ピアノ教育を勉強しています。今、同時に西洋音楽史も
今現在よりも詳しく頭に取り入れたいと思っています。
数冊、家にもあるのですが難しい言葉と言ったら良いのか、
表現しずらいのですが
これはよく理解できる!、またリピートして読みたいような本ではありません。
読み終わっても一体何だったのだろうという感じで
忘れてしまうのです。
図書館でも数冊、読んで見ましたが今ひとつでした。

単に私が馬鹿なだけなんですが。

西洋音楽史の性質上、分かりやすく一般的に書かれているものが
ないというのも何気なくは理解できるのですが。

少しは知識があるので本当の一般的な漫画チックなものではまた困るんです。

ピアノ教育の方は気に入った本などがあるのですが
西洋音楽史、又は楽式についてなどの本でお勧めの本がありましたら
発行元、タイトル、著者名、価格を教えて頂けると嬉しいです。

(尚、この部分は削除されてしまうかもしれませんが2002.1.11の質問で
ヨーロッパ音楽・・・について解答されていたalien55さんの回答は
とても素晴らしく感銘を受けました。とても理解しやすい
文章で頭に染み込みました。こういう文章体系のものがあると
とても嬉しいのですが・・・)

宜しくお願いします。

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (1件)

音大の学生です。


私は寺西春雄著 「音楽史のすすめ」 音楽之友者(音楽選書)出版 がお勧めです。とても分かりやすく書かれてあって、読みやすいので、私は何度も何度も読みました。私の愛読書の一つです。音楽を社会との係わりの中から捉えた名著だと私は思っています。この本を読むと、音楽は常に社会と結びついていたんだということがよく分かります。まずは、この本を読んで基礎的なことをしっかりと学べば、少し難しい本を読んでも「あっ、これはあのことだ・・・」とだんだんと分かってくるのではないかと思います。
その他の本だと、グラウト/パリスカ著 「新 西洋音楽史 上、下」 音楽之友社出版がよろしいかと思いますが、ただ単に歴史的事実が述べられてあるだけなので調べたりするには最適な本、ということになります。基本的に「西洋音楽史」とタイトルが書かれてあるものは、歴史的事実や事柄ずらっと書かれてあるだけで、人の考え方とか、その当時音楽はどのような立場にあって、どういう存在だったかということまで触れられていないんです。だからただ読んでいるだけではおもしろくないんですよね、うーん。
本を選ぶ時は、中をチラッと見てみて、考え方とか、意見が書かれてありそうな本を読むのが、とても勉強になっておもしろいと思います。
また、西洋音楽史といっても範囲がとても広く、いろいろな角度から捉えられています。例えば、音楽文化史、音楽社会史、音楽精神史、演奏習慣史、音楽理論史、記譜法の歴史、オペラ、宗教音楽・・・などなどで、これを全部まとめて西洋音楽史といっているんですよ。そういうジャンル別に分かれた本はけっこう興味深いです。
楽式の本はちょっと・・・、みんな難しい本ばっかりなので、すいません。
私は楽理科のものなのですが全然自身なしですので、参考程度にお願いします。それでは。

この回答への補足

simanさん、ありがとうごさいます!私も寺西春雄さん、大好きです。
「やわらかな音楽教育の勧め」
(タイトルがちょっと微妙に違うかも)を持っていて、とっても良い本でお気に入りの一冊です。
やわらかなとタイトルにはありますが
結構書いてある事は辛口で教える立場の最近の風潮、生徒に媚びる事を啓発なさっていました。

しかし、現状はなかなか難しいものがあり・・・音楽教室で教師が注意?して
生徒がそれを理由に辞めるとベテランの教師が怒られる時代ですから
(これは某音大の付属音楽教室からでの聞いた話ですが)
現在は、教師過多、少子化現象で私が小さい頃習っていた感覚とは
教わる方の感覚が全く違うのでしょうね。

私も寺西氏は好きなのでお勧めの寺西春雄著 「音楽史のすすめ」 は
絶対に良いと思います。これを読んでみます!

>人の考え方とか、その当時音楽はどのような立場にあって、どういう存在だったかと
>いうことまで触れられていないんです。だからただ読んでいるだけではおもしろくないんですよね、

上記でsimanさんが言われているようなそういう事を触れている本を
書かれている著者はご存知ではないですか。

私が興味をそそられないというのはsimanさんが言うように
そういう理由による事かもしれないです。
例えば一人の作曲家に限っての伝記らしき本を読むと
プライベート的な事も載っているので少し楽しめる場合があります。
恋愛や其の時こんな歴史的背景があったからこの曲が作られたみたいな事が書いて
あるし。
>本を選ぶ時は、中をチラッと見てみて、考え方とか、意見が書かれてありそうな本を読むのが、
>とても勉強になっておもしろいと思います。

はい、分かりました。

>また、西洋音楽史といっても範囲がとても広く、いろいろな角度から捉えられています。
>例えば、音楽文化史、音楽社会史、音楽精神史、演奏習慣史、音楽理論史、
>記譜法の歴史、オペラ、宗教音楽・・・などなどで、これを全部まとめて西洋音楽史と
>いっているんですよ。そういうジャンル別に分かれた本はけっこう興味深いです。

そうなんですか、それも全然知りませんでした。
ちょっとお利口になった気分です !
私は歴史(一般歴史も)が全然ダメなので何とか少しは頭に入れたいという気持ちがあります。
こういう歴史があったからこういう音楽観になっていったという
歴史と音楽の変遷?を学びたい時は
ジャンル的には何の本を選べば良いのでしょうか。音楽社会史でしょうか。

楽理か作曲を学んでいる方にお聞きできるのが一番だとは思っていました。
嬉しかったです。ありがとうございます。

補足日時:2002/04/03 10:56
    • good
    • 0
この回答へのお礼

今日、音楽史のすすめの本を買ってきました。又、アドバイス宜しくお願いします。
ありがとうございました。

お礼日時:2002/04/12 21:49

このQ&Aに関連する人気のQ&A

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人はこんなQ&Aも見ています

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

QHPに本の売れ筋ランキング10位を表示させるには

アフェリエイト広告を使用したHPを持っています。
いちいち手打ちで打ちかえるのではなく、自動的に本の売れ筋ランキング10位を表示させたいのですがそういう機能はあるんでしょうか。どこかのサイトでチラッと見た事があるのですが・・。
知っている方がいらっしゃれば宜しくお願いします。

Aベストアンサー

アマゾンのアソシエイト・プログラムには「ベストセラーリンク」という機能がありますよ。ジャンルを指定してベストセラーを表示することも出来ます。

詳しい内容や使い方は、アマゾンのアソシエイト・プログラムに参加したあと、ログインして「リンク作成」を見てください。

参考URL:http://www.amazon.co.jp/

Q西洋音楽史の、良いサイトはありますか?

西洋音楽史の、Webページで、大学生程度の詳しくまとまったサイトがあったら、教えてください。

Aベストアンサー

ヤマハのサイトですが、バッチリだと思います。
写真も充実してますよ!

参考URL:http://www.yamaha.co.jp/edu/student/museum/history/index.html

QAmazon 売れ筋ランキング: 本 とは何

Amazon 売れ筋ランキングとは何ですか? 読んで字のごとくだと言われそうですが、一冊自著を出して、数値が大きく変わるので、とても気になります(まあ、何万から何十万の間ですが…)。これまでの累計のランキングなのか、時間単位に売れたランキングなのか、ご存知の方、教えて下さい。

Aベストアンサー

こんにちは。やはりブラックボックスかつ私も知りませんでしたが、少し調べたところ概ね1時間単位の更新かつ直近で売れたものが反映されているようです。ですので、せどりで稼がれている方は最近のランキングはアテにしすぎないそうです(≒ロングセラーではないため)。
下記のURLなどを参考にしました。
http://mutojapan.com/nomadexporter/%E3%82%A2%E3%83%9E%E3%82%BE%E3%83%B3%E3%81%AE%E3%82%BB%E3%83%BC%E3%83%AB%E3%82%B9%E3%83%A9%E3%83%B3%E3%82%AF%E3%81%AE%E4%BB%95%E7%B5%84%E3%81%BF2013/
http://togetter.com/li/385488

Q西洋文明史におけるイタリア・ルネサンス

西洋文明史にとってイタリア・ルネサンスの持つ意味とはいったい何だったのでしょうか?
また、イタリア・ルネサンス素晴らしさと限界についてどう考えられますか?

皆様のご意見をお伺いしたいです。

Aベストアンサー

美術史を学んでいるものです。非っ常に難しい問題ですねー。
これだけで本が一冊どころか、100冊書けてしまうようなご質問ゆえ、
私に知る範囲で、そのハイライトだけ答えてみようと思います。

>西洋文明史にとってイタリア・ルネサンスの持つ意味とはいったい何だったのでしょうか?

美術史において、イタリア・ルネサンスというのは最大の問題の一つでありまして、
その持つ意味も様々にあります。

1.それまで細々と継承されて、断片的に利用されてきた古典古代の文化が、
大々的に、統合的に、体系的に復興した。ルネサンス以降、一度全面的に
光を浴びた古典古代の文化は、今日にいたるまで、二度と(かつてのように)
埋没することはなかった。
具体的に、美術に古典古代の文化が齎したものは、堂堂たる量感を持つ
人体や建築、それと古典古代の主題の全面的な復活です。

2.中世から断続的に発達した自然科学は、美術にも決定的な影響を
及ぼしました。具体的に言えば、自然主義と線遠近法等。これもまた、
一度生まれた後、意識的に否定されることはあっても、今日まで二度と
埋没することはありませんでした。

これら二つが完全に実現されるのは、盛期ルネサンス(15世紀末~1520年ごろ)
と呼ばれる時代においてです。盛期ルネサンスで確立した様式は、
その後、当然ながら変質したり発展したり、また意識的に否定される時代もあるのですが、
その後の西欧美術の大基礎となるものです。
マニエリスムもバロックも、ロココも新古典主義も、そして19世紀の大方の美術も、
その造形は全て、この時代に確立したものを基礎としています。

・・・・・えーと、以上、単純に書いてしまいましたが、実際はこれより1000倍も複雑です・・
中世とルネサンスの古典文化の扱いの差は、単に量的なものだけではないし、
自然主義自体も中世からの連続的発展という面もあるし・・
さらには、スコラ哲学の否定と人文主義の隆盛だとか、聖フランチェスコの思想
だとかが絡んできて、その辺は、本を読んでいただくしかありません・・

>イタリア・ルネサンス素晴らしさ

素晴らしさ・・ それはもう(複製ではなく!)現物を見ていただくのが一番かと。
一言で申しますと、生命そのものなんです。
ロマネスクやゴシックもそれなりに素晴らしいし、バロック美術だって、
見るべきものはたくさんあるのですが、そこから湧き出す生命感というんでしょうか、
瑞瑞しくて、本当に建築や絵画それ自体が溌剌とした魂を持っているかのような、
その感覚が、決定的に違うのです。私の私見ですけどね。

>限界についてどう考えられますか?

限界は様々にありますね。

古典古代の文化に対する理解というのが、完全に客観的で科学的なものではなく、
自己のうちで勝手に消化しちゃってます。別にこれは美術の世界だけではなく、
ルネサンスにおける理性主義・自然科学的態度というのが、そもそも
現代のものとはまるで違う、いまだ呪術の支配する世界なわけですから。

技術面では、例えば線遠近法です。
ある瞬間を、一つの固定した目によって、幾何学的に眺められた世界ですから、
それに対する批判なんかも出てきます。
例えば、マニエリスム(の一部)とか、20世紀のキュビスムや未来派。
それと、簡潔に言いますと、この技法は人間の網膜の構造と違いまして、
よっぽど注意深く使わないと、不自然に見えるんですね。

また、対象を一体のものとして捉えることが出来たかったし
(例えば木を描くとき、彼らはモシャモシャっと一気に全体を描くことを知らず、
どうしても葉っぱの一枚一枚を描いてしまうんですね)
連続的に展開する風景(前景・中景・後景が繋がっている状態)というものも
描けませんでした。

前述のことと関連するのですが、ヴェネツィア派を経て、バロックで発達する、
もやもやっとした大気を描くことも出来ませんね。すべてが明瞭で輪郭を持ち、
カクカクっとした絵画世界が広がってます。これは、それを否定した
レオナルドでさえ、バロックと比べれば、はるかに明瞭なんです。

或いは、19世紀の自然主義者から見ると、理想的に過ぎる、という批判も出てきます。

以上、ごく一部でして、それがネガティブなことがどうかは別にして、
限界は無数にあります。

美術史を学んでいるものです。非っ常に難しい問題ですねー。
これだけで本が一冊どころか、100冊書けてしまうようなご質問ゆえ、
私に知る範囲で、そのハイライトだけ答えてみようと思います。

>西洋文明史にとってイタリア・ルネサンスの持つ意味とはいったい何だったのでしょうか?

美術史において、イタリア・ルネサンスというのは最大の問題の一つでありまして、
その持つ意味も様々にあります。

1.それまで細々と継承されて、断片的に利用されてきた古典古代の文化が、
大々的に、統合的に、...続きを読む

Q★売れ筋ランキングなどの番組教えてください

巷で良く売れていて話題になっている商品を探しています。
楽天市場の「ランキング市場」というコーナーなどランキングサイトはたくさんありかなり参考になりますが、テレビ番組でも(テレビショッピングではなく)売れている商品やトレンド情報を番組で紹介していることがよくありますよね。定期的にそうしたランキングを放映している番組があったように思うのですが思い出せません・・・。どなたかそういった類のためになる番組をご存知ないでしょうか?

Aベストアンサー

TBS系列で放送されている、土曜日深夜25:40からの「ランク王国」はいかがでしょう?

同じくTBS系列の土曜日9:30からの「王様のブランチ」もあります。

参考URL:http://www.tbs.co.jp/brunch/

Q西洋美術史を学びたいのですが・・・

現在、大学で学芸員の資格を取得している大学生なのですが、学芸員になるために大学院進学を考えています。
専門として西洋美術史(特に図像学や図像解釈学)を学びたいと考えているのですが、どの大学院が良いでしょうか。今のところ、日本大学大学院や大阪大学大学院の文学研究科などを考えていますが、実際のところよく分からず決めかねています。
国公立・私立、地域は問いません。教えて頂きたいです。

Aベストアンサー

現在美術史で大学院に通っている者です。
学校名ではなく、自分がやりたい専門に強い教授を探して
そこへ習いに行くのが当然・・・
というかそれ以外行く意味ないと言っても過言ではないです。
特に大学院は大学のネームバリューよりも
先生の個人的な人脈に頼るところが非常に大きいのですから。
そこから将来にもつながっていきます。

k62988さんの場合はそれほど人気の高い領域ではありませんから、
数も限られると思いますので、それほど絞るのは
難しくないと思います。(ルネサンス以降といったらもう・・・)
自分が影響を受けた著書や論文をお書きになった
先生から辿っていくのが確実ですよ!

Qamazon 売れ筋 ランキング 表示サイト

ご覧頂きまして、本当にありがとうございます。
困ったことがあるので是非お教え頂けませんでしょうかm--m
内容ですが、
amazon.co.jpでの 現在とか過去どのくらい売れたか、人気などを紹介してもらえるサイトを探して降ります。自分で探したのですが、検索の仕方が悪かったのかあまり見当たりません。
もっと使い勝手が良いものを求めています。
2つ見つけたましたが、いまいちでした。
http://amazon-ranking.appspot.com/  
【ランキング推移をみる】というボタンを押しても何もでません。。
又もうひとつがこちら
http://www.rankbank.net/amaran/rank/?date=11042421&cat=digest  

これら以外にありませんでしょうかm--m
希望と致しまして、例えばヤフオクのデーター化したサイト→オークファン・オークデータ
のようなイメージの 名前かカテゴリー・期間を絞って 何個売れたか、または金額・順位など
を表示してくれるサイトを探しております。

全部当てはまらなくても結構ですm--m

ぜひ教えて頂けませんでしょうかm--m 


最後まで目を通して頂きました事感謝致します。
よろしくお願いしましますm--m

ご覧頂きまして、本当にありがとうございます。
困ったことがあるので是非お教え頂けませんでしょうかm--m
内容ですが、
amazon.co.jpでの 現在とか過去どのくらい売れたか、人気などを紹介してもらえるサイトを探して降ります。自分で探したのですが、検索の仕方が悪かったのかあまり見当たりません。
もっと使い勝手が良いものを求めています。
2つ見つけたましたが、いまいちでした。
http://amazon-ranking.appspot.com/  
【ランキング推移をみる】というボタンを押しても何もでません。。
又もうひとつ...続きを読む

Aベストアンサー

有料サイトはしりませんが
アマデウス2つという有料ソフトがございます。
http://www.facebook.com/amadeus2nd?v=app_180814985310201

ただ、アマゾンAPIからデータ取得について

本年10月26日よりデータ取得に大きな変更点が出るそうです。

データ取得上限が4000件から100件に制限されること、
商品コンディションのデータが取れなくなること、
最安値のデータしか取れなくなること、
などです。
この変更で、アマゾンのAPIからデータ取得をして成立していたサービスの多くが
大幅に質を落とすことになる可能性が考えられます。

このツールも、その辺を考慮して考えた方が良いかと思います。

私は、自分専用のツールをつくってデーターを取っていますが
10月26日以降は厳しそうです。

Q西洋美術史の近代の前と後ではどう違うのか?

1週間で西洋美術史の範囲で
近代より前と後ではどのようにかわったのか?違いがあるのか?
をまとめると言うレポートを書いております。
私はまだ中3なので知識がなく
図書館の本で調べているのですが、
あまりよい本もなく途方にくれております。
少しでも知識がほしいです。
色々教えてください。

Aベストアンサー

♯2です。補足します。

 確かに、自由な芸術作品というのは、特にフランス革命を待たずとも、いくらでも存在していました。
 ボスにしたって、ダ・ヴィンチにしたって、どの時代にもあらゆる自由意志によって制作する権利は有していたと僕も思います。例えばルネサンス以前を暗黒時代なんて呼びますが、当時の人々が自由意志を略奪されており、日々封建体制に束縛されて幸福感を感じることすらできなかった、なんてことはありえないのと同じことです。実際、作品も残っています。
 
 フランス革命以後だって、ブルボン復古王朝が成立しますし、急に時代に線を画したように様式が変化することなどありえません。歴史は単線で語れるものではありません。ヨーロッパ全土をひとくくりに考えるなんて無理な話ですから。また、近代の線をどこに引くか、というのも大きな問題です。
 僕が書いた考えは、それを無理に単線にしてかなり単純化したものです。ですから、単にひとつの手掛かりとして考えてください。ひとつの意見だけに偏るのは危険なことですから。

>近代の芸術の顕著な特徴は、創作者自身の
様式への意識の芽生えだと思っています
♯3さんのこの意見には僕も賛成です。これを頭の片隅に置きながら調べていけば、ariarimikaさんのレポートの方向性がだんだん見えてくると思いますよ。

♯2です。補足します。

 確かに、自由な芸術作品というのは、特にフランス革命を待たずとも、いくらでも存在していました。
 ボスにしたって、ダ・ヴィンチにしたって、どの時代にもあらゆる自由意志によって制作する権利は有していたと僕も思います。例えばルネサンス以前を暗黒時代なんて呼びますが、当時の人々が自由意志を略奪されており、日々封建体制に束縛されて幸福感を感じることすらできなかった、なんてことはありえないのと同じことです。実際、作品も残っています。
 
 フランス革命以後だ...続きを読む

Q多数あるTOEIC勉強本の中からお勧めは?

本屋にいくとTOEICの勉強本が多数ありどれがいいのかが分かりません。
大型書店ですと、30冊以上はありますので…
「海外経験ゼロ。それでもTOEIC900点」の評判がいいので買おうと思っているのですが、皆様のお勧めのTOEICの勉強本がありましたら、教えてください!!

Aベストアンサー

あなたの実力や試験を受ける時期などが不明なのでどんな本がおすすめかは言いにくいです。どちらにしろ自分で納得した本を選ぶべきでしょうね。

TOEICの参考書は大きく英語力養成用とテスト対策用に別れます。
自分の弱点をしっかり把握した上で、必要な英語力を上げる参考書を選び、テスト2週間前くらいになったらテスト対策用のものを選んでテストに慣れましょう。
質問に応えていない感じですいません。でも自分のレベルに合わない参考書をやることは最悪なので、やはり自分で自分のレベルにあったものを探してください。

「海外経験ゼロ。それでもTOEIC900点」
これはTOEICの勉強法が書いてある、モチベーション維持のための本みたいですね。これでやる気を出すのもいいかもしれません。ただこれは勉強をする気になるための本なので実際の勉強は他の本でしましょう。

Q西洋の美術史or宗教史に詳しい方、教えて下さい

 先日ボッティチェリの『ヴィーナスの誕生』を見ていてふと感じた疑問について、質問させてください。

 当時(AC1500年ころ)のイタリアって、たしかキリスト教圏でしたよね。
 でもヴィーナスって、ギリシャ神話の女神ですよね?
 キリストやマリアの絵を描くのなら分かるのですが、なぜギリシャの神様を描いているのでしょうか。
 ボッティチェリに限らず、ルネサンス期にはたくさんの画家がギリシャ神話の絵を描いていたと思うのですが、どういう理由からなのでしょう。

 ギリシャの神様を信仰していたわけではないんですよね?(キリスト教圏ですものね)
 当時の人々のあいだでギリシャ神話が(聖書的な意味でなく)物語として大流行していたということでしょうか?
 それとも、女性のヌードを描くのには、ギリシャ女神の存在がちょうど良かったということでしょうか?(普通の女性のヌードを描くのは不道徳、でも神様的な人のヌードなら神聖なものだから描いてもOK。とは言えやっぱり聖母マリアみたいな信仰の対象のヌードを描くのは気が引ける。そこで他宗教の女神が採用された……みたいな感じでしょうか? でもこの説だと女神限定の話になってしまいますね)
 あるいは、とにかく古代ギリシャの作品の真似をしたかった、ということなのでしょうか?(ルネサンスって古代ギリシャ芸術とかを復興させるのが流行ってた時期のことですよね? 古代ギリシャ人は普通に信仰の対象としてギリシャの神々を描いて、ルネサンス期の人はそれを真似てみたってことなのでしょうか)

 長くなりましたが、質問を一言にまとめると「なんでキリスト教徒がギリシャ神話の絵を描く必要があったのか?」ということです。

 私は美術の知識も宗教の知識もほとんどないので、あまり難しい言葉は使わず、簡単におおざっぱに説明してもらえると嬉しいです。
 また、質問文中で見当違いなこと・勘違いなことも言っているとは思いますが、どうか多めに見て、細かい間違いは流してやってください。
 よろしくお願いします。

 先日ボッティチェリの『ヴィーナスの誕生』を見ていてふと感じた疑問について、質問させてください。

 当時(AC1500年ころ)のイタリアって、たしかキリスト教圏でしたよね。
 でもヴィーナスって、ギリシャ神話の女神ですよね?
 キリストやマリアの絵を描くのなら分かるのですが、なぜギリシャの神様を描いているのでしょうか。
 ボッティチェリに限らず、ルネサンス期にはたくさんの画家がギリシャ神話の絵を描いていたと思うのですが、どういう理由からなのでしょう。

 ギリシャの神様を信仰していたわ...続きを読む

Aベストアンサー

この問題は「美術史」や「宗教史」という狭い範囲で考える方が、分からなくなると思います。

おっしゃるようにボッティチェリは、ルネサンス時代の人です。
ルネサンスというのは、それまでキリスト教でがんじがらめになっていた精神を解放しようとか、古典古代の文化の中に人間らしさを見出そうという人文主義が花を開いた時代です。

ルネサンス期までの絵画というものは、技術的なレベルが低かったというのもそうですが、題材が基本的にキリスト教に関係したものばかりだったんですね。そうではなく、宗教に捉われない自由な題材を芸術として表そうとしたわけです。
しかもこの時代は、キリスト教が生まれる前の古典古代の文化への興味が強まった時代でもあります。
この二つの理由を考えれば、ギリシャ神話などが芸術の対象になるのは、むしろ自然の流れではないでしょうか。

この時代の芸術家や人文主義者というのは、古いキリスト教の思想などに対して懐疑的・批判的な面があったと同時に、古典古代の文化に対して憧れのようなものがあったと思います。決して宗教としてギリシャ神話を信仰したりしていたわけではないと思います。「神」というものが出てはきますが、ギリシャ神話は「神話」であって、「宗教」とは捉えていなかったと思いますよ。

ちなみにボッティチェリの後半生は、宗教画ばかり描いていたそうです。サボナローラという宗教家の影響で、「ヴィーナスの誕生」や「春」のような絵は描かなくなり、過去に描いたキリスト教的でないものの多くは焼いたと言われています。
なので、これらはとても貴重な絵なんですね。蛇足かもしれませんが…。

この問題は「美術史」や「宗教史」という狭い範囲で考える方が、分からなくなると思います。

おっしゃるようにボッティチェリは、ルネサンス時代の人です。
ルネサンスというのは、それまでキリスト教でがんじがらめになっていた精神を解放しようとか、古典古代の文化の中に人間らしさを見出そうという人文主義が花を開いた時代です。

ルネサンス期までの絵画というものは、技術的なレベルが低かったというのもそうですが、題材が基本的にキリスト教に関係したものばかりだったんですね。そうではなく、宗教に捉...続きを読む


このQ&Aを見た人がよく見るQ&A

人気Q&Aランキング