つい先日、交通事故を起こしてしまいました。状況は、交差点での出会い頭の衝突事故とでも言うのでしょうか? ただ、相手側の運転者の方は一旦停止を必要とする交差点(信号機は無し)でしたので、一応、形の上では私の方が被害者になるような状況なのですが、実は私の方はたまたまその時、酒気帯び運転をしておりました。言い訳にはなりませんが、現在失業中でだいぶ精神的にもまいってました。事故当日の前日、数え切れぬほど面接を受けた会社からの最後の不採用の通知があり、なんとなく当日の朝から酒でも飲まないとやり切れない気分で酒を飲み、ついつい車を走らせました。

質問1.事故を起こそうが起こされまいが、それ以前に飲酒運転をしていた自分自身が一番悪いのですが、まず破損したお互いの車は保険等で元にもどるのでしょうか?

質問2.私自身の身の処遇として今後どのような処罰があるのでしょうか?

よろしかったらご回答のほど お待ちしております。

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (3件)

事故証明を取る際、警察の方はあなたが飲酒運転であった事は


知っていますか?

事故の時、飲酒運転であった事を保険会社が知ったら、一割ほど歩合を
加算される事はあります。
例えでは、もし、あなたが7割悪く相手が3割の場合、一割加算されるので
8:2となります。
お互いの修理費用ですが、もし8:2として相手が8悪かった場合は
あなたが相手の修理費用の2割を持ち、相手があなたの費用の8割を
払います。
車両保険には入られてますか?
車の状態はどうですか?
かなりひどいのでしょうか?

事故の処理は、お互いの保険会社に任せてください。
もし、警察も保険会社もあなたの飲酒運転に付いて、まだ知らないのでしたらあえてあなたから言う必要はないと思います。
(本当はだめですけどね)

処置に付いてですが、人身事故の場合は簡易裁判を受けますが(罰金を
払います)そうでない場合は点数を引かれる事もありません。

事故に付いて、分からない点がありましたら聞いて下さい。
保険会社の人間ではありませんが、今まで数え切れないほどの事故してきましたので(笑)少しはお役に立てるかもしれません。
多分、保険に詳しい方が書き込みしてくれると思います。

とにかく、保険会社の方に任せてくださいね。

この回答への補足

早速のご回答、本当にありがとうございました。

事故後にすぐ警察が来て当事者双方の事情聴取の時に私の飲酒が分かり、私も素直に事実を認め、飲酒量の検知や取調べを受け、事故の処理後、警察の方と同行して、どういった状況で飲酒をして、どういったルートで事故に遭遇したかを説明しました。

幸い私の方は、多少の打撲がある程度で、私の方から人身事故にするつもりは無いのですが、相手側の同乗者の方が手首に痛みがあるとの事で結果はまだ分かりません。

双方の車の破損は、ひどく素人の私の目から見ても新しく購入した方が安くつくような気がします。

お互いの保険会社とは連絡は付いていますが、まず私自身の車がどれくらいの自己負担で修理できるのか、また相手側の車の修理にどれくらい負担が必要なのか?
飲酒運転の事は、私のほうの保険会社の方には話していませんが、警察や相手側の方々には、もう分かっていることですし、特に隠そうとは思っていません。

長々となりましたが、まず責められるべきは、飲酒運転をしていた私自身であって結果として事故にあったと反省しています。
その上でもう少しお聞きしたいのですが、私自身は車両保険は掛けておらず
保険内容は対人、対物が主です。
私の車は昨年10月に130万円程度で購入した新車でした。
今後いったいどれほどの負担がくるのでしょうか?

よろしかったら、またご回答の程お待ちしています。

補足日時:2002/04/01 12:45
    • good
    • 0

保険会社は、酒気帯びや酒酔い運転に付いては、徹底的に調べてきます。

たとえ、警察が酒気帯びと言わなくても怪しいものは調べて対応します。

今回の場合は、通常の過失から酒気帯びまたは、酒酔いの著しい過失または、重過失を採用して10%から20%前後を修正してくるでしょう。

貴方の保険会社が対応するであろう行動は、車両保険や搭乗者傷害保険の支払い拒否になると思います。ただし、相手に対しては被害者保護の立場から支払いは決定した過失割合で支払いは行なわれます。また、過失に添って相手からの修理代や治療費等は支払いを受けることができます。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

ご回答、本当に有難うございました。
結論から言いますと、相手側の方からも物損事故で済ませましょうとの事で連絡があり、あとは双方の保険会社とのやり取りになりました。

飲酒運転の処罰については、私自身の問題だと思いますので今後は、司法、行政の処置を受けなければなりません。

今回の事で特に参考になったのは、交通事故に遭い、傍から見ても明らかに被害者と思われる側にも過失があった場合に保険の適応があるのだろうか?
と言うことでした。

いずれにせよ、飲酒運転の自分が悪いのですが、もし普通の状態で運転をしていたら相手の方が悪いじゃないか‥‥と言った矛盾した気持ちもありました。

とにかく、今後は皆様のご意見を参考にしながら事後処理に対応していきたいと思います。
本当に有難うございました。

お礼日時:2002/04/02 12:28

 相手方一時停止では、基本が相手方過半となると思うので、酒気帯びで10~20%過失加算としても半分前後になると考えられます。

酒気帯びが過失割合に当然修正要素となるかについては議論があるようですが、原則としては最大2割前後の修正とされるようです。
 結果的には、負担については、双方過失部分については自車の修理代負担となりますので、修理をする場合には、車両の時価額の半分前後が自腹となるものと思います。そして、価値観に従い、その車を諦めて負担分を含め次の車とするかどうかという問題になると思います。ただ、酒気帯びで相手が怪我となると、物損以上のペナルティが相手の意思にかかる場合がありますので、その点にむしろ留意されることが必要と思います。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

ご回答、本当に有難うございました。
結論から言いますと、相手側の方からも物損事故で済ませましょうとの事で連絡があり、あとは双方の保険会社とのやり取りになりました。

飲酒運転の処罰については、私自身の問題だと思いますので今後は、司法、行政の処置を受けなければなりません。

今回の事で特に参考になったのは、交通事故に遭い、傍から見ても明らかに被害者と思われる側にも過失があった場合に保険の適応があるのだろうか?
と言うことでした。

いずれにせよ、飲酒運転の自分が悪いのですが、もし普通の状態で運転をしていたら相手の方が悪いじゃないか‥‥と言った矛盾した気持ちもありました。

とにかく、今後は皆様のご意見を参考にしながら事後処理に対応していきたいと思います。
本当に有難うございました。

お礼日時:2002/04/02 12:31

このQ&Aに関連する人気のQ&A

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Q交差点で追突事故を起こしました…

先日、運転していた時のことです。前を走行していた車が車線を跨いだり、急に減速したり不穏な動きをしていました。信号のある大きな交差点に差し掛かり、黄色になる直前で前方の車が急に加速を始め、私も続いて交差点を左折しようとしました。本来なら黄色に差し掛かった時点で自分も停止しなくてはいけなかったと思いますが、後続車の車間距離が短く、また加速していたので急ブレーキを踏んではあぶないと思い通過しました。停止線を越え、横断歩道も越えたところで、前の車が急ブレーキを踏み停止したため、間に合わず追突してしまいました。後続車はぎりぎりで止まったため、追突はされませんでした。この場合、前方の車が停止線をはるかに超え、交差点内に進入したところで加速しながら急ブレーキを踏んだのですが、このような場合でも過失は100%私にあるのでしょうか。アドバイスよろしくお願いします。

Aベストアンサー

 文章で判断する限り、この被害者(追突された方)はひどい運転をする方なんでしょうね。
 質問者様にすご~く同情したいところですが、残念ながら油断してしまったと言うところでしょうか。
 私も他の回答者と同様に過失は割合は大きいと考えます。

>そして相手の車がまた戻ってきた

だめもとでこれを警察に訴えてはいかがでしょうか。

Q点滅信号のある交差点で事故を起こしました

点滅信号のある交差点で事故を起こしました。事故の顛末を書きますと私は赤の点滅信号でしたので、一時停止をし右折するために交差点に進入しました。事故の相手車両は黄色でしたがかなりの速度を出して交差点へ直進するために進入してきました。結果、私の車は相手車両の左後方にぶつかり、相手車両はハンドルが切れなくなり進行先左前方のガードレールに乗り上げました。確かに私は一時停止はしたものの普段から交通量の少ない道だったため油断があったと思っています。私は事故の処理を保険会社に任せるつもりなので相手方にそのことを伝えましたが、相手車両の助手席には運転手の母親が乗っており、自分たちは0対10なので自分たちの保険は一切使わないと主張してきていますが、相手方の言う通りに責任は0対10なのでしょうか?
私の拙い文章では分かり辛いと思いますので上記を箇条書き+追加情報を記します。
■私は点滅信号の赤を一時停止後に右折した
■その際普段から通る道なので油断はあった
■相手方は点滅信号の黄色を直進してきた
■その際相手方の速度は適正な速度ではなかった
■結果相手方はハンドルがとれなくなり、前方左のガードレールに乗り上げた
■私の車両は前方が凹み、衝撃によりパワステが利かなくなった(小破)
■相手車両は左後方からボコボコになり左後輪も外れ掛けて状態となった(中破~大破)
■私はぶつかった衝撃で鞭打ちとなった
■相手方運転手はこれといった症状はなし
■相手方助手席の運転手の母親が事故処理の途中より胸を打ったと訴え、事故処理後レッカーを呼んでいる最中に近くの病院に行ったところアバラの骨が折れていた
上記の記述で、恐らくでいいので責任の割合をお教え下さい。
また状況等、私の説明不足で分かりづらいところがありましたらご指摘下さい。

点滅信号のある交差点で事故を起こしました。事故の顛末を書きますと私は赤の点滅信号でしたので、一時停止をし右折するために交差点に進入しました。事故の相手車両は黄色でしたがかなりの速度を出して交差点へ直進するために進入してきました。結果、私の車は相手車両の左後方にぶつかり、相手車両はハンドルが切れなくなり進行先左前方のガードレールに乗り上げました。確かに私は一時停止はしたものの普段から交通量の少ない道だったため油断があったと思っています。私は事故の処理を保険会社に任せるつもり...続きを読む

Aベストアンサー

点滅信号の場合は、信号機により交通整理が行われていない交差点に
相当します。

あなたが右折で左方車、相手が直進で右方車ですので、「判例タイムズ16」の
【68】事例に相当し、過失の基本割合は、あなた60%、相手40%となって
おります。(この場合、左方車優先の原則がすでに加味されています。)
一方、あなたには赤色点灯によって一時停止が義務付けられていますので、
著しい過失があり、その修正割合は10~20%となります。
したがって、修正要素を加えると、あなた70~80%:相手20~30%となります。
それを交渉によって、どこまで基本割合に持っていけるかが問題でしょうね。

相手が適正な速度でなかったという根拠を示すことは至難のワザです。
相手車の損害の程度からしますと、交差点で相手車がお尻を振ったのなら
ともかく、普通に考えると、相手車は腹を見せた状態で、そこにぶつかって
いったあなたの車の速度が大きかったことを予想させます。
つまりあなたは右折であるにもかかわらず、事故後相手車の左車輪が外れかける
ほどのスピードで衝突していったことになります。

しかも、相手車の同乗者はケガを生じており、おそらく2週間以上の治療を
要することになりますので、人身事故としてあなたは起訴されることは
避けられないでしょう。罰金と免停処分があると思われます。

右折の場合の一時停止とは、単に停車することではなく、左右を含めて
安全であることを確認することを意味しているのですから、今回はあなたに
とっては厳しい結果となるでしょうが、ほどほどの過失割合で合意を図る
のが良いと思われます。
(ただし、100:0にはなりません。)

点滅信号の場合は、信号機により交通整理が行われていない交差点に
相当します。

あなたが右折で左方車、相手が直進で右方車ですので、「判例タイムズ16」の
【68】事例に相当し、過失の基本割合は、あなた60%、相手40%となって
おります。(この場合、左方車優先の原則がすでに加味されています。)
一方、あなたには赤色点灯によって一時停止が義務付けられていますので、
著しい過失があり、その修正割合は10~20%となります。
したがって、修正要素を加えると、あなた70~80%:相手20~30%となります。
...続きを読む

Q私=左折(小型乗用車)と、相手方=直進(軽トラック)の交差点での出会い頭

前回ご質問させていただいた件で、また新たな問題が発生し、
皆様にご回答いただきたく、私事でお手数をおかけしますが、
何卒宜しくお願いします。

今週始めから保険会社の対応が始まったのですが、
相手様が(私)10対0(相手様)を主張されております。
相手様のお車は、時価が7万円だそうですが、修理代30万円を全額請求されている様です。
相手様は、車の修理工場長とお友達らしく、
今は、その工場長が、私の保険会社と交渉しているみたいで、
私が{時価を超える保障について(50万円まで)支払うことができる特約}に入っていることも、
保険会社に問い詰めたらしく、相手様に伝わっているようです。

私は、スムーズに話が進むのなら特約を使ってもかまわないと思っていたのですが、
相手様は、とても一方的な方で、直接私の家に電話をかけてきて
(私のせいで)大怪我をするところだった。自分は何一つ悪くない。と言われたり…。

ずっと保険会社にお任せしているのですが、保険会社の方の報告では、
相手様と、その代弁者(工場長)が、一方的で話にならないことや、
相手様の息子は弁護士をされている(工場長の話)らしく、
(多分その話の成り行きだと思うのですが)裁判になるみたいです。
私はその特約(弁護士特約)にも入っているので何も問題はないというのですが、

Q1 裁判になると、どうなるのでしょうか?
   (何も分からなくて、漠然とした質問で本当に申し訳ないです)

<事故状況>(少しずつ明らかになってきましたが、私の見解も含まれます)
{ 干 }この様な道で、どの道にもセンターラインは無く、
道幅は同じくらいですが、私側に一時停止線があります。

相手様は、干 の上の横線を → に進み、右折↓して直進
私は、干 の下の横線を ← に進み、一旦停止して左折↓ と言う経路で、
交差点で、直進と左折の出会い頭となりました。

T字路から事故現場である交差点への距離({干}の{工}の縦線)は約32mで、
私が一旦停止したときには、相手様が見えず(T字路を右折するところだったと思われます)
私がゆっくり交差点に進入した為、相手様はスピードを落とすのが面倒で?
そのまま私を避けて{く}の字に曲がるようにして交差点に進入したので、
ゆっくり左折を始めている私(左折が半分くらい完了したところ)に対して、
相手様は(私から見て正面に)左側面から入り込み、
私の右ライトからバンパー中央までと、相手様の左後方フェンダーとタイヤ部分が接触、
相手様は、そのままのスピードで左道路脇の鉄の棒に、
前面左(助手席側)を衝突されたのではないかと思われます。

事故当初、相手様に「追突された」と言われ、そうなのだと思っておりましたが、
危険を感じた瞬間に止まれていたみたいで、私の車の傷は、
相手様の左後方フェンダーが(私の)右ライトからバンパーにかけて
擦っていった傷跡からはじまり、ナンバープレート部分に引っかかってボコっとへこんだようで、
車の修理の方が、追突してできた傷ではないと言っておりました。

相手様の車の破損状況は、私の車と接触した部分だけで言えば、
左後方タイヤのフェンダーだけで、とても安価との事です。

保険会社が提示している割合は(私)60対40(相手様)なのですが、
スムーズに解決できるなら、80:20になっても仕方ないと思っておりましたが、
それまで黙っていた私の主人も、相手様の対応に段々不満を募らせている様子で、
万が一の事故の場合、相手方へ責任を取れるように色々な特約をつけているが、
脅されて使う為に入った特約ではない。危険にさらされたのは、
私や後方座席に乗っていた子供達も同じだと言い、
裁判に持ち込むからには、相手様の危険行為もあるから
(私)60:40(相手様)までしか譲らないといっております。

Q2 裁判になると、過失割合などはどの様に決まるのでしょうか?
   (公正に事実を検証した結果であれば、もちろん過失割合に従うつもりです)

Q3 相手様の運転、T字路から32mほどしかない交差点で、
   速度を落とさず、左折車を{く}の字がたに避けるようにして、
   進行するのは、法律的に危険行為にあたりますか?

Q4 また、裁判で決まったことにも相手様が従わない場合、どうなるのでしょうか。

Q5 今後の展開など、考えられることがありましたら、
   何でも構いません。是非教えていただきたく宜しくお願いいたします。

前回ご質問させていただいた件で、また新たな問題が発生し、
皆様にご回答いただきたく、私事でお手数をおかけしますが、
何卒宜しくお願いします。

今週始めから保険会社の対応が始まったのですが、
相手様が(私)10対0(相手様)を主張されております。
相手様のお車は、時価が7万円だそうですが、修理代30万円を全額請求されている様です。
相手様は、車の修理工場長とお友達らしく、
今は、その工場長が、私の保険会社と交渉しているみたいで、
私が{時価を超える保障について(50万円まで)支払...続きを読む

Aベストアンサー

前回、回答させていただいた者ですが、
お困りのようですね。
相手方は100:0を主張してきて、こちらの保険会社の話もろくに
聞かず、おまけに保険会社がでているのにかかわらず、
当事者に電話してくる。

このような場合、保険会社は弁護士特約がなくても、
過失割合などを、相手方がまったく受け入れない(保険会社の
話を聞こうとしない相手と交渉するために)
弁護士対応に切り替えることが多いです
(弁護士特約は、契約者の被害について相手方へ弁護士を
使い請求する特約です。)。

A1 質問者さんが弁護士へ委任しますので、
  質問者さんが裁判所に行くことはないです。
  しっかりとご自分の主張((私)60:40(相手様)
までしか譲らない)を保険会社にお伝えください。

A2 弁護士同士の主張の仕合により、間を取ってということが
  多いかと思います。前回に書きましたが、今回の場合、
  通常、80(当方):20(相手方)が基本かと思いますが、
  一時停止後進入(当方)により、65(当方):35(相手方)
  くらいかなと思いましたが、質問者さんの保険会社は
  60:40を主張されているとのことですので、その根拠を
  確認された方が良いかと思います。(相手方、減速せずの
  -10%をプラスかも)

A3 危険行為にあたると思います。
  A2に書きましたが、相手方、減速せずの-10%を主張
  されても良いと思います。

A4 質問者さんの方が、この事故での金銭的負担の方が多いと
  思いますので、質問者さんに支障はないでしょう。
  相殺払いをすれば(相手が負担するべき質問者さんの
  お車の修理代に対する割合を、相手に支払う相手の車への
  負担額から差し引いて支払えば、自分の保険会社から、
  相手の負担額を質問者さんがもらえますので)、
  良いだけですから。

A5 今後、相手方から電話があれば、保険会社または弁護士に
  委任してますから、電話をしてこないでくださいと、
  はっきり言いましょう。
  あとは、何もすることはないです。保険会社に進展が
  連絡くださいと言っておけば、何かあれば連絡がくるでしょう。

前回、回答させていただいた者ですが、
お困りのようですね。
相手方は100:0を主張してきて、こちらの保険会社の話もろくに
聞かず、おまけに保険会社がでているのにかかわらず、
当事者に電話してくる。

このような場合、保険会社は弁護士特約がなくても、
過失割合などを、相手方がまったく受け入れない(保険会社の
話を聞こうとしない相手と交渉するために)
弁護士対応に切り替えることが多いです
(弁護士特約は、契約者の被害について相手方へ弁護士を
使い請求する特約です。)。

A1 質...続きを読む

Q事故を起こしてしまいました。自転車に乗った方でした。その場で怪我の状況

事故を起こしてしまいました。自転車に乗った方でした。その場で怪我の状況を聞いて、相手の方から怪我もたいしたことないし、警察は呼ばなくてみたいなことで、警察も呼ばずにその場で示談するという話になりました。
私は、すぐにお菓子を持ってその方のご自宅へ伺いました。私の誠意は伝わったようで、示談金の話になりました。
私は、一旦事故の現場で示談を受け入れたのですが、やはり後遺症やその後のこともあるので、保険を使わせてほしいとお願いしました。ところが、相手の方が保険会社と話をするのが嫌とのことで受け入れてもらえませんでした。
結局、その場で相手の方と合意した示談金を支払い、また、相手の方が「もうこの件で電話はしない」と約束してくれたので、私は安心してその日は帰りました。
後日、私は相手の方の状態が気になっていたので、ご自宅へお伺いしました。事故現場で聞いた怪我は大した事がなかったそうでしたが、それ以外のところも悪くなったと言われました。その方は、私に電話しようかどうしようか迷っていたと言いました。そこで、先日合意した内容と状況が変わったので、さらに示談金の上乗せを相談されました。私は仕方なく支払いました。その後は、身の上話などをして円満な雰囲気で帰りました。話をしていると、すごくいい方でした。ただ、示談書をと持ちかけたところ、きっぱりと断られてしまいました。
家族に相談したら、そういうのは常套手段だから、今からでもいいから警察に届けなさいと言われ、また、保険会社にもよく相談するように言われました。
私のような場合、今からでも保険を使えるのでしょうか。また、警察へ行くのを嫌がる相手の方抜きで、私一人でも警察は事故を受け付けてくれるのでしょうか。人身事故なので、処分を受けるのは厭いません。

事故を起こしてしまいました。自転車に乗った方でした。その場で怪我の状況を聞いて、相手の方から怪我もたいしたことないし、警察は呼ばなくてみたいなことで、警察も呼ばずにその場で示談するという話になりました。
私は、すぐにお菓子を持ってその方のご自宅へ伺いました。私の誠意は伝わったようで、示談金の話になりました。
私は、一旦事故の現場で示談を受け入れたのですが、やはり後遺症やその後のこともあるので、保険を使わせてほしいとお願いしました。ところが、相手の方が保険会社と話をするのが...続きを読む

Aベストアンサー

甘かったですね。

事故の場合は絶対に警察に届けないとそういうことは確実におこります。

一人で行って大丈夫です
というより、事故をした場合、道路交通法で事故の報告義務があります
なぜ、報告しなかったかなど色々と聞かれるでしょうが
ゆすりのような行為が続くことを考えたら、説教うけたほうがマシですよ。

保険は一定の期間内に連絡しないと使えないですから
どのくらいたってしまっているか?
入っている保険で何日以内に連絡しないといけないことになっているかですね。

Q人身事故を起こしたのに、運転してる

親族が交通事故に遭いました。
青信号を渡っていたらはねられました。
加害者はトラックドライバーで、事故後、警察に行った後、午後から仕事に戻っています。

これって有り得るのですか?
刑事責任って問われていないんですかね?

Aベストアンサー

まず、基本的に、逮捕というのは取調べの必要性がある、逃亡の恐れがあるなど必要な場合に行います。

それ以外の場合には逮捕はせずに、警察は取調べを進めて、検察に書類送検します。
(逮捕されて取り調べられた場合には、書類だけでなく身柄も送検されます)

検察では事故の程度、そのほかを総合的に見て、起訴猶予、略式起訴、正式起訴のどれかを選択します。
起訴された場合には原則収監されますが、在宅起訴という場合もあります。略式の場合は収監されることはまずありません。

あとは裁判を受けて判決を受けるわけです。

上記は刑事処分の話です。

行政処分は上記とは別に違反点数(事故による付加点数も含める)により処分が決定し、本人に通知され、内容により意見の聴取が行われて処分が決定、もしくは処分が開始されます。(免停とか免許取り消しなどは点数により決まります)

なので事故直後から逮捕されるというのは結構レアなケースです。

事故直後に逮捕されなかったからといって、刑事処分や行政処分がないということはありません。


人気Q&Aランキング

おすすめ情報