院しましょう」と言われたらしいです。

ウイルス性肝炎、肝癌etcの所見がなく単なるアルコール性の肝障害で、自覚他覚所見もなければ自宅静養及び専門医(心療内科etc)での通院で可能と言うのは熟知していますが、何の告知もなく素人の母が「γGTPが1000」と言う異常値でなぜ退院なのか?不安がってました。

インフォームドコンセント不十分なこの医師に頭にきた私は再度病院にTELしましたが、先生不在。「病名も言わずにどういうことか?私の携帯に電話をくれ」旨伝えたところ。次の日、親切丁寧にその医師が母に病名とγGTPが1000でも退院できる理由を述べたらしいです。

更に頭に来るのが、病院から重症な患者の家族ならTELすることもあるが、軽症な患者の家族にはTELしません。と言われました。

私が病院にTELしましたので、先生は病棟に来るようになった。また病名を告知した、肝機能が異常でも退院できる旨を母に告げた。頭にきてます。私が行動を起こさなければ病院は何もしないし説明もしない。

ちなみに見舞いに行けない遠隔地に入院してますのでTELでのやり取りです。このような患者、家族へのインフォームドコンセントがなされていない病院?????

電話の内容ですと、この共産党系の病院は、遠隔地にいる家族に(病院になかなか行けない)症状の説明はしないと、とれます。

どう思われますか?

母が総合病院に入院しました。健康診断で肝機能ほぼ全て基準値の10倍、及びγGTPが2000。

初日担当医の先生に受診後10日経ってもその後検査ばかりで一度も病棟に来ないと、母が私に苦情を漏らしていましたので、TELにてナースにその旨伝えると「先生は今日は出張中で明日しか帰りません」と言われました。

そうするとなんとその一時間後に先生が来られ、その後毎日来てるそうです。(何?この対応)

また、その医師から病名の告知もなく「γGTPが1000になったら退院しましょう」と言われたらしいです。...続きを読む

Aベストアンサー

10mbさんのおっしゃることは同情できる部分もあるようですね。
たしかに、おっしゃることが確かであれば、少なくとも主治医は患者本人(この場合お母様)へは病状をきちんと説明するべきでしょうね。
この点に関してはこの医師に改善すべき点があるように思われます(文面からはすでに改善されているようですね)。

しかし、患者さんの家族へ病状説明をするのは、患者さんが急変した時と、家族から病状を聞かれ説明することを患者が同意する場合のみに行うもので、この点に関してはこの医師に問題は無いと考えます。
特に電話で病状を説明することはよっぽどの場合を除いては、無いと思います。
その理由の一つは、いくら電話で家族だと言われても本当にそうかどうか確認のしようがないからです。
赤の他人にうっかり病状を説明してしまっては、後で患者や家族に訴えられるのは医師の方ですから。
たとえば、末期癌など不治の病だった場合にそれを伝えたことで、本人に内緒で、生命保険に加入されていたりしては問題でしょう?

家族なんだから説明ぐらいしてくれ!と言う10mbさんのご主張も一見ごもっとものようにと思われますが、しかし一番の前提として、病気は患者本人のものであると思います。
医師の最低限すべき仕事とは、その医師の持つ知識を総動員して、患者の状態を把握すること、そしてそれを情報として患者本人へ伝えること、さらにはその医師が知りうる最上(最適)の治療を患者へ勧め、患者の選択した治療法を正確に遂行することだと思います。
心の支えももちろん重要です。
そう言う意味で患者の家族が支えになることは間違いありませんが、やはり電話など患者不在の状況で、病状を他人(この場合本人以外と言う意味ですので、家族も含めて他人)に説明することは、むしろ良いこととは思いません。

やはり本当に病状をお聞きになりたいのでしたら、医師から患者へきちんとわかりやすい説明をしてもらい、それを患者から教えてもらえば良いだけのことで、どうしても10mbさんが医師からお伺いになりたいのでしたら、患者さんの元へ行き本人同席のもと、医師から説明をしてもらうのが筋ではないでしょうか?

何の病気か分かりかねますが(文面からではアルコール性肝障害でしょうか?)、心から心配されているからこそ病状を聞きたいのだろうと思います。
でしたら遠方であっても患者さんのお見舞いに行かれては如何ですか?
人の命がいつまで続くかは医師にだって分かりません。
今回の病気がアルコール性肝障害で改善傾向にあったとしても、入院中に絶対に死なないと言う保証は誰にもできません。
お見舞いに行かれれば患者さんも喜ぶでしょうし、アルコール性肝障害であれば、アルコールを断つと言う治療に前向きに取り組むよう励ましてあげる事もできます。
まさにこういった励ましは医師や看護婦なんかよりもよっぽど家族の存在が重要だと思われます。
なぜアルコール性肝障害になったのかお聞きになりましたか?

以上、独りぼっちで入退院され、お見舞いもない患者さんをよく診る一医師からのコメントでした。

ちなみに私は共産党員ではありませんが、あえてこの言葉を使われた理由は何でしょう?
趣旨と全く関係が無いように思いますが。

10mbさんのおっしゃることは同情できる部分もあるようですね。
たしかに、おっしゃることが確かであれば、少なくとも主治医は患者本人(この場合お母様)へは病状をきちんと説明するべきでしょうね。
この点に関してはこの医師に改善すべき点があるように思われます(文面からはすでに改善されているようですね)。

しかし、患者さんの家族へ病状説明をするのは、患者さんが急変した時と、家族から病状を聞かれ説明することを患者が同意する場合のみに行うもので、この点に関してはこの医師に問題は無いと考...続きを読む

Qこのかわいいイラストの画家サンを教えてください☆

このかわいいイラストの画家サンを教えてください☆

Aベストアンサー

これわたしももってまーす^^
Brian Wildsmithさんですよ^^

Q医者と患者の関係って・・・

先日、某総合病院の泌尿器科に行きました。結果は毛じらみでた。受付でどこの診療科目に行けばよいか確認し泌尿器科に行きました。診療室に入り(女医に事情を説明し)看護婦にベットに寝るよう指示があり患部を見ますと言ってズボンとパンツを一緒に下ろされました。女医と看護婦が話ながら診察をし女医は「シラミじゃないのって」言いデスクに戻りました。その後看護婦は検査の為剃毛しますとカーテン半開きのまま中央部のみ剃りました。剃っている間「手伝いまーす」っていいながらカーテンの左横に他の看護婦の気配もあり、右横では他の看護婦が覗きながらカーテンを閉めました。剃毛が終わると「○○ちゃん、あれ持ってきてー」とまた、別の看護婦を呼んでいるのです。終始その状態でした。あげくに女医は、検査は時間の無駄だから、シラミの薬を受付でもらって」で、終わりました。何の為の剃毛だったんでしょ。診察室入ってから下半身をずっと異性の前で出してて、とても時間が長く感じました。結果的に毛じらみだったので、バカにされたのか?(性的感染では、ないです)半分愚痴ですみません。総合病院より個人病院の方がいいのですか?こういう時の対応ってどうすれば、いいのでしょうか。

先日、某総合病院の泌尿器科に行きました。結果は毛じらみでた。受付でどこの診療科目に行けばよいか確認し泌尿器科に行きました。診療室に入り(女医に事情を説明し)看護婦にベットに寝るよう指示があり患部を見ますと言ってズボンとパンツを一緒に下ろされました。女医と看護婦が話ながら診察をし女医は「シラミじゃないのって」言いデスクに戻りました。その後看護婦は検査の為剃毛しますとカーテン半開きのまま中央部のみ剃りました。剃っている間「手伝いまーす」っていいながらカーテンの左横に他の看護婦...続きを読む

Aベストアンサー

剃毛に付いてですが、毛があることで治りが悪くなるのでは
ないでしょうか?陰毛や体毛があると清潔が保ちにくいのは確かだと
思います。
それと、説明と同意(インフォームドコンセント)で、その治療の
説明がはっきりされなかったことはあると思います。
確かに説明不足では
ありますが、何故剃るのかはその場で聞いた方がいいと思います。

それからカーテンを半開きにする事に関してですが、逆に締め切った
密室を作ると中でセクハラされたとか言われることがあるようです。
実際にはセクハラ防止の為に半開きで他人から監視できる環境を
作るところもあるそうです。

但し、ここで言う他人とは医療従事者であり他の患者さんが覗けると言う
事ではありません。

Qかわいいイラスト

入場券とか整理券とか商品引換券の一部に入れられるようなかわいいイラストのダウンロードできるサイトを教えてください。
ついでに、窓枠もあったら教えてください。

Aベストアンサー

んーーー。「かわいい」と思うかどーかは個人によって色々だから、ご自身で検索されたほうが手っ取り早いと思います☆

私、いいサイト知ってるんです~♪

良かったら、参考URLのサイトを1度覗いてみてください。「画像専門のサーチエンジン」なんですが、よくある素材屋リンク集みたいなのじゃなく、画像そのものを検索できるので、とっても重宝します。^^

ここだったら、yasichanさんが気に入る画風のイラストも、きっと見つかるんじゃないかと思います。

P.S:えと。「窓枠」っていうのは、意味が分かりませんでした。(自爆)

参考URL:http://www.ran.co.jp/Sozai/html/Sozai.html

Q何度も通院し、何度も聞く患者は医者にとって迷惑?

心配性の為か、ちょっと具合が悪くなったりするとすぐ通院してしまう癖(?)があります。
通院しても、「異常なし」と言われることも度々です。
通院すると、聞きたいことが山ほどあるので、色んな事をあれやこれやと聞いてしまいます。
街医者とはいえ、忙しい病院なのですが‥‥
通院しても、異常なし。あれやこれやと聞いてくる患者。
医者にとっては迷惑なのでしょうか?
「ったくまた来たよ‥‥。どうせ異常無いくせに‥‥」と医者に思われていないかと思い、通院する事に、少々後ろめたさを感じてしまいます(笑)。

どうなのでしょう?
医者にとって、迷惑&嫌な患者ってどんな患者ですか?

Aベストアンサー

いろいろ聞いてくる患者さんや、何かある度に来院してくれる患者さんをどう思うかですが、
基本的に「信頼してくれている」訳ですから、先生にとっては嬉しいものです。
慕ってくれる というか、信じてついて来てくださる患者さんには、出来る限りお役に立ちたいと思うのが普通だと思います。

ただ、忙しい時だと、きちんと納得いくまで説明してあげられない「自分自身に」腹が立つ事もありますよね。

嫌な患者さんというと、「医療関係者に任せておけば治る」と思っている方ですかね。(「先生にお任せします」なんて仰る方も嫌いです。権利主体としての自覚を持って欲しいです。)

些細だと思っていたモノが、重い病気の発見に結び付く事例はよくあります。ですので「どうせ異常無いくせに…」と思うDr.はいないと思います。

同じ事を毎日訴えたり聞きに来るとか、頻度があまりにも多い場合には、その患者さんを「精神疾患の疑いあり」と捉えます。つまり「病気である」と。
ですから「迷惑だ」と思うことは無いのではないでしょうか?

考え方は「個人の人間性」によって全く違います。「この忙しいのに…」と感じる医師も少数いるかもしれません。

でも普通、忙しいときには、各患者さんの訴えがどうこうではなく、もっと単純に、数をこなすこと自体を「大変だぁ!」と思っているだけです。

乱文ですが、とりあえず少しでもご参考になれば幸いです。

いろいろ聞いてくる患者さんや、何かある度に来院してくれる患者さんをどう思うかですが、
基本的に「信頼してくれている」訳ですから、先生にとっては嬉しいものです。
慕ってくれる というか、信じてついて来てくださる患者さんには、出来る限りお役に立ちたいと思うのが普通だと思います。

ただ、忙しい時だと、きちんと納得いくまで説明してあげられない「自分自身に」腹が立つ事もありますよね。

嫌な患者さんというと、「医療関係者に任せておけば治る」と思っている方ですかね。(「先生にお任せ...続きを読む

Q結婚式の招待状用のかわいいイラストのあるサイト

結婚式の招待状用のかわいいイラストのあるサイトしっているかた教えてください。

Aベストアンサー

http://www.maruai.jp/pri/
http://www.templatebank.com/

有名なところだったら
この辺でしょうか。。。

過去に似たような質問がいくつかあったので参考までにどうぞ。

参考URL:http://oshiete1.goo.ne.jp/kotaeru.php3?q=246467

Q一人前の医者になるには患者の犠牲も必要でしょうか

厳しいタイトルですが、純粋に疑問に思ったので質問させて下さい。

工学にしろスポーツにしろ、
技術を身につけるには未熟な状態からの訓練が必要で、
数多くの手術をこなしプロとして活躍されている医者の先生にも、
医者の卵として未熟だった時期はあると思います。

工学の場合、ミスを犯しても金銭的損失のみで済みますが、
人体となるとミスによっては取り返しのつかない場合もあると思いますし、
「もしも熟練した先生がやっていれば・・・」と耐え難いストレスとなると思います。

医者不足が叫ばれる現在、下積み時代の未熟な医者はプロの先生から万全のサポートを受け、
納得のいく実力がつくまで安全に訓練できる環境が整っているのでしょうか。
それとも、医者を目指す以上は技術的に未熟な状態から患者の犠牲を乗り越えて腕を磨くことは避けられないことであり、
自分の心を痛めつつも、そういった責任を背負ってプロへと育っていくものなのでしょうか。 

Aベストアンサー

君、医師になるのはおやめなさい。向いていない。
患者が「犠牲」?

>やはり犠牲を出す覚悟は必要なのですね。
だって?

即刻やめなさい。

君が言わんとしていることは解る。
しかし、根本的に間違っている。

患者は医者を世に送り出すための生け贄なのか?
君の志とは何なのか?

>理不尽な状況下で他人を犠牲にしてしまい、
>悩みに悩んで自分を見失い、
>罪悪感から医療から離れられなくなる(縛られる)としたら、
>たとえ最終的に技術が身についたとしても辛いだろうな
>・・・と個人的には考えてしまいます。

自己中心的で、脆弱な精神と未成熟な感情のスパイラルでしか悩めない人間は医師に向かない。

昨夜、この質問を目にして流し読みした時、この質問者は医師を志している者であってほしくないと私は思った。一般の方の医療現場への興味の質問であってほしいと願ったよ。ほんとうに。


人気Q&Aランキング