能について質問です。
1、松風
2、野々宮
3、隅田川

についての簡単なストーリーと批評を探しております。
お勧めのサイトやこの件についてコメントありましたら、
なんでもかまいませんので、いただけると助かります。

よろしくおねがいします。

A 回答 (1件)

あらすじとはいえども結構長くなってしまうので、参考URLをどうぞ。


【感想】
「熊野(ゆや)松風に米の飯」というくらいです。派手さはありませんが「熊野」と「松風」は観れば観るほど飽きの来ない味わい深い曲目です。といっても私はやはり派手なのが好きなんですがね(^^ゞ

野々宮は見たことがないのでパス。

隅田川については下記URLに載っていないのでこちらをどうぞ。
http://www.asahi-net.or.jp/~FT6C-UMWK/menu.htm
これは泣けます。演出方法は大きく分けて2つ。死んでしまった梅若丸について、子役を使うか「シテのみに見える幻だから」という理由で使わないか、です。
確か「使わない派」の世阿弥と「使うべき派」の作者元雅(世阿弥の息子)で意見が分かれ、「してみて良きにつくべし」で解決したとか。
 私としては、幻で見ている息子をつかまえて抱きしめようとするが寸前で逃してしまう「使わない派」を推薦します。

参考URL:http://rcweb.rc.kyushu-u.ac.jp/~noh/explanation/
    • good
    • 0

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Q世阿弥関係の能で松風の現代語訳が必要です 翻訳本がありますか?

世阿弥関係の能で松風の現代語訳が必要です 翻訳本がありますか?

Aベストアンサー

#3さんのおすすめの小学館の『新編日本古典文学全集』、またはそれ以前にでた『日本古典文学全集』の『謡曲集』がおすすめです。
いつもなら、古典本は#1さんおすすめの新潮社のものが好きなのですが、『謡曲集』は、行間に入っているセピア色の注の内容が、訳はほとんどなく演者の動きが中心で、訳本としては使いにくくて意外でした。今まで使ったものは、原文を読みながら訳が見られて良かったのですが。
そのほか、一番表現が練れていて演劇の台詞風にまとめてあったのが、
『日本の古典16 能・狂言集』 河出書房新社 田中澄江 他 訳
です。
これには原文はなく、読み物として読めるような現代語訳を工夫してあるシリーズのようです。ただ、完全な訳ではなく、初めの 村人にいわれを尋ねるくだりなどは、訳さずに省略してあったりしますので、完全さを求めるならやはり小学館かなと思います。
図書館にどれが置いてあるかにもよりますけれど。

Q面白い戦記物を教えていただけませんか?

お世話になります!

最近まとまった時間が取れているので、読書でも・・・、なんて思っているのですが、さて、何を読もうかと迷っています。本屋さんにいくと目移りしてしまいますね。それが楽しいんですけど^^;

いま読みたいと思っている本についてですが、国や勢力同士の争いや、それを背景に登場キャラクターが活躍するような物語を読んでみたいと思っています。

ハードボイルドでもファンタジーでもノンフィクションでも気にしません。ライトノベルでも問題ないです。

「ならこれなんかいいんじゃない?」なんてお勧めのある方、是非教えていただけないでしょうか。
よろしくお願いします!

Aベストアンサー

ファンタジーだと
茅田砂胡「ディルフィニア戦記」全18巻+外伝1巻
茅田砂胡「レディーガンナーの冒険」現7巻
栗本薫「グイン・サーガ」現108巻+外伝20巻
ひかわ玲子「女戦士エフェラ&ジリオラシリーズ」全8巻+子供を主人公にした続編3作8巻
ひかわ玲子「百星聖戦記」現9巻(未完)
水野良「ロードス島戦記」全7巻+外伝2巻「新ロードス島戦記」全7巻「ロードス島伝説」全5巻
水野良「魔法戦士リウイ」全10巻「魔法戦士シリーズ」5巻
嬉野秋彦「ホルス・マスター」全16巻

スペースオペラ
鷹見一幸「でたまか」全15巻+外伝1巻
森岡浩之「星界の紋章」全3巻「星界の戦旗」全4巻「星界の断章」現1巻
秋津透「放課後宇宙戦争」全6巻

Q男女が逃亡するストーリー。

男女が逃げる、または冒険するストーリーの小説を探しています。
冒険や逃亡を続けるうちに謎が明らかになっていくといったミステリー要素が含まれているとうれしいです。
よろしくお願いします。

ちなみに私が今まで読んだ中で好きなのは以下のものです。

バトルロワイヤル(高見 広春)
ファイアスターター(スティーブンキング)
コインロッカーベイビーズ(村上龍)
レベル7(宮部みゆき)

小説以外では、
天空の城ラピュタ(宮崎駿)
3×3EYES(高田裕三)

Aベストアンサー

逃げる、冒険、謎、ミステリーすべてを満たす作品は
貴志祐介の「クリムゾンの迷宮」がピッタリだと思います。
面白い内容ですので、あっという間に読み終わってしまいますよ。

Qブレイブ・ストーリーについて。

今現在、宮部みゆきさんのブレイブ・ストーリーの文庫版では角川文庫で上中下と、
角川スニーカー文庫で1~4巻が発売しています。

このふたつは無論中身は一緒だと思うのですが、何か違うところがあるんでしょうか??
もしないのならなんで2種類も出したのかなっと疑問に思ったのですが…。

もうすぐ映画も始まるので、その前に原作買って読んでおきたいと思っています。
どちらを買ったほうがいいのか、どなたかアドバイスしてくださる方教えてください。

Aベストアンサー

角川文庫版と角川スニーカー文庫版の違いは他の方の回答と同じですので省略します。

なぜ2種類出したのか、という質問に関しては「ニーズに合わせて」といったところでしょうか。
子どもが買って読むならスニーカー文庫の方が読みやすいでしょう。
映画と同じイラストの表紙や、キャラクター説明が載っていますし。
もちろん、大人もスニーカー文庫の方を買っても良いと思いますが、No.1さんのようにマンガっぽいのはちょっと……と言う方もおられますから、そういう方は角川文庫版、という具合にニーズに合わせているのだと思います。

余談ですが『十二国記』も当初はイラスト入りの講談社X文庫でのみ出ていましたが、その後講談社文庫版(イラスト無し、漢字多め等)も出ました。
それと同じ事かな、と思います。

Q恋愛ショートストーリー集について

思春期における恋愛オムニバス形式の本を探しています。
性的要素は多少ならいいのですが、
心の葛藤などが中心に書かれている作品だと嬉しいです。

また、文芸社から出版されている
「初恋、初カレ、初カノジョ」のような本も探しています。こちらの本の内容は、初恋や学生時代恋愛の懐かしい思い出をまとめた恋愛ショート集です。

ハードカバーでも文庫でも、かまいません。
よろしくお願いします。

Aベストアンサー

恋愛だけに関わる内容ではないかもしれませんが、この本はいいのではないでしょうか?
双葉社:Teen Age/角田光代(他)

参考URL:http://www.e-hon.ne.jp/bec/SA/Detail?refShinCode=0100000000000031457300&Action_id=121&Sza_id=G1


このカテゴリの人気Q&Aランキング

おすすめ情報