最近、商品名を表すロゴの末尾、右隅に小さく、円(○)の中に文字「C」が入れられたマルシーマークをごくたまになのですが見かけることがあります。これは一体、何を意味する表示なのでしょうか?

(1) マルシーマークと言えば、まず思いつくのが、無方式主義の国の著作物を方式主義の国でも保護するべく、万国著作権条約第3条第1項に基づいて表示するものですが、これには、「マルシーマーク」、「著作権者名」、「最初の発行年」を一体的に表示する必要があります。件の表示は、マルシーマークだけなのです(しかも、著作物ではなく商品名に)。

(2) となると、次に考えられるのは、○の中に文字「R」が入れられた登録商標マークの誤記ですが、件の商品名、商標出願はしているものの、まだ登録されてはいないようです。

(3) 「商品名が特殊なロゴで表されているので、このロゴに著作権を主張したいのかなあ?」とも考えたのですが、「文字の形状は著作物とはならない」という判例が複数あることから、これだとも思えません。

 そうなると、著作権や商標権以外の何かを表すマークとしか考えられないのですが(商品の発売元が(1)、(3)の事実を知らない、という可能性はありますが)、このマークを付けるとどういうメリットがあるのか、ご存じの方おられましたらご教示下さい。

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (1件)

 真相を知るすべは、当該商品の製造者に問い合わせる以外にはないと考えますが、ご質問を前提とする限りで、私見を申し上げます。



1 著作権に基づく権利主張の予告
 最高裁平成12年9月7日判決判時1730号123頁は、印刷用書体が著作物に該当するためには、従来の印刷用書体に比して顕著な特徴を有するといった独創性を備えることが必要であり、かつ、それ自体が美術鑑賞の対象となり得る美的特性を備えていなければならない旨判示しています。
 また、学説上、書と同視し得る場合には、書体を著作物と認める余地がある旨説かれています。

 製造者は、当該ロゴの形状がかかる意味での著作物性を有するものと考えて、模倣者に対しては著作権法に基づく権利主張をする旨を予告(ないしは威嚇)することで、競争上優位な地位を維持しようと考えているものと思われます。

 もっとも、kawarivさんがご指摘のとおり、わが国の著作権法は無方式主義を採用しています(ベルヌ条約1条の同盟国内においても同様・同条約5条2項)から、「マルシー」マークを付することは無意味ですし、同盟国以外の万国著作権条約加入国において保護を受けるための要件(同条約3条1項)としては不足していますから、やはり「マルシー」マークを付することは無意味です。
 おそらく、製造者が著作権の保護要件について十分な研究を欠いたとみるのが妥当かと考えます。

2 不正競争防止法に基づく権利主張の予告
 次に、製造者は、当該ロゴが不正競争防止法2条1項1号、2号、2項、商標法2条1項所定の「商品等表示」の一形態たる「商標」にあたるものと考えて、模倣者に対しては不正競争防止法3条(差止請求権)ないし4条(損害賠償)に基づく権利行使をする旨を予告(ないしは威嚇)することで、競争上優位な地位を維持しようと考えているとも思われます。

 もっとも、不正競争防止法上の保護要件は、周知性及び混同誤認行為(同法2条1項1号)ないしは著名性(同項2号)であり、「マルシー」マークを付することは無意味ですから、この観点からみても、製造者が著作権の保護要件について十分な研究を欠いたとみるのが妥当かと考えます。

3 商標権ないしは意匠権の保護要件についての誤解
 さらに、kawarivさんがご指摘のとおり、製造者が、商標権ないしは意匠権が設定の登録により発生する(商標法18条、意匠法20条1項)ことに対する理解を欠き、「『マルシー』マークを付したデザインは法律で保護される」といった誤解に基づいて、「マルシー」マークを付した可能性もあります。
 製造者が、本来、著作権保護の一要件(必要条件)にすぎない「マルシー」マークを、十分条件であると誤解したために、「マルシー」マークが付されたのではないか、というわけです。

4 結論
 いずれにせよ、製造者が知的財産権に対する十分な理解を欠いているのでしょう。
 kawarivさんがすでにご存知と思われることばかりを長々と並べ立てました。お目汚しとなり、申し訳ございません。

この回答への補足

●参考情報

 大半の音楽CDには、マルシーマークの他、○の中に「P」が入れられたマークが付けられています。これをマルピーマークと呼ぶのかどうかは存じませんが、これは「レコード保護条約(正確には、「許諾を得ないレコードの複製からのレコード制作者の保護に関する条約)」に基づく表示で、「P」は「Phonogram」の頭文字です。
 効果としては、マルシー表示と同じなのですが、何故にこの条約がわざわざ別個に設けられたのかは、私も勉強中です。

 既にご存じかもしれませんが、ご参考までに。

補足日時:2002/04/03 12:28
    • good
    • 0
この回答へのお礼

 iustinianus さん(としては?)、はじめまして(笑)。以前、このカテゴリで、質問者の方の為に親身になりながらもむやみやたらに同情を寄せることはせず、条文・判例に基づいて懇切丁寧にご回答していらっしゃった方が退会され残念に思っておりましたが、iustinianus さんの頼もしいご活躍を拝読するにつけ、その方が戻ってこられたのかと勘違いするばかりです(^^)。
 コメント欄で「最近は、知的財産法に興味があります」と仰っていたことは存じておりますが、相当勉強されているようですね。このサイトでの知的財産に関するご質問を考察するのもかなり有意義だと思いますので、ぜひトライなさってみて下さい。


 さて、本題です。

 本当は商品名を出せば分かり易いのでしょうけれど、そうすると「あ、これに権利なんてないんだ。良いこと聞いた」とよからぬ勘違いをし、悪さを企む人が出てくる可能性があるので控えます(笑)。その商品は充分著名なので、ロゴは保護されなくても、商品名は不正競争防止法による保護対象になり得るのですけれども。それに、商品名が商標として登録されれば、商標法でも保護されますし。

 そのロゴは、著名なデザイン家に依頼して作成してもらったとのことでしたから、私も、ロゴを保護したいのだろうと推察しました。
しかし、ご教示頂いた最高裁判決-平成10年(受)第332号-(私は、「デザイン書体の表現形態に著作権としての保護を与えるべき創作性を認めることは、一般的には困難である」と判示した平成8年(オ)第1022号:最高裁第一小法廷、平成10年6月25日、は知っておりましたが、この判決は知りませんでした。ご教示に感謝致します)でも指摘されているとおり、書体やロゴが著作物と認められる条件はかなり厳しそうですね。

 とは言え、デザイン家とて自分の創作性を発揮させた上で「誰にも真似のできないロゴ」を完成させているのですから、何らかの形で保護を与えないと報われないような気は確かにします。そうなると、期待されるのが、1973年にウィーンで採択されたタイプフェイス保護協定(正確には、「タイプフェイスの保護及びその国際寄託に関するウィーン協定」……というのが存在するのは知っていますが、詳細な内容までは存じません^^;)なのでしょうけれど、今現在、これは未発効ですし。。。
 まあ、これに関しては、「今後の課題」というところですね(笑)。過度に権利を認めてしまうと、本もおちおち読めなくなってしまいますしね(^^)。

 私の方も、発売元に問い合わせようかなあとは考えたのですが、問い合わせを受けた方にとっては、「するってぇと、おまえさんとこは何かい、著作権として保護されないものに権利を主張しようっていうのかい!?」というように、いちゃもん以外の何者でもないかなあ、という気がしまして(笑)、ためらってしまいました。

 やはり、ご推察頂いた1~3のように考えるのが妥当のようですね。
 有意義なご回答、ありがとうございました。

●蛇足
 私は、自分が疑問に思ったことを質問しておきながら、頂戴したご回答に「そんなことは自分にとって一常識にすぎない。貴殿の回答は、釈迦に説法(おお、今度はちゃんと書けた^^;……実は、かつて「釈迦の耳に念仏」と書いて投稿してしまったことがあるのですよ^^;)」と揶揄するような人間に成り下がりたくはないですよ(笑)。

お礼日時:2002/04/02 13:32

このQ&Aに関連する人気のQ&A

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Qあまのじゃくってどういう意味ですか?

あまのじゃくってどういう意味ですか?

Aベストアンサー

かっこつけたり、恥ずかしがったりして、自分の感情や思いをうまく表現できないこと。天邪鬼。

参考URL:http://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%81%82%E3%81%BE%E3%81%AE%E3%81%98%E3%82%83%E3%81%8F

Q国際的な著作権保護問題について~ベルヌ条約と万国著作権条約~

今ウェブサイト作成における著作権問題に興味があり調べていたのですが、
各条約に関係して疑問が出てきたので質問させていただきます。

例えば、私が自分の撮った写真を掲載するサイトを作ったとします。
この写真の著作権を主張するために、方式主義も頭に入れて
どこかにcopyright表示も入れたとしますよね。
このとき、もしベルヌ条約にも万国著作権条約にも加盟していない国の
人間によってこの著作権が侵害されたとしたら、私は自分の権利保護を
主張できないのでしょうか?それとも他に何か救護手段があるのでしょうか?

何も知らない素人の質問で申し訳ないのですが、ご回答頂けると嬉しいです。

Aベストアンサー

 加入していないその国では権利保護の主張はできませんが、その国から他国に輸出や翻訳されたものについては、他国が条約に加盟していれば、他国の輸入業者や出版者に権利を主張できます。

Qどういう意味だと思いますか?

彼とLINEしていると
「返事がおくれてごめん、あまのじゃくなもので・・・」と
返事がありました。

たわいもないことをLINEでやりとりしているのですが

あまのじゃくになるというのは・・・
回答に困って返事が遅れるという意味でしょうか?

Aベストアンサー

返事が早かったり遅かったり、気まぐれだということじゃないですか?

遅れてごめんと謝ってくるところが全くあまのじゃくだとは思いませんけどね。

Q商品ロゴマークデザインの著作権についての質問です。

はじめまして、
私は、現在46歳でグラフィックデザインを1995年より個人でやらせていただいております。お恥ずかしい話なのですが、ある有名下着メーカーの主力商品のロゴマークをデザインした事でのご相談をさせていただきたく投稿させていただきました。

14年前というかなり年月が経つ内容ですのでどうにもならないのかもわかりませんがよろしくお願いいたします。

その下着メーカーの商品のロゴマークは1997年に、当時の知り合いのデザイン事務所よりデザインコンペでの誘いを受け、コンペに参加させてもらいました。
誘いを受けたデザイン事務所の上に代理店A社があり、そのA社が下着メーカーの元請けという関係でした。

そのコンペで私のデザインが採用決定し、翌年1998年に商品が発表され、現在もその商品のTV-CMをはじめ広告全般、ラジオ番組等など13年間、変わらず使用されています。

採用決定の当時は著作の譲渡やライセンス等の契約もなく、採用料として15万円とその商品のパッケージを含む販促ツールのデザイン制作をやらせていただきましたが、それ以降まったく下着メーカーの仕事はしておりません。

その当時の私は、著作やライセンスなどまったく無知であっありました(現在でもそうですが・・)ので正式な譲渡など契約も一切交わさずに現在にいたっております。
その下着メーカーとの間に、元請けの代理店、知り合いのデザイン事務所があり、知り合いの事務所は6、7年前に廃業していますが、元請けの代理店は現在も営業しております。

このような状況で改めて著作権等の譲渡契約とかは可能なのでしょうか?
もし可能であれば、やはり元請けである代理店との交渉になるのか、また、どのような譲渡の契約になるのか、あまりにおおまかな説明で回答のしようがないかもしれませんが、私自身が永く抱えていた腑に落ちないシコリのようなものでこの相談を最後にこの件は封印しようと決めています。

何卒、よろしくお願いいたします。

はじめまして、
私は、現在46歳でグラフィックデザインを1995年より個人でやらせていただいております。お恥ずかしい話なのですが、ある有名下着メーカーの主力商品のロゴマークをデザインした事でのご相談をさせていただきたく投稿させていただきました。

14年前というかなり年月が経つ内容ですのでどうにもならないのかもわかりませんがよろしくお願いいたします。

その下着メーカーの商品のロゴマークは1997年に、当時の知り合いのデザイン事務所よりデザインコンペでの誘いを受け、コンペに参加させてもらい...続きを読む

Aベストアンサー

○このような状況で改めて著作権等の譲渡契約とかは可能なのでしょうか?


その譲渡契約はどういう目的で締結するものでしょうか。要するに、対価が低すぎたと思うので、もう一度契約しなおして値段交渉をしたい、ということでしょうか。


もちろん当事者が任意に合意すれば、契約をもう一度結びなおして対価に関しても改めて決める、ということは可能です。しかし、質問文での経緯をみると、おそらく、もう13年前に、著作権は質問者さんからメーカーに、採用料15万円を対価として譲渡されたはずだから応じられない、という反論をされると思います。


そのときに、質問者さんの方でどれだけ主張のできる材料があるのか、ですね。13年間、特に文句を言わず、料金も請求せずに黙っていたのは、譲渡していた証拠ではないか、と言われたときに、積極的に反論できますか。


なお、譲渡はしたけどやっぱり後から考えたら対価が低かったので再交渉したい、というのは、法律的には通らない話です。一度合意したものを後から一方が覆すことはできません。ちなみにナイキのマークのデザイン料は35ドルだったそうですよ。http://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%83%8A%E3%82%A4%E3%82%AD

いずれにしても、紛争の類型としてはよくある話です。さいきんではひこにゃんのデザイナーが権利の帰属を争いましたね。最終的には和解で終わったようです。質問者さんも、とりあえず、交渉をもちかけてみる、あるいは法的手段を使う、ということも可能でしょう。ただ、結果は保証しません。

○このような状況で改めて著作権等の譲渡契約とかは可能なのでしょうか?


その譲渡契約はどういう目的で締結するものでしょうか。要するに、対価が低すぎたと思うので、もう一度契約しなおして値段交渉をしたい、ということでしょうか。


もちろん当事者が任意に合意すれば、契約をもう一度結びなおして対価に関しても改めて決める、ということは可能です。しかし、質問文での経緯をみると、おそらく、もう13年前に、著作権は質問者さんからメーカーに、採用料15万円を対価として譲渡されたはずだから応じら...続きを読む

Q「あまのじゃく」に相当する英語は?

和英辞書を引いてみますと、色々な英語が出て来ます。
perverse or cussed person; contrarian とか。
それらの英語を逆引きすると、「つむじ曲がりの」とか「意固地な」とかの日本語になって、本来の日本語の意味の「あまのじゃく」に相当しません。

皆がこう言ったらいつも反対あるいは、別のことを言いたがる人。あるいは、何かが評判になったりして、多数の人がそこに殺到する時、その風潮に絶対に乗ろうとしない人。

私が捉えている「あまのじゃく」ですが、こんな性格の人は英米圏には殆んどいないから、それに相当する英語がないと言うことでしょうか?
もし、近い英語があれば教えて下さい。

宜しくお願いします。

Aベストアンサー

 yes-man, yes-sayer(はいはいと言うことを聞く人)の対義語、no-man, no-sayer(違う違うとごねる人)が近いだろうと思います。

Qロゴやネーミングなどのコンペでの、第三者の著作権や商標の侵害について。

ロゴやネーミングなどのコンペでの注意事項に、
「自身(応募者)が作った未発表のもので、第三者の作品と類似でないもの、第三者の著作権などの権利を侵さないもの。もし、採用後に第三者に訴訟などをおこされた場合は賠償をお願いします。」
といった感じのような事がかかれていることがありますが、

ロゴやネーミングの権利に関する調査は専門的な知識を持ち合わせていないと完璧にはできないことのように思えるのですが、
たとえ、盗作したつもりがなく完全に自身(応募者)で考えて応募したものでも、
偶然、第三者の権利を侵害してしまい、訴訟が起こった場合は、作品を採用したコンペの募集主ではなく、
自身(応募者)が賠償しなければならないのでしょうか。

私は自分のオリジナル作品をコンペに応募したくても、
偶然、第三者の権利を侵害してしまっていないかということが不安で、
応募ができません。
なので、質問をさせていただきました。

回答お願いします。

Aベストアンサー

>自身(応募者)が賠償しなければならないのでしょうか。
主催者がそう主張する場ならそういうことでしょね。
めんどくさいことには関わりたくないカンジの主催者、って印象が。

>ロゴやネーミングの権利に関する調査は専門的な知識を持ち合わせていないと完璧にはできないことのように思えるのですが、
そう思うならその専門知識を仕入れるか、専門知識を持つ業者に依頼するなどに調査依頼すればいいだけのことです。
専門知識をもたない者を排斥する目的のルールではありません。

>盗作したつもりがなく完全に自身(応募者)で考えて応募したものでも、
つもりがなくても、先に意匠登録されてるとか特許申請されてるなら
質問者さん側の調査不足なのですから、つっこまれてもしかたありません。

商標や意匠デザインが先に登録申請されてるのに、それを知らずに似たもの持ってって
「一生懸命考えて作りました」とか主張したって認められませんよそんなの。

>偶然、第三者の権利を侵害してしまい、
先に私が作った、と主張する者が現れてもその証拠を示せなければ大丈夫です。
それは例えば意匠登録や特許申請などされてれば示せますが。
そういう意味で、認められないっぽいけど、などど自信がなくても申請しとくのは
有効な手段なんですが。

>自身(応募者)が賠償しなければならないのでしょうか。
主催者がそう主張する場ならそういうことでしょね。
めんどくさいことには関わりたくないカンジの主催者、って印象が。

>ロゴやネーミングの権利に関する調査は専門的な知識を持ち合わせていないと完璧にはできないことのように思えるのですが、
そう思うならその専門知識を仕入れるか、専門知識を持つ業者に依頼するなどに調査依頼すればいいだけのことです。
専門知識をもたない者を排斥する目的のルールではありません。

>盗作したつもりがなく完...続きを読む

Qあまのじゃくな男性

中学生男子に
あまのじゃくな人は結構いますか?

あと中学生男子は
普通に女子の肩に触れたりは
するもんですか?

回答お願いします(*´∇`*)

Aベストアンサー

中学生はあまのじゃくが多い年代でしょう。

女の子に対し興味が無いようなふりをしたり、悪態をついたり。

肩に触れるのはある程度親しいしるしだと思います。

Q著作権・意匠権・商標権の侵害になるかどうか? 長文

タイトルの件についての質問です。
著作権と意匠権の保護に該当する物は
私的利用の複製が許されている(権利者はそれを制限できない)と解釈したのですが
私的として許される範囲の判断に窮しています。

以下の事例がいずれかの権利侵害となるかどうかお聞かせ下さい。
ダメな場合も良い場合も、その判断についての法的根拠も同時に記載頂ければ幸いです。
対象物の権利保持者が日本(国民・会社)、イギリス、フランスの場合を知りたいです。
いずれかのみでも構いませんのでご回答ください。
事例はすべて、権利者には無断で行うことが前提です。

1. 包装紙やプリント生地の絵柄を、
コピー(スキャンや撮影等)して葉書に印刷し自分の家族と友人数名に送った。
(送った相手が使用できるようにプレゼントした、ではなく
作成したその葉書や印刷物を自分が送ったとき。
たとえば自分が差出人となる年賀状などに印刷した場合。
絵柄の中にはキャラクターや商標に該当するマークが含まれない)

2. 上の事例で、絵柄の中にキャラクターや商標に該当するマークが含まれる場合。

3. 包装紙やプリント生地の絵柄を、
コピー(スキャンや撮影等)して自分のブログやホームページに掲載して紹介した。
(絵柄の中にはキャラクターや商標に該当するマークが含まれない)

4. 上の事例で、絵柄の中にキャラクターや商標に該当するマークが含まれる場合。

5. 包装紙やプリント生地の絵柄を、
コピー(スキャンや撮影等)して印刷したものを使用してクラフト作品を作り
その作品の作り方や写真を自分のブログやホームページに掲載して紹介した。
(絵柄の中にはキャラクターや商標に該当するマークが含まれない)

6. 包装紙やプリント生地の絵柄を、
コピー(スキャンや撮影等)したものやそれを印刷したものを使用した作品を、
自分が個人経営している店の包装等に使用した。
(ある個人経営のネットショップで実際に見た事例です。
これは営利目的に含まれると思うのですが。)

7. 有名なメーカーのぬいぐるみや人形を撮影し、ブログやホームページに掲載して紹介した。
(ぬいぐるみや人形は撮影者の所有しているもの。ブログやHPも撮影者名義のもの。)

英・仏の法律も出来る範囲で調べた限りでは
営利目的でない、個人・私的利用目的の複製ならば許される記述がありました。
ただ、やはり私的利用というのはどこまで?というのが難しいです。
専門家の方からご意見が頂ければと思い投稿しました。
付け焼刃な知識の為、表現がおかしかったりするかもしれません。
また、解釈自体が間違っている場合はその旨ご教示頂ければ幸いです。
宜しくお願い致します。

タイトルの件についての質問です。
著作権と意匠権の保護に該当する物は
私的利用の複製が許されている(権利者はそれを制限できない)と解釈したのですが
私的として許される範囲の判断に窮しています。

以下の事例がいずれかの権利侵害となるかどうかお聞かせ下さい。
ダメな場合も良い場合も、その判断についての法的根拠も同時に記載頂ければ幸いです。
対象物の権利保持者が日本(国民・会社)、イギリス、フランスの場合を知りたいです。
いずれかのみでも構いませんのでご回答ください。
事例はすべて、権利者...続きを読む

Aベストアンサー

「自分のブログやホームページに掲載して」はすべてアウト。(公衆送信権の侵害)
 
「自分が個人経営している店の包装等に使用」はアウト。(営利目的)
 
1.と2.
セーフ
 
3.~7.
アウト
 
一般的に、私的利用とは「特定かつ少数の人間が非営利に利用する事」を言います。
 
不特定であれば少数でもアウト。特定でも多数ならアウト。特定かつ少数でも営利ならアウト。
 
この場合の「少数」とは、家族と言える人数(2~6人程度)を、「特定」とは、家族や限定的な知り合いなど明確に誰なのか判明している人を言い、「非営利」とは業として営まず利益を目的としない事を言います。
 
例えば、自分の趣味や嗜好のため、ボランティア活動のため、教育のため、など。
 
但し、私的利用であっても、ネットで写真や画像を公開すると「公衆送信権の侵害」になりアウトなのでご注意を。
 
なお「千葉にある鼠の王国関係」と「未来から来た青いネコ型ロボ関係」と「見た目は子供な高校生探偵関係」だけは、私的利用であっても文句を言ってきて無断使用で損害賠償請求をしてくるので注意が必要。

Qあまのじゃく・・・

なんとなく、あまのじゃくな性格です。
この性格ってどうしてこうなるの?
解決する方法とかありますか?

Aベストアンサー

同じくあまのじゃくです(笑)
#1さんのおっしゃること、確かに当たってるような気が・・・。
私は最近は、思わず言い返してしまっても
後で家に帰ってから反省をするようにしています(笑)
あまり役に立つか分かりませんが
参考程度に読んでおいていただけるとありがたいです。

Q意匠登録していない看板のマークは、商標、著作権、何で保護される?

看板のマーク(商品名や会社名を示す図形や文字)を意匠登録していない場合、看板のマークは、商標、著作権のうち、何で保護されるのでしょうか?

例えば、スターバックスの看板マークを商標登録していた場合でも、商標法上は、商標は商品または役務に付すものと定義されているので、商標権の保護範囲に含まれないので、他社が類似したマークの看板をだしても、商標権侵害にはならず、不正競争防止法で争うしかないのでしょうか?

また、商品名や会社名を商標で登録していても、他社が類似したマークの看板をだしても、商標権侵害にはならず、不正競争防止法で争うしかないのでしょうか?

また、看板のマークは著作物として、著作権で保護されないのでしょうか?

Aベストアンサー

意匠登録は工業製品のデザインを保護するものですから、看板のデザインや企業のロゴマークを意匠登録することはできません。

著作物としては保護されますが、著作権の場合、似ているだけでは、著作権侵害とは言い切れない場合が多いです。

個人的には、不正競争防止法で保護されるので、問題ないと思います。(商標は、使用しているから保護する価値があるのであって、必ずしも日本のような登録主義がいいとは思えません)


人気Q&Aランキング