Looking back, it seems most odd that never once in all the years that I was at school was there any general discussion about careers.

この文はnever once により否定の副詞が文頭にあるので倒置されてあると思うのですが、別に文頭にあるわけではなくてthat 節の初めにあるだけですよね。このようなパターンは初めて見たのですが、英語の文章では普通にあることなのでしょうか。

それと、that I was at schoolはthe years を修飾する関係副詞だと教わったのですが、whenやwhereのように修飾する語がある程度決まっているのに比べて、thatは何の特徴もないと思うのですが、どのようにすれば気づくことができるのでしょうか。よろしくお願いします。

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (2件)

that節のアタマは実質的に「文頭」と考えてもかまいません。

というより、「否定の副詞が<文頭に来たとき>・・・」というルールを、<節の先頭に来たとき>と拡張するほうが実用的かもしれません。だから、この場合の倒置は特におかしくないと思います。

> このようなパターンは初めて見たのですが、英語の文章では普通にあることなのでしょうか。

否定語+倒置 のパターン自体が硬い言い方でそれほど頻出するわけではありませんから、ましてそれがthat節中に来る例は、数としては少ないでしょう。そういう意味では「普通」ではないかもしれませんが、文法に則っているという意味では「普通」ともいえます。

例えば、Googleで次のキーワードを使って検索してみてください。(引用符もつけてキーワードにする。フレーズ検索といいます。Googleの「ヘルプ」を参照。)

  "that never once have"

すると、

The truth is that never once have I been more entertained than when ...

のような例がいくつもヒットします。

> thatは何の特徴もないと思うのですが、どのようにすれば気づくことができるのでしょうか。

特徴のないところがthatの特徴ですね。だから使用範囲がとても広い。あえて言えば、<名詞 that ~>の形をしている場合は、「~する(ような/という)名詞」の意味になると考えてみる、のが役に立つでしょうか。thatは関係代名詞だったり関係副詞だったり接続詞だったりしますが、とにかくthat節が名詞の詳しく説明するという基本構造は変わらない。

[1] the years that I was at school
[2] the years that I spent at school

上の[1]のthatは関係副詞、[2]は関係代名詞ですが、とりあえず「私が~した年」の意味の取れればいい。細かいことを考えるときには、that節の中に欠けた要素があるかどうか(spentの目的語がないとか)に注目するわけです。

参考URL:http://www.google.co.jp/
    • good
    • 0
この回答へのお礼

>that節のアタマは実質的に「文頭」と考えてもかまいません。というより、「否定の副詞が<文頭に来たとき>・・・」というルールを、<節の先頭に来たとき>と拡張するほうが実用的かもしれません。だから、この場合の倒置は特におかしくないと思います。

あ、そうなんですか。どうやら間違って覚えていたようです。

>上の[1]のthatは関係副詞、[2]は関係代名詞ですが、とりあえず「私が~した年」の意味の取れればいい。細かいことを考えるときには、that節の中に欠けた要素があるかどうか(spentの目的語がないとか)に注目するわけです。

that節が関係代名詞の場合、欠けた要素があるのですぐ分かると思うのですがそうでない場合、接続詞のthatや同格のthatかなと思ってしまってなかなか関係副詞だとは気づかないのですが・・・。こればっかりはなれるしかしょうがないんでしょうね。Aliasさんお返事どうもありがとうございました。

お礼日時:2002/04/01 00:18

「否定表現が強調のため文頭に置かれたとき、主語と述語動詞の倒置が起こる」という現象を学んだ後、課題の文章を見て、「否定表現が文頭に来ていないのに・・・」と学習者が反応するとしたら、その指導者って、相当に教え方のセンスが悪いんじゃないか。



 現象を理解しやすくするために、単文で説明するのが定石だろうけれど、英語における言語表現は、複文もあれば重文もあるわけでしょう。

 二番目以降の節でも同様の現象が起こるってことが、すんなりと理解できない・・・「文頭」といったら文字通り「文頭」のことだとしか理解できない・・・そういう学習者を養成している指導者に問題がありそうですね。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

>「否定表現が強調のため文頭に置かれたとき、主語と述語動詞の倒置が起こる」という現象を学んだ後、課題の文章を見て、「否定表現が文頭に来ていないのに・・・」と学習者が反応するとしたら、その指導者って、相当に教え方のセンスが悪いんじゃないか。

ええ、私はまさにそのとおりの反応をしてしまいましたが(笑)。それは私の理解不足のせいじゃなくて指導者のセンスが悪かったんですね。う~ん確かに「二番目以降の節でも同様の現象が起こる」ときくと、何だか裏切られたような感じはします。ずっと単文の例文を見てきたから何でしょうね。ともあれ考え方が修正できたので良かったです。cogitoさんどうもありがとうございました。

お礼日時:2002/04/01 00:27

このQ&Aに関連する人気のQ&A

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Qallとanyの否定文の意味の違いについて

I don't want all sandwiches.
は「私はサンドイッチが全部欲しいというわけではない」と部分否定、
I don't want any sandwiches.
は「私はサンドイッチが全く欲しくない」と全体否定で訳しますが、
allとanyは肯定文ではさほど意味の違いを感じないのに否定文だと意味が全く違うのはなぜでしょうか?
allとanyそれぞれが持つニュアンスの違いによるもののようなんですが…
どなたか分かりやすく説明して下さいませんか?

Aベストアンサー

#2です。読み返してみると#2では御質問への回答になってなかったように思うので、#2の[A]~[C]の部分のみ次の[D]~[F]のように変更いたします。

[D] これは事実です。
anyは個々のものを1つずつ順に見ていって、「これも、あれも、それも、....、どれも」という意味です。心の中には常に1つのものしかありません。1度に1つずつ心に思い浮かべて、1番目から最後のものまで順に全部見ていって「どれも」と言う言い方です。

「どれも」のところにはこれの代わりに次の(ア)~(カ)のいずれかが入ります。
(ア)どれでも
(イ)どれも
(ウ)どれか
(エ)どんな~でも
(オ)どんな~も
(カ)どんなかの
(ア)~(ウ)は代名詞として用いた場合の意味であり、(エ)~(カ)は形容詞として用いた場合の意味です。

(ア)~(カ)のいずれが入っても、anyの中心となるイメージというか意味はいつも同じで、「心の中には常に1つのものしかない」、1言で言えば「どれも」という意味だ、ということです。

allは全体をまとめて「全部」という意味です。1度に全体を一括して心に思い浮かべます。

このような違いを「さほど意味の違いを感じない」と思うか「意味が全く違う」と思うかは人によって異なると思います。

[E]これは仮定です。
現実は別として空想の世界の話として考えれば、not anyとnot allはそれぞれ次の「(a)、(b)」又は「(c)、(d)」の2つの意味を表し得ます。
(1)not any
(a)「これも、あれも、それも、...、どれも」ということではない <部分否定>
(b)これもちがう、あれもちがう、それもちがう、...、どれも違う <全否定>

(2)not all
(c)全部・という訳ではない <部分否定>
(d)全部・ない <全否定>

[F]これは、空想、妄想です。
おそらくは、日常生活においては(a)のような意味を言い表したい場面が極めて少ないこと、(1)が(a)と(b)の両方を意味するとすると(1)を用いる度に(a)と(b)のどちらの意味であるかを考えなければならないので日常生活において不便であること、(a)と(c)が類似した意味であり(a)と(c)の両方を使い分ける必要性が低いこと、の3点から、まず(a)の意味での用い方が廃れたのではないでしょうか。

次に、もしnot allが(d)の意味を持っているということにすると全否定を表す言い方がnot any((b))とnot all((d))の2つあることになりますが社会生活では全く同じ意味を表す言い方は2つは必要ないこと、(d)の意味での用い方をやめるとnot allの意味が1つだけになってnot allの意味が分かりやすくなること、全否定を表す言い方は少なくとも1つは必要不可欠であること、の3点から((b)が残って)(d)の意味で用いる用い方が廃れたのではないでしょうか。

以上が、#2の[A]~[C]の変更結果です。

なお
http://oshiete1.goo.ne.jp/qa5465485.html
の#5の(4)、(5)の(b)に誤りがあったので、(4)、(5)を次のように変更させていただきます。

(4)I don’t have any money.
(a)どんな金も持ってない。
(b)どんな金でも持っているというわけではない。

(5)There aren’t any whales in the zoo.
(a)どんなクジラもいない。
(b)どんなクジラでもいるという訳ではない。

#2です。読み返してみると#2では御質問への回答になってなかったように思うので、#2の[A]~[C]の部分のみ次の[D]~[F]のように変更いたします。

[D] これは事実です。
anyは個々のものを1つずつ順に見ていって、「これも、あれも、それも、....、どれも」という意味です。心の中には常に1つのものしかありません。1度に1つずつ心に思い浮かべて、1番目から最後のものまで順に全部見ていって「どれも」と言う言い方です。

「どれも」のところにはこれの代わりに次の(ア)~(カ)のいずれかが入ります。
(ア)...続きを読む

Q副詞句が副詞を修飾してる?副詞が名詞句を修飾してるのか?

Look!Up in the sky!という文章は、見て!上空を!
という意味なのでしょうが、Up in the skyは、
in the skyという副詞句がupという副詞を修飾してるのか?それとも、upという副詞がin the skyという名詞句を修飾しているのでしょうか?
どなたか解る方、教えてくださいませ。

Aベストアンサー

こんにちは

ガチガチな文法の話をしますと
>upという副詞がin the skyという名詞句を修飾している
この解釈はおかしいです。
そもそも前置詞句(前置詞+名詞)は形容詞または副詞の働きをし、形容詞は名詞・代名詞を、副詞は動詞・形容詞・副詞を修飾します。
なので「前置詞句が名詞句」「副詞が名詞を修飾」とはなりません。

前者の「in the skyという副詞句がupという副詞を修飾」でいいと思います。

QUNINITIATEDの接頭語UNは、否定の意味を持たないのでしょうか

UNINITIATEDの接頭語UNは、否定の意味を持たないのでしょうか。

素朴な疑問です。
INITIATEは「始める・開始する」「初期の」という意味ですよね。
なのでその接頭にUNがつくと反対の意味になるのかなと思ってしまうのですが
UNINITIATEDの意味は「初心者」。
このUNは何を意味しているのでしょうか。

Aベストアンサー

正しい語源はわかりませんが、
UNINITIATED=「未経験者・初心者」なので、始めていないから未経験者なので、"un"は否定の意味だと思います。

Q次の問題の間違いを正してください。 (1) [①That]he [②was never] heard

次の問題の間違いを正してください。

(1) [①That]he [②was never] heard [③say]"thank you" in his entire life [④is] just unbelievable.

(2) Hard exercise [①outdoors] made him so [②much] thirsty that he drank off [③what][④was] left in the glass.

(3) It [①may] come [②as] a surprise [③to some] that he [④is needing] money.

(4) Frightened [①to] death to see the room covered [②by] blood, I lost my self-control [③altogether], [④screaming].

(5) She [①has] spent so much money [②for] clothes that she had [③none] left to pay the expenses of living for [④remainder] of the month.

次の問題の間違いを正してください。

(1) [①That]he [②was never] heard [③say]"thank you" in his entire life [④is] just unbelievable.

(2) Hard exercise [①outdoors] made him so [②much] thirsty that he drank off [③what][④was] left in the glass.

(3) It [①may] come [②as] a surprise [③to some] that he [④is needing] money.

(4) Frightened [①to] death to see the room covered [②by] blood, I lost my self-control [③altogether], [④screaming].

(5) She [①has] spent so much money [②fo...続きを読む

Aベストアンサー

1 ③ to say

2 ② 不要

3 ④ needs

4 ② with
表現によっては誤りとは言い切れませんが。

5 普通には②は on なのですが、アメリカ英語では使うようです。
それ以上に、④は the remainder でないと確実に誤りです。

Qtoo + to do 構文は必ず否定の意味か

例えば,インターネットで検索してみると,次のような解説が見つかります.

  It is too cold to swim today.
  今日は泳ぐには寒すぎます。 ← とても寒いので泳ぐことができない
  重要なのは、〈too ~ to ...〉の構文には否定語を含みませんが、否定の意味を含むということです。

この例文で考えると,
歯をガチガチと鳴らして寒さに耐えながらどうにかこうにか泳いでいたら,
泳ぐことができないわけではないので,「too cold to swim」とは言えませんか?

Aベストアンサー

確かに too to の本来の意味は「~するには~すぎる」であって、
否定の意味があるわけではありません。

しかし、この too はただ日本語で「すぎる」というのとは違います。
すなわち、日本語では「美しすぎる~」のような言い方をするように、
very 的でさらに強めたような意味合いになることも多いです。

でも、英語の too は「限度を超えている」という意味合いがあります。
だから、too cold to swim というと、「泳げないくらい」寒いのです。

だから、おっしゃるような場面では普通には too は使えません。

非常にいい質問だと思います。
私はこの表現を教える時、
「日本人は疲れすぎてもがんばるって言う、でも英語で
too tired to walk というと、疲れていて歩けないんだ」
そんなこと言っても言いたいことがわかることは少ないです。

ただ、#2 の方がおっしゃるような表現もあり、
too で very のような意味になることもあります。
特に only too という場合です。

QIt was some forty years before that my grandfather

It was some forty years before that my grandfather had had our house built.
訳:祖父が我が家を建てたのは、それより約40年前のことだった

これについて質問です。(上の文章に誤りはありません。)これってなんで 家をたてることより40年前 という訳にならないのかわかりません。
あと、なんで後ろはhadが2つあるのでしょうか。文法に詳しい方お願いします!

Aベストアンサー

これは根本的に
It is ... time before SV の構文とは違います。
その場合は before 〜で「〜する前に」という接続詞です。

今回は before で「それまでに、以前に」という副詞です。

My ... built some forty years before.
において some forty years before を強調した強調構文です。

before の前にどれだけ前かが来て
「(何かより)約40年前に」

ago だと今から40年前。

before は何かの出来事から見て前。
それが had had という過去完了と関連しています。

Qnotを使った否定文と、否定の意味が入っている一般動詞や形容詞の違いについて

以下、一部例文を上げて質問させていただきます
I don't like it! / I dislike it!
I don't agree with you. / I disagree with you.
It is not necessary for you. / It is unnecessary for you.
It is not convenient for you. / It is inconvenient for you.

他にもあると思いますが、意味合いとしてどういった使い分けをすればいいでしょうか
単語1つ1つで使い分けが変わっていきますでしょうか。

例えば、
・notを使う場合は相手(聞き手)にとって新情報。
・否定の意味を含む単語は相手にとっても既知の情報。
もしくは
・notを使う場合は相手(聞き手)に感情を込めて(主観的な感じ)訴えてる
・否定の意味を含む単語は相手に無機質で客観的な事実を言っている?
だったりするのでしょうか。

アドバイス頂けるとうれしいです。

Aベストアンサー

一般に言えるのは肯定の意味の動詞や形容詞に not で否定にする方が穏やかになります。

That's wrong. と言わずに
That wouldn't be correct. と言うのです。

Q文修飾の副詞は中位に来ても、動詞を修飾することにはならず、結局文を修飾していることになるんですか?

例えば、
Certainly he pretended to be innocent.→He certainly pretended to be innocent.

Evidently he thought it was funny→He evidently thought it was funny.

Aベストアンサー

初めに主語を出した方が、(当り前ですが)主語が明確になり、主語が分りやすい気がします。
「文全体」ともいえるし、「動詞を修飾」しているともいえるし、どちらかひとつに決める必要はないのではないでしょうか。
その文の「肝」である動詞を修飾しているのだから、結局は文全体を「仕切って」いるのと同じ事だと思います。

Q国語カテ。「批判」と、「否定」って意味どう違いますか?

何か、私はこの2つの単語の意味の違いがよくわからないのですが、

職員さんに聞いたら、「批判ってのは悪い言葉だと、バカ、とかクソですよね?何も相手と向き合ってない、無責任な「単語」ですね。。でも、否定は、「あなたのそこはちょっと、違う気がする。。でも、ここをこうすればよくなるよ」って、そこまで、言えば、「アドバイス」になるよね?
要は、無責任か、「相手と向き合った上での発言か」って事だと、思います」


って言われましたが、そういう事ですか?

お願いしますww

Aベストアンサー

批判とは、「批評し判定すること」「価値・能力正当性などを評価すること」ですよね。
否定とは、「(価値などを)認めないこと」です。
ですから、批判と否定とは勿論違います。
ですが、問題は「批判」は、否定的内容のものをいう場合が多いのです。この点で混同してしまうかもしれませんが。
批判という言葉自体、悪い言葉ではありません。相手と向き合っていないわけでもないでしょう。
ただ、「批評し判定すること」「価値・能力正当性などを評価すること」においては客観的な判断が必要ですし、この点において相手と向き合っていないと思われたのかもしれませんね。

Q英語英語カテゴリ 黄線二個目。 never has……… neverは副詞なので主語がないですよね。

英語英語カテゴリ

黄線二個目。
never has………
neverは副詞なので主語がないですよね。
倒置でもありませんよね?
文法的に簡単にでいいので解説お願いします。

Aベストアンサー

has の主語は主格の関係代名詞 that です。
the expression + that SV で「~という表現」で、
同格の that 節がくることが多いですが、これは主格の関係代名詞。

an expression that never has a negative meaning
決して、否定的意味を持つのではない表現

to make the difference というのは、英語では
決して否定的意味を持つのではない表現だ。

文法的に that が has の主語ですが、
説明的には先行詞 expression が has の主語みたいなものです。


人気Q&Aランキング

おすすめ情報