どんな時でも、常に「感謝する心」を持ち続けられれば、人は幸福を感じる事が出来るのでしょうか?

 みなさんの意見をお聞かせください。
 

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (11件中11~11件)

感謝する時は感謝したらいい。


幸せな時は幸せにあればいい。
感謝の心はいいよな。でも、ずっと持ってたら手が痛くなるだろ?(笑
うっかり落としちまうかも。
無理はしなくていいんだよ。何も持たなくていいな。
キモチも、モノも、想い出も。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

 
 ご回答ありがとうございます。

 流れに身を任せて、あるがままに生きる・・という事ですね。
 

お礼日時:2002/03/31 16:39

このQ&Aに関連する人気のQ&A

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

関連するカテゴリからQ&Aを探す

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Qこしあんのどらやき

どらやきというと、たいてい粒あんですよね。私は極端なこしあん派なので、こしあんのどらやきを食べてみたいのです。売っているお店をご存知の方、是非教えてください。尚、自分で作るという解答は遠慮させていただきます。よろしくお願いいたします。

Aベストアンサー

ちょっとググったら、こんなのがありました。
ゴマ風味らしいですが、ちょっと微妙ですね

参考URL:http://www.paw.hi-ho.ne.jp/foods/check_momenya.html

Q理想や向上心を持たない人間は幸福ですか?

人は能力や条件に見合わない理想や向上心を持ち、それを実現しようと
するために苦労したり悩んだりします。
もし理想や向上心がまったくない人間がいたとしたら
それは幸福でしょうか?

Aベストアンサー

多分、貴方の質問は子供の方が大人より幸せではないのか、と言う質問に重なるのでしょう。それに関する答えは簡単です。子供は自分で独立して考えることが出来ません。常に親に頼っている。だから、子供が幸せになれることは無いんですね。それが出来るのは大人だけです。

Q顔文字挿入

メールを書くときに顔文字を使いたいのですが・・・・
ATOKのバーの顔文字をクリックしても挿入できません
再起動させても同じ結果で原因が分かりません
OSはXP
SOTECのノートを使っています
あと入っている顔文字以外の顔文字ってどこで見つけてますか?
表現豊かな顔文字を教えてください

Aベストアンサー

顔文字を辞書登録して使っては?
顔文字辞書を入れると、変換候補の顔文字が多すぎてかえって使いづらくなるので、私はもっぱら辞書登録しています。
こういう所 http://z.la/wjret
から好きなサイトに行き、好きな顔文字をコピーしてきて。
ATOKだと単語登録ですね。
http://docs.hp.com/ja/5187-0724/ch08s03.html

私の場合は「にこ」と入力、変換で「(*^-^)」と出せるようにしていたりします。

Q幸福を願う心こそ諸悪の根源?

人はなぜ幸福を願い追い求めるのでしょうか。

それへの「執着の強さ」と「量で測られる価値の多寡」が指標になっている世界では「囚われたこころ」は満たされる時の訪れがないように思われます。

なるほど「足るを知れ」と先哲は教えてくれます。しかし「知足」は欲望には限りがないから「そこらへんにしておけ」との妥協とも受け取れます。

おそらく宗教というものがそういった欲望処理専門システムとして登場するのでしょうが、一神教は殺しあいに忙しく仏教は形骸化もはなはだしく、その分無駄な難解さと相俟って「信じない者は救われない」という宣伝(脅迫?)しか伝わってこないようです。

どうも「幸福を願う心」こそが結果として「不幸への道案内」をしているように思えます。

こういう考えは間違っているのでしょうかね?

Aベストアンサー

>>どうも「幸福を願う心」こそが結果として「不幸への道案内」をしているように思えます。

そうですね。そのようにもみえますね。
「幸福を願う心」をもう少し分析的に捉えると、個人でいえば、幸福になりたいという意味は、欲しいものが手に入る。ということでしょうか。そういう意味での幸福であれば欲望は際限ないですから「不幸への道案内」になりますね。別の質問に愛が欲しいというのがありましたが、これも幸福と同義でしょうね。言葉の意味が正確に使われていないので渇愛のことを愛と勘違いしているのでしょう。奪う行為を愛といってみたり、欲望の渇えをしのぐことを幸福といってみたりしているのでしょうね。
個人に限らず国家も同じですね。小さな岩島の領有権を奪うことが国家の幸福と考えているふしが見えますね。
確かに人間は幸福を追求する生物ですが、人間が追い求める幸福が財であったり、地位であったり、名誉であったり、土地や支配などであれば、求めれば求めるほど互いの争いが増え、「不幸への道案内」になりますね。そういう意味でご指摘の通りですね。
では「人間が求める幸福とは何ぞや」ですね。これが哲学者・宗教家・教育者が提示できなければあなたのご指摘が真理になってしまいますが、事実はそうではないのですね。多くの者がどのように幸福や愛を誤解しようが、人間が求める真の幸福や愛は、やはりさらなる幸福への道案内なのですね。
真の幸福というのは目に見えないので捉えずらいし表現しずらいのですが、多くの回答者も漠然とは感じているのでしょうね。それ故、問いかけの言葉に対する反発もあるのではと思います。あえて真の幸福を言葉にすれば、真の幸福とは何にもない子供時代と全てがむなしくなった死ぬ直前の自分を比較して人生で何か得るものがあっただろうかということだけなんですね。進歩したと感じればそれが真の幸福でしょうね。
人生のとじで得た物、ゴミ知識などを全て捨てた時の個人個人の感覚ですから表現が難しいですよね。宗教家は魂の向上、哲学者は精神の向上、教育者は立派な人という言い方でしょうか。
仮の幸福は人生のとじでいろいろあるでしょう。有名校に入れたとか、財をなしたとや、美人と結婚できたとか子供が立派になったとか、きりがないけど、どれも死んでもっていけるものは生まれた時と同じで自身の身一つですからね。
世の中一般では仮の幸福が幸福という意味でしょうから「不幸への道案内」とはいえますね。でもそれは世の中一般が悩乱しているからだけなんでしょう。といいたいのですね。
哲学カテなのでちょっと御託が長くなってしまいましたね。

>>どうも「幸福を願う心」こそが結果として「不幸への道案内」をしているように思えます。

そうですね。そのようにもみえますね。
「幸福を願う心」をもう少し分析的に捉えると、個人でいえば、幸福になりたいという意味は、欲しいものが手に入る。ということでしょうか。そういう意味での幸福であれば欲望は際限ないですから「不幸への道案内」になりますね。別の質問に愛が欲しいというのがありましたが、これも幸福と同義でしょうね。言葉の意味が正確に使われていないので渇愛のことを愛と勘違いしている...続きを読む

Q感謝の気持ちを持ちたい!

感謝の気持ちを持つと、毎日充実した人生が過ごせたり、自分の成長につながると思います。なので感謝の気持ちを持ちたいと思っていながらも、何事もすぐに人と比べてしまったり、人間性が低いためにそのような力ほとんどありません。

どうした少しでも感謝の気持ちを持てるようになれますか?

Aベストアンサー

感謝したから成長につながるのではありません。
全ての経験は成長に繋がるという道理を知っていると、常に感謝の心が自然と湧いてくるのです。
つまり成長するから感謝するのです。
また、人は決して平等ではありません。様々な個性と成長段階をもって現世生活に臨んでいます。だから人と比べてもキリがありません。そういった道理を知っているかどうかということじゃないでしょうか。

どんな苦しみの経験も、いつかは成長につながる。
人は元々平等ではない(むしろ魂レベルにおいて階層社会)、そして修行形態にも様々あり、他者から見た尺度で単純に比べられるものではない。物質量など霊的視点から見たら一切関係ない。
そんな認識があれば感謝できるのではないでしょうか。

Q【幸福の科学って創価学会の教えのパクリでは?】 創価学会の教えを参考にして幸福の科学は出来てますよ

【幸福の科学って創価学会の教えのパクリでは?】

創価学会の教えを参考にして幸福の科学は出来てますよね?

両方、幸福はどのように実現するのか?という人生の問いに答えを出すための宗教ですよね。

Aベストアンサー

「創価学会の教えを参考にして幸福の科学は出来てますよね?」
→それは、あなたの勉強不足でしょう。
ご質問には、具体的な内容が書かれていませんが、それらのほとんどは幸福の科学、創価学会でなくても一般常識として当たり前のことなのです。

Q【日本語】お店の「いらっしゃいませ」は行くの尊敬語ですか?来るの尊敬語ですか? 来るの尊敬語だと思う

【日本語】お店の「いらっしゃいませ」は行くの尊敬語ですか?来るの尊敬語ですか?

来るの尊敬語だと思うが行くの尊敬語がお店のいらっしゃいませだと言っている人がいて驚いた。

Aベストアンサー

まず、「いらっしゃる」という動詞(尊敬専用)について

いらっしゃ・る〔自ラ五(四)〕          ([日本国語大辞典]用例は最低限にしました)
(「いらせらる」が変化して、四段化したもの)
〔一〕「入る」の尊敬語から転じた、「行く」「来る」「居る」の意の尊敬語。おいでになる。
(1)「行く」の尊敬語。
*洒落本・廓通遊子〔1798〕発端「すぐに御二階へいらっしゃりまし」
(2)「来る」の尊敬語。
*洒落本・廓通遊子〔1798〕発端「どなたもよふいらっしゃりました。きつひ御見かぎりでござります」
(3)「居る」の尊敬語。
*浮雲〔1887〜89〕〈二葉亭四迷〉一・一「何時(いつう)かもお客様のいらっしゃる前で」

〔二〕補助動詞として用いられる。動作、作用、状態の継続・進行の意で、その動作の主に当たる人に対する尊敬を表わす。江戸期では主として女性用語。
(イ)動詞の連用形に、助詞「て(で)」を添えた形に付く。「ている」の尊敬語。
*当世書生気質〔1885〜86〕〈坪内逍遙〉二「妾(わたい)が時計を取あげたもんだから、屹度(きっと)腹をたって居(ヰ)らっしゃるんだヨ」
(ロ)形容詞の連用形、またはそれに助詞「て」を添えた形に付く。
*多情多恨〔1896〕〈尾崎紅葉〉前・三・二「然(さ)ぞお寂(さみし)くてゐらっしゃいませう」
(ハ)動作性、状態性の名詞、または形容動詞語幹(いずれも主として敬意の接頭語の付いたもの)に、「で」または「に」を添えた形に付く。「である」の尊敬語。
*人情本・英対暖語〔1838〕二・一一章「アレもう貴君(あなた)は平気でいらっしゃるヨ。お憎らしい」

語誌
(1)上方からでなく、江戸で生じたとされるが、江戸期では江戸でも例は少なく「おいでなさる」「…なさる」の方が有力である。ただ「滑稽本・浮世風呂‐二・上」に言語使用者の品格のよさを印象づける例があり、敬意の高いことばであったことがうかがえる。
(2)明治期には二〇年代以降小説に多用されるようになり、明治末期から大正期にかけて、数量的にも用法的にも、ほぼ現在と同じような情況が出来上がっていたとみられる。
(3)命令形が「いらっしゃい」となること、助動詞「ます」に続くとき「いらっしゃい」の形が現われること、「ます」の命令形「まし」「ませ」が直接付くことなどから、同様の形式をもつ「なさる」「おっしゃる」「くださる」とともに、特別ラ行四段活用とか、ラ行変格活用と呼ぶ意見もある。→いらっしゃい。
(4)「た」「て」に続くとき、「いらっしっ」「いらしっ」「いらっし」「いらし」などの形をとる場合がある。「今日はどっちへいらっしったへ」〔洒落本‐猫謝羅子〕、「仮名家(かなや)さまへ入(イ)らしって」〔人情本・清談若緑‐三・一六回〕、「何処へいらしたか存んじません」〔花間鶯〈末広鉄腸〉中・八〕、「実家(さと)の方から絶交されて入らっしたのであった」〔桑の実〈鈴木三重吉〉二〕など。
(5)誤って「居る」に類推して、「ゐらっしゃる」と表記されたものも見られる。
(6)「ていらっしゃる」が「てらっしゃる」となる場合もある。「待ってらっしゃいましよ」〔桑の実〈鈴木三重吉〉〕など。
「いらっしゃい」という形ですと、母親が子供に「遅れるといけないから早くいらっしゃい」のように、「お行きなさい」の意味で使うこともあり得る。 
[注意]「くださる」「おっしゃる」「なさる」との類似性がある。

次に「いらっしゃいませ(まし)」は「いらっしゃる」に丁寧の助動詞「ます」の命令形(まし・ませ)がついたもので、

いらっしゃい‐ませ 〔連語〕
(動詞「いらっしゃる」の連用形のイ音便に、丁寧の助動詞「ます」の命令形の付いたもの)
(1)「いらっしゃい(1)」の丁寧な表現。
(2)あいさつのことば。「いらっしゃい(2)」の丁寧な表現。

 「いらっしゃいませ(まし)」はお客などを迎えるための言葉としても用いられることが多いようです。

まず、「いらっしゃる」という動詞(尊敬専用)について

いらっしゃ・る〔自ラ五(四)〕          ([日本国語大辞典]用例は最低限にしました)
(「いらせらる」が変化して、四段化したもの)
〔一〕「入る」の尊敬語から転じた、「行く」「来る」「居る」の意の尊敬語。おいでになる。
(1)「行く」の尊敬語。
*洒落本・廓通遊子〔1798〕発端「すぐに御二階へいらっしゃりまし」
(2)「来る」の尊敬語。
*洒落本・廓通遊子〔1798〕発端「どなたもよふいらっしゃりました。きつひ御見かぎ...続きを読む

Q宗教に入信せず、哲学書などの読書だけで心の持ちようを変えれた人いますか?コツがあったら教えてください。

宗教に入信せず、哲学書などの読書だけで心の持ちようを変えた人いますか?コツがあったら教えてください。宗教に入った人は、よく一般的に信じられないことや、めんどくさいことでも正しいと思って行動できると思います。
宗教に入信することはものすごくデメリットが多いので
ぜひ読書で、自分は老子の思想に染まりたいなと思っているのですが、何かコツあります?思想で今までの性格を変えれた人いらっしゃいましたら教えてください。

Aベストアンサー

再度の5です。
そうじゃありません。
気分を害されたのなら、謝ります。誤字に気づかずにごめんなさい。

私は仏教のことばかり書いているので、そういう変換になってしまっただけなんです。
仏教の四苦八苦は生老病死というので、老死という言葉をしょっちゅう使うんです。

じゃあ、お詫びに仏教の話をします。
私は老子には詳しくないですが、きっと老子の思想も、これとダブっているハズです。
なぜならば、真理(道)というのは一本しかないからです。
言葉による表現は違うと想いますが、その意味するところはきっと底通していると想います。

この世は光と影、陰陽という全く違う性質のものたちが複雑に絡み合って出来ています。
仏教では縁起と言いますが二律背反、カオスという言葉でも表現できると想います。

したがって、我々の生みの親は「不安定」なんです。
「生まれる」というのは、不安定だから起こる現象なんです。

海の波と一緒です。
大気の状態が不安定になると風がおき、波が生まれますよね。
我々が生まれてくるのも、同じことなんです。
不安定だから生まれんです。

つまり、我々には、生来「不安定」という要素があるんです。
仏教ではこれを「愚か者」といいます。キリスト教では「原罪」というのかも知れません。

で、我々は、何のために生まれてくるのかと言えば、幸福になるためなんです。
じゃ、幸福とは何か?といえば、「安定」なんです。
経済的な安定とか、異性に恵まれている安定も、幸福の一つの条件かも知れませんが、そうではなくって、心が安定していることが幸福なんです。

だってどんなに金持ちでも、女にもてても、心が不安定なら、気持ちが安らぐことがなかったら、幸福と言えるでしょうか?

逆に一文無しでも、どんなに生活の条件に恵まれていなくても、心が安らいでいれば、気持ちが穏やかであれば、それが幸福なんです。


じゃ、どうやれば幸福に成れるのか、心が安定するのか?です。

腕の筋肉を鍛えようと想ったら、鉄アレイを持ち上げますよね。
あれは、鉄アレイの「重さ」に抵抗、反発しているんです。
抵抗、反発すると、鍛えられるんです。

心もこの仕組みと一緒なんです。
心の中にわきあがる、さまざまな欲望という「鉄アレイ」を持ち上げて、心を強化するんです。
だから、あらゆる宗教、道徳というのは、み~んな禁欲、節制、克己修身を説くんです。

だから、言葉づかいには注意して、丁寧な言葉を使い、
何かしてもらったら、「ありがとう」という心を大切にする。
正直者といわれバカにされて、なめられても、手を抜くことなく一生懸命仕事をする。
心正しく生きていくと、最終的に心が強化されて、不安定な心が安定に導かれていき、結果、それが自己の幸福へと繋がっていくんです。

これが「道」です。

おそれらく老子の思想もこれと似ているのではないか、どこかで低通していると想うのですが、・・・・私にはわかりません。

再度の5です。
そうじゃありません。
気分を害されたのなら、謝ります。誤字に気づかずにごめんなさい。

私は仏教のことばかり書いているので、そういう変換になってしまっただけなんです。
仏教の四苦八苦は生老病死というので、老死という言葉をしょっちゅう使うんです。

じゃあ、お詫びに仏教の話をします。
私は老子には詳しくないですが、きっと老子の思想も、これとダブっているハズです。
なぜならば、真理(道)というのは一本しかないからです。
言葉による表現は違うと想いますが、その意...続きを読む

Q日本語(単語)の同意語が知りたい

日本語の同意語(準同意語)を知ることのできるサイトまたはフリーソフトをご存知でしたら教えてください。例えば介入→干渉  場所→位置、地点  原因→要因、理由  保存→保管、維持、保全 ・・・・などが知りたいのです。

Aベストアンサー

参考URLですね。

参考URL:http://www.gengokk.co.jp/thesaurus/

Q機械も心を持っている?

機械にも心があると考える機能主義に対する反論って
どんなものがありますかね?
なんでも結構です。お願いします。

Aベストアンサー

まず「心」という言葉の問題ですが、およそ機械との関係で論じられる時には、「意思や感情」などの総体という意味で使われているのがほとんどではないでしょうか。AI関連で出版されている書籍での「心」は、英語では通常“mind” であって、“spirit”や“heart”、“soul”について論じたものではありません。ここから伺えるように、日本語の「心」という言葉の持つ広いニュアンスのうち、現実には「意思や感情」という意味に限定的に使われているわけです。
つまり「機械と心の関係」を巡る多くの議論の焦点は、ふつう合目的的かつ合理的に作られたものである機械が、自分の意思や感情という一見不合理なものを持てるようになるのかどうか、という点にあるのではないでしょうか。ここが不明確のままだと話が拡散しすぎてしまい、何の議論をしたいのかわからなくなってしまうと思います。(以下、この意味で「心」と書かせてもらいます)

もうひとつ、「機能主義」について。
ものごとについて機能的定義、構造的定義ということが言われます。椅子を例にたとえると、「イスとはその上に座れるものだ」という使われ方に着目するのが機能的定義、「足と背があって尻を置く平らなところがあるもの」という、部分間の実体的な関係性をみるのが構造的定義です。
機械について機能主義の立場が必ずしも「機械に心があると考える」わけではないと思いますが、「心」というものの働きを要素に分解して、パターン認識、計画代数、再帰的管理手続き…という個々の機能群の集合体だとみれば、程度の問題はあるにせよ、個々の機能が実現し得るならその総体である「心」も創造し得るということになるわけで、正確には「原理的には機械は心を持ち得る」というのがその主張でしょう。
(しかし実際にはこのように明快に二分できるものではありませんし、物事の認識にはその双方が必要だ、という現実的な立場をとる人が多いのではないでしょうか)

いずれにしても、「機械も心を持ちうる」という立場の代表的論客として、古くはブライテンベルク(「模型は心を持ちうるか」、哲学書房)がおり、現代ではマーヴィン・ミンスキーが挙げられるのだと思います。
ミンスキーはかつて人間の「心」を「肉でできたコンピュータ」と譬えたことがあります。つまり彼の立場では、「心」は既知の物理法則に則って作動する機械だ、ということになります。

「心」というのは原理的に沢山のプロセス(彼の呼ぶところの「エージェント」)から成り、各々のエージェントは思考を全く必要としない単純なことしかできないが、エージェントたちがレベルやフレームといった構造を通じて十分に複雑な形で社会を構成することで知能や感情を達成している、というのが彼の主張です(ミンスキー「心の社会」、産業図書)。
言ってみれば、「心」の実体は「とるに足りない動作をする無感覚なループと系列」から成る、というわけですから、「心」は現実に機械によって実現され得る、とみているわけです。

程度の違いはありますが、ダグラス・ホフスタッターもこの立場に近いでしょう。彼は、個人的な意見と断りながら「十分に複雑な知能プログラムを持つ機械は必然的に感情を持つようになる」という意味のことを書いています。もちろんこの感情や意思は、プログラムの中に明示的に書かれている必要はないものです(ホフスタッター「ゲーデル、エッシャー、バッハ」、白揚社)。
また彼は、テューリング・テストに合格するようなプログラムが創造されたとしたら、たとえそこに「心」が存在しなくとも、私達はそこに「心」を認めるだろう、とも述べています。

ただこの二人の間には結構な温度差もあります。「女の子が持っていた風船を風にさらわれて泣いた」というような文章を見た時、果たしてプログラムはそれを本当に理解できるのかどうか、という問題です。
ミンスキーなら可能だと答えるでしょうが、ホフスタッターなら、プログラムがそれを知的に理解するということまでは認めても、果たしてそれを“真の意味で”理解していると言えるのかどうか、という点については時期尚早だとして恐らく結論を保留するでしょう。

この二人の違い、「人間主義的論点」により一層の重きを置いて、「泣けないコンピュータには結局心がない」とするような立場が、ひとまず機能主義論点に対する反論となっているのではないかと思います。
この反論では、「理解」とは外形的な機能標準を満たすだけでは不充分で、もっと違うレベルを持つのが人間の「心」なのだ、とするわけです。
ここには確かに深い問題があると思いますが、実際にはAI方面の人達はあまりこの問題をとりあげるのを好みません。この立場は科学的立場を貫くことが難しく、容易に「人間の心は根本的に神秘的な理由によってプログラム不可能だ」という結論に走る危険性があるからです。背景には、人間をその精神性ゆえに高貴とし、その働きの本質は不可知であると考えたい欲求を持つ人が特に西洋には多い現実があるのでしょう。

もうひとつ、機械と人間の持つ「身体」の相違に着目して、結果的に生まれる「心」に相違があるとする見解があります。心身の相関に重きを置く立場で、社会との接点であり思考を枠づけする「身体」が違えばおのずと「心」のあり様も異なるはずだ、というもので、機能主義派の持つ楽観的態度を消極的にではありますが、批判しています。従来の認知科学の前提を批判して認知を「身体としてある行為」とみるF.ヴァレラ(「身体化された心」工作舎)などにその一端があります。

そしてもうひとつ、機能主義に対する論陣が割と少数派であるなかで、異彩を放つものとして、ロジャー・ペンローズのそれが挙げられるようです。
私自身もペンローズの著作は十分に理解できませんので、詳細はうまくお伝えできませんが、彼の立場は、「心」の概念を現在われわれが物理的・論理的にうまく記述できないのは、基本的な物理法則をわれわれがまだ理解できないでいるからだ、というものです。したがって、現在のコンピュータ理論上にあるAI研究では、人間の「心」は絶対に理解できないし創造できない、としてミンスキーやホフスタッターらの方向性を批判しています。
ペンローズいわく、「心」の働きには量子力学を超える深いレベルの法則(量子重力論)が不可欠であり、究極の統一理論であるその未知の法則が人間の思考や意識の働きを実現化させているのだ、というものです(詳しくはペンローズ「皇帝の新しい心」みすず書房、を参照なさって下さい)。

まず「心」という言葉の問題ですが、およそ機械との関係で論じられる時には、「意思や感情」などの総体という意味で使われているのがほとんどではないでしょうか。AI関連で出版されている書籍での「心」は、英語では通常“mind” であって、“spirit”や“heart”、“soul”について論じたものではありません。ここから伺えるように、日本語の「心」という言葉の持つ広いニュアンスのうち、現実には「意思や感情」という意味に限定的に使われているわけです。
つまり「機械と心の関係」を巡る多くの議論の焦点は、ふつ...続きを読む


人気Q&Aランキング