こんにちは皆様
実は、今の会社が国保にするということで、保険証を返還してくれと言われています。
実際ずっと社保だったのでどんなメリットデメリットがあるのかよくわかりません。
実際には厚生年金とかもかかわってくるのではと心配です。
負担金額とかも違うのではとおもうと心配で結構参っています。
誰か詳しい方教えてください。

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (2件)

国保は自営や無職の方が入るものです。


今の会社は正、パート社員ですか?
でしたら会社は健康保険以外できないはずです。
国保では会社は無関係になります。
健康保険は掛け金を会社が半分持たなければならないので、このようにしようとしているなでは・・・・。
正社員で国保に入ろうとすれば役所から指導を受けるのではないでしょうか。
負担金額は全額加入者払いなので支払いが増えます。
また、医療費負担も3割と増えます(今の所)。
メリットは 会社にこそあれ、あなたにはありません。

厚生年金はこれとは別になりますが、掛け金を会社が半分持たなければならないので同じようにしてくる可能性があります。デメリットは国保と同じです。

どちらも法律違反ではありますので抗議しましょう。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

ありがとうございます
助かります。
一応現在は兼務役員なのですが、オーナー色が以上に強く、なかなか意見が言えない会社です。
頑張ってみます。
ありがとうございました。

お礼日時:2002/04/01 00:58

 経営上の理由から、社会保険から国民健康保険に、厚生年金から国民年金に変更をするということでしょう。

法的には、事業所の場合には社会保険・厚生年金に加入することとされていますので、会社が倒産や解散をしない限り、国民健康保険・国民年金に加入することは出来ません。

 それらの経費の半額を会社が負担していますので、その分の経費を軽減する目的かと思います。国保の場合の保険料は前年所得によって保険税を算出し、医療機関での自己負担割合は3割です。社会保険は保険料は会社と社員が折半をし、医療機関での自己負担割合は本人2割家族の入院2割外来3割、となっています。また、年金は国民年金の場合は月額13,300円の定額ですが、厚生年金に比べると受給額が大幅に安くなります。国民年金を40年間納めて、現在受給できる年金額は80万円少々の額ですが、厚生年金の場合だと数倍になるでしょう。

 会社の職員はお1人ではないでしょうから、仲間と相談をして法的にどうなのかということで交渉をすべきかと思います。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

ありがとうございました。
あまり無視できる問題ではないし、かといって相談するのも誰にしたらわからなかったので助かりました。
早速交渉してみます。

お礼日時:2002/04/09 19:34

このQ&Aに関連する人気のQ&A

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Q精神的に参っているようで・・

こんにちは。
旦那についてなんですが、旦那は最近精神的に参っているようです。
仕事や、育児が原因だと思うのですが・・・。
私は今、妊娠5ヶ月です。
先日義父に「tan-tanさんは車の運転をさせて大丈夫なのか?」と言われた事に腹を立て「俺が危ない事させる訳がないだろ!」と怒鳴ったのです。
義父は私の体を心配して言ってくれたのに、私はただ呆然です。
後で旦那と話してみると、「自分がなぜそんな事言ったのか分からない。言った後、冷静になったらおかしいと思った」と話していました。
私が言った些細な言葉にも、いつもなら聞き流すのに、こないだは大声で「俺をバカにしているのか?!」と言われて涙が出ました。
普段、楽しくて、優しくて、子供の面倒もよく見てくれて、とっても頼りになる人なのに、いったいどうしてしまったのでしょう?
本人も「病院へ行った方がいいのかなぁ?」と言っています。
やはりどこかで診てもらった方がいいですか?
それと、診てもらうとしたら何科へ行けばいいのでしょう?

Aベストアンサー

旦那さんはおそらく、思いやりがあり、責任感の強い方だと思います。
そのため、もしかすると自分の周りの全部の面倒を、自分一人が責任を持ってみねばならないと思っているのかもしれません。

まじめな人は、この「ねばならない」という考え方をしがちです。
実は、これはすごいストレスになります。
この考えをすると、細かなことにも敏感になり、より完璧を求めるようになります。

すると、極端に失敗を恐れるようになり、そのために何をするべきか、必要なことから全く不必要なことまでえんえんと考えるようになります。
そして、いろんな行動をとろうとするのですが、元々できることは限られているので、やりたいのにできない自分を歯がゆく思うようになり、自分が無能だと感じるようになります。
さらに、それができない自分をまわりが攻めているように感じだします。
そのため、些細なことでも、まわりが自分を責めているように感じやすくなります。

それでも、脳みそはまだどうにかならないかと、ずっと考え続けていますので、結果としてすっかり疲れ果てて、はてに正常な思考ができなくなってきます。

さらに、悪化すると脳みそはオーバーヒートしてるのに、さらに考え続けているので、自己自己防衛本能として、失踪したり、アルコール依存が進んだりと、他人から見ると異常な行動を取るようになります。

これが、いわゆる心の病と呼ばれる典型的な症状です。

これを直すには本人が、まぁ~いいか、と気持ちをらくにすることです。
しかし、これはすでに暴走している本人の意思ではなかなかできません。
そのため、通院が最も的確な選択肢と思われます。
通院は精神科か心療内科が良いと思います。
今は良い薬もありますし、医者に苦しみを打ち明けるだけでもずいぶん楽になります。

最初の通院は勇気がいると思いますので、できれば同行してあげて下さい。

旦那さんはおそらく、思いやりがあり、責任感の強い方だと思います。
そのため、もしかすると自分の周りの全部の面倒を、自分一人が責任を持ってみねばならないと思っているのかもしれません。

まじめな人は、この「ねばならない」という考え方をしがちです。
実は、これはすごいストレスになります。
この考えをすると、細かなことにも敏感になり、より完璧を求めるようになります。

すると、極端に失敗を恐れるようになり、そのために何をするべきか、必要なことから全く不必要なことまでえんえんと考...続きを読む

Q国保の保険料

会社を辞めた後に国民健康保険に入ろうと思っています。人に聞いたところ、国保は去年の収入に応じて保険料が変わると聞きましたが、去年の給与とは1月~12月までか、4月~3月までかどちらでしょうか?

Aベストアンサー

 No4の追加です。国保税の課税対象となる所得の期間ですが、役所の課税は「昨年分」の所得を「今年度分」で課税します。従って、1月から3月までの期間は、昨年分ではなくて2年前の所得と言うことになります。

 役所の年度は4月から翌年の3月までを1年度としますので、例えば、平成13年度分の国保税は、平成12年分(平成12年1月から12月まで)の所得を基に、平成13年度分(平成13年4月から平成14年3月まで)の国保税を算出します。従って、4月から12月の間に国保に加入する場合は、前年所得を使いますが、1月から3月の間に国保に加入する場合は、前々年の所得を使うことになります。

 又、大都市などでは「所得割」の算出に、前年所得ではなくて前年所得による当該年度分の「住民税」を算出基礎として、国保税を算定している市もあります。国保税(料)は、加入している人の医療費や所得などによって、税として集める金額が異なりますので、全国の約3,300の市町村がそれぞれに料・率を設定しています。

 ご質問の所得割につきましては、前年所得額から基礎控除として33万円、給与所得の方の場合はさらに2万円を控除した額に、市町村で決めている「所得割の率」を乗じて算定されます。又、40歳から64歳までの方の場合は、介護分が同様に計算されて、医療分と介護分の合計額を国民健康保険税として、納めることになります。医療分と介護分の料・率は、別々に設定されています。

 なお、定年などによる退職の場合は、一般的には1年間任意継続をして2年目から国保に加入する方が得になります。退職金は、国保税算出の所得には含みません。又、任意継続後に国保に加入する場合、年金を受給しているときには、国保の退職者制度があります。この制度は、社会保険に20年間以上、又は40歳以降10年以上の社会保険加入経歴があり、退職後年金を受給している方が国保に加入した場合に適用される制度で、国保税の算出は一般の国保と同様ですが、医療機関での自己負担割合が社会保険と同様に、本人2割、家族の入院2割通院3割になる制度です。この制度も考慮されて、退職後の医療保険を選択すると良いでしょう。(定年による退職でない場合は、大変失礼いたしました。お許し下さい。)

 No4の追加です。国保税の課税対象となる所得の期間ですが、役所の課税は「昨年分」の所得を「今年度分」で課税します。従って、1月から3月までの期間は、昨年分ではなくて2年前の所得と言うことになります。

 役所の年度は4月から翌年の3月までを1年度としますので、例えば、平成13年度分の国保税は、平成12年分(平成12年1月から12月まで)の所得を基に、平成13年度分(平成13年4月から平成14年3月まで)の国保税を算出します。従って、4月から12月の間に国保に加入する場合...続きを読む

Q保険証返還後に発覚した診察未納額について

身内(親)が昨年末に急性心筋梗塞(診断書的には推定になりますが)で亡くなりました。残された遺族の私達は年金事務所とか健康保険協会等に足を運び年金手帳返還、保険証返還の手続きを済ませました。忌明け法要等もひととおり済ませた矢先に身内が搬送された病院の心肺蘇生の治療費等の未納がわかりました、約3ヶ月後に病院より通知が届くまで私達は全く気付きませんでした。請求書の額は約30000円弱で支払い方法は窓口、書留、銀行振込らしく窓口の場合は保険証持参となってました。ここで問題発覚、保険証返還後に保険証持参にて支払いの場合どうしたら良いのでしょうか?請求額が3割負担の額なのか10割負担の額なのかわからない状態です、保険証持参にて請求額の3割負担に軽減なのか保険証なく残り7割負担で実質約80000円の出費になるのかわかりません。こちらの質問は心肺蘇生の治療費の相場(不適切な表現)と保険証返還(失効、権利消失)後に発覚した請求に関しての対処方法の2件なんですが、どなた様か私達のケースに似た経験者がいましたらアドバイスをお願いします。支払い期日が迫って来てますので…

身内(親)が昨年末に急性心筋梗塞(診断書的には推定になりますが)で亡くなりました。残された遺族の私達は年金事務所とか健康保険協会等に足を運び年金手帳返還、保険証返還の手続きを済ませました。忌明け法要等もひととおり済ませた矢先に身内が搬送された病院の心肺蘇生の治療費等の未納がわかりました、約3ヶ月後に病院より通知が届くまで私達は全く気付きませんでした。請求書の額は約30000円弱で支払い方法は窓口、書留、銀行振込らしく窓口の場合は保険証持参となってました。ここで問題発覚、保険証返還後...続きを読む

Aベストアンサー

 請求書に、請求内訳は載っていないでしょうか。

 病院に健康保険証を提示していないので、30,000円の請求額は、10割負担の金額だと思われます。
 普通は、病院窓口に健康保険証を持っていけば、自己負担3割で9,000円支払うことになると思います。

 保険証をすでに協会へ返還していますので、病院で請求額を全額支払い、健康保険協会に7割分を返してもらう手続きが必要になると思います。
 病院に支払った金額の領収書(保険診療と保険診療外の治療がわかるもの)や返してもらう金額の振込先の通帳なども必要になるかと思います。

 請求額の金額が妥当かどうかはわかりませんが、決して高額ではないと思います。
 いずれにしても、請求書が来ている金額は支払うしかないでしょう。
 
 ここでお尋ねになるより、まず平日に病院へ電話でお尋ねになるか、直接病院へ支払いに行き、窓口で聞く。
 その後健康保険協会へ7割分を返してもらう手続き方法や必要書類などを電話で聞き、手続きをするという手順で良いと思います。

Qメラノーマなのか心配です

私の旦那の下半身の袋の所に突然複数の小さいホクロのような黒い膨らみのあるものができました。
何か危険な病気なのか?
とても心配です。
やはり、この所の症状の場合も皮膚科に受診した方がよいのでしょうか?

Aベストアンサー

それはたぶん血管瘤だと思います。
陰嚢の表面に複数個有ると思います、そのほくろの皮膚を広げてみてください細い血管が通ってるのが見えると思います。それだったら悪性なものではありませんでしょう、血液の滞りで血腫が出来てるのでしょう。
ご主人が起立した状態で陰嚢内にボコボコした精巣静脈瘤(精巣から戻ってくる静脈に血液が溜まる病気)はありませんか?特に左の陰嚢によくできます。よく併発してますがコレも特に悪いものではないですよ。
ご主人の年齢が解りませんが加齢による血行不良じゃないのでしょうか?
確定するには皮膚科で見てもらうのがよいと思います。

Q父親が結腸がんなったことあるので、遺伝が心配です。

結腸がん 二十代で結腸がんとかどのくらいなんですか?
若いんでほぼ大丈夫と思いますが
年齢の統計サイトなどあったら教えてください。
自分は25歳です

Aベストアンサー

>父親が結腸がんなったことあるので、遺伝が心配です。

癌が遺伝するかしないのか?
は、医学的にも100%確定していません。
ですから、健康診断及び通院時の診察でも「親族に癌になった方はいますか?」という問診があります。
問い「癌は遺伝するのか?」 答え「YES」
問い「癌は遺伝するのか?」 答え「NO」
どうちらも、正しいです。
私の場合、父親・叔父・両祖父とも癌で亡くなっていますから、遺伝の可能性が高い部類(日赤)だそうです。

>結腸がん 二十代で結腸がんとかどのくらいなんですか?

生活習慣及び食生活の変化で、若年層の結腸癌・大腸癌が増えている事は間違いありません。
ご存知のように、結腸癌・大腸癌は「痛くも痒くもない、自覚症状が無い状態で病が進行する」病気です。
自覚症状があった時点では、既に早期発見早期治療の時期を過ぎています。

詳細は、下記国立がんセンターのHPで調べて下さい。

参考URL:http://ganjoho.ncc.go.jp/public/statistics/index.html


人気Q&Aランキング

おすすめ情報