タイトル通りの質問です(^^;
現国のひねくれた教師に聞かれたのですが、
冗談で私が「中国っぽいから」と答えると
「じゃあ熊でも何でもいいじゃん。つかパンダのほうが中国っぽいじゃん(笑)」
と返されてしまいました

「何故他の猛獣ではなく虎なのか?」
そこら辺を中心にご回答いただけないでしょうか?

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (5件)

No2さまのおっしゃることでほとんど言い尽くされていますが、


パンダはまずありえないでしょう(笑)だいいちパンダが発見されたのが1869年フランスの宣教師によって。あんな生き物を知っている漢民族なんてほとんどいなかったわけですし、恐らく中島も知らなかったでしょう。
さて、本題に移ります。
伝統的に中国で言われる猛獣は虎、狼、熊、豹、豺(山犬:音はサイ)あたりでしょうか。
その中で、李徴の「臆病な自尊心と尊大な羞恥心」を表現できる動物と言えば、群れない動物→虎・熊or豹ですね。
そして、人を食い殺すほどの猛獣となると、水滸伝などの例を俟つまでもなく、虎ということになるでしょう。
    • good
    • 7
この回答へのお礼

なるほど^^
そのあたりを掻い摘んで彼奴に答えてやろうと思います!
回答をくれたみなさま、どうもありがとうございました!!

お礼日時:2006/10/05 17:52

こんばんは。

私見ですが、虎は中国において残忍なものの象徴として古来描かれてきたのではないでしょうか。論語などにも残忍なもの、苛酷なものの象徴として虎が出てきます。「虎狼の心」(残忍な心)などといった表現もあります。
 ですから李徴が猛獣になるとすれば「その内面にふさわしい」のは「虎」なのだと思います。
    • good
    • 0

熊じゃ遅くて話にならねーから。


夜は見えないし。^^;

熊猫などは問題外。
狼は集団で行動するし、人は食わない。

どの動物も知能的です。

まあ、水彩画でもトラが定番でしょう。^^
狂った獣のごとく。
    • good
    • 0

 「山月記」の元になった中国の昔の作品に「人虎伝」というのがあります。

(yahoo!、google等で「人虎伝」で検索すると、「山月記」と比較ながら紹介したサイトがたくさん見つかります。ぜひご覧ください。)

 だから、虎というのは当然ともいえます。もし、授業で先生が「人虎伝」の存在に触れていないのなら、あなたの調査(^^)による発見として、理由の一つにあげていいと思います。

 でも、もちろん、「山月記」執筆にあたって、熊やパンダに変えてもよいので、やはり他の理由も考えないといけませんね。

 「中国っぽいから」という質問者様の答も理由のひとつにはなると思います。これももちろん中島敦が、アフリカを舞台にしてライオンにした方がよいと考えれば、そうなったでしょうが、漢文学の素養の深い中島としては、そういう発想はおそらく出てこなかったでしょう。

 「何故他の『猛獣』ではなく」というのなら、「パンダ」は猛獣のイメージはあまりないと思います。もちろん現代の我々の感覚ではなく、中島の時代のパンダがどんなとらえ方をされていたかを調べておく必要はあると思いますが、虎との比較において猛獣性は劣ると思います。熊もパンダほどではないにしても同様でしょう。

 No.1さんがおっしゃるように李徴の「臆病な自尊心」と「尊大な羞恥心」を表す「猛獣」としてのふさわしさが大きな理由と言えると思います。
    • good
    • 1

「己の不遜な自尊心のため!」と答えるのがベターでしょう。

「では、何故虎に?」それは、「不遜」という言葉と虎が適合すると作者(中島敦)が考えたのでしょうね。元来、きつねや狸に比べ、虎は狡猾性が薄いし、それでいて威厳があるからでしょう。以上、推論ですが・・・。
    • good
    • 0

このQ&Aに関連する人気のQ&A

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Q燕頷虎頸と燕頷虎頭、為虎添翼と為虎傅翼はそれぞれ意味は同じですか?

燕頷虎頸と燕頷虎頭、為虎添翼と為虎傅翼はそれぞれ意味は同じですか?

Aベストアンサー

概ね同じ意味です。
それぞれ検索すれば、類義語として表示されると思います。

Q「つまんないじゃん」の「じゃん」という語尾は普通とんな人が使うんですか

大人?子供?老人?それとそのニュアンスはなんでしょうね

Aベストアンサー

神奈川、東海地方の方言が横浜経由で東京に来ているということですね。
東京でも広く使われるようになったのはテレビ番組のドラマの中で使われてからだったような記憶があります。
東京では横浜の言葉だと思われていました。だから横浜の威勢の良い女というキャラクター設定を出すために使われていたのだと思います。

ちょっとくだけた、崩した言いかたをしたい場合に使われていると思います。
「それ持っているではないですか」「持っているじゃない」ではなくて「それ持ってんじゃん」という風に短くリズムを出したい場合に便利です。
東京では親しい間で使うための言葉です。
東京でのこれに当たるなれなれしい表現は「じゃない」(男女)「じゃねえ」(男)と思います。「じゃねえか」だと男言葉ですが、「じゃん」「じゃんか」は女でも使える、ちょっとかわいらしい響きがあります。男が使う場合は、東京弁の男言葉「じゃねえ」から較べればソフトで中性的。「じゃない」よりは男言葉寄りではないかと思います。

Q猛獣たる魚類

 地上では猛獣、ライオンや虎など。
 空では猛禽、鷲や鷹など。
 大洋での猛獣という場合猛魚というだろうか。シャークとか。
 確かに淡水では小型のピラニアがいるが猛獣に比するものではない。
 ピラニアを猛魚というのは、造語だろうがみたことがあります。

 ライオンや虎という猛獣に比するものとして、シャークを猛魚ではなく、これに適確性のある呼称は何かないでしょうか。
 どうかおしえ下さい。

Aベストアンサー

やはり江戸時代に書かれたものですが、絵本二島英勇記という本に「鮫魚は・・・海中の悪魚也」(4 穴間山中にサメを殺す事)とあり、これの現代語訳が「鮫は・・・海中の猛魚である」となっています。
http://www.geocities.jp/themusasi2a/e07.html
また、魚釣り仲間の人でも「猛魚」という言葉は使っているみたいですよ。
http://neko2828.s10.xrea.com/tw/fishing.html
テレビのタイトルでも(「壮絶!猛魚軍団・海底喰うか喰われるか!!」ジョーズVSテンタクルズ)(金曜スペシャル'77/9/2)とかあったようですし。
まあ、どうしても「悪魚」「猛魚」はなじめないというのでしたら、「獰猛魚」とか。

Qそこらじゅう?そこいらじゅう?

『そこらじゅう』と『そこいらじゅう』はどちらが正しいのでしょうか?

宜しくお願いします。

Aベストアンサー

『そこらじゅう』(其処ら中)が正しく、『そこいらじゅう』は、『そこらじゅう』の類語・同義語
かと思います。

Q日本語を教えていただけますか

日本語を勉強しててわからない部分があるので質問させていただきます
1.「もしかしたら}と{ひょっとしたら}と{もしかして}と{ひょっとして}の使い分けってあるでしょうか辞書を引いても同じ意味だと出てきます{ひょっとしたら}はニュースでよく耳にする気がするのですが意味がよくわかりません
2.{郵送の際には}この{際}って{時}と{場合}の意味だと思いますが{際}の意味と使い分けがよくわかりません{際}は文章に使うものでしょうか
3、{新しい}と{新た}の違いがわかりません辞書には{新た}は
{今までなかったこと}を意味するときは新たを使うのですか?
{新しい}と{新た}は書き換えは可能でしょうか
質問文の中に間違っている部分を直していただけたら助かります
よろしくお願いします

Aベストアンサー

1. 「もしかしたら」と「ひょっとしたら」は同じ意味です。なお「ひょっと」という語は擬態語(ドキドキやハラハラなど様子をあらわす語)からきているとのことで、堅い席では「もしかしたら」のほうを使うことが多いかもしれません。「もしかして」「ひょっとして」も同様です。

2. 際というのは「機会」という意味です。ですから「郵送の際は」は「郵送する機会には」と置き換えることができます。文章でも使いますし、会話でも使います。

3. 「新しい」と「新た(な)」は両方とも英語でいうところの「NEW」の意味を持ちますが、目に見えるものの場合「新しい~」「~が新しい」などというように使い、目に見えないことの場合「新たな~」「~を新たにする」のように使うことが多いです。

例:新しい家、新しい服、全てが新しい
  新たな気持ちで、心構えを新たにして


人気Q&Aランキング

おすすめ情報