私は25歳の既婚女性です。
イラストレーターとフォトショップを勉強して、印刷会社の制作部へ就職した、駆け出しのグラフィックデザイナー(未経験のためアシスタントのような存在)です。今の実力では到底無理な話なのですが、将来的には企業のCI戦略のひとつである、ロゴマーク・シンボルマークのデザインに携わるのが夢です。
私が入社した会社は200人規模の印刷会社で、会社の過去の実績を見た限りでは、ロゴの仕事は少ないように見受けられました。
そこで質問なのですが、印刷会社はデザイン事務所や広告代理店に比べると、ロゴ作成の仕事は少ないものなのでしょうか?

今の会社で叶わなくても、まずは数年間この会社で広告全般の経験を積んで、ステップアップしてコンサルティングの会社や可能であればSOHOで働くということも視野に入れています。
残念ながら仕事として夢が叶わなくても、個人で制作して公募(市章や校章等)に挑戦するのも楽しいかと思っています。完全に趣味になってしまいますが。

最後に、CI戦略・ブランディング・ロゴマーク制作などについて勉強するにあたって、おすすめの書籍をご存知の方がいらっしゃいましたら、ぜひ教えて下さい。書店では見つからず、アマゾンでも検索したのですが古いものが多く、何を買えばよいのか分からないのです。
どうぞよろしくお願い致します。

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (3件)

印刷会社では、CIに携われる機会はほとんどないと言っていいでしょう。

やはり広告代理店か、コンサルティングを専門にしてる会社に移らなくてはなりませんが、この分野は造形だけ出来てもまったくダメで、ブランディングの理念をしっかり理解してなくてはなりません。それには高度な知識が必要になります。

書籍が古いとの事ですが、古くても構いません。方法論的には今後1000年経っても変わることはないと思います。ただ造形的には、今の流れですと完全固定のCIは古いと思われがちです。様々なバリエーション展開を持ちつつ、なおイメージは統一されているものが流行りつつあります。代表的なもので、テレビ朝日のロゴとかですね。

日本でCIの第一人者と言えば、PAOSの中西元男氏です。氏の著書や、あと宣伝会議社の書籍等をあたられると良いでしょう。

参考URL:http://www.paos.net/,http://www.sendenkaigi.com/
    • good
    • 0
この回答へのお礼

ulmo様
ご回答頂きましてありがとうございます。
やはり、印刷会社では難しいのですね・・。入社したばかりなので残念ですが、自分でできること(勉強)は個人的にやりたいと思います。
ulmo様のおっしゃるとおり高度な専門知識をつけないと、間違いなく憧れで終わってしまいますね。
CIに携わることの出来ない今後数年間は新旧に関わらず様々な専門書を読み漁り、未来につなげていきたいと思います。
また、CIの第一人者である中西元男さんについて知ることができ、とても嬉しく思っております。
参考URLも含め、非常に貴重な情報を頂き誠にありがとうございました。

お礼日時:2006/10/03 00:05

CIに欠かせない企業があります、LandorAssoclatesですCI、VIと言う言葉を作った企業ですからCIを制作されるのであれば、この企業が出版している本をよんで見たらどうでしょう、また、創設者ウォルターランドーが出版している本を読まれてみてはいかがですか。

私も昔、デザイン事務所に勤めていたときによく読みました。その本にCIなどが乗っているページもありますが、モノによってはテキストサイズが整っていないモノもあったりしますが、良く出来てるモノもあるので参考にしてみてはいかがですか。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

samurai02様
ご回答頂きましてありがとうございます。
ランドーアシエイツは存じていましたが、本を出版しているというのは知りませんでした!購入も含め検討してみますね。
デザイン系の専門書は高いので購入前の吟味が大変です。
CIやVIなどの言葉を作ったという事は、ブランディングを最初に始めたのもランドーなのかもしれませんね。

お礼日時:2006/10/21 19:23

あなたがお好きなデザイナーの作品集みたいなものを購入されるのが一番ではないでしょうか?。

温故知新という事もあります、古い書籍でも良いものは沢山あると思います。

お好きなデザイナーがいらっしゃらなくて、迷っていらっしゃるのでしたら、亀倉雄策、田中一光あたりの大御所からどうでしょう?
    • good
    • 0
この回答へのお礼

speedygon様
ご回答頂きましてありがとうございます。
恥ずかしながら、勉強不足で大御所のデザイナーですら全く存じ上げませんでした。そのため作品集を見るという発想もありませんでした。
教えて頂いたデザイナーさんを早速インターネットで検索した所、お二人には著書がたくさんありましたので、これから詳しく調べてみます。
「温故知新」を肝に銘じ、古くても現代に通じる良い本を探そうと思います。

お礼日時:2006/10/02 23:42

このQ&Aに関連する人気のQ&A

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!


人気Q&Aランキング