穀物相場の会員制のHPでの海外の穀物相場の情報を訳すことになりました。
「英語・翻訳」のカテゴリーでは質問に回答をいただいたのですが、よくわからないことがあります。

●そもそも「穀物相場」というのは、何ですか?記事を読むと、いつもいつも先の生産の予測をたてていますよね?その「予測」が大切なのですか?

●その「先の生産の予測」を誰が利用するのでしょうか?関連サイトを見ると、「委託者」が「委託会員」に「取引所(先物市場)」の売買を支持、「委託会員」によって取引が成立すると、それを「委託者」に売買報告書として提出する。ここまでは図でわかるのですが、そもそも、何のために取引をするのでしょうか?

●私の訳している記事では「~地方に雨が降り気温が低くなったため、コーンの成長に影響がでそうだ」とか、やたら天候と食物の生育や収穫のことを気にしているのですが、それが「相場」を決める大切な「情報」だからですか?私が訳しているような情報を伝える「報告書」を特定の人が読んで、取引の「参考」にする、ということですか?

●報告書の中では「粗粒穀物の世界生産」がアルゼンチンのコーン生産が低くなる予想から前月予想より少し減少しているが、エジプトのコーン生産とソルガム生産が少し伸びる予想で「一部相殺」される。という風に、しばしば「相殺」という言葉が出てくるのですが、この穀物相場において「相殺」にはどのような意味があるのでしょうか?

●私が参考にした「報告書の訳文」では生産が「前の月に比べ減(増)」となっており、私が実際に訳す「報告書の英文」は「前の週に比べ・・・」となっているのですが、いつの生産と比較するのかは、その報告書によって違うのですか?

●「報告書」を読む人々は、どんな情報を一番に求めているのでしょう?

以上、穀物相場の知識のある方、ご回答よろしくお願いいたします。

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (3件)

ご質問の順に回答して行きますが、これによってあなたが「断片的な」知識を得ても、シカゴ穀物相場についての全体像を把握しないことには、ご質問にもあるように、自分が一体何を翻訳しているのか、さっぱり分からないままで終わってしまいます。



ですから、これからも穀物相場についての翻訳を続けようと思っていらっしゃるのでしたら、「シカゴ穀物相場」や「先物(さきもの)市場」についての解説本を、まず一冊でも読んでみることをお奨めします。

さて、回答に移りましょう。

●穀物相場とは、文字通り、ある特定の穀物(例えばコーン)の相場のことです。株式相場・為替相場・米相場・金(きん)相場などと同じように考えれば良いでしょう。

相場があるということは、その価格(値段)の変動(高くなったり安くなったりすること)を利用して、利ざやを稼ごうとする人たちがいます。
こうした人たちは、常にこれから先、相場がどのように動くのかを「予測」できなければ話になりません。いろんな材料(情報)をもとにして、自分なりの予測を立て、できるだけ「安く買って」「高く売ろう」とするのです。

●何のために取引をするのか
これは、上の説明でお分かりでしょう。売買で利益を上げるためです。

●天候と収穫
これも、ご想像できるでしょう。穀物の生産高は、天候にもっとも左右されます。例えば「今年のアメリカの天候(長期予報)はどうなっているか」は、重要な予測材料です。

●相殺
天候のほかにも、当該穀物の需給も重要な相場予測材料です。ある国での生産高が減少する見込みでも、別の国での生産高が増加すると予想されれば、「相殺」されて、世界全体での供給量に大きな変動はないだろうとの「予測」が立ちます。

●報告書による予測頻度(ひんど)の違い
実際に取引している人たちが、どんな情報を必要としているかによって、報告書(レポート)の内容は違ってきます。

週単位の予測を必要としている人もあれば、月単位の予測を好む人もいます。これは、小さな(毎日の)相場変動を利用する人もあれば、大きな(例えば四半期ごとの)相場変動に注目している人もあるからです。

●どんな情報が一番求められているか
これも人によってさまざまです。でも、穀物相場にとって天候予測と需給予測は、ともに重要な要素ですから、あなたが訳しているレポートにも頻繁に出てくるのです。

繰り返しになりますが、全体像をつかむことが、あなたの翻訳作業には一番求められていることですので、大きな書店で関連の本を一冊探してみたほうが、適切な訳をするための近道だと思います。

今回は、この程度の説明でよろしいでしょうか。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

kobeccoさん、何度もお世話になっています。回答をありがとうございます。
kobeccoさんをはじめ、みなさんにわかりやすい説明をしていただいて、だいぶイメージはつかめてきたのですが、やはりまず関連本を読まないといけないな、と思いました。
こちらで質問することで、簡単に回答をいただくのは何だか楽をしているような気がしたのですが、いかんせん何処にも聞ける場所がなく・・。
本当にお知恵を貸していただいて助かります。
一度本を読んでみて、またわからない部分が出てきたら質問するかもしれません。
またお目にとまったときは宜しくお願いいたします。
がんばってみます。
ありがとうございました!

お礼日時:2002/03/31 06:33

こんにちは。


一応回答になるか分かりませんが、回答させて頂きます。

●そもそも「穀物相場」というのは、何ですか?記事を読むと、いつもいつも先の生産の予測をたてていますよね?その「予測」が大切なのですか?
●報告書の中では「粗粒穀物の世界生産」がアルゼンチンのコーン生産が低くなる予想から前月予想より少し減少しているが、エジプトのコーン生産とソルガム生産が少し伸びる予想で「一部相殺」される。という風に、しばしば「相殺」という言葉が出てくるのですが、この穀物相場において「相殺」にはどのような意味があるのでしょうか?

上記の疑問は下記の説明になりますが・・・

A:穀物相場は分かり易く例えるのであれば、株式取引に似ています。株は株式会社の発行される株を商品とし、穀物相場は、トウモロコシ・大豆・小豆・コーヒー豆等の穀物を商品としています。商品先物取品の一部に成ります。
「予測」が大切かは、簡単です。世界中の穀物類が減少すれば、価格は上昇します。世界中に穀物類がありふれれば、価格は、下降します。
ですから、穀物を必要にしている方は、安く購入したい訳ですし、安く買える情報・タイミングを知りたいと思います。これが、「予測」の大切さですよね。
今や、世界の穀物の生産性は把握されており、どの国で何%生産出来るかも把握されています。その為、A国が今までに無い50%減少の生産率で、逆にB国が今までに無い50%増加の生産率だとすれば、+-0と言う事で、価格に大きな変化は無いと考えられます。この様な事が「相殺」です。

●その「先の生産の予測」を誰が利用するのでしょうか?関連サイトを見ると、「委託者」が「委託会員」に「取引所(先物市場)」の売買を支持、「委託会員」によって取引が成立すると、それを「委託者」に売買報告書として提出する。ここまでは図でわかるのですが、そもそも、何のために取引をするのでしょうか?

上記のご質問ですが、
商品を購入する為、もしくは、投資商品の為に購入したり、売ったりしています。

●私が参考にした「報告書の訳文」では生産が「前の月に比べ減(増)」となっており、私が実際に訳す「報告書の英文」は「前の週に比べ・・・」となっているのですが、いつの生産と比較するのかは、その報告書によって違うのですか?

上記のAですが
失礼ながら、上記のQの報告書?が良く分かりかねます。
一言、ご説明を添えさせて頂くと、例えば、コーンでも1品だけではありません。

●「報告書」を読む人々は、どんな情報を一番に求めているのでしょう?

A:新鮮な情報と確かな情報です。しかし、相場というものは、いろいろな情報等で変動します。報告書のみで左右するのはどうかと思います。為替・情勢等々さまざまな情報収集をしていかなければ・・・

少なく、分かりづらい回答ですみません。
お仕事、がんばって下さい(^^)
    • good
    • 0
この回答へのお礼

broi さん、早速の、それもとても細かい説明をありがとうございます。
だいたい~~だろうなぁ・・と想像していたことが、噛み砕くように説明してくださることによりはっきりとしてきました。
この分野のことを知りもしないのに、翻訳だけするなんてことはいけない気がするのです。
たぶんそのような訳では、読んでいる人が欲しい情報が届けられないと思います。
自分にはこれと言った得意分野はありませんでした。
もしもこれをきっかけに、この分野を少しづつ知って自分の分野にしていけるのなら、こんなにありがたいことはありません。
これも縁かなぁと思います。
回答をいただいて本当に勉強になりました。
今日関連本を購入して読んでみます。
それでもまたわからないことが発生したとき、どこかでお目に止まったら
ぜひ宜しくお願いいたします。
回答、ありがとうございました。

お礼日時:2002/03/31 06:18

ほとんどの疑問は、「先物」とは何かということが理解できれば解決すると思います。

日本経済新聞社「商品先物取引入門」あるいは類似の本を読まれることをお勧めします。

「相殺」ということは、影響が打ち消しあう(結果的に世界全体の生産量に影響を与えない)という一般的な意味で使っているものと思います。

どんな情報を一番に…という質問は難しい質問ですが、正確で早い情報かなぁと思います。
穀物相場に特別の知識はありませんが、呼び水になればと思い回答させていただきました。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

shadow81さん、早速のご回答、ありがとうございます。
やはり本を読むのがいいですね。
今日10時の開店をまって、書店で探してこようと思います。
経済のことはさっぱりで、こんな質問に目をとめてくれる人がいるだろうか?と
実はとても不安でした。
でも丁寧に回答をいただいて、これからもがんばろう!という気持ちになりました。
本当にありがとうございます。

お礼日時:2002/03/31 06:05

このQ&Aに関連する人気のQ&A

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Q本命向けバレンタインチョコの相場価格(笑)

もうすぐバレンタインですね。
ところで皆さんの本命向けバレンタインチョコの相場価格っていくらぐらいなのでしょうか?安いと助かるけれど自分で自分に「なんだかな~」という気がするし、あんまり高いのは正直お財布がイタイです。義理もあるし。。。

毎年テキトーに送っていましたが、今年は皆さんの意見を参考に、真面目に選ぼうかと思っています。よろしくお願いします。

Aベストアンサー

はいNo.♯5です。
50円のチョコでも喜びますよ~(笑)

申し訳なくなる金額ってのは、相手の方によりますね~。

具体的に言っちゃうと、例えば昔、姪っ子がいまして(今もいますが)
当時11歳くらいだったかな?
よく子供の頃にあるように、「お兄ちゃんのお嫁さんになるの~」みたいな子だったんです。
でまぁ、2月14日にチョコレートを貰ったんですが、
月に3000円のお小遣いのその子がくれたチョコレートは何と一つ1000円するんですよ。
月収(?)の三分の一ですよ。
そこまでお兄ちゃんを慕ってくれるのか…!と涙ちょちょぎれる反面、
やっぱりちょっと申し訳ない気分になりました(笑)

要するにこう…明らかにそれを買う事で物凄い負担がかかっているのが丸わかりだと、
やっぱりちょっと申し訳ないと思っちゃいますよね~。

平均的な収入で働いてる方でしたら、1万円を超える事態はちょっと申し訳ないと思いますね~。
以前諭吉さん数人がかりで攻めて来られた時は、さすがにお礼をするにも色々必死でした…。

Q固定相場制と変動為替相場制

固定相場制と変動為替相場制
調べたら固定為替相場制は、為替相場の変動を固定もしくはごく小幅にする制度とありました。。
ここで出てくる為替相場というのは外国通貨と自国通貨の交換比率のことですか?
だとしたら交換比率ってなんでしょうか? イメージが全然わきません。。。

変な質問ですみません。タイトルの2語と為替相場の交換比率について小学生でも分かるように説明してくださる方がいらっしゃいましたら是非教えてください!

Aベストアンサー

第一次世界大戦後、一度は国際通貨制度として古典的な金本位制度が復活しました。
しかし、再度停止され、各国は輸出を伸ばすため為替レートの切り下げ競争に走るなど、為替管理強化を図ります。

それが第二次世界大戦勃発の経済的要因であったという反省から、1944年にアメリカのニューハンプシャー州のブレトンウッズで国際通貨基金協定などが結ばれました。

その中で、IMF(国際通貨基金)が発足します。
金だけを国際通貨とする金本位制を採用せず、ドルを基軸通貨として金とならぶ国際通貨とする制度を作りました。
これをブレトンウッズ体制とかIMF体制、あるいは金ドル本位制といい、為替レートの変動という観点からは固定相場制とも呼ばれています。

この通貨制度は、まず金を基準にドルの価値を決め、さらにこのドルに対して各国の通貨の交換基準が決められました。(当時、金1オンス=35ドルでした。)そして、為替相場の変動は平価の上下1%以内に抑える義務を負うことになりました。

日本では1949年に1ドル=360円と定められ、1958年IMF(国際通貨基金)によりIMF平価として登録されました。

参考URL:http://www.fxprime.com/excite/bn_ykk/ykk_bn09.html

第一次世界大戦後、一度は国際通貨制度として古典的な金本位制度が復活しました。
しかし、再度停止され、各国は輸出を伸ばすため為替レートの切り下げ競争に走るなど、為替管理強化を図ります。

それが第二次世界大戦勃発の経済的要因であったという反省から、1944年にアメリカのニューハンプシャー州のブレトンウッズで国際通貨基金協定などが結ばれました。

その中で、IMF(国際通貨基金)が発足します。
金だけを国際通貨とする金本位制を採用せず、ドルを基軸通貨として金とならぶ国際通貨とする制度を...続きを読む

Q車の下取り価格相場を教えてください。CRZを2年後に売却すると??

車の下取り価格相場を教えてください。CRZを2年後に売却すると??

現在トレノAE110(FZ)に乗っているのですが、車の調子がいまいちで、乗換えを考えています。
FT-86が乗り換えの第1候補なのですが、発売が11年末予定とされているだけに、
それまで車が持つのか、発売がもっと遅くならないかを心配しています。

そこで、候補として以下3つを考えています。

1案:とにかく今のFZが走る限り乗り続けてFT-86が出るのを待つ
2案:FT-86を買う前に、CRZを購入 → FT-86が発売後すぐに乗り換え
3案:手ごろな中古(AE111(BZ-R),インプ(丸目)など)を購入 → FT-86発売後すぐ乗り換え

今のところ1案が無難かなと考えているのですが、2案と3案を比較した場合、
FT-86を購入する前までや、購入時にかかる費用としては、どっちが安いのかを知りたいです。

今、CRZを購入(乗り出し250万前後?)した場合、2,3年後にいくらくらいで
下取りしてもらえると考えますか?
もしかして、インプレッサ(STI,NB)などを120万前後で購入するよりも、
コストパフォーマンス的に有利になったりするのでしょうか?予想を聞かせてください。

※ちなみに今のFZは来年2月に車検,クラッチのオーバーホールを車検時にした方がいいのかなぁという感じです。

車の下取り価格相場を教えてください。CRZを2年後に売却すると??

現在トレノAE110(FZ)に乗っているのですが、車の調子がいまいちで、乗換えを考えています。
FT-86が乗り換えの第1候補なのですが、発売が11年末予定とされているだけに、
それまで車が持つのか、発売がもっと遅くならないかを心配しています。

そこで、候補として以下3つを考えています。

1案:とにかく今のFZが走る限り乗り続けてFT-86が出るのを待つ
2案:FT-86を買う前に、CRZを購入 → FT-86が発売後すぐに乗り換え
3案:手ごろな中古(...続きを読む

Aベストアンサー

考えるまでもなく1案が一番安く

繋ぎの車(3案)を探すのは、トレノに重篤な故障(ボディーが腐ったとか、エンジンブローとか)が出てからでも良いのでは?

車の下取りは基本的に新車価格の半額以下と見ておいたほうが良いでしょう。

Q変動相場制と固定相場制を比べて

固定相場制が変動相場制よりも優れている点は何なんでしょうか?また、優れていない点は何なんでしょうか?
図書館などで文献を探して調べてはいるのですが、よく分からずにいます。

Aベストアンサー

固定相場制の利点
・物価が安定する。
・安定した為替で経済の見通しが付きやすい。
・財政政策の効果が大きい。
欠点
・他国との経済力の関係に変化が起きた時に対応できない。
・他国の経済情勢の影響を受ける。
・金融政策の効果が薄い。
・投機に狙われる。


こんな感じですかね。
利点の説明
・物価が安定する+安定した為替で経済の見通しが付きやすい。
常に同じ価格でモノが売れ、モノが買えるので物価は安定しますし、経済の見通しが付きやすいです。
・財政政策の効果
財政政策によって金利が上昇しても、海外からの資本流入によって金利が下がるので財政政策の効果が大きく発揮されます。

欠点の説明
・他国との経済力の関係に変化が起きた時に対応できない。
そもそも固定相場制は理論的には、国際的通貨の価値を一定にする代わりに、国内経済の好不況と物価を変動させるシステムです。
つまり、日米両国があり、日本に比べアメリカの経済力が落ち込んだら、アメリカの物価(アメリカ人の給料)を下落させる事、もしくは日本の物価を上昇させるによって、均衡を保つという制度な分けです。
しかし実際は、賃金は労組などの影響で余り下げることは出来ず、価格も小売店やメーカーの意向によって下がり難いわけです。
そうするともっと安く作れる日本の企業がもっと安い輸入品を売りつけてくるので貿易は不均衡なモノになります。

例えば、日本とアメリカの経済力が1:100あり、当時の円ドルレートが100:1だったとします(現実のレートではありません、簡略化したモデルです)。
この時は、お互いギブアンドテイクで貿易が成り立つわけです。
しかしここで日本が技術革新を起こし、今より安くモノを作れるようになったとします。
その場合、日本からの輸出は増え、海外からの輸入は減るでしょう。

これが、もし変動相場でしたら貿易黒字は円高を招き、日本製品の海外価格(ドルでの価格)は上がり、海外製品の輸入価格(円での価格)は下がるので貿易黒字は自動的に調整されていきます。
しかし、固定相場制の下では為替は一定ですから調整機能はありません。ただ只管貿易黒字が外貨準備として積みあがっていくだけです。

まだ貿易黒字の場合はマシです。ドルが余り円が足りないのですから、円を輪転機で刷ればいいわけです。
しかし、赤字の場合は悲惨です。
まず、自分で作るよりも輸入した方が安いから何でも輸入するわけです。しかし、輸入しても輸出をするものが無ければ、いずれ輸入代金であるドル(外貨準備)が足りなくなります。そうすると輸入が出来なくなるわけです。
資源などの輸入が止まればインフレが起こり、さらに国内外の価格差は広がりどうしようもなくなります。
その結果、国内の生産者は大打撃を喰らう事になるでしょう。
多少のダメージは生産者の発展を促す活力になる事もありますが、立ち直れないほどぼろぼろになってしまうとどうしようもないわけです。

・他国の経済情勢の影響を受ける。
固定相場の下では、海外でインフレが起こると輸入品はそのまま値上がりします。これが国産で大寒出来るならば良いのですが、出来ない場合外国のインフレの影響をモロに受けます。

・金融政策の効果が薄い。
固定相場の下では、金利を下げると海外からの資金が流出してしまうので金利が下げられません。
1ドルが常に100円であれば、日米どちらかの金利の高い預金口座を選ぼうかという話になるわけです。
これが間に変動相場だと、円の金利が上がった場合資金が流入するので円高が進みます。そのことにより資金流入はとまり、逆に資本輸出が活発になるので均衡が取れるわけです。

・投機に狙われる。
通貨のレートがあまりに現実からかけ離れていると、通貨のレートを変更するわけです(切り上げ、切り下げ)。しかしそんなこと皆分かっているわけですから、その頃には切り上げられそうな通貨に買いが、切り下げられそうな通貨に売りが殺到します。

固定相場制の利点
・物価が安定する。
・安定した為替で経済の見通しが付きやすい。
・財政政策の効果が大きい。
欠点
・他国との経済力の関係に変化が起きた時に対応できない。
・他国の経済情勢の影響を受ける。
・金融政策の効果が薄い。
・投機に狙われる。


こんな感じですかね。
利点の説明
・物価が安定する+安定した為替で経済の見通しが付きやすい。
常に同じ価格でモノが売れ、モノが買えるので物価は安定しますし、経済の見通しが付きやすいです。
・財政政策の効果
財政政策によって...続きを読む

Q政治が為替、株式の相場に与える影響は?

今の経済、景気を判断する重要な指標に、株式相場、為替相場がある事は、何となく、分かります。

毎回、ニュースで、相場の数字を必ず、伝えていますものね。

・・で、相場が、景気や経済に影響すると言うのも、何となく、分かります。

・・・で、景気や経済を良くしようと、政治が、頑張っているのも、何となく分かります。

・・・となると、政治は、相場を良くしようと、いろいろ考えているのではないか?

素人考えで、そう思ってしまいました。

・・でも、政治が相場を自由に操作が出来るとも考えにくく。。。。。

だけど、逆に、相場に対して、何も出来ない、無力と言うのも考えにくく・・・。

実際のところ、政治が、為替、株式の相場に与える、影響力は、どのようなもの?そして、どの位あるのでしょうか?

雲をつかむような、答えにくい、あいまいな、質問で、申し訳ないです。ふと、思いつきで興味は持っただけなので。。。。

よろしくお願いします。

Aベストアンサー

政治が為替に影響を与える方法は,大きく分けて三つあります。

1つ目は,直接的な介入する方法です。
よく為替介入などとニュースで言われる政策です。
日本では,政府の要請によって日本銀行が実行します。
急激な円安に対応するためドルを売って円を買ったり,逆に急激な円高に対応するため円を売ってドルを買ったり。
そのための資金も準備金として積み立てて用意しています。
一つの国が単独で介入するのを単独介入,複数の国の通貨当局が協議して同時または連続的に為替介入を行うことを協調介入と言います。
政府による為替介入は,国際的な自由競争を阻害するとして,嫌われる傾向にあります。
2003年に円高を調整するために,日本政府は隠れてこっそり介入し,それがバレて国際社会に大顰蹙を買ったことがありますね。
どうしようもなくなった場合など,止むにやまれない状況に陥った時に緊急回避的に行われます。

もう一つは,金融政策と呼ばれるものです。
主に,景気が悪い時に行われる金融政策を金融緩和といい、景気が過熱しバブルになりそうなときに行われるのを金融引き締めといいます。
市場に出回っているお金の量を調整することで,金融相場を安定させようというのが目的です。
お金は少なすぎても多すぎても経済に悪影響を起こします。
そこで,丁度いい量になるように調整するわけです。
これによって、為替の安定・雇用の安定・国際収支の安定・物価の安定などが図られます。



最後は,間接的な影響です。
これは,政府が行うあらゆる制作が当てはまります。
わかりやすい例でいえば,公共事業で道路を作ったりすること。
道路を作るためには多くの人手がいるので,雇用対策となります。
直接道路を作ってる現場の人たちはもちろん,道路の材料になるアスファルトとかコンクリートとか作ってる人,建築機材を作ってる人,その部品を作ってる人・・・・と国から二重三重にお金の流通が広がっていき,賃金UP,UPした賃金で贅沢したりして消費が増え,景気が回るようになります。
他にも,規制緩和を行うことで,今まで参入できなかった企業が新たな分野に進出したり,福祉政策の強化によって医療関係の市場が活気ついたり・・・・。
直接・間接を問わず,影響を与えることになります。
つまり,政治の全てが経済に(多かれ少なかれ)影響を与えています。


>実際のところ、政治が、為替、株式の相場に与える、影響力は、どのようなもの?そして、どの位あるのでしょうか?

この質問に答えるのはかなり難しいですね。
昨今の円安と株式相場の値上がりは,アベノミクスという安倍内閣の政策に対する期待感が影響していたものと思われます。
所謂,アナウンス効果と云われるもので,その弊害として「実質経済が伴っていない」などと批判されるものですね。
こういうのは分り易いのですが,実際の経済に政府の政策がどこまで影響したのかは,多くの専門家が分析していますが,論者によって評価はマチマチでなかなか難しい問題です。
それでも,世の中を良くしようというのが政治の役目なのですから,どんな結果になるとしてもやってみなければ分かりません。
まぁ,それ以前には慎重な判断が試されるわけですが。

ではでは、参考になれば幸いです

政治が為替に影響を与える方法は,大きく分けて三つあります。

1つ目は,直接的な介入する方法です。
よく為替介入などとニュースで言われる政策です。
日本では,政府の要請によって日本銀行が実行します。
急激な円安に対応するためドルを売って円を買ったり,逆に急激な円高に対応するため円を売ってドルを買ったり。
そのための資金も準備金として積み立てて用意しています。
一つの国が単独で介入するのを単独介入,複数の国の通貨当局が協議して同時または連続的に為替介入を行うことを協調介入と言います...続きを読む

Q国定相場制と変動相場制のメリットとデメリットについて

こんにちは。
早速ですが、質問をしたいと思います。
国際的な資本移動の動きが大きくなった状況下での、固定相場制と変動相場制のメリットとデメリットについて教えてください!お願い致します。

Aベストアンサー

「国際的な資本移動の動きが大きくなった状況下で」は、固定相場制は事実上成立しません。

もし、日米間の為替相場(ドル/円相場)が固定相場制に戻ったとしたら、日本の金融当局(財務省・日銀)は、円の金利水準を自由に決められなくなってしまいます。つまり、米ドルと円の金利水準を同一にしなければならず、完全にアメリカの金融政策に従わざるを得なくなります。

日本の外貨(米ドル)預金を例にとって、説明しましょう。

固定相場制になると、為替相場の変動がないのですから、米ドルのほうが円より金利が高ければ(現在のような状態)、預金者は為替相場を心配することなく、いくらでもドルを買って預金することになります。つまりドル高・円安に相場は動きます。ところが、固定相場制ですから、通貨当局は限りなくドル売り・円買い介入をし続けなければならなくなります。さもなければ、ドル預金の魅力がなくなる水準まで、円金利を引き上げなければなりません。

景気刺激の目的で金利を低くおさえておきたいという金融政策は、ドルの金利高が続く限り、採れなくなってしまうのです。
現在は、円金利がいわゆる「ゼロ金利」で、異常な状態が続いていますが、たとえこれが正常な水準まで戻ったとしても、もしアメリカがインフレの状態で、金利を高く誘導していれば、日本もこれに従うことになって、日本経済の実態を反映しない高金利にせざるを得なくなります。

固定相場制なら、輸出・輸入業者は、為替の変動を気にすることなく貿易が出来ますから、それなりのメリットはあります。しかし、繰り返しになりますが、現在のように資本の移動が自由化されている状況では、固定相場制は成立しません。

「国際的な資本移動の動きが大きくなった状況下で」は、固定相場制は事実上成立しません。

もし、日米間の為替相場(ドル/円相場)が固定相場制に戻ったとしたら、日本の金融当局(財務省・日銀)は、円の金利水準を自由に決められなくなってしまいます。つまり、米ドルと円の金利水準を同一にしなければならず、完全にアメリカの金融政策に従わざるを得なくなります。

日本の外貨(米ドル)預金を例にとって、説明しましょう。

固定相場制になると、為替相場の変動がないのですから、米ドルのほうが円...続きを読む

Q悲しくなりました、旧FF14極イフを倒して入手したレリックが久々にログインしたらIL80、

旧FF14→2年ブランクで新生FF14に昨夜ログインしました。
2年で変わったことを目の当たりにして悲しくなって泣いてしまいました



できれば旧FF14をご存知のかたに答えていただきたいと思っておりますが、
新生FF14(蒼天FF14)を廃人並みにプレイしているかたでも構いません。

現状の新生FF14とはどのようなもの(雰囲気)なのでしょうか?
3つ質問まとめたのですが、それ以外でも構いません、
どうかよろしくお願いします、


1)
旧FF14で入手難易度高だったレリック(ゲイボルグ)を見たら、
アイテムレベル80(IL80)でした、
現在、蒼天のイシュガルドではIL230の武器があるそうです。

ゲイボルグはもはやゴミみたいなものなのでしょうか・・・? ★
  

2)
旧FF14のとき、禁断装備をかなり作っていました。
もちろん昨夜ログインしたときもその装備のままです。
はじめましてのLSメンバーに、一言「その装備じゃダメやね^^」と言われました。
(その人は旧FF14は知らないそうです)

ILもよくわかっていなかっただけにどこがダメなのかもわからず、
また(頑張って作った)禁断装備だっただけに、悲しくなりました。

現在のFF14では、
旧FF14の廃人装備はもはやゴミみたいなものなのでしょうか・・・?★



3)LSチャットもFCチャットも挨拶だけ。むしろ挨拶すらしない雰囲気?
旧FF14では雑談をたくさんしてました。
嬉しいことながらLSメンバーは変わっていませんでした。
しかし、

【旧FF14】
A:LSメンバー集まってきたからどこいこうか!
B:ガルーダ行ったことないからいきたい!
A:いくひとー!ノ
C:ノ
D:ノノ
E:ノノノ 
A:じゃ、◯◯に集合ーー!!  


【現在のFF14】
A:こんにちは
B:こんにちは
A:おちますー
C:おつー
D:おつかれー。


旧FF14で仲よかったフレンドさんには、
「メンバー変わってないけど、もうあの頃のような雰囲気は戻れないと思う」
「もはや挨拶チャットに化している、」などと教えてもらいました。
(そのフレンドさんも、雑談やバカ話などできない雰囲気で楽しくない、
 でもFFは好きなのでログインは週1だったり、アップデートしたときだけ、と言ってました)


今は、
雑談(今日の夕飯などたわいもない話)などすると痛い子とみられることもあるそうです。

新生FF14では このような(コミュニケーションがほとんど無い)プレイスタイルが
当然なのでしょうか? ★



長文ですみませんが、
以上3つのうち、1つでもいいです、  

旧FF14と新生FF14の雰囲気をご存知のかた、教えていただけませんか?
よろしくお願いします。、

旧FF14→2年ブランクで新生FF14に昨夜ログインしました。
2年で変わったことを目の当たりにして悲しくなって泣いてしまいました



できれば旧FF14をご存知のかたに答えていただきたいと思っておりますが、
新生FF14(蒼天FF14)を廃人並みにプレイしているかたでも構いません。

現状の新生FF14とはどのようなもの(雰囲気)なのでしょうか?
3つ質問まとめたのですが、それ以外でも構いません、
どうかよろしくお願いします、


1)
旧FF14で入手難易度高だったレリック(ゲイボルグ)を見た...続きを読む

Aベストアンサー

旧から初めて新生2年保たずに引退したものです。

1)旧で最強装備だったレリックについて

新生FF14では装備の強さ=ILの高さになります。
クエストで多少強化していくこともできますが、マーケットボードで買った方が早いです。

またレリックに限らず、現在最強の装備もパッチにより新しい装備が追加されるとゴミに
なります。

2)禁断装備に関して

旧では禁断装備作成時に失敗すると装備毎失っていましたが、新生では緩和され禁断で追
加するはずだったマテリアのみ失うため、禁断装備作成の難易度は下がっています。
一方、強化できる上限はILに比例するため、ILの低い装備にいくら禁断をしても、ILの高
い装備よりも性能は低くなります。
また、ほとんどの装備の強さは
 【ダンジョンで拾える装備 > 禁断可能な装備】
で、禁断してやっと同じ程度の強さになるかどうかといったところです。
(一部のステータスに特化することはできますが、強いかというと…)

3)チャットに関して

旧では蛮神戦やIDに行くのに、LSメンバー集めたり掲示板使って募集していましたが、
新生ではコンテンツファインダー(以下CF)という方法で、自動マッチングが行われま
す(一部高難易度コンテンツを除く)
CFは現地へ行く必要もなく気軽に参加できる反面、ユーザー間での関係性が乏しく、攻
略に失敗するとすぐ解散→またCF登録という繰り返しになっています。
旧では(全てではないにしろ)制限時間の中で攻略法をみんなで考えたりといったこと
がありましたが、新生ではほぼ皆無です。
(それどころか、動画サイトで予習して来いと言われるほどです)

FC・LSでのチャットに関しては、雑談しているところはしているという印象ですが、
旧に比べ戦闘中はチャットがしづらいため、会話は少なめですね。


最後に個人的な意見ですが、新生では8人程度の固定メンバーで最新コンテンツを攻略
していくスタイルが主流で、野良で活動していくには厳しいです。
また、会話も少なく、デイリーやウィークリーのノルマを達成するために黙々とコンテ
ンツを周回することになります。
FCメンバーでワイワイと攻略法などの雑談をしながらプレイするといった「MMO」
を望むのであれば、新生FF14は向いていないと思います。

旧から初めて新生2年保たずに引退したものです。

1)旧で最強装備だったレリックについて

新生FF14では装備の強さ=ILの高さになります。
クエストで多少強化していくこともできますが、マーケットボードで買った方が早いです。

またレリックに限らず、現在最強の装備もパッチにより新しい装備が追加されるとゴミに
なります。

2)禁断装備に関して

旧では禁断装備作成時に失敗すると装備毎失っていましたが、新生では緩和され禁断で追
加するはずだったマテリアのみ失うため、禁断装備作成の難易度は下が...続きを読む

Q小学生にも分かるように、固定相場制と変動相場制を教えてください

マル投げはしたくないのですが、

実際ちんぷんかんぷんです。

お助けください。

Aベストアンサー

ご質問は円と外国通貨の交換の相場のことを聞かれているのだと思いますので、一番分かりやすい円とドルの交換の例で説明します。

固定相場制とはドルと円の交換の時の値段を固定しておき、いつでもこれでドルと円の交換がなされる制度です。終戦後日本は1ドル=360円という固定相場制によってドルと円を交換して貿易をやっていました。しかし日本を含む先進国は1972~73年に変動相場制に移りました。米国の貿易収支が悪化し世界的に貿易を盛んにするためには各国が協力して変動相場制に移行する必要があったためです。

変動相場制はドルと円の交換率は需要と供給の関係で決まる相場による制度です。従ってドルを欲しい人が沢山いれば(需要が増えれば)ドルの価値は上がり、例えば今迄1ドル=100円だったものが1ドル=110円になります。米国の経済が上向いて、将来更に米国の景気が良くなると予想すればドルを欲しがる人が増えて更に上がって1ドル=120円になるでしょう。勿論この相場を左右する原因は他にも沢山ありますから一概には言えません。ドル高(=円安)になれば、日本からの輸出は有利になり輸出増加になり、ドル安(=円高)ならその逆です。これがその国の経済に影響を与えます。

一般的に発展途上国は固定相場制、先進国は変動相場制を採用しています。

ご質問は円と外国通貨の交換の相場のことを聞かれているのだと思いますので、一番分かりやすい円とドルの交換の例で説明します。

固定相場制とはドルと円の交換の時の値段を固定しておき、いつでもこれでドルと円の交換がなされる制度です。終戦後日本は1ドル=360円という固定相場制によってドルと円を交換して貿易をやっていました。しかし日本を含む先進国は1972~73年に変動相場制に移りました。米国の貿易収支が悪化し世界的に貿易を盛んにするためには各国が協力して変動相場制に移行する必要...続きを読む

Q中古車オークションの相場

中古車をオークションで購入することを検討中です。いろいろネットで探して、数社に見積もりをお願いしたところ、回答された落札価格がバラバラなのです。どうしてですか?本当の落札相場を個人が知ることはできないのでしょうか?本当の相場を開示している、詳しいデータがわかるサイトはないでしょうか?

Aベストアンサー

こんにちは。

オークション代行業者を通して購入をご検討なんですね。実際自分もオークションを通して中古車を購入したことありますけど、業者選びは大変でしたね。
いろいろ見積もりをお願いしましたが、いったいいくらのっているんだろうと思いましたけど。
僕がお願いしたとこは、JPCとかというとこで、オークションの落札相場も教えてくれましたし、対応は懇切丁寧でしたよ。(たしか、HPからも相場が見れたと思う。その相場が本物であれば、中古車屋は結構のせていますね。)まあ参考までにURL紹介しときます。

参考URL:http://jpctrade.jp

Q米ドル、金本位制 - 変動相場制 について

ある小説の一説に下記のような会話があります。

「・・・・・・・それはいつでも金と兌換できるという実力の裏づけがあっての事だった。しかし、アメリカは、もう三十年も前に金との交換を停止してしまっている。こうしてドルと銘打った紙切れが量産されていく現場にいると、アメリカこそ壮大な紙幣乱造国家だという気がしてくるな」
「まるでアナーキストの意見を聞いているようだ」
「いまやドル紙幣はその七割が海外で流通している。つまり、世界中でアメリカだけが、利子を払う必要の無い『ドル紙幣』という名の米国債を発行している事になる。こんなうまい商売は世界中にたった一つしかない。」

とあります。
で、質問なのですが、「利子を払う必要の無い『ドル紙幣』という名の米国債」とはどういう事なのでしょうか?アメリカが金本位制から変動為替相場制に移行し、その結果ドル紙幣が"実質的に「利子を払う必要の無い米国債」となっている"という事の様ですが、なぜ利子を支払う必要の無い国債であるという位置づけと見ることができるのでしょうか?

経済にお詳しい方々、解説やご説明の書き込みをいただきたく思います。
よろしくお願いします。

ある小説の一説に下記のような会話があります。

「・・・・・・・それはいつでも金と兌換できるという実力の裏づけがあっての事だった。しかし、アメリカは、もう三十年も前に金との交換を停止してしまっている。こうしてドルと銘打った紙切れが量産されていく現場にいると、アメリカこそ壮大な紙幣乱造国家だという気がしてくるな」
「まるでアナーキストの意見を聞いているようだ」
「いまやドル紙幣はその七割が海外で流通している。つまり、世界中でアメリカだけが、利子を払う必要の無い『ドル紙幣』と...続きを読む

Aベストアンサー

今回の問題を理解するためのキーワードをと言う質問ですが、「国際収支表」の仕組みを知ると、対外取引の全体像を把握できるとおもいます。また、「外国為替取引」や「外国為替レート」もキーワードになるかも知れません。
これらのキーワードの概念はgooで検索すると、丁寧な解説が見つかるはずです。
参考書と言われると、国際経済関係の本は無数にあり、迷いますが、読みやすいのは、日経新聞社版 伊藤元重「ゼミナール国際経済入門」はいかがでしょうか。


人気Q&Aランキング