現在、アメリカへ一年間の留学をする事を目標に、色々と準備をしています。
留学生になるためにエッセイを書いているのですが、そのためにアメリカの高校について知りたいと思っています。

アメリカの高校は日本とは違うと聞きますが、具体的にどう違うのでしょうか?
日本で極々普通の成績(英語の筆記では英検2級レベル)でアメリカに行ったとして、授業についていけるのでしょうか?
また海外に留学経験のある方は、どのような授業を受けていたのかを教えていただけないでしょうか?

よろしくお願いします。

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (4件)

交換留学で約十ヶ月間アメリカの公立高校に通っていました。



前の方も言っていたように、授業が全て選択式で種類も豊富です。車の免許を取るためのクラスや、軍隊に関するクラス、美容師になるための技術を教えるクラスなんてものもありました。
授業は先生によります。生徒と会話を交わすように進めていくのもいれば、ひたすら先生が喋っていることを書き写すだけのもあります。ただ、どの先生にも熱意を感じました。
それから感じたことは、学校が社会の一部として扱われているということです。アメリカは自由な国だといわれていますが、それはあくまでルールの中でのことです。先生達は居残りや停学などの罰則を生徒に与える権限を持っていますし、甘いところがありません。校内で殴り合いでもしようものなら実際に警察が来ます。
また、荒れているところでは麻薬がかなり流通しているようです。私の学校はそんなことはありませんでしたが、それでも麻薬探知犬が来たことはあります。
あと一番困ったことは、学校が家から遠い場合、スクールバスを逃すと厄介だということです。自分の車で来る生徒や、親が迎えに来る生徒もいましたが、そういうツテがないと本当に困ります。休み時間も少ないし、居残りもできないので、最初の内は友達を作ったり先生に質問したりできなくて苦労しました。
クラブ活動も校内行事も、車で学校に行く方法を確保しない分には何もでできません。こればっかりはどうにかならないものかと思いましたよ。ほんとに……

最初の内はアメリカ史や英語(国語)の授業を取らないことをお勧めします。まずついていけません。その代わり数学は、小学生でもできるくらいに簡単ですよ。それに外国語(スペイン語とか)もいいです。これなら他の生徒にとっても外国語ですから。
少し慣れてくれば授業で発言できるようになりますし、先生やクラスメイトとも打ち解けてきます。
半年もすれば勉強次第で英語のクラスもどうにかなります。単語テスト以外のテストでは電子辞書をフル活用して(単語テストは意地で使いませんでした)、先生の話に全神経を集中させて、宿題もこなせばついて行けます。ただし宿題はなかなか大変ですが。百科事典に英語がびっしり書いてある教科書を、一日で20ページ以上読むとか。(五時間くらいかかりました)
それで私は、普通の大学進学する生徒用のクラスでBをとりました。(Aはむりでしたが。頑張ったんだけどな……)
ただまあ、何にせよ勉強だけなら、日本の受験勉強よりは大変じゃないかも。

でも異国に行って一番大変なのは、言葉や勉強の問題ではありませんよ。少なくとも私はそう思いました。
お互い受け入れることのできない信念や常識の違い、そういうものの方がよっぽど大変です。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

車の免許を取るためのクラスがあるとは、驚きです。
アメリカに行って英語の授業を取らないのは、不思議な気がしますが、
英語に慣れるまで他の授業に専念していたほうが良いのですね。

英語で授業を受けているのに本場の生徒よりも出来るなんて凄いですね!
アメリカに行くにしろ日本にいるにしろ、kaburayaさんのように頑張りたいと思います。
ありがとうございました。

お礼日時:2006/10/09 11:51

No3です。



英語の授業は一年単位では取らなくてはなりませんが、毎学期ではないんです。州によって色々違いがあると思うので、一概には言えませんが。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

英語の授業は1年分の単位を取らないといけないけれども、
授業を受けるのは毎学期ではないということでしょうか?
州によって色々と違うというのは面白いですね。
再びのご回答、ありがとうございました。

お礼日時:2006/10/10 21:01

アメリカの中学・高校生向けの本や映画を読んでみてはいかがですか?(もちろん日本語訳されているもの)


おすすめを少し書いてみますので参考までに。



『24girls in 7days』笑えて泣ける(日本で言うと)高校3年が舞台のお話です。アメリカ文化がわかるし、授業ごとにクラスを移動しているのが分かると思います。読みやすいのでおすすめです。

本なら他に"トラベリング・パンツ(1~3巻)"というのがアメリカが舞台だったと思いますが私は1巻しか読んだことがないのでなんとも言えませんが・・・理論社という出版社のYA向け海外シリーズは、とても面白いし海外のことがよく分かります。"24 girls in 7days"や"トラベリング・パンツ"などを買えばチラシが入ってると思うので、それを参考にしてください(ただしアメリカの話ばかりではなくて、イギリスなどの話もありますので注意して下さい。著者の出身地を見ればどこの国の話かわかると思います)。だいたいの本屋の児童向けコーナーにあります。アメリカ(やイギリス)のティーンエイジャーの生活が分かるし、普通に面白いのでとても参考になるはずです。

映画

『MEAN GIRLS』リンジー・ロハン主演の笑えるけど泣ける映画。学校が舞台なので、授業の形式がわかると思います。転入生(初めてアメリカにやって来た女の子)が主人公なので、共感?というか、そういったものもあるかと。TSUTAYAにも必ず置いてあるはずです。DVDの特典映像も参考になるかも。

他に"サーティーン"というのがあり、これは学校(中/高校に入学した日から物語りが始まっています。が、あまり学年などが関係ないことが分かります。アメリカの学校は、州によってだと思いますが、中学&高校で一つ=ハイスクールという場合とか小学校&中学&高校で一つになっているような事もあります。)が舞台なのですが、かなり過激で15歳未満はNGですし面白い話というわけでもありませんが;しかし授業風景もあったり、アメリカのティーンエイジャーが抱える(まぁ日本もそうですが)問題が分かったりして・・・あとこれは実話です。しかし、アメリカ人全員がこんな不良というわけではありません!こういう危険な一面もあるということで。

あとは"ボーリング・フォー・コロンバイン"というマイケル・ムーア監督の映画もあります。銃とアメリカがテーマですが高校生や高校もいっぱい登場しますので参考になるのでは。アメリカの事も分かるし日本についても色々考えさせられるかと。かなりおすすめです。少し怖いですが、どこのレンタルショップにも必ずあると思います。

えっと、経験者ではないので何とも言えませんが、本や映画やドラマでアメリカの10代の事っていっぱい分かるのでちょっと探してみて下さい。ドラマなら"The OC" なんかが良いんでしょうか・・。TSUTAYAなどでもいっぱい並んでます。フレンズなど。"Highschool Musical"は、今年アメリカのティーンエイジャーの間ですっごい人気の映画です!そろそろDVDになるかと思います。では。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

映画や本から情報を得るとう手を忘れていました。
本では「24girls in 7days」、映画では「MEAN GIRLS」が特に気になります。
「サーティーン」実話ということで、かなりリアルな話のようですね。
早速探してみます。
沢山の作品の丁寧なご説明、ありがとうございました。

お礼日時:2006/10/09 11:32

一番の大きな違いは、個人によって時間割も内容も違うということでしょうか。



日本では、同じクラスの人はほとんど同じ授業を受け、大抵の授業は先生が職員室から教室にやって来ますよね。
アメリカの学校は、個人の能力や選択によって授業が決まるので授業によって顔ぶれも違います。
また、各先生が自分の教室を持っていて、その先生の授業にはその先生の教室へ移動します。

教科書は日本からすると百科事典?と思うような厚さで、読まなければならない量も多いです。

ついけいけるかという質問ですが、ついていくのは最初は無理です。
恐らく、教室に座って過ごすだけが最初は精一杯でしょう。

でも、交換留学を受け入れている学校でしたら、留学生の扱いにも慣れているでしょうし、普通授業とは別にESLも受けると思うので次第に先生の言っていることを理解できるようになると思います。

大丈夫。わからなくて当たり前。
それでも無理だと諦めたり投げ出したりせずに必死で勉強する根性が大事です。
がんばれば、先生も周りの生徒もきっと応援してくれますよ。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

ご回答、ありがとうございます。

先生がわざわざ教室まで来てくれる日本からしてみれば、自分で授業を受けるために移動するのは不思議な感じがします。
でもさすがに、教科書が百科事典のような厚さというのには驚きました。
やはり日本とは違うのですね。

相手の学校が交換留学を受け入れたことのある学校かどうかは分かりません。
ホストファミリーが決まってから初めて高校を決める…という感じだったと思います。

まず、留学生になるために頑張ります。
応援のお言葉も、ありがとうございました。

お礼日時:2006/10/06 20:55

このQ&Aに関連する人気のQ&A

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Q【アメリカ】アメリカのロサンゼルス州? ロサンゼルスって州ですか? まあいいや。 アメリカのロ

【アメリカ】アメリカのロサンゼルス州?

ロサンゼルスって州ですか?

まあいいや。

アメリカのロサンゼルス州が全米で2番目に人口が多い都市だそうですが、(380万人)1番多い都市?州ってどこですか?

ニューヨーク州ですか?

ニューヨークって州??

Aベストアンサー

ロサンゼルスは「市」ですね。カリフォルニア州にあります。
「市」で人口のトップはニューヨーク市(817万人)

「州」で人口のトップはカリフォルニア州(3800万人)
2位はテキサス州(2600万人)

Qアメリカ 高校 一年留学 授業 単語

今、高校二年で、アメリカの高校に一年間留学しています。今日で10日目です。

ですが、授業が一向についていける気配がありません。正直、もう不安で仕方がないです。

なので、少しでも克服しようと思い、いろいろ単語を調べていたのですが、もう辞書で調べてもきりがなくて困っています。なので、甘えですが、授業に出てくるような単語が記載されているサイトとかありませんか?

授業は、algebra2 government English 家庭科(food) 情報    です。


よろしくお願いします。

Aベストアンサー

単語を日本語に翻訳しようとしているのなら無駄です。英英辞典でも意味が毎回違いますから、一番いいのはその授業を取っている人に直接聞く事。

一回10単語くらいをマーカーで拾い上げて印をして、文章ごと(単語でなく)クラスの友達にみてもらいます。

一回に時間を取りすぎると迷惑がられるので、ちょっといいかなくらいで短時間で。

相手は知ってる事を教えるだけなのでそんなに大変ではありませんが、質問者様が理解出来るだけの英語力を要していないと嫌がられます。

単語の翻訳だけではなくコンセプトまで説明しないと意味がわからない事が多いので、気長に説明してくれそうな内向的な人を狙った方がイライラされなくていいかもしれません。

Q日本で最も知名度の低いアメリカの州って?

さいきん何かの新聞記事で「コネチカット州」と書かれてるのを見て「アメリカにそんな州があったのか…」と変な感心をしてしまいました。はずかしながら僕にとって初めて知ったアメリカの州でした。もしかしたら僕がまだ知らない州がほかにあるかもしれません…と思って州の一覧の載ってるサイトを検索して見たら、やっぱり見たことも耳にしたことのない州の名前がいくつかありました。
僕の中で三つ「日本において有名な(知名度の高い)アメリカの州」を選ぶとなると「テキサス・カリフォルニア・ハワイ」といったところでしょうか。
では逆に日本人にとって最も知名度が低い(なじみの薄い)と思われるアメリカの州はどこになるんでしょうか。「…だと思う」といった回答でいいんで教えて下さい。

Aベストアンサー

 州の一覧の載ってるサイトを検索して見たら、やっぱり見たことも耳にしたことのない州の名前がいくつかありました。
 
  ・デラウェア(葡萄でも採れるのかな?)
  ・メーン(羊が鳴いているのかな?)
  ・ロードアイランド(道路だらけの島?)
  ・ネブラスカ(・・・?)

などが知名度は低いかな、と思います。

#5さんの蛇足を含めムダ知識が増えて、少し幸せ・・・

Q● アメリカ高校留学(私費留学)

アメリカの高校へ留学を考えています。

原則として、アメリカの公立高校への私費留学は不可なのですが、ユタ州では公立高校への私費留学が可能というような話を聞きました。
その他に、公立高校へ私費留学が可能な地域があるのでしょうか?
アメリカでなくても、知っている人がいましたら、教えてください。

Aベストアンサー

アメリカの公立高校は、外国人用の授業料を払えば(1万ドル以上だと聞きます)、1年限定でI-20を出してくれるそうです。
別にユタ州だけが可能なわけではありません。

でも、高校からI-20を貰っても、学生ビザ申請時に移民局からビザ発給を拒否されるんだそうです。
F-1ビザを出すかどうか決めるのは、学校ではなく、移民局なので。
「大学入学時に出なおしておいで」と門前払いで、そのため公立高校の私費留学は殆ど不可能になっていると聞きます。
親が帰国のため、子供だけ残って高校を卒業したいとビザ書き換えに挑戦した駐在員のお子さんたちがほぼ玉砕してます。

ただ、SEVISに承認されている高校は全体の9%と統計に出ています。
参考サイトを貼り付けておきますので、SEVIS認定High Schoolを探してみてください。

参考URL:http://www.ice.gov/graphics/sevis/pdf/ApprovedSchools.pdf

Qアメリカの州について

アメリカの州について
初歩的な質問で恐縮なのですが、「ニューキャロライナ州」と「ノースキャロライナ州」は同じ州を示しておりますでしょうか?
アメリカの州について調べていたところ、あるリストでは「ニューキャロライナ州」があって、「ノースキャロライナ州」がなく、別のリストでは「ノースキャロライナ州」があって、「ニューキャロライナ州」はありませんでした。
どちらかが誤りでしょうか。または同じことを示してますでしょうか?お分かりになる方がいらっしゃいましたら教えてください。

Aベストアンサー

アメリカ合衆国の州では「ノースカロライナ州」が正しく、
「ニューカロライナ州」ではありません。
ついでにいえば、もうひとつ、「サウスカロライナ州」があります。

なお、州名以外では、店の名前などにNew Carolina
というのはあったりします。

Qアメリカ留学→カナダ留学→再入国

現在アメリカに語学留学中です。I-20の有効期限は今年11月までですが来月4月末で卒業してしまいます。さらに英語を勉強したいため5月よりカナダへもう半年語学留学を考えています。帰国の航空券は11月にアメリカからの出発となっています。アメリカからカナダへ出国した場合90日以内にアメリカに再入国しなければならないと聞きましたがほんとうでしょうか?11月の再入国は可能でしょうか?どなたか詳しい方いましたらアドバイスおねがいいたします。

Aベストアンサー

私は、以前、日本の旅行社でビザ担当をしておりました関係で、一応、アメリカ学生ビザ、(F-1)関係は有る程度知っておりますので、ご参考になればと思います。

 さて、本題ですが、ヨコヤマさんの場合、カナダに渡航する理由としてI-20の有効期限が切れてしまうということなのでしょうか?それともカナダの学校に通いたいので、出国するのでしょうか。よくわからないので、どちらか教えてください。

 I-20は他の方もお書きになったように、滞在許可、滞在資格を示す書類です。日本にいる時、恐らく、語学学校から発行されたI-20を今はお持ちで、その有効期限(~ヶ月以内に学校を終了する予定と記載されている欄)が2005年の11月ということで間違いないでしょうか。
 
 以下は、「カナダなんて本当は行きたくないんだけど、I-20の有効期限が切れてしまうからカナダに行く」という場合の方法です。アメリカに合法的に滞在する方法です。

 I-20の有効期限は、あくまで、最大学校にいられる期間となります。語学学校の場合、大学、短大、大学院とは違い、修了してしまったら、もう履修する授業がないと言うわけではなく、お金を払えば、4月以降も学校に所属する事ができます。(語学学校は学位を取る為じゃないので、「まだ英語の勉強が必要」という
理由が出来る)

 11月までアメリカにいたいと思うのなら、学校のインターナショナルスチューデントアドヴァイザーにI-20の延長を申請してください。そんなに何度も同じ学校のI-20を延長する事はできませんが、移民局が納得できる範囲内の延長は数回認められていると思います。つまり、I-20を2006年4月までなどと半年間くらい延長してもらう事はアドヴァイザー次第で出来ます。

 また、別の方法として、アメリカ国内の別の語学学校に転校(transfer)の手続きを取ってもらい、新たなI-20フォームを発行してもらえば、半年~数年間の新たな期限が延長されます。この手続きも学校のアドヴァイザーに依頼すれば、数日で可能です。

 個人的には、もし、カナダに行く必要が本来はないく、ただ、11月にアメリカ発の航空券を予約していて、それを使ってアメリカからの便に乗るのだったら、今の学校か米国内の他の学校にお金を払って、ギリギリまでいればいいのでは?と思います。更に、この方法を取れば、11月以降もアメリカに滞在したいと思っていても、更新したI-20の期限まで、学生として滞在が出来ます。

 また、学校終了後60日以内(Jビザの場合は30日)は、アメリカを出国する「出国準備猶予期間」があるので、学校に通わなくて、ぼーっとしてたり、観光をしててもいい期間となります。この60日以内に、「日本に帰るって、移民局には報告してるけど、やっぱ新しい学校にいこうかなあ?」と思えば、新たにI-20を発行してもらうことを条件に、更なる滞在が認められます。但し、この60日の間に、1度でも、アメリカを出てしまうとその時点で、猶予期間は終了となりますのでご注意ください。更に、成績不良、素行不良、問題行動で、学校を強制的に退学させられた場合は15日間の猶予しか与えられません。

 次に「カナダにも留学をしたいのだけれども、11月の帰国日にアメリカ発日本着の便に乗りたい」という場合です。この場合、アメリカに再入国した際、既に
5ヶ月以上アメリカに滞在しておらず(半年カナダにいるので)しかも、学生ビザを使って入国し、5ヶ月以上アメリカの学校に通っていない状態のままでいます。ですので、この場合は、学生ビザの有効期限にかかわらず、学生ビザが使えなくなってしまいます。再び、アメリカに入る際は、観光目的のビザなし入国又は、新たなビザが必要となります。

 もうちょっとわかりやすい例を示します。

 例1)2010年まで有効な学生ビザを所持して、4月にカナダへ向けて出国=>8月末までにアメリカに再度、新たな(今の学校のとは別の学校からの)I-20を持って、「学生として入国」=>5ヶ月以内にアメリカの学校に復帰しようとしているので、空港で止められない。合法的に学生としての滞在が許可される。再びアメリカの学校に通うことが出来る。

 例2)2010年まで有効な学生ビザを所持して、4月にカナダへ向けての出国=>8月以降にアメリカに再度入国=>5ヶ月アメリカの学校に通ってないので、2010年までビザが有効でも、ビザは有効性を失い、学生としては入国できず、90日以内までしかアメリカに滞在できない観光目的の入国のみ許可される。学校に通うことは許可されない。

 ということです。

 幸いな事に、日本国籍を持つ人は、犯罪歴などの問題がない限り、90日間(3ヶ月ではありません)アメリカにビザを取得せずに観光目的の滞在ができる、パイロットプログラム加盟国の国民です。(もし、ヨコヤマさんが、外国籍の方の場合、観光でさえ、ビザが必要となる場合もあります)ですので、半年間、カナダにいたとしても、再びアメリカの学校に通う気がなくて、アメリカを経由地として、到着同日に飛行機に乗りかえるだけ、もしくは、しばらく観光して、すぐに出国するだけなら、問題はありません。

 90日間というのはどこから出た話なのかはわかりませんが、一般に、学校を途中で辞めたり、転校すると中だったり、学期中なのにもかかわらず、90日も外国に出ていれば、移民局は怪しむと思いますので、ご注意ください。なお、観光目的の入国を何度も繰り返すと、入国を拒否されることがあります。

 最後に申し上げます。野球の審判と同じで、入国の可否の決定、及び、米国内の滞在資格に関しては、移民局の役人が全てを決定します。どんなに有効なビザ、パスポート、I-20を持っていたとしても、入国審査官がペルソナノングラーダ、(あやしいと思ったり、入国に不適切と判断する事)を突き出したときは、アメリカに入国できませんので、普段から国を出たり入ったりして、怪しい行動を取ったりしないでください。そして学校はよっぽどの理由がない限りずる休みしないでください。
 

私は、以前、日本の旅行社でビザ担当をしておりました関係で、一応、アメリカ学生ビザ、(F-1)関係は有る程度知っておりますので、ご参考になればと思います。

 さて、本題ですが、ヨコヤマさんの場合、カナダに渡航する理由としてI-20の有効期限が切れてしまうということなのでしょうか?それともカナダの学校に通いたいので、出国するのでしょうか。よくわからないので、どちらか教えてください。

 I-20は他の方もお書きになったように、滞在許可、滞在資格を示す書類です。日本にいる時、...続きを読む

Qアメリカで まぁいいなー と思う州といったら、どこをイメージしますか?

アメリカには50の州がありますが、皆さんが「まぁいいなー」と思うのはどの州ですか?

アメリカにない場合は日本の州でも結構です

Aベストアンサー

オレゴン州です。
旅行した時に知ったのですが、売上税(消費税)がゼロパーセントでした。
今でもゼロパーセントなのかな?

Q留学エージェントを利用してのアメリカ留学について

留学エージェントを利用してアメリカに留学する予定です。

いくつかのエージェントさんに相談したんですけど、ラストリゾートというところが相談したスタッフさんの対応も良くてサポートも充実しているという印象です。
費用感も納得いくレベルだったので、こちらにしようと考えているのですが、ラストリゾートさんはどうなんでしょうか。

ご存じの方、よろしくお願いします。

Aベストアンサー

ラストリゾートを利用して、ロンドンに留学したことがありますが、しっかり対応してくれたという印象です。

特に、渡航中の現地サポートは非常に助かりました。
多少は英語を話せるようになっていたのですけど、困った時はどうしても混乱してしまってまともな英語を話せなくなりますので、いざという時に日本語がちゃんと通じるサポートを受けられるのは大きいです。

費用については、やはりエージェントなので自分で手配するよりかはかかりますが、手配等は基本全部やってもらえるので助かりましたよ。

良かったら参考にしてみてください。
いい留学になるといいですね。

Qアイオア州とはアメリカの典型的な州なのでしょうか。

アイオア州とはアメリカの典型的な州なのでしょうか。

Aベストアンサー

 全米平均に近い州かどうかという意味であれば、
わりと典型的に近いかもしれません。

面積 26位
人口 30位
18歳以下の割合 23.9%(全米平均は24.0%)
年収 24位

 いっぽう、平均とは大きくかけ離れている数字も
あります。それは人種構成です。アイオワは最新の
2010年国勢調査(CENSUS)で、白人が91.3%を占めます。
これは全米平均の72.4%よりはるかに高い数字です。

 さらに、白人からヒスパニックを除いた欧州系白人に
限定すると、アイオワ州は 80.9%、全米平均は46.1%
ですから、その差はほぼ2倍に広がります。

 もうひとつ、平均というか典型とは異なる点として、
大都市がありません。最大都市のデモインでも20万人以下。
人口300万人の州としては異例でしょう。なにしろ農業州の
代表的存在ですから、さもありなんです。

 ちなみに高校卒業率は平均より高く、大学進学率は
平均以下です。つまり、田舎の平和な州という感じです。
結論として、人種構成を別にすればわりと典型的な州です。
旅行者にとってはかなり退屈な州だとは思いますけどね。

 全米平均に近い州かどうかという意味であれば、
わりと典型的に近いかもしれません。

面積 26位
人口 30位
18歳以下の割合 23.9%(全米平均は24.0%)
年収 24位

 いっぽう、平均とは大きくかけ離れている数字も
あります。それは人種構成です。アイオワは最新の
2010年国勢調査(CENSUS)で、白人が91.3%を占めます。
これは全米平均の72.4%よりはるかに高い数字です。

 さらに、白人からヒスパニックを除いた欧州系白人に
限定すると、アイオワ州は 80.9%、全米平均は46.1%
ですから、その差はほぼ...続きを読む

Qカナダ留学をアメリカ留学と比較した場合の違いについて説明をお願いします。

アメリカ留学中ですが、いろいろ思うことあってカナダの大学・大学院も進路の選択肢に入れて摸索中です。いろいろ本を読んで調べたりしましたが、カナダ留学の情報はアメリカに比べると圧倒的に少なく、今一つ状況がつかめません。まだ漠然とした状態なので、長文すみませんが、お付き合いいただければ幸いです。

一応、昨年、バンクーバーに1週間だけ旅行で滞在したことがあります。その前に既にアメリカに視察を兼ねた短期留学をしていたのですが、雰囲気が随分違うということだけは分かりました。例えば、

1.アメリカに比べてヨーロッパ的な部分(フランス語の影響?)が強い。
2.現地の日本人があまりローカライズされていない、日本での生活をそのまま維持できている感じがする。良い面・悪い面あるとは思いますが、アメリカの日系コミュニティで感じる独特の雰囲気がバンクーバーにはなかった。
3.学生は勉強、勉強という感じではなくて、比較的のんびりしている。余裕がある。
4.日本食レストランのご主人(日本人)から聞いた話では、「永住するならカナダだけど、本気で勉強したければアメリカかなあ。学問をやっていこうとする学生は、たいていアメリカに行ってしまう」とのこと。
5.食べ物はアメリカよりも日本人向き。

1週間なのでこの程度ですが、まずこの感覚がどこまで的を射たものか、自分では確信がありません。レストランのご主人のお話も、お一人にうかがっただけなので、どこまで定かかは分かりません。

そして肝心の教育制度。アメリカの大学や大学院は、途中でフレキシブルに専攻を変えたりできますが、カナダではそうではない?というようなことが読んだ本には書かれていました。しかし、情報はそれぐらいしか得られず・・・

前文長くなりましたが質問です。

1.カナダ留学とアメリカ留学の違いを端的にまとめると、どういう風に捉えるのが適切ですか?
2.アメリカ留学からカナダ留学に切り替えた、あるいは、カナダ留学からアメリカ留学に切り替えた方は、いらっしゃいますか? その理由は何ですか? また、実際にやってみてどんなところが違うと思いましたか?
3.特にカナダの大学・大学院教育(コミュニティカレッジも含め)の特徴や、日本・アメリカと比較した場合の違いは何ですか?
4.学業を終えた後、アメリカかカナダで就職し永住権を取得したいと考えていますが、どういった点で両国におけるこの目標に到達するプロセスが異なりますか? どういう人にはどちらが有利で・・・など。
5.その他、カナダ留学について分かりやすい本・サイトなどありましたら、ぜひ推薦をお願いします。

漠然とした長い質問でごめんなさい。けっこう真剣に悩み始めています。どうぞよろしくお願い致します。

アメリカ留学中ですが、いろいろ思うことあってカナダの大学・大学院も進路の選択肢に入れて摸索中です。いろいろ本を読んで調べたりしましたが、カナダ留学の情報はアメリカに比べると圧倒的に少なく、今一つ状況がつかめません。まだ漠然とした状態なので、長文すみませんが、お付き合いいただければ幸いです。

一応、昨年、バンクーバーに1週間だけ旅行で滞在したことがあります。その前に既にアメリカに視察を兼ねた短期留学をしていたのですが、雰囲気が随分違うということだけは分かりました。例えば、
...続きを読む

Aベストアンサー

acrobotさんの質問には関係ないのですが、shunnak1さんが勘違いされているので、少し付け加えさせて下さい。その後、カナダの移民のご質問にお答えさせて頂きます。

まず、I-20、DS-2019、SEVIS、パスポートの提出はビザ取得のためです。これらの書類を見せて、ボーダーでビザを取得します。もしビザの取得が必要でなければ、これらの書類の提出は必要ありません。
shunnak1さんの書かれているサイトにも書かれています。
Some Canadians have mistakenly assumed that other regulations that apply to international students do not apply to them. Canadians are subject to the same regulations regarding employment in the United States, requirement for full-time study and all other provisions for maintaining status. It is especially important for Canadian students to be vigilant about entering the United States in proper student status, as immigration inspectors are accustomed to admitting Canadian citizens as visitors.
他の国の留学生と違うのは、アメリカ大使館での面接がない事です。
アメリカの旅行には、birth certificateでも入国がOKなので、学生でも同じだろうとカナダ人でも勘違いされていらっしゃる方が多いです。

acrobotさん
>アメリカの大学院を出ていても、問題ありませんか? カナダの学校に在籍経験がある方が有利と聞いたことがあるのですが。

もちろん、アメリカの大学院でも大丈夫ですよ。カナダの学校に在籍経験があると5ポイントプラスされるので、カナダでの移民を考えておられるなら、カナダの学校に通う方が有利です。

1.もしお仕事だったとして、アメリカの大学(院)を卒業していれば、カナダで職を探すことは比較的簡単でしょうか?
これは、acrobotさんの希望する職種によって変わってくるので、簡単かどうかは分かりません。ごめんなさい。

2.その際、学校での専攻選びなどで注意すべき点はありますか?
acrobotさんが勉強した専攻がいいと思いますが、アメリカでもカナダでも、その国が必要としている職種(医者など)に有利になるものがいいと思います。ただ、acrobotさんが興味がない分野だと挫折することもあるので、これはお勧め出来ませんが…

3.最終的にカナダに行かれたのは、やはり住みやすさがポイントだったのでしょうか?
私がカナダに行ったのは、仕事でなんですが、とても住みやすかったですよ。

4.国民性の違いなども含め、アメリカとカナダの違いを一言で言うとすればどんな感じですか?
アメリカに住んでいた時は人種差別を受けた事がありました(住んでいた州はアリゾナとカリフォルニアです)。それがカナダでは一度も経験した事がなかったです。後、治安もいいですね。アメリカでは銃で撃たれそうになった経験がありますが、それはカナダではなかったです。ただ、トロントは今、銃による事件が増えてきていますが…
後、メディカル面ではカナダの方が上です。今、マイケル・ムーアの映画がアメリカの医療の問題を取り上げていますが、カナダでは一切そういうのがありません。カナダでは留学生でも治療費は無料です(州によって変わってきますが)。ただし、カナダは税金が高いです。また、物もアメリカの方が可愛いものが多いですし、安いです。

もし、アメリカとカナダどちらに住みたいかと聞かれたら私はカナダだと思います。

acrobotさんの質問には関係ないのですが、shunnak1さんが勘違いされているので、少し付け加えさせて下さい。その後、カナダの移民のご質問にお答えさせて頂きます。

まず、I-20、DS-2019、SEVIS、パスポートの提出はビザ取得のためです。これらの書類を見せて、ボーダーでビザを取得します。もしビザの取得が必要でなければ、これらの書類の提出は必要ありません。
shunnak1さんの書かれているサイトにも書かれています。
Some Canadians have mistakenly assumed that other regulations that apply to inte...続きを読む


人気Q&Aランキング