人に聞けない痔の悩み、これでスッキリ >>

今年の3月上旬頃、箱根にちょっとした小旅行をしに行きました。その時箱根登山鉄道鉄道線(以下「箱根登山電車」と記す)の時刻表(本当は「小田急電鉄時刻表2004年12月11日改正号」の中の箱根登山電車の時刻表ですが)を見てその列車番号に疑問を持ったので質問します。

箱根登山電車の列車番号は
100番台:小田原~箱根湯本間の区間運転
200番台:小田原~強羅間の全区間運転
400番台:箱根湯本~強羅間の区間運転
奇数:下り(小田原→箱根湯本→強羅)
偶数:上り(小田原←箱根湯本←強羅)

となっていますが、何故300番台はないのでしょう?300番台は過去に存在したのでしょうか、もし存在していたならどのような列車に使われているんですか?またこの他にも列車番号はあるのでしょうか?ご存じの方、ご回答願います。

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (1件)

300番台は小田急の特急ロマンスカー、はこね号が現在使用しています。


特急に限らず、小田急からの直通列車はすべて小田急の列車番号がそのまま使用されているので、それに被らないよう箱根登山の列車番号が設定されていると思います。
また、今年の3月17日をもって箱根登山鉄道の車両は箱根湯本-強羅間の運転のみになり、小田原-箱根湯本はすべて小田急の車両を使用しています。
現状の列車番号の割り当ては以下のようになっていると思います。
0番台~300番台:特急「はこね」
400番台:箱根湯本~強羅間の登山電車
700番台:特急「スーパーはこね」
900番台:特急「ホームウェイ」
1000番台:小田急の急行のうち、新松田-小田原を通過するもの
2000番台:小田急の急行のうち、新松田-小田原間の各駅に停車するもの
6000番台:小田急からの各駅停車
7000番台:急行列車を新松田駅で6両と4両に分割、残った4両を新松田-箱根湯本間を各駅停車として運転するもの

http://ekikara.jp/newdata/line/1402011/down-1_1. …
http://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%81%AF%E3%81%93% …
http://ja.wikipedia.org/wiki/%E5%88%97%E8%BB%8A% …
    • good
    • 0
この回答へのお礼

回答ありがとうございます。なるほど小田急線と合わせてたんですね。直通運転を開始する1950年以前からそうだったんでしょうかね。

お礼日時:2007/05/06 22:09

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人が検索しているワード


人気Q&Aランキング