最近、東浩紀にはまったんですがポストモダンについていまいちよく分かりません。
モダンのあとにくるもの、というのは分かるのですが。

あと、デリダとポストモダンの関係も分かれば教えて下さい。

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (4件)

このスペースで説明するのはしんどいので


東浩紀を読まれるぐらいの方なら
入門書を数冊読んじゃった方がイイと思います。
別冊宝島44「現代思想・入門」が手っ取り早く分かりやすいと思います。

簡単に、ごく簡単に説明してみます。
アリストテレス等によって始まった「形而上学」は
デカルトによってひとつの完成に至ったとされ
ここに「近代(モダン)」が花開きます。
現代思想はしばしばポストモダンと呼ばれますが
これは、19世紀後半、ニーチェに始まる「形而上学」批判の流れにあるものです。
形而上学批判は実存主義、記号論、構造主義などとして展開しますが
デリダは構造主義を継承したポスト構造主義を代表する哲学者であるとともに
現代の「形而上学批判」の頂点とされる人のようです。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

高橋哲哉『デリダ 脱構築』を読みました。
階層秩序的二項対立を批判したのがデリダなんですね。

上記の本を読んでみてますます惹きつけられました。
別冊宝島44「現代思想・入門」の他にもお薦めの書籍等教えて頂けたら嬉しいです。

お礼日時:2002/04/01 12:13

どーもです!


「ポストモダンって、モダン模写かな。僕の見るところでは。」
モダニズムの経過を惜しむ、名残くやしい連中の業だってさ。
こんなで参考になるかな?
    • good
    • 0
この回答へのお礼

回答ありがとうございます。
でもちょっと今の私では分かりません・・・。
スミマセン。

お礼日時:2002/04/04 04:50

>他にもお薦めの書籍等教えて頂けたら嬉しいです。


東京大学出版会「知の論理」を忘れていました。
これと別冊宝島を読めば
関連図書や参考文献がいっぱい出てますから。

むしろ哲学にとらわれず(近代に対して)20世紀はどういう時代か?を
まとめてある本を読んだ方が分かりやすいような気がします。
思いつくままに書いてみます。
・橋本治「20世紀」
・ジョン・ホーガン「科学の終焉」
・ホフスタッター著「ゲーテル、エッシャー、バッハ」
・キットラー「グラモフォン、フィルム、タイプライター」
我ながらある種のステレオタイプ的選択だと思います。
あと、ジャック・ラカンに関する入門書的なモノを読んでおくと
イイと思います。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

>むしろ哲学にとらわれず(近代に対して)20世紀はどういう時代か?を
>まとめてある本を読んだ方が分かりやすいような気がします。

私もそう思いました(笑)
『流れ』の中でデリダやポストモダンを把握した方がいいかなと。
知の論理も読んでみます。

お礼日時:2002/04/04 04:50

「ロゴセントリシズム」、「差異」、「差延」、「デコンストラクション」あたりのKEY WORDSはまず押さえていますよね・・・

この回答への補足

脱構築なら分かります。

補足日時:2002/04/01 02:12
    • good
    • 1

このQ&Aに関連する人気のQ&A

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

関連するカテゴリからQ&Aを探す

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Qモダン→ポストモダン→?

モダンから、ポストモダン(1970年代以降?)に移り、
現在がポストモダンを乗り越えた時代だとすると、
現在はいったいなんと呼ばれている時代なのでしょうか?
また、なんと呼ぶべき時代なのでしょうか?

よろしくお願いいたします。

Aベストアンサー

まず、誤解していらっしゃるのではないかと思うのですが、「モダン」も「ポストモダン」も、「中世」や「近代」のように時代区分を指す言葉ではありません。
「モダン」は、「モダニズム」以外の文脈でも、単に「現代風」くらいの意味合いで使われることもありますが、「ポストモダン」といった場合はこれは「ポストモダニズム」とほぼ同義で使われるものです。

時代区分でいうなら、「現代」はあくまでも「現代」です。
それに対して、「モダン」あるいは「モダニズム」、「ポストモダン」あるいは「ポストモダニズム」は、大ざっぱに言うと、芸術・思想における傾向の総称です。

ご質問の「モダン」→「ポストモダン」のつぎは、の回答としては、ポストモダニズムに続く大きな芸術・思想的潮流はまだ登場していない、ということになるかと思います。

ただし、そもそもポストモダニズムという概念は建築から起こってきたものです。
モダニズム建築が、機械美を称揚し、装飾よりも機能を重視した結果、伝統的な様式や装飾をことごとく切り捨てたことに反発して、1960年代から起こったムーヴメントです。
その概念がほかの芸術や思想にも波及していった、という経緯があります。

ポストモダニズムの先陣を切った建築の領域では、現代建築はもはやポストモダニズム建築ではない、ポスト・ポストモダニズム建築というものが登場しているようです。

これが広く使われているのかどうなのかわかりませんが、わたしが読んだ五十嵐太郎『現代建築のパースペクティブ』(光文社新書)のサブタイトルは「日本のポスト・ポストモダンを見て歩く」というもので、本文にも

「単純なモダニズムを批判しつつ、ひたすら複雑性をめざしたのはポストモダンの建築だった。しかし、ポスト・ポストモダンは違う。単純なかたちの要素を用いてときにはそれを反復すること」のように記述されています。

さらに著者の五十嵐は、モダニズムとポストモダニズムをたたみこんだポスト・ポストモダニズムを「オルタナティブ・モダン」と呼ぶことを提唱していますから、建築の領域では「ポスト・ポストモダニズム」というのは、市民権を獲得しているのかもしれません。

けれども、文学や思想ではまだその用語はまだあまり一般的ではないのではないかと思います。

まず、誤解していらっしゃるのではないかと思うのですが、「モダン」も「ポストモダン」も、「中世」や「近代」のように時代区分を指す言葉ではありません。
「モダン」は、「モダニズム」以外の文脈でも、単に「現代風」くらいの意味合いで使われることもありますが、「ポストモダン」といった場合はこれは「ポストモダニズム」とほぼ同義で使われるものです。

時代区分でいうなら、「現代」はあくまでも「現代」です。
それに対して、「モダン」あるいは「モダニズム」、「ポストモダン」あるいは「ポスト...続きを読む

Qモダンとポストモダン

以前ビョークが出演している日本の番組を見て、音楽作りで一番大切なことは?と聞かれ、ビョークは「感情が何より大切と信じるのは、あまりモダンな考え方ではなく・・・絶対にポストモダンではありませんが・・・ ごめんなさい つまらないジョークでした」と語っていました。この話の何が「ジョーク」なのか、話の意味も自分にはわかりません。参考意見をいただければと思います。

Aベストアンサー

こんにちは。
わたしの弟がThe Sugarcubesが好きで、よくビョークと(変な声で)デュエットしていたのが懐かしくなったので回答します。
ただ、あくまでもわたしの想像ですので、こんな考え方もできるよ、ぐらいに受けとってください。

詳しく書いていってもいいのですが、かなりおおざっぱにいって、1920年代からだいたい第二次世界大戦後くらいまでに現れた芸術の運動をモダニズム、そうして1950年代以降に現れた、モダニズムを批判するかたちで現れたのがポスト・モダニズムといえるでしょう。

まず、モダニズム運動の特徴を乱暴に言ってしまうと、
・形式において実験的であること
・思想的であること
です。
相当雑な言い方になってしまうのですが、文学に即していうと、この様式にあっては自分の感情をストレートに表現することはありません。
たとえば「朝日が窓から差しこんでくる」という描写を通して、主人公が孤独のうちにあって夜の間、一睡もせず苦しんだこと、そうして差しこむ朝日に、その苦悩の解決が暗示される。そうして「涙を流した」という描写や「苦しんだ」という心理描写はできるだけ回避されます。

一方、ポストモダニズムというのは、これまたおおざっぱに言ってしまえば、複雑な現代社会にあっては、意味や価値は一元化されない、という思想です。
文学では、実に多様な現れ方をしていますが、
・つねにひとつの価値をひっくり返そうとしていること
・さまざまなものを意識的に、非体系的に引用しながら、一元的ではない構造の寄せ集めをつくるものであること
ここでは「悲しかった」という感情表現は出てくるかもしれません。けれど、それがだれのものなのか、いったいどういう脈絡で、いつ語られたのか、それを言うことで何を隠しているのか……、といったことが問題になってくる。

> 「感情が何より大切と信じるのは、あまりモダンな考え方ではなく・・・絶対にポストモダンではありませんが

というのは、確かにその通りなんです。

この発言でわかるのは、ビョークは少なくともある程度は文学を読み、モダニズム、ポストモダニズムがどういうものか、というのは理解している。
そのうえで、そういうものではなく、もっとそれ以前の、感情を表に出した表現を自分は志向していきたい、と言おうとしているのではないか。

> ごめんなさい つまらないジョークでした。

というのは、これがジョークだった、というよりも、モダンとか、ポストモダンとかいった、言ってみればあまりポップ・ミュージックにはふさわしくない言葉遣い、別の面から見れば、一種のおおげさな物言いをしてしまったことに対する恥じらいの表現ではないか、というふうにわたしには受け取れます。

あくまでもこれはご質問を読んでの個人的な感想です。

こんにちは。
わたしの弟がThe Sugarcubesが好きで、よくビョークと(変な声で)デュエットしていたのが懐かしくなったので回答します。
ただ、あくまでもわたしの想像ですので、こんな考え方もできるよ、ぐらいに受けとってください。

詳しく書いていってもいいのですが、かなりおおざっぱにいって、1920年代からだいたい第二次世界大戦後くらいまでに現れた芸術の運動をモダニズム、そうして1950年代以降に現れた、モダニズムを批判するかたちで現れたのがポスト・モダニズムといえるでしょう。

まず、...続きを読む

Qジャック・デリダとポストモダンの関係

最近、東浩紀にはまったんですがポストモダンについていまいちよく分かりません。
モダンのあとにくるもの、というのは分かるのですが。

あと、デリダとポストモダンの関係も分かれば教えて下さい。

Aベストアンサー

このスペースで説明するのはしんどいので
東浩紀を読まれるぐらいの方なら
入門書を数冊読んじゃった方がイイと思います。
別冊宝島44「現代思想・入門」が手っ取り早く分かりやすいと思います。

簡単に、ごく簡単に説明してみます。
アリストテレス等によって始まった「形而上学」は
デカルトによってひとつの完成に至ったとされ
ここに「近代(モダン)」が花開きます。
現代思想はしばしばポストモダンと呼ばれますが
これは、19世紀後半、ニーチェに始まる「形而上学」批判の流れにあるものです。
形而上学批判は実存主義、記号論、構造主義などとして展開しますが
デリダは構造主義を継承したポスト構造主義を代表する哲学者であるとともに
現代の「形而上学批判」の頂点とされる人のようです。

Aベストアンサー

こんにちは

スターシステムはハリウッド映画が源流です。「グランドホテル」形式とも言います。登場人物をいくつものドラマで同一人物やきわめて似た人物として融通しあう、と言う形ですね。
東浩紀がいうメタ物語というのがどういうものか、最近読んでいないので寡聞にして知らないのですが、メタフィクションということであれば小説やドラマなどでは手法として浸透しています。
答えとしては双方の内容はまったく違います。
以下のURLで参照してください。

メタフィクション
http://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%83%A1%E3%82%BF%E3%83%95%E3%82%A3%E3%82%AF%E3%82%B7%E3%83%A7%E3%83%B3

スターシステム
http://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%82%B9%E3%82%BF%E3%83%BC%E3%83%BB%E3%82%B7%E3%82%B9%E3%83%86%E3%83%A0

Q現代のデザインは「ポストモダン?」

色彩の資格勉強を始めて、19世紀から今日に至るまでのデザインの章に進みました。
支持されているデザインの変遷が載っていたのですが、最後はポストモダン世代のくくりで終わっていました。
ポストモダンは「思想的なものが強く明確な形としてのスタイルはなく、歴史的な象徴性、地域的土着的な様式などを組み合わせていく手法」と定義されていました。
本の説明がそこで終わってるという事は、現在のデザインは「ポストモダンの風潮」という事なのでしょうか。
(アルド・ロッシさん、ガエタノ・ペッシェさん、安藤忠雄さんが挙げられていました。)


また別の新しい流れって出てきてるのでしょうか。

Aベストアンサー

デザインやダンス、音楽・・・いろんな文化的変遷で
現代の物は「同時代性の」という意見でコンテンポラリーと呼ばれています。

でも最近までポストモダンだったわけで
どこまでがポストモダンで
コンテンポラリーがどこからでどうなのか・・・はまた次の時代に行かないと
カテゴライズがされないんじゃないでしょうか。

新しい流れというのは常に産まれているでしょうし。

参考になるかと思い
http://nd.nikkeibp.co.jp/nd/news/contents/61.html

こういった物もあります。

私が大学でポストモダンの思想や文化を専攻していたのが
もう10年近く前です。
デザインで10年というともう結構前・・・ですよね。
その頃に既に一つの風潮として研究されていたわけですから
大分変わってきてる部分があると思います。

Q東浩紀氏がいうスノビズムの定義って一般的なスノビズムの定義とは違いますよね?

東浩紀氏によると「与えられた環境を否定する実質的な理由が何もないにも関わらず、形式的な価値に基づいてそれを否定する行動様式のことをいう。」
(東浩紀著:動物化するポストモダンより抜粋)とありますが、一般的なスノビズムにいう俗物根性のようなニュアンスはないですよね。
なぜ、こんな用語の混同が起こるのでしょうか?
御回答よろしくお願いします。

Aベストアンサー

すいません。遅くなりました。
ちょっと時間がないんですが、いまを逃したらまた遅くなっちゃうんで。
簡単に。

> 「富や地位に対する憧れ」が形式的価値といえるかどうかが疑問です。

何を「富」とし、何を「地位」とするか、というのは、個人が主体的に意味づけを行ったものではありません。すでに決まった価値に依拠して、主体が判断するものにほかならない。だから「形式的」な価値という意味で、わたしはこの言葉を使いました。

『動物化する…』の本文には「名誉や規律」とありますが、「富や地位に対するあこがれ」は「名誉」に含まれるもののひとつでしょう。もちろん、コジェーヴがあげている「切腹」の例にはあてはまりませんが。

たとえば「規律」は、主体が社会化されるプロセスにおいて、むしろ外から押しつけられるもの、という印象が強いかもしれません。
一方、「名誉」というと、主体が進んで求めるもの、自発的に欲望するもの、と誤認されるものかもしれませんが、これも教育のたまものです。

教育というと学校で教わるもののように思われるかもしれませんが、それにとどまるものではありません。

たとえばボードリヤールはそれを「日常的ルシクラージュ(再教育)」と呼んでいますが、わたしたちは常に携帯電話の最新機種や車の最新モデル、ファッションの流行などの情報にさらされ、情報の更新を迫ります。わたしたちはこうやって学習し、「新しいもの」「価値あるもの」の情報を得たところで、自分の欲望を「主体的に」形成していくのです。そこでは「もの」を買うことは、その機能を使用すること、私有することではありません(東さんのこの部分はボードリヤールの「コミュニケーションと交換のシステムとしての消費」ということとは関係がないので、これ以上はふれません)。

ただ、ここで言う「名誉と規律」で質問者さんが出しておられる「炊飯器」はスノビズムの例にふさわしくないんです。

もちろん、現在「米を炊く道具」として利用している炊飯器がまったく壊れていなくて、日々の使用に十分耐えうるものであっても、白く、大きくて、場所を取る。最新型の銀色のIHジャーではない、という「価値」において否定する、それがスノビズムである、といって言えないこともないんですが、それだと結局は消費行動に収斂されてしまう。「動物」ということになってしまいます。

コジェーヴのあげた「切腹」の例にしても、以降のジジェクのシニシズムとの関連づけ方を見ても、ここで言われているのは、もっと実体のないもの、あらっぽくいうと(東さんはこの言葉を使うのを避けていますが)イデオロギーというふうに理解していいんじゃないかと思います。

すいません。遅くなりました。
ちょっと時間がないんですが、いまを逃したらまた遅くなっちゃうんで。
簡単に。

> 「富や地位に対する憧れ」が形式的価値といえるかどうかが疑問です。

何を「富」とし、何を「地位」とするか、というのは、個人が主体的に意味づけを行ったものではありません。すでに決まった価値に依拠して、主体が判断するものにほかならない。だから「形式的」な価値という意味で、わたしはこの言葉を使いました。

『動物化する…』の本文には「名誉や規律」とありますが、「富や地位...続きを読む

Qポスト構造主義・ポストモダンとはどういう意味??

ポスト構造主義とかポストモダンという言葉をよく目にするのですが、簡単に言うとどういうことなのでしょうか?又、両者は同義なのでしょうか?

Aベストアンサー

> 簡単に言うとどういうことなのでしょうか?
短く簡単に述べると抽象的になり
簡単かつ具体的に述べると非常に長くなり、と
実は非常に難しいご質問です。
でも、頑張ります。

「ポスト」はラテン語で「後に来る」とか「次の」といった意味です。
「ポストモダン」とは「モダン(モダニズム=近代主義)の次の」という意味で
思想・哲学・建築・文学の分野で使われる用語ですが
ここでは思想・哲学に限定しましょう。

西洋史上、「近代」は概ねルネサンス、大航海、宗教改革以降の時代
特に市民社会と資本主義を特徴とする時代を指します。
そういう意味では現代も「近代」の延長上にありますが
1900年代後半から近代主義を批判する文化上の運動が活発化し
これ以降の時代を「ポストモダン」と呼びます。

思想・哲学史上における「ポストモダン」の代表的なモノに
1960年代に流行った「構造主義」があり
構造主義の流行が去った後の、構造主義の成果や反省を踏まえた次世代の思想を
「ポスト構造主義」と呼びます。
ちなみに現代は思想史上では「ポスト構造主義」時代にあたります。

このように、ポスト構造主義とかポストモダンというのは
時代区分の一種であって、その流れに属す思想は実はいろいろあります。
それゆえに一言で言うのは難しいのですが
共通する特徴として
●近代の行詰りを克服すべく、近代をいろいろな角度から反省している
●なかでも「形而上学」を反省しようとする態度が大きい
といったことが挙げられると思います。
ちなみに、ポストモダンの条件』を著した哲学者リオタールによれば
「ポストモダンとは大きな物語の終焉」だそうです。
何のことやら、よく分かりません。

形而上学というのは西洋哲学の主流の思想で
古くは古代ギリシャのアリストテレスによって始まり
「我思う故に我あり」で有名なデカルトによって一旦の完成を見た
(と教科書で教えられた筈の)ものです。

さて、以下、大胆に自己流に解釈します。
形而上学とはぶっちゃけ「理性」を武器に「絶対的に正しいものは何か?」を
言葉によって問うて来ました。
その到達点が「我思う、故に我あり」から始まる難解な思想なのですが
19世紀も終わり頃になると、まあ世界大戦勃発だの何だのと暗い世紀末だったので
思想的にも大反省期に入る訳です。
その中でも、大きくメスが入ったのが「言葉」で
ソシュールの「記号論」なんかが有名ですが
簡単に言えば「人間は言葉でしか物事を考えられないが
言葉には限界があり、よって思考にも限界がある」といったことを訴えたのですね。
これは例えば「日本語しかしゃべれない日本人は日本語でしか物事を考えられないので
日本語にない概念については語ることが出来ない」と言えば
何となくお分かり頂けると思います>翻訳できない言葉とかって結構ありますよね。
このように言葉の構造を探ることで言葉の限界を考察したのが記号論ですが
この記号論を発展させて、思考やら文化やらの構造を考察したのが「構造主義」で
メルロ=ポンティなんて人が有名です。

OKWaveにも「○○って、どういうことなのでしょうか?」といった質問が沢山寄せられますが
このように「ひとつの正解に還元できる」という考え方は実は非常に形而上学的な発想で
構造主義的に答えると「ひとそれぞれ、いろいろな考え方があります」
みたいな発想から入り、それぞれの偏見みたいなことを考えていきます。
なので、ときに「相対主義」だと批判されます。
http://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%83%9D%E3%82%B9%E3%83%88%E3%83%A2%E3%83%80%E3%83%B3

> 簡単に言うとどういうことなのでしょうか?
短く簡単に述べると抽象的になり
簡単かつ具体的に述べると非常に長くなり、と
実は非常に難しいご質問です。
でも、頑張ります。

「ポスト」はラテン語で「後に来る」とか「次の」といった意味です。
「ポストモダン」とは「モダン(モダニズム=近代主義)の次の」という意味で
思想・哲学・建築・文学の分野で使われる用語ですが
ここでは思想・哲学に限定しましょう。

西洋史上、「近代」は概ねルネサンス、大航海、宗教改革以降の時代
特に市民社会...続きを読む

Q完成された過去の様式を現代風によみがえらせる=ポストモダン?

社会学のカテゴリが無いのでと思ったのですが、こちらで質問します。
現代アートや音楽などの文化で
過去に既に様式となったものを現代風に
ポップにカリカチュアライズして見せる手法
こういった手法を指す言葉が知りたいのですが
私はこれが「ポストモダン」と解釈していますが
当たっていますか?

Aベストアンサー

#2です。
 すみません、書き様が悪かったでしょうか。ポスト・モダンについて回答したつもりはありません。ポスト・モダンという語を使うならこういうことでしょうと定義した上で、二パターンにあてはめようと意図したものです。

>例えば、椎名林檎が昔の漢字を使用したり
>HIPHOPに古典クラシックをサンプリングしたり
>村上隆が典型的日本アニメの絵柄を、ヴィトンの柄にしてみたりとか

 これらを広い意味で捉えるならポスト・モダンでしょう(直接の回答はこれです)。しかし、狭い意味で捉えるならどうなんでしょう。確かに椎名林檎と村上隆はそんな感じもしないでもありません。価値の相対化(特に村上隆や奈良美智)とか近代への反動(特に椎名林檎)ということが感じられるからです。でもHIPHOPにクラシックをサンプリングしたものは、コラージュとかパロディってくらいのものではないでしょうか、私はそう感じます。

 椎名林檎は輸入オルタナティブ(きっと反論する人も多いでしょうが)と言ってもいいような気もします。少し広くして近代に対するカウンター・カルチャーってとこでしょうか。率直なところ、単にキッチュとかポップアートなどと呼ぶ概念と変わらない感じがします。

#2です。
 すみません、書き様が悪かったでしょうか。ポスト・モダンについて回答したつもりはありません。ポスト・モダンという語を使うならこういうことでしょうと定義した上で、二パターンにあてはめようと意図したものです。

>例えば、椎名林檎が昔の漢字を使用したり
>HIPHOPに古典クラシックをサンプリングしたり
>村上隆が典型的日本アニメの絵柄を、ヴィトンの柄にしてみたりとか

 これらを広い意味で捉えるならポスト・モダンでしょう(直接の回答はこれです)。しかし、狭い意味で捉えるな...続きを読む

Q魔術とポストモダンの関係。

ポストモダンが、魔術とどう関係しているのか、わからず困っています。どなたか、考えを聞かせていただけると幸いです。

Aベストアンサー

直接は関係しません。

モダンは伝統や歴史だけでなく、魔術も否定した。
ポストモダンは、モダンが否定した伝統や歴史の復権とあわせて、魔術も見直した。

ということだと思います。

Q1966年にサルトルとフーコーが論争したことはポストモダン思想の歴史上

1966年にサルトルとフーコーが論争したことはポストモダン思想の歴史上重要なポイントだった、

みたいなことが本に書かれていたのですが、どういう内容の論争だったのでしょうか?

論争のことが書かれた本などはないですか?

Aベストアンサー

内容は知りません。
未見ですが、『ミシェル・フーコー思考集成 3 』
http://www.chikumashobo.co.jp/product/9784480790231/
の「フーコー、サルトルに答える」が該当するのではないでしょうか。

目次を見ると、「プルースト宛書簡」なんかもあって、ずいぶんおもしろそうですね。読んでみよう。

参考URL:http://www.chikumashobo.co.jp/product/9784480790231/


人気Q&Aランキング

おすすめ情報