浅田次郎さんのプリズンホテルのような、笑いながら泣けるようなハートフルコメディーの小説を教えて下さい

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (4件)

 浅田次郎の『きんぴか』『プリズンホテル』の両シリーズを読み始めて10年以上になると思いますが、このジャンルで浅田次郎を超える作者にはなかなか出会えないですね・・・。



 最近、面白くて、少しだけホロリという作品をいくつか・・・。

○奥田 英朗 著
 (精神科医伊良部シリーズ・・)
 『イン・ザ・プール』
 『空中ブランコ』

http://www.amazon.co.jp/gp/product/416771101X/sr …


○荻原 浩 著
『神様からひと言』
『オロロ畑でつかまえて』 
  http://www.amazon.co.jp/gp/product/4334738427/sr …


○池永 陽 著
『コンビニ・ララバイ』
『走るジイサン』

http://www.amazon.co.jp/gp/product/4087478297/sr …
    • good
    • 0

池上永一さんで「バガージマヌパナス」は如何でしょうか。


わらわら笑って、潮風が目にしみるほどに泣ける小説です。
まさしくリクエストにぴったりの小説だと思うのですが。
私では、それ以外にそういったハートフルコメディーの小説が思い浮かびません。浅田次郎さんは他にもそういったのを書かれているのですが、それ以外の作者だとなかなか…。
「バガージマヌパナス」はタイトルだけだとちょっと興味が湧きにくいのですが、「我が島の話」というほどの意味です。
文春文庫ででています。
    • good
    • 0

同じ浅田次郎の「椿山課長の七日間」「きんぴか」はどうでしょうか?


「椿山課長の七日間」単巻
死んだ課長が七日間の期限付きで美女の肉体に宿って現世に戻る話
「きんぴか」全3巻
個性的で価値観もバラバラな3人が組んで復讐する話

吾妻ひでお
「失踪日記」単巻
自殺未遂、路上生活、肉体労働、アルコール中毒、強制入院等
本人の体験談ですが笑って泣けます。
    • good
    • 0

浅田次郎さんのそれは知らないので


どういうものを望んでいるのか自信が無いですが・・・

中村うさぎ
「さびしいまる、くるしいまる」
は、いかがでしょう。
ホストに狂った著者の私小説です。
最近文庫化されました。
    • good
    • 0

このQ&Aに関連する人気のQ&A

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Q浅田次郎「プリズンホテル」について

「プリズンホテル」シリーズの1冊目を読んだのですが、よく理解できなかったので教えてください。
・最後に主人公と母親が再会しますが、あれは何だったのですか?幽霊?
・仲おじを殺そうとしたのは誰だったのですか?
・最後に支配人やコック、宿泊していた夫婦達がプリズンホテルを気に入ったようですが何に心をうごかされたのでしょう?
ザッと読んだので読みおとしがあるのか、読解力が足りないのか分かりませんが宜しくお願いします。

Aベストアンサー

>・最後に主人公と母親が再会しますが、あれは何だったのですか?幽霊? ⇒
 前段に本当の幽霊が出たり、確かに帳場の女将さん(母親)について思わせぶりな表現(死人の手のように、浴衣の足から膝へ、・・・)があったので誤解されたのでしょうか、実の母親は生きています。母親まで幽霊だったら泣けないですよね。母親ちえと番頭の黒田は若い頃に、まだ子どもだった主人公「木戸孝之介」を捨て、駆け落ちして一緒になりました。最終話(第4巻)『プリズンホテル 春』まで母親は登場しますよ。

>・仲おじを殺そうとしたのは誰だったのですか?
 ⇒ 全部読み返していないので自信がありませんが、このヒットマンはこの場面にしか登場していないのではないかと。つまり、対立する組かなんかの「名無しのヒットマンA」というところでしょうか。ただ、浅田次郎は、このヒットマンAと彼を殺した政男(清子の元夫)についても「ひとつの命が消え、ひとりの男が涯もない暗闇に落ちて行くという、巌のような事実しかなかった。」と鎮魂の一行を入れています(私の勝手な解釈ですが)。

>・最後に支配人やコック、宿泊していた夫婦達がプリズンホテルを気に入ったようですが何に心をうごかされたのでしょう?
 ⇒ ここはもう「言うだけ野暮」と言いますか、それがわかっていただけないのならば、筆者の言うとおり「なにぶん新人のツアーコーディネーターですので、お気に召さぬ点はなにとぞご容赦くださいませ」としか言えません。ただもし少しでも面白いとお感じいただけたのなら、プリズンホテルの一ファンとしては、「続く秋、冬、春にもぜひ起こしいただければ屹度当ホテルのいいところを見つけていただけるのではないか」と申し上げたいです。

 私の手元にあるのは10年以上前の単行本(『プリズンホテル』)ですので、加筆修正等の有無はわかりませんのでご容赦ください(文庫版では題名が『プリズンホテル(1)夏』に変っているみたいですね)。

>・最後に主人公と母親が再会しますが、あれは何だったのですか?幽霊? ⇒
 前段に本当の幽霊が出たり、確かに帳場の女将さん(母親)について思わせぶりな表現(死人の手のように、浴衣の足から膝へ、・・・)があったので誤解されたのでしょうか、実の母親は生きています。母親まで幽霊だったら泣けないですよね。母親ちえと番頭の黒田は若い頃に、まだ子どもだった主人公「木戸孝之介」を捨て、駆け落ちして一緒になりました。最終話(第4巻)『プリズンホテル 春』まで母親は登場しますよ。

>・仲おじ...続きを読む

Q浅田次郎さん大好きな方、お奨めの作家さんを教えて!

いろいろつまみ食いしながら好みの作家さんを探しています。
私の好きな作家さんは、以下のような方々で、文庫はたぶんひととおり読んでいると思います。

☆浅田次郎さん(まさに職人!どれも珠玉です・・・)
☆貴志祐介さん(「新世界より」の世界観よかったです・・・引き込まれました)
☆東野圭吾さん(もう10年以上ファンですね~。久々に「天空の蜂」を読み直して、原発の怖さを再認識しました)
☆百田尚樹さん(「永遠の0」無条件に泣けます・・・)
☆宮部みゆきさん(「模倣犯」5巻の長編なのにあっという間でした)

私と小説の好みが似てると思われる方、お奨めの作家さんを教えてください!

Aベストアンサー

こんにちは。

百田尚樹さん以外の方の本は、ほとんど読んでいます。

純文学が苦手で雑食です。ミステリーが好きですが、結構時代物も好きです。


誉田哲也  ストロベリーナイト 他 姫川玲子シリーズ、ジウ I~III、妖の華、歌舞伎町セブン

矢口敦子  家族の行方、償い、証し、傷跡、赦し

拓未司   禁断のパンダ、紅葉する夏の出来事

乃南アサ  凍える牙、花散る頃の殺人 他 女刑事 音道貴子シリーズ、ボクの町 他 新米巡査の高木聖大シリーズ、 禁猟区

道尾秀介  向日葵の咲かない夏、シャドウ 他

帚木蓬生   閉鎖病棟、安楽病棟、受精、臓器農場、アフリカの蹄、聖灰の暗号(上下)

重松清    希望が丘の人びと、カシオペアの丘で、小学5年生、あの歌がきこえる 他

港かなえ  告白 他   


「時代物」 ・・・ 普段読むのは、女性作家(宇江佐真理、森真沙子、北原亜以子等)が多いのですが・・・。

畠中恵    しゃばけシリーズ 他

乙川 優三郎   桐の橋、喜知次 、屋烏、五年の梅 他


私も百田尚樹さんの「永遠の0」、早速読んでみようと思います。

こんにちは。

百田尚樹さん以外の方の本は、ほとんど読んでいます。

純文学が苦手で雑食です。ミステリーが好きですが、結構時代物も好きです。


誉田哲也  ストロベリーナイト 他 姫川玲子シリーズ、ジウ I~III、妖の華、歌舞伎町セブン

矢口敦子  家族の行方、償い、証し、傷跡、赦し

拓未司   禁断のパンダ、紅葉する夏の出来事

乃南アサ  凍える牙、花散る頃の殺人 他 女刑事 音道貴子シリーズ、ボクの町 他 新米巡査の高木聖大シリーズ、 禁猟区

道尾秀介  向日葵の咲かない夏、...続きを読む

Q浅田次郎さん

の作品の中で「王妃の館」が最も好きだという方、
おすすめの小説を教えてください!
浅田次郎さんの作品でもそれ以外でも☆

Aベストアンサー

浅田次郎さんは「小説の職人」ですから、基本的にありません。
天切り松、きんぴか、オーマイガァーッ、プリズンホテルetc
「王妃の館」の流れで行くと、そのあたりは、どれを読んでも面白いです。

「小説の職人」という感覚で、読んで面白い作家・作品としては、

ロアルド・ダール 「オズワルド叔父さん」

ナンセンスで面白いです。
「チョトレート工場…」の映画化で見直されているダールは短編も面白いですが、このオズワルド叔父さんというキャラは笑えます。名前は忘れましたが、他の作品にも登場します。

Q浅田次郎「勇気凛凛ルリの色」民子について。

浅田次郎さんのエッセイ、「勇気凛凛ルリの色」
についてお訪ねします。

浅田さんが脚本を書いたマルハペットフードのCM「民子」。
民子は実際に浅田さんが飼っていたネコの名前だと聞きました。
そのエピソードが「勇気凛凛ルリの色」というエッセイに
載っているらしい、というところまでは調べたのですが、
同名のエッセイが複数あるので、どこに民子のエピソードが
載っているのか、分かりません。

お恥ずかしい話、浅田さんの小説をそれほど知らないので、
エッセイを片っ端から買う…というのをためらっています。
出来れば、民子の話を読んでから、他のエッセイも、と
思っているのですが。

このエッセイをお持ちの方、教えて頂けませんでしょうか。
よろしくお願いします。

Aベストアンサー

 こんにちは。
 2巻の「四十肩と恋愛」篇の中の「禽獣について」に載ってます。
http://books.yahoo.co.jp/book_detail/19889533
http://books.yahoo.co.jp/book_detail/30648850
浅田次郎さんのエッセイすっごく面白いです。何巻からでも面白く読めますので、ぜひ読んでみて下さい。
 ちなみに私も民子のCM大好きでした。こんな本もありますよ。絵本でも十分泣けます。
http://books.yahoo.co.jp/book_detail/30881738
雑誌「猫びより」2001年4月号に「浅田次郎『私の民子』」という特集が組まれてます(お持ちでしたらすみません)。民子を実際に演じた猫ちゃんも載ってますよ。
 ご参考までに(^o^)。

Q有川浩さんの「キケン」のような小説

有川浩さんのキケンのような、ハチャメチャで青春!って感じでおもわず笑っちゃうような小説を教えて下さい。

Aベストアンサー

「階段途中のビッグ・ノイズ」(越谷オサム・幻冬舎文庫)先輩が逮捕されてしまったために、廃部を宣言された軽音部。幽霊部員だった同級生と一緒に、復活を目指すけれど、部員は集まらず……。音楽青春もの。
「昆虫部」(椙本孝思・幻冬舎)昆虫になんて全く興味のない孤高の高校生、小栗颯太郎は、昆虫部に誘われて、ちょっとのぞいてみるつもりだっただけだった。それなのに、いつのまにか企画の主催者として……まきこまれ型部活青春もの。
「少年少女飛行倶楽部」(加納朋子・文藝春秋)中学に入学した海月は、くされ縁の可愛い樹絵里に無理やり飛行クラブに入れさせられる。自らの力を空を飛ぶことを目指す飛行クラブは、どうやって空を飛ぶのか?


人気Q&Aランキング

おすすめ情報