システムコンサルタントって一体どんな仕事をする人なんでしょうか?
コンサルタントってぐらいですから、問題解決の提案みたいなことを
するんだと思うんですけど、それってSEと違わないのですか?
それとも、SEの経験の元にシステムコンサルタントという仕事が
成り立つというか、できるのでしょうか。
よくSEのゴールの一つがシステムコンサルタントだと聞くのですが…

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (1件)

簡単に言うとSEの「E」はエンジニアなんで、技術的なことを担当して実際に働きます。



システムコンサルタントは、コンサルタントですから口ばっかりであまり動きません。

SEは、要望をもっとも良い形で「実現」する。
システムコンサルタントは、クライアントの要望と企業を取り巻く環境をかんがみて最良のものを「提案」する。

当然ですが、境界線はあいまいです。出来るSEはコンサルタント顔負けですし、優れたコンサルタントは、経営戦略まで届く広い視野を持っています。

一番簡単な使い方は、システムをつくるときに両方を別の会社に依頼し、お互いをけん制させていい仕事をさせます。SEしかいないとなんかまずいことがあると理屈を並べてごまかすでしょ。(SEの方失礼!)
    • good
    • 0

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Q【仕事】仕事が無くなると人間は新たな仕事を生み出すので、仕事は無くなっていくべきだという思想の人がい

【仕事】仕事が無くなると人間は新たな仕事を生み出すので、仕事は無くなっていくべきだという思想の人がいます。

いまやっている仕事はコンピューターやロボットがしていくと単純労働者の仕事は無くなっていく。

その単純労働をしていた頭の悪い人たちが本当に新しいビジネスを作っていく力があるのか懐疑的です。

みなさんはどう思いますか?

単純労働は無くしていくべきだと思いますか?

Aベストアンサー

論理的ではありますが、そう簡単にはいかないでしょう。そもそも論理こそ至高と言う考えが個人的には受け付けません。
これだけパソコン、スマホが普及しても新聞が無くならない辺りに答えはありそうですが

Q何故仕事には必ず目的があってこのときはどうすればよいとかどうしたらゴールにたどり着く?になるのですか

何故仕事には必ず目的があってこのときはどうすればよいとかどうしたらゴールにたどり着く?になるのですか?
2つ目自分の知りたい情報はどうすればゲット出来ますか?教えてください‼

Aベストアンサー

「目的」に向かい「目標」を定めて進んでいく中では、クリアする目標はひとつとは限りません。また、ひとつの目標をクリアした時点で、目的に向かう道筋がいくつも枝分かれする事もありえます。

その人の能力や目的の大きさによって、目的へのアプローチの違いもあるでしょう。大きな目標をクリアして一足飛びに目的に向かう方法もありますし、細かい目標をいくつも設定し、地道にクリアする事で着実に目的に向かう方法もあります。

ただ、重要な事は「二兎追うものは一兎も得ず。」ということです。複数の目的を目指して目標を掲げる事は困難です。ひとつの目的に対して、必要な目標を掲げクリアしていくことが大事です。
また、ひとつの目標を達成しても目的に近づかない場合もありえます。今向かっている目標よりも別の目標を叶えた方が、早く目的を叶える事もあるでしょう。大きな目的を叶える為には、進む方向を見極めて、目標を常に更新する事も必要となります。

大きな目標に向かい挫折したとしても、目的を見失わない事が大事です。目的を見失う事がなければ別のアプローチを試みる事は可能ですから
「目標」は「目的」に至るための過程なので、目標をクリアしなければ目的には近づく事はできません。先ずは目的に向かって、クリアすべき目標を立てる事です。目標は大きくなくても良いのです。自分がクリアできる範囲で目標を立て、目的を見失わずにいくつも目標をクリアしていきましょう。

目標をクリアする過程で、目的の見え方、捉え方が変わってくる事も考えられますので、常に目的を見据えることを忘れずに行動する事です。

★ ゴールに到達するには結果を出すこと。
1】「いつか」を捨てて「今」行動をすること。
2】依頼に対して0.001%でも期待を上回ること
3】「再現性」を意識して仕事をすること
4】徹底的に「できる人」の真似をすること
5】自分のための結果ではなく、チームのための結果を意識すること

「目的」に向かい「目標」を定めて進んでいく中では、クリアする目標はひとつとは限りません。また、ひとつの目標をクリアした時点で、目的に向かう道筋がいくつも枝分かれする事もありえます。

その人の能力や目的の大きさによって、目的へのアプローチの違いもあるでしょう。大きな目標をクリアして一足飛びに目的に向かう方法もありますし、細かい目標をいくつも設定し、地道にクリアする事で着実に目的に向かう方法もあります。

ただ、重要な事は「二兎追うものは一兎も得ず。」ということです。複数の目的...続きを読む

QSE:他人に自分の仕事内容をうまく説明できない…みなさんはどうやって言いますか?

私は人に職業を説明するとき、一応SEだと答えます(本来の意味ではSEにはまだ遠いひよっこですが…)
この業界のことを全く知らない友人や、両親に未だにうまく説明できません。
「プログラムをやっている」と言っても、具体的に全くイメージできないようで、
何を作ってるの?どういうこと?と聞かれます。

実際に私がやっているプログラムは、バッチで動くものだったり(画面がなく、データ伝送のみとか…)
一般の人にはイメージしづらいであろうものばかりですし、実際大きなシステムでも私の担当はとても地味な部分だったりします。

そういうのをいちから説明しようとすると、どうしてもおもしろくない話になってしまう上、わかりづらいので、
最近は、世の中に一般的に目にとまるシステム(ATMとかネットショッピング)などを例にだして、
「例えばああいうことよ」と、実際の私がやってるものとは全然違いますが、そうやって説明することが多いです。

また、構築・運用なども担当していたことがありますが、
その場合も、うまく説明できません…。

両親も友人もきっと"なにやらPCで難しいことをやってる"くらいにしか思っていないと思います。
普段はそれでいいのですが、SEの仕事について興味深くきいてくれる友人などには、
うまくつたえられなくて申し訳ないなぁ…と思います。
また、美容院とかで聞かれたときにもちょっと困ってしまいます…。
プログラム・開発・運用・構築・テスト・本番…などなど用語も通じませんし。

みなさんはどのように説明されてますか?

私は人に職業を説明するとき、一応SEだと答えます(本来の意味ではSEにはまだ遠いひよっこですが…)
この業界のことを全く知らない友人や、両親に未だにうまく説明できません。
「プログラムをやっている」と言っても、具体的に全くイメージできないようで、
何を作ってるの?どういうこと?と聞かれます。

実際に私がやっているプログラムは、バッチで動くものだったり(画面がなく、データ伝送のみとか…)
一般の人にはイメージしづらいであろうものばかりですし、実際大きなシステムでも私の担当は...続きを読む

Aベストアンサー

>「プログラムをやっている」

という言い方からして理解できない人には理解できないんじゃないんでしょうか。
プログラムを作っている、とか言ったほうが良いのでは。

コンピュータシステムの中のほうで動いているもの。
裏方で動くシステムだから目には見えないけど裏で動いている、とか。


>また、構築・運用なども担当していたことがありますが

いろんなコンピュータやらソフトやらを組み合わせてシステムを作って、それを動かしたり管理する仕事。


>また、美容院とかで聞かれたときにもちょっと困ってしまいます…。

「んー、コンピュータ関係の技術者です」
ぐらいでいいんじゃないでしょうかね。
そこらへんにあるのでなくて会社や工場(→たとえばですが)の中にあるような、業務用の地味なヤツです、とか。

私は事務員ですが、勤務先がまあIT関係と言えばIT関係なので、ちょっと前は「ホリエモンみたいなの?」とか言われて「いや~、違う、そういんじゃないんだけど」
当社のSEはSEといってもプログラマでないので、ちょっと解る人に対しては「売った製品のサポートとかなので、作るほうではない」みたいな説明になるでしょうか・・・・。
システムエンジニアでなくサービスエンジニアだと言ってる人もいます。


実際どういうものをやってらっしゃるのか分かりませんが、たとえば、「工場の中で機械を動かす仕組み」とか「研究データを処理する仕組み」とか、その程度の大雑把な説明でいいと思います。

「画面がなく、データ伝送のみとか」ぐらいは通じるんじゃないでしょうか。「絵はなくて、文字ばっかりです」とか(この説明は不正確でしょうけど)

電子的なものは目に見えないので、よく解らないんですよね。
(私は昔、CD-ROMを見せられて「この中に入ってます」と言われたらちょっとすっきりしました)

正確さよりアウトラインを示せればいいんだと思います。

>「プログラムをやっている」

という言い方からして理解できない人には理解できないんじゃないんでしょうか。
プログラムを作っている、とか言ったほうが良いのでは。

コンピュータシステムの中のほうで動いているもの。
裏方で動くシステムだから目には見えないけど裏で動いている、とか。


>また、構築・運用なども担当していたことがありますが

いろんなコンピュータやらソフトやらを組み合わせてシステムを作って、それを動かしたり管理する仕事。


>また、美容院とかで聞かれたときにも...続きを読む

Q仕事はしたいのに、仕事がないんです

小さな会社なんですが、事務員が5人で、それぞれ一人だいたい決まった仕事があるんですが、私の仕事は午前中で終わってしまいます。

古い順だと、一人は経理、一人は総務的なこと、私、一人は経理補助、一人は新人で雑用。
午前中の仕事を終えると、いつも手伝えることがないか尋ねますが、「特にない」と言われます。
総務的なことをしている人の補助的なことや、今まで私がしていた雑用は全て新人の人の仕事になってしまいました。

どうにか仕事を見つけてしていても、それは全てパソコンに向かったり、書いたりと、地味な仕事です。
その事に不満がありませんが、以前、ボーナス・給与の査定の際に、「雑用を頑張っても、地味な仕事をしても、上司からは良い評価は得られない。するなら、派手な仕事をした方がいい。」と言われました。

派手な仕事?と思いましたが、したくても与えてくれないし、自分からもアピールはしたつもりです。
私と新人の人以外は、取引先から電話が来たり、対応したりして、上司から見れば、「こういうことが派手な仕事。と思っているのかな?」と思いました。
他の人に聞いた所、上司はそういうところを『派手な仕事』と思っているそうです。
そういう判断をする会社だと、ここままでは、次の査定でも、良い評価は得られないし、仕事をしていないと思われてしまいます。

正直、こういう環境だと、自分が埋もれてしまうような気がしてしまいます。
転職を考えるべきなのか、今の会社でもっとこうすべきと言ったアドバイスを頂けると嬉しいです。

小さな会社なんですが、事務員が5人で、それぞれ一人だいたい決まった仕事があるんですが、私の仕事は午前中で終わってしまいます。

古い順だと、一人は経理、一人は総務的なこと、私、一人は経理補助、一人は新人で雑用。
午前中の仕事を終えると、いつも手伝えることがないか尋ねますが、「特にない」と言われます。
総務的なことをしている人の補助的なことや、今まで私がしていた雑用は全て新人の人の仕事になってしまいました。

どうにか仕事を見つけてしていても、それは全てパソコンに向かったり...続きを読む

Aベストアンサー

 今のままでは例え転職しても、工場の作業でもないと評価は上がりません。

 経営層から見た「良い仕事」とは、以下のようなモノでしょうかね。
(1)企業価値が上がる仕事
(2)業績の上がる仕事
(3)顧客満足度が上がる仕事
(4)経費削減ができる仕事

 上司に業務提案をするなら、その効果、その為に必要なモノ(人・金・物・時間)などを整理して提案する事が不可欠だと思います。

 取引先とのやり取りが、いくら多くても業績に結びつかなければ無意味ですからね(コネを築く事は利点ですけど)

 上司が無視できない良い提案を出せなければ、リストラ候補のリストに載る時代ですね。

 「やる気」を見せるだけでは評価されない社会です。(やる気は不可欠ですけどね)

Q盛和塾は一体何を教えているんでしょうか。

社長が時々「盛和塾」というところへ行ってます。
どうやら経営者のための塾らしいのですが、時々、奇妙な発言をするため、「これは盛和塾の受け売りなのだろうか」と思うことがあります。
従業員からいかに労働を搾取するか、とか、そういう事を教えているんでしょうか。

Aベストアンサー

こんにちは。

盛和塾は、当該HPトップの文言として
「経営の王道を学ぶ、企業家のための経営塾」とあります。
京セラや第二電電(現KDDI)の創業者でもあるカリスマ経営者
稲森和夫氏の経営手法や考え方に心酔する方々が
それらを学ぼう、とする団体です。

https://www.seiwajyuku.gr.jp/

稲森氏は「社員の物心両面の幸福を実現する」ことが
経営者には求められている、と唱えているはずですので
「従業員からいかに労働を搾取するか」は真逆の考えです。

「生き方」などベストセラーになった著書もありますが
そこで述べられていることは、企業経営が分からない
一般人でも納得できる、極めて常識的なことです。
尤もその常識的なことすら、様々な人の思惑が絡むと
難しくなるのかもしれませんが。

>時々、奇妙な発言をするため、「これは盛和塾の受け売りなのだろうか」
>と思うことがあります。

具体的な発言がございませんので、何とも言えませんが
おそらく「受け売り」だと思われます。
ただ、「奇妙だ」と思われる、という事は
発言者の言葉と行動(今までの物を含む)が一致していない、とか
理屈では分かるけれど、会社の現状と微妙にずれている、とか
経営者の主張に一般社員がついていけていない、とか
そういう所に要因があるのではないか、と思われます。
稲森氏の大ナタを振るった数々の改革は、経営者と社員が一体となって
初めてなしえたものだ、と、伺ったことがありますので。。。

以上、参考にしていただければ幸いです。

こんにちは。

盛和塾は、当該HPトップの文言として
「経営の王道を学ぶ、企業家のための経営塾」とあります。
京セラや第二電電(現KDDI)の創業者でもあるカリスマ経営者
稲森和夫氏の経営手法や考え方に心酔する方々が
それらを学ぼう、とする団体です。

https://www.seiwajyuku.gr.jp/

稲森氏は「社員の物心両面の幸福を実現する」ことが
経営者には求められている、と唱えているはずですので
「従業員からいかに労働を搾取するか」は真逆の考えです。

「生き方」などベストセラーになった著書もありますが
...続きを読む


このカテゴリの人気Q&Aランキング

おすすめ情報