自動車税は所有者と使用者が別人の場合、どちらにかかってくるんでしょうか?
よろしくおねがいします。

このQ&Aに関連する最新のQ&A

自動車税」に関するQ&A: 自動車税について

A 回答 (5件)

自動車税って結構わかりにくいんですよね!!


自動車税は最初、車を購入し登録する際に誰が支払うのかと言うようなことを記入するところがあります。
その記入された人の所に行くんです。4月1日現在その車が生きていますと、その記入された人に行くわけです。
ローンで購入されたときは基本的に使用者に行き、リースで購入したときなどは、リース会社に行きます。
しかしながら、税金そのものは所有者に責任があります。したがって、使用者が払わないときは最終的に使用者にかかってきますので車を手放すときなどは名義変更等充分注意する必要があります。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

a-funatuさん ありがとうございました。
自動車税がなければ車の所有ももうすこしらくなんですけどね~・・・・
またよろしくおねがいします。

お礼日時:2001/01/05 02:09

税申告の際、どちらにするかで決まります。


所有者課税も使用者課税もどちらでも出来ますよ。
ただ、所有者、使用者とも個人の場合、所有者課税が普通です。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

ookinanekoさん ありがとうございました。
専門家からの回答ありがとうございました。
またよろしくおねがいします。

お礼日時:2001/01/05 02:03

自動車税は毎年4月1日現在の所有者にかかります。


ただし、クレジットで購入した場合には販売店が(担保として)その車の所有権を留保している場合がほとんどですので、実際のオーナーである使用者にかかってきます。
注意したいのは個人売買した場合で、どんなに親しき仲といえども所有者の名義を変更しなければ、いつまでも旧所有者に課税され、トラブルの元となります。
詳細は参考URLへどうぞ。

参考URL:http://www.tax.metro.tokyo.jp/car_event/index.html
    • good
    • 0
この回答へのお礼

momimomiさん ありがとうございました。
参考URL参考にさせていただきます。

お礼日時:2001/01/05 02:01

自動車に関わるイロイロなものは全て


『使用者』です。

あと、例えばリコールがあった場合の連絡とかも!
    • good
    • 0
この回答へのお礼

yumiさん ありがとうございました。
またよろしくおねがいします。

お礼日時:2001/01/05 01:59

使用者です。

    • good
    • 0
この回答へのお礼

kudouさん ありがとうがざいました。
回答の速さにびっくりしています。
またよろしくおねがいします。

お礼日時:2001/01/05 01:57

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Q自動車の所有者を私のまま使用者変更したら税金は?

所有者及び使用者が私の普通自動車を所有者私のまま使用者を友人に変更手続した場合に税の申告は発生しますか? ネットで調べていると代書屋の使用者変更手続に自動車税・自動車取得税申請の項目があります。 ローン返済中の場合と個人所有の場合でごっちゃになってしまいました。
自動車税・自動車取得税は所有者が払うと言う記述と自動車税のはがきは使用者に来ると言う記述があります。所有者が個人の場合既に自動車取得税は所有者が払っており、 また自動車税はローン返済中を除いて個人所有の場合は所有者にはがきか来るという認識は正しいでしょうか?
つまり使用者のみの変更では税の申告はいらないと言うことで正しいでしょうか。

Aベストアンサー

>所有者私のまま使用者を友人に変更手続した場合に税の申告は発生しますか?

先ず、所有者と使用者が同一名義の場合は「所有者が各種税金の納税義務者」ですよね。
では、今回のように(何故か)使用者名義のみを変更する場合。
基本的に、自動車税・自動車取得税は「新使用者が納税義務者」となります。
各陸運局車検場で変更登録「自動車検査証記入申請書(変更登録申請書)」を行うときに、一緒に申告・納税「自動車税・自動車取得税申告書(報告書)」を行います。

>自動車税はローン返済中を除いて個人所有の場合は所有者にはがきか来るという認識は正しいでしょうか?

基本的に、間違いです。
自動車税については、自動車を登録した際に提出する「自動車税申告書」の納税義務者欄に記載した者が納税義務者になります。
通常は、使用者名を納税義務者欄に記載します。
「自動車税申告書」の納税義務者欄が空欄の場合は、所有者が納税義務者になります。
質問者さまの場合、自由に選択して下さい。
常識的には、全く利用しない自動車の税金を負担したく無いですよね。

Q普通自動車の所有者と使用者の同時変更について

以下の通り普通自動車の所有者と使用者の同時変更についてアドバイスお願いします。

所有者 ディーラー
使用者 Aさん
使用の本拠 Aさんの住所

所有者 Bさん
使用者 Bさん
使用の本拠 Bさんの住所

なお、AさんとBさんは親子関係にあり、住所は同じ。つまり車検証上の使用の本拠は変更されません。
ディーラーからは所有権解除の書類を準備してもらっています。

この場合、「車庫証明」は必要でしょうか?

Aベストアンサー

Aさんの使用の本拠の位置・Bさんの使用の本拠の位置・Aさんの自動車保管場所住所・Bさんの自動車保管場所の住所
全てが同じならば、書庫証明は不要です。

Q自動車税払わなくても新所有者は車検が通る?

軽自動車を知人に譲りました。
名義変更は、通常通り車屋(ディーラー)が間に入って無事に終了しています。
譲った時が5月です。
当然自動車税は僕に来ます。
ですが、払うのを忘れていました。
その為、新所有者には納税証明書がありません。
車検の時に新所有者から連絡があり、
払っていない事を伝えると、
じゃあこっちで払っとくと言われました。
ですが、3年たちますが未だに請求書が届きます。
納税しないと車検は受けられませんから
車検が通ってるという事は、
新所有者は納税しているはずです。
なので、納税課推進係に電話をしました。
そしたら、新所有者は納税証明書が無くても
車検は通ると言いました。
なので、新所有者に連絡しようと思いましたが
もう2年以上たつので連絡が取れなくなっています。
なので、納税課に伝えると
それだと、もう払っていただくしか手が無いですねと言われました。
本当でしょうか?
新所有者は、納税証明書が無くても車検は通るのでしょうか?

事業車だったので、支払い金額は3000円+郵貯手数料1000円
で4000円です。
たかが4000円の為に差し押さえられたくないので
払ってしまおうかとも思いますが、
僕の知識では、納得できていません。
これだと、二重に税金を取るって事になります。
知っている方がいましたら、教えてください。
よろしくお願い致します。

軽自動車を知人に譲りました。
名義変更は、通常通り車屋(ディーラー)が間に入って無事に終了しています。
譲った時が5月です。
当然自動車税は僕に来ます。
ですが、払うのを忘れていました。
その為、新所有者には納税証明書がありません。
車検の時に新所有者から連絡があり、
払っていない事を伝えると、
じゃあこっちで払っとくと言われました。
ですが、3年たちますが未だに請求書が届きます。
納税しないと車検は受けられませんから
車検が通ってるという事は、
新所有者は納税しているは...続きを読む

Aベストアンサー

引き続き、いなかのくるまやです。

なんだか税務課さんの弁護役みたいな感じになってますが、
残る「税務課さんによる滞納税督促の根拠」について推論してみます。

再び3年前にタイムスリップです。(笑

>車検の時に、新所有者から電話で
>じゃあ払っとくと言っていたので
>わざわざ非課税なんとかという証明書をとりに行かないで
>多分払っています。

これによると当時あなたは買主と「電話のみ」でやりとりをして
いたことが伺えます。
買主には「納付書」というものが手渡っていなかったですよね?
通常、誰しも税の納付の際は納付書をコンビニや金融機関等に
”持参”して、それを納付額とともに渡して処理してもらいますね。

3年前の記憶をたどってみてください・・・。
買主に納付書を渡した覚えはありますか??

私の推測どうり、納付書を手渡していないということであれば、
買主はコンビニや金融機関等での納付ができないので、管轄の
役所の税務課に直接出向いたであろうことが推定できます。

そこで税務課担当者に「この車の車検を受けたいので納税します」
と車検証片手に”約束どうりに申告”したことでしょう。

税務課担当者は端末を叩きます。そして以下のように言います。

税務:「あ、この車は今年の5月に買われたものですね」
税務:「あなたには今年度は課税されてませんからこれで・・」

といって前述の「年度途中取得による賦課滞納等なし」という
証明書を手渡したものと推定します・・・。

買主:「え、僕は払わなくてもいいんですか??」
税務:「はい、今年度の納税義務は前の方にありますからね」
(税務課担当者はあなたたちの約束事など知りえませんし・・)

買主:「うひゃ、ラッキ~ぴょ~ん♪」

かくして、あなたの3年前の税は滞納されたままになったと推定します。

通常、金融機関等で納税された税が役所の納税課で確認反映
されるのは1週間ないし2週間もあれば十分です。

それを3年の歳月をもってしても反映確認されていないということ
ですので、納税されていないのが「確実」ではないかと思いました。

この質問を見た当初から、このシナリオを想定していましたが、
あくまでも私独自のシナリオなので、現実と必ずしも一致して
いないかもしれません・・・・。

以上、ご参考に。

引き続き、いなかのくるまやです。

なんだか税務課さんの弁護役みたいな感じになってますが、
残る「税務課さんによる滞納税督促の根拠」について推論してみます。

再び3年前にタイムスリップです。(笑

>車検の時に、新所有者から電話で
>じゃあ払っとくと言っていたので
>わざわざ非課税なんとかという証明書をとりに行かないで
>多分払っています。

これによると当時あなたは買主と「電話のみ」でやりとりをして
いたことが伺えます。
買主には「納付書」というものが手渡っていなかったで...続きを読む

Q車の所有者と使用者について

わたしは東京都に住所がありますが、実家の母の看病のため、
東京とA県を行ったりきたりしています。
実家に置く自動車の購入を検討していますが、
車の名義、車庫証明をどうしようかと考えています。

1 実際に乗るのはA県で、運転するのはわたし
2 車庫は、実家(2台分)にも、現住所(1台分)にもあります。
3 現在所有している車(夫名義)を処分して買い換えます。
という状況なのですが、
●夫が将来現住所の駐車場を保管場所にして車を購入するかもしれないので、
 今回買うわたしの車はできればA県で車庫証明を取りたいのですが、
 実家の姉名義で登録したりすれば、問題ないでしょうか。
●車検証の所有者、使用者と実際の使用者が違った場合、
 何か問題はあるのでしょうか。
●自賠責保険、任意保険の名義との関係はどうなるのでしょうか?
よろしくお願いします。

Aベストアンサー

 所有者使用車貴方で、使用の本拠地をA県にして、A県での車庫証明をとり登録します。住所地の印鑑証明はもちろん必要になります。
 貴方がそこにいることが車庫証明の段階で必要になりますので、実家に貴方宛の郵便物が届くように表札を掲げ、A県住所に配達された貴方あての郵便物できれば2~3通をもって車庫証明申請に行き、何か聞かれたら、親の看病に頻繁に来るためここに車が必要だと事情を話せば問題ありません。
 警察にもよると思いますが、東京では郵便物は誰からきたものでも通っています。

Q所有者と使用者が違う場合の軽自動車の譲渡について

軽自動車を知人に譲ることになりました。
軽自動車の場合、名義変更と車庫証明をすれば良い事がわかり、まず名義変更をしようと早速、軽自動車協会に行って来たのですが、所有者がディーラーになっていたので、指定の用紙にディーラーのサインと印鑑が必要とのことでした。
もうとっくの昔にローンは払い終わっているので、所有者を変更したいのですがどうしたら良いのでしょうか。
もしくは、所有者ディーラーのままでサインと印鑑をもらって名義変更したほうが良いのでしょうか。

[現在の状態]
・所有者:ディーラー
・使用者:私

 ↓

[希望する状態]
・所有者:友人
・使用者:友人

できればこのような希望する状態にしたいのですが、どんな手順で進めたら良いでしょうか。
よろしくお願いします。

Aベストアンサー

結論から言うと、まず、ディーラーから以下の書面を入手することが必要です。
・ディーラーの押印がある申請依頼書
・ディーラー発行の所有者承諾書
ローン等、残債がなければ、すんなりと出してもらえるはずです。

そして、
旧使用者 本人
旧所有者 ディーラー
 ↓
使用者 友人
所有者 友人
のように1回で手続きすればよろしいかと思います。

上記の書面以外に、友人の住民票、友人の印鑑(認印)、車検証、ナンバー(変更になる場合)を用意すれば、軽自動車検査協会で手続きできます。


人気Q&Aランキング

おすすめ情報