ある参考書をみて座標の平行移動では、

ベクトルの成分が変化しない

と書いてありました。しかし、位置ベクトルの成分は変化していて、その理由に

”始点を固定している束縛ベクトルは、その成分が変わる。”

と書いてありました。意味が全然分かりません。始点の固定されていないベクトルは、成分が変化しないというのはどういう意味でしょうか?

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (2件)

 


  分かり易いように、二次元で考えましょう。三次元の場合は、成分変数が一つ増えて、三個になるというのが違いです。
 
  二次元ヴェクトルは、二つのスカラー量(つまり、普通の数)で定義され、(x,y)みたいに書きます。こういう風に書いているヴェクトルは、「普通のヴェクトル」で、この成分xとyは、座標が平行移動しても変化しません。何故なら、こういう普通のヴェクトルは、特定の点に固定されておらず、どこか点を決めると、例えば、(2,4)というような座標上の点を決めて、ここを「始点」だとすると、(2+x,4+y)という点に向けて延びた形のヴェクトルになるからです。
 
  これは、(x,y)という非束縛ヴェクトルを、仮に(2,4)という点を始点として見た場合で、このヴェクトルは、好きな始点(a,b)を選ぶと、(x+a,y+b)という点が自動的に「終点」になるのです。(x,y)というヴェクトルは、始点か終点か何かを決めると、或る特定の位置に来るのですが、それを決めていない場合は、空間平面の自由な場所にあるとも云えるのです。
 
  平行移動というのは、X軸やY軸を「回転させず」、ただ、原点だけをX,Y軸に平行に移動させることです。以前に(3,5)だったところに原点(0,0)’が移動すると、平面上の図形などは、X軸は、-3、Y軸は-5移動したことになります。図形自体は動いていないのですが、枠である、座標軸が平行に移動したので、こういう風に図形のある座標値が変化するのです。
 
  平行移動の場合、非束縛ヴェクトルつまり普通のヴェクトルは、(x,y)も、(x-a,y-b)も同じことだったので(始点が一緒に移動すれば同じヴェクトルです。この場合、原点(0,0)を始点として、(x,y)を考えていたところ、原点が(a,b)に移動しても、(x-a,y-b)から(a,b)へと向かうヴェクトルになるので、実質ヴェクトルの成分は、(x,y)で同じなのです……図を描いて考えて見てください。言葉では、なかなか分かりにくいです。a,b,x,yなどに具体的な数を入れて考えると分かり易いです)。
 
===============================================================
  (以下、回転の場合の話で、パスしても構いません)
 
  ところが、座標軸の回転が起こると、例えば、原点を始点にした普通のヴェクトルの場合、(x,y)がたまたま(0,1)つまり、X軸の成分が0で、Y軸成分が1の場合を例に考えると、座標軸が45度反時計回りにまわると、以前のX,Y軸と45度の傾きに新しい座標ができ、元のヴェクトルは、(√2,√2)になります(これも図を描いて確認してください。言葉では分かりにくいです)。
 
  つまり、普通のヴェクトルも、座標軸が回転すると、成分が変化します。
 
  (ここまで、パスしてください)
===============================================================
  
  他方、「束縛ヴェクトル」というのは、始点とか終点が、どこか決まった所にあるのです。普通のヴェクトルは、好きな点を始点にでき、そこから、ヴェクトルを延ばしてよいのですが、束縛ヴェクトルは、この自由に選べるはずの「始点」や「終点」などが、決まっているヴェクトルです。
 
  「位置ヴェクトル」は、始点が原点にあるヴェクトルのはずです。その時、或る位置(a,b)に延ばした位置ヴェクトルは、普通のヴェクトルとして考えると、x軸の値がaで、y軸の値がbですから、(a,b)のヴェクトルということになります。けれども、このヴェクトルは、始点が原点で、終点が、決まった位置にあります。
 
  そこで、座標軸の平行移動が起こると、まずそれは原点が移動するということになります。(0,0)の原点が(α,β)に移動して、この点が新しい原点(0,0)’になるのが、平行移動です。最初の位置(a,b)は、新しい座標では、(a-α,b-β)’の位置に来ます。すると、原点を始点と決めた位置ヴェクトルは、(0,0)’から(a-α,b-β)’に延ばしたヴェクトルということで、X軸の成分が、a→(a-α)、Y軸の成分が、b→(b-β)で、成分が変化してしまいます。
 
  このように、始点を原点とかに決め、特定の位置へと延ばした位置ヴェクトルは、座標の平行移動で原点が移動すると、成分が変化するのです。しかし、この場合も先に述べたように、普通のヴェクトルは、始点も終点も自由に選べるので、成分は変化しないのです。(x,y)という普通のヴェクトルは、座標軸が平行移動しても、変化ないのです。
  
    • good
    • 0
この回答へのお礼

siegmundさんもstarfloraさんも御回答本当にありがとうございました。
完全に納得いたしました。これで勉強進みます!

お礼日時:2002/03/31 19:10

具体例で見るのがいちばんわかりやすいでしょう.



     y   図1

     │
     │     B
     │
     │  A
     │
─────┼───── x
    O│      
     │
     │
     │

図1で AとBの座標は A(3,2),B(6,4) です.
ベクトルABの成分表示は (6-3,4-2) = (3,2) です.
Aの位置ベクトルは OA で成分表示なら (3,2)
Bの位置ベクトルは OB で成分表示なら (6,4)

座標軸を左に1,下に1だけ平行移動したのが下の図2.
A,B の座標は A(4,3),B(7,5)
ベクトルABの成分表示は (7-4,5-3) = (3,2) です.
Aの位置ベクトルは OA で成分表示なら (4,3)
Bの位置ベクトルは OB で成分表示なら (7,5)

    y   図2

    │
    │      B
    │
    │   A
    │
    │
────┼─────── x
    │O     
    │
    │
    │

つまり,座標軸が平行移動しても AB の相対的位置関係は変わりません
(原点の場所には無関係です).
一方,Aの位置ベクトルは原点OからAへのベクトルです.
座標軸を移動すればAとOとの位置関係は当然変わり,
それに従ってAの位置ベクトルも変化します.
    • good
    • 0

このQ&Aに関連する人気のQ&A

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Q五角形の最大面積

すべての辺が長さ1の凸五角形で、ある2本の対角線が垂直になるとき、
この五角形の最大面積はいくらか。

面積が最大になるときの五角形は、正方形に正三角形をつけた形になると
おもうので、(√3+4)/4になりましたが、正しいでしょうか。

Aベストアンサー

ご質問の通り、(√3+4)/4で正しいです。

二本の対角線を形作る四点を五角形から選ぶことになりますが
その四点を結ぶと、対角線が垂直で交わることから一辺の長さが
1のひし形になります。となるとこの五角形はひし形に正三角形を
つけた形になります。(すべての辺の長さが1なので)

ひし形の面積が最大になるのはひし形が正方形の場合なので
この五角形の最大面積は
正方形の面積=1
正三角形の面積=√3/4
の和です。

Q円筒座標系と球座標系の単位ベクトルに関して

直角座標系以外の円筒座標系と球座標系の位置ベクトルに関して質問があります。
まずは、円筒座標系から。
「円筒座標系で、原点とP(r,φ,z)との間のベクトルを求めよ」

直角座標系の場合だと、x,y,zのそれぞれの方向の単位ベクトルとそれぞれの方向の成分を
掛け合わせることで、ベクトルを表現できると思います。

しかし、円筒座標系の場合はどうなのでしょうか?

単純にx,y,zと同じようにr,φ,zについての単位ベクトルをa,b,c(例として)とし、成分を掛け合わせ
OP=r*a+φ*b+z*c となるのでしょうか?

しかし、これではおかしいと感じます。というのも、
とくにφはいったいどういう向きの単位ベクトルなんでしょうか?
円方向の単位ベクトルってことになるんでしょうかね?

そうでなければ、座標変換して
x=r*cosφ
y=r*sinφ
z=Z
として、直交座標の場合と同じようにやるのでしょうか?

球座標系に関しても同じ質問です。

Aベストアンサー

OP=r*(1,φ,0)+z*(0,0,1)
となります
ただし、(1,φ,0)_{円筒座標系}=(cosφ,sinφ,0)_{直交座標系}

(r,φ,z)_{円筒座標系} の近傍での局所座標系の
r 方向の単位ベクトル e_r は
e_r=(1,φ,0)_{円筒座標系}=(cosφ,sinφ,0)_{直交座標系}
φ 方向の単位ベクトル e_φ は
e_φ=(1,φ+π/2,0)_{円筒座標系}=(-sinφ,cosφ,0)_{直交座標系}
z 方向の単位ベクトル e_z は
e_z=(0,0,1)

Q五角形の相似

正五角形の五本の対角線が作る内部の五角形はもとの五角形と相似であることは
証明なしで解答に用いてもよろしいのでしょうか?

Aベストアンサー

正五角形と正五角形が相似であることは、
自明ですが、
内側の五角形が正五角形であることには、
理由が必要です。
「対称性より」程度の説明で
構わないと思いますが。

Q点と直線の距離の公式ってその点を代入すればできるじゃないですか? そしたらベクトルの成分を代入したら

点と直線の距離の公式ってその点を代入すればできるじゃないですか?
そしたらベクトルの成分を代入したらできませんよね?

Aベストアンサー

二次元座標系において、ベクトル(1,1)を考えてみましょう。
これは、例えば、y=xなんて直線「も」そうでしょうし、y=x+1なんて直線「も」そうでしょう。
ベクトルは、方向と距離ですから、どこか一点が定まらないと、ベクトルを方程式に書くことができません。
方程式のうち、傾き成分が決まっている、というだけのことですから。
座標(0,0)を通るベクトル(1,1)、とか、座標(0,1)を通るベクトル(1,1)、とか、そんな条件が無いと式に書けないのです。
当然、ベクトル(1,1)と原点との距離、と言われても、座標(0,0)を通るベクトル(1,1)(つまり直線y=x)であれば、0だし、座標(0,1)を通るベクトル(1,1)(つまり直線y=x+1)であれば(√2)/2となります。
ベクトルからだけでは、肝心の距離が定まりません。
つまりは、ベクトルを方程式にできないと、話が始まらないのです。

あなたが、~~じゃないだろうか?と思うのは、大概、基礎の基礎のお約束を無視していることが原因ということは?
ベクトルとはどんな物か、という基礎が抜けているのです。

念のため。
0.y=2xのグラフを描き、この直線をベクトルで表せ。(どのベクトルに含まれる直線か示せ)
1.ベクトル(a,b)が原点を通るとき、この直線の方程式を求めよ。
2.ベクトル(a,b)が(0,c)を通るとき、この直線の方程式を求めよ。
3.ベクトル(a,b)が(d,e)を通るとき、この直線の方程式を求めよ。

2.のcを使ってやれば、c入りで点と直線との距離を表すことならできますけど。

二次元座標系において、ベクトル(1,1)を考えてみましょう。
これは、例えば、y=xなんて直線「も」そうでしょうし、y=x+1なんて直線「も」そうでしょう。
ベクトルは、方向と距離ですから、どこか一点が定まらないと、ベクトルを方程式に書くことができません。
方程式のうち、傾き成分が決まっている、というだけのことですから。
座標(0,0)を通るベクトル(1,1)、とか、座標(0,1)を通るベクトル(1,1)、とか、そんな条件が無いと式に書けないのです。
当然、ベクトル(1,1)と原点との距離、と言...続きを読む

Q星(太陽以外の恒星)はどうして五角形(星型)なのか?

子供の絵や漫画、アニメ等で星を描くと五角形ですよね
恒星(普通の星)だけでなく流星まで星型ですよね
実際は円形なのに(流星は棒状)
なぜ星は五角形の星型なのですか?
天文学にルーツがあるのですか?
(大昔の天文学者が五角形に感じたとか)

Aベストアンサー

太陽と月は勿論のこと、惑星の金星や火星、木星も土星も、肉眼で大きさを感じることができます。
それに対して、遠くにある恒星は、太陽より大きな星もありますが、遠過ぎて人間の肉眼では大きさを感じられず「点」になります。その光は、地球の大気の影響を受けて、星が瞬いて見えたりします。
ですので、No.1の方のおっしゃる通り、明るく光る恒星は、星の光が中心から放射状に広がって感じられ、それを星印に例えたのだと思います。
五角形になったのは、一筆書きで書けるというのも理由の一つではないでしょうか?

Qaベクトル・bベクトル×aベクトル・bベクトル=|aベクトル・bベクト

aベクトル・bベクトル×aベクトル・bベクトル=|aベクトル・bベクトル|^2じゃあないんですか?

例えば aベクトル・aベクトル=|aベクトル|^2じゃないですか?

なので、aベクトル・bベクトル×aベクトル・bベクトル=|aベクトル・bベクトル|^2もしくは
|aベクトル|^2|bベクトル|^2かな?と思ったのですが、解答では

(aベクトル・bベクトル)^2になっていました。絶対値はつかなくていいんですか?

Aベストアンサー

←No.2 補足
ベクトルaとベクトルa(同じもの)が
平行でない場合がありえると
考えているのだとしたら、複素ベクトルどころか、
内積も未だ早過ぎます。
「ベクトル」とは何か、の所まで戻って、
最初の最初から、復習が必要でしょう。

ベクトルa・ベクトルa が |ベクトルa|の2乗
になる理由は、
cos(ベクトルaとベクトルaの成す角) = cos(0)
だからですよ。

Qサッカーボール問題、五角形と六角形の数

サッカーボールは次の条件で作られる。
(1)正五角形と正六角形の多面体を球状にしたものである。
(2)各々の五角形の周りは六角形に囲まれており、六角形の周りは五角形と六角形に交互に囲まれている。
(3)オイラーの多面体の定理によれば、面、頂点、辺の数の関係に「面の数 + 頂点の数 = 辺の数 + 2」の関係がある。

これから、五角形と六角形の数を求めるにはどうすればよいのでしょうか。

Aベストアンサー

五角形の数をm、六角形の数をnとするとばらばらにした時の

辺の数  5m+6n
面の数  m+n
頂点の数 5m+6n

このうち、辺は2つが合わさって立体ができており、
頂点は3つが合わさってます。
(90度以上の角度の図形は4つ以上はあわせることができません。また、2個以下なら
頂点になりません)
これを多面体の定理に入れればmが求まります。
また、五角形が六角形に囲まれているならそのすべての辺は六角形と共有です。
そしてそれは六角形の全ての辺の半分に当たります。((2)の記述から)

Q0ベクトルでないベクトルaベクトル=(a1,a2)に垂直な単位ベクトルeベクトルを求めよ。 という問

0ベクトルでないベクトルaベクトル=(a1,a2)に垂直な単位ベクトルeベクトルを求めよ。
という問題についてで、赤い線を引いてるところが分からないのでだれか教えてください!

Aベストアンサー

単位ベクトルを
 →e = (x, y)
としたら、「単位」ベクトルなので、「長さ」が1です。
よって
 |→e|² = x² + y² = 1

任意のゼロベクトルでない
 →a = (a1, a2)
においては
 |→a|² = (a1)² + (a2)² ≠ 0
なのだから、
 a2 = 0 の場合には a1 ≠ 0
が成り立つ。あたり前でしょう?

[1][2]は、単に
[1]→a2 = 0 の場合
[2]→a2 ≠ 0 の場合
に分けているだけなので、「a2 ≠ 0 のとき」が分からないといわれても困りますね。
 
 x² = (a2)² / [ (a1)² + (a2)² ]
なのだから、これは
 x = ±(a2) / √[ (a1)² + (a2)² ]
でしょう?

 欄外にメモしてあるような、分母が
  A² = B² + C²

  A = ±( B + C )
になるなんて、あり得ないでしょう。

Q「五角形のもの」何がある?・・・ありそうなのに意外と見つからないので、教えて下さい!

三角形も四角形も、いやというほど身近に満ち溢れているのに、五角形となると意外に見つかりません。

「野球のホームベース」は、すぐに思いついたんですが・・・

皆さん、五角形のものをご存知でしたら、教えて下さい!

Aベストアンサー

こんにちは

先に回答がありますが、花とかヒトデとか、生き物には結構ありますね

その他だと…
「使いかけの消しゴム」って五角形になりがちですよね
「イラストに描かれる家」の形も五角形ではないでしょうか?
「昔、医者でくれてた粉薬の包み」今では見かけませんねぇ、昔は五角形に折った紙に包んでありました。
「から揚げクン用の紙パック」コンビニ(ローソンだっけ?)のメニューです
「牛乳パック」ある角度から見れば五角形です

ぱっと思いつくのはこの程度です

Q位置ベクトルの始点(起点)は必ず原点?

高校で位置ベクトルについて学んだ時、位置ベクトルの始点がどこにあっても良いような答案作りをしました。
むしろ始点がどこなのか明示しないようなやり方を「位置ベクトル」と呼んでいるのだと思っていました(従って成分を用いるのはベクトルの差のみに対して)。

しかし、ネットで色々検索しますと原点を始点とし、座標とベクトルの成分を必ず同一視するかのような書き方がなされているものを散見します。

高校数学において、という限定で構いませんが、そもそも「位置ベクトル」とはどんな考え方に対して使っているのでしょうか?
ベクトルの最初で「→OA=→aとする」とやりましたが、教科書の「位置ベクトル」という章はその後だったと思うのです。

Aベストアンサー

NO.2 補足への返答です。

あまり堅く考えてもしかたがないかもしれません。

まず「位置ベクトル」という言葉は一般的には始点を原点にして
終点をモノの位置とするような幾何ベクトルです。
これ以外の意味で使う場合は誤解を覚悟するべきでしょう。

しかし、始点を原点以外に明示して、その点からの相対位置を位置ベクトル
と呼んでも、それが明示してあればなんの支障もないでしょう。

両方「位置ベクトル」と呼んでもかまわないのではないでしょうか?

もうひとつ、私が言いたかったのは、物理の一般座標のように
線形性の無い非幾何ベクトルで位置を表す場合もあるということです。
この場合、原点というものはなく、座標は数値の並びでしか
ありません。

多分高校の範疇を超えてしまいますが、こんなものも
「位置ベクトル」と呼ぶ場合が有るということを頭の片隅に
置いていただきたいです。


人気Q&Aランキング

おすすめ情報