slithery colon of the networkという文でcolonの部分がわかりません。
どなたか教えてください!
かなり緊急です。
お願いします!

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (3件)

Threay


luthery
というのが、辞書にも載っていないのですが、固有名詞かなんかですか?

この回答への補足

すみません。私の打ち間違いでThreatでした。

補足日時:2002/03/30 22:39
    • good
    • 0
この回答へのお礼

あと、luthery もslitheryの打ち間違えです。

お礼日時:2002/03/30 22:42

colonは、


,
:
結腸
とかいう意味でした。
slithery
が、すべるとか、そんな意味だったので、この文、まったく意味がわかりません。
ネットワークの滑りやすいコロン…なんじゃそりゃ!
もうちょっと文の前後を教えてください。
これで一文ですか?
ですなら、大文字で初めてピリオドで終わってくれないとわかんないです。

この回答への補足

前後はThe reporter is forever Trouble, Costly and a Threay to a desk-warmer's moving up that luthery colon of the network bureaucracy.
となります!

補足日時:2002/03/30 21:37
    • good
    • 0

colon には結腸、大腸という意味もありますが、このご質問の場合には前後関係がわからないため、なんともいえません。


守秘義務の面で差し支えがなければ、何の話かがわかるのうに前後関係を補足で示していただけますでしょうか(特に、networkが何を意味するか)?
    • good
    • 0

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aと関連する良く見られている質問

QThe job of fixing the roof. vs. The job fixing the roofの違いは?.

The job of fixing the roof. --(1)
The job fixing the roof. --(2)

上記2文はどちらが正しいかと言うと,訳すると

(1) --> 屋根を直すことの仕事
(2) --> 屋根を直している仕事

で明らかに,(1)の文章かしか成立しないと思います。

では,もし:
A note of saying that … -- (3)
A note saying that … --(4)

上記の2文なら;

(3) --> That以下を言う注記
(4) --> That以下を言う注記

(3)と(4)の場合(1)と(2)の場合ほど明確な意味の差が出てきません。 ホームページの検索を行うと(4)の方が多いです。 (1)と(2)の意味的判断及び(2)と(4)はそれぞれjob,noteを修飾する現在分詞の用法と言うことより,(3)と(4)ならば(3)の使い方が正しいと思うのですが実際のところよく分かりません。

どちらの表現の仕方が正しいのか宜しくご教示お願いいたします。





 

The job of fixing the roof. --(1)
The job fixing the roof. --(2)

上記2文はどちらが正しいかと言うと,訳すると

(1) --> 屋根を直すことの仕事
(2) --> 屋根を直している仕事

で明らかに,(1)の文章かしか成立しないと思います。

では,もし:
A note of saying that … -- (3)
A note saying that … --(4)

上記の2文なら;

(3) --> That以下を言う注記
(4) --> That以下を言う注記

(3)と(4)の場合(1)と(2)の場合ほど明確な意味の差が出てきません。 ホームページの検...続きを読む

Aベストアンサー

こんにちは。5/17のご質問では、ご出張でご多忙の中、ご丁寧なお返事をいただき有難うございました。

1.The job of fixing the roof.:

このofは同格のofでここでは「屋根を直すという仕事」ということになり、The job=fixing the roofという関係が成り立ちます。ここではfixingは動名詞で、名詞と名詞をつなぐ働きをしているのが、この同格のofとなります。

2.The job fixing the roof.:

この文は文法的に間違いです。理由は以下の通りです。

このfixingは一瞬、jobという名詞にかかる、限定用法の現在分詞のように見えますが、これは現在分詞ではありません。現在分詞であれば、名詞と現在分詞の関係が主語と補語の関係になければなりません。この文を主・述の関係文にしてみると

The job fixes the roof. 「仕事は、屋根を直す」
ここでのfixは目的語を取る他動詞で、人が主語でなければ屋根をfixすることはできません。Jobという「ことがら」を主語にはとれないのです。

この文を主述の関係を正しい文にすると
The job is fixing the roof. 「仕事は、屋根を直すことである」
となり、fixingは動名詞(=to fix)としてSVCの文になるわけです。

従って、job(名詞)+fixing(動名詞)という、2つの名詞は前置詞なしには並列できないのです。これが、文法的に間違っている理由になります。

3.A note of saying that.:

この文は不自然です。文法的に正しいとも間違っているとも言える文章です。その理由は以下のように説明できます。

1)文法的に正しい根拠:

このofは同格のofで、sayingは「~と言っていること」という動名詞になります。名詞+同格のof+動名詞の並びになり、文法的に正しい用法となります。ただ直訳すると「~と言っていること、という、注記」という意味になり、こじつけ的で複雑な訳が根底にあります。

2)文法的に間違っている根拠:

sayingを限定用法の現在分詞「~という(注記)」とみる場合です。この場合、A noteとsayingは主語+述語の関係となり、A note saysと文は成立し、sayingは形容詞的な現在分詞として名詞を修飾していると考えられます。その場合、ofという前置詞は不要となるわけです。不要なofがあるので間違いとなるわけです。

4.A note saying that:

これは最も一般的な表現です。このsayingはA noteを修飾する限定用法の現在分詞として、形容詞的に名詞を修飾しています。3でご説明した通り、A note saysという文が成り立ち、A noteが主語S、sayingが動詞Vという関係が成り立ち、文法的に正しい文章です。

ちなみに、sayingがなくてもA note that「~という注記」とすることができます。この場合のthatは同格の接続詞となりA note=thatという関係が成り立ちます。

以上ご参考になれば。

こんにちは。5/17のご質問では、ご出張でご多忙の中、ご丁寧なお返事をいただき有難うございました。

1.The job of fixing the roof.:

このofは同格のofでここでは「屋根を直すという仕事」ということになり、The job=fixing the roofという関係が成り立ちます。ここではfixingは動名詞で、名詞と名詞をつなぐ働きをしているのが、この同格のofとなります。

2.The job fixing the roof.:

この文は文法的に間違いです。理由は以下の通りです。

このfixingは一瞬、jobという名詞にかかる、限...続きを読む

QThe jackpot is up in the tens of millions of dollars,...

あけましておめでとうございます。昨年は回答者の皆様には大変お世話になりました。お陰で英会話に益々の興味が湧いてきました。本年のどうぞよろしくお願い申し上げます。

NHKラジオ英会話講座より
The jackpot is up in the tens of millions of dollars,and they pick the winners at the end of this month.
大当たりは数千万ドルで、今月の末に当選者を選ぶんだ。

(質問1)「数千ドル」の表現が良く理解できません。[of]の使い方の説明と、類似した例文を2,3お願いできませんか? 「数十ドル」なら[the tens of dolllars],「数百ドル」なら[the hundreds of dollars]でしょうか? [of]を外すとおかしいですか?他の表現はありませんか?
(質問2)[up]についてお尋ねします。強調の[up]でしょうか? 「大当たりは数千万ドルもの沢山だよ。」とか。 以上

Aベストアンサー

of の使い方ですが・・・、たぶんもともとは・・、

[分量・内容を表わして; 数量・単位を表わす名詞を前に置いて] …の
a box of chocolates 1箱のチョコレート
a cup of coffee 1杯のコーヒー.
two pounds of pork 豚肉2ポンド.

こういう使い方と同じということではないでしょうか?

>「数十ドル」なら[the tens of dolllars],「数百ドル」なら[the hundreds of dollars]でしょうか?
そのとおりです。

>[of]を外すとおかしいですか?
おかしいです。
日本語とは違う言語ですから、こういう言い方をするのだと、覚えるしかありません。

その他の表現としては、
scores of (数十の、たくさんの)、dozens of (数ダースの)
などもあります。

up は、~に上がって という意味の副詞で、当選に該当者が出なかったので、
賞金が積みあがって、~に達した といいたいのだと思います。

Qpart of,a part of,the part ofの違いについて

part of,part of,the part ofの違いについて教えていただけますでしょうか?
定冠詞、不定冠詞の使いは方は理解しているつもりですが、以下の認識であっていますでしょうか?

まず、the part ofの場合は、その部分が会話の中で明確になっておりまさにその部分であると言うことをさす場合に使用すると考えてよろしいでしょうか?

a part ofはその部分が数えられるものである場合に使用し、part ofは数えられないもしくは分割の単位があいまいなものに使用するという考えでよろしいでしょうか?


以下のような感じでしょうか?
this is the part of the issue.
訳「これは、その問題のその一部分(今話題に上がっている部分)です」

this is a part of the issue.
訳「これは、その問題のいくつかある中のそのうち一つです。」

this is part of the issue.
訳「これは、その問題の一部です。」

Aベストアンサー

これは難しい問題です。長年英語をやってきていまだ私も同じ疑問を感じています。しかし、経験からしてpartに関してはtheかaをつけてもよいときにでも冠詞なしで使われることがおおいのは確かです。数えられるものでもaをつけないことも多い。結局、冠詞、定冠詞をつけたほうがはっきりする場合(強調する)ときに、つけるのがよいように思います。いちど、native speakerの国語の先生にきいてみたいですね。

Q次の選択問題を教えてください。 (1) The lack of plan is () of the

次の選択問題を教えてください。

(1) The lack of plan is () of the delay in the projet than any other possible causes.

①more likely to be the cause
②likely to be the cause
③the more likeliest cause
④likely more to be the cause

(2) He is () industrious.

①more clever than ②cleverer than
③so clever as ④rather cleverer than

(3) He always has his own way.He won't listen to his friends, () his opponents.

①moreover ②neither ③much less
④no more

(4) The river is () at this point.

①widest ②the widest ③the wider
④the most wide

次の選択問題を教えてください。

(1) The lack of plan is () of the delay in the projet than any other possible causes.

①more likely to be the cause
②likely to be the cause
③the more likeliest cause
④likely more to be the cause

(2) He is () industrious.

①more clever than ②cleverer than
③so clever as ④rather cleverer than

(3) He always has his own way.He won't listen to his friends, () his opponents.

①moreover ②neither ③much less
④no more

(4) The river is () at th...続きを読む

Aベストアンサー

(1) The lack of plan is () of the delay in the projet than any other possible causes.

①more likely to be the cause

(2) He is () industrious.

④rather cleverer than

(3) He always has his own way.He won't listen to his friends, () his opponents.

②neither

(4) The river is () at this point.

②the widest

Qof 以下によって限定(修飾)される名詞につく the は of 以下とは無関係に前方照応してるの?of 以下に条件付けされてるの?

(1) XXX is typical ingredients of YYY .
(2) XXX is the typical ingredients of YYY cuisine.

(1) の文を間違いだ、the が必要だとお考えのかたはいらっしゃいますか?私は(1)もありだと思います。それはともかく、(1)と(2)の違いが知りたいです。of... によって名詞が限定されるので the が必要だ、と教えている先生が多いのではと推測します。それはともかく、(1)と(2)の相違を考えましょう。(2)の the は前方照応の the なのでしょうか?あるいは、of以下で限定されるので、必然的に「話題の限定、特定」の条件が付与されるのでしょうか?
要は、of 以下の要素が the の出現に影響を与えるか否かをお聞きしています。よろしくお願いします。

http://oshiete.eibi.co.jp/qa3576110.html

また、上記質問回答では名詞が that 以下で限定されるときの定冠詞の有無、前方照応かそうでないか、を議論していますが、この質問(of による限定)と等価といえるでしょう。-fwkk fan-

(1) XXX is typical ingredients of YYY .
(2) XXX is the typical ingredients of YYY cuisine.

(1) の文を間違いだ、the が必要だとお考えのかたはいらっしゃいますか?私は(1)もありだと思います。それはともかく、(1)と(2)の違いが知りたいです。of... によって名詞が限定されるので the が必要だ、と教えている先生が多いのではと推測します。それはともかく、(1)と(2)の相違を考えましょう。(2)の the は前方照応の the なのでしょうか?あるいは、of以下で限定されるので、必然的に...続きを読む

Aベストアンサー

既に、質問を投稿してから丸一日経つのに、何もレスがつきませんね。枯れ木も山の賑わい、taked4700 が叩き台として、何か書いてみます。

>(1) XXX is typical ingredients of YYY .
>(2) XXX is the typical ingredients of YYY cuisine.

自分としては、(1)も特に間違えだとは思いません。
どう(2)と異なるかと言うと、(1)の方は、単に、YYYと言う特有な成分があるというだけで、(2)の方は、YYYが特有な成分だよと宣言している感覚があります。(1)の方が控えめで、(2)の方は、きっちり表現していると言うような感覚です。

>(2)の the は前方照応の the なのでしょうか?あるいは、of以下で限定されるので、必然的に「話題の限定、特定」の条件が付与されるのでしょうか?

という問い自体が、多分、本来のtheの意識とは異なるものだと感じます。
He punched me in the nose. のとき、the の代わりに、a nose とすると、He punched me in a nose. となり、punched me と言う場面に急に新たに「鼻」が出てきたような感覚になります。the nose なら、すんなり、punched meと言う場面から「私の鼻」と言う連想と言うか、場面展開と言うか、イメージの流れがすんなり理解できると感じます。
このようなtheの使い方を前方照応とするなら、多分、一部の例外を除いて、ほぼ全てのthe が前方照応と言えると思います。つまり、the sun のtheも「太陽」と言うものを、聞き手が知っていると言う前提が事前にあるから、theを使うことができるわけですから。

既に、質問を投稿してから丸一日経つのに、何もレスがつきませんね。枯れ木も山の賑わい、taked4700 が叩き台として、何か書いてみます。

>(1) XXX is typical ingredients of YYY .
>(2) XXX is the typical ingredients of YYY cuisine.

自分としては、(1)も特に間違えだとは思いません。
どう(2)と異なるかと言うと、(1)の方は、単に、YYYと言う特有な成分があるというだけで、(2)の方は、YYYが特有な成分だよと宣言している感覚があります。(1)の方が控えめで、(2)の方は、きっち...続きを読む


人気Q&Aランキング

おすすめ情報