モーターは、新品だと「ギュイーン」という回転音がしますが、私のモーターはしばらく使った物だと、「ジュイーン」という回転音がします。この回転音だとモーターを交換しないといけないのでしょうか(性能が落ちているのでしょうか)? また、なぜそのような音がするのでしょうか?
以上、どちらかでもお分かりの方、お願いします。

A 回答 (4件)

ちょっとご注意です。


模型用のモーターで逆転する必要のある場合はダイオードによるサージアブソーバは使用できません。ダイオードが使用できるのはモーターにかかる電流の向きが常に一定の場合だけですので、電流の方向を変えて回転方向を変えるような回路ではどちらか片方の向きでショートしてしまいますので行わないで下さい。また、直列接続した場合は回転の方向が一方に固定されてしまい逆転できなくなります。電流の方向が変化するような用途で火花の発生を抑えるためにはバリスターと言う素子の使用が望ましいでしょう。モーターのようにコイルを利用している装置では、コイルの電流が切れたときに通電されていたときとは逆向きに高い電圧が発生しそれが火花の発生原因になります。モーターはブラシとコンミテーターによってコイルへの通電を高速度でスイッチしていますので、このためにブラシとコンミテーターの接点で火花が発生します。この電圧の発生を抑える方法としてコンミテーターにバリスターやコンデンサーを取り付ける方法があります。バリスターはある電圧(機種により決まっています)より高い電圧になると急に電流を流すようになる素子で(ツェナーダイーオードなどもこの性質がありますが。方向が決まっています)極性がないのが特徴です。バリスターを取り付けることでモーターに供給される電圧より高い少しだけ高い電圧のバリスターをつけておけば、高い電圧がコイルに発生したときバリスターに電流が流れ電圧が下がり火花の発生を抑えられます。コンデンサーについては、電圧の変化が起こった場合に電流が流れるのでやはり、コイルの電流が切れた瞬間の変化でコイルに誘起される電流はこちらに流れ電圧が高くなり火花を発生させるのを抑える効果があります。ただしこれらの方法はモーターを分解してアーマチュア(回転子のことです)のコンミテーターの端子に直接取り付けないとほとんど効果がないので、小型の模型用のモーターでは難しいかも知れません。

簡便な方法としてはバラストレジスター(モーターと直列に抵抗を入れる)やチョークコイルをモーターと直列に入れることである程度抑えることができます。ただし、これらの方法ではレジスターやコイルが電圧降下の原因になりモーターの最大出力が問題になる用途には不向きですが、鉄道模型などの用途では、実用に耐えるかと思います。

実際に鉄道模型を手にしたこともないのでどの程度の抵抗やコイルを選択したら良いかはわかりませんが、抵抗ならモーターの直流抵抗(回転していない状態でテスターで測定)10%~30%程度かと思います。この抵抗はモーターに流れる電流と同じだけ電流が流れるので、ある程度大きな電流に耐えられるものが必要で、大きな抵抗値をつけるほど効果は大きいのですが、力は弱くなります。

電源回路自体を改造する気になればもっと良い方法がなくはないのですが、使用されている電源のタイプも不明ですので、混乱を招きかねませんので、今回はやめておきます。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

詳しくありがとうございます。分からない言葉もいくつかありますが、役に立ちそうです。本当にありがとうございました。

お礼日時:2002/03/31 21:52

本当にモーター単体で、この音ですか?


とすると、今までの方の回答ということになるのですが、

ギューって音は、ギヤの音の場合が多いので。

ギューとジューの違いは、ギヤ部の歯車の当たり方です。
ジューの方が当たりが弱く、これは密着していない場合の音です。
それでは困るものなら交換。そうでなければそのまま使用 
ではないでしょうか?

回転数は、逆に、ジューの方が早い場合もあります。
余計な力が減りますから
    • good
    • 0
この回答へのお礼

ご回答ありがとうございます。しかし、無負荷時でのモーターの回転音です。
あと、回転数はやや異音が入る方が速い場合もあるんですね。ありがとうございました。

お礼日時:2002/03/31 21:47

カテゴリーが「鉄道&模型」ですので、模型用モーターとして回答します。


模型用のモーターは、大概直流のブラシモーターだと思います。
このモーターは、ブラシの部分で火花が発生して、それによりブラシの当たり面が損耗してきます。
その為ブラシの当たりが悪くなってくることが有ります。
モーターと並列にダイオードを入れることにより、火花の発生を軽減できます。
その際ダイオードは逆方向に入れなければいけません。実際にやるのであれば注意してください。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

ご回答ありがとうございます。ブラシの当たりが悪くなる原因は火花の発生だったんですね。

お礼日時:2002/03/31 12:42

モーターと言っても非常に種類が多いのです。

どのようなモーターであるかが不明ではまったく回答のしようがありませんが、模型用のようですので直流の整流子モーターであると仮定して話を進めます。

このタイプのモータで異音が出る原因としてはシャフトを支持するベアリング(多くの場合プレーンベアリング)のガタかブラシの当たりの不良が考えられます。ブラシの当たりが悪い状態では、ブラシの接触する相手のコンミテータの表面も荒れている可能性がありますので、その辺を中心に点検してみてはいかがでしょうか。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

ご回答ありがとうございます。模型用のモーターですが、ブラシの当たりが悪かったんですね。分解して新しいブラシやコンミネータと交換することはできないので、新しいモーターと交換します。

お礼日時:2002/03/31 12:25

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人はこんなQ&Aも見ています

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Qもっとミニ四駆を速くしたいのですが

ミニ四駆上級者にお伺いします。
ミニ四駆のセッティングをプロとほぼ同じにしても、プロの約3分の2のスピードしか出せませんでした。シャーシはVSを使用し、車重約118g、大径ノーマルホイール、軽量超速ギヤー、アトミックチューンモーターを使用し、電池はタミヤニカド1000、モーターとギヤーのブレークインもしっかりやっています。電池がいけないのでしょうか。加速力を落とさず、最高速度をもっとあげるには、どうすればいいのですか。

Aベストアンサー

ゴールドターミナルを使ってみてください。コレをつけたら速くなります。それとモーターボックスとターミナルの間にスポンジ(ゴールドターミナルについているやつかベアリングについてるやつ)をはさんでみてください私の場合は接触がよくなったのか速くなりました。
ホイールは大径の前輪をフロントにもリヤにも付けて下さいタイヤはノーマルのゴムがいいです。
これは効果があるかどうか分からないけれど軸受けの所に皿型ワッシャー(19mmベアリングローラーについているやつ)を入れてみてくださいこれはちゃんと入れないと抵抗になります。
コースで走らせるのならフロントもリヤも横幅を100mmぐらいに伸ばしてみてください。これを105mmまでやってしまうと安定はしますがストレートでは結構抵抗になります。
伸ばすためのパーツは何でもいいですが一番おすすめなのはFRPです。アルミでもいいんですがコースアウトした時、壁とかにぶつかって角度がしょっちゅう変わるのでお勧め出来ません。
ローラーは9mmベアリングがいいです。フロントシングル、リヤダブルで行って下さい。
それとスピードチェッカーは余り信じない方がいいです。25キロのアトミックが40キロぐらいのプラズマといい勝負をすることもしばしばあります。チェッカーの上で速さを競うよりどんどんコースを走らせてやっていくほうがいいと思います。
私もこんなことしか言えませんががんばってください。

ゴールドターミナルを使ってみてください。コレをつけたら速くなります。それとモーターボックスとターミナルの間にスポンジ(ゴールドターミナルについているやつかベアリングについてるやつ)をはさんでみてください私の場合は接触がよくなったのか速くなりました。
ホイールは大径の前輪をフロントにもリヤにも付けて下さいタイヤはノーマルのゴムがいいです。
これは効果があるかどうか分からないけれど軸受けの所に皿型ワッシャー(19mmベアリングローラーについているやつ)を入れてみてくださいこれはち...続きを読む

Qあなたのミニ四駆の最凶改造法を教えてください

 お世話になります。ちょっと友人達の間でミニ四駆が再加熱「ダッシュ!四駆郎」「爆走兄弟レッツ&ゴー!!」両方を見ていた世代なものですからみんな本気です(笑)
 それで今度仲間を集めてノールールで勝負することになったのですが、私もミニ四駆全盛の頃の記憶をたどって改造するもののなかなか早くなりません。あの頃のほうが早かったようにすら感じます↓↓
 今回はノールールということで私の記憶にある裏技改造は「ミニ四駆を二駆にする」「電池の所の金具を二重にする」「モーターをいじる(タミヤ以外のメーカーの千円モーターにする)」程度です。
 インターネットでも探してみたのですが、セッティングが中心でなかなか裏技改造までは見つかりませんでした。ですから、「他にもこんなトンでも改造がありますよ」というのがあれば教えれください。ちなみに私が主に使用しているのはレイスティンガーです。どうぞよろしくお願いします。

Aベストアンサー

ミニ四駆ですか、懐かしいですねぇ。私が小学生の頃に人気のピークだったのでハマってました。

>裏技改造

シャーシをアルミ?だったかで出来た高強度のものにするというのもありましたね。これを使うと標準シャーシより重いけど重心が低いのでコーナーで安定します。1つで千円くらいするし公式レースに出れないのでやる人は少なかった記憶がありますけど。最近はミニ四駆なんて聞かなくなっていたし売ってる店は無いだろうなぁ。

あとは、1レース持てば良い程度の短時間用の裏技ですが。通常のミニ四駆は単3電池2本を直列につないでいるのでモーターは3.0Vの電圧で動いています。これを単4電池3本に改造するんです。モーターの回転数やトルクは電圧を上げることで一時的に強化できます。ただし、元々高回転のモーターは発熱などが原因で1レース持たずに壊れるかも。おすすめはトルクチューンモーター?とかいう名前の300円台でトルク重視のモーター。千五百円のモーターと良い勝負でした。

ちなみに、私のおすすめはフロントにモーターを搭載するタイプのマシンですね。モーターをトルクチューン、ギアは超速ギア?(ベアリング入りのオレンジっぽいやつ)、リアにローラーステーを付けてフロントとリアにアルミベアリングローラー、サイドはスタビライザーポール。タイヤはナローワンウェイ、車軸は全部ボールベアリング使用。こんな感じのシンプルな設定で結構速いです。友達と一緒に行ったイベントの公式ルールを使った非公式レース(たしか何かのイベントのオマケ)で決勝まで残って6台中2位でした。

基本は回転する部分は全てボールベアリング入りを選ぶことですね。回転する時の抵抗が少ないのでコーナリングがスムーズです。後はフロントやリアにバネなどで衝撃を吸収する系統の部品は使わないことです。安定性は上がるけど勢いが殺されるので微妙に速度が落ちます。安定性ならサイドにスタビライザーポールを立てるだけで十分です。

なお、千円を超えるようなモーターは回転数だけを見れば非常に速いですが速すぎるのでコーナーで吹っ飛びますよ。ローラーなどを安定性重視にしないとまともに完走できないので結果的には300~600円クラスのモーターを使う場合との差はあまり無いです。

ミニ四駆ですか、懐かしいですねぇ。私が小学生の頃に人気のピークだったのでハマってました。

>裏技改造

シャーシをアルミ?だったかで出来た高強度のものにするというのもありましたね。これを使うと標準シャーシより重いけど重心が低いのでコーナーで安定します。1つで千円くらいするし公式レースに出れないのでやる人は少なかった記憶がありますけど。最近はミニ四駆なんて聞かなくなっていたし売ってる店は無いだろうなぁ。

あとは、1レース持てば良い程度の短時間用の裏技ですが。通常のミニ四駆は...続きを読む

Qモーターの寿命

中国製の扇風機を使用していたのですが、2年程してしだいに羽の回転スピードが遅くなって、ついに回らなくなってしまいました。そこで質問です。だんだんと回転が遅くなってきたということはどこかに抵抗があるか、パワーが落ちてきたかだと思うのですが、モーターに電気を伝えるブラシという炭素の棒のようなものがすり減って接点にカスが付着して抵抗が発生しているのか、モーター自体の寿命があるのか構造に詳しい方どなたか教えてください。

Aベストアンサー

扇風機などに使われるモーターは誘導モーター(インダクションモーター)と呼ばれるタイプのもので、カーボンブラシなどは使っていません。回転子側は単なる金属の筒(効率を上げるために複数の金属を組み合わせていたりすることはありますが)のようなもので、コイルも何も巻かれていませんので、回転子側に電気を伝える必要がないからです。このようなモーターの回転が遅くなる原因として一番多いと思われるのは、軸受け部分の摩擦の増大でしょう。羽根の軸を手で回してみて、回転が重いようであればこれが原因です。もしこのような状態であれば使用を中止してください。この種のモーターは回転軸の回転が異常に低くなると発熱が非常に大きくなり焼損の危険があります。他の原因としてはコイル(ローターの周囲のコアにまかれている)の断線または、起動用コンデンサーの不良でしょう。軸受け部分の抵抗が大きいだけであれば、分解して軸受け部分に注油してやれば復活する可能性(ただしコイルなどが過負荷で損傷していなければ)もあります。この種のモーターの軸受けはプレーンベアリングという種類の軸受けが多く、油が切れると非常に抵抗が大きくなります。

電気のメーター(積算電力計)を見たことがあると思いますが、扇風機などの誘導モーターの原理はあれと同じです。電気のメーターも中で回転しているのは単なるアルミの円盤で円盤自体はどことも電気的に接続されてはいません。円盤を挟むように電磁石が取り付けられていて、そこに交流(定期的に電流の向きが変わる電流で、コンセントの電流はこれです)を流すと、金属の円盤上に渦電流という電流が発生します。金属に電流が流れると電磁石になりますね。この渦電流によって生じた電磁石と円盤を挟んでいる電磁石の相互作用によって回転しているのです。したがってこのモーターは直流では回りません。

この種のモーターは扇風機などの家電製品に多用されていますが、その理由は音が静かなことや構造が簡単でメンテナンスの必要が小さいことなことなどが上げられます。一方、yu-meijinさんがかかれているブラシを用いるモーターは誘導モーターから比べれば構造は複雑ですし、ブラシとコンミテーターの接触による騒音も大きく、ブラシの磨耗などメンテナンスの必要もありますが、起動トルクが大きい(とまっている状態から動き出すときに大きな力が出せる)や非常に高回転なものが作れる、小型で大出力のものが作れる、交流・直流に関係なく使用できる。回転数・回転方向のコントロールが簡単などの理由で、電動工具や電気掃除機などに使われています。 このようなモーターを整流子モーター(コンミテーターモーター)やユニバーサルモーターと呼びます。

扇風機などに使われるモーターは誘導モーター(インダクションモーター)と呼ばれるタイプのもので、カーボンブラシなどは使っていません。回転子側は単なる金属の筒(効率を上げるために複数の金属を組み合わせていたりすることはありますが)のようなもので、コイルも何も巻かれていませんので、回転子側に電気を伝える必要がないからです。このようなモーターの回転が遅くなる原因として一番多いと思われるのは、軸受け部分の摩擦の増大でしょう。羽根の軸を手で回してみて、回転が重いようであればこれが原因...続きを読む

Qゴムの切削加工

現在、ゴムの加工について調べています。
硬度50程度のゴムは、切削(旋削)加工は無理でしょうか?
出来るとしたらどのような切削条件になるのでしょう?(すくい角、送り量等)
いろいろ調べていますが、明確なデータが見つかりません。
要求精度は面精度で6.3a程度です。よろしくお願いします。

Aベストアンサー

ゴム、ウレタン等の切削は難しいです。
実際に量産は、冷凍してやってるらしいと、聞いたことがあります。
シェア硬度が低いと、掴むことが難しいからですね。
6.3a程度なら、面粗度は出ると思いますが、寸法が出ないんですよ。
あえて言えば、すくいは大きく、シェアな刃物にする。
切削速度は控えめ(10m/分)早くすると、焦げ付くか、溶けます。
できれば、水をかけた方がいいでしょう。
でも、やってみないと、なかなか穴一つでも精度通り明かないもんです。

QNをkgに換算するには?

ある試験片に40kgの重りをつけた時の荷重は何Nをかけてあげると、重り40kgをつけたときの荷重と同等になるのでしょうか?一応断面積は40mm^2です。
1N=9.8kgfなので、「40kg=N×0.98」でいいのでしょうか?
ただ、式の意味がイマイチ理解できないので解説付きでご回答頂けると幸いです。
どなたか、わかる方よろしくお願いします。

Aベストアンサー

こんにちは。

kgfはSI単位ではないですが、質量の数値をそのまま重さとして考えることができるのがメリットですね。


>>>
ある試験片に40kgの重りをつけた時の荷重は何Nをかけてあげると、重り40kgをつけたときの荷重と同等になるのでしょうか?

なんか、日本語が変ですね。
「ある試験片に40kgの重りをつけた時の引っ張りの力は何Nの力で引っ張るのと同じですか?」
ということですか?

・・・であるとして、回答します。

40kgのおもりなので、「おもりにかかる重力」は40kgfです。

重力は万有引力の一種ですから、おもりにも試験片にも、地球からの重力はかかります。
しかし、試験片の片方が固定されているため、見かけ、無重力で、試験片だけに40kgfの力だけがかかっているのと同じ状況になります。

試験片にかかる引っ張り力は、

40kgf = 40kg×重力加速度
 = 40kg×9.8m/s^2
 = だいたい400N

あるいは、
102グラム(0.102kg)の物体にかかる重力が1Nなので、
40kg ÷ 0.102kg/N = だいたい400N


>>>1N=9.8kgfなので、「40kg=N×0.98」でいいのでしょうか?

いえ。
1kgf = 9.8N
ですね。


>>>一応断面積は40mm^2です。

力だけでなく、引っ張り応力を求めたいのでしょうか。
そうであれば、400Nを断面積で割るだけです。
400N/40mm^2 = 10N/mm^2 = 10^7 N/m^2
1N/m^2 の応力、圧力を1Pa(パスカル)と言いますから、
10^7 Pa (1千万パスカル) ですね。

こんにちは。

kgfはSI単位ではないですが、質量の数値をそのまま重さとして考えることができるのがメリットですね。


>>>
ある試験片に40kgの重りをつけた時の荷重は何Nをかけてあげると、重り40kgをつけたときの荷重と同等になるのでしょうか?

なんか、日本語が変ですね。
「ある試験片に40kgの重りをつけた時の引っ張りの力は何Nの力で引っ張るのと同じですか?」
ということですか?

・・・であるとして、回答します。

40kgのおもりなので、「おもりにかかる重力」は40kg...続きを読む

Qミニ四駆 ベアリングの回転向上について

ミニ四駆での質問です。
現在、830、620、520等のベアリングを脱脂して使っています。
脱脂は、小瓶に洗浄スプレーの液をいれ放置→シャカシャカです。
830に関しては、脱脂後指で回して約30秒ほど回っています。
シーリングゴムは外したり、外さなかったりです。
色々ネットで見ていると、人によっては1分以上回る人もいるようです。私が行っている限りでは、ここまで回りません。

行き着いたのが、F-0という釣具のメンテオイルでした。
早速購入し、塗布してみると…全く回らなくなりました。(2~3秒で止まる)
慣らしをしても改善しません。
使い方が悪いのか、塗布量が多かったのか、高価な物だけに残念でした。結局、再脱脂で復活はしましたが。

そこで、60秒前後回るようにするにはどの様(脱脂とオイル挿し)にすれば良いかご教授下さい。

Aベストアンサー

わんばんこ← 質問者さん mini_ta3298さん

外は雨ばかりなので、最近ミニ四駆を作りました(暇つぶしに)
それ以上には興味は無いのですが、参考程度にラジコンで850ベアを
テストした内容です

ベア購入後、そのまま仮軸に取り付けでタイヤを手で回転させる
ほとんど回らない粘着ぎみ(ベアにさび止め油が大量付着)

ベアをマシンクリーナ(アルコール系)で洗浄にて脱脂後、乾燥
エアーブローにて、内部も乾燥させる
ベアをそのまま仮軸に取り付けでタイヤを手で回転させる
チャラチャラとかなり回るようになった

A.洗浄ペアに一般安物オイル(昔購入の残り物)を一滴散布する
B.洗浄ペアにメタルオイル(タミヤ)を一滴散布する
C.洗浄ペアに少し高値オイル(テフロン配合)を一滴散布する
散布直後
ベアをそのまま仮軸に取り付けでタイヤを手で回転させる
回転時間の長い順番は オイル無 > C > B > A の順番

次に、軽くエアーブローして余分なオイルを吹き飛ばす
まだ少しオイルの湿り気がある為、ドライヤーで軽く強制乾燥させる
回転時間の長い順番は C > B > A >オイル無 の順番に変化
Cはチャラチャラとは音無、スムーズに回転します
Bはチャラチャラとは音無、スムーズに回転しまが時間は短めです
Aはチャラチャラと音が少ししますが回転は良くなりました

低粘度オイルを少量散布して馴染ませ乾燥させるのがベストですね
F0オイルをスプレーで大量に吹き付け過ぎたのでは?
低粘度オイルは自然に揮発する為、定期的にメンテ少量補給すれば
良いと思います、それでもベアの動きが悪ければ交換ですね

値段が高いので、使用はしてませんが
YOKOMOから発売されてるドリフト車用として、F-0と言う
ベアリングオイルがあり評判は良い見たいです
>>F-0という釣具のメンテオイルでした。
と同じ用ですが、多少はラジコン用に改良されている?みたいですよ

わんばんこ← 質問者さん mini_ta3298さん

外は雨ばかりなので、最近ミニ四駆を作りました(暇つぶしに)
それ以上には興味は無いのですが、参考程度にラジコンで850ベアを
テストした内容です

ベア購入後、そのまま仮軸に取り付けでタイヤを手で回転させる
ほとんど回らない粘着ぎみ(ベアにさび止め油が大量付着)

ベアをマシンクリーナ(アルコール系)で洗浄にて脱脂後、乾燥
エアーブローにて、内部も乾燥させる
ベアをそのまま仮軸に取り付けでタイヤを手で回転させる
チャラチャラとかなり回る...続きを読む


このQ&Aを見た人がよく見るQ&A

人気Q&Aランキング

おすすめ情報