はじめての親子ハイキングに挑戦!! >>

ディープインパクトの激走に興奮しましたね。ところでいろんなレースを見てきた中で、衝撃を受けたレースを教えて下さい(以外な馬の大激走でもいいし、感動のレースでもいいし超大穴のレース何でもいいです)。「最も衝撃を受けた」と聞きたかったのですが、ひとつでは皆さんもお悩みだと思いますので、3つ位挙げてもらって結構です。
私は1977年の皐月賞のハードバージ(外にいたのにいつの間にかインから強襲)
1985年の秋の天皇賞のギャロップダイナ(札幌で空馬で1位入線した馬がルドルフを負かす)
1991年有馬記念のダイユウサク(ブービー人気なのに鬼脚でマックイーンを一蹴)物凄い脚でした。
まだまだあるけどきりがないのでこれまで。最近競馬に疎遠なので新しいところもよろしく。

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (9件)

こんばんは、思い出深いレースは多々あるのですが、とりあえず


今でも鮮明に覚えているのがこれです。

・01年武蔵野Sのクロフネのぶっちぎり(JCDとセットかな)
・89年マイルCSでのオグリキャップVSバンブーメモリー

これとレース自体が・・・だって2つの秋天(91,98)ですね。
メジロマックイーン降着とサイレンススズカ競争中止
    • good
    • 0
この回答へのお礼

質問してすぐ寝てしまったので、お礼がおくれました。ありがとうございます。クロフネは私も考えました。三角から捲ってブッちぎったのは武蔵野とJCDどちらでしたっけ?

お礼日時:2006/10/05 19:10

年代が8の方と同じ位ですね。


でも私は天皇賞でライスシャワーがメジロマックイーンを破った
レースの方がインパクトが大きかったですね。
ちなみにこの年は故障中のトウカイテイオーとミホノブルボン
にライスシャワーとメジロマックイーンが4強と呼ばれていたので
いつかこの4頭が同じレースに出る事を夢見ていました。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

回答ありがとうございます。マックイーンは確か3連覇がかかってたのかな?ちがってたらごめんなさい。
ここまで感動の衝撃が多いですね、ちょっと意外です。
逃げ馬の衝撃がまだ出てませんね。

お礼日時:2006/10/05 20:13

ミホノブルボン唯一の負けレース「菊花賞」(1992年)



ライスシャワーがブルボンの三冠を阻止したレースで有名です。
確かにあの時のライスシャワーには完敗でした。しかしゴール前で一度マチカネタンホイザに迫られかわされたがブルボンが最後の意地を見せて差し替えした時に背中がゾクッとしたのを憶えています。

一番人気ブルボン
二番人気ライス
のレースでした。

馬券は簡単なレースだったので一点買いでした。的中でしたがちょっとも嬉しくなかったです。
自分の中では
一着ブルボン
二着ライス
のつもりで買っていたので…
馬券が当たって嬉しくなかったのはこのときが初めてだったと思います。


ブルボンは4歳(今の3歳)で引退したので上のトウカイテイオー、下のビワハヤヒデらと走ってないので是非見たかった。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

ブルボンはデビュー戦が凄かったらしいですね。小回り中京で出遅れたのに、6馬身ぶっちぎり。坂路でも物凄いタイム出してたらしいです。良い馬は早々と第二の人生(馬生か)に入ってしまうのがさみしいですね。

お礼日時:2006/10/05 20:08

No.6です。


阪神大賞典で年代を間違えました。
1998年ではなく1996年でした。
大好きなレースなのに……年代を間違えるとは……。
情けないです(-_-;)。
    • good
    • 0

こんにちは。



まずは……2001年・クロフネが優勝した武蔵野S。
たまたまテレビ中継を観ていたのですが、
2着に9馬身差をつけての、しかもダートとは思えない
ほどのレコードタイム(1:33.3)で駆け抜けたあの
光景に衝撃を受けてしまいました。
そして次走がジャパンカップダートだと知った時、
当初予定にはなかったジャパンカップダートを
東京競馬場で直接観ることを即決したのです。

2番目……1998年・ナリタブライアンが優勝した
阪神大賞典。
ディープインパクトが登場するまで一番好きだった
競走馬。
三冠を獲った翌年は病気を患い、結局は引退するまで
1つもG1が獲れなかったのです。
しかし……そんな中で同じ菊花賞馬で1年後輩の
マヤノトップガンが4コーナー手前で先頭に立ち、
間髪入れずにナリタブライアンが追いついて、
最後の直線でのあの猛烈な叩き合い。
互いに一歩も譲らず、最後の最後でほんの少しだけ
ナリタブライアンがスッと前に出たところがゴール。
G2ではあったけれど、あの時に私はこれが
私にとってのこの年のベストレースであると
確信したのです。ナリタブライアンが勝ったと
分かった瞬間……嬉しくて涙が止まりませんでした。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

クロフネ二人目ですね。空恐ろしい強さでしたもんね。
競馬を覚え始めたころ好きになったのがナリタですか?なんかそんな感じがしました。ディープにも好敵手が欲しいですね。

お礼日時:2006/10/05 19:57

マニアックなレースですが。


1994年のヒシアマゾンが勝った、クリスタルカップGIIIです。
4コーナー廻ってから、すごい足でブチ抜いて勝利しました。他の馬は止まって見えます。
確か井崎さんもその年のベストレースの一つと紹介していました。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

いやあ見てません。いや見てても忘れてるかも?クリスタルカップって事は明け3歳のレースですよね。ヒシアマゾンはアマゾネスと言われてた位だからね。ありがとうございました。

お礼日時:2006/10/05 19:51

私は人気馬には結構アンチって立場です。


馬券は全く別ですけどね。(笑

そんな私でも「オグリキャップ」だけは大・大・大好きです。
ヒネた私が惚れ込んだ魅力は、単純ですが、どのレースも(特にG1)印象深かった!が理由です。
彼と戦った名馬達、タマモクロス、スーパークリーク、イナリワン、サッカーボーイ、バンブーメモリー等との一戦一戦が素晴らしい名勝負で、勝ち負け関係なく熱く観戦しました。

マイル(ハナ差の1着)から連闘のJCでホーリックスとの世界レコード(当時)の叩き合い(クビ差の2着)も衝撃的でしたが、やはり、「オグリキャップ」といえばラストランが一番印象深いです。

6歳(現5歳)秋になって大敗続きのオグリは有馬での引退が決まりました。
当時、関西に住んでた私は府中にはとても行けませんでした。
が、「オグリの引退レースは競馬場で!」と思い京都競馬場へ友人達と共に向かいました。
唯一、負けても良いと思って買った馬券はオグリの単勝が最初で最後です。(現時点)

しかし、オグリは勝ちました!
引退レースで!しかも舞台はグランプリで!信じられないくらい感動しました。
馬券が当たったことなんか忘れて、純粋に「オグリコール」で称えました。
私も友人も周りの観客もほぼ全員で「オグリっ!オグリっ!」の大合唱です。
オーロラビジョンに写るオグリに向かって「オグリコール」です。
今になって冷静に考えれば異様な光景ですよね、まさしく衝撃(笑劇)的でしょ。(笑

でも、これほど興奮したレースは現在まで経験していません。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

回答ありがとうございます。
オグリのラストランのころが競馬ブームのピークだったんじゃないかな。ジャパンカップのローテーションは何考えてるの?と思いましたもん。それで世界タイレコードですから天晴れです。

お礼日時:2006/10/05 19:48

ナリタブライアンの阪神大賞典 マヤノトップガンとのドッグファイトに魅せられました。




ダンツシアトルの宝塚記念 ライスシャワー落馬の瞬間、及びコース上で安楽死処分をされる一部始終が放映され、非常に印象に残っています。まさに衝撃でした。
http://www.youtube.com/watch?v=jHp4ukWyR6o (レース途中まで)

ブロードアピールの根岸ステークス 通常では届かない位置から届く脚は衝撃
http://www.youtube.com/watch?v=N1fHIY9V3dM
    • good
    • 0
この回答へのお礼

回答ありがとうございます。衝撃でも悲しい衝撃は痛々しくつらいですね。
ブロードアピール覚えてますよ、末脚は芝並みでしたね。

お礼日時:2006/10/05 19:43

1位→2001年の阪神大賞典のナリタトップロードです。


2000年の暮れからはテイエムオペラオー・メイショウドトウが出走していないレースでも負けが続き、正直もう駄目かと思いましたが、8馬身差+レコード勝ちを見て感動しました。(今でもそのレコードが破られていないのはすごいと思います)
落馬からの精神的ショックから復活したり、オペラオー・ドトウ・ステイゴールドが引退しても現役を続け、シンボリクリスエス・ジャングルポケット・マンハッタンカフェと好勝負するなど、なんだかトップロードのレースは見ていて涙が出そうになることが多かったです。

2位→2000年の有馬記念のテイエムオペラオーです。
道中で立ち上がるほどの不利を受けながら、普通では届かない位置から馬群を割って抜け出したところにこの馬の勝負根性と精神力の強さを感じました。

3位→1998年の安田記念のタイキシャトルです。
不良馬場をものともしない豪脚に衝撃を受けました。
タイキシャトルのような強い短距離馬がまた現れて欲しいと思っています。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

お礼遅れごめんなさい。ありがとうございます。衝撃感動篇ですね。競馬は馬券をはなれて素晴らしいですね。

お礼日時:2006/10/05 19:29

このQ&Aに関連する人気のQ&A

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!


人気Q&Aランキング