1. His desk is in front of the classroom.
2. His desk is in the front of the classroom.

1番の文は変ですね?一方、2番は「教室の前方」という意味だから、正しいですね?

A 回答 (3件)

両方の文章とも「変」ではありません。



1は、「彼の机は教室の前(教室外)にある。」

2は、「彼の机は教室の最前列(教室内)にある。」

このような訳になります。
    • good
    • 0

一番は「彼の机は教室の前方にあります」正確な位置は不明ですね。


二番は「彼の机は教室の最前列にあります」教室の中にはthe frontと呼べる列は一つしかありません。また一番は常識的には教室の前方ですが、屁理屈をいえば教室の前(入り口の外)かもしれません。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

ご回答ありがとうございます。

お礼日時:2002/04/01 19:52

私的には#1の方が正解なような気がします。


意味的には両方「彼の席は教室の部屋の前方にある。」という意味で、問題なのは「in front of・・・」と「in the front of・・・」の[front」の前に「the」付いていると言うことでは?その正誤についての問題では?
    • good
    • 0
この回答へのお礼

ご回答ありがとうございます

お礼日時:2002/04/01 19:51

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Q「in (the) front of」の和訳

 日本語を勉強中の中国人です。英語の「in front of」と「in the front of」の違いは何でしょうか。日本語でもこのような違いがあるでしょうか。下記の二つの文は日本語でどのように表現するのか、教えていただけないでしょうか。

There is a blackboard in the front of the classroom.
There is a tree in front of the classroom.

 また、質問文に不自然な表現がございましたら、それも教えていただければ幸いです。よろしくお願いいたします。

Aベストアンサー

まず、ご質問者さんの日本語はご記載の文に関して言えば完璧です。英文の訳は以下の通りです。

There is a blackboard in the front of the classroom.
教室の中の前方(の一部)に黒板があります。(at the front of the classroom.がしっくりきますが、)

つまり黒板は教室内にありまして、教室の外である教室の前ではございません。その場合はThere is a blackboard in front of the classroom. 昔教室がなくて、屋外で授業をしたことがありますが、そのようなときは黒板が教室の外にあって、in front of the classroomもありうることと思います。

There is a tree in front of the classroom.
教室の前(の外に)木があります。

従いまして、There is a tree in the front of the classroom.は現実にはあまりない様に思います。つまり教室内の前の方に木があります。ということになりますので、しかし将来はそのような優雅な教室が出来るかもしれません。

まず、ご質問者さんの日本語はご記載の文に関して言えば完璧です。英文の訳は以下の通りです。

There is a blackboard in the front of the classroom.
教室の中の前方(の一部)に黒板があります。(at the front of the classroom.がしっくりきますが、)

つまり黒板は教室内にありまして、教室の外である教室の前ではございません。その場合はThere is a blackboard in front of the classroom. 昔教室がなくて、屋外で授業をしたことがありますが、そのようなときは黒板が教室の外にあって、in front of the...続きを読む

QHalf of the harm that is done in this world is du

Half of the harm that is done in this world is
due to people who want to feel important.
They don't mean to do harm but the harm does not interest them.

翻訳お願いします。

Aベストアンサー

この世界で行われる危害の半分は、(自分が)大切だと感じたい人間によるものである。

彼らは危害を加えるつもりはないが、危害はその気持ちとは関わりなく行われる。

QYou are looking at a man in the prime of his life with 100 plus to go.

70年代の刑事ドラマで英語の学習をしております。

事件解決後の刑事2人の会話です。

B: Guess where I'm gonna spend my next vacation.
A: In the immortal words of my grandmother, "You should live so long."
B: No. No, no. I'm gonna live like those dudes do in X(国名). I'm gonna live!
A: Yeah, well, if I could pronounce it, I might begin to understand what you're talking about. (AはXという国を知らないのか、発音できません)
B: A, it's that village where those people live to 148, and then some.
Oh, forget it. You are looking at a man in the prime of his life with 100 plus to go, huh?

タイトル部分がわかりませんでした。
意訳ですが、
”おまえの目のまえのオレは100歳過ぎても現役だからな”(?)でしょうか?
(Bのこのjoke?にAは大ウケ、という場面です)


なお、この事件で、刑事AはBの命を救っています。
また、episodeの最初の部分に、こんな会話があります。

B: X(国名)のY村じゃ148まで生きてる人がいるんだぜ。雑誌で読んだ。
A: オレはいやだね。80か85だな。
B: オレは140。
A: 冗談だろ。どんな人生なんだよ。歯はねぇ、酒も飲めねぇ、それに… わかるよな…。
B: … おい… 人生には”それ”よりもっと大切なことがあるだろうよ。

お時間ありましたら、お願いいたします。

70年代の刑事ドラマで英語の学習をしております。

事件解決後の刑事2人の会話です。

B: Guess where I'm gonna spend my next vacation.
A: In the immortal words of my grandmother, "You should live so long."
B: No. No, no. I'm gonna live like those dudes do in X(国名). I'm gonna live!
A: Yeah, well, if I could pronounce it, I might begin to understand what you're talking about. (AはXという国を知らないのか、発音できません)
B: A, it's that village where those people live ...続きを読む

Aベストアンサー

こんにちは。

基本的にご理解のとおりで良いと思いますよ。年齢などは会話では year old などの単位を用いないで表現することが多いですし、話の流れや文の意味からも当然年齢のことを言っていることになるでしょう。

ちなみに 

a man in the prime of his life with 100 plus to go

と言っていますので、「現在一番油がのりきった年齢40歳前後で、あとまだ148歳まで 100年ちょっと生きるはずの男(with 100 plus to go)」という意味になります。

字幕ですので、短くするために多少意訳してあるのでしょう。

-- to go はご存じと思いますが、良く使いますね。
I still have three more weeks to go before vacation. 休暇までまだあと三週間あるのよねー。

Qslow downとslow up、fill inとfill out、in the week of とon the week of の使い分けのポイントをおしえてください

同義語なのか反対語なのかよくわからない英語の表現について教えてください。できましたら例文で教えてもらえると本当にたすかります。

Aベストアンサー

こんにちは。
逆と思われる言葉で同じ意味を持つって本当に面白いですよね。私も、「馬鹿言え」と「馬鹿言うな」が同じ意味で使われるのはどうしてって外国人に聞かれたらどう答えてよいかわかりません。。
それはさておいて、
fill inとfill outですが、
fill in the form(用紙に記入する)

fill out the form
は同じ意味で使われますが、
fill in the blanks (空白を埋める)
とはいっても、
fill out the blanks
とはあまりいいません。googleでもヒットするので、ゼロではないと思いますが。
あと、
in the week of

on the week of
の違いですが、inのほうがonより「漠然とした」感じみたいですよ。逆に言えばonはもっとその時点(week)にフォーカスした感じで使われている、ということです。うまく説明できなくて申し訳ないけれど。わたしが聞いたとき、ネイティブの人も「うまく説明できなくて申し訳ないけれど」といっていましたっけ。

こんにちは。
逆と思われる言葉で同じ意味を持つって本当に面白いですよね。私も、「馬鹿言え」と「馬鹿言うな」が同じ意味で使われるのはどうしてって外国人に聞かれたらどう答えてよいかわかりません。。
それはさておいて、
fill inとfill outですが、
fill in the form(用紙に記入する)

fill out the form
は同じ意味で使われますが、
fill in the blanks (空白を埋める)
とはいっても、
fill out the blanks
とはあまりいいません。googleでもヒットするので、ゼロではないと思いますが。
...続きを読む

Q... the smaller the garden, the easier it is...

お願いします。

適語を入れる問題です。
"I love your garden. It's so neat."
"Well, the smaller the garden, ( ) to look after it."
(1)it is easier (2)it is easily
(3)the easier it is (4)the easily it is

適語は(3)だと思うんですが、
お聞きしたいのは設問についてではありません。

"the garden"のうしろに動詞isがないのはどうしてなんでしょうか?
よろしくお願いします。

Aベストアンサー

 省略されているからです。

 the easier it is の is と同じ時は、重複を避けるため省略するのが普通です。


人気Q&Aランキング

おすすめ情報