車にステッカーぺたぺたと貼っている車をよく見かけますが、
かなりセンスが問われますよね~。

で、今回の質問はステッカーチューンについてです。

三菱とラリーアート、トヨタとTRD、日産とNISMO、っていうのは
ぶっちゃけどのような関係なんでしょうか?
なんとなく分かるような分からないような感じです。

あと、車のメーカーと部品メーカーって何か関係があるんでしょうか?
APEXとかTRUSTとかHKSってありますよね?
トヨタに~の部品は変!とか、そのあたりのお話を聞かせて下さい。

最後に、HKSって何の略なんでしょうか?
調べたんですが、これだけ分かりませんでした。
よろしくお願いします。

このQ&Aに関連する最新のQ&A

車 VIP」に関するQ&A: VIP車って?

A 回答 (4件)

>三菱とラリーアート、トヨタとTRD、日産とNISMO


簡単に言えば自動車メーカー直系のモータースポーツ部門みたいな所です
もちろん直系なので元の会社の車しか開発していません
例TRDならトヨタ車だけ、NISMOなら日産車だけ…など

>トヨタに~の部品は変!
ちゃんと"その車用"の部品がリリースされていれば問題ないでしょう
自分の車で使っているメーカーのステッカーを貼るのが正統派?ですね
また同業者同士、特にライバル関係の会社を一緒に貼るのは避けた方が無難です。。。
例:BSとYH(タイヤ)、オメガとオベロン(オイル)…など

>最後に、HKSって何の略なんでしょうか?
創業者が長谷川さんでその人が作った長谷川何とかと言う会社の頭文字だったと思いますが忘れました
    • good
    • 0
この回答へのお礼

早速のお返事ありがとうございます。

なるほど、直系のモータースポーツ部門という関係だったんですね。
よっくわかりました。


今日見たんですよ。ブリヂストンとタイヤマン(ビバンダム君でしたっけ?)
のステッカーを一緒に貼っている車。(笑
さすがにこれはNGだとわかりましたが。。。

私も気をつけます。

お礼日時:2002/03/31 00:13

定番ですかぁ・・・


やっぱ、参考は「ラリー車」かなぁ・・・

あの「リアドア」のところなどに小さくまとめたり
フロントフェンダーのところに小さくまとめるのも
ケッコウ良いんじゃないかなぁ・・・

付録で大きいステッカーと小さいステッカーが入っていたら
小さいのでまとめてみるとか・・・
お山で出会った人に
「むむむっ、こやつ・・・出来る!!!」
なぁ~んて思われたら、こっちの勝ち!・・・<って、なにが!

あと、自作で「斜め文字で決める!」とか・・・
右側に「逆文字(ひっくり返して)」にするとかって、ケッコウ・・・
    • good
    • 0
この回答へのお礼

小さくまとめるですか。うむ~その御意見いただきです。

お山に限らず街中でもさりげなくアイキャッチできるように
仕上げたいと思っています。

ありがとうございました。

お礼日時:2002/03/31 21:22

>トヨタ車にHKSとTRDのステッカーを一緒に貼るって、どうですか?


特に問題は無いと思いますよ
TRDさんを基本とした場合、HKSさんの入り込む余地がないのか?と言われればそうでもないですからね
@部品を組み込む事ができればOKと考えれば解り易いと思いますよ

>BPよりはカストロールがはまっているように思うのは気のせいですか?
気のせいではないでしょう。。。
JTGT等でカストロールカラーの車(スープラ)を走らせていたりするので、そう言う所から自然とイメージを持つようになったと思いますよ

どうでもイイ話ですが、最近の傾向としては。。。
ドリフト …メッキシート等を使い大きめに貼る。数も多め
      オメガ、ORC、URL(HPアドレス)、等が人気
サーキット…小さ目のモノをさり気なく貼る。全く貼っていない車もある
      チーム・ショップ程度まで
VIP車   …シンプル路線かハデ路線かで別れている
      貼らないなら貼らない。貼るなら徹底的に…

因みに私の車にはクオータガラスにチームステッカー×2(2つ所属なので)だけ貼ってありますよ
    • good
    • 0
この回答へのお礼

最近の傾向を読んで、何となくイメージができつつあります。
まずは好きなメーカーのパーツを買ってから(ハッタリじゃないよぅ^^)
貼ろうと思います。

ありがとうございました♪

お礼日時:2002/03/31 21:08

はい、NO1の方ので正解!



・・・でも(最近、そういうことしてないんで最近の事情はあまり知りませんが)
製品を購入した時に、ステッカーって入ってきませんか?
それをバランスよく貼っていけば、良いのでは?

モータースポーツを参考にして下さい。
「箱車」ですね、「シングルシーター(F1など)」ではなく・・・

レース中継を見たり、サーキットで見たり(人によっては物理的に無理かも)
スラローム(ジムカーナ&ダートトライアル)やラリーなど・・・
車両待機所などで見れば、よくわかります。

もっとも、競技車の場合ステッカーの大きさや貼る位置はスポンサーとの
兼ね合いがあるのですが・・・
(いっぱいお金を貰っていて、小さいステッカーや隅っこはさすがにまずい)

だんだん、解ってくると「売ってない!」とか「商品におまけで入ってない!」
って物が出てきます。
そこで「コダワル人」は、カッティングシートを使って「自作」します。
(エスカレートすると、たまに「あほな物」を作ります・・・
 たとえば「555」ではなく「333」とか・・・)

まず、競技車をいっぱい見て「これ、いい!」っていうの(自分の趣味にあう物)を
探してみてください。
専門誌「オートスポーツ」や「レーシングオン」など・・・まだあるかな?
たしか、月2回発行です。

個人的には、昔の「マルボロカラー」や「マニュエッティカラー」や
「JPSカラー」や「ロスマンズカラー」などが好きです。
でっ、製品のステッカーは「同じカラーで決める!」
これは、カッコイイです(モットモ、自作が多くなりますが)

この回答への補足

もう一ついいでしょうか?

トヨタ車にHKSとTRDのステッカーを一緒に貼るって、どうですか?
どちらも好きなので、思わず貼ってしまいそうになるんですけど、
パーツならパーツで、統一した方がいいですか?

それと、トヨタ車だったら、ビバンダム君よりはブリヂストン。
BPよりはカストロールがはまっているように思うのは気のせいですか?

定番メーカーを教えて頂けると嬉しいです。

補足日時:2002/03/31 11:34
    • good
    • 0
この回答へのお礼

お返事ありがとうございます。

そうそう!
どこかのHPで「555」ではなくて「ららら」ってスバル車を
作った方を見かけました。かなりウケましたね。「いい!」です。

お礼日時:2002/03/31 11:33

このQ&Aに関連する人気のQ&A

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Qタイヤがすぐ茶色くなってしまいます

新しいタイヤでも、半年もすると茶色っぽくなって汚くなってしまいます。
他の車を見るとそんなタイヤはあまり見ないので、たぶん自分のメンテの仕方が悪いのだと思いますが、どうしてこんなに茶色くなってしまうのでしょうか?

タイヤには保護のために時々アーマオールを塗るのですが、これがいけないのでしょうか。
アーマオールは昔からタイヤをはじめゴム・樹脂メンテの基本アイテムとさせていますが、茶色くなった部分をよく見ると、どうも塗った形に筋になっているようにも見えます。

ただ、車はいつも雨や日光の当たらない室内型の立体駐車場に止めており、せいぜい週末に乗る程度、年間3千キロぐらいしか走りません。
アーマオールで塗れた部分が汚れを吸い寄せているのかとも思いますが、それぐらいの走行距離なのでそんなに汚れるとも思えません。(都市部なので未舗装のところを走るようなこともありません)

この茶色い原因はなんなのでしょうか?
また、タイヤのメンテについてアドバイス等ありましたらお願いします。

Aベストアンサー

元Sディーラー勤務、現役整備士です。タイヤが茶色くなるのはタイヤの成分と汚れが混ざった物なので特に不具合が出る訳ではなく、気にしなければ別にそのままでのいいのですが、気になる様でしたら落とせなくはありません。私の場合は仕事で使用している床洗剤(結構強力で業務用エンジンクリーナーと同じ洗浄力があり、尚且つエンジンクリーナーの半額以下)を使用していますが、一般の方で一番近い製品は「マジックリン」です。作業は家庭でも出来ますが出来れば高圧洗車機のある「コイン洗車場」の方が都合が良いでしょう。まず、洗剤は原液では強過ぎるので、2~3倍に水で薄めてスプレーでタイヤに吹き付けます。すると見る間に茶色い「煮汁」が出て来ますので、洗車ブラシでよく擦ります。その後水でよく流し(出来れば高圧洗車機で)、乾いて来ると汚れの落ち具合が判りますから落ち切れていない時は同じ作業を繰り返します。完全に落ちたら業務用と同じ「水性タイヤワックス」を満遍なく振ります。水性タイヤワックスはこれ見よがしに「不自然な真っ黒」にしませんが皮膜が薄いので、乾いたら繰り返し(タイヤが古いとゴムが吸ってしまう為回数が増える)振ってやるとそれはもう、綺麗な「真っ黒タイヤ」になります。あまり真っ黒が好きでなければこの状態から高圧洗車機でタイヤワックスを飛ばせば店に並んでいる「新品タイヤ」風の色つやになりなかなかイイです。水性タイヤワックスはカー用品販売店で入手出来ると思いますが、もし見つからない場合は洗車機の有るガソリンスタンドでお願いして小分けしてもらってもイイでしょう。高くても1L2000円位です。私今までこの方法で国産タイヤからミシュラン、ピレリ、更にはハンコックに至るまで中古タイヤの仕上げをして来ましたが不具合は一度も有りません。但し洗剤に強力な物を使いますので、実行するかどうかは自己責任でご判断の上お願いします。尚、タイヤにアーマオールは止めた方がいいです。タイヤとの相性(ミシュランとか)によってはサイドに細かい亀裂が入る事があります(私のバイクのタイヤで実証済み)。

元Sディーラー勤務、現役整備士です。タイヤが茶色くなるのはタイヤの成分と汚れが混ざった物なので特に不具合が出る訳ではなく、気にしなければ別にそのままでのいいのですが、気になる様でしたら落とせなくはありません。私の場合は仕事で使用している床洗剤(結構強力で業務用エンジンクリーナーと同じ洗浄力があり、尚且つエンジンクリーナーの半額以下)を使用していますが、一般の方で一番近い製品は「マジックリン」です。作業は家庭でも出来ますが出来れば高圧洗車機のある「コイン洗車場」の方が都合が...続きを読む

Qレカロって本当にいいですか?

はじめまして、当方現在 インテR96ユーザーです、もちろん純正レカロです。
かれこれ、もう14年落ち なのでトヨタ86を購入を考えています。
で、今度フルバケを付けよう 思っています、レカロて10万以上しますよね、スパルコとかブリッツだと
かなり リーズナブルな価格ですけど、やはりレカロは、高いだけの、価値は、有るのでしょうか?
レカロブランドは、確かに、有ると思いますけど、皆さんレカロ スパルコ ブリッツなど インプレッションなど お聞かせください、当方サーキットは行きません、通勤ルートは、いい峠道は有ります。
ちなみに昔AE86ユーザーでした。よろしくお願いします。

Aベストアンサー

 おクルマの研究で食ってる者で、過去にシートも研究ネタの一つでした。

 直接の回答ではありませんが・・・・『レカロ神話』を切り崩すネタを2つほど。

 日本車がレカロ製シートを採用し始めた頃のことです(日本に於ける最初のレカロ標準車は、JJ=いすゞ・初代アスカのイルムシャーでしたか)。
 当時ユーザのアンケートを集めてみると、意外にもあまり評判がよろしくない。理由は何だろう?と細かく調べると、体重や体格と関係していました。
 レカロの設計体重は日本製シートよりやや大きく、小柄な日本人にはクッションが『硬過ぎる』、またレカロが標準とする体格よりも日本人は小さく、『サイドサポートが邪魔で乗降性が悪い』『座ってしまうと意外にブカブカで、サポートがイマイチ』等々・・・・中には、『乗り難くて腰を痛めた』というヒトまで出る始末・・・・(ドイツでは杖や腰痛ギブスの様な医療器具として認められているレカロで腰を痛めるとは!!!)
 レカロ=よいシート、と盲信していない『シートの知識がなく、純粋な判断が出来るヒト達』にとっては、レカロは理想的なシートではなかったという結論です。

 また、運転操作性の研究をしていた時のこと。
 レカロは『直立姿勢に近い脊椎形状』を理想として、シートバックをその様に成型しています。確かに解剖学的にはこれは理にかなっているし、疲労度が最も少ない姿勢と言えるのですが、『機械としてのクルマの操作性』を追及していくと、レカロ=理想では無さそうだ、という事になりました。(シングルシートのフォーミュラーカーや耐久レーシングカーなどでは、ドライバが最も運転し易いと感じる姿勢そのものに合わせてシートを成型しますが、この様に作られたシートのシートバックは『直立姿勢』にはならず、ずっと『ネコ背』になります。直立姿勢では何故ダメか?これは人体の骨格モデルから説明がつくのですが、その話は御質問から外れるのでいずれまた。)
 この点でもまた、レカロは理想的なシートではなかったという結論になります。(但し、レカロの名誉の為に?付け加えると、レカロでも競技専用とされているフルバケットの、通称『スルメレカロ』は、明らかに直立姿勢を無視してネコ背で成型されています。ワタシが気付いた内容は連中もよく判っていて、ロードカー用では疲労軽減を優先しているということなんでしょう。)

 以上、レカロは別に理想でも万能でもありませんよ、っという話です。(全く個人的な都合で発言してしまうと・・・・運転姿勢は、スパルコが最も『クルマという複雑な機械の操作』には向いていると思います。ただスパルコの場合、あの表皮を何とかしないと・・・・決してレカロにはなれないでしょうねぇ。)

 最後に、御質問とは関係ありませんが、ついでにレカロに関するマメ知識など。

※レカロは、シートバックの形状とかスポーツ走行時のホールド性などより座面クッションとそのバックアップスプリング(ダイメトロールと呼ばれるダイアフラムスプリングです)が生み出す振動特性にこそ大きな価値があるのですが(比較的体格の良いヒトがレカロシートを異常に疲れないと感じるのは、実はこの振動特性に依るところが大きいです)、ま、シートのホールド性にしか目が行ってない若いヒト達には、この価値は気付き難いでしょう。

※レカロシートを日本で一気に普及させた立役者?いすゞのJT150/190とJT191(初代FFジェミニと2代目FFジェミニ)のレカロシートは、ホンモノではありません。
 いすゞ自動車・乗用車開発本部があった藤沢工場の近所の国松工業(現・アイテス)がライセンス生産したモノです。
 但し、いすゞの当時の小型車研究実験部ではレカロシートが平均的日本人に合わない事を当初から見抜いていたフシがあり、座面をやや短くするなど、オリジナルの設計に対して日本人体型に合わせた改良が加えられています。
 その他の設計はレカロオリジナルを忠実にトレースしており、ワタシが絶賛してやまない座面の振動特性なども、オリジナルの特徴をよくキープしていました。
 平均的日本人体型のヒトにとっては、オリジナルレカロより国松製レカロの方がよいかもしれません。

・・・・

 おクルマの研究で食ってる者で、過去にシートも研究ネタの一つでした。

 直接の回答ではありませんが・・・・『レカロ神話』を切り崩すネタを2つほど。

 日本車がレカロ製シートを採用し始めた頃のことです(日本に於ける最初のレカロ標準車は、JJ=いすゞ・初代アスカのイルムシャーでしたか)。
 当時ユーザのアンケートを集めてみると、意外にもあまり評判がよろしくない。理由は何だろう?と細かく調べると、体重や体格と関係していました。
 レカロの設計体重は日本製シートよりやや大きく、小柄な日...続きを読む


人気Q&Aランキング