クッキーの使えるブラウザを作ろうと考えています。テキストブラウザで構いません。できれば簡単な情報収集エージェントとして使いたいです。何を勉強すれば作れるものか、御指南いただけないでしょうか。普段はウィンドウズを使っております。

現在の知識
Perl,HTML: 初級
C,C++,JAVA,Perl/Tk,CGI: 入門
HTTP: ほとんど無し

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (2件)

まずHTMLを取得するためにTCP/IPでHTTPDに接続しデータを取得する必要があるため、HTTP/1.0もしくはHTTP/1.1の知識、及びTCP/IPなどSocket操作。



取得してきたHTMLから表示データを作る過程で、構文解析。

解析した情報を元にレイアウトセットアップが必要になるのでGUIなら各NativeInterface、CUIなら各コンソールの操作(EscapeSequenceもしくは各種ライブラリなど)。

あとは英語以外の文字圏のサポートも考えるとMultibyte処理及び、文字コード間の変換など。

ゼロからの作成であればこの程度は必要でしょう。Windows下で各種コンポーネントに頼っても良いのであればIEを使ったりとか楽が出来ますけど。
    • good
    • 0

実際にブラウザまでを作った経験があるわけではないので、作るとすれば、という話ですが。


最低限必要な知識は、httpプロトコルの基礎と、HTMLの仕様、および各種言語でのネットワーク接続のやり方でしょう。
ネットワーク接続は、C/C++を使用するならwininet.dllの関数の理解(winsockでもできますが、wininetの方がずっと簡単です)、
Javaを使用するならjava.netパッケージの各クラス(特にURL,URLConnection,HttpURLConnection)の理解が必要となります。
通信ができればHTMLドキュメントの取得まではできます。ここまではそれほど難しくないと思います。
難しいのはHTMLのパーシングおよび表示の部分だと思われます。
XMLのように厳格な記述を持つ言語ならパースするライブラリも数多く出ていてやりやすいのですが、
HTMLは言語仕様がタグの省略に関して寛大ですし、そもそも正しいHTMLを書いている人が少ないですので、パースが困難です。

# C/C++ならWindowsAPIの知識は何をするにも必要です
    • good
    • 0

このQ&Aに関連する人気のQ&A

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Qポータブルヘッドホンアンプを自作しています。

ポータブルヘッドホンアンプを自作しています。
一つのアンプで出力を2つにしたいのですが、通常のアンプに改良を加えて作ることは可能でしょうか?増幅回路の部分は共通で出力を2つにしても問題ないのでしょうか?2つのヘッドホンは100Ω以下の異なるヘッドホンを想定しています。

Aベストアンサー

No.2です。
英語に弱いのと、私も回路図が見た瞬間にスラスラわかるほどの技量はないので、まだ斜め読みですから細かい所は間違っているかもしれませんが…

ただ、それでも見た瞬間に言えるのは、入力バッファに当たるのはLME49720です。
LME49720が入力信号処理をして、LME49600がヘッドフォンパワーアンプの役目をしています。

なので、あえて言いますが、質問者の方がこの図を見て、なんでバッファとパワーアンプ役のICが逆だと思ったのか、私には逆に理解できません。
もしかして、LME49600のスペックシートに「High Current Audio Buffer」って書いてあるから、とにかくLME49600はバッファに決まってる…などと短絡的に考えられていたのではないでしょうな?
また、LME49720のスペックシートには「OPERATIONAL AMPLIFIER」と書いてあるから、LME49720はアンプに決まってる…などと思われているのではないでしょうな?


スペックシートには、メーカー側の設計上の「予定機能」というか「こういう機能素子のつもりで設計してます」ということを書いてあるだけで、実際の使われ方は回路図見ないとわかんないんですが、11ページの図は、ちょっとオペアンプ回路囓った奴なら誰も間違わないくらい明確に
「LME49720が信号バッファ、LME49600が電流増幅(=パワーアンプ役)」
ですよ。
オペアンプの教科書なら真っ先に出てくるような基本構成そのまんまの回路ですからね。
信号の流れを見て、どういう素子がどういう役割をしなければならないか…という概念がわかっていれば、間違いようがありません。

何でそんな事がわかるのか、そんなに偉そうに言いきれるのか…と不思議に感じるレベルだと、オペアンプの回路図を読むこと自体が「まだ早い。もっと勉強しないと、この手の回路はキット以外は扱えない。自分で改造なんか無理」と言われても仕方ないです。

もっとも、私もLME49720の「B」の回路の役割は、現時点ではLME49720のスペックも見てないし電卓も叩いてないので、「帰還回路の補償回路かな?」くらいしかわかりませんが。
(これは、専門家から私がボロカスに言われるかもしれない(^^ゞ)

あと、オペアンプとパワーアンプは全然意味が違いますから、もしそのあたりの知識に自信がないなら、是非ともまともに勉強されて下さい。
でないと、それくらいの知識量で、それこそオペアンプを使った出力分岐回路なんか作ったら、下手したら回路焼いちゃいますよ。

ついでですが、そういう「下手したら回路焼いちゃいますよ」的にヘマをしたら、例え9Vどころか3V程度の電源電圧でも、ヘッドフォンを壊すという事は現実にはあり得ます。
まぁ、普通はヘッドフォン側の頑丈さに助けられて、本当に壊れる確率は低いですが、電気的に危険な状態には十二分になり得ます。音が出なくまではならないまでも、以後使い物にならないくらい音質的に痛めてしまう事は、意外と簡単に起きますよ。

No.2です。
英語に弱いのと、私も回路図が見た瞬間にスラスラわかるほどの技量はないので、まだ斜め読みですから細かい所は間違っているかもしれませんが…

ただ、それでも見た瞬間に言えるのは、入力バッファに当たるのはLME49720です。
LME49720が入力信号処理をして、LME49600がヘッドフォンパワーアンプの役目をしています。

なので、あえて言いますが、質問者の方がこの図を見て、なんでバッファとパワーアンプ役のICが逆だと思ったのか、私には逆に理解できません。
もしかして、LME49600のスペックシー...続きを読む

QPerl, Ruby, Pythonいずれかの習得

私は普段、 C, C++, nasm を使ってプログラミングしています。

最近(主にテキスト等の処理のために)スクリプト言語を習得しようと思いたち(C++のboostでもいいんだけど)、どれがいいかと悩んだ結果、タイトル通り Perl, Ruby, Python のどれかがいいという考えに至りました。

一つ一つの言語としてのメリット、デメリットはあると思いますが、この3つに関しては至るところで議論されていますし、五十歩百歩というのが結論のようです。

そこでこれらの言語をお使いの方々から現在 CやC++ を主に使っている人間が最も習得しやすいとおもわれる言語はこの3つのうちどれかについてご意見賜りたくおもいます。

よろしくお願いします。

Aベストアンサー

CとPerlは20年以上、C++が6年、Pythonは4年、Rubyは3年程度使ってきてます。

C,C++から入りやすい、ということならPerlではないでしょうか。
「やり方はいくらでも」のPerlですが、最近では、変数の宣言を強制したりスコープを限定したり、といった、より厳密に方向へも進んでいます。(もちろん、昔ながらの「きたない」ものも書けます)
単純なのなら、Cのプログラムの変数の頭に$を付ける、という程度の変更で動作します。


ただ、それを抜きにしたら、PythonやRubyのような 毛色の異なる言語の方が、自分の視野は広がります。
それがC/C++で組むときにも生きてきます。

Q自作ヘッドホンアンプの排他出力

今自作のポータブルヘッドホンアンプを作っているのですが、2つの出力(6.3mmと3.5mm)をつけてどっちでも使えるようにしたいと思っています。
ただし、つなぐときはどっちか1つのみです。
それをやりたい場合はそのまま並列につなげばいいのでしょうか?
それとも両方に並列に大きな抵抗を入れればいいのでしょうか?
探してもなかなか情報がないので、知ってる方がいましたら助言をお願いします。

Aベストアンサー

通常、並列接続で大丈夫だと思います
配線が長くなる場合は、その静電容量などで、高域の低下やノイズの原因になったりする場合があります
その場合はスイッチで切り替える様にします

>探してもなかなか情報がないので

自作ですから、いろいろ試して見ましょう

QMaximaで一括でA:123、B:456, ...する

Maximaにて値の割り当て
A:123$
B:456$
...
が出来ます。これを一行
assign([A,B,...], [123,456, ...])$
とする方法(上のassignは仮)はないでしょうか。

Aベストアンサー

assign あたりをキーワードにしてヘルプを見ると見つかるよ.

Q自作ヘッドホンアンプ制作初心者です。 電気の知識は中学高校程度ですのでその点を踏まえて回答を下されば

自作ヘッドホンアンプ制作初心者です。
電気の知識は中学高校程度ですのでその点を踏まえて回答を下されば助かります。

質問なのですが、単三電池二本を使用した自作のDCDC昇圧回路(12.78v固定)を三端子レギュレータ(9v固定)でノイズを低減させ±4.5Vの両電源にしたものを、自作の前段A47回路+後段SEPP回路増幅器に繋げて駆動させてみたところ、点灯するはずの電源用ランプのLEDが点滅し±電源は計測出来ない程の変動をしました。
試しに、電源をDCDC昇圧回路から15V固定のスイチングアダプターに変更して電源を入れたところ、目視ではLEDの点滅は収まり点灯しているのですが、増幅器の電圧は±4.5Vで安定せず±3.4V~±4.5V付近を定間隔で波打ってました。
長々と書きましたが要約すると、増幅器を繋いだとたん両電源の電圧が安定しなくなった原因として何があるのか知りたいです。
テスターのみでの測定で取り急ぎ質問した為、回路図やオシロでの正確な実測データは用意できてませんが『○○が怪しい』などで結構なので宜しくお願いします。

Aベストアンサー

問題がどこにあるかは切り分けをして明らかにしなければならず、まずは確かな電源を供給して様子を観察しないと先に進めません。過去の経緯はともかく、今回の問題がどこにあるかを明らかにしないといけません。

もし「最初の30分くらいは普通に動作していたのですが、その後に新しい乾電池に交換した後かまたら症状が出た」のなら、最初の30分くらいの動作中にSEPPのトランジスターが発熱で損傷した可能性もありますし、新しい乾電池の容量不足の可能性も考えられます。
確かな事実を積上げて、どこまで正常であったかを追って行く(トラブルシューティングする)必要があります。実は、回路を組み立てるよりも問題があったときにトラブルシューティングして不具合原因を明らかにし、手直し修正するほうが高度の技術・知識・経験がいるんです。

QASP,net,cgi,javascript,php等の技術

ASP,net,cgi,javascript,php等の技術で、Webアプリケーションを開発するに当って
どれで作成したほうがいいですか?

機能としては、顧客管理、掲示板、グラフ表示、データベースアクセス等の機能を使います。

それぞれの言語で作成するあたって、長所と短所を頂けると幸いです。

Aベストアンサー

・ASP
確かに古いですが、まだASPで動いているサイトはけっこうあると思います。性能面はCGIよりはいいのではないでしょうか。
IISでしか動作しないのが欠点です。

・.net
よく知りません。確かに古いASPよりはASP.netの方がいいかもしれ
ません。最近少しみかけるようになりました。
拡張子 aspx のサイトはこの作りですね。

・cgi
効率が悪いのでやめた方がいいと思います。ただ、いまだに一番
よく使われていると思います。自身でサーバが管理できないプロ
バイダのサーバにおくような場合はこれ以外の選択肢はないかも
しれません。

・javascript
通常はクライアント側で使う言語ですが、サーバ側で使うことも
あり得ます。たとえば、ASPでは、VBScriptの代わりにJavaScript
を使うこともできます。使って何のメリットがあるかは、よくわかり
ません。たとえば、ASPではVBScriptを使った方が動作は早いと
思います。

・PHP
よく知りません。

・あとはサーブレット・JSPも候補にあげた方がいいですね。
特に欠点もなく、無難に何でもこなせると思います。

・ASP
確かに古いですが、まだASPで動いているサイトはけっこうあると思います。性能面はCGIよりはいいのではないでしょうか。
IISでしか動作しないのが欠点です。

・.net
よく知りません。確かに古いASPよりはASP.netの方がいいかもしれ
ません。最近少しみかけるようになりました。
拡張子 aspx のサイトはこの作りですね。

・cgi
効率が悪いのでやめた方がいいと思います。ただ、いまだに一番
よく使われていると思います。自身でサーバが管理できないプロ
バイダのサーバにおくよう...続きを読む

Qヘッドホンアンプの購入について

今の再生環境(PC→ヘッドホン)が不満なのでヘッドホンアンプを買いたいと思うのです。
そこで皆さんにお勧めのヘッドホンアンプを教えていただきたいです。

ー条件ー
【予算】15000円以内
【使用ヘッドホン】E4c、DJ1PRO、super.fi 5 pro
【よく聴くジャンル】洋楽pops,rock
【重視する音質】ボーカルがしっかり、ヘッドホンの特徴を壊さないようなもの。
【使用場所】室内限定PC・iPod用
【希望の形状】できるだけ小型
【期待すること】PC・iPod用なので皆さんにとって見ると邪道なのかもしれませんが、予算内でできるだけ音質のいいものをお願いします。
また、海外から個人輸入というのは不安があるので、できればSOUND HOUSEあたりで購入できるものがよいです。

また、他に何か低価格で高音質になるものがあれば教えていただきたいです。

Aベストアンサー

50才の会社員です。私は、ANo.1さんが書かれていますが、エゴシステムのアンプがいいのではないかと思います。
アナログ入力のみなら、Dr.HEADという製品が実売価格15,000円くらいで出ています。下記URLはメーカの日本のサイトです。ご参考まで。
かつて、エゴシステムはDr.DACというデジタル信号が入るヘッドホンアンプを35,000円くらいで出していて、これを改造することがマニアの間で流行していましたが、今は販売中止になっているようです。まだ、どこかに在庫があるかもしれません。
なお、私の経験ですが、ヘッドホンアンプは音を大きく左右します。私は結局、Grace Design というメーカーのものに行き着いてしまいました。約20万円するアンプですが、高速感、定位、これらが全く違います。ご質問者も、専用アンプを使い始めることによって、迷路に迷い込むのではないでしょうか。

参考URL:http://www.egosys.co.jp/HP/php/home.php

Qいったい,,,,.NETって。。。

質問タイトルがあまりにプアでごめんなさい。素人なもんで。。。。。
MS .NETって、端的にいって何ができるの?何が違うの?アプリケーションの開発環境が向上しただけ?例えば、VB6で作ったアプリでは動作不可能だったことが、.NET環境では可能になるとかあるんですか?

あとWinXPの管理ツールをみると、MS.NET Framework1.1 xxxxxがありますけど、何に使うの?

Aベストアンサー

>アプリケーションの開発環境が向上しただけ?

その認識でいいと思います。
開発側からすると大きな違いです。
ユーザのメリットとしては、ソフトの品質が上がり、安くなる。
# 現状はそうでもないか

新しく出来ることは、ノータッチデプロイメントぐらいですかね。

Qヘッドホンアンプの事で質問です

この前PCを自作したのですがヘッドホン直差しだとノイズが凄いです。
ヘッドホンアンプを買えばノイズは無くなるものなんでしょうか?
それと、例えばS-AMPというヘッドホンアンプはどの様にしてPCに繋ぐんでしょうか?必要なケーブルなどあったら教えてください。
お願いします。

Aベストアンサー

はじめまして♪

オーディオ製品やパソコンが好きで、いろいろ安い物ばかりですが楽しんでいます。

パソコンもオーディオも小学生や中学生の頃から好きで、壊れた物もいくつか捨てず持っています。

WindowsはNTから触れてますが、95、98、Me、2000、どれも気に入らずメイン機にはなっていません。現在は仕事上でどうしても必要なのでBTO機のXPを毎日操作してますよ。(あ、弟から貰ったVista機、Linaxでも動くのがどこかに埋もれてたはず。笑)
さて、私のBTO機はMeが動ければ良い程度のベースにメモリHDDなど増設しXP新規インストールなのですが、事務用と言う事で、組み立て会社から前面のUSBとヘッドホン端子はノイズが多くなる場合が有り、未配線で良いでしょうか?って確認電話を下さいました。

Macなら、そんな事有り得ない。(と言うか、ノイズの影響が有るような端子は無いようです。少なくとも私が購入した4台では)

実際にWin機は未配線でしたので、シールド構造のプロ用マイクケーブルで配線してみたけれどヘッドホン端子はダメでしたね。 マザボや電源など、かなりノイズ出しまくりなのか、オンボードのオーディオチップかな?(背面の端子からPC用スピーカーだとそんなにノイズでないから、チップ周りじゃ無いかもね、、)


こういった場合は、アナログで増幅するヘッドホンアンップはノイズを正確に増幅するだけでしょうから、目的には向かないでしょう。

USBなど、デジタルデータを受け取り、ヘッドホン用に増幅するヘッドホンアンプやオーディオインターフェースが今回の解決には良いと思います。

キーポイントはPC内蔵のデジタル信号をアナログに変換するDA(DAC)を本体の外に置く事です。 ヘッドホン自体やアナログのアンプが気になる程のノイズを発生する事は滅多に有りません。アナログのアンプ回路部がデジタル環境で汚染される事は多々有りますので、本体の外でデジタルからアナログへ変換するのが良いと思いますよ~♪

はじめまして♪

オーディオ製品やパソコンが好きで、いろいろ安い物ばかりですが楽しんでいます。

パソコンもオーディオも小学生や中学生の頃から好きで、壊れた物もいくつか捨てず持っています。

WindowsはNTから触れてますが、95、98、Me、2000、どれも気に入らずメイン機にはなっていません。現在は仕事上でどうしても必要なのでBTO機のXPを毎日操作してますよ。(あ、弟から貰ったVista機、Linaxでも動くのがどこかに埋もれてたはず。笑)
さて、私のBTO機はMeが動ければ良い程度のベースにメモリHD...続きを読む

QTK-85(8085)の機械語

TK-85の機械語でアドレス指定方式の種類がわからないので、ご教授のほどお願いします。

Aベストアンサー

#3の書かれているのでおおむねいいと思いますが、「インデックスド・アドレス」は当時使われていた言葉ですが、今日では、レジスタの値と命令中の数字を足したものをアドレスとする事を言います。8080/8085では数字を足すことが出来ず、レジスタの値をアドレスとして使うことしか出来ないので、現在では「レジスタ間接」と呼ぶのが正しい(誤解を招かない)でしょう。

・レジスタアドレスの例
ADD B …………AレジスタにBレジスタの値を足す
INC C …………Cレジスタに1を足す
・イミディエイト(即値)アドレスの例
MVI D,1 ………Dレジスタに1を入れる
LXI B,100H ……BCレジスタペアに100H(=0x100)を入れる
・ダイレクト(直接)アドレスの例
STA 0200H ……Aレジスタの内容を0200H番地に入れる
LHLD 0300H ……HLレジスタペアに0300H,0301H番地の値を入れる
・レジスタ間接アドレスの例
STAX D …………DEレジスタペアの内容をアドレスとしてそこにAレジスタの内容を入れる
SUB M …………HLレジスタペアの内容をアドレスとしてそこの内容をAレジスタから引き算する

なお、16進数をあらわすために数字の末尾にHをつけます。

#3の書かれているのでおおむねいいと思いますが、「インデックスド・アドレス」は当時使われていた言葉ですが、今日では、レジスタの値と命令中の数字を足したものをアドレスとする事を言います。8080/8085では数字を足すことが出来ず、レジスタの値をアドレスとして使うことしか出来ないので、現在では「レジスタ間接」と呼ぶのが正しい(誤解を招かない)でしょう。

・レジスタアドレスの例
ADD B …………AレジスタにBレジスタの値を足す
INC C …………Cレジスタに1を足す
・イミディエイト(即値)アドレスの例
MV...続きを読む


人気Q&Aランキング

おすすめ情報