パリにある旧フランス国立オペラ劇場の建物の大きさ(地上○階、地下○階など)や、
建物の歴史、外観などの写真が出ている日本語のWebサイトを探しています。

よろしくお願いします。

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (1件)

建築家ジャン・ルイ・シャルル・ガルニエの名建築ですね、以前図面があったのですが今は検索しても見られないようで残念です。



幅125メートル、奥行き172メートル、建坪11,200メートル、ドーム上方のアポロン像までの高さ82メートルあります。

もう一つのパリの象徴、ノートルダム寺院の尖塔の高さが68メートルですから、それを凌駕すること14メートルとなります。

とりあえず目に付いたものだけご紹介します。。。中途半端ですみません!!


復刻写真限定販売・・・http://www.maruzen.co.jp/home/irn-fukkoku/mis-fu …

折り紙工房(茶谷先生)・・・http://www5.ocn.ne.jp/~dance/origami.html

オマケ?・・・http://www.franceinformation.or.jp/events/obc/ty …



●現地では正面から左側へ向い、やや斜め側面の辺りにオペラ座の平面図をはめ込んだ[レリーフ]が見られるので是非ご覧下さい。
・・・序でながら、モナコの宮殿風のカジノ・・・あれもガルニエの設計になるものです。。。
    • good
    • 0

このQ&Aに関連する人気のQ&A

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Q耐用年数を過ぎた建物の減価償却費の計算

平成25年1月1日から個人事業主となりました。これに伴い現居宅を事務所兼住宅として使用します。
将来、青色申告する際に経費として建物の償却費を計上することを考えていますが、
問題は建物の法定耐用年数が今年で終了することです。
以下の内容について教えていただけませんか。

前提条件
(1)建物の内容     建物構造  軽量鉄骨ALC造3階建
(2)建築年月      1986年1月(27年経過)
(3)建築費        4000万円

教えていただきたい内容
 1.来年確定申告時(青色申告)に建物の減価償却費を計上するための税務署への申請
  手続きその他。
 2..上記の条件で計算される減価償却額の実額と計算過程。

よろしくお願いいたします。

Aベストアンサー

償却資産を取得し非業務(家庭)用から業務用に転用した場合
1.非業務用期間における減価の額を計算します。
2.転用後の減価償却費の計算をします。

国税庁>タックスアンサー>No.2109 新築家屋等を非業務用から業務用に転用した場合の減価償却の具体的な計算
http://www.nta.go.jp/taxanswer/shotoku/2109_qa.htm


1.転用時迄の非業務期間の減価の額・転用時の未償却残高の計算
(この計算は常に旧定額法で計算します)
非業務期間の減価の額=取得価額×0.9×旧定額法の償却率×非業務用期間。
非業務用の耐用年数、法定耐用年数の1.5倍とし、1年未満の端数は切り捨て。
非業務用期間の1年未満の端数は、6か月以上は1年とし、6か月未満は切り捨て。

転用時の未償却残高=取得価額-非業務期間の減価の額。

国税庁>質疑応答事例>非業務用資産を業務の用に供した場合
http://www.nta.go.jp/shiraberu/zeiho-kaishaku/shitsugi/shotoku/04/17.htm

軽量鉄骨ALC造・住宅用の法定耐用年数が27年の場合、
非業務用の耐用年数、法定耐用年数27年×1.5=40.5年(1年未満の端数は切り捨て) → 40年、
旧定額法40年の償却率は0.025。
非業務用期間は取得年月1986年1月~転用年月の前月2012年12月=27年0か月 → 27年。

非業務期間の減価の額=40,000,000×0.9×0.025×27年=24,300,000円、
転用時の未償却残高=40,000,000-24,300,000=15,700,000円。


2.旧定額法の計算 (平成19年3月31日以前の取得に適用)
償却費=取得価額×0.9×旧定額法の償却率×使用月数÷12。
本年分の必要経費算入額=償却費×事業専用割合%。(←事業用と家庭用に兼用する時は、按分比%を入れ計算)
期末残高=取得価額又は転用時の未償却残高-償却累積額。

取得価額の95%に達する迄は上記の計算式で計算します。

前年の期末残高-取得価額の5%の金額が前年の償却費を下回る年が95%に達する年です。

償却累積額が取得価額の95%に達する年の、
償却費=前年の期末残高-取得価額の5%、
期末残高=取得価額の5%。

95%に達した翌年より、残り5%より1円を控除した金額を5年間で均等償却します。
尚、5年間の均等償却時の「償却の基礎になる金額」は取得価額の5%の金額です。

均等償却費=(取得価額の5%-1円)÷5年≒取得価額の1%、
均等償却5年目の期末残高に1円(備忘価額)を残します。

国税庁>タックスアンサー>No.2105 旧定額法と旧定率法による減価償却(平成19年3月31日以前に取得した場合)
http://www.nta.go.jp/taxanswer/shotoku/2105.htm


1986年1月に4千万円で軽量鉄骨ALC造・住宅用・法定耐用年数27年を家庭用として取得し、
平成25年1月に事務所兼住宅用・事業専用割合?%に転用した時の償却額の計算例。
旧定額法27年の償却率0.037。

H25年~H34年の償却費=40,000,000×0.9×0.037×12か月÷12=1,332,000円。(10年間同一金額)
H25年~H34年の本年分の必要経費算入額=1,332,000×?%=?円。(10年間同一金額)

H25年の期末残高=15,700,000(転用時の未償却残高)-1,332,000=14,368,000円、
H26年の期末残高=15,700,000-1,332,000×2=13,036,000円、
H27年の期末残高=15,700,000-1,332,000×3=11,704,000円、
H28年~H33年の期末残高は計算して下さい、
H34年の期末残高=15,700,000-1,332,000×10=2,380,000円。

H35年、前年の(期末残高:2,380,000円-取得価額の5%:2,000,000円)が前年の償却費:1,332,000円を下回り95%に達する年です。

H35年の償却費=2,380,000-2,000,000=380,000円、
H35年の本年分の必要経費算入額=380,000×?%=?円、
H35年分の期末残高=2,000,000円。

尚、H36年分~H40年分の「償却の基礎になる金額」は取得価額の5%:2,000,000円です。

H36年~H39年の償却費=400,000円、(1%均等償却、4年間同一額、摘要欄へ「均等償却」と記入)
H36年~H39年の本年分の必要経費算入額=400,000×?%=?円、(4年間同一額)
H36年~H39年の期末残高=160万円(H36年)、120万円(H37年)、80万円(H38年)、40万円(H39年)。

H40年の償却費=400,000-1円=399,999円、(摘要欄へ「均等償却」と記入)
H40年の本年分の必要経費算入額=399,999×?%=?円、
H40年の期末残高=1円。

償却資産を取得し非業務(家庭)用から業務用に転用した場合
1.非業務用期間における減価の額を計算します。
2.転用後の減価償却費の計算をします。

国税庁>タックスアンサー>No.2109 新築家屋等を非業務用から業務用に転用した場合の減価償却の具体的な計算
http://www.nta.go.jp/taxanswer/shotoku/2109_qa.htm


1.転用時迄の非業務期間の減価の額・転用時の未償却残高の計算
(この計算は常に旧定額法で計算します)
非業務期間の減価の額=取得価額×0.9×旧定額法の償却率×非業務用期間。
非業務用の耐...続きを読む

Q稲取赤尾ホテル 歴史を感じる建物の割には小綺麗で、接客よく、ご飯もリーズナブルの割には美味しく頂けま

稲取赤尾ホテル
歴史を感じる建物の割には小綺麗で、接客よく、ご飯もリーズナブルの割には美味しく頂けました。
古き良き建物を利用し、もう少し高級志向でいけるのでは⁉︎と考えてしまいますが、難しいんですかね。。
茶室、宴会場が勿体無く思いました。

Aベストアンサー

食事やお風呂は良いですが、客室はやはり「古い」という感じが否めません。

宿泊では料金とみあっていると思います。

Q青色申告の減価償却と耐用年数について

H25に店舗を建て、貸し始めました。
H26に白色申告にて、
建物と建物に付属するものの減価償却耐用年数を申告会場にて、教えてもらい申告しました。
建物に付属する物のうち、減価償却費を計上しないよう言われた物が4つありました。
今年も、その4つは減価償却費を計上しないよう言われましたが
なぜ計上できないのか、わかりません。
教えて下さい。今年は青色申告しようと思っています。


1.エアデッキ購入額¥1,010,000:耐用年数8年
2.長尺シート購入額¥345,000:耐用年数3年
3.パーテーション購入額¥175,000:耐用年数3年
4.網戸購入額¥34,000:耐用年数3年(こちらは10万未満なので、購入年に消耗品処理でしょうか)

Aベストアンサー

>昨年、経費にはしていないが償却している ということ…

そうなります。

昨年、一昨年に経費にしなかった分を経費にしたかったら、昨年分、一昨年分の確定申告をそれぞれ年ごとに訂正しなければいけません。
税金が安くなる方向での訂正を「更正の請求」といいます。
http://www.nta.go.jp/taxanswer/shotoku/2026.htm

>青色申告の特別控除は¥100,000しか控除…

1棟だけでは事業的規模ではないので、10万円しか取れません。
http://www.nta.go.jp/taxanswer/shotoku/1373.htm

それから、建物自体と一体化されているのでない限り、建物付属設備として建物本体とは別に減価償却することは、ごく自然なことです。
耐用年数も 8年と 3年で合っていると思いますよ。
http://www.nta.go.jp/tetsuzuki/shinkoku/shotoku/tebiki2015/pdf/35.pdf

税金について詳しくは、国税庁の『タックスアンサー』をどうぞ。
http://www.nta.go.jp/taxanswer/index2.htm

>昨年、経費にはしていないが償却している ということ…

そうなります。

昨年、一昨年に経費にしなかった分を経費にしたかったら、昨年分、一昨年分の確定申告をそれぞれ年ごとに訂正しなければいけません。
税金が安くなる方向での訂正を「更正の請求」といいます。
http://www.nta.go.jp/taxanswer/shotoku/2026.htm

>青色申告の特別控除は¥100,000しか控除…

1棟だけでは事業的規模ではないので、10万円しか取れません。
http://www.nta.go.jp/taxanswer/shotoku/1373.htm

それから、建物自体と一体化さ...続きを読む

Q新大阪駅→阪急百貨店地下→天神橋筋商店街

新幹線で新大阪駅に降りてから2か所行きたい所がありますが、初めての大阪でよくわかりません。
是非お知恵を貸して下さい。1.最初に阪急百貨店の地下(いか焼きで有名と聞きました) 2.次に一番長いと言われる天神橋筋商店街のワナカというたこ焼きやさんです。 最後はJRの大阪駅に戻りたいと思っています。
宜しくお願いします。

Aベストアンサー

>1.最初に阪急百貨店の地下(いか焼きで有名と聞きました)

これはおそらく阪神百貨店のまちがいでしょう。

阪神百貨店や阪急百貨店があるのは「梅田」。ここはJRでいうところの大阪駅とほぼ同じところです。
ですから新大阪からはJRの在来線(東海道線、京都線ともいう)でひと駅の大阪駅へ行きましょう。地下鉄でも行けますが、地下に入ってしまうと方向感覚がよくわかりません。
それに、お持ちのきっぷが大阪市内ゆきになっていれば、別途きっぷを購入することなく大阪駅まで乗車できます。
大阪駅に着いたら、とにかく阪神電車のりばへ向かいましょう、阪神電車は地下二階に改札もホームもありますが、必ず案内表示がありますし、駅員に聞いてもよろしい。
この阪神電車の梅田駅の上が阪神百貨店、いか焼売り場は有名です。

次に天神橋筋商店街ですが、この阪神百貨店の地下一階から地下鉄谷町線の「東梅田駅」へと行くことができ、この東梅田からふた駅の「天神橋筋六丁目駅」へと向かうのが早いのですが、これも地下ということでわかりにくいですから、さきほどのJR大阪駅へ戻り、2番線の大阪環状線の電車で次の「天満駅」(高架駅)へ行くとすぐ下に天神橋筋商店街があります。
ここを六丁目方向へ歩いて行くとよいと思います、500メートルほどです。

大阪駅(含む梅田、東梅田、西梅田)の地下はわかりにくいので、地上重視の案内にしました。

>1.最初に阪急百貨店の地下(いか焼きで有名と聞きました)

これはおそらく阪神百貨店のまちがいでしょう。

阪神百貨店や阪急百貨店があるのは「梅田」。ここはJRでいうところの大阪駅とほぼ同じところです。
ですから新大阪からはJRの在来線(東海道線、京都線ともいう)でひと駅の大阪駅へ行きましょう。地下鉄でも行けますが、地下に入ってしまうと方向感覚がよくわかりません。
それに、お持ちのきっぷが大阪市内ゆきになっていれば、別途きっぷを購入することなく大阪駅まで乗車できます。
大阪駅に...続きを読む

Q耐用年数を経過しいた公用車の減価償却について

会社で使用している公用車が、耐用年数の6年を経過しました。減価償却費を計算する場合、耐用年数を経過したので減価償却費は計上しなくてもよいのでしょうか?それとも、使用している限り減価償却費を計上するのでしょうか?よろしくお願いします。

Aベストアンサー

95%まで償却できますから、実際には 6年よりもう少し長く償却できることになります。
その車を使っている限り「未償却残高」として、残りの 5%をずっと帳簿に記載しておくことになります。この間の減価償却費はゼロです。
廃車したとき、残っていた 5%は、「除却損」として経費になります。

Q看板などのない海辺などで 伊勢海老やウニなど取るのは密漁ですか。 以前聞いたのは、漁業権ないところで

看板などのない海辺などで
伊勢海老やウニなど取るのは密漁ですか。
以前聞いたのは、漁業権ないところで取るのは、セーフだと。

Aベストアンサー

都道府県によって、公開の仕方が違うので色々調べるしかないですね

例えば神奈川県なら、こちらの地図で調べられます
http://www2.wagamachi-guide.com/pref-kanagawa/map/map.asp?dtp=4&adl=%2C4&mpx=139.644146&mpy=35.164159&mps=80000

Q減価償却 耐用年数

白色申告です。
収支内訳書で車を減価償却していますが、耐用年数とは、減価償却できる期間なのでしょうか?
13年2月取得の車は、耐用年数4年ですので、今年度の申告では2ヶ月分しか償却できないということなのでしょうか?
おわかりになるかた教えてください。

Aベストアンサー

そもそもは、耐用年数というか、償却率は、取得価額の9割に達するまで償却するように率が設定されていますが、税法上では、取得価額の95%に達するまで、償却できる事とされていますので、耐用年数を過ぎても、取得価額の5%になるまでは償却できます。

ですから、今回も、引き続き使用されている車であれば、月数は12ヶ月で計算して、その結果、未償却残高が、取得価額の5%を下回ってしまう場合は、前年からの繰越残高と、取得価額の5%の差額について、本年の減価償却費として計上して、結果的に、所得価額の5%が未償却残高となる事になります。
(もちろん、当たり前に償却しても、なお取得価額の5%に達しなければ、当たり前の金額で償却する事となりますし、もし5%まで達すれば、来年以降は、資産そのものは残しておかなければなりませんが、減価償却費は0円となります。)

Q丸の内南口地下団体集合場所

丸の内南口地下団体集合場所は東京駅のどこら辺にあるのでしょうか?
丸の内線の東京駅から改札を出てそこから何処へ向かっていけばいいのか分かりません。
横須賀線の改札近くというのは聞いたことがあるのですが実際はどうなんでしょう?教えていただけると嬉しいです

Aベストアンサー

元東京駅の駅員です。

丸の内線で来るのですね。
それでしたら東京中央郵便局方面へ出てください。
丸の内線で言うと銀座方面に向かって歩くと丸の内地下団体待ち合わせ所があります。
丸の内地下南口改札の近くですよ。

地図の下の方団体学生待合所がそうです。

すぐ分ると思いますが、分らなかったら駅員に聞いてください。

参考URL:http://www.jreast.co.jp/estation/stations/1039.html

Q中古機械の減価償却(耐用年数)

こんにちは。
よろしくお願いします。

当方、法人にて町工場をしております。

・このたび中古の機械(NC旋盤1台・使用後12年経過)を購入いたしましたが、決算にあたり、減価償却費を計上する際に問題がおこりました。

・当方の考え
法定耐用年数12年を経過している機械なので、中古資産の耐用年数(簡便法・2年)で減価償却できるのでは?

・顧問の税理士さんの回答
機械については総合償却資産(一括して耐用年数が決められている)とされるので、法定耐用年数(12年)で減価償却しなければならない。

・疑問点
総合償却って?
1)プラントや生産レーンのように、全体として一つと考えられるものに適用されるのではないの?
今回は単品の機械、しかも中古。なのに総合償却なの?
2)総合償却は個別の減価償却費を計算しないやり方じゃないの?(グループとして計算するんじゃないの?)うちではちゃんと個別に計算しているのに・・・。

どうしても納得いきません。。。
誰か教えて下さいませんか。
よろしくお願いします。

Aベストアンサー

総合償却資産とは機械及び装置並びに構築物で、その資産に属する個々の資産全部を総合して定められた1つの耐用年数を適用して償却費を計算する資産を言います。

機械及び装置のような総合償却資産は、設備を構成する機械のうちの一部について中古資産を取得しても、その機械だけについて中古資産の耐用年数を適用することは認められません。

原則はこうなっておりますので顧問税理士さんが仰ることは正しいのですが、当該機械が単体で一体としての使用単位とみなすことが出来るものであれば、既に法定耐用年数の全てを経過しているものにも法定耐用年数を適用することは実情にそぐわないとお考えになる気持ちも分かりますので、税理士さんを通して税務署に意見(耐用年数2年)を伺ってもらえばどうでしょうか。顧問であれば、納税者有利になるようお話だけはしていただけると思いますが。

http://www.nta.go.jp/shiraberu/zeiho-kaishaku/tsutatsu/kobetsu/sonota/700525/01/01_05.htm
1-5-8

http://nzeiri.sppd.ne.jp/syokyak/19/tutatu/taiyo/1-5-8.htm

総合償却資産とは機械及び装置並びに構築物で、その資産に属する個々の資産全部を総合して定められた1つの耐用年数を適用して償却費を計算する資産を言います。

機械及び装置のような総合償却資産は、設備を構成する機械のうちの一部について中古資産を取得しても、その機械だけについて中古資産の耐用年数を適用することは認められません。

原則はこうなっておりますので顧問税理士さんが仰ることは正しいのですが、当該機械が単体で一体としての使用単位とみなすことが出来るものであれば、既に法定耐用...続きを読む

Q京都駅地下The CUBEのバーゲン

京都駅地下The CUBEのバーゲンは、何日からでしょうか?
HPを見てみたのですが、書いてなかったのですが・・・
ご存知の方がいらっしゃいましたら、教えて下さい。
お願いします。

Aベストアンサー

こちらのページによると、1/2~1/6がバーゲンだそうです。
http://www.walkerplus.com/newyear/kansai/bargain/ng4201.html
http://www.walkerplus.com/newyear/kansai/bargain/detail/bb4070.html

The CUBEの営業時間案内でも、この期間はファッションストリートだけ営業延長と書いてありますから、間違いないと思います。
http://www.thecube.co.jp/#new


人気Q&Aランキング

おすすめ情報