母が子宮頚ガンの(4)期だと診断されました。今のところ他へ転移している形跡は見られないのですが,(4)期で転移しないことはまずないそうで,抗がん剤と放射線を用いて全身に治療をしていくことになりました。
医療保険には加入していたのですが,抗がん剤は支給の対象外になるそうです。高額医療費の還付を待っても毎月の病院への支払いには追いつかず困っています。当面の治療費の補助や貸付を受けられるところがないものでしょうか。

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (2件)

 国保に加入している場合には、高額療養費に該当する場合には、医療機関への支払額の9割までの貸付制度がありますし、その他の医療保険の場合でも、それぞれ貸付制度がある場合もありますし、役所の社会福祉協議会、社会福祉事務所、福祉担当課でも医療費の貸付制度がある場合もありますので、確認をすると良いでしょう。



 なお、高額療養費ですが一旦医療機関に自己負担割合の全額を支払わなくても、最終的な自己負担額だけを支払う、「高額療養費受領委任払」制度があります。この制度を利用すると、高額療養費の適用後の最終的な自己負担額を医療機関に支払うだけで良いので、負担が軽減されます。加入している医療保険に相談をしてください。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

お答えありがとうございます!
高額療養費受領委任払制度なんて知りませんでした。これを使えれば楽になりますね。母も安心して治療に臨めそうです。

お礼日時:2002/04/03 00:09

健康保険証の種類にもよるのですが、


健康保険組合や自治体で独自に貸付制度がおかれています。大きな大学病院などでは庶務や事務がかわりに相談にのってくれることもあります。
まずは健康保険証をご覧になられてソコに書かれている組合の本部にお問い合わせされることをお勧めします。
参考URLはその例です。

参考URL:http://www.zensharen.or.jp/zsr_home/iryohi.htm
    • good
    • 0
この回答へのお礼

お答えありがとうございます!
健保や自治体でも貸付制度があるんですね。
さっそく問い合わせてみます。

お礼日時:2002/04/03 00:03

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Q乳癌の放射線治療の副作用、後遺症について

半年前に乳癌の乳房温存手術を受けました。
その際にリンパ郭清(リンパ節一つ)もしました。
また、乳房再建手術も同時に受けました。
主治医からは放射線治療も勧められ、現在
照射治療中です。

そこで質問です。
1)再建している乳房に放射線治療を施して
何か副作用はないのでしょうか?
皮膚の日焼けや、ただれなどの一般的に言われている症状以外の
副作用があるようでしたら、どのような副作用があるのか
教えていただけますでしょうか。

2)放射線治療によって、リンパ郭清した側の腕が
大きくむくんで(浮腫)、一生治らない、と聞きましたが
本当でしょうか?

3)いったん始めた放射線治療を途中で辞めても大丈夫でしょうか?
もちろん辞めたら治療の効果はない、ということは理解していますが
途中で辞めることによって出てくる副作用みたいなものがあれば
教えていただけますでしょうか。

Aベストアンサー

1)変形したり、傷口の治りがいまいちだったりする可能性があると思います。
2)リンパ節廓清の副作用だと思います。放射線治療は関連性が薄いのでは?質問文のリンパ節1つ摘出がセンチネルリンパ節なのか、摘出したうちの1つに転移があったのかはわかりませんが、センチネルリンパ節ならば廓清とは言わないですよね。
3)辞めないほうがいいですね。実験データでは放射線治療により血管の細胞が傷つきます。血管の細胞(転移に対するバリア)の損傷と生き残ったがん細胞(強いがん細胞)がセットになりますから、中途半端な治療であれば転移を引き起こしうる可能性も示唆されています。副作用等で完遂できないのでなければ止めるべきでないです。

Q大腸癌 2年程、抗がん剤の治療をしてました。これからも抗がん剤の治療はするつもりですが、転移がある

大腸癌

2年程、抗がん剤の治療をしてました。これからも抗がん剤の治療はするつもりですが、転移があるのと、原発を取り切れて無い事も含め、今回の抗がん剤治療は在宅ケアにする予定になりました。
大体で構わないので、金額がお分かりになる方教えて頂けると助かります。
宜しくお願い致します。

Aベストアンサー

金額とは、抗がん剤治療費用ですか?

CVポートを埋設するFOLFOXやFOLFIRI、さらにアバスチンなど
大腸ガンに使われる抗がん剤は多種ありますよ
しかし大半は限度額認定が受けられますので
所得や健康保険の種類によりますが1月4万円代8万円程度では?

Qガンの放射線治療によって

こんにちは。 ガンの放射線治療を受けたら、その後遺症でほぼ無精子状態になると聞いたのですがそうなったら子供は絶望的なのでしょうか、もし、生れたとしても障害児の可能性が高いのでしょうか?

Aベストアンサー

被ばくすると生殖細胞の分裂や分化がとまり、生殖細胞の生産が中止するらしいです。つまりある程度の被爆を受けると一時的あるいは永久的に無精子状態になります。また、無事に精子が作れるようになったとしても、DNA(染色体)に傷がつく可能性があり、子供に染色体異常がおこり、発ガン、奇形などが起こる可能性があります。
 そのため、精子を凍結保存して、放射線治療前にとっておくこともあるみたいです。

参考URL:http://mext-atm.jst.go.jp/atomica/09020403_1.html

Q大腸がんの抗がん剤治療について

母が大腸がんになり手術をし、再発防止のために抗がん剤治療でXELOX療法をすすめられましたが、母は70歳を超えておりますので迷っております。ブログ等を見ても40~50代の若い方が多いので、70代以上の抗がん剤治療の状況が分かりません。主治医からは年齢は関係ないと言われてますが、本当にそうなのでしょうか?

Aベストアンサー

術後の補助化学療法であれば、通常の3週間毎の治療ではなく
4週間とか5週間の間隔で治療することで副作用を抑えるたり
エルプラットを70%や60%にすることでも副作用を抑えることができます
最近は大学病院でも臨機応変で対応してくれる医師も多くなっています。
大腸ガンは70歳前後の罹患者が多いです。
70代でも元気な方もいます。
抗がん剤は、辛かったら何時でも止められます。
半年続けなければ意味がない訳ではありません。

Q硬口蓋腫瘍、その放射線治療の術後について

父が硬口蓋腫瘍で手術をし、放射線治療も一ヶ月しました。現在は退院し、手術から4ヶ月がたちました。
左上あごの硬い部分(歯茎)を取り除いたため、大きな入れ歯のような、入れ顎をはめなくてはならないのですが、放射線治療の後遺症なのか痛みがあり、なかなか本人にやる気がでないようです。
口を開く訓練をしないといけないのに、余りしないので、だんだん口が開かなくなってきています。
今は何時間もかけてやっと入れ顎をはめて、それに疲れて、食事もなかなか進まず、今は10キロくらい痩せて、ガリガリです。
最近は外に行く元気もなくなってきて、通院もままならなくなってきました。何だかこのまま寝たきりになってしまいそうな勢いで心配です。
放射線治療の痛みがひけば、少しはマシかと思うのですが、硬口蓋腫瘍やその放射線治療についての術後の経過についてご存じの方はいらっしゃらないでしょうか?

Aベストアンサー

放射線科医は照射後から現在の診察で今の状態を診てなんと言われてるのでしょうか。主治医は手術をした医師になっているんでしょうか。やせてきている状態について医師はどういう診断をしているんでしょう。術後と照射後とはいえ10キロの体重減少は放置していていいわけがないと思いますが。

硬口蓋腫瘍について詳しくないのですが口腔の放射線照射では口内炎、味覚障害、咽頭痛(のどの痛み、皮膚炎)といった副作用が出ることがあります。

照射後の局部は腫れや痛みは出ますがこれは日焼けと同じものと考えて日が経つと消えるものです。

照射した線量は聞いてますか?かけた線量が多いと副作用や後遺症で苦しむことにもなります。

放射線科医に今の状態を診てもらい辛い症状を話して、痛い理由といつ症状が消えるのかきちんと説明を受けるのが1番ではないでしょうか。

Q骨髄転移状態で抗がん剤

肉腫の治療で (1)ジェムザールとドセキタキセルを予定していたのですが血小板が70000と少ないので骨髄を検査したところ ガンが転移していたみたいです
それで抗がん剤は使えないということで (2)ダカルバジンを使うことになりました

骨髄転移して半分しか血液が造られていないそうです
抗がん剤が効けば 骨髄が復活して 最初の抗がん剤が使えるようになる事もあるのでしょうか?
血液が半分しか造られないとドンドン貧血をおこしますよね?
輸血しないと生きていけない状態になってくるのですか?

それと骨髄転移したということは すでに全身へ転移してしまっているのでしょうか?
血液を造るところですよね?

肩が痛いので骨転移?とかも心配したのですが・・・・
骨髄転移のあと・・・どんな展開になるのか心配です
私の事ではないのですが・・・。

Aベストアンサー

落ち着いてください。病気に陥ると慌てて取り乱す方が非常に多いいのですが、病気になった原因をきちんと突き止める事から始めなければ、本当の治療には結びつける事が出来ません。
癌という病気が発症して骨髄転移、血小板減少、この経緯がどのように推移して起きたのか?きちんと突き止める事が病気を治す基本です。この基本を無視して抗がん剤や手術を行ったとしても病気は根源治癒には結びつかない事が殆んどです。

癌が再発する理由がそこにあるからです。どうして癌になったのか解らずじまいで癌を取り去ったとしても、再発の不安が残るのは、どうして癌が出来てしまったのか理由をさぐろうとはしないからです。現代医療では癌は、発癌物質によって起きるものと捉えております。この考え方が病院の大方の見解となっている為、手術や抗がん剤等で癌を取り去るか小さくさせる事を目的とした治療を行おうとします。

しかし癌は発癌物質だけではなく、ご自分の身体能力以上の事をし続け、無理が祟って発症し進行します。その他にも過剰なストレスに襲われても癌細胞は発症し、ストレスが長引くと進行してゆきます。という事は、私達の身体には様々な条件で癌は毎日発症し、人によっては進行しているのです。

そこで、健康な人でも癌細胞が毎日発生し、人によっては進行してしまうそのメカニズムとは?一体どのような事だったのでしょうか?今日このことが分からなっかった為に、薬に頼る手探り治療が主流となり、再発を防ぐまでにはいたらなっかった理由となります。


癌を消すメカニズムは自律神経のバランスを整えることにより癌細胞は自然消滅する事が分かりました。
このメカニズムが分かったのは、今からさかのぼる事15年前の事でした。
端的に言うと、癌は毎日発生しているのです。そして進行する原因は、ご自分にあるということです。

という事は癌細胞は発生してもその日のうちに消されてしまう運命にあり、進行する事が出来ません。

従って、発癌物質をいくら体内に摂取したとしても、発癌した癌細胞は、その日のうちに消されてしまう運命にあったのです。

しかし過重労働と過度なストレス状況下での日々が続くと癌細胞は進行してゆくのです。癌が見つかってしまった人は生きてきた環境や、生活の見直しをしない限り何度でも癌は見つかる迄に大きくなります。

抗がん剤や物療に頼る治療そのものが自律神経のバランスに大きく影響し、乱してしまう為に、治療が難航し、癌細胞の再発を容易にしているのです。

病気は、ご自分の自律神経を乱す元を正すと、癌細胞を消し去るリンパ球の働きが元に戻り、自然に癌は消えてゆきます。

身体に無理を重ねていなっかったか?何時もストレス状態でなかったか?過去の生きざまを思い起こして改めるところが有れば治してください。

癌におちいるメカニズムは、無理やストレスが血流を悪くして、血液が汚れ酸素や栄養素を運ぶ力が悪くなり低体温症に陥り癌細胞を消す力が低下します。この日々の流れを改めない限り癌は、大きくなり、何度でも再発します。

癌は、基本的には自然治癒を目的とした治療方が再発予防にもつながります。

そこで、低体温を先ず解消してあげる事から始め、生活習慣の見直し、積極的に自律神経のバランスを整える事を心がけることが肝心です。

自律神経のバランスは、心地よい運動を基本として、血流の改善と低体温の脱却をはかり、趣味や笑いのある生活を取り戻し、暴飲暴食を回避、栄養バランス(食物繊維)とタンパク質(12.5%)の摂取を控える

日々身体を温める事からお勧めします、水分を補給しながら心地よい温浴を継続すると自律神経のバランスをはかるのに手っ取り早く全身治療に繋がります。

病状を気にする事より、丸ごと病気を解決させる糸口は、薬でもなければ、物療でもありません。
人間の身体は、癌をはじめとする慢性疾患の病気に対しては全て対応できるようになっています。その力を落としていたご自分の生活や習慣を改める事なのです。

身体の違和感は、治療の最中で白血球が病気を治そうとしている治癒反応です。
自律神経のバランスが元どうりに整ってくると様々な違和感が現れますが、恐れずに治癒反応と捉えてください。

癌細胞が自然治癒してゆく過程では、高熱ー血便、等がともなう時が有りますが、いずれも癌が消えてゆく事を意味します。
病気が治ってゆく過程で起きる現象で、リンパ球の働きがそうさせているのです。

実戦無くして病気は完治しません。この事を肝に銘じて行ってください。

落ち着いてください。病気に陥ると慌てて取り乱す方が非常に多いいのですが、病気になった原因をきちんと突き止める事から始めなければ、本当の治療には結びつける事が出来ません。
癌という病気が発症して骨髄転移、血小板減少、この経緯がどのように推移して起きたのか?きちんと突き止める事が病気を治す基本です。この基本を無視して抗がん剤や手術を行ったとしても病気は根源治癒には結びつかない事が殆んどです。

癌が再発する理由がそこにあるからです。どうして癌になったのか解らずじまいで癌を取り去っ...続きを読む

Qグリオーマの放射線治療について

グリオーマの放射線治療について


先に私の病気の経過をざっくり書きます。私は20代後半で昨年正月に感覚異常を感じ受診。MRIにて右頭頂葉感覚野から運動野にかけて4センチ弱のグリオーマグレード2疑いで経過観察中に昨年10月より痙攣発作が多発するようになり、今年になり造影効果はないものの増大がMRIにてみとめられ先日病理の手術をしました。

結果はグレード3のまじった星細胞腫でオリゴは混ざっていないそうです。正直放射線治療もテモダールも全体にたいする効果としては私には淋しい感じがありますが個人差が大きそうなので私にはよく効くかもしれませんし主治医のすすめるように放射線治療とテモダールを選ぶかと思います。

ここからが本題なのですが(長くてすみません)以前こちらでIMRTというものを紹介してもらったのですが主治医にきいてもわからなくて私も今一サイバーナイフとかグリオーマに非適応のものとの違いがわかっておらず話ができませんでした。まあ放射線治療医と相談すべき内容であるのかもしれません。

今の病院は歩いていける距離です。一方IMRTがある病院は東大病院か千葉県ガンセンターだと思います。こちらはどちらも車で二時間です。今後のことを考えると二時間かけても通院するだけの価値がIMRTなるものにあるのか悩んでいます。治療にあたっては私は後遺症のなるべく少ないものを選びたいです。多少予後に不利であっても。とはいえこの状況でテモダールのみというのはあまり理性的な選択とはいえませんよね?また放射線治療についてセカンドオピニオンを聴きに行きたいのですがおすすめがあれば教えて下さい。当方は東京近くの千葉県在住です。よろしくお願いします。

グリオーマの放射線治療について


先に私の病気の経過をざっくり書きます。私は20代後半で昨年正月に感覚異常を感じ受診。MRIにて右頭頂葉感覚野から運動野にかけて4センチ弱のグリオーマグレード2疑いで経過観察中に昨年10月より痙攣発作が多発するようになり、今年になり造影効果はないものの増大がMRIにてみとめられ先日病理の手術をしました。

結果はグレード3のまじった星細胞腫でオリゴは混ざっていないそうです。正直放射線治療もテモダールも全体にたいする効果としては私には淋しい感じがあります...続きを読む

Aベストアンサー

いつもの如く、実際に質問者さんを診察させていただいたわけでもなく、MRI画像を拝見したわけでもないのであまり適当なことは書けませんが・・・。

●grade 3の成分があるのであれば,いかなる方法にせよ放射線治療は受けておいた方が良いような気がします。

●照射の種類
1.標準的な照射
 全脳に40Gy(グレイ)程度照射したのち腫瘍の存在する局所に10-20Gy程度追加照射するのが標準だと思います。脳の耐用線量は60Gyと考えられていますので、トータル線量が60Gyを越えないようにします。一日2Gyずつ週5日間(したがって最長6週間)治療を行います。

2.定位放射線照射
 放射線を機械的に腫瘍に集中させて照射する治療法で、ガンマナイフやサイバーナイフ(サイバーナイフの方が歴史は浅いです)があります。周囲の正常脳に対する影響が少なく治療が短期間(原則腫瘍が1か所であれば治療は1回)で済むことがメリットです。腫瘍が局所に限局していて直径3cm程度以下と比較的小さかった場合に有効です。
 ただ、グレード3以上のグリオーマは腫瘍細胞が周囲脳組織に広く浸潤している可能性が高いですから、あまり病変部位のみに限局して照射するのはお勧めでないかも知れません。グレード3以上グリオーマに対する定位放射線治療は、標準的な照射に追加として加えたり、再発したグリオーマに対して姑息的に行うといった方法が通常であり、グレード3以上に対して最初から定位放射線照射を行うといった方法はあまり良くないのかも知れません。

 3.IMRT(強度変調放射線治療;intensity-modulated radiation theraphy)
 日本では2000年以降に行われるようになった照射法です。治療装置に装備されている金属ブロック(コリメーター)を照射の際に動かすことによって、腫瘍の形状に合わせた照射ができます。この方法だと、例えば腫瘍の中心部は5Gy/日、周囲の浸潤部は3Gy、さらにその外側は1Gy/day、のような照射が可能で、1回線量が増やせますから治療期間も通常の照射期間の半分から2/3程度で済むようです。
 ただし現在のところ、グレード3以上のグリオーマに対して通常の照射と比較して有効性が高いという報告は無いと思います。

 以上より一般的なお話として、腫瘍にグレード3の成分が含まれるのであれば、1の標準的な照射法を選択するのがスタンダードな考え方だと私は思います(主治医の先生は何とおっしゃってますか?)。正常脳に放射線がかかることも差し当たってはそう大きな問題にならないと思いますし(治療効果との兼ね合いです)。ただしIMRTも受けられる環境にあるのであれば一度検討されても良いかと思います。ただ毎日2時間かけて通ってまで受けるほどの治療かどうか、やはり一度治療を行っている施設の放射線科の先生とお話ができると良いですね(早期に治療を開始するためになるべく早めが良いと思います)。

いずれにせよ、治療方針については主治医の先生とよく話し合って決められるのが良いと思います。

いつもの如く、実際に質問者さんを診察させていただいたわけでもなく、MRI画像を拝見したわけでもないのであまり適当なことは書けませんが・・・。

●grade 3の成分があるのであれば,いかなる方法にせよ放射線治療は受けておいた方が良いような気がします。

●照射の種類
1.標準的な照射
 全脳に40Gy(グレイ)程度照射したのち腫瘍の存在する局所に10-20Gy程度追加照射するのが標準だと思います。脳の耐用線量は60Gyと考えられていますので、トータル線量が60Gyを越えないようにします。一日2Gyずつ週5日間(...続きを読む

Q高齢者の癌、膵臓、抗がん剤治療、ターミナル、転移性、腰推腫瘍について

詳しい方や身内に同じような病気になった方、どんなお話でも構いません。

質問させてください
皆さんの経験やいろんなお話を聞かせてください。


本題に入ります。

重いものもって腰にヒビが入ったんだろうと診断され腰痛を訴えていた祖母の話です。
高齢で手術ができないとのことだったので、大事をとって入院ということになり。

色々な検査をしたところ「転移性腰推腫瘍」だろうと診断されました。

まだ転移元?は判明してないようで、ただ膵臓の数値が高いことは前から気にしてはいたようで。
これから分かることですから、憶測ではありますが膵臓からの転移かなと家族と話しておりました。

現在入院しておりますが、食欲がなく食べてもすぐ吐いてしまっている状況で元々痩せていた(38㌔ほど)祖母が今、そこから5㌔も体重が減っているのが現状です。

手術はヒビが入っていた時点で厳しいとのことだったので、腫瘍を取り除く手術などはできないのかなと個人的には思っています。

その場合、放射線治療であったり抗がん剤治療などがあることもネットで調べてわかりました。
高齢である以上この治療も本人はきついのだろうか、などとも考えました。

今、私は祖母の近くにおらず、電話で様子を聞いてる状況です。私を一番に可愛がってくれた祖母のために何かをしてあげたい、していないと落ち着かないのです。

祖母の歳ははっきりにはわかりません。
いつでも女性でいて歳の話は祖母の前ではタブーでしたので、、きっと84歳くらいだとは思います。

長くなりましたが、
ここまで読んでいただいてありがとうございます。

まとめますと
上のことを読んで、

(1)親族などで似たような経験がある方、差し支えなければお話を聞きたいです。

(2)もし、この病気に詳しい方いらっしゃれば些細なことでも結構です、教えてください。

(3)高齢者での癌治療(手術、放射線治療、抗がん剤治療、他)のリスクなど経験からのお話を聞きたいです。

(4)高齢で手術を行って術後回復したなのど希望的なお話もあれば教えてください。

厳しい話や、現実的なお話でも構いません。
質問した以上聞く覚悟は出来ています。
宜しくお願い致します。

親は、これ以上きつい思いはさせたくないと、先生に後は任せると言っていました。
先生にもさまざまいるでしょうし、先生も十人十色、任せる、それでいいのか?と疑問も現在浮かんでいるところです…

詳しい方や身内に同じような病気になった方、どんなお話でも構いません。

質問させてください
皆さんの経験やいろんなお話を聞かせてください。


本題に入ります。

重いものもって腰にヒビが入ったんだろうと診断され腰痛を訴えていた祖母の話です。
高齢で手術ができないとのことだったので、大事をとって入院ということになり。

色々な検査をしたところ「転移性腰推腫瘍」だろうと診断されました。

まだ転移元?は判明してないようで、ただ膵臓の数値が高いことは前から気にしてはいたようで...続きを読む

Aベストアンサー

医療側の一般的な考え方をお伝えします。(感情はヌキで、シーケンシャルですが)
転移性腫瘍が発見された場合、通常は原発巣(元のがん。複数ある場合もあり)とその他の
転移(脳、肺、リンパ節など)を確認します。
原発巣の種類(肺癌、すい臓がんなど)や患者さんの全身状態(転移の有無、年齢、持病、社会的立場)から
治療方法を決めます。(治療しないばあいもあり。)
根治(治癒を目指す)、あるいは姑息(一時しのぎの意味、卑怯やズルイではない)のどちらの方法をとるか選択。
がんの種類によって放射線治療や抗がん剤がよく効くもの、まったく効かないもの、手術しか治癒が望めないもの
など様々で、手術、放射線治療、化学療法のどれを選択するか(複合させる場合がほとんど)。
現在の状況から手術や放射線治療、化学療法が可能であるか判断。となります。
ここからは質問文からの想像になりますが、80歳前後で転移による骨の骨折があり、
食欲がなく、体重減少傾向。原発巣の状況にもよりますが、治癒は難しいのではないかという印象です。
ご両親のきつい思いをさせたくないというお気持ちも想像がつきます。
これまで元気にされていたのかもしれませんが、80歳くらいの方が骨折や病気で動けなくなると
一気に体力が衰えてしまいます。

病気の状態については完全に私の想像ですが、何かしたい、もっといい治療があるのではないか
という気持ちもよくわかります。
テレビで紹介されるような凄腕医師や治療施設はごくわずかです。
それ以外のほとんどの医師の治療が間違っているわけでもありません。

回復されればいいのですが、回復が見込めない場合は、検査がひと段落したら面会されることを
おすすめします。(離れて暮らしていることからも)
状態が悪くなり、鎮静剤を使い始めるとぼやっとした状態(朦朧)になり、会話も困難になることが多くなります。
放射線治療や、化学療法後もしんどいことが多いので、放射線治療や化学療法のお休みの期間など、
患者さんにできるだけ負担の少ない時期を選べればいいんですが。

医療側の一般的な考え方をお伝えします。(感情はヌキで、シーケンシャルですが)
転移性腫瘍が発見された場合、通常は原発巣(元のがん。複数ある場合もあり)とその他の
転移(脳、肺、リンパ節など)を確認します。
原発巣の種類(肺癌、すい臓がんなど)や患者さんの全身状態(転移の有無、年齢、持病、社会的立場)から
治療方法を決めます。(治療しないばあいもあり。)
根治(治癒を目指す)、あるいは姑息(一時しのぎの意味、卑怯やズルイではない)のどちらの方法をとるか選択。
がんの種類によって放...続きを読む

Q放射線治療について

医療保険のパンフレットをみていて放射線治療給付金とかいてありますが放射線治療のことがまったくわかりません。
先進医療じゃない放射線治療ってあるんですか?放射線治療って手術なんですか?
ちなみにパンフレットはアフラックの新エバーときらめき生命の新医療保険αをみています。

Aベストアンサー

生命保険専門のFPです。

(Q)先進医療じゃない放射線治療ってあるんですか?
(A)先進医療に指定されている放射線治療は、
陽子線、重粒子線など一部だけで、ほとんどは、
普通の健康保険の適用となります。

先進医療とは……
http://www.mhlw.go.jp/topics/bukyoku/isei/sensiniryo/

(Q)放射線治療って手術なんですか?
(A)医学的、健康保険的に言えば、放射線治療は手術ではありません。
しかし、民間の医療保険では、手術に含める場合が多いです。

例えば、EVERの場合……
旧EVERでは、放射線治療は手術給付金の中の一項目です。
新EVERでは、手術給付金の考え方を健康保険で言う
入院手術・外来手術という項目に変更したので、
放射線が給付金の対象から外れてしまいました。
そこで、わざわざ「放射線治療」という別の項目を加えたのです。

Q乳がんでリンパ節への転移がある場合、即抗がん剤治療になるの?

54歳の母が29日に乳がんの手術をしました。
リンパ節への転移は病理検査の結果を見ないとわからないということで、現在その結果待ちの状態です。
私の母のしこりは約3.8センチと1.5センチそれぞれ独立した別のもので術後の主治医の説明ではステージ2というお話でした。
触診ですこし硬いものが触れていたので、おそらくリンパへの転移もあるでしょうから、術後の治療はホルモン療法と抗がん剤になるでしょうという話でした。リンパの転移の数に関係なく、転移があれば即あの辛い副作用の抗がん剤を使用しなければならないのでしょうか?
一般的にリンパの転移はどれくらいなら多いと判断するのか判らないのですが、
経験のある医師なら、術中に「多いか少ないか」くらいの判断はある程度可能なものなのでしょうか?母の主治医は「おそらく転移はあると思うけど、はっきりしたことはわからない」と言うあいまいな言い方でした。

Aベストアンサー

私どものところでは、stage2では使う場合もあるし、使わない場合もあるので、そこは何とも言えないです。ちなみにstage3以上では全例に抗癌剤を使っています。抗癌剤は使用する可能性も十分あると思っておいた方がいいと思います。ただ、どんな薬を使って、どういう方法でというような全国的に決まった方法は確立されていないので、医師の判断によるところ多いです。

それから、術中に「多いか少ないか」わかるかといったら、わからない、というのが答えです。肉眼的には判断できないからです。不安でしょうが、医師というのはデータがないうちは歯切れのいい言葉で安心させてあげることができないんです。主治医が曖昧な物言いをするのも当然とおもわれます。一言一言に責任があるので。

抗癌剤ですが、おそらくタキソテールかCEFが使われるのではないかと思います。まあ、ほかにもありますが。共通する副作用は、吐き気、脱毛などです。個人的にはタキソテールが副作用がマイルドなので好きです。(これは3年くらい前に認可された比較的新しい薬です)が、個人によって効くか効かないか変わるので、これも何とも言えません。

歯切れの悪い回答で申し訳ありませんでした。

私どものところでは、stage2では使う場合もあるし、使わない場合もあるので、そこは何とも言えないです。ちなみにstage3以上では全例に抗癌剤を使っています。抗癌剤は使用する可能性も十分あると思っておいた方がいいと思います。ただ、どんな薬を使って、どういう方法でというような全国的に決まった方法は確立されていないので、医師の判断によるところ多いです。

それから、術中に「多いか少ないか」わかるかといったら、わからない、というのが答えです。肉眼的には判断できないからです。不安でしょう...続きを読む


人気Q&Aランキング

おすすめ情報