相続について。
被相続人(両親死亡)の妻、子供が相続分のある部分を放棄した場合、
その放棄分は被相続人の兄弟へ、さらに兄弟が放棄した場合は
その子供(被相続人の甥・姪)へ相続権は移動しますか?

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (7件)

#3の回答者です。

補充の回答をします。

ポイントは、いつ死亡したか(相続の開始があったか)です。
すでに相続が開始したのであれば、今までの回答を参考として下さい。即ち、妻・子が存在する限り第一相続人となり、一部のみ相続することはできません。全部放棄するか全部相続するか(全員で)限定承認するかのどちらかです。相続税のことで農地等不要なら税務署へ(国へ)物納して税そのものを減額又はゼロにする方法があります。相続したのち転売してその代金で支払いもよいでしょう。

未だ相続が開始していないのであれば、夫の生存中に不要な資産を、兄弟姉妹や甥・姪または他人でも遺贈又は死因贈与の遺言書を作成しておいてもらえば、あなたの希望がかなえられます。即ち、受贈者である甥・姪等は(この遺産のみで)一種の相続人となり正規の贈与税の対象とならず、相続税+αの少額の税となります。但し、甥・姪等はあくまで相続人ではありませんので遺贈・贈与で、相続となりません。相続人は妻・子のみです。この項#4の回答と同じ。

相続税の心配からでしたら、上記どちらの場合も税理士等の専門家の関与を(前もっても含め)お勧めします。市町村役場で無料の税務相談もある筈です。

頑張って下さい。
    • good
    • 0

#1です。


回答が寄せられるにしたがって、質問の全貌が明らかになりつつあるようですね。

すでに専門家の方々が回答されたとおりです。
税務相談等には、手製の家系図(関係と出生死亡の日が分かれば充分)と財産(正負ともに。時価で!)の目録(概算で結構)を持って行くと早く、効率的に相談できます。
(1件あたりの時間は短いことがおおいですからね)
    • good
    • 0
この回答へのお礼

 この場をお借りしまして、回答して下さった
皆様にお礼申しあげます。
皆様の知恵と知識を参考に頑張りたいと思います、が
何分、私自体は「嫁」な立場な者で口を挟むのが
難しい環境ではあります。どうなる事か
全く判りませんが「知る」事により「覚悟」は
しやすくなりました。
 本当にありがとうございました。

お礼日時:2002/04/02 17:44

#3の回答者で補充(#5)の補充の回答をします。



>被相続人の兄弟に死亡者がいてもその子供には権利は移動しないものですか?

子供が相続人として、その一人でも存在すると被相続人の兄弟に死亡者がいてもその甥・姪に相続権は移動しません。子供全員が相続放棄(前記の裁判所で)しますと、妻・父母(第2相続人)父母死亡(祖父母含む)のときは妻・兄弟姉妹(第3相続人)、死亡している兄弟姉妹あるときはその甥・姪(第3相続人で代襲相続人)となります。

相続を原因とする資産の移動は、遺言書のないとき当事者の意図でなく各国とも法律により決まります。
その立法趣旨は、被相続人に近い人の「生活の保護」と「遺産形成・維持への貢献」から順位が決められているといわれています。
この「順位を」決めてあることが重要なのであって、子も相続で甥・姪は相続したりしなかったりすると権利関係は不安定となり、甥・姪等は勿論、債権者・国等も困ります。
貴方が、被相続人の債権者か妻・子・甥・姪の債権者であるときのことを想定して下さい。
日本の民法では、先順位の相続人がいないか相続放棄したとき次順位の人が相続人となります。

頑張って下さい。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

お礼がおくれてすみません。
専門家の方の回答で大変参考になります。
ありがとうございました。

お礼日時:2002/04/13 22:08

#2の追加です。



ご質問の趣旨は、農地だけを被相続人の甥・姪に相続させたいということでしょうか。

この場合、被相続人の兄弟が生存している場合は、その子供は法定相続人にはなれませんから相続権はありません。

ただし、被相続人の遺言があれば、法定相続人以外の人も相続が出来ます。
この場合、遺留分の侵害の問題がありますが、相続人から異議の申し立てがなければ、農地だけを甥・姪に相続させることが出来ます。
参考urlに、関連の記事があります。

被相続人が、生存中でしたら、この方法を検討されたらよろしいかと思います。
既に、相続が開始されているのでしたら、法定相続人が相続をした上で、甥・姪に贈与をするということになります。

詳細は、司法書士又は弁護士に相談されるとよろしいでしょう。

参考URL:http://biz.yahoo.co.jp/column/company/ead/011221 …

この回答への補足

農地も宅地(登録の種類上)も・・・です。
被相続人の兄弟に死亡者がいても
その子供には権利は移動しないものですか?

補足日時:2002/03/31 18:21
    • good
    • 0

質問の意図がやや不明確なので、2つに分けて回答します。



>妻、子供が相続分のある部分を放棄した場合、‥‥‥
とありますが、自宅の他に山林とか借金があって「ある部分」とは、山林とか借金を放棄することでしょうか?。
この場合は、総遺産で清算することよりある部分の放棄そのものができません。相続放棄手続きは裁判所関与でのみ可能ですので、借金が多いときは限定承認で可能です。勿論これも裁判所関与です。
尚、他の子供達から判をもらって(多分、遺産分割協議書)妻が自宅を相続するなどで、他の子供達は「相続を放棄」したのでなく、自宅を相続しない遺産分割をしたのみであってあくまで相続人のままです。

全遺産を放棄する場合は、#1.2の回答者のとおりです。〈最初から相続人でなかったものとみなす民法939条〉
最初から相続人でなかったとは、この相続でのみ兄弟に相続権は存在しなかった、よって甥・姪も相続権は存在しないと解釈します。
妻、子の「相続放棄」も同旨で、相続権は存在しなかったと解釈します。
尚、前記のとおり「相続放棄」は裁判所関与でのみ可能に注意して下さい。相続人は自己のために相続の開始があったことを知った日から3ヵ月以内です。

頑張って下さい。

この回答への補足

借金は無く、土地や農地がたくさんあるため
その一部を放棄する、というのも出来ないのでしょうか?
全部、相続するか、全部放棄するか、のみですか?
全部相続する場合、相続税が払いきれなそうな場合は
一部贈与などで他の人にふったりは可能ですか?

補足日時:2002/03/31 15:32
    • good
    • 0

被相続人(両親死亡)の妻、子供が相続分のある部分を放棄した場合は、その放棄分は被相続人の兄弟へ移ります。


そこで、兄弟が相続放棄をした場合は、その兄弟には、最初から相続権が無かったことになります。
そうなると、相続権の無かった兄弟の子供が代襲相続人にはなれません。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

わかりました。ありがとうございました。

お礼日時:2002/04/13 22:06

相続放棄をした場合、その者は、最初からいなかったものとして扱われます。


ですから、被相続人の兄弟が相続人となることは考えられます。
しかし、その子「(被相続人の甥・姪)」が代襲相続することはありません。

参考URL:http://www11.big.or.jp/~judicial/souzoku/souzoku …5.相続放棄・限定承認</B>
    • good
    • 0
この回答へのお礼

わかりました。ありがとうございます。

お礼日時:2002/04/13 22:05

このQ&Aに関連する人気のQ&A

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Q相続放棄した場合のお墓とお仏壇

前日 義母が亡くなりました(義父は20年前に死去)。
義母には財産がなく 何か後から借金などが出てきたら困るため相続放棄を考えていますが、このまま放棄してしまうとお墓(義母と主人が建てたもの)とお仏壇も管理できなくなるんでしょうか?
義弟(結婚しています)がいますが、主人と仲が悪く主人も 私もお仏壇の管理やお墓の管理はこのまま続けてしたいと思っているのですが・・。よろしくお願いいたします。

Aベストアンサー

お墓が、お寺とか墓苑とかであれば、相続放棄しても質問者が管理していくのに問題はないと思います
(義弟との関係で疑問な点もありますが)

墓地の管理者に確認するのがよろしいでしょう
(所有権登記等がなされているとお墓も相続放棄になりますが、使用に関する契約程度で、所有権登記まではなされていないと思います)

なお、田舎で、墓地が私有地の場合は当てはまりません、念のため

Q甥姪の代襲相続 被相続人の後に死亡 再転相続はありますか?

子供がおらず、親兄弟死亡後の代襲相続は、甥姪までですね。

被相続人死亡の前に、甥姪が亡くなっていれば、相続権はありません。

しかし、被相続人死亡の後に、代襲相続権を持った方が亡くなった場合、 
再転相続はありますか?

詳しい方どなたか教えてください。

説明が下手なので、言葉足らずでしたら、補足します☆

Aベストアンサー

>被相続人死亡の後に、代襲相続権を持った方が亡くなった場合…

相続手続きが終わっていないうちに亡くなったら、という話ですか。
手続きは別として、被相続人死亡の時点で、代襲相続者が相続していますので、さらに代襲相続者の相続権を持つ者、たとえば甥姪の配偶者や子に移ることになります。

甥姪が独身で相続者がいなければ、その遺産は国庫に帰属することになります。

Q相続放棄

13年も前になるのですが、私は交通事故に遭いました。加害者は任意保険に入ってなく、慰謝料を請求されても支払えないということでした。月々(途中無いことも)ほんのわずかな金額を、慰謝料として支払われていました。
最近になりその加害者が亡くなり、その家族は相続放棄をしたと相手側の弁護士から書類が送られて来たのです。
加害者は謝ることなくこの世を去り、その時同乗していた加害者の妻も「弁護士から支払う必要はない」と言うだけで、謝罪の言葉が無いことに憤りを感じています。

相続放棄をしたため請求することはできないと聞いたのですが、本当なのでしょうか?
ちなみに相続放棄をした場合、家族は同じお墓に入ることはできるのでしょうか?

Aベストアンサー

相続人となる人が、相続放棄したというなら、受理証明か受理通知のコピーをもらってください。

そのうえで、戸籍謄本を取得し、被相続人(死亡した加害者)の直系尊属、がいないか相続放棄したら、被相続人の兄弟姉妹(代襲相続人なら甥姪まで)が、相続人となりますので、相続放棄しない限り慰謝料の残額を請求できます。

相続人となる人が、すべて相続放棄してしまったら、被相続人にめぼしい遺産があるなら、家裁にもうしたてて、相続財産管理人を選任してもらい、競売換金し、他の債権者同様、債権届をして配当を受けておしまいです。

なおその過程で、相続放棄したはずの相続人が遺産を処分していたなど判明し、単純承認の事実があれば、相続の意思がある、すなわち相続放棄の否定、損害請求の裁判をおこせるでしょう。そこは弁護士をやとってせねばなりませんが。

Q被相続人の甥姪の子に相続権があるかどうか。

被相続人Aが亡くなり、子供は無く親も居なかったので配偶者と兄弟が相続人となりました。
その後、遺産分割協議書を作る前に相続人である兄弟が亡くなり、更にその後その兄弟の子(被から見て甥姪)も亡くなりました。

質問:
(1)その場合、甥姪の配偶者と子供からも遺産分割協議書をもらう必要があるのでしょうか?

(2)そして、甥姪のことは「相続人」と呼べるのでしょうか。それとも相続人の代わりに協議書を書くだけで「相続人」とは呼べないのでしょうか?

(3)代襲相続は甥姪までと聞きました。それに対して今回のような場合(数次相続というのでしょうか)は相続人に限りがなく理論上は延々と続くのでしょうか?

回答宜しくお願い致します。

Aベストアンサー

1について
遺産分割協議書をもらうのではなく、遺産分割協議書への捺印か相続分不存在証明などへの捺印などをもらわなければなりません。
亡くなられた順番(時期)によって、相続人や利害関係者は異なることでしょう。
質問のような状況では、兄弟の配偶者も相続人の相続人ですね。
さらに甥姪や甥姪の配偶者やそのお子さんは相続人の相続人ですね。

2について
あくまでも相続人は、相続の開始時で考えますので、相続人が当時存命であれば、亡くなられた方が相続人です。そしてそのような協議では、相続人の権利を相続した相続人、相続人の相続について遺産分割協議がされていなければ、相続人の相続人がその権利を行使することになるだけでしょうね。

3について
代襲相続は、相続人となるべき人が相続開始時に亡くなっている場合です。ご質問の場合と考え方が変わります。登記や法律では、数次相続と言うと思いますが、相続税法上の取り扱いでは、相次相続と言いますね。

遺産分割協議や登記などの手続きの放置では、代襲相続・数次相続などで利害関係者が増え続け、実務上、手続きが困難になることもあります。中には、時効の援用や家庭裁判所による審判などでしか解決が難しくなることもあることでしょう。
私自身、5代以上前の祖父から親父への相続の登記を代理で行いましたが、知人の司法書士に相談したら、司法書士でもそんなにそのような経験はないといわれてしまいましたね。
ただ、私の場合には旧民法による家督相続制度・他の不動産に相続登記の際の他の相続人の相続分不存在証明などを有効に扱うことで、素人でも可能な手続きでしたね。

1について
遺産分割協議書をもらうのではなく、遺産分割協議書への捺印か相続分不存在証明などへの捺印などをもらわなければなりません。
亡くなられた順番(時期)によって、相続人や利害関係者は異なることでしょう。
質問のような状況では、兄弟の配偶者も相続人の相続人ですね。
さらに甥姪や甥姪の配偶者やそのお子さんは相続人の相続人ですね。

2について
あくまでも相続人は、相続の開始時で考えますので、相続人が当時存命であれば、亡くなられた方が相続人です。そしてそのような協議では、相続人の権...続きを読む

Q相続人になる前に相続放棄

実父の推定相続人です。

実父は明らかにプラスの財産より借金が多いようです。


質問1.
実父が亡くなったときお葬式やお墓を建てるため財産から
費用をまかなった場合は相続は単純承認になるのでしょうか
但し、祭祀継承者は現在まだ未定です。

質問2.
相続人になる前に家庭裁判所に対して相続放棄の申し出は
できますでしょうか

Aベストアンサー

単純承認と言うのは、権利義務を無制限に相続することを言うので、お葬式費用を提供したからと言って、即、単純承認とはいえないです。
相続が発生していないのに、相続放棄はできないです。
誰が、何時、亡くなるかわかりませんので。

Q兄弟姉妹に相続分がいく場合で、一人家督相続人がいた場合について

A子さんという方がいて、その方は平成になって亡くなりました。
A子さんの夫は先に死亡しており、子供はいません。
また、A子さんを出生から調べても先夫(戦死)との間にも子供はありませんでした。

こういう場合、法定相続人は、A子さんの両親と兄弟姉妹になり、

さらに両親もすでに亡くなっているので、結局相続人は兄弟姉妹って
ことになりますよね。

A子さんには、ほかに5名の兄弟姉妹がいて、うち3人が新民法施行以降かつA子さんが死亡する前になくなったので、その子供たちにいくと思いますが、(A子さんからみると甥や姪)

兄がひとり、旧法時になくなっており、戸籍上家督相続人が選任されていて、その家督相続人が戸主の戸籍もできています。

その場合は、その家督相続人だけに該当の相続分がいくと考えればいいんですよね?

ちなみに、その家督相続人は現在も健在です。

ほかの兄弟姉妹みたいに甥姪をしらべる必要はないんですよね?

よろしくお願いします。

Aベストアンサー

>ちなみにその兄の妻及び子は全員健在なので、その分が法定相続分均等割りでいくんですね。

兄弟姉妹の配偶者は代襲相続しませんから、兄の子だけです。

>もともとの被相続人の死亡時期(相続が開始した時期)によって、兄弟姉妹の再代襲相続を認めるか認めないかを決めますよね。

元々の相続人というのは、土地の登記簿上の名義人のことですか?
この場合は関係ありません。

今回のケースだと、

元の名義人→A子さんの旦那さん→A子さん

という2段階の相続が確定的に生じて、A子さんが、元の名義人の財産の一部を取得しています。

A子さんが生前相続によって取得した財産が誰に相続されるかというのは、あくまでもA子さんの財産についての相続問題なので、A子さんの死亡時点を基準に誰が相続人となるかを考えます。

念のためですが、代襲相続と、数次相続(相続の相続)は違いますよ。

甲(親)-乙(子)-丙(孫)

のケースで、甲、乙の順番で死亡した場合は、甲が死亡した時点で、乙に所有権が移り、乙が死亡した時点で乙の財産として丙に相続されます。これは、代襲相続ではなく、単に相続が2回あっただけで、数次相続といわれるものです。

代襲相続は、乙、甲の順番で死亡した場合に生じます。甲が死亡した時点で、甲の本来の相続人であるべき乙が既に死亡しているので、その時点で乙の子の丙が乙に代わって甲の直接の相続人になります。

>ちなみにその兄の妻及び子は全員健在なので、その分が法定相続分均等割りでいくんですね。

兄弟姉妹の配偶者は代襲相続しませんから、兄の子だけです。

>もともとの被相続人の死亡時期(相続が開始した時期)によって、兄弟姉妹の再代襲相続を認めるか認めないかを決めますよね。

元々の相続人というのは、土地の登記簿上の名義人のことですか?
この場合は関係ありません。

今回のケースだと、

元の名義人→A子さんの旦那さん→A子さん

という2段階の相続が確定的に生じて、A子さんが、...続きを読む

Q祭祀継承と墓守りとは別ですか?相続放棄をしたら墓守りをしなくてもいいの

祭祀継承と墓守りとは別ですか?相続放棄をしたら墓守りをしなくてもいいのでしょうか?


http://oshiete.goo.ne.jp/qa/6233684.html
ここで質問したのですが、回答について法律的な部分が出てきてたので、こちらで質問します。


ご両親の財産相続者が質問者さんお一人なら相続後、お墓を処分しても、放置して無縁仏にしても問題はありませんが、他に相続人がいて「祭祠継承権を相続することを前提とした遺産分割」をした場合は、相続後に祭祠継承権だけを放棄すると問題が発生する可能性はなきにしもあらずです。



1.祭祀継承と墓守りとは具体的にどういうものなんでしょうか?


2.分籍をしても、先祖代々の墓を見ていく必要があるらしいのですが、絶対に見ないといけないのでしょか?

現在、自分・父(長男)・母の3人家族で暮らしており、父には次男(57歳で結婚して現在は離婚して一人暮らしです)と長女(嫁に行ってます)の3人兄弟がいます。
父方の両親は全て他界してしまい、市管理の墓地に先祖代々の墓があるのでそこに入ってます。
現在、父と次男が墓盛りをしてますが、自分はこの墓を見ていく気はありません。


3.他に相続人がいて「祭祠継承権を相続することを前提とした遺産分割」をした場合。というのはどういうことなんでしょうか?
父や母が亡くなった時は相続放棄をすることに決めてます。
正や負の財産などがあっても全ていりません。相続放棄をすれば今の墓は見なくなるってことなのでしょうか?

祭祀継承と墓守りとは別ですか?相続放棄をしたら墓守りをしなくてもいいのでしょうか?


http://oshiete.goo.ne.jp/qa/6233684.html
ここで質問したのですが、回答について法律的な部分が出てきてたので、こちらで質問します。


ご両親の財産相続者が質問者さんお一人なら相続後、お墓を処分しても、放置して無縁仏にしても問題はありませんが、他に相続人がいて「祭祠継承権を相続することを前提とした遺産分割」をした場合は、相続後に祭祠継承権だけを放棄すると問題が発生する可能性はなきにしもあらずです...続きを読む

Aベストアンサー

民法第八百九十六条
相続人は、相続開始の時から、被相続人の財産に属した一切の権利義務を承継する。ただし、被相続人の一身に専属したものは、この限りでない。

民法第八百九十七条
系譜、祭具及び墳墓の所有権は、前条の規定にかかわらず、慣習に従って祖先の祭祀を主宰すべき者が承継する。ただし、被相続人の指定に従って祖先の祭祀を主宰すべき者があるときは、その者が承継する。
2  前項本文の場合において慣習が明らかでないときは、同項の権利を承継すべき者は、家庭裁判所が定める。



戦後の民法はこのように規定してます。

1.まずは慣習によるですから、あなたのお住まいの地域の風習によります。
  この規定は、戦後の改正にかかわらず唯一戦前の考えを残したものですが、日本が均一化
  してきましたので、慣習が無い地域が殆どとなりました。

2.遺言で祭祀承継者が定められていれば、それによる。

3.遺言がない、慣例がない場合は家庭裁判所が定めるとなってます。
  いきなり家裁?
  そうなんです。法律では相続人の話し合いという規定はないのです。


質問に戻って、祭祀承継とは、仏像、位牌その他関連物、系図、お墓等々を継ぐことをいいます。
墓守りは、私の地域には語彙として存在してませんので知りません。

>自分はこの墓を見ていく気はありません。 
父と次男が墓盛りをしているようなので、お墓を継ぐ気が無い旨を言って、それなりの手続きをとっておいてください。具体的には市管理となってますのでその管理している窓口で聞けば分かります。

>「祭祠継承権を相続することを前提とした遺産分割」をした場合。というのはどういうことなんでしょうか?  
祭祀承継を前提とした遺産分割は現行民法ではありえません。
遺産の相続と祭祀承継は分離してます。
祭祀承継と相続が連動していたのは、戦前の民法つまり明治31年民法です。

しかし、祭祀承継を第一にしてそれに基づく相続という、悪しき慣習がある地域があります。
その土地の差別になりますので、地域名は書きません。
その悪しき慣習に対して裁判をおこしている事例も報告されてます。
あなたのお住まいの県や地域にその慣習がなければ、祭祠継承権を相続することを前提とした遺産分割という考え方が誤りです。

法律では、まずは慣習、慣習無き時は家庭裁判所というのも、これもちょっと常識外です。
ただ質問が法律ではとなってますので、家庭裁判所で決めるというお答えになります。
法律と社会常識がおおきくずれているのは多々あり皆さん誰も気づかずに行われています。
例えば、家名存続の養子縁組は民法的に無効ですし、親子になる意志がなく単に家名存続が目的でしたら犯罪行為です。しかし誰も気づかずにやっております。


あなたの場合は、祭祀承継を受けないと決めているのですから、単に管理している窓口で手続きをとってもらえばすむと思われます。

民法第八百九十六条
相続人は、相続開始の時から、被相続人の財産に属した一切の権利義務を承継する。ただし、被相続人の一身に専属したものは、この限りでない。

民法第八百九十七条
系譜、祭具及び墳墓の所有権は、前条の規定にかかわらず、慣習に従って祖先の祭祀を主宰すべき者が承継する。ただし、被相続人の指定に従って祖先の祭祀を主宰すべき者があるときは、その者が承継する。
2  前項本文の場合において慣習が明らかでないときは、同項の権利を承継すべき者は、家庭裁判所が定める。



戦後の民法...続きを読む

Q遺留分の放棄と相続放棄の違いと、どういう基準で相続人が決まるのか?

遺留分の放棄と相続放棄の違いと、どういう基準で相続人が決まるのか?

遺留分の放棄と相続放棄の違いとは平たくいうとどちらが強いですか?
調べたところ
■相続放棄→遺留分の放棄もへったくれもありません。正も負も含めて全て放棄すること。

■遺留分の放棄→亡くなった人をAさんとしてその相続人が3人、BCDとします。
        Aが「相続財産はBとCに全て与えDには一銭も与えない。」
        と遺言書を書いていても、Dには一定の相続権があります。これが遺留分。

こういうものでした。


相続人とはどういう基準で決まるのでしょうか?
我が家では、母・父しかいませんし、母方も叔母、父方は誰もいません。


両親が亡くなった時だけ相続放棄をすればいいのか、遺留分の放棄を前もってしておけばいいのかさっぱり分かりません。

一番知りたいこと
(1)相続人とはどういう基準で決まるのか。
(2)相続放棄をすれば、一度すれば全て(正も負の財産も)放棄できて、後で発覚した借金も放棄したことになるのか?
(3)遺留分の放棄の相続人は遺言書の有無は関係してくるのか。
(4)関係してくるとすれば「遺留分の放棄」はどういう基準で相続がきまるのか?


以上になります。よろしくお願いします。

遺留分の放棄と相続放棄の違いと、どういう基準で相続人が決まるのか?

遺留分の放棄と相続放棄の違いとは平たくいうとどちらが強いですか?
調べたところ
■相続放棄→遺留分の放棄もへったくれもありません。正も負も含めて全て放棄すること。

■遺留分の放棄→亡くなった人をAさんとしてその相続人が3人、BCDとします。
        Aが「相続財産はBとCに全て与えDには一銭も与えない。」
        と遺言書を書いていても、Dには一定の相続権があります。これが遺留分。

こういうものでした。


...続きを読む

Aベストアンサー

>(1)相続人とはどういう基準で決まる…

遺言状がない場合のことを、法律が順位を付けて決めています。
あなたの場合は、
1. 父が先に亡くなったとき・・・母とあなた
2. 母が先に亡くなったとき・・・父とあなた
3. 父が亡くなってその後で母がなくなったとき・・・あなたのみ
4. 母が亡くなってその後で父がなくなったとき・・・あなたのみ
5. あなたが父母より先に亡くなったとき・・・父および母
6. 父が亡くなってその後あなたがなくなったとき・・・母のみ
7. 母が亡くなってその後あなたがなくなったとき・・・父のみ
http://minami-s.jp/page008.html

>(2)相続放棄をすれば、一度すれば全て(正も負の財産も)放棄できて、後で発覚した借金も放棄したことになるのか…

一度って、あくまでも父なら父に関するもののみですよ。
父が亡くなって相続放棄したからといって、母からの相続権まで放棄したことにはなりません。

>(3)遺留分の放棄の相続人は遺言書の有無は関係してくるのか…

そもそも遺言状がなければ遺留分は関係ありません。
例えば父が先に亡くなったとして、父が「全遺産を妻 (母) に」という遺言状を残したとしても、あなたには法定分の半分を請求する権利があり、これを遺留分というのです。
http://minami-s.jp/page010.html

>(4)関係してくるとすれば「遺留分の放棄」はどういう基準で相続がきまるのか…

(3) の例で、あなたが別に何も要らないと思うなら、それが「遺留分の放棄」です。
基準も何も、遺言状で除外された人の心一つです。

>(1)相続人とはどういう基準で決まる…

遺言状がない場合のことを、法律が順位を付けて決めています。
あなたの場合は、
1. 父が先に亡くなったとき・・・母とあなた
2. 母が先に亡くなったとき・・・父とあなた
3. 父が亡くなってその後で母がなくなったとき・・・あなたのみ
4. 母が亡くなってその後で父がなくなったとき・・・あなたのみ
5. あなたが父母より先に亡くなったとき・・・父および母
6. 父が亡くなってその後あなたがなくなったとき・・・母のみ
7. 母が亡くなってその後あなたがなくなったとき・...続きを読む

Q親の死亡と相続放棄

父親が死亡し銀行とクレジットのカードローン、無担保ローンが残りました。父親名義の財産は預貯金もさほどなく、お墓が父親名義となっております。
母親は僅かな年金で預貯金もなく、返済も厳しい状況にあるため相続放棄しようかどうか検討中にあります。その際のなにかアドバイスをお願いします。

Aベストアンサー

お墓は資産にはならないと思います
所有権ではなく栄代使用権になりますので
まず財産調査が必要です
お住まいの家は借家ですか?
後田舎に昔貰ってそのままの土地とかありませんか
そのうえで借金が多いのなら相続放棄ですが
保証人になっている人がいたらそっちに全額請求行ってしまいますから
保証人があるかないかはよく調べて下さい
あと相続範囲の親戚一同にも相続放棄手続きをするように連絡してください
そうしないと借金だけ相続させられる人が出てきます
後で揉め事にならないように
ご注意ください
保証人がいた場合は 弁護士にご相談をして下さい
場合によっては保証人さんが破産しないといけなくなりますから

Q要約すれば、法定相続人が(この場合兄妹姉妹)が相続放棄すれば、被相続人

要約すれば、法定相続人が(この場合兄妹姉妹)が相続放棄すれば、被相続人の遺産を被相続人と同居し10年の介護をしてきた、相談者(養子縁組をしていない)特別縁故者が被相続人の預貯金等の財産を受け取るこの是非について弁護士に依頼すれば宜しいでしょうか?また、その場合 家裁より特別縁故者の認定をうける期間は、被相続人の財産管理はどのように(預貯金)すればよいか御教え下さい。種々の質問恐れいりますが宜しくお願いいたします。

Aベストアンサー

相談者(養子縁組をしていない)に相続の権限はありません。法定相続人である(兄妹姉妹)が、放棄した場合は、第二順位・第三順位のかたに権利が生じます。
貴方に権利が生じるのは、被相続人の自筆遺書あるいは公証人役場で作成した遺書が裁判所で認められた場合だけです。
問題が解決するまでは弁護士に依頼なさるのが宜しいでしょうが、法定相続人の同意が必要です。

参考URL:http://minami-s.jp/page008.html


人気Q&Aランキング

おすすめ情報