2つのモータを回転させ電流測定をしました。
(1)定格AC100Vモータ(500W)をAC100で回転させたときは8Arms
(2)定格AC200Vモータ(500W)をAC200Vで回転させたときは12Arms
でした。
(1)より(2)の電流が大きいのはなぜでしょうか?
型名の同じモータです。モータのWは電圧×電流ではないのでしょうか?

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (7件)

ikkyu3です。

負荷があることは了解しました。断続負荷ですね。バネの耐久試験のような感じですね。
さて、困りました。負荷が同じでモーターの設計の仕方も全く同じとすると違うのは、測定用のシャント抵抗しかありません。
何オームでしょうか。同じ抵抗としますと影響に4倍の開きが出ますね。無視できる値としますとこれも除外ですが。
そこでもう一度負荷の戻りますが、全く同じ負荷にモーターを付け替えて試験していますか。
それとも設計上同じつもりの別な負荷に取り付けていますか。
レバーですと少しの支点からの長さの違いでトルクに大きな違いが出ますが。
それと電源には、電力計はついていないのでしょうか。
回答にならなくてごめんなさい。
    • good
    • 0

標準のサーマルリレーの基準値が


AC100V500Wの場合 11.5A前後

AC200V3P500Wの場合 2.0A~3.2A程度(サーマルの範囲)。

AC100が8Aは少ないほうです。(無負荷状態に近い)

AC2003Pが12Aは負荷拘束状態(トルクの上限を超えてやっとこさ動いている)状態のようです。

本当に両方が500W出力でまったく同じ負荷で、電流値が測定通りだったら、どれかの値・状態が違うと思いますけど。

現在の電流値・モータ定格が正解ならAC200V3Pのモータは使用時間が長くなると焼けるはずです。

また通常のAC100Vモータの電流が8Aは300W相当になります、またAC100V500Wモータが無付加状態の場合もこの程度になると思います。
    • good
    • 0

状況が良くわからないので推定で答えます。


使われているモーターはたぶん誘導電動機だと思います。
モーターはいずれも単相誘導電動機として考えます。
この場合定格電流は
100Vモーター:A1=500/100/0.8=6.25
200Vモーター:A1=500/200/0.8=3.125
(0.8というのは力率です、誘導電動機なら0.8くらいだと思います)
となり、100Vモーターは1.28倍、200Vモーターは3.84倍の電流が流れていることになります。
では何故こんなことがおきるかということを推定しますと、
誘導電動機の特性として、定格回転数より低い回転の場合かなり大きな電流が流れます。
起動時に定格電流の3~5倍の電流が流れるのはこのためです。
ということで回転数が定格よりかなり低下しているのではないかと考えられます。

回転数低下の原因は、モーターのトルク不足が考えられます。
負荷のトルクに対してモーターのトルクが不足している場合は回転数が低下し、最悪、停止してしまいます。その場合、定格電流に比べ異常に大きな電流が流れ、モーター焼損等に発展します。
ただしこの場合は負荷が断続的ということで、過負荷を容認しているのかもしれません。

それに対する対策は
モーターの速度トルク特性からモーター定格回転数に近いところで負荷のトルクよりモーターのトルクが大きなモーターを選ぶ必要があります。
あるいは、ギア比を変更して負荷の入力軸でのトルクを確保する方法があります。

ちなみに定格回転数はモーターの極数によって変わりますので、全く同じ定格で同じ回転をしている場合でも電流は同じではありません。
また3相モーターの場合の電流は上記の計算の1/(ルート3)となります。
    • good
    • 0

このモーターの定格は全く同じですか??


回転数が違うのではないでしょうか?
回転数が変われば同じ負荷に対して要求される軸動力が異なり、
送風機負荷だと回転数の3乗に比例するため一寸した回転数の上昇がとてつもなく負荷の上昇になります。
つながれている負荷は何ですか?
失礼ながらモーターに損失が存在することも知らない方が質問されておられるので測定条件が全く同一かどうかも怪しいと思われますので・・・。

この回答への補足

損失も知らずに質問して申し訳ございません。
モータでバネを圧縮する装置です。
シャントで測定してます。負荷,測定器にはあまり差異はないと思います。
一般的には
(1)型名が同じ(2)定格電圧が違う
モータの特性(回転数などは)違うものでしょうか?
よろしくお願いします。

補足日時:2002/04/02 08:34
    • good
    • 0

定格出力とは、モーターの軸から出しうる機械的な仕事率です。


いまモーターには、何がつながっていますか。それがしている単位時間当たりの仕事のことです。
その電流は無負荷のときですか。

この回答への補足

モータ→歯車→レバー→コイルバネです。
電流はバネを圧縮しているときのピーク電流です。
よろしくお願いします。

補足日時:2002/04/02 08:48
    • good
    • 0

モーター電流は負荷,損失によって左右されます。

    • good
    • 0
この回答へのお礼

負荷は同じなんですが。。。
損失とはなんでしょう?

お礼日時:2002/04/01 20:07

モータの表示は出力です。


1馬力=0.75KW(750W)として表示されています。
500W定格出力と表示されていませんか?

上記の消費電流の負荷は?無負荷ですか?負荷接続時ですか?
    • good
    • 0
この回答へのお礼

負荷ありです。よろしくお願いします。
表示はありません。取説はないです

お礼日時:2002/04/01 19:37

このQ&Aに関連する人気のQ&A

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Q単相コンデンサモーター

単相コンデンサモーターの動作原理を教えて下さい

Aベストアンサー

三相モーターはR相、S相、T相の位相(時間的なずれ)のずれにより回転磁界を作り回転子を回します。
単相コンデンサモーターはコンデンサにより位相を作り回転させます。
モーターコイルの主コイルと補助コイルの位相差により回転磁界が発生します。
モーターのリード線が4本と3本のものがあります。
主コイルと補助コイルとの配線で4本、片側同士が共通になっているタイプで3本。
参考に書きますが・・・。単相AC100V(図でないと解りにくいかも知れませんが)
モーターの配線が3本の場合 (仮に配線の色を黒、赤、白とします。)
黒は電源に接続します。(AC100V-L1)
赤と白に間にコンデンサーを接続します。
(ここの電圧は定格の1.7倍 約170Vになります。これ以外の時はコンデンサの不良または接続不良。)
(主コイルと補助コイルの巻線抵抗の測定によりコイルの損傷をチェックできます。)
白または「赤」は電源に接続します。(AC100V-L2)「逆転します。」
モーターの配線が4本の場合 (仮に配線の色を黒、青、黄、白とします。)
正転(CW)の時
黒と青を電源に接続します。(AC100V-L1)
黄と白の間にコンデンサーを接続します。
白を電源に接続します。(AC100V-L2)
逆転(CCW)の時
白と青を電源に接続します。(AC100V-L1)
黄と黒の間にコンデンサーを接続します。
黄を電源に接続します。(AC100V-L2)

三相モーターはR相、S相、T相の位相(時間的なずれ)のずれにより回転磁界を作り回転子を回します。
単相コンデンサモーターはコンデンサにより位相を作り回転させます。
モーターコイルの主コイルと補助コイルの位相差により回転磁界が発生します。
モーターのリード線が4本と3本のものがあります。
主コイルと補助コイルとの配線で4本、片側同士が共通になっているタイプで3本。
参考に書きますが・・・。単相AC100V(図でないと解りにくいかも知れませんが)
モーターの配線が3本の場合 (仮に...続きを読む

Q480V用の三相電動機を200Vで使用した場合、どのような不具合が発生しますか? また2.2kwの4

480V用の三相電動機を200Vで使用した場合、どのような不具合が発生しますか?
また2.2kwの480V用電動機を200V用電動機に変更したいのですが、変更に伴いブレーカーなどの交換が必要になってくる機器、注意点を教えてください。
宜しくお願いします。

Aベストアンサー

標準電動機(カゴ形電動機)のトルクは電圧の2乗に比例すると
されています。
(200V/480V)^2=(0.417)^2=0.174ですので出力するトルク
が17.4%になります。
これにより、機械装置に連結して回転させようとしても、始動
できません。
製造メーカーに依頼して200V用に巻替える考えもありますが、
通常通り200V 2.2kWの電動機を新規に購入することをお勧め
します。

Q単相コンデンサモータの逆転

単相コンデンサモータの回転方向を逆転するには、コンデンサを直列に入れるコイルを入れ替えれば電流が進むコイルが逆になり回転方向が逆になると思うのですが、いまいち理解ができないので、フェーザ図をもちいて教えていただけないでしょうか??よろしくお願いしますm(_ _)m

Aベストアンサー

コンデンサによる位相進みが判れば、判ります

コイルに直列にコンデンサが接続されたコイルの位相は90度弱進みます

そのコンデンサを他のコイルに接続代えすれば、位相が進むコイルが入れ替わります

コンデンサの無いコイルを基準にして、位相進みのコイルがどちら側にあるかで回転方向が決まります
ベクトル図を描いてみることです

単相誘導電動機では、回転を始める瞬間にだけ影響します、回転が始まってしまえばその回転方向を維持します

Q電流計測 三相三線200V

はじめまして。
電流計測についてご質問させて下さい。
三相三線式200V(u,v,w)の負荷電流をモニタリングするために
計測器を接続したいのですが、v相(中性線)に接続しなければいけないと言われました。(理由を尋ねると分からないと返って来てしまいました。)
三相三線式であれば線電流は同一なので、どの相に接続しても
良いのでは?と思ったのですが、理由が分かる方ご教授願います。
電気の事はあまり分かっていない為、説明不十分であれば申し訳ありません。

Aベストアンサー

線電流が同一なのは負荷や電源電圧が対称のときだけです。
通常は何らかの不平衡があるので多少の差があります。

電流計をV相につなぐのは、対地電圧の低い相につなぐことで計器に絶縁不良などのトラブルがあったときの影響を最小限に抑える、というのを狙っているように思います。
(電力計などでは電流検出を2相以上で行うので、V相だけに接続、というわけには行かないですし。)

Q三相モーターの単相での簡易運転に使う進相コンデンサ

お世話になります。

質問1
緊急的に三相モーター(60Hz)200V・350Wを単相200Vで簡易駆動したいと考えています。
いろいろと調べてみると、接続する進相コンデンサは、起動用と運転用を分けた方がよいとのことなのですが、なぜでしょうか?
http://freecircuitdiagram.com/2010/10/13/enabling-3-phase-motor-to-operates-with-single-phase-supply/


質問2
運転用は35~40μF/KWらしいので、このモーターの場合、12~14μFを接続すればいいようです。
起動用のコンデンサの容量が不明(運転用よりも大きな容量?)なので、どのくらいのものを接続すればいいのか教えてください。


質問3
使用するコンデンサの種類は何がベストでしょうか? 耐圧は450VくらいでOKでしょうか?


質問4
今回のモーターの駆動時間は1回あたり3~5分で日中に10回程度で、定格以上の負荷はかからないと想定していますが、仮に1回あたり10分くらいに時間が延びた場合や、日中の回数が20~30回に増えた場合の影響がわかればご教授下さい。


補足
単相で三相モーターを駆動するにはインバーターが安全で安定していることは知っていますが、緊急かつ諸々の条件でインバーターが使えないので今回の質問をさせていただきます。
すべて自己責任なのも理解しているつもりなので、インバーターがいいよとか、やめた方がいいというアドバイスは回答不要です。


電気は高校の物理程度は理解しているつもりですが、なるべく分かりやすい回答を頂けますと幸いです。
どうぞ、よろしくお願いいたします。

お世話になります。

質問1
緊急的に三相モーター(60Hz)200V・350Wを単相200Vで簡易駆動したいと考えています。
いろいろと調べてみると、接続する進相コンデンサは、起動用と運転用を分けた方がよいとのことなのですが、なぜでしょうか?
http://freecircuitdiagram.com/2010/10/13/enabling-3-phase-motor-to-operates-with-single-phase-supply/


質問2
運転用は35~40μF/KWらしいので、このモーターの場合、12~14μFを接続すればいいようです。
起動用のコンデンサの容量が不明(運転用よりも大きな容量?...続きを読む

Aベストアンサー

本件の場合「進相コンデンサ」ではありません
始動用コンデンサです

>どのくらいのものを接続すればいいのか教えてください。
適当にそこらへんに転がってる単相モータのコンデンサを流用する
http://www.nissei-gtr.co.jp/gtr/pdf/midi_16_28.pdf

これで、回る事は回りますが、いかんせんトルクは足りない
概ね、三相換算で負荷率半分以下の場合に限る
8割以上の負荷率で駆動するとトルク不足で始動できない可能性は高い

例えば、コンベアとかで空で起動させたのち
ワークを積載するような使い方なら可能

コンベアにワーク満載してから起動させるのは無理かも?
駆動時間は軽負荷であれば連続使用も可能
重負荷なら止めるべきでしょう 
モータに温度計付けて監視すれば焼損は避けれるかも?


本来なら120度位相差の三相駆動なのだが
90度位相差の擬似三相駆動
なのでトルク不足は避けられない

あくまで自己責任の緊急避難処置

QAC200V入力のシーケンサを探しています。

カテゴリが違っておりましたら、すみません。
加熱器の制御盤にシーケンサをいれ、入力をAC200Vでとりたいのですが、
なかなか探しきれません。
ほとんどのメーカーはDC入力や接点(トランジスタ)なんです。
あっても、AC100V入力です。
どこのメーカーでもかまいませんが、どなたかご存知ありませんか?
それとも、わたしが間違っているのかご指摘ください。

Aベストアンサー

シーケンサの入出力の点数はどのくらいでしょうか?。
入力をAC200VでとりたいのであればomronのZENが出来ます。
ただし入力6点、出力4点の計10点。(CPUユニット)
入力4点、出力4点の計8点。(拡張i/oユニット)
拡張i/oユニットを3台まで接続できます。
したがって合計34点(入力18点、出力16点)まで可能です。
価格は安いと思います。
後はオムロン(C40P)、三菱(MELSEC-F)と古いタイプのPLCでAC200Vの入力があったと思います。

参考URL:http://www.zen.omron.co.jp/

Q単相と三相の違い

単相モーターと三相モーターの違い・特徴が知りたいです。
あと三相電源で単相モータは使えるのでしょうか?
逆に単相電源で三相モータは使えるのでしょうか?
それと家庭では単相ですが、これは使う電圧が低いから
単相で十分と言う事なんでしょうか?
よろしくお願いします。

Aベストアンサー

単相モータと三相モータ
三相だと(120度軸の傾いた)コイルを3対用意して電源につなぐと回転磁界ができ、モータに適用しやすいです。
単相の場合には、右回りと左回りが合成されたような向きが一定の磁界になります。モータを回転させるためには、右回りか左回りの一方の成分を強くするような工夫が必要です。また、右回りの成分と左回りの成分両方があるので、モータのトルクの割りに電流が多く流れるとか、トルクの脈動がある、といった短所もあります。

三相電源で単相電動機
三相のうちの一相を使えば、使えますが、あえて短所の多い単相電動機を使うこともないかと。

家庭用電源
もともと、家庭用電源は照明器具などの小電力を使うことを想定してたようです。(電力会社との契約にも「電灯」の名称が残っています。)
一般家庭でも、三相200V(低圧動力)を引くことは可能です。たとえば、農家でコンプレッサを使っているところではコンプレッサ用に三相200Vが入っていたりします。

Q24VのACアダプタからの電源を+12V,-12Vに分圧

現在ちょっとした実験装置を作り変えているのですが、どうせならコンパクトでコードなどがかさばらないようにしたいと考えています。

今まではケース内でAC100Vを+15V,-15Vに変換してダイオードブリッジで直流に。
そして三端子レギュレーター7815,7915で電源回路を作っていました。

そこで今回はこの電源回路を改造しACアダプタを利用しようと考えました。
とりあえず二組ACアダプタを使うというのは却下。
そこで30VのACアダプタを+15V,-15Vにと考えましたが、一般的には30Vのアダプタが無いので24Vを利用します。
ここまでで書き忘れていましたが電流は200mA程度です。

話を戻します。しょうがないので24Vのアダプタを利用しますが、肝心の+12V,-12Vを取り出す方法が思いつきません。
LM380あたりの石がそういうことが出来たような・・・と思ったのですが定格を見ると少し厳しくかんじます。
そこで上記の分圧の方法を教えてほしいのですが。
場合によってはそれを+15V,-15Vの回路に入れるためのアイデアなども出していただければ助かります。
よろしくお願い致します。

現在ちょっとした実験装置を作り変えているのですが、どうせならコンパクトでコードなどがかさばらないようにしたいと考えています。

今まではケース内でAC100Vを+15V,-15Vに変換してダイオードブリッジで直流に。
そして三端子レギュレーター7815,7915で電源回路を作っていました。

そこで今回はこの電源回路を改造しACアダプタを利用しようと考えました。
とりあえず二組ACアダプタを使うというのは却下。
そこで30VのACアダプタを+15V,-15Vにと考えましたが、一般的には30Vのアダプタが無いので24Vを...続きを読む

Aベストアンサー

気持ちはわからないでもないですが、オンボードディアルトラッキング型のDC/DCコンバータを使用したほうが、手っ取り早く小さくなるのでは、

コストだけ下げたいなら
http://akizukidenshi.com/catalog/

参考URL:http://www.rswww.co.jp/cgi-bin/bv/browse/Module.jsp?BV_SessionID=@@@@0163113735.1108478155@@@@&BV_EngineID=cccdadddlehje

Q単相二線を単相三線にできますか?

よろしくお願いします。
質問1
我が家には溶接機用に単相二線のコンセントが有ります。
この単相二線のコンセントで単相三線のモーターを回す事はできるでしょうか?

地中に埋めたアース線は単相二線のコンセントの横にあります。
ただし、アース線は単相二線のコンセントには接続されていません。
モーターの白線をアースにつなげは良いのでしょうか?
やはり、ブレーカーから単相三線の配線が必要でしょうか?

質問2
単相三線のモーターを動かすには、動力の契約が必要ですか?

Aベストアンサー

こんにちは。単相3線式?モーターは初めて聞きます。普通の交流モーターは3相3線式です。3相の電源電圧は200Vで、黒・白・赤線に3相電源を供給し緑線はアースです。黒・白・赤線のいずれかを入れ替えると逆回転します。ご質問の単相モーターですが、端子又はリード線は幾つですか? また、定格電圧は何ボルトになってますか? 電源としての単相3線の電圧は、両端が200Vで中央がアースになってるはずです。そして中央アース線に対し、両端どちらも100Vが普通です。位相は同相ですから、単相と呼ぶのです。理論上、単相では交流モーターは回りませんから、コンデンサー等で位相をズラした電源が必要となります。家電品の洗濯機や冷蔵庫は、この方法で交流モーターを回してます。現物を見てモーターのコイルがどの様になっているか調べないと断定出来ません。

Q定格入力電圧/電流-電気配線。

お世話になります。

入力24V 出力信号40V/100mA の機器があるのですが
出力信号線を入力ユニットに配線したいのですが、
入力ユニットの定格入力電圧/電流は24V/7mAです。
このまま定格入力24V/7mAに対して出力信号40V/100mAを
入れてしまうとやはり故障するのでしょうか?
また、この場合の対応方法はありますでしょうか?

この機器は24Vで入力されてるのになぜ40Vで出力するのでしょうか?

宜しくお願いします。

Aベストアンサー

シーケンサか何かでしょうか?
入力の24Vはおそらく、最大入力電圧が24Vで、24Vを突っ込んだ時に流れる電流が7mAと言うことでしょう。

出力の40Vは、40Vが出力されてくるのか、それとも40Vまでの電圧をスイッチできるのか?解釈に迷います。
40Cで最大100mAまでの電流を出力できるのも不思議ではないし、40Vまでの電圧で最大電流100mAをスイッチできるとしても話は通じるからです。

もし40Vが出力される回路に24Vまでの入力回路を接続すれば入力回路が壊れます。
24V入力時に7mAの電流が流れるとすると、入力抵抗は約3.4kΩです。
従って40Vのラインと24Vの入力の間に2.4kΩほどの抵抗を入れると、その抵抗で16.6Vの電圧降下が起き、入力端子には23.45Vが加わる計算になります。


人気Q&Aランキング

おすすめ情報