新生UWF時代、船木選手はよく「しょうだ」を使いました。
又、その頃堀部師範も「しょうだ」の打撃効果の有効性について、さまざまな雑誌でコメントしていました。リングスでも一時期は主要選手が使っていましたね。オープンフィンガー全盛期前の話として教えてもらいたいのですが、本当にそれほどの有効性があるのですか。

A 回答 (6件)

掌打の有効性について


 裸拳もしくはその近い状態において、下顎を、拳ではありえない威力と角度で狙えると言う点では多いにあります。ただ慣れないとたんなるビンタになってしまいますけど。

なぜ使われなくなったのか
 単純に実は使いづらいからだと思います。グローブをつけた拳でもある一定の軌道があるようにで掌打でもある一定の軌道(拳と比べれば多彩ではあるが)、そしてねらいどころがあります。掌打になれてそれが来るとわかっていればやはり見きられてしまいます。また、ボディーを掌打でダメージを与えるのはむづかしい。拳を握ったら「あ、ボディーだ」とわかられたんじゃ意味ありません。もちろん練習によって使い分けはできるようにはなるでしょうが。結局、グローブをつけていいなら使い慣れた拳、コンビネーションが体に染み付いている拳のほうが使いやすいのだと思います。
 掌打は確かに有効だが、いままでのパンチ技術を捨ててまで掌打の練習をするほうが効率が悪い、ということなのでは?
    • good
    • 0

 有効性はおおいにあります。

そもそも、「拳」で敵を殴るなどということは、人間の肉体構造に反した不自然なことなのです。
 レントゲンで人間の手の構造を見れば、拳とは中支骨という細い頼りない骨の先端を、対象にぶつけることにほかなりません。掌の筋肉を鍛えることで多少は支えて補えますが、こんなもろいものを武器として敵にぶつけるなど、馬鹿げたことであり正気の沙汰ではありません。
 もし相手の顎やこめかみなどの“頭蓋骨”を素手で殴ったならば、頭蓋骨の方がはるかに重く固いのですから、砕けて(つまり中支骨が折れて)当然の話です。

 つまり、“掌打”こそ本来の正しい、素手による打撃方法なのです。
    • good
    • 0

>パンクラスであまり見られなくなったのは、何故でしょう?



 掌打でバシバシ殴り合っていては、選手全員パンチドランカーになってしまうからでしょう。
    • good
    • 0

場所によっても違うのですが、感じとしては、表面より内側にズシンと来る感じです。

    • good
    • 0

 大道塾の大会でも、何という団体だったか、掌ていを見事に使う流派がありましたね。



 先のコメントにもあるように、拳では考えられないような角度から、掌ていでは顎に決まり、ダメージを与えていましたね。

 私も、大道塾の大会で、それを見ていなかったら、手のひらでの攻撃の威力を信じていなかったと思います。
    • good
    • 0

 骨法の「掌打」の技術については知りませんので、相撲の張り手と同じようなものであると仮定して話します。


 これは、非常に威力がある技と言えます。
 手技で相手の上半身を攻撃する場合、目突き,喉突きとかは別の話とすれば、最大の威力のある技は下顎へのパンチでしょう。ボクシングでもそうであるように、下顎を打たれると脳がゆさぶられて脳震盪を起こしてしまうからです。
 ところが、正拳で下顎を打つのは非常に難しいです。正面から打っても威力はありません。フックの形で打つと、拳の骨を痛めてしまいます。
 そこで、張り手の形で横から下顎を打つのが最も合理的な打法となるわけです。

この回答への補足

パンクラスであまり見られなくなったのは、何故でしょう?

補足日時:2002/03/31 23:43
    • good
    • 0

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

専門家回答数ランキング

専門家

※過去一週間分の回答数ランキングです。

Q質問する(無料)

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Q角田選手、西選手、佐竹選手のリングスでの試合

正道会館の角田選手、元正道会館の佐竹選手、和術の西選手は、90年代あたまに、リングスに参戦していたようですが、どのようなルールで試合をしていたのでしょうか? この時代に活躍していた選手に興味があります。

対戦相手ごとにルールが変わるようなしあいをしていたのでしょうか? それとも、毎回同じルールで試合をしていたのでしょうか?

西選手の試合だけは、一度ビデオで見たことがありますが、スタンディングは顔面掌底、グランドは打撃なしのような感じでした。

それから、この3人の試合は、常に「競技」的なものだったのでしょうか?

よろしくおねがいします。

Aベストアンサー

その3選手はレギュラー参戦的だったのでRINGSルールで試合をしていました。

それ以外に「実験リーグ」なるものがあって、正道会館の選手が数名参戦していました。
覚えているのはアダム・ワット選手、玉城選手、後川選手、無名の関節が柔らかい選手(笑)

当時のRINGSルールですからスタンドでは顔面は掌底のみ、膝がついた相手への打撃は一切なしです。
3人とも打撃が得意だったので肘パット着用の上での肘ありルールで闘っていたと記憶しています。

対戦相手によってルールが変わるというかキックルールで行われた試合などもありましたね。
実験リーグでのワットVS岩下など。

一番変則的だったのが実験リーグでの後川VS平直行の試合です。
奇数ラウンドと偶数ラウンドでルールが異なり、キックルール(グローブあり)、RINGSルールを混ぜるというものでした。

最後の、「競技」的 という言葉がよくわかりません。
どういう意味でしょうか?「競技的でない」のはどのようなものでしょうか?

Q打撃格闘技の選手の適正な体重は?

こんにちは、僕はボクシングを習い始めて1ヶ月の男子25歳です。

打撃格闘技の選手は何を目安に体重を合わせてるのでしょうか?

よく「身長×身長×22=標準体重」、「身長×身長×20=美容体重」
「身長×身長×18=モデル体重」などの計算式はありますが、打撃格闘技(ボクシング、空手など)をやってる方向けの計算式があるのでしょうか?

僕は身長161cm、体重49kg(標準体重は57kg)、BMI18、体脂肪率15%、内臓脂肪Lv2です。

よろしくお願いします。

Aベストアンサー

>打撃格闘技の選手は何を目安に体重を合わせてるのでしょうか?

階級に合わせています。

あなたの体重(49kg)では、フライ級(ボクシングだと)です。
体脂肪率15%らしいので、ミニマム級の47.61までいけそうですね。

Q打撃格闘技で160cmくらいの選手教えて!

こんにちは、僕はボクシングを習い始めて1ヶ月の男子25歳です。

体重を気にしているのですが、打撃格闘技(ボクシングや空手など)で160cmくらいのプロ選手を教えてください。

できれば強くて、有名な選手を教えてください。

よろしくお願いします。

Aベストアンサー

山本キッドは163センチ、極真の緑健児は165センチ。とりあえず身長なんか気にしないで強さを目指してください。強くなるやつは身長なんか関係なしに強くなります。

QUWF崩壊

UWFはなぜ崩壊してしまったのですか? 財政的な問題ですか?

また、崩壊後高田のUインター、前田のリングス、藤原組など分かれたのは感情的なものからですか?(安生が前田をおそったりとかありましたよね)
それとも格闘家としての路線の違いからですか??

Aベストアンサー

崩壊はフロントと所属レスラーの不信感からと言うのが通説です。

レスラー側の主張は、あれだけ人気絶頂だったのにきちんとギャラが支払われていないと言う不信感など色々会ったようです。フロントもUWFを作ったのは我々だという意識もあったようです。

それから全選手UWF契約解除後、前田を中心にまとまりかけていたUWFが分かれたのは、前田と選手間の話し合いの最中に宮戸、安生等の会社運営をめぐっての率直な
意見に前田が発した「そんなにごちゃごちゃ言うなら解散だ!」みたいな発言に
皆、気持ちが切れてしまったようです。

前田や舟木の本や、そのたのインタビューなどから、だいたいこんな所ではないかと。

QUWF

PRIDEやLEGENDなど格闘技が最近おもしろいですね。(もともとプロレスも好きなのですが)

そんななか、今日どこかのHPで「田村潔司UWF-JAPAN設立を発表」なんてのもありました。

そこで、格闘技を語る上で必ずと言っていいほどあがる「UWF」。子供の頃から新日ファンだったので、Uの存在も知ってはいたのですが、その当時はあまり魅力を感じなかった(わからなかったというほうがいいのかなぁ)ので、UWFの存在、経緯、格闘技界に与えた影響など、あまりよくわかってません。

そのあたりを詳しく説明されているHPや資料があれば、教えてください。

Aベストアンサー

UWFの設立から解散までを追ってみましょう。
何故、崩壊したかが、よくわかります。
1983年8月11日 タイガーマスク退団 (クーデター失敗)
 84年3月8日    UWF事務所開設(新間専務 画策)
   4月11日 UWF旗揚げ 前田、ラッシャー木村、剛竜馬 
               グラン浜田、マッハ隼人  参戦
   7月23日    藤原、高田、佐山、山崎 木戸 参戦
   10月5日    木村、剛 退団(スタイルの違いの為)
   10月19日    浦田社長 逮捕(タイガーの引きぬきでの脅迫)
1985年9月11日   経営危機のため、幕を下ろす。

    12月6日   新日本と業務提携 
           前田、高田、木戸、山崎、藤原 新日本に参戦
1987年11月19日  長州顔面けりで前田 謹慎処分
  88年2月10日   前田 新日本を解雇される

  88年5月12日   新生UWF旗あげ
           鈴木、高田、前田、山崎 参加

   91年1月      UWF解散
1991年 3月4日    藤原組旗揚げ
    5月10日    UWFインター旗揚げ
    5月11日    リングス旗揚げ

経過をたどると、いつも前田、高田、藤原が中心でUWFを
支えて来たのがわかると思います。
UWFプロレスの特徴は、関節技、閉め技が得意のカールゴッチの
技術を受けついでいます。
【高田延彦物語】集英社文庫、【格闘王への挑戦】講談社文庫
【プロレス名勝負読本】宝島社、【プロレスラー○秘読本】宝島社
などがお勧めです。

UWFの設立から解散までを追ってみましょう。
何故、崩壊したかが、よくわかります。
1983年8月11日 タイガーマスク退団 (クーデター失敗)
 84年3月8日    UWF事務所開設(新間専務 画策)
   4月11日 UWF旗揚げ 前田、ラッシャー木村、剛竜馬 
               グラン浜田、マッハ隼人  参戦
   7月23日    藤原、高田、佐山、山崎 木戸 参戦
   10月5日    木村、剛 退団(スタイルの違いの為)
   10月19日    浦田社長 逮捕(タイ...続きを読む


人気Q&Aランキング

おすすめ情報