二級陸上無線技術士の資格を取ろうと思います。
試験範囲がけっこうあって、どのように勉強していいか いまいち分からず困っています
問題傾向やおすすめ参考書、問題集等、どこまで深く勉強したらいいか、など教えて下さい。

それから、無線工学A(無線設備の理論 測定機器の理論、運用など)の参考書が見あたりません。無線工学の基礎、無線工学B、はみつけたのですが・・・探し方が悪いのですか?他の名前であるのですか?

独学なので知ってる方 何でも教えて下さい。

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (2件)

ご参考にどうぞ



参考になりそうな図書の例です
1・2陸技受験教室1無線工学の基礎   東京電機大学出版局
1・2陸技受験教室2無線工学A       同
1・2陸技受験教室3無線工学B       同
1・2陸技受験教室4 電波法規       同
テキストブック 無線通信機器      日本理工出版会 (工学A対策 各種無線装置の説明。放送はあまりない)
無線工学 基礎編上巻          電気通信振興会 (必要な数学対策)
ディジタル放送技術            東京電機大学出版局 (工学A対策 放送関連)
わかりやすい ディジタル変復調の基礎   オーム社  (工学A 変調の基本を理解)
無線機器測定法の実際           電気通信振興会 (工学A 測定の基礎を理解)
一陸技 無線工学B アンテナと電波伝搬完全マスター 電気通信振興会 (工学B対策)
電波辞典                 クリエイトクルーズ (登場する用語の説明)

特に、電波辞典という本には、無線関連の用語が数多く掲載されていますので、おすすめです。
    • good
    • 0

東京電機大学出版局から、2技1・2通受験教室シリーズで、


 「無線工学の基礎1」、「無線工学の基礎2」、「無線機器」、「無線設備管理」
が昔(昭和62年版)でてました(一冊2000円ぐらい)いまもあるのかしら。
    • good
    • 0

このQ&Aに関連する人気のQ&A

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Q一級陸上無線技術士について

一級陸上無線技術士について

自分は工学部4年です。
一級陸上無線技術士を取得したいと思っています。
残念ながら電波工学や無線工学は習っていません。

そこで質問したいのですが、学部レベルの学力で
一級陸上無線技術士は合格可能なんでしょうか??
勉強方法、良い参考書、合格体験記などを教えてください。
また、学部レベルでは無線従事者試験はどれを受けるのが
ベストでしょうか?

持っている資格は工事担任者総合種です。
電気回路、電磁気などは院試などで勉強しました。
通信工学に必要な知識はこれくらいしかありません。

Aベストアンサー

アマチュアの人が無線好きをこじらせて受験したりしてますが、それ用の勉強をしていないと電子工学/通信工学科の人間でも受かりません。最近の通信工学ってあんまり無線関係やらないし。

まずは過去問集を手に入れて、問題眺めてみたほうがいいでしょう。どこまでわかるか判断してから次を考えたほうがいい。

無線従事者は2級陸上特殊以下は必要になったときに取ればいいレベル(講習会2日出ればもらえる)ので、実質的に資格としての価値があるのは1級陸上特殊以上です。2級陸上無線技術士と1級陸上無線技術士はあんまり差がないので、ほとんどの人は1陸技目標なら2陸技は取りません。

とっかかかりとしては1級陸上特殊取ってみるのも悪くありません。放送局以外の陸上にある無線局の技術操作はだいたい一級陸上特殊でできますから。

なお試験科目は4科目(基礎、工学A、工学B、法規)ですが総合種を持っているなら基礎は免除です。

Q英検二級を受けようと将来的に考えていますが、英検二級を受けた方は準二級も受けましたか? またどのよ

英検二級を受けようと将来的に考えていますが、英検二級を受けた方は準二級も受けましたか?

またどのような問題集と勉強方法でしましたか?参考までに聞きたいです!
どうぞ宜しくお願いします。

Aベストアンサー

>どのような問題集と勉強方法でしましたか?

私は、英検2級の時は特別本も買わないし、勉強はしないままで受験しましたが、それは時代が違うというか、受験と英検が連動していた頃だからできたことです。それでは聞いても役には立たないと思います。

しかし、以前よりまして、十分な対策、特に新システムの対策が必要です。
今後、それぞれの技能に対して、基準点を越えないと合格しません。
今までは、リスニングの不足をリーディングで補うということとで、都合を付けていました。

まず、2016度第一回の過去問をみてください。
http://www.eiken.or.jp/eiken/exam/grade_2/solutions.html

正直なところ、私は、ここである程度の予想を書いていたのですが、その予想とは大きく違っていました。もう少し綿密な研究をしないと、次回の予想が立ちません。それから、3級とかなり印象が違います。

全体的に、油断のならない内容だなって思いました。長文が多くて、最後に作文(Composition)が来ているのですが、学生の方は、かなり辛い内容です。会社のカジュアルな服装についてという題材では、学生の方には、想像もつかないと思います。

それから、旺文社の2016年度版対応の参考書を手に入れてください。

また、以前よりも大問1の語彙そのもののレベルは下がったというものの、引っ掛け問題が入っているようです。今までは、どんなに難しい単語でも、類推が利きましたが、その文章の内容が、ひねってあるので、ストレートな内容ではないのです。いくつか、ネガティブな部分を織り交ぜているのが特徴です。

最大のネックは長文解釈で、内容はそれほどでもないけれども、毎日、訓練して長文に慣れていないと時間が足りなくなって、最後まで解けません。今までは、大問2は、捨てだったのですが、配点基準が分からないので、そうもできなくなりました。その後に大問4で英作文に手をつけるというのは困難になりかねません。五分五分の人は、よほど対策を取らないとむつかしいです。

攻略は、長文の大問2と大問3にあるといってもよいでしょう。
リスニングは、また別問題です。

私の聞く範囲では、この夏に2016年度対応の英検対策の参考書が出そろうはずですが、今までのものはほとんど使えないような気がしますし、今までのものでなんとかなる、と思ってはいけない、と思います。準2級から攻略したほうがいいと思います。この改革は、2020年を目途に進めていくという話ですから、まだまだ変わる余地はあるはずです。

>どのような問題集と勉強方法でしましたか?

私は、英検2級の時は特別本も買わないし、勉強はしないままで受験しましたが、それは時代が違うというか、受験と英検が連動していた頃だからできたことです。それでは聞いても役には立たないと思います。

しかし、以前よりまして、十分な対策、特に新システムの対策が必要です。
今後、それぞれの技能に対して、基準点を越えないと合格しません。
今までは、リスニングの不足をリーディングで補うということとで、都合を付けていました。

まず、2016度第一回の過去...続きを読む

Q第一級陸上無線技術士について

当方「第一級陸上無線技術士」の資格を取得すべく、学べるスクールなどを探しております。

第一級陸上無線技術士取得にかかる費用、期間、教えているスクール(できれば名古屋近辺で)がありましたらお教えください。

Aベストアンサー

某地方局の技術職員です。
会社で取らされました。

テレビの送信機とかFPUとか日常的に扱っているので取得できたのかもしれません。
いきなり80dBμ/mとかいわれても、素人には分かりませんよね。
運転免許じゃないですから、スクールで取れる資格ではありません。
金で買える資格でもなく、期間もあなたの能力次第です。
私は4年掛かりました。8回かけて、科目合格を重ねて合格しました。

高卒程度の数学は必要です。それ以外は独学で何とかなります。
各種問題集をやりまくって、必要な公式を覚えて、
最後に過去問をしましょう。
いきなり過去問なんかやっても理解できないと思います。
有資格者の私でも分かりませんよ。
こんな攻略サイトもあります。

参考URL:http://www8.plala.or.jp/ap2/suugaku/taisuu.html#dB

QTOEICを2ヶ月間勉強するときに、一番いい参考書と、勉強方法は何です

TOEICを2ヶ月間勉強するときに、一番いい参考書と、勉強方法は何ですか???

こんにちは!
7月25日のTOIECを受けようと思います。その時までに2ヶ月しかありません。
それまでに目標700点!!
今までに受験したことがない!
英語を真剣に勉強するのは、5年ぶり!

そのままの状態で受験したら、200~300点くらいだと思います。
そんな中で、最高に良い参考書と、勉強方法はなんですか???

今までの経験で結果が出た方法を教えてください。

以上、よろしくお願いいたします!

Aベストアンサー

とりあえず、新公式問題集を買って解いてみましょう。最新の4で良いと思います。
形式に慣れないと実力は測定できません。これをやっておかないと50点以上は損すると思ってください。
で、弱点分野を分析します。
2ヶ月で何でもやるのは無理でしょうから。
参考URLをご覧ください。本当に300点取れる実力しかないのなら、700点に達するためには最低でも900時間の勉強が必要です。毎日15時間勉強できますか?
勉強してみるとわかりますが、最低このくらいはかかります。勉強方法によっては、この数倍。

とばかり言っていても仕方ないので、とにかくスコアを取るにはどうするか。
短期間で結果が出易いのは文法だと思います。文法が不得意と出たら、ラッキーかもしれません。みっちりやって9割取れれば約230点。
あとは470点なので、リスニングで320点、長文で150点ですかね。
これを取るのも簡単じゃありませんけどね。
大量の英文を音読したり黙読したりしてスキルアップしないと、小手先ではなかなか難しいと思います。
「初受験で700点!」みたいな本を信じても良いですけど、多分成果は出ないと思います。

参考URL:http://oshiete.goo.ne.jp/qa/4902005.html

とりあえず、新公式問題集を買って解いてみましょう。最新の4で良いと思います。
形式に慣れないと実力は測定できません。これをやっておかないと50点以上は損すると思ってください。
で、弱点分野を分析します。
2ヶ月で何でもやるのは無理でしょうから。
参考URLをご覧ください。本当に300点取れる実力しかないのなら、700点に達するためには最低でも900時間の勉強が必要です。毎日15時間勉強できますか?
勉強してみるとわかりますが、最低このくらいはかかります。勉強方法によっては、この数倍。

とばかり言...続きを読む

Q第一級陸上無線技術士―無線従事者国家試験問題解答集

こんにちは
1級陸上無線技術士を受験する予定です。第一級陸上無線技術士―無線従事者国家試験問題解答集という過去問題集を 見ると、解法が記載されていません。電波受験界という雑誌には、全問題について、解法が記載されているのでしょうか?なんで、この試験の過去問題集に、解法が記載されていないのでしょうか?こんな中途半端な過去問題集は見たことがありません。受験意欲が減退しました。

Aベストアンサー

補足&お礼ありがとうございます。

>そうしますと、誰も購入しないです。下記に公開されていますから

回答中にも書きましたが、昔はそんなものが無かったので、存在意義があったのですよ。
もっとも、数年前のものまでしか載っていませんでしたが。
今となっては仰る通り、存在意義は無いのかもしれません。

お手軽に資格だけ欲しいという話ですね。
であれば、解説なんて読まずに20回分くらいの過去問を丸暗記してください。それが一番早道です。
一部それでは解けない問題や新問題がありますが、完璧に覚えれば、残りは勘で答えて合格点に達すると思います。
まあ、「丸暗記」にも前提知識が要るのは仕方無い(というと、また怒られそうですが)と思います。
ポケット版の「これ一冊!」みたいな本もあります。私も買ってみたのですが、本当に直前チェック用で、読んだだけで解答ミスを指摘できるような人にしか役に立たないと思いました。

他の資格と比較されているのだと思いますが、市場が小さいので仕方ありません。
一陸特に次いで受験者が多いですが、年間受験者は約6000人です。
http://www.soumu.go.jp/johotsusintokei/field/data/gt020406.xls

この内、かなりの人が専門教育を受けているでしょう。
こういう人は、過去問を見て不足点がわかれば、それを勉強する資料は既に持っていますし、別に回り道でもありません。自分で考えて解こうと思えば、過去問の解説だけでは不足なのです。
なので、市場としては結構小さいと思います。だから出版社も少ないのです。
本当に資格「だけ」必要な人も一定数居るのでしょうが、例えて言えば、小学生向けの大学受験参考書を書くようなものです。それも、数学とか物理学。
そんな本を作って商売になると思いますか?
1科目10万円やるから書けと言われても、私なら断ります。

私も十代の頃は質問者さんのような考えを持っていました。その後、全無線従事者資格の最上級を一通り受験した今となっては、合格レベルに達していないだけだったんだなと思います。
それだけのレベルの試験なんですよ。そして、それはプロからすれば大したレベルではありません。
「勉強するのが面倒だから暗記で取った」と言えるのがプロです。
プロになったら、答えの無い応用問題ばかりを解くのですから、その素地を確かめる試験なんです。そして、合格すれば法律上はプロとして扱われます。
皆が開発者や研究者ではないという反論もあるかと思いますが、使うだけの仕事でも、機器の選定にはスペックシートを読み解くだけんの専門知識が要ります。素人だと、メーカーの営業にもなめられます。
協会と出版社が結託しているというのは多少あるでしょうけど、ニーズが無いのも事実だと思いますよ。

補足&お礼ありがとうございます。

>そうしますと、誰も購入しないです。下記に公開されていますから

回答中にも書きましたが、昔はそんなものが無かったので、存在意義があったのですよ。
もっとも、数年前のものまでしか載っていませんでしたが。
今となっては仰る通り、存在意義は無いのかもしれません。

お手軽に資格だけ欲しいという話ですね。
であれば、解説なんて読まずに20回分くらいの過去問を丸暗記してください。それが一番早道です。
一部それでは解けない問題や新問題がありますが、完璧に覚え...続きを読む

Q英検二級の勉強法・・・

英検二級の勉強法・・・
1月に英検二級を受験したいと思っています。
現状は文法、単語共に高校卒業レベルには及びません。
単語については勉強の仕方が掴めている(ような気がする)ので心配していないのですが
文法がとても心配です。
二級の範囲の文法をできるだけ効率よく勉強するにはどのような方法がよいのでしょうか?
おすすめの勉強法、またおすすめの参考書などありましたら是非教えて下さい。

Aベストアンサー

私は英検2級を10数年前に取りました。その時は、仕事で普段英語を社内の情報として翻訳をやっていました。3ヶ月前ぐらいに、先ず英検の過去問題/参考書を一冊一通り済ませ、高校生用の文法書を読みました。聴解力は過去問題集などの付属のCDやカセットを使いました。それ以外には特にやりませんでしたが、マア受かるだろうなと感じていました。それでも、これかな?あれかな?と考えざるを得ない問題が幾つかありました。単語を()内に挿入する問題では、頭の中で読んでみて、スーッと行くものが正解だったようですね。

2級を高校卒業程度と規定していますが、英語の先生でも”100点”取るのはかなり難しいのではないでしょうか。100%を狙っても80%取れれば、2級の実力はあると思います。ギリギリ65~70%も合格でしょうが、実際には足らないでしょう。

Q一級陸上無線技術士について

一級陸上無線技術士について

自分は一級陸上無線技術士を受験しようと思います。
そこでひとつ悩みがあります。
計算問題で √0.66 のような計算はどのように計算するのでしょう。
開閉法とか言うルートを計算する方法はありますが、大変時間がかかります。
良い計算方法などをよろしかったら教えてください。

Aベストアンサー

開平法は効率が悪いです。newton法を用いるのが高速です。
√0.66≒0.8(かなりイイカゲンな値でよい) と、まずは暗算であたりをつけて、以下
0.66/0.80=0.825 (0.80+0.825)/2=0.8125
0.66/0.8125=0.8123 (0.8125+0.8123)/2=0.8124 (小数4位まで正しい)
であり、ループ1回につき正しい桁数は約2倍に増えるから、たいてい、ループ2回で間に合うでしょう。

Q技術士(衛生工学または経営工学)一次試験対策について

技術士(経営工学または衛生工学)の一次試験を受験しようと考えていますが、受験対策に最適と思われる参考書または解説書をご存知でしたら、ぜひ教えてください。基礎科目・適正科目・共通科目・専門科目について、それぞれ教えていただければ幸いです。よろしくお願いいたします。また受験のポイントやコツなどがありましたら、あわせてお願いいたします。

Aベストアンサー

電気部門の技術士です。現在ご自身がどのような立場でどんな仕事をなさっていて、なぜ経営と衛生というまったく違う部門を考えておられて、技術士受験について何合目に有るかわかりませんので一般論を申し上げます。

技術士試験は建設系とそれ以外でまったく様相が異なります。建設系とは建設部門のみならず、衛生工学部門における上下水道工事、電気部門における電気鉄道、応用理学における測量など官庁向けに監理技術者やコンサルタントとしての地位が確立されている部門とそれ以外とをいいます。
衛生部門でも上下水道の建設、計画などを専門にされているのであれば「建設系」であり、浄水、公衆衛生、食品衛生でればそれ以外です。
建設系ならば建設部門の参考書プラス専門分野の雑誌、論文などを10年分さかのぼるほか、官庁の白書などを調べて政策を知っておく必要が有ります。

「その他」の部門は書く技術者自身が専門家という位置づけになります。たとえば機械屋で塗装を専門とされている方、化学屋で耐熱プラスチックの専門家などのようにその人が斯界のだ第一人者のいう場合です。
その他系の人であれば過去問題から動向をつかんでその部門全体の一般知識を万遍なく答えられるように勉強し、専門分野での最新の動向を整理しておく必要があります。

まずは「技術士」という資格に社会が求めている姿を理解することがもっと重要です。建設系であれば官庁の求める一般的基準を満たせばよいことになり、その他系であれば、その分野の幅広い常識プラス自己の深い専門性があることが条件になります。単に深い専門性があるだけでは合格できません。

1次試験の問題はその部門全般の基礎的知識を網羅しており、2次試験の問題もI-1を除いてその分野の専門的な基礎を網羅しています。2次試験問題が数年後に天下りして1次試験に出ることが多く見られます。
したがってまず過去問題の分析と整理からはじめるのが基本です。

建設系についてはある程度合格の基準が明確であり、受験者も多く、参考書の需要もありますが、その他系についてはほぼ師弟関係に近いような技術やコンサルティング能力の伝承がなされていて、参考書も多くありません。その他系で受けられる方はテクノ社の過去問題集を入手し、先輩技術士やJMAM等の受験講座の技術士から指導を受け、ご自身で10年分の専門誌から参考資料を作る(たいていパイプファイル数冊になる)ことで勉強を進めてきているはずです。

元来技術士制度はその他系を念頭においた制度のため1次合格者が技術士補となって技術士の指導を受けながら経験を積み2次試験をうけるというスタイルでした。

現在は実務経験年数で受験可能ですが、相変わらず2時の答案テクニックには技術士からの指導を受けたかどうかで合否が大きく左右されます。(技術士しか知らないノウハウがあるというのでは有りません。最新の技術士動向に通じ、専門分野の広い知識を背景にして、高度で専門的な科学技術の応用を必要とする課題の設定と解決方法を経営者や関係者にわかりやすく要点を伝える能力が有り、実際に問題解決をどう進めてきたかがわかるように書けばよい)

もちろん専門的事項については個々人ごとに異なり、守秘事項も多く公開されている模範答案も限られています。したがってI-1は添削指導を受けることが主体となります。

なお、建設系は資格取得による直接的なメリットがありますが、その他系は資格は「独立コンサルタント」の看板でしかなく、資格をどう活用するかは本人次第です。ただし技術士会のネットワークや技術士だから会える地位の人、任される仕事というものが有ります。数年の受験期間と数十万円の費用をかける価値があるかどうかよく考えてください。

なお、多忙な現役技術者であればあるほど勉強時間の確保が難しくなります。受験機関の参考書は有用です。(JMAMなら1次用、2次用それぞれ20cm近い分量があり、過去問題の整理、模範解答、記述式問題の回答例などが整理されています)。ただし、自分で専門分野の資料を整理することがもっとも有効です。コピー機やスキャナを使い資料集め、インデックス付け、キーワード抽出、サブノート作成などを数年かけて行うほか、関連する資格に挑戦して基礎を固めることが役立ちます。(機械であればボイラとか公害防止、電気なら電気主任とか情報処理などです)


(直接的なメリットの大きさと難易度からすれば弁理士や税理士をお勧めします)


さいごに「受験対策に最適と思われる参考書または解説書」ですが、技術士1次試験対策だけを考えているなら過去問題集の研究でOKです。ごらんいただくとわかりますが大変広範囲になっています。したがって1次を制覇するにはその部門のポピュラーな資格をいくつか持っていて基礎が身についている必要があります。また1次はあくまでも2次の受験資格であり、できれば2次の問題集も入手し、上記のように2次の問題を解くためのキーワードを専門雑誌等の特集から探して研究して天下り問題に対応するのが良いです。いずれにしろ基礎的な知識を身につけていくという長期戦となります。
市販されているものは過去問題集と一般的な「試験の受け方、勉強の仕方、答案の書き方」の解説書しか多分無いでしょう。過去問題の解答・解説まで載っているのはJMAMなどの通信講座のテキストになります。
30万円という金を払うか、時間をかけてこつこつ集めるかはその人次第です。ただ、2次の論文問題に対応するにはいずれにしろマンツーマン指導を受けて添削だけでなく論文に書くべき業績の取捨選択・業績の組み立て方から指導を受けないと難しいと思います。
(大手メーカーの研究所長や博士たちも書き方、まとめ方で落ちています)

なお、ご存知と思いますが一次の部門と二次の部門とを対応する必要はないので、一番易しそうな部門で1次を受けるという作戦もあります。また、2次には部門内に科目がいくつかあり受験時に選択することにますが、科目ごとに問題の難易度や合格率が極端に異なります。過去3年分を研究して動向に注意して科目選択することを勧めます。

電気部門の技術士です。現在ご自身がどのような立場でどんな仕事をなさっていて、なぜ経営と衛生というまったく違う部門を考えておられて、技術士受験について何合目に有るかわかりませんので一般論を申し上げます。

技術士試験は建設系とそれ以外でまったく様相が異なります。建設系とは建設部門のみならず、衛生工学部門における上下水道工事、電気部門における電気鉄道、応用理学における測量など官庁向けに監理技術者やコンサルタントとしての地位が確立されている部門とそれ以外とをいいます。
衛生部門...続きを読む

Q陸上無線技術士 参考書おしえて下さい。

今年二級陸上無線技術士を受験しようと思っているのですが、受験科目をどんな参考書で学習したらいいかわからず困っています。
何かお勧めの参考書教えてください。

Aベストアンサー

「二陸技」で書籍検索してみましょう。山のように出てきます。

ちなみに「二級陸上無線技術士」で検索しても、沢山は出てきません。

なお、電気通信主任技術者の資格を取得済みの場合、二陸技の学科試験の一部が免除になります。

Q英文法の勉強法、参考書について

英文法の勉強法、参考書について、ご相談させてください。

私は中学高校、大学受験から大学、大学卒業に至るまで
一貫して英文法が苦手、というか英文法の勉強が嫌いでして、
英文を読むときにはほとんど勘に頼ることで乗り切って来ました。

しかし31歳になった今になって、英文法を学ぶことの必要性をひしひしと感じておりまして、
(単語や熟語は辞書を引けば理解出来ますが、文法はなかなかそうもいかないので)
何か参考書で勉強をしようと考えています。

さて、この参考書なのですが、どんなものを選べばよいでしょうか?
英語の参考書は大学受験以来触ったことがなく、またTOEICやTOEFLの経験もありませんでしたため、
あまたある(であろう)英文法の本のうちどれを選んだら良いものか、全く見当がついていません。

何かアドバイスをいただければ幸いです。

私の英語力は、大雑把に言いますと、理系の英語論文を時間をかければなんとか読める程度です。

Aベストアンサー

美誠社の「総解英文法」

高校生向けの参考書。詳しく説明してあるので、自分が興味がある部分だけ読んでも参考になると思います。

http://www.amazon.co.jp/%E7%B7%8F%E8%A7%A3%E8%8B%B1%E6%96%87%E6%B3%95%E2%80%95%E3%81%8F%E3%82%8F%E3%81%97%E3%81%84%E8%A7%A3%E8%AA%AC%E3%81%A8%E6%AE%B5%E9%9A%8E%E7%9A%84%E6%BC%94%E7%BF%92-%E9%AB%98%E6%A2%A8-%E5%81%A5%E5%90%89/dp/4828502017/ref=pd_sxp_f_i


人気Q&Aランキング