漢字の読み方が分かりません。
大変困っています。
おまけに急いでいます。

私なりには調べてみたのですが…。
誰か教えてください。

「揚雲雀」
なんと読むのですか?

A 回答 (3件)

読みは、「あげひばり」です。


ヒバリ(雲雀)が空高く舞い上がることです。
俳句の世界では、春の季語になっています。
正しくは「揚げ雲雀」と書くようです。以上
    • good
    • 2
この回答へのお礼

どうもありがとうございました。
専門家の方にご回答いただいて、心強いです。


「あげひばり」、無事解決しました。
ご回答くださったみなさま、本当にありがとうございました。

お礼日時:2002/04/15 00:20

「雲雀」は「ひばり」と読めると思います。


「揚雲雀」は「あげひばり」といって空高く飛んでいるひばりのことをいいます。
そう言えば「雀」のつく漢字で結構鳥の名前がありますね。
「山雀(やまがら)」、「金糸雀(かなりあ)」、「孔雀(くじゃく)」、「四十雀(しじゅうから)」など。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

ありがとうございました。
お礼が遅くなってしまってすみません。

読み方の例をたくさん書いていただいたので、
私も、鳥の名前をネットで調べてみました。
魚の名前は魚ヘンのものが多くて、比較的わかりやすいけど、鳥の場合は鳥の名前だと分からないことも多くて(私だけ?)驚きました。

いずれにしろ、今回のことはとても勉強になりました。
ありがとうございました。

お礼日時:2002/04/15 00:12

わたしも読めないのですが、googleで調べてみました。

「あげひばり」だそうです。

複数のサイトで紹介されていますので間違いないと思います。春の季語だそうですね。おかげで勉強させていただきました (^o^)

参考URL:http://www23.big.or.jp/~lereve/saijiki/2.html

この回答への補足

間違えました!
「春」って書いてくださってましたね。
私の読み間違いでした。(←お礼に間違って書いた)
で、今参考URLを見てきました。
おもしろかったです。
私も勉強になりました。
ありがとうございます。

補足日時:2002/03/30 19:42
    • good
    • 0
この回答へのお礼

ありがとうございます!!!!
助かりました!

私が見たのも俳句の中でした。
夏の季語なんですね!
春かと思っていましたが。

とにかく、ほんとに助かりました!

お礼日時:2002/03/30 19:40

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

関連するカテゴリからQ&Aを探す

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Q韓国語の漢字の読み方は呉音、漢音、唐音?

日本語の漢字の音の読み方は呉音、漢音、唐音などがあるようですが、韓国語の漢字の読み方はどれに相当するのでしょうか。韓国語では漢字の読み方は原則一種類しかないと聞いています。

Aベストアンサー

結論から申し上げれば、
『漢音=唐代長安音』が根幹をなすモノのようです。


以下はお暇な時に、参考までに読んで下さればと存じます。

>日本語の漢字の音の読み方は呉音、漢音、唐音などがあるようですが
↓こちらでそれぞれに「どう読むか」があるのですが、
http://www.geocities.jp/johannes_schiffberg/kanji.html
最初に書かれている「行」に関して言えば、韓国語では「ヘン」です。ということは、どれにも属さないことになります。
但し、中国の方言としては出て来るようでして↓
http://www.zdic.net/zd/zi/ZdicE8ZdicA1Zdic8C.htm
台湾4県・陸豊・梅県・海陸豊に hen と。(後ろの数字は?ですが)

改めて韓国における漢字語とは、いつ頃?どこから?をnetの中で眺めてみるとこのような記載がありました。
朝鮮語学小辞典 - 漢字語
http://www.tufs.ac.jp/ts/personal/choes/cgi-bin/enc/korenc.cgi?%E6%BC%A2%E5%AD%97%E8%AA%9E
中を読んで頂ければお判りの通り、中国に限らず日本からの「外来語」も含めて韓国での「漢字語」というのが実に様々に存在します。
それらを踏まえて、では基本的に52.1%の漢字語を読む「音」はどこから?と更に読んで行くと、次のような記述がありました。
朝鮮語学小辞典 - 朝鮮漢字音
http://www.tufs.ac.jp/ts/personal/choes/cgi-bin/enc/korenc.cgi?%E6%9C%9D%E9%AE%AE%E6%BC%A2%E5%AD%97%E9%9F%B3
そして結論として最後に書かれたのを引用すれば

『4.4. 朝鮮漢字音の母胎音
朝鮮漢字音が中国のいつの時代の音を母胎としているのかについては,これまで複数の研究者が仮説を唱えてきた。伊藤智ゆき(2007)によれば,上古音説(姜信沆など),切韻音説(朴炳采),唐代長安説(河野六郎),宋代開封音説(有坂秀世)などを検討し,具体的に特定するのは難しいとしつつも,唐代長安音が朝鮮漢字音の元になっている可能性が高いと述べている。』

ということは、最初に載せたURLの中からの引用ですが
『漢音:日本漢字音の一。唐代、長安(今の西安)地方で用いた標準的な発音を写したもの。』
であるなら、結局韓国語における漢字の読み方というのは、唐代長安音=『漢音』が根幹をなすモノのようです

参考URL:http://www.tufs.ac.jp/ts/personal/choes/cgi-bin/enc/korenc.cgi?IndexPage

結論から申し上げれば、
『漢音=唐代長安音』が根幹をなすモノのようです。


以下はお暇な時に、参考までに読んで下さればと存じます。

>日本語の漢字の音の読み方は呉音、漢音、唐音などがあるようですが
↓こちらでそれぞれに「どう読むか」があるのですが、
http://www.geocities.jp/johannes_schiffberg/kanji.html
最初に書かれている「行」に関して言えば、韓国語では「ヘン」です。ということは、どれにも属さないことになります。
但し、中国の方言としては出て来るようでして↓
http://www....続きを読む

Q漢字の読み方が分かりません

寺田寅彦の『龍舌蘭』の中に出てくる「幌車」と「後影」の読み方が分かりません。
どなたかよろしくお願いします。
「田圃道をゆられて行く幌車の後影を追ふ様な気がして」
というくだりです。

Aベストアンサー

「ほろぐるま」
「うしろかげ」
です。

参考URL:http://www.aozora.gr.jp/cards/000042/files/2330_13488.html

Qなぜ漢字は読み方が2通りあるのですか?

なぜ漢字は読み方が2通りあるのですか?

中国では、1つの漢字に一通りしか読み方がないと思います。
その中国から漢字が伝わってきたと思うのですが、、
どこで、どうやって、日本では2通りの読み方になってしまったのでしょうか?

よろしくお願いします。

Aベストアンサー

古代の日本には文字がなく、中国から漢字を輸入したのです。ところが、漢字の発音は中国流ですが、漢字の表す意味と同じ概念を表す日本語が既にあったのですね。例えば「心(しん)」には「こころ」がありました。

日本人の凄いところは、一つの漢字に中国音(音)と日本音(訓)を当てはめて、二つの読み方をできるようにしたことです。漢字を輸入したのは、朝鮮もベトナムも同じですが、訓読みを使用するのは日本だけで、朝鮮(韓国)もベトナムも一つの漢字の読みは中国音(自国流に訛ってますが)の一種類です。

さらに、他の方が書いておられるように、日本では呉音、漢音、唐音の3種類がありますが、朝鮮もベトナムも1種類です。訓にしてもある漢字に相当する日本語が複数あるときは、全部使います。

また、「考」という漢字に「考える」というように振り仮名をつけて、動詞や形容詞を「漢字+かな」で表現するというのも日本独特です。

Q中原中也の詩の漢字読み

「寒い夜の自画像」という詩が好きです。音読したいのですが、発声をすると急に「この読み方で合っているのかな?」と疑問が湧いてきます。たとえば、タイトルの「夜」も「よ」なのか「よる」なのか。
こう思うというご意見でも結構なので、()の部分の読みが合っているか添削頂ければ幸いです。

寒い夜(よる)の自画像

きらびやかでもないけれど
この一本の手綱をはなさず
この陰暗の地域を過ぎる!
その志(こころざし)明らかなれば
冬の夜(よ)を我は嘆かず
人々の焦燥のみの愁(かな)しみや
憧れに引廻される女等(おんなら)の鼻唄を
わが瑣細(ささい)なる罰(ばち)と感じ
そが、我が皮膚を刺すにまかす。

蹌踉(よろ)めくままに静もりを保ち、
聊(いささ)かは儀文(ぎぶん)めいた心地をもつて
われはわが怠惰を諌(いさ)める
寒月(かんげつ)の下(した)を往きながら。

陽気で、坦々として、而(しか)も己(おのれ)を売らないことをと、
わが魂の願ふことであつた!

Aベストアンサー

こんばんは。
私でしたら、
・寒い夜(よ)の自画像
・罰(ばつ)と感じ
・寒月の下(もと)を往きながら
と、読むと思います。
私は読みが分からないときは、
(1)字数を数えて、語呂の良いほうを選ぶ
(2)前後の文脈に合った方を選ぶ
この2点で大体判断します。
日本の詩は、五七調が多いので、それにのっとって読むと、『寒い夜の自画像』の題名は、『よる』より『よ』の方が適当である、と判断できます。
後の二つは、何度か読んでみて、その方が読みやすく、詩の内容を頭に描きやすいと思ったので、
添削させて頂きました。
ということなので、正解かどうかは分かりません。
失礼致します。

Q漢字の読み方辞典〈人名用)

本当は出産とか育児のカテゴリーの方が良かったのかもしれませんが、赤ちゃんの名前じゃないもので…。
人の名前を考えなければならないのですが、名前用の読み方辞典〈サイト〉というのはありますでしょうか?
たとえば慶喜(よしのぶ)、それぞれの漢字の読み方を調べてもよし、のぶというのは出てこないと思うのですが。この漢字はこんな風な読み方に使えるというガイドはあるのでしょうか?他の質問を拝見させていただくと、人名で使える漢字には制限があるけれど、読み方は自由なようなので、自分で勝手に「これはこう読む!」と決めることができるのでしょうか?
教えてください。

Aベストアンサー

誰の名前を何の為につけるのかわかりませんが、お急ぎのようなので、回答します。

 お探しのサイトは↓のようなサイトでしょうか?

 >読み方は自由なようなので、自分で勝手に「これはこう読む!」と決めることができるのでしょうか?

 日本語の基本法則には従ってください。漢字の音読み訓読みの約束の中で、自由に読み方を決めてください。

 いくらなんでも『高志』とかいて「スヌーピー」とは読ませられません。

参考URL:http://www.willcode.co.jp/kirakira/index.html

Q「教旨」という漢字の読み方について

「教旨」という漢字の読み方が分からないので教えてください。

Aベストアンサー

『きょうし』ですね。
辞書に載っています。

http://dictionary.goo.ne.jp/cgi-bin/dict_search.cgi?MT=%B6%B5%BB%DD&sw=2

参考URL:http://dictionary.goo.ne.jp/cgi-bin/dict_search.cgi?MT=%B6%B5%BB%DD&sw=2

Q中国、朝鮮の人名の漢字と読み方

日本の人名は使用できる漢字に制限がりますが、読み方は無制限です。「幸史」という名前をつけて読み方「こうじ」「ゆきふみ」「ゆきじ」と何通りも読めますし、ぜんぜんちがう読み方で「たくや」とつけても自由です。
1)中国、台湾では漢字制限ありますか。また、たとえば沢東とつけたら「つおーとん」としか読めないのですか、それとも「しゃおぴん」とかどんな読み方でもいいのですか。
2)韓国はメイン文字はハングルで漢字は副的に使用されてますが、漢字制限ありますか。また大中とつけたら、「デジュン」としか読めないのですか、それとも「ジョンイル」とかと読んでもいいのですか。さらに漢字をつかわずハングルだけで名づけてもいいのですか。市役所の戸籍の表記はどっちですか
3)北朝鮮は漢字をやめハングルにしてます。漢字を使ってた世代の人が漢字表記あるのはわかりますが、金正男、正哲など、ハングル世代なのに漢字表記があるのですか。戸籍の表記はどっちですか

Aベストアンサー

2)韓国はメイン文字はハングルで漢字は副的に使用されてますが、漢字制限ありますか。
韓国にも人名用漢字というものがあります。(1991年から施行) 4,794字です。

>さらに漢字をつかわずハングルだけで名づけてもいいのですか。市役所の戸籍の表記はどっちですか
戸籍は併記かハングル単独表記です。
ハングルだけの表記もOKです。

3)北朝鮮には戸籍はありません。

Qこの漢字の読み方教えて下さい

左側が「桶」の右側、右側が「呈」

この漢字はワードではどうだしたら良いでしょうか

ちなみに手書きで検索しても出ませんでした

Aベストアンサー

恐らく造語と思われます。
外字エディタで作れば出せます。

Q漢字の読み方

漢字の読み方をお教えください。
「福」と「彦」のフク、ヒコ以外の読み方です。

Aベストアンサー

人名の読み方は、また別のもんですから。
私の手元の事典ですと
「福」は、さき・さち・たる・とし・とみ・むら・もと・もと・よし。
「彦」は、お・さと・ひろ・やす・よし。
なんて読み方が載っています。でも、人名は何でもありですから。

Qこの漢字の読み方を教えてください。

この漢字の読み方を教えてください。
↓↓↓ 何の仲ですか?

Aベストアンサー

『昵懇の中』・・・ジッコンノナカ・・・と、読みます。

親しく打ち解けてつきあうこと。また、その様子を言います。


人気Q&Aランキング

おすすめ情報