金融業をやりたいと考えています。
それに必要な許認可等教えてくださいませんか?
また、準備等の手順も知りたいです。
お願いします。

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (2件)

 都道府県知事に貸金業法に基づき貸金業登録をする必要があります。


 まずは個人事業として経営されるか法人とするかを決め、次に屋号なり商号(類似商号調査の後)や事務所を決め、法人の場合は調印し会社を設立し登記、同時に登録を拒否される事由に該当しないかどうかを確認するようにしてください。順番の前後については間違えると損害が生じることがありますので、十分に注意してください。
 貸金業協会などでは登録書類を販売していたり、加入すると手続についてのアドバイスなどを受けることができますが、加入は任意のようです。
 なお、記憶の限り、貸金業をしていた方が例えば福祉系の事業をする場合など、なぜか一定の制限を受ける場合があったように思います。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

どうもありがとうございます。参考になりました。

お礼日時:2002/04/02 01:29

1つの県の中でされるときは貸金業協会に登録する必要があります。


2つ以上の県で行うときは、財務局に登録する必要があります。

手順は、信用情報協会に登録してそれかも上の協会に行くだけです。
そして審査があります。それが3~6ヶ月くらい開業までにかかると考えといてください。
    • good
    • 0

このQ&Aに関連する人気のQ&A

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Q金融業の起業方法とそれに向けての準備について

こんばんは。高校2年の男子です。
自分は将来、金融業を起業して経営してみたいと思っているのですが、その起業の方法がよくわかりません・・・。
また、それに向けての今からできる準備は何があるでしょうか?
特に金融業の中でも、銀行を経営してみたいと思っています。
また、お勧めの本などがありましたら、教えてください!
金融に詳しい方、ご回答宜しくお願いします。

Aベストアンサー

当方、起業家。成績まぁまぁですか。

先輩の、しかも成功者の本を片っ端から読むとよいですね。
業界は決めないほうがいい。

だいたいですが、起業したいと思ってから10年後くらいが多いから、27歳じゃないかな。
ただし、最初に考えたビジネスとは違うビジネスが多い。
だからたぶん、あなたは金融業ではないだろう。

余談だが、若いときには若い時にしかできないことがたくさんあります。
自分の周りで若い頃からビジネスしてきた連中は、正直、薄気味悪いカネの亡者。しかもたいして成功してない。
ヒトとしては、回り道したほうが良いと思いますよ。
大人になれば、嫌というほどビジネスなんてできるからね。

Q民間の金融業は必要ですか?

生産性がない上に、苦しい生産者から金を取ってしまう可能性の高い金融業は必要?
起業をする人にとっては利子というリスクはしょうがないと思いますが、
もっといい方法が何かないでしょうか。

詳しい知識がほしいです。

Aベストアンサー

 金融というのは、いわば、余っているところから必要とされるところへお金を手渡しする産業です。
 必要な人にはお金を貸してくれる存在がいるのであれば、お金を借りて生産活動をする人間は無用な資金集めに奔走することなく生産活動に専念することができます。すなわち、彼らの存在は、経済の生産性向上に貢献しているわけです。

 とはいえ、古来より金融にはネガティブなイメージが付きものです。
 どうしても貸す側の方が優位に立ってしまう事や、経済の生産性に寄与する投資(個人向けでも、住宅や教育に関する融資は投資に入るかと思います)ではなく、人の射幸心に付け込んで、お金を取ろうとする(ギャンブルの穴埋めに金を貸す…等)傾向などがその原因かと思われます。
 そんな経緯があり、また、金融システムが万全ではないという事もあり、金融には多くの規制がかけられています(個人で言えば、無担保個人貸し付けの総量規制などは典型的な例でしょう、色々批判はあるのですが、合理的な判断ができない人間の存在を考慮し、利息は低利におさえつつ借入金額の総量を規制してしまうのは一つの解決策です)。問題点が放置されているというよりは、古来からの問題に立脚し、あれこれ問題を抱えながらも改善が続けられているというのが現在の金融システムという見方が適当かな、と思いますが、いかがでしょうか。

 金融というのは、いわば、余っているところから必要とされるところへお金を手渡しする産業です。
 必要な人にはお金を貸してくれる存在がいるのであれば、お金を借りて生産活動をする人間は無用な資金集めに奔走することなく生産活動に専念することができます。すなわち、彼らの存在は、経済の生産性向上に貢献しているわけです。

 とはいえ、古来より金融にはネガティブなイメージが付きものです。
 どうしても貸す側の方が優位に立ってしまう事や、経済の生産性に寄与する投資(個人向けでも、住宅や教育...続きを読む

Q金融業に関係する資格等があったら教えてください。

金融業に関係する資格等があったら教えてください。

Aベストアンサー

証券アナリスト、ファイナンシャル・プランナー、証券外務員など。
どの業種につくかで異なりますが、例えば資産運用関連業務や投資銀行の業務だったら証券アナリストですね。

Q金融業は何故、ITの力が必要な業界なのですか?

売上高に対するIT投資が最も高い業界は金融業ですが、これはどういう事を意味しているのでしょうか?
金融業は何故、それほどITの力が必要な業界なのでしょうか?(アルゴリズムトレード、リアルタイム系、チャート系、ヒストリカル分析?等が必要?)
何でも良いので、極力、明日の朝までのご回答お願い致します。申し訳ないです、、

Aベストアンサー

金融系システムを若干かじった上での知識ですが。

1.「お金」は情報化しやすく、システム化しやすい

 お金は、金額という情報が最重要です。
 100万円の札束をATMで入金 → 出金 した場合、同じ札束がATMから出てくることが重要ではなく、
 同じ金額が出てくることが重要でしょ?

 金額は数字であり、管理はコンピュータで計算等の処理を行うだけでOK。

 例えば、流通業界や小売業などはこうは行きません。
 必ず「物」の存在が必要となります。
 現物の管理はお金ほどコンピュータと相性は良くないです。
 (損品管理や棚卸等が必要)
 倉庫や車両など、非IT投資が必要不可欠となります。

 なので、金融業は、お金というIT化しやすい情報を企業活動の中心に据えているため、
 何をやるにもIT投資が必要となります。
 (というか、IT以外に投資するものが他業種に比べれば少ない)

2.業界の標準がITを利用している

 証券取引所や銀行間などの入出金など、現在の金融活動のほぼ全てがIT化されてます。
 (理由は1のとおり)

 IT投資をしなければ、他の企業に遅れをとることになり、営業活動がままならない現実があります。

3.法律の制約に従わなければならず、制度変更が多い

 税制改正や金融商品取引法など、金融業界は制度変更に常にさらされております。
 これら制度に正しく対応しないと、営業停止措置等厳しい対処を取られることもしばしば。

 否が応でも制度改正に合わせたIT投資は必須となります。


主要因は上記3つの認識です。

ご参考になれば。

金融系システムを若干かじった上での知識ですが。

1.「お金」は情報化しやすく、システム化しやすい

 お金は、金額という情報が最重要です。
 100万円の札束をATMで入金 → 出金 した場合、同じ札束がATMから出てくることが重要ではなく、
 同じ金額が出てくることが重要でしょ?

 金額は数字であり、管理はコンピュータで計算等の処理を行うだけでOK。

 例えば、流通業界や小売業などはこうは行きません。
 必ず「物」の存在が必要となります。
 現物の管理はお金ほどコンピュータと相性は良く...続きを読む

Q金融業(消費者金融)をする場合。

こんにちは。
金融業(お金を貸して利息を頂く)をする場合届けが必要だと思いますが、どこに届けたらよいのですか?
また、どのような人(年令、資産)だとOKになるのですか、また、許可が下りる期間はどれ位かかりますか?

お解りになる方教えてください。

宜しくお願いいたします。

Aベストアンサー

とりあえず成年であれば可能なようです。
また、資産などの要件は最近法律が変わったようですので、貸金業協会などの
サイトを参考にしてみてください。

最近は登録が厳しくなっているようで、登録費が来年の1月から15万円になるようです。

下記に登録代行センターのアドレスがありますので、参考にしてみてください。

参考URL:http://www.kashikin.jp/index.html#1


おすすめ情報